bert-japanese-ner

このモデルは日本語の固有表現抽出タスクを目的として、京都大学 黒橋・褚・村脇研究室が公開しているBERT日本語Pretrainedモデルをベースにストックマーク株式会社が公開しているner-wikipedia-datasetでファインチューニングしたものです。

How to use

このモデルはTokenizerに上述の京都大学BERT日本語PretrainedモデルのTokenizerを利用します。
当リポジトリにTokenizerは含まれていません。
利用する際は別途ダウンロードしてご用意ください。

また、Tokenizerとは別にJuman++pyknpを利用します。
予めインストールしておいてください。

from transformers import (
    BertForTokenClassification, BertTokenizer
)

from pyknp import Juman


jumanpp = Juman()
tokenizer = BertTokenizer.from_pretrained("ダウンロードした京都大学のTokenizerのファイルパス")

model = BertForTokenClassification.from_pretrained("ken11/bert-japanese-ner")

text = "なにか文章"
juman_result = jumanpp.analysis(text)
tokenized_text = [mrph.midasi for mrph in juman_result.mrph_list()]
inputs = tokenizer(tokenized_text, return_tensors="pt", padding='max_length', truncation=True, max_length=64, is_split_into_words=True)
pred = model(**inputs).logits[0]
pred = np.argmax(pred.detach().numpy(), axis=-1)
labels = []
for i, label in enumerate(pred):
    if i + 1 > len(tokenized_text):
        continue
    labels.append(model.config.id2label[label])
    print(f"{tokenized_text[i]}: {model.config.id2label[label]}")
print(tokenized_text)
print(labels)

Training Data

学習にはストックマーク株式会社が公開しているner-wikipedia-datasetを利用しました。
便利なデータセットを公開していただきありがとうございます。

Note

固有表現抽出のラベルは学習データセットのものをBILUO形式に変換して使用しています。
ラベルの詳細についてはner-wikipedia-datasetの概要をご確認ください。

Licenese

The MIT license

Downloads last month
186
Hosted inference API
This model can be loaded on the Inference API on-demand.