Dataset Preview
answer (string)question (string)sentence (string)paragraph (string)sentence_answer (string)paragraph_answer (string)paragraph_sentence (string)
"保守費用"
"新型車両として6000系が構想されたのは、製造費用のほか、どんな費用を抑えるためだったの?"
"三多摩地区開発による沿線人口の増加、相模原線延伸による多摩ニュータウン乗り入れ、都営地下鉄10号線(現都営地下鉄新宿線、以下新宿線と表記する)乗入構想により、京王線の利用客増加が見込まれ、相当数の車両を準備する必要に迫られるなか、製造費用、保守費用を抑えた新型車両として6000系が構想された。"
"三多摩地区開発による沿線人口の増加、相模原線延伸による多摩ニュータウン乗り入れ、都営地下鉄10号線(現都営地下鉄新宿線、以下新宿線と表記する)乗入構想により、京王線の利用客増加が見込まれ、相当数の車両を準備する必要に迫られるなか、製造費用、保守費用を抑えた新型車両として6000系が構想された。新宿線建設に際してはすでに1号線(後の浅草線)を1,435mm軌間で開業させていた東京都は京成電鉄と1号線との乗り入れにあたり京成電鉄の路線を1,372mmから1,435mmに改軌させた事例や、1,372mm軌間の特殊性から運輸省(当時、2001年から国土交通省)と共に京王にも改軌を求めたが、改軌工事中の輸送力確保が困難なことを理由に改軌しないことで決着している。"
"三多摩地区開発による沿線人口の増加、相模原線延伸による多摩ニュータウン乗り入れ、都営地下鉄10号線(現都営地下鉄新宿線、以下新宿線と表記する)乗入構想により、京王線の利用客増加が見込まれ、相当数の車両を準備する必要に迫られるなか、製造費用、<hl>保守費用<hl>を抑えた新型車両として6000系が構想された。"
"三多摩地区開発による沿線人口の増加、相模原線延伸による多摩ニュータウン乗り入れ、都営地下鉄10号線(現都営地下鉄新宿線、以下新宿線と表記する)乗入構想により、京王線の利用客増加が見込まれ、相当数の車両を準備する必要に迫られるなか、製造費用、<hl>保守費用<hl>を抑えた新型車両として6000系が構想された。新宿線建設に際してはすでに1号線(後の浅草線)を1,435mm軌間で開業させていた東京都は京成電鉄と1号線との乗り入れにあたり京成電鉄の路線を1,372mmから1,435mmに改軌させた事例や、1,372mm軌間の特殊性から運輸省(当時、2001年から国土交通省)と共に京王にも改軌を求めたが、改軌工事中の輸送力確保が困難なことを理由に改軌しないことで決着している。"
"<hl>三多摩地区開発による沿線人口の増加、相模原線延伸による多摩ニュータウン乗り入れ、都営地下鉄10号線(現都営地下鉄新宿線、以下新宿線と表記する)乗入構想により、京王線の利用客増加が見込まれ、相当数の車両を準備する必要に迫られるなか、製造費用、保守費用を抑えた新型車両として6000系が構想された。<hl>新宿線建設に際してはすでに1号線(後の浅草線)を1,435mm軌間で開業させていた東京都は京成電鉄と1号線との乗り入れにあたり京成電鉄の路線を1,372mmから1,435mmに改軌させた事例や、1,372mm軌間の特殊性から運輸省(当時、2001年から国土交通省)と共に京王にも改軌を求めたが、改軌工事中の輸送力確保が困難なことを理由に改軌しないことで決着している。"
"フレーベル"
"1879年に発行した『幼稚園法二〇遊嬉』には誰の理論が載せてあるの?"
"ドイツのフリードリヒ・フレーベルは人間形成において玩具の重要性を初めて主張し、1831年に世界初の幼稚園を創設した。"
"遊びは子供の成長に大きな影響を与える。数々の玩具は、発育や様々な機能の発達に刺激を与える重要な道具である。ドイツのフリードリヒ・フレーベルは人間形成において玩具の重要性を初めて主張し、1831年に世界初の幼稚園を創設した。彼は「恩物の理論」の中で、玩具とは自然の法則を理解するために神が与えた道具と定義づけ、幼児の成長段階において必要な種類の玩具を分類した。これによると、最初には毛糸を巻きつけた小さめのボールを与えるべきであり、次は木製の球と立方体、続けて(3)分割された立方体、(4)八面体、(5)立方体の面を二回ずつ切断した27片、(6)棒や水晶型など複雑な27個の積み木という段階を設定した。この積み木は「恩物」という名がつけられた。フレーベルは1837年にブランケンブルクで「子供の労働意欲を育てる会」を作り、ボールやさいころなど様々な玩具を製作した。イタリアのマリア・モンテッソーリは、独自の教育法(モンテッソーリ教育)を実践するために200種類もの教育玩具を開発した。これらは、感覚教育、言語教育、算数教育などそれぞれに目的を持つが、子供が自ら遊ぶ中でこれらの主題を発見し、身につけることで社会への適応性を育て、人格を形成するための補助となるように考えられていた。日本では、1871年に慶應義塾が遊具を設置し、1873年には内務省が教育玩具の普及を目的に製造業界に製品の販売を促した。文部省も乗り出し、『小学読本』でボール遊びのひとつとして野球の記事を載せたり、『童女筌』でけん玉遊びを奨励するなどの活動を行った。1879年にはフレーベルの理論を紹介した『幼稚園法二〇遊嬉』を発行した。1914年には幼稚園・小学校の教材に折り紙が加えられた。第二次世界大戦中には模型飛行機などの軍事色が強い玩具が学校教育に導入されたが、戦後にはこのような戦争玩具は教室から排除された。"
"ドイツのフリードリヒ・<hl>フレーベル<hl>は人間形成において玩具の重要性を初めて主張し、1831年に世界初の幼稚園を創設した。"
