Dataset Preview Go to dataset viewer
R3ID (string)ja_title_provisional_translate (string)original_title (string)published_year (int)journal_title (string)source (string)daikinrin_url (string)tags (string)R3summary_1 (string)R3summary_2 (string)R3summary_3 (string)species_reported (string)species_compared (string)taxon_reported (string)
R3-09570
分子データにより明らかになったプンクトゥラリア科の新属新種Dendrocorticiopsis orientalis
Dendrocorticiopsis orientalis gen. et sp. nov. of the Punctulariaceae (Corticiales, Basidiomycota) revealed by molecular data
2,022
MycoKeys
https://mycokeys.pensoft.net/article/84562/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89dendrocorticiopsis-orientalis-gen-et-sp-nov-of-the-punctulariaceae-corticiales-basidiomycota/
2022年の論文/published in 2022, MycoKeys, アカシア属/Acacia, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コンタミ/contamination, シイ属/Castanopsis, ブナ科/Fagaceae, マメ科/Fabaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南投県/Nantou, 台中市/Taichung, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 江西省/Jiangxi, 腐生菌/saprobe
台湾台中市および中国江西省において被子植物の枯幹に見出された菌を検討し、新属新種Dendrocorticiopsis orientalisとして記載した。
本種は子実体が背着生膜質で平滑、担子胞子が卵状~楕円形、樹枝状糸状体が無色、1菌糸型でクランプを有することなどで特徴づけられた。
本種は分子系統解析でプンクトゥラリア科クレードに含まれ、形態的に類似するDendrocorticium属菌とは担子器の形態などが異なっていた。
Dendrocorticiopsis orientalis★
Dendrocorticium polygonioides / Dendrocorticium violaceum / Punctularia spp. / Punctulariopsis spp.
R3-09569
タイにおいてタケに生じたTamhinispora saraburiensisの形態および分子系統解析に基づく記載
Tamhinispora saraburiensis sp. nov. (Tubeufiaceae, Dothideomycetes) on bamboo in Thailand based on morphology & phylogenetic analysis
2,019
Phytotaxa
https://www.biotaxa.org/Phytotaxa/article/view/phytotaxa.402.1.1
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89tamhinispora-saraburiensis-sp-nov-tubeufiaceae-dothideomycetes-on-bamboo-in-thailand-based-on/
2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, サラブリー県/Saraburi, タイ/Thailand, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ホウライチク属/Bambusa, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 胞子の発芽/germination of spores
タイ、サラブリー県においてタケの腐朽稈に発生した菌を検討し、Tamhinispora saraburiensisとして新種記載した。
本種は分生子が暗褐色~黒色の倒洋梨形の網状胞子であり、先端から長い付属糸を伸ばすことなどで特徴づけられた。
Tamhinispora属の検索表を掲載した。
Tamhinispora saraburiensis★
Tamhinispora indica / Tamhinispora srinivasanii
クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, トゥベウフィア目/Tubeufiales, トゥベウフィア科/Tubeufiaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09568
Exophiala salmonisによる皮下黒色菌糸症
Subcutaneous Phaeohyphomycosis Caused by Exophiala salmonis
2,012
Annals of Laboratory Medicine
https://www.annlabmed.org/journal/view.html?doi=10.3343/alm.2012.32.6.438
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89subcutaneous-phaeohyphomycosis-caused-by-exophiala-salmonis/
2012年の論文/published in 2012, Annals of Laboratory Medicine, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ヒト病原菌/human pathogen, 二型性/dimorphism, 分子同定/molecular identification, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 水試料/water sample, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 皮膚真菌症/dermatomycosis, 皮膚糸状菌/dermatophyte, 臨床検体/clinical specimens, 配列決定/sequencing, 酵母/yeast, 韓国/South Korea, 黒色酵母/black yeast
黒色菌糸症に感染し、足首に腫瘤を生じた55歳男性糖尿病患者の症例を報告した。
膿から分離された菌を、形態形質およびITS配列を基にExophiala salmonisと同定した。
韓国からのE. salmonisによる黒色菌糸症の報告は初とみられた。
Exophiala salmonis
ケートチリウム亜綱/Chaetothyriomycetidae, ケートチリウム目/Chaetothyriales, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ヘルポトリキエラ科/Herpotrichiellaceae, ユーロチウム綱/Eurotiomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09567
ボタンタケ目の菌、Nectria decoraに対する新組み合わせFlammocladiella decora
Flammocladiella decora, a new combination to accommodate the hypocrealean fungus Nectria decora
2,018
Ascomycete.org
https://ascomycete.org/Journal/Article/art-0227
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89flammocladiella-decora-a-new-combination-to-accommodate-the-hypocrealean-fungus-nectria-decora/
2018年の論文/published in 2018, Ascomycete.org, Massaria属, カエデ属/Acer, フランス/France, マッサリア科, ムクロジ科/Sapindaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus
ボタンタケ目の菌生菌の一種、Nectria decoraをFlammocladiella属に移した。
フランスにおいてAcer pseudoplatanusの枝に生じたMassaria inquinansに発生した標本を検討した。
本種の系統的位置はITSおよびnrLSUに基づく分子系統解析により確かめられた。
Flammocladiella decora▲
Flammocladiellaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09566
中国海南省においてススキとヨシに発生したMicrodochium属3新種
Three New Species of Microdochium (Sordariomycetes, Amphisphaeriales) on Miscanthus sinensis and Phragmites australis from Hainan, China
2,022
Journal of Fungi
https://www.mdpi.com/2309-608X/8/6/577
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89three-new-species-of-microdochium-sordariomycetes-amphisphaeriales-on-miscanthus-sinensis-and-ph/
2022年の論文/published in 2022, Journal of Fungi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, ススキ属/Miscanthus, ヨシ属/Phragmites, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 気温/temperature, 水溶性色素/water-soluble pigment, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 色素産生/pigment production, 表面殺菌法/surface sterilization method, 降水量/precipitation
中国海南省からMicrodochium miscanthi、M. sinense、およびM. hainanenseの3新種を記載した。
そのうち2種はススキ、1種はヨシの葉の病変からそれぞれ分離され、前2種は分生子形成細胞とコロニーの形態や分子系統解析などにより識別された。
Microdochium属菌の検索表を掲載した。
Microdochium hainanense★ / Microdochium miscanthi★ / Microdochium sinense★
Microdochium fisheri / Microdochium hainanense / Microdochium indocalami / Microdochium lycopodinum / Microdochium miscanthi / Microdochium phragmites / Microdochium rhopalostylidis / Microdochium sinense
クロサイワイタケ亜綱/Xylariomycetidae, クロサイワイタケ目/Xylariales, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, ミクロドキウム科/Microdochiaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09565
イラン新産種、Pyrenophora lolii
Pyrenophora lolii, a new species for the mycobiota of Iran
2,019
Mycologia Iranica
https://journals.areeo.ac.ir/article_121823_5414ab6810f10f605580ca96fc42a8f9.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89pyrenophora-lolii-a-new-species-for-the-mycobiota-of-iran/
2019年の論文/published in 2019, Mycologia Iranica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, カラスムギ属/Avena, ゴレスターン州/Golestan, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 畑地/farmland, 表面殺菌法/surface sterilization method
イラン、ゴレスターン州においてエンバクの罹病葉から分離された菌を検討し、Pyrenophora loliiと同定した。
本種との同定は分子系統解析によっても確かめられ、イランからの報告は初となった。
分離菌株の病原性を接種試験により確かめた。
Pyrenophora lolii■
クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, プレオスポラ亜綱/Pleosporomycetidae, プレオスポラ目/Pleosporales, プレオスポラ科/Pleosporaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09564
Kiliophora属の初の系統分類学的研究
The first phylogenetic study of Kiliophora (Fungi, Anamorphic Xylariales)
2,014
Mycosphere
https://www.mycosphere.org/pdf/Mycosphere_5_1_3.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89the-first-phylogenetic-study-of-kiliophora-fungi-anamorphic-xylariales/
2014年の論文/published in 2014, Mycosphere, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インドネシア/Indonesia, インドネシア新産種/Indonesia_new record, サラノキ属/Shorea, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, リター菌/litter fungi, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 西ジャワ州/West Java
インドネシア、西ジャワ州においてサラノキ属樹木の腐朽葉から単胞子分離された菌を検討した。
本種をKiliophora ubiensisと同定し、インドネシア新産種として報告した。
Kiliophora属において初となる分子系統解析を行い、本属がアンフィスフェリア科に含まれるべきであることを示した。
Kiliophora ubiensis■
Kiliophora fusispora / Polyscytalum fecundissimum
子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09563
インド、アーンドラ・プラデーシュ州の地衣類相へのさらなる追加
Further New Additions to the Lichen Mycota of Andhra Pradesh, India
2,014
Journal of Threatened Taxa
https://threatenedtaxa.org/index.php/JoTT/article/view/1595
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89further-new-additions-to-the-lichen-mycota-of-andhra-pradesh-india/
2014年の論文/published in 2014, Journal of Threatened Taxa, アトラノリン類/atranorins, アントラキノン類/anthraquinones, アーンドラ・プラデーシュ州/Andhra Pradesh, インド/India, ウスニン酸類/usnic acids, エモジン類/emodins, ジロホール酸/gyrophoric acid, ゼオリン類/zeorins, トリテルペン類/triterpenes, パリエチン類/parietins, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ベンゾフラン類/benzofurans, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography
インド、アーンドラ・プラデーシュ州のラヤラシーマ地域において地衣類相調査を実施した。
アーンドラ・プラデーシュ州新産種としてBiatorella conspersaなど10種の地衣を報告した。
各種について記載文、写真などを掲載した。
Biatorella conspersa■ / Caloplaca bassiae■ / Caloplaca poliotera■ / Dimelaena tenuis■ / Lecanora chlarotera■ / Lecanora helva■ / Lecanora interjecta■ / Lecanora pseudistera■ / Pertusaria melastomella■ / Porina tetracerae■
Teloschistineae, オストロパ亜綱/Ostropomycetidae, オストロパ目/Ostropales, チャシブゴケ目/Lecanorales, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, テロシステス目/Teloschistales, テロシステス科/Teloschistaceae, トリハダゴケ目/Pertusariales, トリハダゴケ科/Pertusariaceae, ビアトレラ科/Biatorellaceae, ピンゴケ目/Caliciales, ピンゴケ科/Caliciaceae, マルゴケ科/Porinaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09562
パキスタン産の形態解剖学的・系統学的解析に基づく隠蔽種の新種、Humaria Laevispora
Humaria Laevispora, a New Cryptic Species of Pezizales (Pyronemataceae, Ascomycetes) Based On Morphoanatomical and Phylogenetic Analysis From Pakistan
2,021
Bangladesh Journal of Plant Taxonomy
https://www.banglajol.info/index.php/BJPT/article/view/57133
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89humaria-laevispora-a-new-cryptic-species-of-pezizales-pyronemataceae-ascomycetes-based-on-morph/
2021年の論文/published in 2021, Bangladesh Journal of Plant Taxonomy, UNITE, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, パキスタン/Pakistan, ヒマラヤ山脈/Himalayas, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子発達様式/spore development style, 隠蔽種/cryptic species
パキスタンの温帯湿潤林で採集された菌を検討し、Humaria laevisporaとして新種記載した。
本種は子嚢盤が杯状で外面が褐色、内面が帯灰白色であり、子嚢胞子が平滑で、外被層の毛が黄褐色~暗褐色であることなどで特徴づけられた。
本種は分子系統解析ではH. hemisphaericaに近縁であったが、その種は子嚢胞子の表面が粗い疣状であり、油滴を1つではなく2つ含む点などが異なっていた。
Humaria laevispora★
Humaria hemisphaerica
チャワンタケ亜綱/Pezizomycetidae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, チャワンタケ目/Pezizales, チャワンタケ綱/Pezizomycetes, ピロネマキン科/Pyronemataceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09561
ビルマ産の種々の菌類標本の分類学的解析
A taxonomic analysis of miscellaneous fungi collected from Burma
2,015
Mycosphere
https://www.mycosphere.org/pdfs/Mycosphere_6_1_2.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-taxonomic-analysis-of-miscellaneous-fungi-collected-from-burma/
2015年の論文/published in 2015, Mycosphere, イネ科/Poaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, タケ生息菌/bambusicolous fungus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミャンマー/Myanmar, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 化石菌類/fossil fungi, 変形菌類/slime mold, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 寄生菌/parasite, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 琥珀/amber, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白亜紀/Cretaceous, 腹菌類/gastromycetes, 膠質菌/jelly fungi, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey
ミャンマーで採集された様々な菌類の標本を検討し、7綱14目27科58種を同定した。
記録された種の中には白亜紀のバーマイト(琥珀)中のPalaeoagaricites antiquus、Mycetophagites atrebora、およびEntropezites patriciiも含まれた。
また、トリュフ類としてTuber indicumと学名不明の「Kaing-U/Kaing-Oo」および「Tinyu/Tinshu-U」を記録した。
Agaricus campestris / Amylosporus campbellii / Annulohypoxylon annulatum / Arcyria umbrina / Cookeina tricholoma / Cyathia intermedia / Diatrype phaselina / Diatrype rugosa / Dichostereum granulosum / Entropezites patricii / Fomitella rhodophaea / Fomitopsis rubida / Fumago salicina / Guepinia ramosa / Hymenochaete adusta / Hypocrea variabilis / Hypoxylon sublimbatum / Inonotus splitgerberi / Laetiporus sulphureus / Lentinus badius / Lentinus coadunatus / Lentinus exilis / Lentinus irregularis / Lentinus kurzianus / Lopharia papyrina / Lycoperdon brasiliense / Lycoperdon pusillum / Marasmius parishii / Microporus xanthopus / Mycetophagites atrebora / Palaeoagaricites antiquus / Palaeogaster micromorpha / Panus neostrigosus / Paxillus involutus / Peniophora violaceolivida / Phaeoacremonium parasiticum / Phallus daemonum / Podoscypha elegans / Polyporus amboinensis / Polyporus applanatus / Polyporus crassipes / Polystictus persoonii / Poronia pileiformis / Psathyrella candolleana / Pseudoclitocybe cyathiformis / Pseudofavolus polygrammus / Pycnoporus sanguineus / Rhizophlyctis reynoldsii / Rhizophlyctis variabilis / Stereum cyathiforme / Trametes palisotii / Trametes umbrina / Trametes villosa / Xylaria flagelliformis / Xylaria guianensis / Xylobolus subpileatus
Chytridiomyceta, Chytridiomycotina, Fossil Fungi, Lycoperdaceae, Rhizophlyctidomycetes, Togniniales, アカコブタケ科/Hypoxylaceae, イグチ目/Boletales, ウツボホコリ科/Arcyriaceae, カワタケ科/Peniophoraceae, キウロコタケ科/Stereaceae, キクラゲ亜綱/Auriculariomycetidae, キクラゲ目/Auriculariales, キシメジ科/Tricholomataceae, クロサイワイタケ亜綱/Xylariomycetidae, クロサイワイタケ目/Xylariales, クロサイワイタケ科/Xylariaceae, ケホコリ目/Trichiales, シトネタケ科/Diatrypaceae, シワタケ科/Meruliaceae, スッポンタケ亜綱/Phallomycetidae, スッポンタケ目/Phallales, スッポンタケ科/Phallaceae, タバコウロコタケ目/Hymenochaetales, タバコウロコタケ科/Hymenochaetaceae, タマチョレイタケ目/Polyporales, タマチョレイタケ科/Polyporaceae, チャワンタケ亜綱/Pezizomycetidae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, チャワンタケ目/Pezizales, チャワンタケ綱/Pezizomycetes, ツガサルノコシカケ科/Fomitopsidaceae, ツボカビ門/Chytridiomycota, トグニニア科/Togniniaceae, ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, ニクザキン科/Hypocreaceae, ニセショウロ亜目/Sclerodermatineae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ科/Agaricaceae, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ヒダハタケ科/Paxillaceae, ヒメキクラゲ科/Exidiaceae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, プロトゾア/Protozoa, ベニタケ目/Russulales, ベニチャワンタケ科/Sarcoscyphaceae, ホウライタケ科/Marasmiaceae, ミヤマトンビマイ科/Bondarzewiaceae, ラクノクラディウム科/Lachnocladiaceae, リゾフリクティス目/Rhizophlyctidales, リゾフリクティス科/Rhizophlyctidaceae, 化石担子菌類/Fossil Basidiomycota, 変形菌門/Myxomycota, 子嚢菌門/Ascomycota, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09560
Gymnopilus属:インド産ハラタケ類への追加
Genus Gymnopilus (Agaricales: Strophariaceae): addditions to the agarics of India
2,022
Journal of Threatened Taxa
https://threatenedtaxa.org/JoTT/article/view/6928
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89genus-gymnopilus-agaricales-strophariaceae-addditions-to-the-agarics-of-india/
2022年の論文/published in 2022, Journal of Threatened Taxa, インド/India, インド新産種/India_new record, コケ上に生える菌/fungi on moss, ジャンムー・カシミール州/Jammu and Kashmir, ヒマラヤスギ属/Cedrus, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ピートボグ/peat bog, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 幻覚きのこ/magic mushrooms, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 検索表/identification key, 毒きのこ/poisonous mushroom, 水辺/waterside, 湿地帯/wetland, 焼け跡菌/carbonicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 腐植土/humus, 食毒不明/edibility unknown
インド、カシミール・ヒマラヤにおいてGymnopilus属菌の多様性を調査し、6種を同定した。
そのうちG. decipiensはインド新産種であり、その他の種はインド北部またはカシミール・ヒマラヤからの初報告であった。
これらの種の検索表を掲載した。
Gymnopilus aeruginosus■ / Gymnopilus crocias■ / Gymnopilus decipiens■ / Gymnopilus fuscosquamulosus■ / Gymnopilus junonius■ / Gymnopilus liquiritiae■
Gymnopilus crocias / Gymnopilus flavidellus / Gymnopilus fuscosquamulosus / Gymnopilus odini / Gymnopilus penetrans / Gymnopilus sapineus
ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, モエギタケ科/Strophariaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09559
中国中部に産したトリコモナスカス科の4新種
Four new species of Trichomonascaceae (Saccharomycetales, Saccharomycetes) from Central China
2,022
MycoKeys
https://mycokeys.pensoft.net/article/83829/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89four-new-species-of-trichomonascaceae-saccharomycetales-saccharomycetes-from-central-china/
2022年の論文/published in 2022, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, MycoKeys, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, デンプン/starch, 二型性/dimorphism, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 気温/temperature, 河南省/Henan, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 発酵試験/fermentation test, 種の境界/species delimitation, 胞子形成誘導/sporulation induction, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance test, 降水量/precipitation, 集積培養/enrichment culture
中国河南省において腐朽材に生息する酵母の多様性を調査し、トリコモナスカス科菌類が高い多様性を示すことを明らかにした。
分離された4種の同科の酵母を検討し、Diddensiella luoyangensisなど4新種を記載した。
各種はITS+nrLSUに基づく分子系統解析における近縁種とは炭素源の発酵能、資化能や最大生長温度などが異なっていた。
Diddensiella luoyangensis★ / Sugiyamaella cylindrica★ / Sugiyamaella robnettiae★ / Zygoascus detingensis★
Diddensiella transvaalensis / Sugiyamaella chuxiongensis / Sugiyamaella marilandica / Sugiyamaella qingdaonensis / Zygoascus bituminiphila
Trichomonascaceae, サッカロマイセス亜綱/Saccharomycetidae, サッカロマイセス亜門/Saccharomycotina, サッカロマイセス目/Saccharomycetales, サッカロマイセス綱/Saccharomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09558
インド北東部、ドゥブリ地区で採集されたアッサム州新産の地衣類
New additions to the lichen biota of Assam from Dhubri district, northeastern India
2,022
Journal of Threatened Taxa
https://threatenedtaxa.org/JoTT/article/view/7606
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89new-additions-to-the-lichen-biota-of-assam-from-dhubri-district-northeastern-india/
2022年の論文/published in 2022, Journal of Threatened Taxa, Lannea属, アッサム州/Assam, インド/India, ウルシ科/Anacardiaceae, オガタマノキ属/Michelia, クワ科/Moraceae, サラノキ属/Shorea, パンノキ属/Artocarpus, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクレン科/Magnoliaceae, レイシ属/Litchi, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen
インド、アッサム州のドゥブリ地区において地衣類の調査を実施し、10科16属42種を記録した。
そのうち8属11種がアッサム州新産種として報告された。
最も多くを占めた科はモジゴケ科(15種)で、次いでピンゴケ科(9種)であった。
