Google's mt5-base fine-tuned in Japanese to solve error detection and correction task.

#日本語誤り訂正

  • "吾輩をは猫である。名前えはまだない。"→"吾輩は猫である。名前はまだない。"
  • "-small" has been trained on 20,000 text pairs only.
  • dataset: link *used only first 20,000 text pairs.
  • prefix: "correction: " (notice: single task trained.)

##参考

  • "東北大学でMASKが研究をしています。"→"東北大学でMASKの研究をしています。" ジム・キャリーを主語とした唯一のガ格が消され、ジム・キャリーは研究対象となった。易読化のために用いられる主語と動詞を近づける記法は誤り扱い?
  • "東北大学でマスクが研究をしています。"→"東北大学でマスクの研究をしています。"
  • "東北大学でイーロン・マスクが研究をしています。"→"東北大学でイーロン・マスクが研究をしています。"
  • "東北大学で「イーロン・マスク」が研究をしています。"→"東北大学で「イーロン・マスク」の研究をしています。" 単語の意味も考慮されている?
  • "東北大学でイマスクが研究をしています。"→"東北大学でイマスクの研究をしています。"
  • "東北大学でクが研究をしています。"→"東北大学でコンピューターが研究をしています。" それはちょっと待って。

##参考 extra_idを用い探索*<>は半角に変更してください

  • "東北大学で <extra_id_0> の研究をしています。"→"東北大学で化学の研究をしています。"
  • "東北大学で <extra_id_0> が研究をしています。"→"東北大学で工学が研究をしています。" 工学さん。
  • "吾輩は <extra_id_0> である。"→"吾輩は吾輩である。"
  • "答えは猫です。吾輩は <extra_id_0> である。"→"答えは猫です。吾輩は猫である。"
  • "答えは猫です。吾輩の <extra_id_0> である。"→"答えは猫です。吾輩の心は猫である。"
  • "私は猫です。私は <extra_id_0>"→"私は猫です。私は猫です。"
  • "私は猫です。N/A <extra_id_0>"→"猫です。"
  • "あなたは女性で猫です。彼は犬です。彼女は <extra_id_0>"→"あなたは女性で猫です。彼は犬です。彼女は猫です。"
  • "あなたは女性で猫です。彼は犬です。彼は <extra_id_0>"→"あなたは女性で猫です。彼は犬です。"
  • "あなたは女性で猫です。彼は犬です。彼は男性で <extra_id_0>"→"あなたは女性で猫です。彼は犬です。彼は男性で猫です。"
  • "あなたは女性で猫です。彼は犬です。ライオンは <extra_id_0>"→"あなたは女性で猫です。彼は犬です。ライオンは猫です。"
  • "あなたがは女性で猫です。彼はが犬です。ライオンが <extra_id_0>"→"あなたが女性で猫です。彼は犬です。ライオンが犬です。"
  • "Aは11、Bは9。Aは <extra_id_0> 。Bは <extra_id_1> 。"→"Aは11、Bは9。Aは11。Bは9。"
  • "彼の名前はallenです。彼のnameは <extra_id_0>"→"彼の名前はallenです。彼の名前は英語です。"

check in progress

##Licenese

  • The MIT license
New

Select AutoNLP in the “Train” menu to fine-tune this model automatically.

Downloads last month
369
Hosted inference API
Text2Text Generation
Examples
Examples
This model can be loaded on the Inference API on-demand.