"遊びは子供の成長に大きな影響を与える。数々の玩具は、発育や様々な機能の発達に刺激を与える重要な道具である。ドイツのフリードリヒ・<hl>フレーベル<hl>は人間形成において玩具の重要性を初めて主張し、1831年に世界初の幼稚園を創設した。彼は「恩物の理論」の中で、玩具とは自然の法則を理解するために神が与えた道具と定義づけ、幼児の成長段階において必要な種類の玩具を分類した。これによると、最初には毛糸を巻きつけた小さめのボールを与えるべきであり、次は木製の球と立方体、続けて(3)分割された立方体、(4)八面体、(5)立方体の面を二回ずつ切断した27片、(6)棒や水晶型など複雑な27個の積み木という段階を設定した。この積み木は「恩物」という名がつけられた。フレーベルは1837年にブランケンブルクで「子供の労働意欲を育てる会」を作り、ボールやさいころなど様々な玩具を製作した。イタリアのマリア・モンテッソーリは、独自の教育法(モンテッソーリ教育)を実践するために200種類もの教育玩具を開発した。これらは、感覚教育、言語教育、算数教育などそれぞれに目的を持つが、子供が自ら遊ぶ中でこれらの主題を発見し、身につけることで社会への適応性を育て、人格を形成するための補助となるように考えられていた。日本では、1871年に慶應義塾が遊具を設置し、1873年には内務省が教育玩具の普及を目的に製造業界に製品の販売を促した。文部省も乗り出し、『小学読本』でボール遊びのひとつとして野球の記事を載せたり、『童女筌』でけん玉遊びを奨励するなどの活動を行った。1879年にはフレーベルの理論を紹介した『幼稚園法二〇遊嬉』を発行した。1914年には幼稚園・小学校の教材に折り紙が加えられた。第二次世界大戦中には模型飛行機などの軍事色が強い玩具が学校教育に導入されたが、戦後にはこのような戦争玩具は教室から排除された。"
"遊びは子供の成長に大きな影響を与える。 数々の玩具は、発育や様々な機能の発達に刺激を与える重要な道具である。<hl>ドイツのフリードリヒ・フレーベルは人間形成において玩具の重要性を初めて主張し、1831年に世界初の幼稚園を創設した。<hl>彼は「恩物の理論」の中で、玩具とは自然の法則を理解するために神が与えた道具と定義づけ、幼児の成長段階において必要な種類の玩具を分類した。 これによると、最初には毛糸を巻きつけた小さめのボールを与えるべきであり、次は木製の球と立方体、続けて(3)分割された立方体、(4)八面体、(5)立方体の面を二回ずつ切断した27片、(6)棒や水晶型など複雑な27個の積み木という段階を設定した。 この積み木は「恩物」という名がつけられた。 フレーベルは1837年にブランケンブルクで「子供の労働意欲を育てる会」を作り、ボールやさいころなど様々な玩具を製作した。 イタリアのマリア・モンテッソーリは、独自の教育法(モンテッソーリ教育)を実践するために200種類もの教育玩具を開発した。 これらは、感覚教育、言語教育、算数教育などそれぞれに目的を持つが、子供が自ら遊ぶ中でこれらの主題を発見し、身につけることで社会への適応性を育て、人格を形成するための補助となるように考えられていた。 日本では、1871年に慶應義塾が遊具を設置し、1873年には内務省が教育玩具の普及を目的に製造業界に製品の販売を促した。 文部省も乗り出し、『小学読本』でボール遊びのひとつとして野球の記事を載せたり、『童女筌』でけん玉遊びを奨励するなどの活動を行った。 1879年にはフレーベルの理論を紹介した『幼稚園法二〇遊嬉』を発行した。 1914年には幼稚園・小学校の教材に折り紙が加えられた。 第二次世界大戦中には模型飛行機などの軍事色が強い玩具が学校教育に導入されたが、戦後にはこのような戦争玩具は教室から排除された。"
"1850年"
"ニコラエフスク港が完工されたのは、いつのことなの?"
"1850年にニコラエフスク港は建設され、ロシアの極東開港場としては最古のものである。"
"1850年にニコラエフスク港は建設され、ロシアの極東開港場としては最古のものである。ロシア官憲は港発展策としてユダヤ人にロシア人と同様に土地家屋の私有権を与えたことから有産階級の大部分はユダヤ人によって構成されていた。"
"<hl>1850年<hl>にニコラエフスク港は建設され、ロシアの極東開港場としては最古のものである。"
"<hl>1850年<hl>にニコラエフスク港は建設され、ロシアの極東開港場としては最古のものである。ロシア官憲は港発展策としてユダヤ人にロシア人と同様に土地家屋の私有権を与えたことから有産階級の大部分はユダヤ人によって構成されていた。"
"<hl>1850年にニコラエフスク港は建設され、ロシアの極東開港場としては最古のものである。<hl>ロシア官憲は港発展策としてユダヤ人にロシア人と同様に土地家屋の私有権を与えたことから有産階級の大部分はユダヤ人によって構成されていた。"
"8月"
"日本に対して原子爆弾投下が行われたのは、1945年何月か?"
"アジア・太平洋では、日本軍が中華民国軍に対してかつてない大勝利を収めたが、イギリスがビルマでインパール作戦、アメリカがマリアナ沖海戦に勝利するなど連合軍の勢いがさらに増し、8月のサイパン島陥落後、本土がアメリカ軍のボーイングB-29爆撃機の戦略爆撃の行動範囲内となり、勢いは完全に連合軍に傾き、ついには冬に日本本土への空襲が始まった。"
"1944年にヨーロッパの連合軍はフランスに上陸した。ソ連軍もドイツの東部国境に迫った。アジア・太平洋では、日本軍が中華民国軍に対してかつてない大勝利を収めたが、イギリスがビルマでインパール作戦、アメリカがマリアナ沖海戦に勝利するなど連合軍の勢いがさらに増し、8月のサイパン島陥落後、本土がアメリカ軍のボーイングB-29爆撃機の戦略爆撃の行動範囲内となり、勢いは完全に連合軍に傾き、ついには冬に日本本土への空襲が始まった。1945年に入ると連合軍はドイツ本土へ侵攻、東をソ連に、西をイギリスとアメリカに追い込まれた総統アドルフ・ヒトラーは4月30日に自殺、ベニート・ムッソリーニもパルチザンに惨殺された。5月9日にドイツ国防軍は降伏し、ヨーロッパの戦争は終結した。日本も5月以降連日連合国軍機の空襲を受けたほか、本土周辺の制海権、制空権を失い、さらに友邦ドイツ降伏後は一国でソ連を除くほぼ世界中の国々と交戦状態という状態になるが、軍部主流派は降伏することをよしとせず戦いを続けた。しかし日本は6月の沖縄戦で初めて本土を失い、8月に入ると6日に広島市、同9日長崎市に原子爆弾投下が行われた。さらに同8日の中立国のソ連軍の参戦という事態に、日本はようやく同10日からの御前会議で降伏を決定し、同14日にポツダム宣言を正式に受諾した。9月2日に降伏文書に調印し、約6年間続いた第二次世界大戦は終結した。"