Allographa stictilabiata■ / Graphis asahinae■ / Graphis modesta■ / Herpothallon himalayanum■ / Lecanora leproplaca■ / Parmotrema mesotropum■ / Physcia abuensis■ / Pyrenula mastophora■ / Pyrenula minor■ / Pyrenula welwitschii■ / Pyxine isidiophora■
ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, オストロパ亜綱/Ostropomycetidae, オストロパ目/Ostropales, ケートチリウム亜綱/Chaetothyriomycetidae, サネゴケ目/Pyrenulales, サネゴケ科/Pyrenulaceae, チャシブゴケ目/Lecanorales, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ピンゴケ目/Caliciales, ピンゴケ科/Caliciaceae, ホシゴケ亜綱/Arthoniomycetidae, ホシゴケ目/Arthoniales, ホシゴケ科/Arthoniaceae, ホシゴケ菌綱/Arthoniomycetes, ムカデゴケ科/Physciaceae, モジゴケ亜科/Graphidoideae, モジゴケ科/Graphidaceae, ユーロチウム綱/Eurotiomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09557
インド、シバリクのサラノキ林に産したRussula属の2新変種
Two new varieties of Russula Pers. (Basidiomycota: Russulaceae) from Sal forests of Shiwaliks, India
2,022
Journal of Threatened Taxa
https://threatenedtaxa.org/JoTT/article/view/6721
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89two-new-varieties-of-russula-pers-basidiomycota-russulaceae-from-sal-forests-of-shiwaliks-indi/
2022年の論文/published in 2022, Journal of Threatened Taxa, インド/India, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, サラノキ属/Shorea, ヒマラヤ山脈/Himalayas, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新変種記載/new variety, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 菌根/mycorrhiza, 菌根サンプリング/mycorrhizal sampling, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM
インド、ウッタラーカンド州においてサラノキと関係を持つRussula camarophylla var. reticulosporaおよびR. aurea var. minutaの2新変種を記載した。
前者は基本種よりも子実体が大きく、傘がクリーム白色で担子胞子がより大きく、装飾がほぼ完全な網目状であることなどで特徴づけられた。
後者は基本種よりも子実体が小さく、襞縁部が歯牙状~波状で黄色~黄金色の沈着物を伴い、担子胞子がずっと小型であった。
Russula aurea var. minuta★ / Russula camarophylla var. reticulospora★
Russula aurantiaca / Russula aurea / Russula aurora / Russula camarophylla / Russula capillaris
ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ベニタケ目/Russulales, ベニタケ科/Russulaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09556
アルゼンチンにおけるCryptosphaeria属菌の初研究
First contribution to the study of Cryptosphaeria from Argentina
2,003
Fungal Diversity
https://www.fungaldiversity.org/fdp/sfdp/FD12-161-167.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89first-contribution-to-the-study-of-cryptosphaeria-from-argentina/
2003年の論文/published in 2003, Fungal Diversity, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, カルコフルオールホワイト/calcofluor white, タイプスタディ/type study, ティエラ・デル・フエゴ州/Tierra del Fuego, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 切片/section, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 標本入手不可/specimen not available, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気温/temperature, 沿岸域/coastal area, 湿度/humidity, 砂地/sand, 胞子射出/spore discharge, 蛍光染色/fluorescent staining, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscope, 降水量/precipitation
アルゼンチンの9州で採集されたシトネタケ科菌類の400標本を検討し、2種をCryptosphaeria属菌と同定した。
そのうち、ティエラ・デル・フエゴ州で採集された菌をC. sulcataとして新種記載した。
また、従来ヨーロッパと北米のみから知られていたC. lignyotaをアルゼンチン新産種として報告した。
Cryptosphaeria lignyota■ / Cryptosphaeria sulcata★
Cryptosphaeria pullmanensis
クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ボトリオスフェリア目/Botryosphaeriales, ボトリオスフェリア科/Botryosphaeriaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09555
オーストラリアにおいてメガルカヤ属植物に生じた黒穂菌の新種Sporisorium centrale
A new smut fungus, Sporisorium centrale sp. nov., on Themeda from Australia
2,002
Fungal Diversity
https://www.fungaldiversity.org/fdp/sfdp/FD_11_141-144.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-new-smut-fungus-sporisorium-centrale-sp-nov-on-themeda-from-australia/
2002年の論文/published in 2002, Fungal Diversity, イネ科/Poaceae, オーストラリア/Australia, ノーザンテリトリー/Northern Territory, メガルカヤ属/Themeda, 寄生菌/parasite, 感染様式/mode of infection, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungi
オーストラリアのノーザンテリトリーにおいてThemeda triandraに発生した黒穂菌の一種を検討し、Sporisorium centraleとして新種記載した。
本種は黒穂胞子の表面が微細な点状であり、SEM下では粗い疣状装飾のみが見られることなどで特徴づけられた。
一方、形態的に類似するS. punctatumはSEM下で黒穂胞子に2種類の装飾を有し、感染様式や黒穂胞子の色なども異なっていた。
Sporisorium centrale★
Sporisorium punctatum
クロボキン亜門/Ustilaginomycotina, クロボキン目/Ustilaginales, クロボキン科/Ustilaginaceae, クロボキン綱/Ustilaginomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09554
Golovinomyces hieraciorumの学名の有効記載
Validation of the name Golovinomyces hieraciorum
2,022
Schlechtendalia
https://public.bibliothek.uni-halle.de/schlechtendalia/article/view/2727
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89validation-of-the-name-golovinomyces-hieraciorum/
2022年の論文/published in 2022, Schlechtendalia, うどんこ病/powdery mildew, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キク科/Asteraceae, ヤナギタンポポ属/Hieracium, 中国/China, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水辺/waterside, 河川/river, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungi, 黒竜江省/Heilongjiang
近年新種記載された学名Golovinomyces hieraciorumはF.5.1条違反で無効であった。
参照先の識別子として、MycoBankのIDではなく誤ってMBT番号が掲載されていたので、正しいIDを引用して新組み合わせとして再記載した。
本種は中国黒竜江省においてヤナギタンポポの葉および茎に発生したうどんこ病菌であった。
Golovinomyces hieraciorum▲
ウドンコカビ目/Erysiphales, ウドンコカビ科/Erysiphaceae, ズキンタケ亜綱/Leotiomycetidae, ズキンタケ綱/Leotiomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09553
アルゼンチン北東部の植林地においてマツ属樹木に関連していたRussula属菌
Russula (Russulales, Agaricomycetes) associated with Pinus spp. plantations from northeastern Argentina
2,022
Rodriguésia
https://www.scielo.br/j/rod/a/JnWgTkJ4YtBghHYprYMB6Rg/abstract/?lang=en
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89russula-russulales-agaricomycetes-associated-with-pinus-spp-plantations-from-northeastern-argen/
2022年の論文/published in 2022, Rodriguésia, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, コリエンテス州/Corrientes, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミシオネス州/Misiones, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 植林地/plantation, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 走査型電子顕微鏡/SEM
アルゼンチンのマツ植林地に発生したRussula属菌について、SEM観察を含む形態学的検討と分子系統解析を実施した。
R. recondita、R. sardonia、およびR. sororiaの3種をアルゼンチン新産種として報告した。
そのうちR. reconditaとR. sororiaは南米における報告も初となった。
Russula recondita■ / Russula sardonia■ / Russula sororia■
Russula ahmadii / Russula amerorecondita / Russula amethystina / Russula amoenolens / Russula catillus / Russula cavipes / Russula cerolens / Russula exalbicans / Russula hortensis / Russula pectinata / Russula pectinatoides / Russula pseudopectinatoides / Russula queletti / Russula torulosa
ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ベニタケ目/Russulales, ベニタケ科/Russulaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09552
イスラエル産の地下生腹菌型担子菌類:Sclerogaster、Wakefieldia、およびSetchelliogaster属
Sclerogaster, Wakefieldia, and Setchelliogaster: Hypogeous gasteroid basidiomycetes from Israel
2,014
Plant Biosystems
https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/11263504.2014.980364
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89sclerogaster-wakefieldia-and-setchelliogaster-hypogeous-gasteroid-basidiomycetes-from-israel/
2014年の論文/published in 2014, Plant Biosystems, アジア新産種/Asia_new record, イスラエル/Israel, イスラエル新産種/Israel_new record, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, セコティオイド菌類/secotioid fungus, ハイファ地区/Haifa, フトモモ科/Myrtaceae, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 中央地区(イスラエル)/Central District (Israel), 中東新産種/Middle East_new record, 南部地区(イスラエル)/Southern District (Israel), 収蔵標本/stored specimen, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 石灰質土壌/calcareous soil, 移入種/alien species, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 走査型電子顕微鏡/SEM
イスラエル新産種としてSclerogaster compactus、Wakefieldia macrospora、およびSetchelliogaster tenuipesを報告した。
これらの種はそれぞれマツとオークの混交林、Quercus calliprinos林、ユーカリ属の樹下に発生していた。
各種について記載文、SEM写真などを掲載した。
Sclerogaster compactus■ / Setchelliogaster tenuipes■ / Wakefieldia macrospora■
イグチ目/Boletales, オキナタケ科/Bolbitiaceae, スクレロガスター科/Sclerogastraceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ホシミノタマタケ科/Octavianiaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09551
Peniophorella praetermissa複合種
The Peniophorella praetermissa species complex (Basidiomycota)
2,007
Mycological Research
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S095375620700216X
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89the-peniophorella-praetermissa-species-complex-basidiomycota/
2007年の論文/published in 2007, Mycological Research, エピタイプ指定/epitype designation, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, クラスノダール地方/Krasnodar, コウヤクタケ類/corticioid fungi, タイプスタディ/type study, フィンランド/Finland, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ロシア/Russia, 中央スオミ県/Keski-Suomi, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物地理学/biogeography, 種の境界/species delimitation, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic species
Peniophorella praetermissa複合種を対象に分子系統解析を実施した。
その結果、本複合種において3つの主要なクレードが認められ、それらはさらに十分に支持されたサブクレードに分割された。
そのうち両半球にまたがって最も広範に分布する1系統に対して新組み合わせP. pertenuisを提唱した。
Peniophorella pertenuis▲ / Peniophorella praetermissa
Peniophorella pertenuis / Peniophorella praetermissa
タバコウロコタケ目/Hymenochaetales, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ヒナノヒガサ科/Rickenellaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09550
韓国においてアカマツに辺材変色を引き起こしたLeptographium pini-densifloraeの初報告
First report of Leptographium pini-densiflorae causing sapstain on Pinus densiflora in Korea
2,015
Mycotaxon
https://www.ingentaconnect.com/content/mtax/mt/2015/00000130/00000003/art00034
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89first-report-of-leptographium-pini-densiflorae-causing-sapstain-on-pinus-densiflora-in-korea/
2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, オフィオストマトイド菌類/ophiostomatoid fungi, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新産種報告/new record, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 江原道/Kangwon-do, 温度適性/temperature aptitude, 青変菌/blue stain fungi, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new record
韓国江原道においてアカマツに辺材変色を引き起こした菌を検討し、形態観察および分子系統解析を基にLeptographium pini-densifloraeと同定した。
本種は韓国新産種として報告された。
記載文、コロニーの写真、顕微鏡写真、分子系統樹、近縁種との差異などを掲載した。
Leptographium bhutanense / Leptographium gracile / Leptographium latens / Leptographium sibiricum / Leptographium sinoprocerum
R3-09549
足首の非感染性滑液包炎を基礎として二重感染した慢性Kirschsteiniothelia感染症:ヒトへの感染の初症例報告
Chronic Kirschsteiniothelia infection superimposed on a pre-existing non-infectious bursitis of the ankle: the first case report of human infection
2,018
BMC Infectious Diseases
https://bmcinfectdis.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12879-018-3152-3
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89chronic-kirschsteiniothelia-infection-superimposed-on-a-pre-existing-non-infectious-bursitis-of-the/
2018年の論文/published in 2018, BMC Infectious Diseases, MIC, MRI, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, アナモルフ菌/anamorphic fungi, グラム染色/Gram stain, ヒト病原菌/human pathogen, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子同定/molecular identification, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新疾患報告/new animal disease, 日本/Japan, 未記載種/undescribed species, 水試料/water sample, 滑液包炎/bursitis, 生体組織診断/biopsy, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 皮膚真菌症/dermatomycosis, 皮膚糸状菌/dermatophyte, 臨床検体/clinical specimens, 配列決定/sequencing
日本からKirschsteiniothelia属菌のヒトへの感染の初症例を報告した。
81歳女性の足首に生じた結節から分離された黒色コロニー形成菌のITS配列を決定し、本属菌の一種と同定した。
当初は非感染性滑液包炎の経過を示したため、Kirschsteiniothelia属菌は二重感染した可能性が高いと考えられた。
R3-09548
ブラジルの半乾燥地域に産した新種Leucocoprinus rhodolepis
Leucocoprinus rhodolepis (Agaricaceae: Basidiomycota), a new species from Brazilian semi-arid region
2,022
Revista Mexicana de Biodiversidad
http://revista.ib.unam.mx/index.php/bio/article/view/3821
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89leucocoprinus-rhodolepis-agaricaceae-basidiomycota-a-new-species-from-brazilian-semi-arid-regio/
2022年の論文/published in 2022, Revista Mexicana de Biodiversidad, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, パライバ州/Paraiba, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 保全生態学/conservation ecology, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 降水量/precipitation
ブラジル、パライバ州で採集された菌を検討し、Leucocoprinus rhodolepisとして新種記載した。
本種は子実体が小型で傘に橙桃色の小鱗片を伴い、担子胞子が楕円形で頂部に発芽孔を欠き、縁シスチジアが棍棒形~広棍棒形で稀に便腹状頭状であることなどで特徴づけられた。
本種と類縁種との形質比較表を掲載した。
Leucocoprinus rhodolepis★
Lepiota roseolamellata / Leucocoprinus antillarum / Leucocoprinus antillharum / Leucocoprinus aureofloccosus / Leucocoprinus cygneus / Leucocoprinus dominguensis / Leucocoprinus flavescens / Leucocoprinus fuligineopunctatus / Leucocoprinus heinemannii / Leucocoprinus lanzonii / Leucocoprinus medioflavus / Leucocoprinus microlepis / Leucocoprinus parvipileus / Leucocoprinus pepinosporus / Leucocoprinus rubrosquamosus / Leucocoprinus scissus / Leucocoprinus straminellus / Leucocoprinus submontagnei / Leucocoprinus tephrolepis
ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ科/Agaricaceae, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09547
Bactrodesmium rahmiiに対する新属DistobactrodesmiumおよびBactrodesmium属について
Distobactrodesmium gen. nov. to accommodate Bactrodesmium rahmii and notes on Bactrodesmium
2,021
Mycotaxon
https://www.ingentaconnect.com/contentone/mtax/mt/2021/00000136/00000001/art00010
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89distobactrodesmium-gen-nov-to-accommodate-bactrodesmium-rahmii-and-notes-on-bactrodesmium/
2021年の論文/published in 2021, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 異隔壁/distoseptum
Bactrodesmium rahmiiに対して新属Distobactrodesmiumを提唱した。
本属はスポロドキアを形成し、分生子形成細胞が単出芽型、分生子が褐色~暗褐色で異隔壁を有することなどで特徴づけられた。
また、本属とBactrodesmium属の種について、分生子のサイズ、形状、隔壁数を一覧表にまとめた。
Distobactrodesmium rahmii▲
R3-09546
中国新産のLinkosia属およびSpadicoides属3種
Three species of Linkosia and Spadicoides new to China
2,017
Mycotaxon
https://www.ingentaconnect.com/contentone/mtax/mt/2017/00000132/00000002/art00002
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89three-species-of-linkosia-and-spadicoides-new-to-china/
2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 山地/mountains, 広東省/Guangdong, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 江西省/Jiangxi, 異隔壁/distoseptum, 腐生菌/saprobe, 貴州省/Guizhou
中国新産種としてLinkosia longirostrata、Spadicoides klotzschii、およびS. sylvaticaの3種を報告した。
これらの種はそれぞれ江西省、貴州省、広東省において未同定の広葉樹の材に発生していた。
中国産Linkosia属およびSpadicoides属の検索表を掲載した。
Linkosia longirostrata■ / Spadicoides klotzschii■ / Spadicoides sylvatica■
Linkosia obclavata
ゼノスパディコイデス目/Xenospadicoidales, ゼノスパディコイデス科/Xenospadicoidaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09545
スイスにおいて衰退したヨーロッパアカマツの根から分離されたLeptographium属1新種
A new Leptographium species from the roots of declining Pinus sylvestris in Switzerland
2,017
Forest Pathology
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/efp.12346
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-new-leptographium-species-from-the-roots-of-declining-pinus-sylvestris-in-switzerland/
1F=1N, 2017年の論文/published in 2017, Forest Pathology, MAT遺伝子/MAT gene, イディオモルフ/idiomorph, スイス/Switzerland, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヴァレー州/Valais, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 虫散布/dispersal by insects, 複合種/species complex, 青変菌/blue stain fungi
スイス、ヴァレー州のローヌ渓谷においてヨーロッパアカマツの着色した根から分離された菌を検討し、Leptographium rhodanenseとして新種記載した。
本種はGrosmannia serpensの無性世代に形態的に類似していたが、分子系統解析で独自の系統を形成した。
本種にはPCRで両方の交配型の存在が見出され、ヘテロタリックであることが示されたが、交配試験で有性世代は認められなかった。
Leptographium rhodanense★
Grosmannia serpens
オフィオストマ目/Ophiostomatales, オフィオストマ科/Ophiostomataceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フンタマカビ亜綱/Sordariomycetidae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09544
屋内栽培のアミガサタケ原基におけるPurpureocillium lilacinum感染の初報告
First Report on Purpureocillium lilacinum Infection of Indoor-Cultivated Morel Primordia
2,022
Agriculture
https://www.mdpi.com/2077-0472/12/5/695/htm
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89first-report-on-purpureocillium-lilacinum-infection-of-indoor-cultivated-morel-primordia/
2022年の論文/published in 2022, Agriculture, きのこ栽培/mushroom cultivation, きのこ栽培の害菌/harmful fungi in mushroom cultivation, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アミガサタケ属, アミガサタケ科, イスラエル/Israel, コッホの原則/Koch_s postulation, 分子同定/molecular identification, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 子実体原基/fruiting body primordium, 室内環境/indoor condition, 宿主生長阻害/host growth inhibition, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新病害報告/new disease, 生物農薬/biopesticide, 菌寄生菌/mycoparasite, 配列決定/sequencing
イスラエルにおいて屋内栽培のアミガサタケ子実体原基に発生した病原菌を検討し、Purpureocillium lilacinumと同定した。
本種との同定はnrLSUおよびITSの配列に基づき確かめられ、本種のアミガサタケ感染の報告は初となった。
また、室内栽培のアミガサタケの病害としても初報告であり、宿主コロニーへの分離菌株の接種により、褐変および菌糸体生長阻害が認められた。
Penicillium lilacinum
コウジカビ科/Aspergillaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ユーロチウム亜綱/Eurotiomycetidae, ユーロチウム目/Eurotiales, ユーロチウム綱/Eurotiomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09543
中国雲南省産のPseudoclathrus属の1新種
A new species of genus Pseudoclathrus from Yunnan, China
2,004
Fungal Diversity
https://www.fungaldiversity.org/fdp/sfdp/16-10.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-new-species-of-genus-pseudoclathrus-from-yunnan-china/
2004年の論文/published in 2004, Fungal Diversity, シクエストレート菌/sequestrate fungus, 中国/China, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 腹菌類/gastromycetes, 雲南省/Yunnan
中国雲南省において地上に単生していた菌を検討し、Pseudoclathrus yunnanensisとして新種記載した。
本種は托が6-7本の円筒形で細い腕からなり、ばら赤色で、担子胞子が楕円形~円筒形平滑であることなどで特徴づけられた。
Pseudoclathrus属の検索表を掲載した。
Pseudoclathrus yunnanensis★
Pseudoclathrus anshunensi / Pseudoclathrus cylindrosporus / Pseudoclathrus leigongshanensis