"アジア・太平洋では、日本軍が中華民国軍に対してかつてない大勝利を収めたが、イギリスがビルマでインパール作戦、アメリカがマリアナ沖海戦に勝利するなど連合軍の勢いがさらに増し、<hl>8月<hl>のサイパン島陥落後、本土がアメリカ軍のボーイングB-29爆撃機の戦略爆撃の行動範囲内となり、勢いは完全に連合軍に傾き、ついには冬に日本本土への空襲が始まった。"
"1944年にヨーロッパの連合軍はフランスに上陸した。ソ連軍もドイツの東部国境に迫った。アジア・太平洋では、日本軍が中華民国軍に対してかつてない大勝利を収めたが、イギリスがビルマでインパール作戦、アメリカがマリアナ沖海戦に勝利するなど連合軍の勢いがさらに増し、<hl>8月<hl>のサイパン島陥落後、本土がアメリカ軍のボーイングB-29爆撃機の戦略爆撃の行動範囲内となり、勢いは完全に連合軍に傾き、ついには冬に日本本土への空襲が始まった。1945年に入ると連合軍はドイツ本土へ侵攻、東をソ連に、西をイギリスとアメリカに追い込まれた総統アドルフ・ヒトラーは4月30日に自殺、ベニート・ムッソリーニもパルチザンに惨殺された。5月9日にドイツ国防軍は降伏し、ヨーロッパの戦争は終結した。日本も5月以降連日連合国軍機の空襲を受けたほか、本土周辺の制海権、制空権を失い、さらに友邦ドイツ降伏後は一国でソ連を除くほぼ世界中の国々と交戦状態という状態になるが、軍部主流派は降伏することをよしとせず戦いを続けた。しかし日本は6月の沖縄戦で初めて本土を失い、8月に入ると6日に広島市、同9日長崎市に原子爆弾投下が行われた。さらに同8日の中立国のソ連軍の参戦という事態に、日本はようやく同10日からの御前会議で降伏を決定し、同14日にポツダム宣言を正式に受諾した。9月2日に降伏文書に調印し、約6年間続いた第二次世界大戦は終結した。"
"1944年にヨーロッパの連合軍はフランスに上陸した。 ソ連軍もドイツの東部国境に迫った。<hl>アジア・太平洋では、日本軍が中華民国軍に対してかつてない大勝利を収めたが、イギリスがビルマでインパール作戦、アメリカがマリアナ沖海戦に勝利するなど連合軍の勢いがさらに増し、8月のサイパン島陥落後、本土がアメリカ軍のボーイングB-29爆撃機の戦略爆撃の行動範囲内となり、勢いは完全に連合軍に傾き、ついには冬に日本本土への空襲が始まった。<hl>1945年に入ると連合軍はドイツ本土へ侵攻、東をソ連に、西をイギリスとアメリカに追い込まれた総統アドルフ・ヒトラーは4月30日に自殺、ベニート・ムッソリーニもパルチザンに惨殺された。 5月9日にドイツ国防軍は降伏し、ヨーロッパの戦争は終結した。 日本も5月以降連日連合国軍機の空襲を受けたほか、本土周辺の制海権、制空権を失い、さらに友邦ドイツ降伏後は一国でソ連を除くほぼ世界中の国々と交戦状態という状態になるが、軍部主流派は降伏することをよしとせず戦いを続けた。 しかし日本は6月の沖縄戦で初めて本土を失い、8月に入ると6日に広島市、同9日長崎市に原子爆弾投下が行われた。 さらに同8日の中立国のソ連軍の参戦という事態に、日本はようやく同10日からの御前会議で降伏を決定し、同14日にポツダム宣言を正式に受諾した。 9月2日に降伏文書に調印し、約6年間続いた第二次世界大戦は終結した。"
"少女漫画"
"庵野秀明が中学生時代から大量で読んだ漫画とは何か。"
"また、漫画少年でもあり、中学生の頃は特に少女漫画を大量に読んでいた。"
"庵野秀明は幼い頃よりアニメや特撮、そして大規模建造物等に夢中でよく絵を描いていたという。また、漫画少年でもあり、中学生の頃は特に少女漫画を大量に読んでいた。山口県立宇部高等学校での高校生時代には、美術部で部長を務めるほどの画力を有していた。アマチュア映像制作グループ「グループSHADO」にも所属し、自主制作の映像作品『ナカムライダー』が、文化祭で上映された。"
"また、漫画少年でもあり、中学生の頃は特に<hl>少女漫画<hl>を大量に読んでいた。"
"庵野秀明は幼い頃よりアニメや特撮、そして大規模建造物等に夢中でよく絵を描いていたという。また、漫画少年でもあり、中学生の頃は特に<hl>少女漫画<hl>を大量に読んでいた。 山口県立宇部高等学校での高校生時代には、美術部で部長を務めるほどの画力を有していた。アマチュア映像制作グループ「グループSHADO」にも所属し、自主制作の映像作品『ナカムライダー』が、文化祭で上映された。"
"庵野秀明は幼い頃よりアニメや特撮、そして大規模建造物等に夢中でよく絵を描いていたという。<hl>また、漫画少年でもあり、中学生の頃は特に少女漫画を大量に読んでいた。<hl>山口県立宇部高等学校での高校生時代には、美術部で部長を務めるほどの画力を有していた。 アマチュア映像制作グループ「グループSHADO」にも所属し、自主制作の映像作品『ナカムライダー』が、文化祭で上映された。"
"2015年"
"ゴールデンライスはいつカナダで食品として承認されたか。"
"ゴールデンライスは、2015年にアメリカ合衆国特許商標庁の"PatentsforHumanityAwards"(人類のための特許賞)を受賞し、2018年にはオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ合衆国で食品として承認された。"
"ゴールデンライスとその元となった系統との差異はβ-カロテン生合成遺伝子が付加されているという点である。通常β-カロテンは葉で産生されて光合成に関与しており、光合成が行われない胚乳では産生されない。ゴールデンライスは胚乳でもβ-カロテンの産生が行われるようにしたものである。この胚乳に蓄積したβ-カロテンにより、米粒は特徴的な黄金色を呈する。他の品種と同様に生育し収穫することができるかどうか、ヒトの健康に対するリスクが存在しないか、といったゴールデンライスの性能評価を目的とした研究がフィリピンの国際稲研究所を中心とした研究グループによりで行われている。ゴールデンライスには、長期間貯蔵した場合や伝統的手法で調理を行った場合にβ-カロテンがどの程度維持されているかについての研究はほとんど行われていないといった環境活動家や反グローバリズム活動家からの強い反対が存在する。2005年、オリジナルのゴールデンライスの最大23倍のβ-カロテンを産生するゴールデンライス2が発表された。また、ゴールデンライス由来のβ-カロテンのバイオアベイラビリティの評価が行われ、ヒトのビタミンAの効果的な供給源となることが確かめられている。ゴールデンライスは、2015年にアメリカ合衆国特許商標庁の"PatentsforHumanityAwards"(人類のための特許賞)を受賞し、2018年にはオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ合衆国で食品として承認された。"
"ゴールデンライスは、<hl>2015年<hl>にアメリカ合衆国特許商標庁の"PatentsforHumanityAwards"(人類のための特許賞)を受賞し、2018年にはオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ合衆国で食品として承認された。"
"ゴールデンライスとその元となった系統との差異はβ-カロテン生合成遺伝子が付加されているという点である。通常β-カロテンは葉で産生されて光合成に関与しており、光合成が行われない胚乳では産生されない。ゴールデンライスは胚乳でもβ-カロテンの産生が行われるようにしたものである。この胚乳に蓄積したβ-カロテンにより、米粒は特徴的な黄金色を呈する。他の品種と同様に生育し収穫することができるかどうか、ヒトの健康に対するリスクが存在しないか、といったゴールデンライスの性能評価を目的とした研究がフィリピンの国際稲研究所を中心とした研究グループによりで行われている。ゴールデンライスには、長期間貯蔵した場合や伝統的手法で調理を行った場合にβ-カロテンがどの程度維持されているかについての研究はほとんど行われていないといった環境活動家や反グローバリズム活動家からの強い反対が存在する。 2005年、オリジナルのゴールデンライスの最大23倍のβ-カロテンを産生するゴールデンライス2が発表された。また、ゴールデンライス由来のβ-カロテンのバイオアベイラビリティの評価が行われ、ヒトのビタミンAの効果的な供給源となることが確かめられている。ゴールデンライスは、<hl>2015年<hl>にアメリカ合衆国特許商標庁の"PatentsforHumanityAwards"(人類のための特許賞)を受賞し、2018年にはオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ合衆国で食品として承認された。"
"ゴールデンライスとその元となった系統との差異はβ-カロテン生合成遺伝子が付加されているという点である。 通常β-カロテンは葉で産生されて光合成に関与しており、光合成が行われない胚乳では産生されない。 ゴールデンライスは胚乳でもβ-カロテンの産生が行われるようにしたものである。 この胚乳に蓄積したβ-カロテンにより、米粒は特徴的な黄金色を呈する。 他の品種と同様に生育し収穫することができるかどうか、ヒトの健康に対するリスクが存在しないか、といったゴールデンライスの性能評価を目的とした研究がフィリピンの国際稲研究所を中心とした研究グループによりで行われている。 ゴールデンライスには、長期間貯蔵した場合や伝統的手法で調理を行った場合にβ-カロテンがどの程度維持されているかについての研究はほとんど行われていないといった環境活動家や反グローバリズム活動家からの強い反対が存在する。 2005年、オリジナルのゴールデンライスの最大23倍のβ-カロテンを産生するゴールデンライス2が発表された。 また、ゴールデンライス由来のβ-カロテンのバイオアベイラビリティの評価が行われ、ヒトのビタミンAの効果的な供給源となることが確かめられている。<hl>ゴールデンライスは、2015年にアメリカ合衆国特許商標庁の"PatentsforHumanityAwards"(人類のための特許賞)を受賞し、2018年にはオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ合衆国で食品として承認された。<hl>"
"浜松駅前ビルヂング"
"フォルテ閉館後の駅前分室はどこの建物に移転したの?"
"2008年(平成20年)にフォルテが閉館すると、駅前分室は暫定的に浜松駅前ビルヂング7階に移転したが、その後2011年11月9日にフォルテ跡地に開業した遠鉄百貨店新館9階に移った。"
"2002年(平成14年)4月にはJR浜松駅前の商業ビルフォルテに中央図書館駅前分室が開室した。予約本の受け取りや返却などができ、会社や学校からの帰宅途中に立ち寄ることができる利便性が好評を博している。2008年(平成20年)にフォルテが閉館すると、駅前分室は暫定的に浜松駅前ビルヂング7階に移転したが、その後2011年11月9日にフォルテ跡地に開業した遠鉄百貨店新館9階に移った。"
"2008年(平成20年)にフォルテが閉館すると、駅前分室は暫定的に<hl>浜松駅前ビルヂング<hl>7階に移転したが、その後2011年11月9日にフォルテ跡地に開業した遠鉄百貨店新館9階に移った。"
"2002年(平成14年)4月にはJR浜松駅前の商業ビルフォルテに中央図書館駅前分室が開室した。 予約本の受け取りや返却などができ、会社や学校からの帰宅途中に立ち寄ることができる利便性が好評を博している。 2008年(平成20年)にフォルテが閉館すると、駅前分室は暫定的に<hl>浜松駅前ビルヂング<hl>7階に移転したが、その後2011年11月9日にフォルテ跡地に開業した遠鉄百貨店新館9階に移った。"
"2002年(平成14年)4月にはJR浜松駅前の商業ビルフォルテに中央図書館駅前分室が開室した。 予約本の受け取りや返却などができ、会社や学校からの帰宅途中に立ち寄ることができる利便性が好評を博している。<hl>2008年(平成20年)にフォルテが閉館すると、駅前分室は暫定的に浜松駅前ビルヂング7階に移転したが、その後2011年11月9日にフォルテ跡地に開業した遠鉄百貨店新館9階に移った。<hl>"
"メキシコシティ大会"
"1968年に開催されたオリンピックの名前は何ですか?"