スッポンタケ亜綱/Phallomycetidae, スッポンタケ目/Phallales, スッポンタケ科/Phallaceae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09542
インド南部産のMycena属Polyadelphia節の1新種
A new species of Mycena sect. Polyadelphia from southern India
2,012
Mycosphere
https://www.mycosphere.org/pdfs/MC3_2_No7.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-new-species-of-mycena-sect-polyadelphia-from-southern-india/
2012年の論文/published in 2012, Mycosphere, インド/India, ケララ州/Kerala, リター菌/litter fungi, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species
インド、ケララ州において様々な双子葉植物の腐朽葉に生じた菌を検討し、Mycena saparnaとして新種記載した。
本種は形態形質に基づきPolyadelphia節に含まれた。
本種はマダガスカルのみから知られているM. foliicolaに類似していたが、襞、担子器、縁シスチジアなどの形態が異なっていた。
Mycena saparna★
Mycena foliicola
クヌギタケ科/Mycenaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09541
中国獅子山産の新種Dactylella shizishanna
Dactylella shizishanna sp. nov., from Shizi Mountain, China
2,003
Fungal Diversity
https://www.fungaldiversity.org/fdp/sfdp/14-8.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89dactylella-shizishanna-sp-nov-from-shizi-mountain-china/
2003年の論文/published in 2003, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 湖北省/Hubei, 生長速度/growth rate, 線虫捕捉菌/nematode trapping fungus, 胞子の発芽/germination of spores
中国湖北省において土壌から分離された菌を検討し、Dactylella shizishannaとして新種記載した。
本種は分生子が単型で棍棒形、2-9隔壁を有し、粘着性の網目構造を形成することなどで特徴づけられた。
粘着性の網目構造を形成するDactylella属菌の検索表を掲載した。
Dactylella shizishanna★
Dactylella crassa
オルビリアキン亜綱/Orbiliomycetidae, オルビリアキン目/Orbiliales, オルビリアキン科/Orbiliaceae, オルビリアキン綱/Orbiliomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09540
ポルトガルで採集されたGraphis属のヨーロッパ新産種5種
Five further species of Graphis reported new to Europe from Portugal
2,022
The Lichenologist
https://www.cambridge.org/core/journals/lichenologist/article/abs/five-further-species-of-graphis-reported-new-to-europe-from-portugal/4C14207134EB1DB40D1ACF78AA5C4BF7
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89five-further-species-of-graphis-reported-new-to-europe-from-portugal/
2022年の論文/published in 2022, The Lichenologist, セントロ地方/Centro, ポルトガル/Portugal, ポルトガル新産種/Portugal_new record, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 切片/section, 南欧新産種/South Europe_new record, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 湿度/humidity, 痂状地衣/crustose lichen, 降水量/precipitation
ポルトガルのブサコ国立公園からヨーロッパ新産種としてGraphis dendrogrammaなど5種のGraphis属地衣を報告した。
各種について記載文、写真などを掲載した。
ヨーロッパ産でポルトガルにも分布するAllographa属およびGraphis属の種の検索表を掲載した。
Graphis dendrogramma■ / Graphis duplicata■ / Graphis gonimica■ / Graphis librata■ / Graphis pyrrhocheiloides■
Graphis cincta / Graphis elegans / Graphis librata / Graphis pyrrhocheiloides
オストロパ亜綱/Ostropomycetidae, オストロパ目/Ostropales, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, モジゴケ亜科/Graphidoideae, モジゴケ科/Graphidaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09539
Pallidogramme属地衣のインドにおける新規分布記録と全世界の種の検索表の改訂
New distributional records of Pallidogramme (lichenized ascomycota) from India with updated world key
2,022
Feddes Repertorium
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/fedr.202200006
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89new-distributional-records-of-pallidogramme-lichenized-ascomycota-from-india-with-updated-world-k/
2022年の論文/published in 2022, Feddes Repertorium, アッサム州/Assam, インド/India, インド新産種/India_new record, オキセピン類/oxepins, スチクチン酸類/stictic acids, ナガランド州/Nagaland, マニプル州/Manipur, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography
インド新産種としてアッサム州およびマニプル州で採集されたPallidogramme chapadanaを報告した。
また、西ベンガル州から知られていたP. bengalensisをアッサム州およびマニプル州から報告し、マニプル州およびシッキム州から知られていたP. chrysenteronをアッサム州、ナガランド州、およびマニプル州ウクルル地区から初めて報告した。
本属の全既知種の検索表を掲載した。
Pallidogramme bengalense■ / Pallidogramme chapadana■ / Pallidogramme chrysenteron■
Pallidogramme awasthii / Pallidogramme canarensis / Pallidogramme chapadana / Pallidogramme chlorocarpoides / Pallidogramme chrysenteron / Pallidogramme commutabilis / Pallidogramme montiscalvi
オストロパ亜綱/Ostropomycetidae, オストロパ目/Ostropales, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, モジゴケ亜科/Graphidoideae, モジゴケ科/Graphidaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09538
ミャンマー産きのこ類のDNAに基づく種同定 (1):ミャンマー新産のLactarius austrotorminosusおよびその他17分類群
Species Identification Based on DNA of Selected Mushrooms from Myanmar (1) Lactarius austrotorminosus and 17 Other Taxa Newly Reported from Myanmar
2,021
Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany
https://www.kahaku.go.jp/research/publication/botany/download/47_2/L_BNMNS_B47-2_59.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89species-identification-based-on-dna-of-selected-mushrooms-from-myanmar-1-lactarius-austrotorminos/
2021年の論文/published in 2021, Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany, DNAバーコーディング/DNA barcoding, GBIF, アカシア属/Acacia, アジア新産種/Asia_new record, イネ科/Poaceae, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, マンダレー地方域/Mandalay, ミャンマー/Myanmar, ミャンマー新産種/Myanmar_new record, ヤンゴン地方域, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, 分子同定/molecular identification, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 東南アジア新産種/Southeast Asia_new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発光きのこ/luminous mushroom, 移入種/alien species, 腹菌類/gastromycetes, 膠質菌/jelly fungi, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 配列決定/sequencing, 隔離分布/disjunct distribution
ミャンマーで採集されたきのこ類の33標本について形態観察およびDNAバーコーディングを実施し、22種を同定した。
そのうちLactarius austrotorminosusなど17分類群をミャンマーから初めて報告した。
Craterellus、Laccaria、Turbinellusの各属はミャンマー新産属である可能性があった。
Amanita ceciliae■ / Craterellus atratus■ / Dacryopinax spathularia / Favolaschia calocera■ / Fistulina hepatica■ / Geastrum courtecuissei■ / Laccaria vinaceoavellanea■ / Lactarius austrotorminosus■ / Lactarius piperatus■ / Lactarius volemus■ / Lentinus squarrosulus / Leucocoprinus birnbaumii■ / Neonothopanus nambi■ / Phallus merulinus■ / Pisolithus albus■ / Psathyrella candolleana■ / Pycnoporus sanguineus■ / Russula virescens■ / Schizophyllum commune / Trogia infundibuliformis■ / Turbinellus floccosus■
アカキクラゲ目/Dacrymycetales, アカキクラゲ科/Dacrymycetaceae, アカキクラゲ綱/Dacrymycetes, アンズタケ目/Cantharellales, アンズタケ科/Cantharellaceae, イグチ目/Boletales, カンゾウタケ科/Fistulinaceae, スエヒロタケ科/Schizophyllaceae, スッポンタケ亜綱/Phallomycetidae, スッポンタケ目/Phallales, スッポンタケ科/Phallaceae, タマチョレイタケ目/Polyporales, タマチョレイタケ科/Polyporaceae, ツキヨタケ科/Omphalotaceae, テングタケ科/Amanitaceae, ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ニセショウロ科/Sclerodermataceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ科/Agaricaceae, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ヒドナンギウム科/Hydnangiaceae, ヒメツチグリ目/Geastrales, ヒメツチグリ科/Geastraceae, ベニタケ目/Russulales, ベニタケ科/Russulaceae, ホウライタケ科/Marasmiaceae, ラッパタケ目/Gomphales, ラッパタケ科/Gomphaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09537
ミャンマー産きのこ類のDNAに基づく種同定 (2):Geastrum courtecuisseiとPhallus merulinusは隔離分布するか?
Species Identification Based on DNA of Selected Mushrooms from Myanmar (2) Geastrum courtecuissei and Phallus merulinus with Disjunct Distribution?
2,022
Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany
https://www.jstage.jst.go.jp/article/bnmnsbot/48/2/48_31/_article/-char/ja/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89species-identification-based-on-dna-of-selected-mushrooms-from-myanmar-2-geastrum-courtecuissei-a/
2022年の論文/published in 2022, Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany, DNA バーコーディング, GBIF, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, ミャンマー/Myanmar, 側系統群/paraphyletic group, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地理的分布/geographical distribution, 生物地理学/biogeography, 腹菌類/gastromycetes, 複合種/species complex, 隔離分布/disjunct distribution
ミャンマーから以前に報告されたGeastrum courtecuisseiとPhallus merulinusについて、ITSデータを取得して生物地理学的パターンを検討した。
前者は中米および南米産標本と密接な関係にあり、本種が隔離分布を示すことが支持された。
一方、後者は分子的に区別がつかないP. atrovolvatusと合わせて、熱帯から亜熱帯地域にかけて広範に分布するとみられ、隔離分布パターンは支持されなかった。
Geastrum courtecuissei / Phallus merulinus
スッポンタケ亜綱/Phallomycetidae, スッポンタケ目/Phallales, スッポンタケ科/Phallaceae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ヒメツチグリ目/Geastrales, ヒメツチグリ科/Geastraceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09536
日本産盤菌類(12) : 日本新産種Byssonectria carlcinogenumおよびPhylloscypha phyllogena
Enumeration of Remarkable Japanese Discomycetes (12): Notes on Two Fungi of Pezizales, Byssonectria carlcinogenum New to Japan and Phylloscypha phyllogena
2,022
Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany
https://www.jstage.jst.go.jp/article/bnmnsbot/48/2/48_39/_pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89enumeration-of-remarkable-japanese-discomycetes-12-notes-on-two-fungi-of-pezizales-byssonectria/
2022年の論文/published in 2022, Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany, DNAバーコーディング/DNA barcoding, ウシ科/Bovidae, カモシカ属/Capricornis, 分子同定/molecular identification, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新称和名/new Japanese name, 日本/Japan, 日本新産種/Japan_new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 配列決定/sequencing, 長野県/Nagano, 難培養性菌/uncultured fungi
Byssonectria carlcinogenumを日本新産種として報告した。
本種は長野県浅間山のシラビソ混交林においてニホンカモシカの糞に発生していた。
また、日本で広範に知られるが科学雑誌に載っていなかったPhylloscypha phyllogenaについて検討し、記載文等を掲載した。
Byssonectria cartilaginea■ / Phylloscypha phyllogena
Byssonectria terrestris / Phylloscypha badia
チャワンタケ亜綱/Pezizomycetidae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, チャワンタケ目/Pezizales, チャワンタケ科/Pezizaceae, チャワンタケ綱/Pezizomycetes, ピロネマキン科/Pyronemataceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09535
分子データにより確かめられたボリビア新産種、狭義のSticta weigelii
First records of Sticta weigelii s.str. from Bolivia confirmed by molecular data
2,021
Folia Cryptogamica Estonica
https://ojs.utlib.ee/index.php/FCE/article/view/fce.2021.58.09
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89first-records-of-sticta-weigelii-s-str-from-bolivia-confirmed-by-molecular-data/
2021年の論文/published in 2021, Folia Cryptogamica Estonica, コチャバンバ県/Cochabamba, サンタクルス県/Santa Cruz, タリハ県/Tarija, ボリビア/Bolivia, ボリビア新産種/Bolivia_new record, ユンガス/yungas, ラパス県/La Paz, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 種概念/species concept, 藍藻地衣/cyanolichen, 複合種/species complex, 雲霧林/cloud forest
狭義のSticta weigeliiをボリビア新産種として報告した。
複合種のS. weigeliiはボリビアにおいては形態のみを根拠に知られていたが、狭義の本種の存在は確かではなかった。
本種との同定は分子データにより初めて確かめられた。
Sticta weigelii■
Sticta andina / Sticta beauvosii / Sticta carolinensis / Sticta fragilinata / Sticta harrisii / Sticta hypoglabra / Sticta isidiokunthii / Sticta laselvae / Sticta luteocyphellata / Sticta phyllidiata / Sticta phyllidiokunthii / Sticta pseudobeauvoisii / Sticta rhizinata / Sticta scabrosa / Sticta squamifera / Sticta tatamana / Sticta tunjensis / Sticta waikamoi
Peltigerineae, カブトゴケ科/Lobariaceae, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ツメゴケ目/Peltigerales, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09534
トルコ産地衣生菌類について (2)
Notes on some lichenicolous fungi species from Turkey II
2,009
Turkish Journal of Botany
https://journals.tubitak.gov.tr/botany/vol33/iss5/6/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89notes-on-some-lichenicolous-fungi-species-from-turkey-ii/
2009年の論文/published in 2009, Protoparmeliopsis属, Turkish Journal of Botany, アジア新産種/Asia_new record, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アンカラ県/Ankara, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, キクバゴケ属/Xanthoparmelia, クボミゴケ属/Aspicilia, コナラ属/Quercus, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ナシ属/Pyrus, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, ホウネンゴケ属/Acarospora, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, ボル県/Bolu, マラティヤ県/Malatya, ムーラ県/Mugla, メガスポラ科/Megasporaceae, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 珪質岩/siliceous rocks, 石灰岩/limestone, 菌寄生菌/mycoparasite
トルコの複数の県から計9種の地衣生菌を報告した。
そのうちEndococcus janaeなど5種はトルコ新産種であり、そのうち4種はアジア新産種でもあった。
本報告によりトルコ産の既知の地衣生菌は136に増加した。
Arthonia subfuscicola■ / Cercidospora macrospora■ / Endococcus janae■ / Lichenochora aprica■ / Pronectria xanthoriae■ / Sarcopyrenia cylindrospora■ / Stigmidium congestum■ / Stigmidium xanthoparmeliarum■ / Zwackhiomyces cervinae■
Collemopsidiomycetes, カプノディウム目/Capnodiales, クロイボタケ亜綱/Dothideomycetidae, クロイボタケ目/Dothideales, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, コレモプシディウム目/Collemopsidiales, ザントピレニア科/Xanthopyreniaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, ビオネクトリア科/Bionectriaceae, フィラコラ目/Phyllachorales, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, ホシゴケ亜綱/Arthoniomycetidae, ホシゴケ目/Arthoniales, ホシゴケ科/Arthoniaceae, ホシゴケ菌綱/Arthoniomycetes, マイコスフェレラ科/Mycosphaerellaceae, 子嚢菌綱/Ascomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09533
1890年から1905年にかけてO. Pazschkeにより発行された「Fungi Europaei et Extraeuropaei Exsiccati, Klotzschii Herbarium Vivum Mycologicum Continuato, Editio Nova, Series Secunda」のcent. 37~45で公表された分類学的新規性の注釈付きリスト
Annotated list of taxonomic novelties published in “Fungi Europaei et Extraeuropaei Exsiccati, Klotzschii Herbarium Vivum Mycologicum Continuato, Editio Nova, Series Secunda” Cent. 37 to 45 issued by O. Pazschke between 1890 and 1905
2,022
Schlechtendalia
https://public.bibliothek.uni-halle.de/schlechtendalia/article/view/2726
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89annotated-list-of-taxonomic-novelties-published-in-fungi-europaei-et-extraeuropaei-exsiccati-klo/
2022年の論文/published in 2022, Schlechtendalia, さび菌/rust fungi, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 文献調査/literature survey, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 菌類学者/mycologist
O. Pazschkeによって公表された「Fungi Europaei et Extraeuropaei Exsiccati~」の37から45番目について注釈付きリストを作成した。
命名法上の検討と各学名の再評価を行い、必要に応じて修正を行った。
本研究はIndex FungorumおよびMycoBankと協議の上で実施し、それらのデータベースの基礎となることも意図した。
Apiognomonia platani / Asterina ildefonsiae / Asterinella caaguazensis / Austropuccinia psidii / Byssosphaeria schiedermayriana / Chaconia hennenii / Cycloschizon brachylaenae / Dasyspora winteri / Dimerosporiopsis engleriana / Eutryblidiella viburni / Nectria byssiseda / Paraleptosphaeria dryadis / Phaeofabraea lachnoides / Phaeoramularia punctiformis / Phyllachora citharexyli / Phyllachora perversa / Prospodium pithecoctenii / Puccinia capensis / Puccinia polygalae / Puccinia treleasiana / Ravenelia microcystis / Rehmiomycella phoradendri / Rosenscheldia caulincola / Schizothyrium lagunculariae / Thaxteriella pezizula / Thyronectria missouriensis / Tolyposporella irregularis / Trabutia crotonicola / Uleiella paradoxa / Uredo hypoxidis / Uromyces demetrionianus / Uromyces dietelianus / Ustacystis waldsteiniae
Uleiellaceae, アステリナ目/Asterinales, アステリナ科/Asterinaceae, ウロシスティス目/Urocystidales, ウロシスティス科/Urocystidaceae, ウロピクシス科/Uropyxidaceae, エクソバシデイウム亜綱/Exobasidiomycetidae, エクソバシデイウム綱/Exobasidiomycetes, カプノディウム目/Capnodiales, クロイボタケ亜綱/Dothideomycetidae, クロイボタケ目/Dothideales, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, クロボキン亜門/Ustilaginomycotina, クロボキン目/Ustilaginales, クロボキン綱/Ustilaginomycetes, グノモニア科/Gnomoniaceae, サビキン亜門/Pucciniomycotina, サビキン目/Pucciniales, サビキン綱/Pucciniomycetes, シゾチリウム科/Schizothyriaceae, シトネタケ亜綱/Diaporthomycetidae, ジョージフィッシェリア目/Georgefischeriales, スフェロフラグミウム科/Sphaerophragmiaceae, ズキンタケ亜綱/Leotiomycetidae, ズキンタケ綱/Leotiomycetes, チャコニア科/Chaconiaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ティレティアリア科/Tilletiariaceae, ディアポルテ目/Diaporthales, トゥベウフィア目/Tubeufiales, トゥベウフィア科/Tubeufiaceae, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, ネクトリア科/Nectriaceae, パテラリア目/Patellariales, パテラリア科/Patellariaceae, パームラリア科/Parmulariaceae, ビョウタケ目/Helotiales, ビョウタケ科/Helotiaceae, フィラコラ目/Phyllachorales, フィラコラ科/Phyllachoraceae, フンタマカビ亜綱/Sordariomycetidae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, プクシニア科/Pucciniaceae, プレオスポラ亜綱/Pleosporomycetidae, プレオスポラ目/Pleosporales, マイコスフェレラ科/Mycosphaerellaceae, ミクロチリウム目/Microthyriales, ミクロチリウム科/Microthyriaceae, メラノンマ科/Melanommataceae, ラヴェネリア科/Raveneliaceae, レプトスフェリア科/Leptosphaeriaceae, ヴェンテュリア科/Venturiaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09532
メキシコの熱帯雨林のリターから分離された菱形の分生子を有するアナモルフ菌の新種
New anamorph fungi with rhombic conidia from Mexican tropical forest litter
2,002
Fungal Diversity
https://fungaldiversity.org/fdp/sfdp/FD_11_99-107.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89new-anamorph-fungi-with-rhombic-conidia-from-mexican-tropical-forest-litter/
2002年の論文/published in 2002, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウルシ科/Anacardiaceae, ベラクルス州/Veracruz, マンゴー属/Mangifera, メキシコ/Mexico, リター菌/litter fungi, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest
メキシコ、ベラクルス州の熱帯雨林において葉のリターに発生した2種の菌をそれぞれBeltraniella fertilis、Pseudobeltrania macrosporaとして新種記載した。
前者はマンゴーの葉に生じ、分生子柄が分枝し、後者は分生子が既知の同属他種よりずっと長いことなどで特徴づけられた。
Pseudobeltrania属菌の検索表を掲載した。
Beltraniella fertilis★ / Pseudobeltrania macrospora★
Beltraniella aethiopica / Beltraniella japonica / Beltraniella portoricensis / Pseudobeltrania cedrelae / Pseudobeltrania penziggi
クロサイワイタケ亜綱/Xylariomycetidae, クロサイワイタケ目/Xylariales, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, ベルトラニア科/Beltraniaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09531
Phlebia属のシノニムであるMycoaciella
Mycoaciella, a synonym of Phlebia
2,002
Mycotaxon
https://www.fpl.fs.fed.us/documnts/pdf2002/nakas02a.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89mycoaciella-a-synonym-of-phlebia/
2002年の論文/published in 2002, Mycotaxon, カエデ属/Acer, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, コンタミ/contamination, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ヌマミズキ属/Nyssa, ヌマミズキ科/Nyssaceae, バンジロウ属/Psidium, フトモモ科/Myrtaceae, ブナ科/Fagaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus
3種を含むMycoaciella属について、顕微鏡的研究を基にPhlebia属のシノニムとした。
2種をPhlebia属に移し、M. brunneaをCeraceohydnum属に置いた。
また、Odontia badiaをPhlebia属に移した。
Ceraceohydnum brunneum / Phlebia badia▲ / Phlebia bispora▲ / Phlebia hinnulea▲
Odonticium romellii / Phlebia albida / Phlebia albomellea / Phlebia aurea / Phlebia bispora / Phlebia chrysocreas / Phlebia floridense / Phlebia hinnulea
シワタケ科/Meruliaceae, タマチョレイタケ目/Polyporales, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09530
アルゼンチン産Annulohypoxylon属菌
Annulohypoxylon (Hypoxylaceae) species from Argentina
2,018
Darwiniana nueva serie
http://www.ojs.darwin.edu.ar/index.php/darwiniana/article/view/777/792
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89annulohypoxylon-hypoxylaceae-species-from-argentina/
2018年の論文/published in 2018, Darwiniana nueva serie, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, サルタ州/Salta, タイプスタディ/type study, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, フトモモ科/Myrtaceae, フフイ州/Jujuy, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ユンガス/yungas, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 色素産生/pigment production
アルゼンチンからAnnulohypoxylon属10種と1変種を報告した。
そのうちA. purpureonitensとA. purpureopigmentumをコーノ・スール、A. stygiumおよびA. nitensをアルゼンチン北西部新産種としてそれぞれ報告した。
また、2種の無性世代を初めて記載し、アルゼンチン産の種の検索表や南米産の種の分布図などを掲載した。
Annulohypoxylon bovei / Annulohypoxylon leptascum / Annulohypoxylon moriforme / Annulohypoxylon moriforme var. macrosporum / Annulohypoxylon nitens■ / Annulohypoxylon purpureonitens■ / Annulohypoxylon purpureopigmentum■ / Annulohypoxylon stygium■ / Annulohypoxylon subeffusum / Annulohypoxylon substygium / Annulohypoxylon yungensis
Annulohypoxylon macrosporum / Annulohypoxylon moriforme / Annulohypoxylon moriforme var. macrosporum / Annulohypoxylon nitens / Annulohypoxylon purpureonitens / Annulohypoxylon purpureopigmentum / Annulohypoxylon stygium / Annulohypoxylon subnitens / Annulohypoxylon substygium / Annulohypoxylon thailandicum / Annulohypoxylon urceolatum
アカコブタケ科/Hypoxylaceae, クロサイワイタケ亜綱/Xylariomycetidae, クロサイワイタケ目/Xylariales, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09529
リンゴの枯れ葉に関連する新種Microsphaeropsis ochracea
Microsphaeropsis ochracea sp. nov. associated with dead apple leaves
2,002
Mycologia
https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/15572536.2003.11833236
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89microsphaeropsis-ochracea-sp-nov-associated-with-dead-apple-leaves/
2002年の論文/published in 2002, Mycologia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カナダ/Canada, ケベック州/Quebec, バラ科/Rosaceae, リター菌/litter fungi, リンゴ属/Malus, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 標本入手不可/specimen not available, 水溶性色素/water-soluble pigment, 生物農薬/biopesticide, 腐生菌/saprobe, 色素産生/pigment production, 超微細構造/ultrastructure, 透過型電子顕微鏡/TEM
カナダ、ケベック州においてリンゴの枯れ葉から分離された菌を検討し、Microsphaeropsis ochraceaとして新種記載した。
透過型電子顕微鏡により分生子殻および分生子の超薄切片の観察を行った。
本種はM. arundinisとは分生子の形態が類似していた一方、分生子殻の孔口の有無やフィアライドのサイズなどが異なっていた。
Microsphaeropsis ochracea★
Microsphaeropsis arundinis
Microsphaeropsidaceae, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, プレオスポラ亜綱/Pleosporomycetidae, プレオスポラ目/Pleosporales, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09528
オーストラリアの土壌から分離された好ケラチン菌の新属新種Castanedomyces australiensis
Castanedomyces australiensis, gen. nov., sp. nov., a keratinophilic fungus from Australian soil
2,002
Studies in Mycology
https://www.researchgate.net/profile/Jose-Cano-16/publication/279548610_Castanedomyces_australiensis_gen_nov_sp_nov_a_keratinophilic_fungus_from_Australian_soil/links/577f54f108ae01f736e2d02d/Castanedomyces-australiensis-gen-nov-sp-nov-a-keratinophilic-fungus-from-Australian-soil.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89castanedomyces-australiensis-gen-nov-sp-nov-a-keratinophilic-fungus-from-australian-soil/
2002年の論文/published in 2002, Studies in Mycology, オーストラリア/Australia, ケラチン分解菌/keratinolytic fungi, セルロース分解活性/cellulolytic activity, ヘアーベイト法/hair bait method, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南オーストラリア州/South Australia, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 好ケラチン菌/kerationophillic fungus, 山地/mountains, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 走査型電子顕微鏡/SEM, 釣菌法/baiting method
オーストラリアにおいて土壌から分離されたケラチン分解菌の一種を検討し、新属新種Castanedomyces australiensisとして記載した。
本種は子嚢果が球形で孔口を欠き、剛毛状の付属糸を多数伴い、子嚢胞子がレンズ形で表面に瘤と赤道面の鶏冠状隆起を有することなどで特徴づけられた。
分子系統解析では本属とAphanoascus属との類縁性が示唆され、同じホネタケ目に含められた。
Castanedomyces australiensis★
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ホネタケ目/Onygenales, ホネタケ科/Onygenaceae, ユーロチウム亜綱/Eurotiomycetidae, ユーロチウム綱/Eurotiomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09527
トルコ、ビンギョル県産の地衣類および地衣生菌類
Lichens and lichenicolous fungi from the Bingöl Province in Turkey
2,022
Phytologia Balcanica
http://www.bio.bas.bg/~phytolbalcan/PDF/28_1/PhytolBalcan_28-1_2022_02_Yazici_&_al.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89lichens-and-lichenicolous-fungi-from-the-bingol-province-in-turkey/
2022年の論文/published in 2022, Phytologia Balcanica, Rhizoplaca属, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ビンギョル県/Bingöl, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 降水量/precipitation, 降雪量/snowfall
トルコ、ビンギョル県において調査を実施し、341の地衣類と23の地衣生菌を同定した。
そのうち地衣生菌のSphaerellothecium contextumをトルコ新産種として報告した。
19種の地衣類と3種の地衣生菌はトルコから2番目の報告となった。
Sphaerellothecium contextum■
カプノディウム目/Capnodiales, クロイボタケ亜綱/Dothideomycetidae, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, マイコスフェレラ科/Mycosphaerellaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09526
消えたきのこ事件:中国南部で発見されたFavolaschia属の新種の発光きのこ
The case of the missing mushroom: a novel bioluminescent species discovered within Favolaschia in southwestern China
2,022
Phytotaxa
https://www.biotaxa.org/Phytotaxa/article/view/phytotaxa.539.3.3
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89the-case-of-the-missing-mushroom-a-novel-bioluminescent-species-discovered-within-favolaschia-in-s/
2022年の論文/published in 2022, Phytotaxa, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ホウライチク属/Bambusa, リター菌/litter fungi, 中国/China, 新種記載/new species, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 発光きのこ/luminous mushroom, 胞子紋/spore print, 走査型電子顕微鏡/SEM
中国雲南省においてタケの枯稈に発生した発光きのこの一種を検討し、Favolaschia xtbgensisとして新種記載した。
本種は子実体が白色~帯灰紫色で半透明平滑、子実層托が管孔状で、側シスチジアおよび縁シスチジアを欠き、子実体、胞子紋、および菌糸体が発光性を示した。
本種は中国産の2番目のFavolaschia属発光きのことなった。
Favolaschia xtbgensis★
Favolaschia tonkinensis
ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ホウライタケ科/Marasmiaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09525
中国北東部産のLeucoagaricus属6新種
Six New Species of Leucoagaricus (Agaricaceae) from Northeastern China
2,022
Diversity
https://www.mdpi.com/1424-2818/14/5/314
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89six-new-species-of-leucoagaricus-agaricaceae-from-northeastern-china/
2022年の論文/published in 2022, Diversity, 中国/China, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 胞子紋/spore print, 草地/grassland, 遼寧省/Liaoning
中国の内モンゴル自治区および遼寧省で採集されたLeucoagaricus属菌について、形態学的検討および分子系統解析を実施した。
L. albosquamosus、L. atroviridis、L. aurantioruber、L. candidus、L. centricastaneus、およびL. virensの6新種を記載した。
そのうち2種がSericeomyces亜属に含まれたが、残りの種は既存のいずれの節にも当てはまらなかった。
Leucoagaricus albosquamosus★ / Leucoagaricus atroviridis★ / Leucoagaricus aurantioruber★ / Leucoagaricus candidus★ / Leucoagaricus centricastaneus★ / Leucoagaricus virens★
Leucoagaricus bulbiger / Leucoagaricus flavovirens / Leucoagaricus japonicus / Leucoagaricus lahorensiformis / Leucoagaricus lahorensis / Leucoagaricus menieri / Leucoagaricus nivalis / Leucoagaricus proximus / Leucoagaricus purpureolilacinus / Leucoagaricus rubrobrunneus / Leucoagaricus rubroconfusus / Leucoagaricus rubrotinctus / Leucoagaricus serenus / Leucoagaricus sericifer / Leucoagaricus subvolvatus / Leucoagaricus truncatus / Leucoagaricus umbonatus / Leucoagaricus vassiljevae / Leucoagaricus viridiflavus / Leucoagaricus viriditinctus / Leucoagarius atroazureus / Leucoagarius caerulescens / Leucocoprinus cepistipes
ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ科/Agaricaceae, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09524
アイルランドにおいてヨーロッパグリに胴枯病を引き起こす菌、Gnomoniopsis smithogilvyiの初報告
First report of the fungus Gnomoniopsis smithogilvyi causing cankers on sweet chestnut (Castanea sativa) in Ireland
2,022
New Disease Report
https://bsppjournals.onlinelibrary.wiley.com/doi/pdf/10.1002/ndr2.12072
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89first-report-of-the-fungus-gnomoniopsis-smithogilvyi-causing-cankers-on-sweet-chestnut-castanea-sa/
2022年の論文/published in 2022, New Disease Report, アイルランド/Ireland, ウィックロー県, クリ属/Castanea, コッホの原則/Koch_s postulation, ブナ科/Fagaceae, 分子同定/molecular identification, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新病害報告/new disease, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 枝枯病/branch blight, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 気温/temperature, 湿度/humidity, 潰瘍病/canker, 胴枯病/dogare-byo (canker), 表面殺菌法/surface sterilization method, 配列決定/sequencing
アイルランドのウィックローにおいて胴枯れ・枝枯れ症状を呈したクリから分離された菌を検討し、Gnomoniopsis smithogilvyiと同定した。
本種との同定はITS領域の塩基配列によって確かめられ、顕微鏡的形質も既報と一致した。
接種試験により分離菌株の病原性を確かめた。
Gnomoniopsis smithogilvyi
グノモニア科/Gnomoniaceae, シトネタケ亜綱/Diaporthomycetidae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ディアポルテ目/Diaporthales, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09523
バルカン半島において150年の時を経て再発見されたPluteus fenzlii
Pluteus fenzlii (Pluteaceae, Agaricales) Rediscovered in the Balkan Peninsula after over 150 Years Gap
2,022
Ecologia Balkanica
http://web.uni-plovdiv.bg/mollov/EB/2022_vol14_iss1/eb22202.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89pluteus-fenzlii-pluteaceae-agaricales-rediscovered-in-the-balkan-peninsula-after-over-150-years/
2022年の論文/published in 2022, Ecologia Balkanica, アオイ科/Malvaceae, シナノキ属/Tilia, シュメン州/Shumen, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, 保全生態学/conservation ecology, 再発見/rediscovery, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 生物地理学/biogeography, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species
ブルガリアから稀産種のPluteus fenzliiを報告した。
本種はバルカン半島においては150年前にセルビアで記録されていたが、その後報告はなく、ブルガリアからの報告は初となった。
ブルガリア産標本はセルビアにおける記録と同じく、セイヨウボダイジュの腐朽の進んだ切り株から得られた。
Pluteus fenzlii■
Pluteus aurantiorugosus var. aurantiovelatus
ウラベニガサ科/Pluteaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09522
ブラジル産糞生菌類:記録された全種を含む改訂版検索表
Coprophilous fungi from Brazil: updated identification keys to all recorded species
2,020
Phytotaxa
https://www.biotaxa.org/Phytotaxa/article/view/phytotaxa.436.2.2
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89coprophilous-fungi-from-brazil-updated-identification-keys-to-all-recorded-species/
2020年の論文/published in 2020, Phytotaxa, ブラジル/Brazil, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 培養性状/colony characteristics, 文献検索/literature search, 文献調査/literature survey, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey
ブラジル産糞生菌類の記録を再検討し、271種を認めた。
最近の調査結果に加え、文献検索と批判的検討により歴史的文献のデータをまとめた。
ブラジルにおいて草食動物の糞に生じる全記録種の検索表を作成した。
R3-09521
ブラジル、ペルナンブーコ州の半乾燥地域に産したケカビ目菌類
Mucorales from the semiarid of Pernambuco, Brazil
2,013
Brazilian Journal of Microbiology
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1156523307000418
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89mucorales-from-the-semiarid-of-pernambuco-brazil/
2013年の論文/published in 2013, Brazilian Journal of Microbiology, CFU (Colony Forming Unit), Shannon-Wienerの多様度指数/Shannon-Wiener diversity Index, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 分離頻度/isolation frequency, 半乾燥地域/semi-arid area, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 希薄化曲線/rarefaction curve, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発生頻度/frequency of occurrence, 稀産種/rare species, 種の豊富さ/species richness, 統計解析/statistical analysis, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitation
ブラジル、ペルナンブーコ州の半乾燥地域において土壌生ケカビ目菌類の調査を行い、19分類群を同定した。
土壌1gあたりのCFUが最多であったのはAbsidia cylindrospora、発生頻度が最も高かったのはRhizopus microsporus var. microsporusであった。
Fennellomyces heterothallicusはブラジル新産種であり、糞生菌として知られる本属菌の土壌からの報告は初となった。
Fennellomyces heterothallicus■
Mucoromyceta, ケカビ亜門/Mucoromycotina, ケカビ目/Mucorales, ケカビ綱/Mucoromycetes, ケカビ門/Mucoromycota, リヒテイミア科/Lichtheimiaceae, 菌界/Fungi
R3-09520
白血病患児の便試料から分離されたMycotypha microspora
Isolation of Mycotypha microspora from stool samples of a leukemic child
2,007
Journal de Mycologie Médicale
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1156523307000418
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89isolation-of-mycotypha-microspora-from-stool-samples-of-a-leukemic-child/
2007年の論文/published in 2007, CTスキャン/CT scan, Journal de Mycologie Médicale, MIC, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, ヒト病原菌/human pathogen, 二型性/dimorphism, 便試料, 分子同定/molecular identification, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 微量液体希釈法/broth microdilution method, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 白血病/leukemia, 臨床検体/clinical specimens, 配列決定/sequencing, 酵母/yeast
発熱および炎症を発現した急性骨髄性白血病患児の便から分離された菌を検討し、Mycotypha microsporaと同定した。
本種がヒトから分離された例は、タイにおける創傷の膿からの分離(未発表)に続いて本症例が2例目となった。
分離された菌株はほとんどの抗真菌薬に対して高値のMICを示した。
Mycotypha microspora
Mucoromyceta, ケカビ亜門/Mucoromycotina, ケカビ目/Mucorales, ケカビ綱/Mucoromycetes, ケカビ門/Mucoromycota, マイコティファ科/Mycotyphaceae, 菌界/Fungi
R3-09519
タトラ国立公園産のPsathyrella属の稀産種および興味深い種
Rare and interesting species of Psathyrella found in the Tatra National Park
2,007
Acta Mycologica
https://pbsociety.org.pl/journals/index.php/am/article/view/am.2007.008
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89rare-and-interesting-species-of-psathyrella-found-in-the-tatra-national-park/
2007年の論文/published in 2007, Acta Mycologica, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, フェノロジー/phenology, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マウォポルスカ県/Małopolska, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print
ポーランドのタトラ国立公園からPsathyrella hydrophiloides、P. conopilus、およびP. murcidaの3種を報告した。
そのうちP. hydrophiloidesはポーランド新産種、残りの2種はカルパティア山脈新産種であった。
各種について記載文、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載したほか、P. conopilusのポーランドにおける既知の採集地を地図で示した。
Psathyrella conopilus■ / Psathyrella hydrophiloides■ / Psathyrella murcida■
Psathyrella fusca
ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09518
Psathyrella属Spadiceae節の分類学的研究
Taxonomic studies on Psathyrella sect. Spadiceae
2,008
Czech Mycology
http://www.czechmycology.org/_cm/CM60201.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89taxonomic-studies-on-psathyrella-sect-spadiceae/
2008年の論文/published in 2008, Czech Mycology, アオイ科/Malvaceae, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, スロバキア/Slovakia, タイプスタディ/type study, チェコ/Czech, トウヒ属/Picea, トチノキ属/Aesculus, トネリコ属/Fraxinus, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ハンノキ属/Alnus, フェノロジー/phenology, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 水辺/waterside, 河川/river, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 生物多様性調査/biodiversity survey, 疑問種/doubtful species, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 草地/grassland
チェコおよびスロバキアで採集されたPsathyrella属Spadiceae節のP. spadiceaなど4種を検討した。
新組み合わせP. papyraceaを提唱した。
中欧産の厚壁シスチジアを有する本属菌の検索表を掲載した。
Psathyrella olympiana / Psathyrella papyracea▲ / Psathyrella pygmaea / Psathyrella spadicea / Psathyrella spintrigeroides / Psathyrella variata
Psathyrella papyracea / Psathyrella spadicea
ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09517
ブラジルの保全された島嶼系における淡水生不完全糸状菌類:ブラジル、サンパウロ州、カナネイア市のイーリャ・ド・カルドゾ州立公園における新産種
Freshwater hyphomycetes in a preserved insular system from Brazil: first records at the Parque Estadual da Ilha do Cardoso, municipality of Cananéia, São Paulo State, Brazil
2,020
Hoehnea
https://www.scielo.br/j/hoehnea/a/bR6PmC5m8HFSC5hVtrvttyz/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89freshwater-hyphomycetes-in-a-preserved-insular-system-from-brazil-first-records-at-the-parque-esta/
2020年の論文/published in 2020, Hoehnea, pH(水質)/pH (water), アナモルフ菌/anamorphic fungi, サンパウロ州/São Paulo, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, リター菌/litter fungi, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 森林/forest, 水温/water temperature, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 水質分析/water quality analysis, 河川/river, 流水環境/lotic environment, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発生頻度/frequency of occurrence, 菌類相調査/mycofloristic survey
ブラジル、サンパウロ州のイーリャ・ド・カルドゾ州立公園において淡水生不完全糸状菌類の調査を実施した。
複数地点で4度の採集を行い、形態を基に計33分類群を同定し、それら全てがイーリャ・ド・カルドゾ州立公園における初報告となった。
Dactylellina appendiculataなど4種をブラジル新産種、2種をサンパウロ州新産種としてそれぞれ報告した。
Alatospora acuminata■ / Anguillospora longissima■ / Anguillospora pseudolongissima■ / Blodgettia indica■ / Camposporium antennatum■ / Campylospora chaetocladia■ / Clavariopsis aquatica■ / Dactylellina appendiculata■ / Dendrosporium lobatum■ / Flagellospora curvula■ / Flagellospora penicillioides■ / Heliscus submersus■ / Ingoldiella hamata■ / Isthmolongispora intermedia■ / Isthmolongispora minima■ / Isthmolongispora quadricellularia■ / Jaculispora submersa■ / Lunulospora curvula■ / Lunulospora cymbiformis■ / Pleiochaeta amazonensis■ / Pyramidospora casuarinae■ / Pyramidospora constricta■ / Pyramidospora robusta■ / Scutisporus brunneus■ / Tetraploa aristata■ / Tripospermum camelopardus■ / Tripospermum myrti■ / Triscelophorus acuminatus■ / Triscelophorus monosporus■
Wiesneriomyces spp.