"オリンピックが世界的大イベントに成長するに従って政治に左右されるようになると、1968年のメキシコシティ大会では黒人差別を訴える場と化し、1972年のミュンヘン大会ではアラブのゲリラによるイスラエル選手に対するテロ事件まで起きた(ミュンヘンオリンピック事件)。"
"オリンピックが世界的大イベントに成長するに従って政治に左右されるようになると、1968年のメキシコシティ大会では黒人差別を訴える場と化し、1972年のミュンヘン大会ではアラブのゲリラによるイスラエル選手に対するテロ事件まで起きた(ミュンヘンオリンピック事件)。1976年のモントリオール大会になると、ニュージーランドのラグビーチームの南アフリカ遠征に反対してアフリカの諸国22ヶ国がボイコットを行った。そして、1980年のモスクワ大会ではソ連のアフガニスタン侵攻に反発したアメリカ・西ドイツ・日本などの西側諸国が相次いでボイコットを行った。1984年ロサンゼルス大会ではソ連と東側諸国が報復ボイコットを行ない、参加したのはソ連と対立していた中国とルーマニアだけだった。中でも、イラン革命後のイラン・イスラム共和国はモスクワとロサンゼルス双方のオリンピックをボイコットしている。オリンピックが巨大化するに従って財政負担の増大が大きな問題となり、1976年の夏季大会では大幅な赤字を出し、その後夏季・冬季とも立候補都市が1〜2都市だけという状態が続いた。"
"オリンピックが世界的大イベントに成長するに従って政治に左右されるようになると、1968年の<hl>メキシコシティ大会<hl>では黒人差別を訴える場と化し、1972年のミュンヘン大会ではアラブのゲリラによるイスラエル選手に対するテロ事件まで起きた(ミュンヘンオリンピック事件)。"
"オリンピックが世界的大イベントに成長するに従って政治に左右されるようになると、1968年の<hl>メキシコシティ大会<hl>では黒人差別を訴える場と化し、1972年のミュンヘン大会ではアラブのゲリラによるイスラエル選手に対するテロ事件まで起きた(ミュンヘンオリンピック事件)。 1976年のモントリオール大会になると、ニュージーランドのラグビーチームの南アフリカ遠征に反対してアフリカの諸国22ヶ国がボイコットを行った。 そして、1980年のモスクワ大会ではソ連のアフガニスタン侵攻に反発したアメリカ・西ドイツ・日本などの西側諸国が相次いでボイコットを行った。 1984年ロサンゼルス大会ではソ連と東側諸国が報復ボイコットを行ない、参加したのはソ連と対立していた中国とルーマニアだけだった。 中でも、イラン革命後のイラン・イスラム共和国はモスクワとロサンゼルス双方のオリンピックをボイコットしている。 オリンピックが巨大化するに従って財政負担の増大が大きな問題となり、1976年の夏季大会では大幅な赤字を出し、その後夏季・冬季とも立候補都市が1〜2都市だけという状態が続いた。"
"<hl>オリンピックが世界的大イベントに成長するに従って政治に左右されるようになると、1968年のメキシコシティ大会では黒人差別を訴える場と化し、1972年のミュンヘン大会ではアラブのゲリラによるイスラエル選手に対するテロ事件まで起きた(ミュンヘンオリンピック事件)。<hl>1976年のモントリオール大会になると、ニュージーランドのラグビーチームの南アフリカ遠征に反対してアフリカの諸国22ヶ国がボイコットを行った。 そして、1980年のモスクワ大会ではソ連のアフガニスタン侵攻に反発したアメリカ・西ドイツ・日本などの西側諸国が相次いでボイコットを行った。 1984年ロサンゼルス大会ではソ連と東側諸国が報復ボイコットを行ない、参加したのはソ連と対立していた中国とルーマニアだけだった。 中でも、イラン革命後のイラン・イスラム共和国はモスクワとロサンゼルス双方のオリンピックをボイコットしている。 オリンピックが巨大化するに従って財政負担の増大が大きな問題となり、1976年の夏季大会では大幅な赤字を出し、その後夏季・冬季とも立候補都市が1〜2都市だけという状態が続いた。"
"石炭"
"石油、ガス、石炭、核燃料の中で事故やテロによる被害を抑制できるものは何?"
"石炭は燃料としては最も埋蔵量が多い地下資源である。"
"石炭は燃料としては最も埋蔵量が多い地下資源である。石油が安価だった時代、重油製鉄も検討されたが、製鉄における石炭の優位は崩せなかった。重油ボイラーを比較的簡単に微粉炭ボイラー(石炭を粉にして吹き込む)に改造できたため、第二次石油危機後の1980年代にほとんどの発電燃料・産業燃料が値段の安い石炭に回帰するか天然ガスに切り替わった。発電燃料・産業燃料においても微粉炭ボイラーが開発され手作業給炭は過去のものとなった。日本国内炭は一般的に炭層が薄くて傾斜しておりロングウォールに向かず、採炭コストでは海外炭に太刀打ちできなかった(釧路炭田は水平に厚く石炭層が形成されているために例外的に存続できた)。自動車の普及した先進国では石油の占める割合が高いが、エネルギー消費の過半数を占める発電燃料・産業燃料では、コスト優位により石炭が未だに少なくない割合を占めている国もある。アメリカも発電燃料は31%と天然ガスと同じぐらいである。中国は自動車の普及で石油輸入量が急増し日本を追い抜いたが、依然として全エネルギーのうち5割以上を石炭が占めている。石油・ガスのような流体ではないことや、核燃料のようにコンパクトではないことは、輸送のコストを押し上げる要因ではあるが、一方では輸送や貯蔵に際しての事故やテロによる被害の規模を抑制する要因でもある。"
"<hl>石炭<hl>は燃料としては最も埋蔵量が多い地下資源である。"
"<hl>石炭<hl>は燃料としては最も埋蔵量が多い地下資源である。 石油が安価だった時代、重油製鉄も検討されたが、製鉄における石炭の優位は崩せなかった。 重油ボイラーを比較的簡単に微粉炭ボイラー(石炭を粉にして吹き込む)に改造できたため、第二次石油危機後の1980年代にほとんどの発電燃料・産業燃料が値段の安い石炭に回帰するか天然ガスに切り替わった。 発電燃料・産業燃料においても微粉炭ボイラーが開発され手作業給炭は過去のものとなった。 日本国内炭は一般的に炭層が薄くて傾斜しておりロングウォールに向かず、採炭コストでは海外炭に太刀打ちできなかった(釧路炭田は水平に厚く石炭層が形成されているために例外的に存続できた)。 自動車の普及した先進国では石油の占める割合が高いが、エネルギー消費の過半数を占める発電燃料・産業燃料では、コスト優位により石炭が未だに少なくない割合を占めている国もある。 アメリカも発電燃料は31%と天然ガスと同じぐらいである。 中国は自動車の普及で石油輸入量が急増し日本を追い抜いたが、依然として全エネルギーのうち5割以上を石炭が占めている。 石油・ガスのような流体ではないことや、核燃料のようにコンパクトではないことは、輸送のコストを押し上げる要因ではあるが、一方では輸送や貯蔵に際しての事故やテロによる被害の規模を抑制する要因でもある。"
"<hl>石炭は燃料としては最も埋蔵量が多い地下資源である。<hl>石油が安価だった時代、重油製鉄も検討されたが、製鉄における石炭の優位は崩せなかった。 重油ボイラーを比較的簡単に微粉炭ボイラー(石炭を粉にして吹き込む)に改造できたため、第二次石油危機後の1980年代にほとんどの発電燃料・産業燃料が値段の安い石炭に回帰するか天然ガスに切り替わった。 発電燃料・産業燃料においても微粉炭ボイラーが開発され手作業給炭は過去のものとなった。 日本国内炭は一般的に炭層が薄くて傾斜しておりロングウォールに向かず、採炭コストでは海外炭に太刀打ちできなかった(釧路炭田は水平に厚く石炭層が形成されているために例外的に存続できた)。 自動車の普及した先進国では石油の占める割合が高いが、エネルギー消費の過半数を占める発電燃料・産業燃料では、コスト優位により石炭が未だに少なくない割合を占めている国もある。 アメリカも発電燃料は31%と天然ガスと同じぐらいである。 中国は自動車の普及で石油輸入量が急増し日本を追い抜いたが、依然として全エネルギーのうち5割以上を石炭が占めている。 石油・ガスのような流体ではないことや、核燃料のようにコンパクトではないことは、輸送のコストを押し上げる要因ではあるが、一方では輸送や貯蔵に際しての事故やテロによる被害の規模を抑制する要因でもある。"
"2011年4月1日"
"50歳代の曹長が死亡した事件はいつ起こりました?"