Classiculaceae, アンズタケ目/Cantharellales, オルビリアキン亜綱/Orbiliomycetidae, オルビリアキン目/Orbiliales, オルビリアキン科/Orbiliaceae, オルビリアキン綱/Orbiliomycetes, カプノディウム目/Capnodiales, カプノディウム科/Capnodiaceae, クラシキュラ目/Classiculales, クラシキュラ綱/Classiculomycetes, クロイボタケ亜綱/Dothideomycetidae, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, サビキン亜門/Pucciniomycotina, ズキンタケ亜綱/Leotiomycetidae, ズキンタケ科/Leotiaceae, ズキンタケ綱/Leotiomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, テトラプロスフェリア科/Tetraplosphaeriaceae, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, ネクトリア科/Nectriaceae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ハリタケ科/Hydnaceae, ビョウタケ目/Helotiales, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, プレオスポラ亜綱/Pleosporomycetidae, プレオスポラ目/Pleosporales, メラノンマ科/Melanommataceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09516
Psathyrella属2新種
Two new species of Psathyrella
2,002
Czech Mycology
http://www.czechmycology.org/_cm/CM54108.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89two-new-species-of-psathyrella/
2002年の論文/published in 2002, Czech Mycology, イグサ属/Juncus, イグサ科/Juncaceae, カヤツリグサ科/Cyperaceae, ガマ属/Typha, ガマ科/Typhaceae, スペイン/Spain, タイプスタディ/type study, ホタルイ属/Scirpus, マドリード州/Madrid, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 新種記載/new species, 温室/greenhouse, 胞子紋/spore print, 走査型電子顕微鏡/SEM
スペインからPsathyrella lutulentaとP. ornatisporaの2新種を記載した。
前者はSpadiceogriseae節に含まれ、傘が乾燥時帯桃灰色でシスチジアが瓶形であることなどで特徴づけられた。
後者はCystopsathyra節に含まれ、温室で見出されたため熱帯または亜熱帯起源と考えられており、子実体が帯黒色で、担子胞子が小型点状、子実層シスチジアを欠くことなどで特徴づけられた。
Psathyrella lutulenta★ / Psathyrella ornatispora★
Psathyrella almerensis / Psathyrella baileyi / Psathyrella pseudolimicola / Psathyrella vinescens
ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09515
ポルトガルの衰退するコルクガシに生息するPlatypus cylindrusに関連する新種Ceratocystiopsis quercina
Ceratocystiopsis quercina sp. nov. Associated with Platypus cylindrus on Declining Quercus suber in Portugal
2,022
Biology
https://www.mdpi.com/2079-7737/11/5/750
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89ceratocystiopsis-quercina-sp-nov-associated-with-platypus-cylindrus-on-declining-quercus-suber-in/
2022年の論文/published in 2022, Biology, Platypus属, アレンテージョ/Alentejo, アンブロシア菌/ambrosia fungus, オフィオストマトイド菌類/ophiostomatoid fungi, キクイムシ科/Scolytidae, コナラ属/Quercus, スライド培養法/slide culture method, セントロ地方/Centro, ゾウムシ科/Curculionidae, ブナ科/Fagaceae, ポルトガル/Portugal, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 坑道/gallery, 培養性状/colony characteristics, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 腸内生息菌/fungus in intestinal tract, 菌嚢/mycangium, 虫散布/dispersal by insects, 表面殺菌法/surface sterilization method, 走査型電子顕微鏡/SEM, 養菌性キクイムシ/ambrosia beetle
ポルトガルにおいてコルクガシの害虫であるPlatypus cylindrusに見出された菌を検討し、Ceratocystiopsis quercinaとして新種記載した。
本種は宿主のキクイムシの菌嚢に密接に関係しており、腸管や変色した材からも見出された。
本種が新種であることはnrLSU、nrSSU、5.8S-ITS2-28S、およびTUBに基づく分子系統解析によっても根拠づけられた。
Ceratocystiopsis quercina★
オフィオストマ目/Ophiostomatales, オフィオストマ科/Ophiostomataceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フンタマカビ亜綱/Sordariomycetidae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09514
トルコ新産のAgaricus、Steccherinum、およびTyphula属
Agaricus, Steccherinum, and Typhula species new for Turkey
2,020
Mycotaxon
https://www.ingentaconnect.com/contentone/mtax/mt/2020/00000135/00000001/art00013
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89agaricus-steccherinum-and-typhula-species-new-for-turkey/
2020年の論文/published in 2020, Mycotaxon, カバノキ科/Betulaceae, トカット県/Tokat, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハンノキ属/Alnus, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヨズガト県/Yozgat, リター菌/litter fungi, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 菌核/sclerotium
トルコのトカット県とヨズガト県で大型菌類の多様性調査を行い、Agaricus dulcidulus、Steccherinum oreophilum、およびTyphula erythropusの3種を同定した。
これらの種はいずれもトルコ新産種として報告された。
各種の記載文、生態写真、顕微鏡写真、類似種との相違点などを掲載した。
Agaricus dulcidulus■ / Steccherinum oreophilum■ / Typhula erythropus■
Agaricus porphyrizon / Agaricus semotus / Irpex lacteus / Steccherinum bourdotii / Steccherinum ochraceum / Typhula phacorrhiza
ガマノホタケ科/Typhulaceae, シワタケ科/Meruliaceae, タマチョレイタケ目/Polyporales, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ科/Agaricaceae, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09513
タトラ山脈産寄生性微小菌 (1):タフリナ目菌類
Parasitic microfungi of the Tatra Mountains. 1. Taphrinales
2,005
Polish Botanical Journal
https://www.researchgate.net/publication/228372830_Parasitic_microfungi_of_the_Tatra_Mountains_1_Taphrinales
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89parasitic-microfungi-of-the-tatra-mountains-1-taphrinales/
2005年の論文/published in 2005, Chaerophyllum属, Polish Botanical Journal, エゾボウフウ属/Aegopodium, オシダ属/Dryopteris, オシダ科/Dryopteridaceae, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, カワリミタンポポモドキ属, キク科/Asteraceae, キジムシロ属/Potentilla, サクラ属/Prunus, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, スロバキア/Slovakia, スロバキア新産種/Slovakia_new record, セリ科/Apiaceae, タンポポ属/Taraxacum, ダイコンソウ属/Geum, ハナウド属/Heracleum, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ヒストグラム/histogram, ヒメウイキョウ属/Carum, フタマタタンポポ属/Crepis, フランスギク属/Leucanthemum, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マルバトウキ属/Ligusticum, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 二型性/dimorphism, 亜高山帯/subalpine zone, 地理的分布/geographical distribution, 垂直分布/vertical distribution, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 庭園/garden, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水辺/waterside, 河川/river, 生物多様性調査/biodiversity survey, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 酵母/yeast, 高山帯/alpine region
ポーランドとスロバキアのタトラ山脈においてプロトミセス科およびタフリナ科菌類の調査を実施し、種名一覧、分布図、垂直分布図などを掲載した。
20種の菌と33種の宿主植物を記録した。
そのうち数種はカルパティア山脈およびポーランドまたはスロバキアにおける新産種であった。
Protomyces kriegerianus / Protomyces macrosporus / Protomyces pachydermus / Protomycopsis arnoldii■ / Protomycopsis leontodontis■ / Protomycopsis leucanthemi■ / Taphrina alni / Taphrina betulae / Taphrina betulina / Taphrina epiphylla / Taphrina filicina / Taphrina padi / Taphrina populina / Taphrina potentillae■ / Taphrina pruni / Taphrina sadebeckii / Taphrina tosquinetii / Taphrina vestergrenii■ / Taphrina viridis■
タフリナ亜綱/Taphrinomycetidae, タフリナ目/Taphrinales, タフリナ科/Taphrinaceae, タフリナ綱/Taphrinomycetes, タフリナ菌亜門/Taphrinomycotina, プロトマイセス科/Protomycetaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09512
インド、ケララ州の西ガーツ山脈におけるモジゴケ科地衣の新産種
New records of Graphidaceae (lichenized fungi) from the Western Ghats of Kerala state, India
2,021
Studies in Fungi
https://www.studiesinfungi.org/pdf/SIF_6_1_14.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89new-records-of-graphidaceae-lichenized-fungi-from-the-western-ghats-of-kerala-state-india/
2021年の論文/published in 2021, Studies in Fungi, インド/India, インド新産種/India_new record, オキセピン類/oxepins, カルボン酸類/carboxylic acids, ケララ州/Kerala, スチクチン酸類/stictic acids, セトラル酸類/cetraric acids, プソロミン酸/psoromic acid, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 未知成分/unknown component, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography
インド、ケララ州の西ガーツ山脈から15種のモジゴケ科地衣を報告した。
そのうちOcellularia albomaculataなど6種はインド新産種、Pallidogramme chrysenteronはインド半島部新産種であった。
また、Asteristion alboolivaceumなど8種はケララ州新産種であった。
Asteristion alboolivaceum■ / Chapsa hiata■ / Diploschistes rampoddensis■ / Fissurina rubiginosa■ / Ocellularia albomaculata■ / Ocellularia ascidioidea■ / Ocellularia kanneliyensis■ / Ocellularia monosporoides■ / Ocellularia pertusariiformis■ / Ocellularia rhicnopora■ / Pallidogramme chrysenteron■ / Pseudochapsa phlyctidioides■ / Thelotrema canarense■ / Thelotrema piluliferum■ / Thelotrema subtile■
Fissurinoideae, Wirthiotremateae, オストロパ亜綱/Ostropomycetidae, オストロパ目/Ostropales, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, モジゴケ亜科/Graphidoideae, モジゴケ科/Graphidaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09511
カナダ、ブリティッシュコロンビア州、バンクーバー島の白亜紀前期地層から見出された異層地衣の新属新種、Honeggeriella complexa
Honeggeriella complexa gen. et sp. nov., a heteromerous lichen from the Lower Cretaceous of Vancouver Island (British Columbia, Canada)
2,013
American journal of Botany
https://bsapubs.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.3732/ajb.1200470
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89honeggeriella-complexa-gen-et-sp-nov-a-heteromerous-lichen-from-the-lower-cretaceous-of-vancouv/
2013年の論文/published in 2013, American journal of Botany, カナダ/Canada, ピール法/film pull, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, ミッシングリンク/missing link, 中生代, 切片/section, 化石菌類/fossil fungi, 吸器/haustorium, 地衣類/lichen, 新属提唱/new genus, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 沿岸域/coastal area, 白亜紀/Cretaceous, 走査型電子顕微鏡/SEM
カナダ、ブリティッシュコロンビア州の白亜紀前期堆積物から見出された化石地衣の一種を検討し、新属新種Honeggeriella complexaとして記載した。
本種の菌類-共生藻接触面には細胞内吸器が見出され、これは化石記録としては初の報告となった。
従来、異層地衣の記録はデボン紀初期と始新世の標本が知られていたが、今回の発見はそのギャップを埋めるものとなった。
Honeggeriella complexa★
子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09510
トルコ、カイセリ県、サルズ地区産大型菌類
Macromycetes of Sarız (Kayseri/Turkey) district
2,013
Biological Diversity and Conservation
https://www.acarindex.com/biological-diversity-and-conservation/macromycetes-of-sariz-kayseriturkey-district-241661
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89macromycetes-of-sariz-kayseri-turkey-district/
2013年の論文/published in 2013, Biological Diversity and Conservation, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, カイセリ県/Kayseri, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, トルコ/Turkey, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 庭園/garden, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 水辺/waterside, 河川/river, 温帯域/temperate zone, 生物多様性調査/biodiversity survey, 糞生菌/coprophilous fungi, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 食用きのこ/edible mushrooms
トルコ、カイセリ県のサルズ地区において大型菌類の調査を実施し、2綱22科45属の54分類群を記録した。
それら全てが調査地区からの初報告となった。
各種の標本情報を掲載したほか、近隣の地区における調査結果との共通分類群の割合を算出した。
Agaricus campestris■ / Agrocybe cylindracea■ / Armillaria mellea■ / Bjerkandera adusta■ / Bovista plumbea■ / Calocybe gambosa■ / Calvatia gigantea■ / Chondrostereum purpureum■ / Conocybe apala■ / Coprinellus disseminatus■ / Coprinellus micaceus■ / Coprinopsis atramentaria■ / Coprinopsis cinerea■ / Coprinopsis nivea■ / Coprinus comatus■ / Flammulina velutipes■ / Fomes fomentarius■ / Gymnopus dryophilus■ / Hebeloma populinum■ / Helvella leucopus■ / Hypholoma fasciculare■ / Inocybe dulcamara■ / Inocybe rimosa■ / Lactarius controversus■ / Lentinus tigrinus■ / Lepiota erminea■ / Lepiota oreadiformis■ / Lepista nuda■ / Lepista personata■ / Leucoagaricus leucothites■ / Lycoperdon molle■ / Lycoperdon perlatum■ / Macrocystidia cucumis■ / Macrolepiota excoriata■ / Melanoleuca excissa■ / Morchella deliciosa■ / Panaeolus papilionaceus■ / Parasola auricoma■ / Paxillus involutus■ / Phellinus igniarius■ / Pholiota aurivella■ / Pholiota gummosa■ / Pleurotus eryngii■ / Pleurotus ostreatus■ / Pluteus romellii■ / Polyporus squamosus■ / Psathyrella candolleana■ / Psilocybe coprophila■ / Schizophyllum commune■ / Stereum hirsutum■ / Stropharia coronilla■ / Trametes trogii■ / Tricholoma populinum■ / Volvopluteus gloiocephalus■
Lycoperdaceae, アセタケ科/Inocybaceae, アミガサタケ科/Morchellaceae, イグチ目/Boletales, ウラベニガサ科/Pluteaceae, オキナタケ科/Bolbitiaceae, キウロコタケ科/Stereaceae, キシメジ科/Tricholomataceae, シメジ科/Lyophyllaceae, シワタケ科/Meruliaceae, スエヒロタケ科/Schizophyllaceae, タバコウロコタケ目/Hymenochaetales, タバコウロコタケ科/Hymenochaetaceae, タマチョレイタケ目/Polyporales, タマチョレイタケ科/Polyporaceae, タマバリタケ科/Physalacriaceae, チャワンタケ亜綱/Pezizomycetidae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, チャワンタケ目/Pezizales, チャワンタケ綱/Pezizomycetes, ツキヨタケ科/Omphalotaceae, ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ノボリリュウ科/Helvellaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ科/Agaricaceae, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ヒダハタケ科/Paxillaceae, ヒトヨタケ科/Coprinaceae, ヒラタケ科/Pleurotaceae, フウリンタケ科/Cyphellaceae, ベニタケ目/Russulales, ベニタケ科/Russulaceae, ホウライタケ科/Marasmiaceae, モエギタケ科/Strophariaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09509
トルコ新産種Cortinarius barbatus、C. osmophorus、およびC. saturninus
New records from Turkey: Cortinarius barbatus, C. osmophorus, & C. saturninus
2,021
Mycotaxon
https://www.ingentaconnect.com/content/mtax/mt/2022/00000136/00000004/art00012
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89new-records-from-turkey-cortinarius-barbatus-c-osmophorus-c-saturninus/
2021年の論文/published in 2021, Mycotaxon, コナラ属/Quercus, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハッキャリ県/Hakkâri, ビトリス県/Bitlis, ビンギョル県/Bingöl, ブナ科/Fagaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 分子同定/molecular identification, 切片/section, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 配列決定/sequencing
トルコ新産種としてCortinarius barbatus、C. osmophorus、およびC. saturninusを報告した。
前2種はそれぞれハッキャリ県、ビンギョル県においてコナラ属およびヤマナラシ属の樹下、後1種はビトリス県においてヤナギ属の樹下に発生していた。
これらの種との同定はITS領域の塩基配列によっても確かめられ、トルコ産の既知の本属菌は119に増加した。
Cortinarius barbatus / Cortinarius osmophorus / Cortinarius saturninus
Cortinarius alboamarescens / Cortinarius aquilanus / Cortinarius caesiocortinatus / Cortinarius confirmatus / Cortinarius cruentipellis / Cortinarius cyprinus / Cortinarius emollitoides / Cortinarius imbutus / Cortinarius talus
ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, フウセンタケ科/Cortinariaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09508
インドネシア産Lepista sordidaの形態・分子的研究
Morphological and Molecular Study of Lepista sordida in Indonesia
2,022
Philippine Journal of Science
https://philjournalsci.dost.gov.ph/images/pdf/pjs_pdf/vol151no4/morphological_and_molecular_study_of_L_sordiata_in_Indonesia_.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89morphological-and-molecular-study-of-lepista-sordida-in-indonesia/
2022年の論文/published in 2022, GBIF, Philippine Journal of Science, インドネシア/Indonesia, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobe, 西ジャワ州/West Java
インドネシア、西ジャワ州で採集されたLepista sordidaの標本を検討した。
本標本は散生し、柄が類円筒形で扁圧され、平滑で中空、担子胞子が細長いという特徴を有しており、以前のインドネシアからの報告と異なっていた。
本標本は分子系統解析の結果からL. sordidaと同定された。
Lepista sordida
Cortinarius violaceus / Lepista nuda / Lepista personata / Lepista saeva
キシメジ科/Tricholomataceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09507
中国、燕山山脈に産したCandolleomyces属3新種
Three new species of Candolleomyces (Agaricomycetes, Agaricales, Psathyrellaceae) from the Yanshan Mountains in China
2,022
MycoKeys
https://mycokeys.pensoft.net/article/81437/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89three-new-species-of-candolleomyces-agaricomycetes-agaricales-psathyrellaceae-from-the-yanshan/
2022年の論文/published in 2022, MycoKeys, TreeBASE, フェノロジー/phenology, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 北京市/Beijing, 天津市/Tianjin, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 種の境界/species delimitation, 腐植土/humus
中国、燕山山脈からCandolleomyces yanshanensis、C. subcandolleanus、およびC. incanusの3新種を記載した。
これらの新種は北京市または天津市の森林において腐植土に富んだ地上に発生し、近縁種とは担子胞子や縁シスチジアのサイズなどが異なっていた。
ITS+nrLSU+β-Tub+tef-1αに基づく分子系統解析でこれらの新種は近縁であり、C. badiophyllusなどとクラスターを形成した。
Candolleomyces incanus★ / Candolleomyces subcandolleanus★ / Candolleomyces yanshanensis★
Candolleomyces badhyzensis / Candolleomyces badiophyllus / Candolleomyces candolleanus / Candolleomyces subcandolleanus / Candolleomyces yanshanensis
R3-09506
バスラ県で分離された野生きのこの分子および形態による同定と世界的な新菌株の記録
Molecular and morphological identification of wild mushrooms isolated in Basrah Province with global recording of new strains
2,022
Iranian Journal of Ichthyology
https://ijichthyol.org/index.php/iji/article/download/818/516
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89molecular-and-morphological-identification-of-wild-mushrooms-isolated-in-basrah-province-with-globa/
2022年の論文/published in 2022, Iranian Journal of Ichthyology, イラク/Iraq, スライド培養法/slide culture method, バスラ県/Basrah, 分子同定/molecular identification, 培養性状/colony characteristics, 温度適性/temperature aptitude, 胞子紋/spore print, 表面殺菌法/surface sterilization method
イラク、バスラ県において様々な野生きのこを収集し、形態およびITSデータを基に同定した。
イラクにおける分子同定の例は初となり、Agaricus bisporusなど8種を同定した。
また、Agaricus属とPsathyrella属計5菌株の塩基配列をGenBankに新たに登録した。
Agaricus bisporus / Agaricus bitorquis / Coprinopsis picacea / Panaeolus campanulatus / Panaeolus papilionaceus / Psathyrella candolleana
ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ科/Agaricaceae, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09505
スペイン産Psathyrella属菌 (4):新種Psathyrella submicrosporaおよび新名P. microsporoides
Studies in the genus Psathyrella in Spain. IV. Psathyrella submicrospora sp. nov. and P. microsporoides nom. nov.
2,002
Mycotaxon
https://www.researchgate.net/publication/289829404_Studies_in_the_genus_Psathyrella_in_Spain_IV_Psathyrella_submicrospora_sp_nov_and_P_microsporoides_nom_nov
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89studies-in-the-genus-psathyrella-in-spain-iv-psathyrella-submicrospora-sp-nov-and-p-microsporo/
2002年の論文/published in 2002, Mycotaxon, カスティーリャ・ラ・マンチャ州/Castilla-La Mancha, コナラ属/Quercus, スペイン/Spain, タイプスタディ/type study, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ブナ科/Fagaceae, 新学名提唱/new scientific name, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 石灰質土壌/calcareous soil, 走査型電子顕微鏡/SEM
スペインで採集された菌を検討し、Psathyrella submicrosporaとして新種記載した。
本種はSpintrigerae節に含まれ、P. badiophylla var. microsporaのパラタイプ標本と比較すると担子胞子のサイズや発芽孔の有無、縁シスチジアの形状などが異なっていた。
また、後者の変種について、基本種との担子胞子のサイズの差異から種に昇格させた上で、本種に対して新名P. microsporoidesを与えた。
Psathyrella microsporoides◆ / Psathyrella submicrospora★
Psathyrella badiophylla / Psathyrella magnispora / Psathyrella microsporoides / Psathyrella submicrospora / Psathyrella typhae
ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09504
ジャンムー・カシミール州のヒマラヤ北西部に産したAmanita属3種の形態および分子特性
Morphology and molecular characterization of three species of Amanita from north-Western Himalaya of Jammu and Kashmir
2,022
Kavaka
https://www.fungiindia.co.in/images/kavaka/58/2_kavaka_58_1.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89morphology-and-molecular-characterization-of-three-species-of-amanita-from-north-western-himalaya-o/
2022年の論文/published in 2022, Kavaka, インド/India, インド新産種/India_new record, コナラ属/Quercus, ジャンムー・カシミール州/Jammu and Kashmir, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi
インド、ジャンムー・カシミール州からAmanita pseudorufobrunnescens、A. fritillaria、およびA. spissaceaの3種を報告した。
これらの種はいずれもインドの別の州から報告されていたが、ジャンムー・カシミール州からの報告は初となった。
各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真、分子系統樹などを掲載した。
Amanita fritillaria■ / Amanita pseudorufobrunnescens■ / Amanita spissacea■
テングタケ科/Amanitaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09503
インド産Herpothallon属地衣の新種および新産種
New species and new records of Herpothallon (lichenized Ascomycota) from India
2,009
Mycotaxon
https://www.ingentaconnect.com/content/mtax/mt/2009/00000110/00000001/art00006
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89new-species-and-new-records-of-herpothallon-lichenized-ascomycota-from-india/
2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, アカシア属/Acacia, アッサム州/Assam, インド/India, インド新産種/India_new record, カバノキ科/Betulaceae, カルボン酸類/carboxylic acids, キサントン類/xanthones, サリチル酸類/salicylic acids, シッキム州/Sikkim, ジロホール酸/gyrophoric acid, スミレモ属/Trentepohlia, スミレモ科/Trentepohliaceae, ハンノキ属/Alnus, ヒマラヤ山脈/Himalayas, プソロミン酸/psoromic acid, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, メーガーラヤ州/Meghalaya, リケキサントン類/lichexanthones, レカノール酸/lecanoric acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 色素産生/pigment production, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 西ベンガル州/West Bengal, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatography
インドで採集された2種の地衣を検討し、Herpothallon flavominutumおよびH. himalayanumとしてそれぞれ新種記載した。
前者は偽裂芽が小粒状、初生菌糸体と下生菌糸が白色であること、後者は偽裂芽が不規則なクッション形で下生菌糸が類白色~レモン色であることなどで特徴づけられた。
また、H. albidum、H. cinereum、およびH. philippinumをインド新産種として報告した。
Herpothallon albidum■ / Herpothallon cinereum■ / Herpothallon flavominutum★ / Herpothallon himalayanum★ / Herpothallon philippinum■
Herpothallon adnatum / Herpothallon albidum / Herpothallon brialmonticum / Herpothallon corallinum / Herpothallon elegans / Herpothallon fertile / Herpothallon granulare / Herpothallon himalayanum / Herpothallon hypoprotocetraricum
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ホシゴケ亜綱/Arthoniomycetidae, ホシゴケ目/Arthoniales, ホシゴケ科/Arthoniaceae, ホシゴケ菌綱/Arthoniomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09502
インド産のCryptothecia属およびHerpothallon属地衣の新種および新産種
New species and new records of Cryptothecia and Herpothallon (Arthoniales) from India
2,009
The Lichenologist
https://www.cambridge.org/core/journals/lichenologist/article/abs/new-species-and-new-records-of-cryptothecia-and-herpothallon-arthoniales-from-india/22C7029691A545686CDDAB8D5DCA397E
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89new-species-and-new-records-of-cryptothecia-and-herpothallon-arthoniales-from-india/
2009年の論文/published in 2009, The Lichenologist, アオイ科/Malvaceae, アカシア属/Acacia, アッサム州/Assam, インド/India, オキセピン類/oxepins, カナメモチ属/Photinia, カルボン酸類/carboxylic acids, クスノキ科/Lauraceae, クロモジ属/Lindera, サキシマスオウノキ属/Heritiera, シッキム州/Sikkim, スチクチン酸類/stictic acids, スミレモ属/Trentepohlia, スミレモ科/Trentepohliaceae, セイシボク属/Excoecaria, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ナシ属/Pyrus, バラ科/Rosaceae, バルバチン酸類/barbatic acids, ビンロウ属/Areca, フタル酸類/phthalates, プソロミン酸/psoromic acid, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, マングローブ林/mangrove forest, メーガーラヤ州/Meghalaya, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 痂状地衣/crustose lichen, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 西ベンガル州/West Bengal
インドからCryptothecia属のC. alboglaucaなど5新種を記載した。
また、Herpothallon granulosumとH. isidiatumの2新種を記載した。
インド新産種としてH. australasicumおよびH. granulareを報告した。
Cryptothecia alboglauca★ / Cryptothecia bengalensis★ / Cryptothecia farinosa★ / Cryptothecia multipunctata★ / Cryptothecia verruculifera★ / Herpothallon australasicum■ / Herpothallon granulare■ / Herpothallon granulosum★ / Herpothallon isidiatum★
Cryptothecia alboglauca / Cryptothecia albomaculata / Cryptothecia atropunctata / Cryptothecia bengalensis / Cryptothecia dissimilis / Cryptothecia dissmilis / Cryptothecia effusa / Cryptothecia exilis / Cryptothecia farinosa / Cryptothecia filicina / Cryptothecia genuflexa / Cryptothecia monospora / Cryptothecia stirtonii / Cryptothecia verrucominuta / Cryptothecia verrucomunita / Herpothallon antillarum / Herpothallon australasicum / Herpothallon furfuraceum / Herpothallon granulare / Herpothallon nigroisidiatum / Herpothallon phillipinum
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ホシゴケ亜綱/Arthoniomycetidae, ホシゴケ目/Arthoniales, ホシゴケ科/Arthoniaceae, ホシゴケ菌綱/Arthoniomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09501
地衣生の’Bispora‘属菌および’Trimmatostroma‘属菌に対する新属Intralichen
Intralichen, a new genus for lichenicolous ‘Bispora’ and ‘Trimmatostroma’ species
2,002
Fungal Diversity
https://www.fungaldiversity.org/fdp/sfdp/FD_11_87-97.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89intralichen-a-new-genus-for-lichenicolous-bispora-and-trimmatostroma-species/
2002年の論文/published in 2002, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ゴール/gall, ダイダイゴケ属/Caloplaca, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, ネブラスカ州/Nebraska, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 検索表/identification key, 稀産種/rare species, 米国/USA, 菌寄生菌/mycoparasite
米国ネブラスカ州においてCaloplaca trachyphyllaに発生した地衣生菌の一種を検討し、新属新種Intralichen baccisporusとして記載した。
また、Bispora christiansenii、B. lichenum、およびTrimmatostroma lichenicolaを本新属に移した。
Intralichen属の検索表を掲載した。
Intralichen baccisporus★ / Intralichen christiansenii▲ / Intralichen lichenicola▲ / Intralichen lichenum▲
Intralichen baccisporus / Intralichen christiansenii / Intralichen lichenicola / Intralichen lichenum
子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09500
ブラジル、アラゴアス州の生物保護区で採集されたCyathus属の新産種
New Records of Cyathus Species (Nidulariaceae, Basidiomycota) from a Biological Reserve in Alagoas, Brazil
2,022
Pesquisas série Botânica
http://www.anchietano.unisinos.br/publicacoes/botanica/volumes/076/76_014.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89new-records-of-cyathus-species-nidulariaceae-basidiomycota-from-a-biological-reserve-in-alagoas/
2022年の論文/published in 2022, Pesquisas série Botânica, アラゴアス州/Alagoas, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ブラジル/Brazil, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetes
ブラジル、アラゴアス州における新産種としてCyathus microsporus、C. morelensis、およびC. limbatusを報告した。
そのうちC. morelensisは大西洋岸森林からの報告も初となった。
各種の記載文、写真、分布図などを掲載した。
Cyathus limbatus■ / Cyathus microsporus■ / Cyathus morelensis■
Cyathus berkeleyanus / Cyathus hookeri / Cyathus limbatus / Cyathus montagnei / Cyathus morelensis / Cyathus striatus
ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ科/Agaricaceae, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09499
チェコ産Gymnopilus菌とその他のヨーロッパ諸国における標本との関係
The genus Gymnopilus (Fungi, Agaricales) in the Czech Republic with respect to collections from other European countries
2,005
Acta Musei Nationalis Pragae Series B Historia Naturali
http://fi.nm.cz/wp-content/static/article/2005_1.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89the-genus-gymnopilus-fungi-agaricales-in-the-czech-republic-with-respect-to-collections-from-oth/
2005年の論文/published in 2005, Acta Musei Nationalis Pragae Series B Historia Naturalis, アオイ科/Malvaceae, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, シッポゴケ科/Dicranaceae, シナノキ属/Tilia, スギゴケ属/Polytrichum, スギゴケ科/Polytrichaceae, スノキ属/Vaccinium, タイプスタディ/type study, チェコ/Czech, ツツジ科/Ericaceae, ツリバリゴケ属/Campylopus, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, ナシ属/Pyrus, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ピートボグ/peat bog, フェノロジー/phenology, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミズゴケ属/Sphagnum, ミズゴケ科/Sphagnaceae, モクセイ科/Oleaceae, モノグラフ/monograph, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リンゴ属/Malus, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主範囲/host range, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 庭園/garden, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 植林地/plantation, 標本入手不可/specimen not available, 毒きのこ/poisonous mushroom, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 温室/greenhouse, 湿地帯/wetland, 疑問種/doubtful species, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 草地/grassland
チェコおよびその他のヨーロッパ諸国に産したGymnopilus属菌の標本を検討し、本属のモノグラフを作成した。
各種について肉眼的形質、顕微鏡的形質、発生時期、基質、植生や標高との関連、分布などを掲載し、記載文を作成した。
チェコ産本属菌の検索表を掲載した。
Gymnopilus bellulus / Gymnopilus decipiens / Gymnopilus flavus / Gymnopilus fulgens / Gymnopilus igniculus / Gymnopilus josserandii / Gymnopilus penetrans / Gymnopilus picreus / Gymnopilus sapineus / Gymnopilus spectabilis
Gymnopilus bellulus / Gymnopilus dilepis / Gymnopilus humicola / Gymnopilus josserandii / Gymnopilus luteifolius / Gymnopilus odini / Gymnopilus peliolepis / Gymnopilus penetrans / Gymnopilus pseudofulgens / Gymnopilus purpuratus / Gymnopilus sapineus
ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, モエギタケ科/Strophariaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09498
中国産Capillidium属2新種、および1新組み合わせの提唱
Two new species in Capillidium (Ancylistaceae, Entomophthorales) from China, with a proposal for a new combination
2,022
MycoKeys
https://mycokeys.pensoft.net/article/79537/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89two-new-species-in-capillidium-ancylistaceae-entomophthorales-from-china-with-a-proposal-for-a/
2022年の論文/published in 2022, MycoKeys, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 培養性状/colony characteristics, 安徽省/Anhui, 山地/mountains, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 検索表/identification key, 江蘇省/Jiangsu, 独立種/independent species
中国からCapillidium macrocapilliconidiumとC. jiangsuenseの2新種を記載した。
前者は大型の毛細管分生子、後者は大型の毛細管分生子と細長い二次分生子柄などでそれぞれ特徴づけられた。
また、Conidiobolus rugosusをCapillidium属に移し、Capillidium属10種の検索表を掲載した。
Capillidium jiangsuense★ / Capillidium macrocapilliconidium★ / Capillidium rugosum▲
Capillidium denaeosporum / Capillidium pumilum / Capillidium rhysosporum
Zoopagomyceta, アンキリステス科/Ancylistaceae, ハエカビ亜門/Entomophthoromycotina, ハエカビ目/Entomophthorales, ハエカビ綱/Entomophthoromycetes, ハエカビ門/Entomophthoromycota, 菌界/Fungi
R3-09497
アルタイ地方のサライル山地における保護された地衣類の新規生息地
New localities of protected lichen species on the Salair Ridge in Altai Territory
2,022
Mycological Observations
http://journal.asu.ru/biol/article/view/11352
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89new-localities-of-protected-lichen-species-on-the-salair-ridge-in-altai-territory/
2022年の論文/published in 2022, Acta Biologica Sibirica, アオイ科/Malvaceae, アルタイ地方/Altai Krai, アルタイ山脈/Altai Mountains, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, シナノキ属/Tilia, トウヒ属/Picea, ナナカマド属/Sorbus, バラ科/Rosaceae, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ロシア/Russia, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species
ロシアのアルタイ地方における8種の地衣類の新規生息地を報告した。
そのうちGraphis scriptaなど5種はサライル山地新産種となった。
これらの種の中には非常に稀な種やレッドデータ掲載種も含まれた。
Graphis scripta■ / Heterodermia speciosa■ / Lobaria pulmonaria / Nephroma bellum■ / Ramalina roesleri / Ramalina sinensis / Ramalina vogulica■ / Usnea longissima■
Peltigerineae, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, ウラミゴケ科/Nephromataceae, オストロパ亜綱/Ostropomycetidae, オストロパ目/Ostropales, カブトゴケ科/Lobariaceae, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, チャシブゴケ目/Lecanorales, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ツメゴケ目/Peltigerales, ピンゴケ目/Caliciales, ムカデゴケ科/Physciaceae, モジゴケ亜科/Graphidoideae, モジゴケ科/Graphidaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09496
タイの熱帯雨林において採集された植物の葉から分離された担子菌酵母の新種、Kockovaella barringtoniae
Kockovaella barringtoniae sp. nov., a new basidiomycetous yeast species isolated from a plant leaf collected in a tropical rain forest in Thailand
2,002
International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology
https://www.microbiologyresearch.org/content/journal/ijsem/10.1099/00207713-52-1-281
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89kockovaella-barringtoniae-sp-nov-a-new-basidiomycetous-yeast-species-isolated-from-a-plant-leaf/
2002年の論文/published in 2002, GC含量/GC content, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, イネ科/Poaceae, ウレアーゼ試験/urease test, オニササガヤ属/Dichanthium, サガリバナ科/Lecythidaceae, タイ/Thailand, デンプン/starch, ナコーンラーチャシーマー県/Nakhon Ratchasima, ビタミン要求性/vitamin requirement, ユビキノン/ubiquinone, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 射出胞子/ballistospore, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 森林/forest, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 発酵試験/fermentation test, 胞子射出/spore discharge, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatography
タイ、ナコーンラーチャシーマー県の熱帯雨林でサガリバナ属植物の枯れ葉から分離された菌株を検討し、Kockovaella barringtoniaeとして新種記載した。
また、他にオニササガヤ属植物から分離された2菌株をそれぞれK. sacchari、K. thailandicaと同定した。
本種と同属他種との形質比較表を掲載した。
Kockovaella barringtoniae★
Cuniculitremaceae, シロキクラゲ亜綱/Tremellomycetidae, シロキクラゲ目/Tremellales, シロキクラゲ綱/Tremellomycetes, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09495
アフリカ産のMacrotermes natalensisと関係を持つ新種Termitomyces cryptogamus
Termitomyces cryptogamus sp. nov. associated with Macrotermes natalensis in Africa
2,022
Mycotaxon
https://www.ingentaconnect.com/contentone/mtax/mt/2022/00000137/00000001/art00004
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89termitomyces-cryptogamus-sp-nov-associated-with-macrotermes-natalensis-in-africa/
2022年の論文/published in 2022, Macrotermes属, Mycotaxon, シロアリの巣/termite nest, シロアリ科/Termitidae, ハウテン州/Gauteng, プロトプラスト/protoplast, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物の巣/animal nest, 南アフリカ/South Africa, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 昆虫の巣/insect nest, 生長速度/growth rate, 菌園/fungus garden, 遺伝子流動/gene flow
南アフリカでシロアリの巣から分離された菌を検討し、Termitomyces cryptogamusとして新種記載した。
本種はシロアリの一種Macrotermes natalensisの共生菌であり、子実体は認められなかった。
培養下の無性世代の形態とITS配列、近縁種とのnrLSU配列の差異などを基に本種を記載した。
Termitomyces cryptogamus★
Termitomyces schimperi
シメジ科/Lyophyllaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09494
タイにおいて分離された耐熱性メチロトローフ酵母の3新種、Candida krabiensis、Candida sithepensis、およびPichia siamensis
Three new thermotolerant methylotrophic yeasts, Candida krabiensis sp. nov., Candida sithepensis sp. nov., and Pichia siamensis sp. nov., isolated in Thailand
2,004
Journal of General and Applied Microbiology
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jgam/50/3/50_3_119/_pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89three-new-thermotolerant-methylotrophic-yeasts-candida-krabiensis-sp-nov-candida-sithepensis-sp/
2004年の論文/published in 2004, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, Journal of General and Applied Microbiology, ウルシ科/Anacardiaceae, ウレアーゼ試験/urease test, カーンチャナブリー県/Kanchanaburi, キツネノマゴ属/Justicia, キツネノマゴ科/Acanthaceae, キョウチクトウ科/Apocynaceae, クラビー県/Krabi, サンユウカ属/Tabernaemontana, タイ/Thailand, ペッチャブーン県/Phetchabun, マンゴー属/Mangifera, メチロトローフ酵母/methylotrophic yeast, ユビキノン/ubiquinone, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 樹液/sap, 水試料/water sample, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 耐熱性菌/heat-tolerant fungus, 花生息菌/floricolous fungus, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 集積培養/enrichment culture
タイからCandida krabiensis、Candida sithepensis、およびPichia siamensisの3種の酵母を新種記載した。
これらの新種は花、樹液、または土壌から分離され、いずれも耐熱性のメチオトローフ酵母であった。
各種について分子系統樹および近縁種との形質比較表などを掲載した。
Candida krabiensis★ / Candida sithepensis★ / Pichia siamensis★
Candida nemodendta / Candida ovalis / Candida thermophila / Pichia angusta / Pichia philodendri / Pichia pini
サッカロマイセス亜綱/Saccharomycetidae, サッカロマイセス亜門/Saccharomycotina, サッカロマイセス目/Saccharomycetales, サッカロマイセス科/Saccharomycetaceae, サッカロマイセス綱/Saccharomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09493
中国南部産の新種、Fasciodontia yunnanensis
Fasciodontia yunnanensis (Schizoporaceae, Hymenochaetales), a new species from southern China
2,021
Annales Botanici Fennici
https://bioone.org/journals/annales-botanici-fennici/volume-58/issue-4-6/085.058.0411/Fasciodontia-yunnanensis-Schizoporaceae-Hymenochaetales-a-New-Species-from-Southern-China/10.5735/085.058.0411.short
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89fasciodontia-yunnanensis-schizoporaceae-hymenochaetales-a-new-species-from-southern-china/
2021年の論文/published in 2021, Annales Botanici Fennici, TreeBASE, コウヤクタケ類/corticioid fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 雲南省/Yunnan
中国雲南省に発生した材生息菌の一種を検討し、Fasciodontia yunnanensisとして新種記載した。
本種は子実体が背着生で子実層面が微細な歯牙状、担子胞子が楕円形厚壁で、シスチジアが類数珠状であることなどで特徴づけられた。
本種は分子系統解析で他のFasciodontia属2種と単系統群を形成した。
Fasciodontia yunnanensis★
Fasciodontia brasiliensis / Fasciodontia bugellensis / Hastodontia halonata / Hastodontia hastata / Hyphodontia arguta / Lyomyces bambusinus / Lyomyces cremeus / Lyomyces macrosporus / Lyomyces wuliangshanensis / Xylodon borealis / Xylodon brevisetus / Xylodon exilis / Xylodon filicinus / Xylodon pseudolanatus / Xylodon vesiculosus
アナタケ科/Schizoporaceae, タバコウロコタケ目/Hymenochaetales, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09492
台湾新産の子嚢菌類5種
Five new records of Ascomycetes in Taiwan
2,004
Fungal Science
http://web2.nmns.edu.tw/TFungi/chinese/data_all/chinese_pdf/chinese1912/1912-2.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89five-new-records-of-ascomycetes-in-taiwan/
2004年の論文/published in 2004, Fungal Science, アジア新産種/Asia_new record, ウルシ科/Anacardiaceae, フトモモ属/Syzygium, フトモモ科/Myrtaceae, マンゴー属/Mangifera, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, リター菌/litter fungi, 凍結切片/frozen section, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 宿主選好性/host selectivity, 屏東県/Pingtung, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 東アジア新産種/East Asia_new record, 腐生菌/saprobe, 難培養性菌/uncultured fungi, 高雄市/Kaohsiung
台湾新産種としてLophiostoma fuckelii、Pleurostoma candollei、Macrovalsaria megalospora、Schizoparme straminea、およびVialaea minutellaを報告した。
これらの種のうち3種がマンゴーに発生し、残りはそれぞれブンタンとフトモモ属植物に見出された。
1種のみで単胞子分離に成功したが、残りの種は培養不能であった。
Lophiostoma fuckelii■ / Macrovalsaria megalospora■ / Pleurostoma candollei■ / Schizoparme straminea■ / Vialaea minutella■
Schizoparme versoniana / Vialaea insculpta
Macrovalsariaceae, カロスフェリア目/Calosphaeriales, カロスフェリア科/Calosphaeriaceae, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, クロサイワイタケ亜綱/Xylariomycetidae, クロサイワイタケ目/Xylariales, シトネタケ亜綱/Diaporthomycetidae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ディアポルテ目/Diaporthales, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, プレオスポラ亜綱/Pleosporomycetidae, プレオスポラ目/Pleosporales, メラノコニス科/Melanconidaceae, ロフィオストマ科/Lophiostomataceae, ヴィアレア科/Vialaeaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09491
Absidia属菌の種多様性と生態学的生息地、特に中国の森林および草地土壌に見出された5新種について
Species Diversity and Ecological Habitat of Absidia (Cunninghamellaceae, Mucorales) with Emphasis on Five New Species from Forest and Grassland Soil in China
2,022
Journal of Fungi
https://www.mdpi.com/2309-608X/8/5/471/htm
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89species-diversity-and-ecological-habitat-of-absidia-cunninghamellaceae-mucorales-with-emphasis-o/
2022年の論文/published in 2022, Journal of Fungi, チベット自治区/Tibet, トウヒ属/Picea, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 四川省/Sichuan, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 草地/grassland, 雲南省/Yunnan
中国南西部におけるAbsidia属菌の種多様性を調査し、A. abundansなど5新種を記載した。
これらの新種は雲南省、四川省、およびチベット自治区における調査で森林土壌や根圏土壌から分離された。
中国産本属菌の検索表と類縁種との形質比較表を掲載した。
Absidia abundans★ / Absidia lobata★ / Absidia radiata★ / Absidia sichuanensis★ / Absidia yunnanensis★
Absidia frigida / Absidia glauca / Absidia globospora / Absidia medulla / Absidia ovalispora / Absidia panacisoli / Absidia psychrophilia / Absidia radiata / Absidia yunnanensis
Mucoromyceta, クスダマカビ科/Cunninghamellaceae, ケカビ亜門/Mucoromycotina, ケカビ目/Mucorales, ケカビ綱/Mucoromycetes, ケカビ門/Mucoromycota, 菌界/Fungi
R3-09490
ブラジル産のParmelinopsis亜属の新種、Hypotrachyna neohorrescens
Hypotrachyna neohorrescens, a new species in the subgenus Parmelinopsis (Parmeliaceae) from Brazil
2,022
The Lichenologist
https://www.cambridge.org/core/journals/lichenologist/article/abs/hypotrachyna-neohorrescens-a-new-species-in-the-subgenus-parmelinopsis-parmeliaceae-from-brazil/6EF29DA513DBCE56794DB71A69D0D98F
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89hypotrachyna-neohorrescens-a-new-species-in-the-subgenus-parmelinopsis-parmeliaceae-from-brazil/
2022年の論文/published in 2022, The Lichenologist, アトラノリン類/atranorins, サバンナ/savannah, サンパウロ州/São Paulo, ジロホール酸/gyrophoric acid, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography
ブラジルのセラードで採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Hypotrachyna neohorrescensとして新種記載した。
本種はH. horrescensと形態的・化学的に識別不能なほど類似していたが、分子系統解析で異なる系統を形成した。
本種および類似の同属他種を含む分子系統樹と形質一覧表を掲載した
Hypotrachyna neohorrescens★
Hypotrachyna horrescens / Hypotrachyna mcmulliniana / Hypotrachyna minarum
ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, チャシブゴケ目/Lecanorales, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09489
インド産のMemnoniella属1新種
A new species of Memnoniella from India
2,003
Mycotaxon
http://www.mycotaxon.com/vol/abstracts/85/85-341.html
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-new-species-of-memnoniella-from-india/
2003年の論文/published in 2003, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アンダマン・ニコバル諸島/Andaman and Nicobar Islands, インド/India, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey
インド、アンダマン諸島の森林において双子葉植物の腐朽葉から得られた菌を検討し、Memnoniella indicaとして新種記載した。
本種は分生子柄が有限生長で分枝し、分生子形成細胞がモノフィアライドで、分生子が鎖生し暗褐色球形疣状であることなどで特徴づけられた。
Memnoniella属の検索表を掲載した。
Memnoniella indica★
スタキボトリス科/Stachybotryaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09488
インド産のPhalangispora属1新種
A new species of Phalangispora from India
2,002
Mycotaxon
http://www.mycotaxon.com/vol/abstracts/83/83.405.html
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-new-species-of-phalangispora-from-india/
2002年の論文/published in 2002, Holigarna属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ウルシ科/Anacardiaceae, ゴア州/Goa, リター菌/litter fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey
インド、西ガーツ山脈においてHoligarna arnottianaの腐朽葉から分離された菌を検討し、Phalangispora bharathensisとして新種記載した。
本種はスポロドキアを形成し、分生子形成細胞が多出芽型で、分生子が無色平滑単細胞で鎖生し、剛毛を有することなどで特徴づけられた。
本新種はPhalangispora属の3番目の種であり、他種とは分生子鎖の分枝様式などが異なっていた。
Phalangispora bharathensis★
Phalangispora nawawi
子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09487
インド産の新種Speiropsis rogergoosensis
Speiropsis rogergoosensis sp. nov. from India
2,002
Mycotaxon
http://www.mycotaxon.com/vol/abstracts/82/82.127.html
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89speiropsis-rogergoosensis-sp-nov-from-india/
2002年の論文/published in 2002, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, カルナータカ州/Karnataka, クワ科/Moraceae, パンノキ属/Artocarpus, リター菌/litter fungi, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey
インド、西ガーツ山脈の森林においてArtocarpus hirsutusの腐朽葉から湿室法で得られたアナモルフ菌の一種を検討し、Speiropsis rogergoosensisとして新種記載した。
本種は分生子形成細胞が多出芽型であり、単細胞の分生子が盛んに分枝する分生子鎖をなし、分生子が既知の本属菌として最小であることなどで特徴づけられた。
本新種を含むSpeiropsis属の検索表を掲載した。
Speiropsis rogergoosensis★
Speiropsis hyalospora
子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09486
屋久島産の日本新産の暗色不完全糸状菌類6種
Six Dematiaceous Conidial Fungi New to Japan from Yakushima Island
2,008
Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany
https://www.kahaku.go.jp/research/publication/botany/download/34_3/BNMNS_B340304.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89six-dematiaceous-conidial-fungi-new-to-japan-from-yakushima-island/
2008年の論文/published in 2008, Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, ショウガ科/Zingiberaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, ツバキ科/Theaceae, ナツツバキ属, ハナミョウガ属/Alpinia, マイクロマニピュレーター/micromanipulator, マダケ属/Phyllostachys, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 南西諸島/Nansei Islands, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 宿主選好性/host selectivity, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 日本/Japan, 日本新産種/Japan_new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 水辺/waterside, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 鹿児島県/Kagoshima
屋久島からAcrogenospora altissimaなど6種を日本新産種として報告した。
そのうちBactrodesmium microleucurumは稀産種の可能性があり、タケ類に対して強い宿主選好性が認められた。
Spadicoides bambusicolaの新宿主としてモウソウチクを報告した。
Acrogenospora altissima■ / Bactrodesmium microleucurum■ / Canalisporium exiguum■ / Endophragmiella ontariensis■ / Pestalotiopsis maculiformans■ / Spadicoides bambusicola■
Acrogenospora gigantospora / Endophragmiella biseptata / Endophragmiella fallacia
Acrogenosporaceae, Minutisphaerales, アンフィスフェリア目/Amphisphaeriales, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, クロサイワイタケ亜綱/Xylariomycetidae, ゼノスパディコイデス目/Xenospadicoidales, ゼノスパディコイデス科/Xenospadicoidaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, トリコスフェリア目/Trichosphaeriales, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, ヘルミントスフェリア科/Helminthosphaeriaceae, ペスタロティプシス科/Pestalotiopsidaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09485
Psathyrella cladii-marisciの有効記載
Validation of Psathyrella cladii-marisci
2,022
Mycological Observations
https://www.researchgate.net/profile/Giovanni-Sicoli/publication/360189054_Validation_of_Psathyrella_cladii-marisci/links/6267cb291b747d19c2a95546/Validation-of-Psathyrella-cladii-marisci.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89validation-of-psathyrella-cladii-marisci/
2022年の論文/published in 2022, Mycological Observations, イタリア/Italy, カヤツリグサ科/Cyperaceae, カラブリア州/Calabria, タイ/Thailand, ヒトモトススキ属/Cladium, フラームス=ブラバント州/Flemish Brabant, ベルギー/Belgium, リター菌/litter fungi, 命名法/nomenclature, 新形質報告/new character, 水辺/waterside, 湿地帯/wetland, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 胞子紋/spore print
イタリア、カラブリア州から新種記載されたPsathyrella cladii-marisciの学名を有効記載した。
本種は当初レポジトリの識別子を伴わずに記載されたため、ICN F.5.1条違反で無効となっていた。
再記載に伴い、新規標本を基に形態形質データを更新し、未発表の写真も掲載した。
R3-09484
台湾産の新種、Pyrgillus mammosus
Pyrgillus mammosus (Pyrenulaceae, lichenized Ascomycota), a new species from Taiwan
2,022
Taiwania
https://taiwania.ntu.edu.tw/abstract.php?type=abstract&id=1838
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89pyrgillus-mammosus-pyrenulaceae-lichenized-ascomycota-a-new-species-from-taiwan/
2022年の論文/published in 2022, Taiwania, テルペノイド/terpenoids, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 種内変異/intraspecific variation, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 色素産生/pigment production, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography
台湾南投県で採集された樹皮生痂状地衣の一種を検討し、Pyrgillus mammosusとして新種記載した。
本種は子器が大型で半球形~円錐形、地衣体がK+赤色であり、未同定のテルペノイドを含むことなどで特徴づけられた。
本種は髄層に黄色色素を含み、地衣体がUV+黄色であったが、それらに対応するTLCスポットは検出されなかった。
Pyrgillus mammosus★
Pyrgillus rufus / Pyrgillus tibellii
ケートチリウム亜綱/Chaetothyriomycetidae, サネゴケ目/Pyrenulales, サネゴケ科/Pyrenulaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ユーロチウム綱/Eurotiomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09483
形態およびDNA配列データによって根拠づけられたパキスタン、アザド・ジャンムー・カシミール産の新種Aspicilia nigromaculata
Aspicilia nigromaculata sp. nov. (Megasporaceae, Pertusariales, Ascomycota) from Azad Jammu and Kashmir, Pakistan, evidence from morphology and DNA sequencing data
2,022
Botanica Serbica
http://www.doiserbia.nb.rs/Article.aspx?ID=1821-21582201105F#.YnUqDejP2Uk
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89aspicilia-nigromaculata-sp-nov-megasporaceae-pertusariales-ascomycota-from-azad-jammu-and-kas/
2022年の論文/published in 2022, Botanica Serbica, アザド・カシミール/Azad Kashmir, パキスタン/Pakistan, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitation
パキスタン、アザド・ジャンムー・カシミールの温帯湿潤林で採集された地衣の一種を検討し、Aspicilia nigromaculataとして新種記載した。
本種は地衣体が厚く灰色~帯緑灰色でしばしば黒色の斑点をあらわし、小区画が扁平~僅かに凹形、粉子が小型であることなどで特徴づけられた。
本種はITSおよびnrLSUに基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。
Aspicilia nigromaculata★