"2011年4月1日、震災発生翌日の12日に駐屯地を出発し、15日から作業に従事していた50歳代の曹長(陸上自衛隊・旭川駐屯地所属)が死亡した。"
"2011年4月1日、震災発生翌日の12日に駐屯地を出発し、15日から作業に従事していた50歳代の曹長(陸上自衛隊・旭川駐屯地所属)が死亡した。死因は過労死の可能性があるとされている。曹長が所属していた第2特科連隊の連隊長は曹長の死亡について、「誠に残念で、ご冥福をお祈りする。災害派遣活動との因果関係を調査し、原因を究明したい」と述べた。4月2日、防衛省は同曹長を1日付で准尉に特別昇任させることを決めた。15日には遠野市の指揮所で運用調整に当たっていた第9施設大隊所属の1等陸曹が脳幹出血で死亡、防衛省は同日付で1曹を曹長に特別昇任させた。1曹が所属していた第9施設大隊の大隊長は、「大変残念。倒れた隊員の復興に懸ける気持ちを受け継ぎ、全力で活動するとともに、隊員の健康管理に万全を期す」と述べた。5月27日未明には第18普通科連隊所属の3等陸曹が死亡。本震災における自衛隊員の災害関連死は3人目となった。"
"<hl>2011年4月1日<hl>、震災発生翌日の12日に駐屯地を出発し、15日から作業に従事していた50歳代の曹長(陸上自衛隊・旭川駐屯地所属)が死亡した。"
"<hl>2011年4月1日<hl>、震災発生翌日の12日に駐屯地を出発し、15日から作業に従事していた50歳代の曹長(陸上自衛隊・旭川駐屯地所属)が死亡した。死因は過労死の可能性があるとされている。曹長が所属していた第2特科連隊の連隊長は曹長の死亡について、「誠に残念で、ご冥福をお祈りする。災害派遣活動との因果関係を調査し、原因を究明したい」と述べた。4月2日、防衛省は同曹長を1日付で准尉に特別昇任させることを決めた。15日には遠野市の指揮所で運用調整に当たっていた第9施設大隊所属の1等陸曹が脳幹出血で死亡、防衛省は同日付で1曹を曹長に特別昇任させた。1曹が所属していた第9施設大隊の大隊長は、「大変残念。倒れた隊員の復興に懸ける気持ちを受け継ぎ、全力で活動するとともに、隊員の健康管理に万全を期す」と述べた。5月27日未明には第18普通科連隊所属の3等陸曹が死亡。本震災における自衛隊員の災害関連死は3人目となった。"
"<hl>2011年4月1日、震災発生翌日の12日に駐屯地を出発し、15日から作業に従事していた50歳代の曹長(陸上自衛隊・旭川駐屯地所属)が死亡した。<hl>死因は過労死の可能性があるとされている。 曹長が所属していた第2特科連隊の連隊長は曹長の死亡について、「誠に残念で、ご冥福をお祈りする。災害派遣活動との因果関係を調査し、原因を究明したい」と述べた。 4月2日、防衛省は同曹長を1日付で准尉に特別昇任させることを決めた。 15日には遠野市の指揮所で運用調整に当たっていた第9施設大隊所属の1等陸曹が脳幹出血で死亡、防衛省は同日付で1曹を曹長に特別昇任させた。 1曹が所属していた第9施設大隊の大隊長は、「大変残念。倒れた隊員の復興に懸ける気持ちを受け継ぎ、全力で活動するとともに、隊員の健康管理に万全を期す」と述べた。 5月27日未明には第18普通科連隊所属の3等陸曹が死亡。 本震災における自衛隊員の災害関連死は3人目となった。"
"内燃動車"
"気動車には蒸気動車と、また何に区別されますか。"
"外燃機関である蒸気機関を動力とする車両は蒸気動車と呼ばれ、それ以外の内燃機関で走行する気動車を区別する時は内燃動車と称する。"
"気動車とは、旅客車・貨車・事業用車に熱機関を搭載してその動力により走行する車両である。外燃機関である蒸気機関を動力とする車両は蒸気動車と呼ばれ、それ以外の内燃機関で走行する気動車を区別する時は内燃動車と称する。内燃動車において用いられる機関としてはディーゼルエンジン、ガソリンエンジン、ガスタービンエンジンなどがある。現代では一般的には、大出力を容易に得られ燃費のよいディーゼルエンジンが気動車の原動機として用いられている。ディーゼルエンジンを用いた気動車のことをしばしばディーゼル動車あるいはディーゼルカーと呼ぶ。内燃機関を動力とする場合は通常、エンジンで直接車輪を駆動することはできず、何らかの方法で変速する必要がある。機械的な変速機を使う場合を機械式、トルクコンバータを使う場合を液体式、一旦発電して電力でモーターを駆動する場合を電気式という。ただしガスタービン動車の場合、低速でも充分なトルクがあることから変速機を介しない場合がある。気動車においても動力車と付随車が存在する。高出力の機関を少数の車両に配置して残りの車両を付随車にする方式(「集中式」および「分散集中式」)と、低出力の機関をすべての車両に分散配置する方式(「完全分散式」)とがある。一般に、高出力機関を少数車両に配置する方式が、車両の重量や新製・保守費用などの点で優れている。しかし、短い編成で運転する場合や列車の分割・併合を行う場合の都合や、機関を搭載していない車両における冷暖房の問題などから、世界的に各車両に分散する方式が主流となっている。気動車は、電車と比較した場合、変速機やエンジンの機構が複雑で経費が嵩む。また、電車が動力の変換装置を持っているだけなのに対して、燃料自体を搭載してその動力への変換を行うことから、重量が大きくなり重量あたりの性能で劣っている。一方で地上側に電力を供給する膨大な設備を設置する必要がないというメリットがあるため、地方の閑散路線などでの運行には、電車より気動車の方がコスト面で適している。"
"外燃機関である蒸気機関を動力とする車両は蒸気動車と呼ばれ、それ以外の内燃機関で走行する気動車を区別する時は<hl>内燃動車<hl>と称する。"