Aspicilia fluviatilis / Aspicilia granulosa / Aspicilia subradians
オストロパ亜綱/Ostropomycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, トリハダゴケ目/Pertusariales, メガスポラ科/Megasporaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09482
2新属および2新種を含む新科イントラオーナトスポラ科
Intraornatosporaceae (Gigasporales), a new family with two new genera and two new species
2,012
Mycotaxon
https://www.ingentaconnect.com/content/mtax/mt/2012/00000119/00000001/art00013
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89intraornatosporaceae-gigasporales-a-new-family-with-two-new-genera-and-two-new-species/
2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アーバスキュラー菌根菌/arbuscular mycorrhizal fungi, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, タイプスタディ/type study, ネステッドPCR/nested PCR, バイーア州/Bahia, パライバ州/Paraiba, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・ノルテ州/Rio Grande do Norte, 共培養/coculture, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 土壌分析/soil analysis, 土壌菌/soil fungi, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新属提唱/new genus, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 気温/temperature, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 砂丘/dune, 砂地/sand, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子発達様式/spore development style, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 降水量/precipitation
ギガスポラ目の新科イントラオーナトスポラ科を提唱し、2新属 (Intraornatospora、Paradentiscutata) をこれに含めた。
前者はRacocetra intraornataに対する新属として設けられた。
後者にはブラジルから記載された新種P. bahianaおよびP. maritimaを含めた。
Intraornatospora intraornata▲ / Paradentiscutata bahiana★ / Paradentiscutata maritima★
Dentiscutata biornata
Gigasporales, Intraornatosporaceae, Mucoromyceta, グロムス綱/Glomeromycetes, グロムス菌亜門/Glomeromycotina, グロムス菌門/Glomeromycota, 菌界/Fungi
R3-09481
トルコ新産の大型菌類、Pulvinula alba
Pulvinula alba, a new record for the Macromycota of Turkey
2,020
Biological Diversity and Conservation
https://dergipark.org.tr/en/pub/biodicon/issue/54133/730388
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89pulvinula-alba-a-new-record-for-the-macromycota-of-turkey/
2020年の論文/published in 2020, Biological Diversity and Conservation, コケ上に生える菌/fungi on moss, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey
Pulvinula albaをトルコ新産種として報告した。
本種はトラブゾン県においてハシバミ属樹木上の蘚苔類の間に発生していた。
6番目のトルコ産本属菌である本種を含めた検索表を掲載した。
Pulvinula alba■
Pulvinula globifera / Pulvinula lacteoalba / Pulvinula niveoalba
チャワンタケ亜綱/Pezizomycetidae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, チャワンタケ目/Pezizales, チャワンタケ綱/Pezizomycetes, ピロネマキン科/Pyronemataceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09480
トルコ新産のデルマテア科の2種
Two New Records from Dermateaceae Family for Turkish Mycobiota
2,017
Yüzüncü Yıl Üniversitesi Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi
https://dergipark.org.tr/tr/download/article-file/397912
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89two-new-records-from-dermateaceae-family-for-turkish-mycobiota/
2017年の論文/published in 2017, Yüzüncü Yıl Üniversitesi Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi, コナラ属/Quercus, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ビンギョル県/Bingöl, ブナ科/Fagaceae, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey
トルコ新産種としてMollisia ligniとPyrenopeziza rubiの2種を報告した。
両種はいずれもビンギョル県においてオークの枯枝に発生していた。
両種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。
Mollisia ligni■ / Pyrenopeziza rubi■
Mollisiaceae, ズキンタケ亜綱/Leotiomycetidae, ズキンタケ綱/Leotiomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ハイイロチャワンタケ科/Dermateaceae, ビョウタケ目/Helotiales, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09479
カナリア諸島、テネリフェ島、テイデ国立公園の高山帯に産したPeniophora属菌
The genus Peniophora (Russulales, Basidiomycota) in the high mountain of Tenerife (Teide National Park, Canary Islands)
2,019
Nova Hedwigia
https://www.schweizerbart.de/papers/nova_hedwigia/detail/108/90809/The_genus_Peniophora_Russulales_Basidiomycota_in_the_high_mountain_of_Tenerife_Teide_National_Park_Canary_Islands
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89the-genus-peniophora-russulales-basidiomycota-in-the-high-mountain-of-tenerife-teide-national-p/
2019年の論文/published in 2019, Carlina属, Chamaecytisus属, Nova Hedwigia, Pterocephalus属, Spartocytis属, カナリア諸島/Canary Islands, キク科/Asteraceae, ギョリュウ属/Tamarix, ギョリュウ科/Tamaricaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, スイカズラ科/Caprifoliaceae, スペイン/Spain, マカロネシア/Macaronesia, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, モクシュンギク属/Argyranthemum, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 宿主範囲/host range, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitation, 高山帯/alpine region
カナリア諸島、テネリフェ島の高山帯においてPeniophora属菌の調査を実施し、7種を記録した。
P. violaceolividaをカナリア諸島新産種、P. limitataをテネリフェ島新産種として報告した。
カナリア諸島産の広義の本属菌の検索表を掲載した。
Peniophora boidinii / Peniophora cinerea / Peniophora incarnata / Peniophora limitata■ / Peniophora lycii / Peniophora nuda / Peniophora violaceolivida■
カワタケ科/Peniophoraceae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ベニタケ目/Russulales, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09478
インド新産種Murinicarpus subadustusの形態および系統分類
Murinicarpus subadustus: a new record from India, its morphology and phylogeny
2,022
Czech Mycology
http://www.czechmycology.org/_cmo/CM74108.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89murinicarpus-subadustus-a-new-record-from-india-its-morphology-and-phylogeny/
2022年の論文/published in 2022, Czech Mycology, インド/India, インド新産種/India_new record, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 西ベンガル州/West Bengal
インド、西ベンガル州の亜熱帯林で採集されたMurinicarpus subadustusをインド新産種として報告した。
Murinicarpus属は従来中国のみから知られていた。
本種と形態的・系統的に類似する種との相違点を記述した。
Murinicarpus subadustus■
Perenniporia africana / Perenniporia ellipsospora / Perenniporia subacida / Yuchengia narymica
タマチョレイタケ目/Polyporales, タマチョレイタケ科/Polyporaceae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09477
新宿主サビンジュニパーに見出されたバルカン半島新産種、Dendrothele nivosa
First record of Dendrothele nivosa (Basidiomycota) for the Balkans on a new host, Savin juniper
2,022
Czech Mycology
http://www.czechmycology.org/_cmo/CM74102.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89first-record-of-dendrothele-nivosa-basidiomycota-for-the-balkans-on-a-new-host-savin-juniper/
2022年の論文/published in 2022, Czech Mycology, コウヤクタケ類/corticioid fungi, ソフィア州/Sofia, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腐生菌/saprobe
ブルガリアで採集されたDendrothele nivosaをバルカン半島新産種として報告した。
本種はブルガリアにおいて絶滅危惧種に指定されているJuniperus sabinaの生木の枝に発生していたが、この宿主からの報告は初となった。
本種の記載文、生態写真、顕微鏡写真、分布図などを掲載した。
Dendrothele nivosa■
コウヤクタケ目/Corticiales, コウヤクタケ科/Corticiaceae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09476
フィンボスに産したAnthostomella属新種、および南アフリカ産本属菌の検索表
New species of Anthostomella on fynbos, with a key to the genus in South Africa
2,002
Mycological Research
https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0953756208611879
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89new-species-of-anthostomella-on-fynbos-with-a-key-to-the-genus-in-south-africa/
2002年の論文/published in 2002, Brabejum属, Cannomois属, Ischyrolepis属, Leucospermum属, Mycological Research, Protea属, Restio属, ギンヨウジュ属/Leucadendron, サンアソウ科/Restionaceae, ヤマモガシ科/Proteaceae, 切片/section, 南アフリカ/South Africa, 南アフリカ新産種/South Africa_new record, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 生長速度/growth rate, 腐生菌/saprobe, 西ケープ州/Western Cape
南アフリカ、西ケープ州でヤマモガシ科およびサンアソウ科植物から採集された4種のAnthostomella属菌を報告した。
そのうちA. brabeji、A. leucospermi、A. cynaroides、A. proteaeの4種を新種記載した。
また、残りの2種を南アフリカ新産種として新規宿主から報告し、南アフリカ産本属菌の検索表を掲載した。
Anthostomella brabeji★ / Anthostomella clypeata■ / Anthostomella conorum■ / Anthostomella cynaroides★ / Anthostomella leucospermi★ / Anthostomella proteae★
Anthostomella acuminata / Anthostomella auatica / Anthostomella brabeji / Anthostomella bromeliaceae / Anthostomella colligata / Anthostomella foveolaris / Anthostomella leucospermi / Anthostomella lugubris / Anthostomella meerensis / Anthostomella rubicola / Anthostomella scirpi / Anthostomella tomicoides / Anthostomella tumulosa
クロサイワイタケ亜綱/Xylariomycetidae, クロサイワイタケ目/Xylariales, クロサイワイタケ科/Xylariaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09475
中国産Gerronema属の最新の分類および中国産の3新分類群と1新産種
Updated taxonomy on Gerronema (Porotheleaceae, Agaricales) with three new taxa and one new record from China
2,022
MycoKeys
https://mycokeys.pensoft.net/article/79864/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89updated-taxonomy-on-gerronema-porotheleaceae-agaricales-with-three-new-taxa-and-one-new-record-f/
2022年の論文/published in 2022, MycoKeys, TreeBASE, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 吉林省/Jilin, 呈色反応/chemical reaction, 多系統群/polyphyletic group, 安徽省/Anhui, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 浙江省/Zhejiang, 温帯域/temperate zone, 独立種/independent species, 福建省/Fujian, 遼寧省/Liaoning
中国の亜熱帯林からGerronema baishanzuense、G. microcarpum、およびG. zhujianの3新種を記載した。
また、中国新産種として中国に広く分布していたG. nemoraleを報告した。
中国産の7種の本属菌の検索表を掲載した。
Gerronema baishanzuense★ / Gerronema microcarpum★ / Gerronema nemorale■ / Gerronema zhujian★
Gerronema baishanzuense / Gerronema chrysocarpum / Gerronema citrinum / Gerronema corticiphilum / Gerronema hungo / Gerronema keralense / Gerronema kuruvense / Gerronema microcarpum / Gerronema nemorale / Gerronema strombodes / Gerronema subchrysophyllum / Gerronema subclavatum / Gerronema tenue / Omphalina depauperata / Omphalina subpallida / Trogia icterina / Trogia mellea
ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ホウライタケ科/Marasmiaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09474
トルコ新産種Bolbitius reticulatusおよびITSとLSU rDNAの配列データ
First Record of Bolbitius reticulatus (Agaricales: Bolbitiaceae) in Turkey, with Nuclear ITS and LSU rDNA Sequences Data
2,022
Mantar Dergisi
https://dergipark.org.tr/en/download/article-file/1992002
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89first-record-of-bolbitius-reticulatus-agaricales-bolbitiaceae-in-turkey-with-nuclear-its-and-ls/
2022年の論文/published in 2022, Mantar Dergisi, UNITE, アルトヴィン県/Artvin, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 腐生菌/saprobe, 酸性土壌/acidic soil
トルコ、アルトヴィン県で採集されたBolbitius reticulatusをトルコ新産種として報告した。
本種は山の斜面の腐植土が豊富な湿った弱酸性土壌においてヨーロッパブナの材および落枝に発生していた。
本種の記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチ、分子系統樹などを掲載した。
Bolbitius reticulatus■
Bolbitius coprophilus / Bolbitius demangei / Bolbitius excoriatus / Bolbitius ferrugineus / Bolbitius incarnatus / Pluteus longistriatus
オキナタケ科/Bolbitiaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09473
トルコ新産種Penicillium toxicariumの分離および同定
Isolation and Identification of Penicillium toxicarium: A New Record for Turkey
2,022
Mantar Dergisi
https://dergipark.org.tr/en/download/article-file/1753227
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89isolation-and-identification-of-penicillium-toxicarium-a-new-record-for-turkey/
2022年の論文/published in 2022, Mantar Dergisi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウシャク県/Uşak, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 水溶性色素/water-soluble pigment, 色素産生/pigment production
トルコ、ウシャク県においてPinus nigra subsp. pallasianaの腐朽材から分離された菌を検討した。
分離菌株をPenicillium toxicariumと同定し、本種をトルコ新産種として報告した。
本種との同定は形態形質のほか、ITS領域の塩基配列からも確かめられた。
Penicillium toxicarium■
コウジカビ科/Aspergillaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ユーロチウム亜綱/Eurotiomycetidae, ユーロチウム目/Eurotiales, ユーロチウム綱/Eurotiomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09472
ポーランド新産種、Perenniporia fraxinea
Perenniporia fraxinea (fungi, Polyporales), a new species for Poland
2,004
Polish Botanical Journal
http://bomax.botany.pl/cgi-bin/pubs/data/article_pdf?id=812
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89perenniporia-fraxinea-fungi-polyporales-a-new-species-for-poland/
2004年の論文/published in 2004, Polish Botanical Journal, トネリコ属/Fraxinus, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マゾフシェ県/Mazowsze, モクセイ科/Oleaceae, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe
ポーランド、ワルシャワの2ヶ所で採集されたPerenniporia fraxineaをポーランド新産種として報告した。
本種はトネリコの切り株に発生しており、稀産種であることからポーランドのレッドリストに含めるべきだとした。
また、本種の子実体に生息する2種の昆虫 (Mampliaga choragellaおよびCis nitidus) を記録した。
Perenniporia fraxinea■
タマチョレイタケ目/Polyporales, タマチョレイタケ科/Polyporaceae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09471
オーストラリア産シクエストレート菌類 (11):新属新種Gummivena potorooiおよびメソフェリア科の「ゴムのような」属と種の検索表
Australasian sequestrate (truffle-like) fungi. XI. Gummivena potorooi gen. & sp. nov.(Basidiomycota, Mesophelliaceae), with a key to the ‘gummy’ genera and species of the Mesophelliaceae
2,002
Australasian Mycologist
https://www.australasianmycologicalsociety.com/_files/ugd/86d4e0_7b6187f28347401c964995f92b6d129a.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89australasian-sequestrate-truffle-like-fungi-xi-gummivena-potorooi-gen-sp-nov-basidiomycota/
2002年の論文/published in 2002, Australasian Mycologist, Corymbia属, Gastrolobium属, オーストラリア/Australia, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ネズミカンガルー属/Potorous, ネズミカンガルー科/Potoroidae, フトモモ科/Myrtaceae, マメ科/Fabaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 検索表/identification key, 稀産種/rare species, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌食/mycophagy, 西オーストラリア州/Western Australia
オーストラリア、西オーストラリア州で採集された地下生菌の一種を検討し、新属新種Gummivena potorooiとして記載した。
本種はCastoreum属とGummiglobus属の中間的形質を示し、外皮は3層からなり、グレバを密な脈状のゴム質組織が隔てることなどで特徴づけられた。
また、本種を含む「ゴムのような」メソフェリア科の種の検索表を作成した。
Gummivena potorooi★
スッポンタケ亜綱/Phallomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ヒステランギウム目/Hysterangiales, メソフェリア科/Mesophelliaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
End of preview (truncated to 100 rows)
YAML Metadata Warning: "licenses" is deprecated. Use "license" instead.

fungi_indexed_mycological_papers_japanese 大菌輪「論文3行まとめ」データセット
最終更新日:2022/6/4(R3-09570まで)
====

Languages

Japanese

This dataset is available in Japanese only.

概要

Atsushi Nakajima(中島淳志)が個人で運営しているWebサイト大菌輪 では、数千件以上の菌類分類学論文を「論文3行まとめ」という形で要約および索引付け(インデキシング)した情報を提供しています。
本データセットは、「論文3行まとめ」のコンテンツに含まれる各論文の3行抄録、タグ(索引)、掲載種一覧、比較種一覧をまとめたものです。 「論文3行まとめ」は毎日更新していますが、本データセットの更新はおおむね1ヶ月に一度とする予定です。
また、本データセットを可視化したWebアプリをObservableで公開しています。

関連データセット

「識別形質まとめ」
Atsushi/fungi_diagnostic_chars_comparison_japanese
「Trait Circusデータセット」(統制形質) Atsushi/fungi_trait_circus_database

各カラムの説明

  • R3ID … 大菌輪「論文3行まとめ」のIDです。
  • ja_title_provisional_translate(仮訳和文題名) … 作成者が翻訳したタイトルです。一部、日本語の原題があるものはそれをそのまま使用しています。
  • original_title(原文題名)
  • published_year(出版年)
  • journal_title(雑誌名)
  • source(文献リンク) … 各情報の 出典(文献)のURLです。
  • daikinrin_url … 大菌輪「論文3行まとめ」のURLです。
  • tags … 作成者が論文を全文読んだ上で独自に付与した索引です。カンマ+半角空白区切りです。形態形質、宿主/基質、実験器具/実験手法/試薬、地理的分布、生理/生化学などを幅広く索引しています。
  • R3summary_1 … 3行抄録の「1行目」です。
  • R3summary_2 … 3行抄録の「2行目」です。
  • R3summary_3 … 3行抄録の「3行目」です。
  • species_reported(報告種一覧) … 当該論文内で掲載された種の一覧です。「半角空白+半角スラッシュ+半角空白」区切りです。記号の意味は以下の通りです。
    • ★=新種(新亜種・新品種・新変種)
    • ■= 新産種
    • ▲=新組み合わせ
    • ◆=新学名
    • ●=新階級
    • (無印)=その他
  • species_compared(比較種一覧) … いずれかの報告種と論文中で何らかの比較がなされた種の一覧です。「半角空白+半角スラッシュ+半角空白」区切りです。詳細は「識別形質まとめ」データセット(Atsushi/fungi_diagnostic_chars_comparison_japanese)を参照してください。
  • taxon_reported(分類群一覧) … 報告種に対応する上位分類群をまとめたものです。カンマ+半角空白区切りです。MycoBankの情報を基に付与していますが、最新でない可能性があります。
Edit dataset card
Evaluate models HF Leaderboard