"気動車とは、旅客車・貨車・事業用車に熱機関を搭載してその動力により走行する車両である。外燃機関である蒸気機関を動力とする車両は蒸気動車と呼ばれ、それ以外の内燃機関で走行する気動車を区別する時は<hl>内燃動車<hl>と称する。内燃動車において用いられる機関としてはディーゼルエンジン、ガソリンエンジン、ガスタービンエンジンなどがある。現代では一般的には、大出力を容易に得られ燃費のよいディーゼルエンジンが気動車の原動機として用いられている。ディーゼルエンジンを用いた気動車のことをしばしばディーゼル動車あるいはディーゼルカーと呼ぶ。内燃機関を動力とする場合は通常、エンジンで直接車輪を駆動することはできず、何らかの方法で変速する必要がある。機械的な変速機を使う場合を機械式、トルクコンバータを使う場合を液体式、一旦発電して電力でモーターを駆動する場合を電気式という。ただしガスタービン動車の場合、低速でも充分なトルクがあることから変速機を介しない場合がある。気動車においても動力車と付随車が存在する。高出力の機関を少数の車両に配置して残りの車両を付随車にする方式(「集中式」および「分散集中式」)と、低出力の機関をすべての車両に分散配置する方式(「完全分散式」)とがある。一般に、高出力機関を少数車両に配置する方式が、車両の重量や新製・保守費用などの点で優れている。しかし、短い編成で運転する場合や列車の分割・併合を行う場合の都合や、機関を搭載していない車両における冷暖房の問題などから、世界的に各車両に分散する方式が主流となっている。気動車は、電車と比較した場合、変速機やエンジンの機構が複雑で経費が嵩む。また、電車が動力の変換装置を持っているだけなのに対して、燃料自体を搭載してその動力への変換を行うことから、重量が大きくなり重量あたりの性能で劣っている。一方で地上側に電力を供給する膨大な設備を設置する必要がないというメリットがあるため、地方の閑散路線などでの運行には、電車より気動車の方がコスト面で適している。"
"気動車とは、旅客車・貨車・事業用車に熱機関を搭載してその動力により走行する車両である。<hl>外燃機関である蒸気機関を動力とする車両は蒸気動車と呼ばれ、それ以外の内燃機関で走行する気動車を区別する時は内燃動車と称する。<hl>内燃動車において用いられる機関としてはディーゼルエンジン、ガソリンエンジン、ガスタービンエンジンなどがある。 現代では一般的には、大出力を容易に得られ燃費のよいディーゼルエンジンが気動車の原動機として用いられている。 ディーゼルエンジンを用いた気動車のことをしばしばディーゼル動車あるいはディーゼルカーと呼ぶ。 内燃機関を動力とする場合は通常、エンジンで直接車輪を駆動することはできず、何らかの方法で変速する必要がある。 機械的な変速機を使う場合を機械式、トルクコンバータを使う場合を液体式、一旦発電して電力でモーターを駆動する場合を電気式という。 ただしガスタービン動車の場合、低速でも充分なトルクがあることから変速機を介しない場合がある。 気動車においても動力車と付随車が存在する。 高出力の機関を少数の車両に配置して残りの車両を付随車にする方式(「集中式」および「分散集中式」)と、低出力の機関をすべての車両に分散配置する方式(「完全分散式」)とがある。 一般に、高出力機関を少数車両に配置する方式が、車両の重量や新製・保守費用などの点で優れている。 しかし、短い編成で運転する場合や列車の分割・併合を行う場合の都合や、機関を搭載していない車両における冷暖房の問題などから、世界的に各車両に分散する方式が主流となっている。 気動車は、電車と比較した場合、変速機やエンジンの機構が複雑で経費が嵩む。 また、電車が動力の変換装置を持っているだけなのに対して、燃料自体を搭載してその動力への変換を行うことから、重量が大きくなり重量あたりの性能で劣っている。 一方で地上側に電力を供給する膨大な設備を設置する必要がないというメリットがあるため、地方の閑散路線などでの運行には、電車より気動車の方がコスト面で適している。"
"結核"
"エドガー・ポーの母が亡くなったのはどんな病気にかかったせいですか。"
"産後の肥立ちも悪く、1811年1月には舞台に復帰していたが、結核にかかり同年12月に他界する。"
"しかし1810年10月、バージニア州リッチモンドでの公演を終えた直後に、エドガー・ポーの父デイヴィッドが突如家族を捨て失踪してしまう。当時エドガー・ポーの母エリザベスは長女ロザリーを身ごもっており、また夫の実家からエドガーのみを引き取ってきた後だったが、出産の準備のために収入が途絶え、出産の前後は貧困生活に苦しまねばならなかった。産後の肥立ちも悪く、1811年1月には舞台に復帰していたが、結核にかかり同年12月に他界する。両親を失った子供たちは、兄ウィリアムが父方の実家に、エドガーが両親と親交のあったリッチモンドのアラン家に、ロザリーがアランの友人宅にそれぞれ引き取られることになった。エドガーを引き取ったジョン・アランは成功した商人であり、タバコや織物、小麦、墓石から奴隷まで幅広い商品を扱う輸入業者であった。彼は1803年にフランセス・ヴァレンタインと結婚していたが子宝に恵まれず、自身たちと同じスコットランド系の孤児を望んでいた夫人が特に希望してエドガーを養子にしたいと申し出たのである。ポーはこの際に「エドガー・アラン・ポー」の名が与えられるが、しかし養子とするための正式な手続きは行なわれていなかった。"
"産後の肥立ちも悪く、1811年1月には舞台に復帰していたが、<hl>結核<hl>にかかり同年12月に他界する。"
"しかし1810年10月、バージニア州リッチモンドでの公演を終えた直後に、エドガー・ポーの父デイヴィッドが突如家族を捨て失踪してしまう。当時エドガー・ポーの母エリザベスは長女ロザリーを身ごもっており、また夫の実家からエドガーのみを引き取ってきた後だったが、出産の準備のために収入が途絶え、出産の前後は貧困生活に苦しまねばならなかった。産後の肥立ちも悪く、1811年1月には舞台に復帰していたが、<hl>結核<hl>にかかり同年12月に他界する。両親を失った子供たちは、兄ウィリアムが父方の実家に、エドガーが両親と親交のあったリッチモンドのアラン家に、ロザリーがアランの友人宅にそれぞれ引き取られることになった。 エドガーを引き取ったジョン・アランは成功した商人であり、タバコや織物、小麦、墓石から奴隷まで幅広い商品を扱う輸入業者であった。彼は1803年にフランセス・ヴァレンタインと結婚していたが子宝に恵まれず、自身たちと同じスコットランド系の孤児を望んでいた夫人が特に希望してエドガーを養子にしたいと申し出たのである。ポーはこの際に「エドガー・アラン・ポー」の名が与えられるが、しかし養子とするための正式な手続きは行なわれていなかった。"
"しかし1810年10月、バージニア州リッチモンドでの公演を終えた直後に、エドガー・ポーの父デイヴィッドが突如家族を捨て失踪してしまう。 当時エドガー・ポーの母エリザベスは長女ロザリーを身ごもっており、また夫の実家からエドガーのみを引き取ってきた後だったが、出産の準備のために収入が途絶え、出産の前後は貧困生活に苦しまねばならなかった。<hl>産後の肥立ちも悪く、1811年1月には舞台に復帰していたが、結核にかかり同年12月に他界する。<hl>両親を失った子供たちは、兄ウィリアムが父方の実家に、エドガーが両親と親交のあったリッチモンドのアラン家に、ロザリーがアランの友人宅にそれぞれ引き取られることになった。 エドガーを引き取ったジョン・アランは成功した商人であり、タバコや織物、小麦、墓石から奴隷まで幅広い商品を扱う輸入業者であった。 彼は1803年にフランセス・ヴァレンタインと結婚していたが子宝に恵まれず、自身たちと同じスコットランド系の孤児を望んでいた夫人が特に希望してエドガーを養子にしたいと申し出たのである。 ポーはこの際に「エドガー・アラン・ポー」の名が与えられるが、しかし養子とするための正式な手続きは行なわれていなかった。"
"41km"
"白マイン川の長さは?"
"長さ41kmの白マイン川は、マイン川右岸、すなわち北側の源流である。"
"マイン川には、2本の短い源流、白マイン川と赤マイン川がある。長さ41kmの白マイン川は、マイン川右岸、すなわち北側の源流である。この川は、バイロイトから北東に直線距離で20km、フィヒテルベルク北西のフィヒテル山地に湧出する。標高1,024mのオクゼンコプフ山の東斜面、海抜887mの地点に花崗岩で造られた水源がある。標高679mに位置するビショフスグリュンが、白マイン川が初めて通過する町である。この生まれたての川は、薬泉のベルネックやシトー会修道院で知られるヒンメルクロンを抜け、プラッセンブルク城を戴くビール町クルムバッハに至る。"
"長さ<hl>41km<hl>の白マイン川は、マイン川右岸、すなわち北側の源流である。"
"マイン川には、2本の短い源流、白マイン川と赤マイン川がある。 長さ<hl>41km<hl>の白マイン川は、マイン川右岸、すなわち北側の源流である。 この川は、バイロイトから北東に直線距離で20km、フィヒテルベルク北西のフィヒテル山地に湧出する。 標高1,024mのオクゼンコプフ山の東斜面、海抜887mの地点に花崗岩で造られた水源がある。 標高679mに位置するビショフスグリュンが、白マイン川が初めて通過する町である。 この生まれたての川は、薬泉のベルネックやシトー会修道院で知られるヒンメルクロンを抜け、プラッセンブルク城を戴くビール町クルムバッハに至る。"
"マイン川には、2本の短い源流、白マイン川と赤マイン川がある。<hl>長さ41kmの白マイン川は、マイン川右岸、すなわち北側の源流である。<hl>この川は、バイロイトから北東に直線距離で20km、フィヒテルベルク北西のフィヒテル山地に湧出する。 標高1,024mのオクゼンコプフ山の東斜面、海抜887mの地点に花崗岩で造られた水源がある。 標高679mに位置するビショフスグリュンが、白マイン川が初めて通過する町である。 この生まれたての川は、薬泉のベルネックやシトー会修道院で知られるヒンメルクロンを抜け、プラッセンブルク城を戴くビール町クルムバッハに至る。"
"コリン"
"ブラウンは、どの町で軍を集結中であったか?"
"一方のオーストリア軍では、ベーメンのコリンに軍を集結中であったブラウンがベーメン方面の最高指揮官に任じられ、コリンから西に移動して9月20日エーガー川南岸のブディンに陣を敷き、とりあえずプロイセン軍のプラハ方面への進撃を阻止する態勢を取った。"
"一方のオーストリア軍では、ベーメンのコリンに軍を集結中であったブラウンがベーメン方面の最高指揮官に任じられ、コリンから西に移動して9月20日エーガー川南岸のブディンに陣を敷き、とりあえずプロイセン軍のプラハ方面への進撃を阻止する態勢を取った。しかしこれ以上の積極的な作戦を行うために必要な砲、馬匹、食糧、浮橋等々の準備が間に合わず、ここでブラウンは一旦停止した。"
"一方のオーストリア軍では、ベーメンの<hl>コリン<hl>に軍を集結中であったブラウンがベーメン方面の最高指揮官に任じられ、コリンから西に移動して9月20日エーガー川南岸のブディンに陣を敷き、とりあえずプロイセン軍のプラハ方面への進撃を阻止する態勢を取った。"
"一方のオーストリア軍では、ベーメンの<hl>コリン<hl>に軍を集結中であったブラウンがベーメン方面の最高指揮官に任じられ、コリンから西に移動して9月20日エーガー川南岸のブディンに陣を敷き、とりあえずプロイセン軍のプラハ方面への進撃を阻止する態勢を取った。しかしこれ以上の積極的な作戦を行うために必要な砲、馬匹、食糧、浮橋等々の準備が間に合わず、ここでブラウンは一旦停止した。"
"<hl>一方のオーストリア軍では、ベーメンのコリンに軍を集結中であったブラウンがベーメン方面の最高指揮官に任じられ、コリンから西に移動して9月20日エーガー川南岸のブディンに陣を敷き、とりあえずプロイセン軍のプラハ方面への進撃を阻止する態勢を取った。<hl>しかしこれ以上の積極的な作戦を行うために必要な砲、馬匹、食糧、浮橋等々の準備が間に合わず、ここでブラウンは一旦停止した。"
"迷惑施設"
"当時、空港とはどんな施設だと思われていたの?"
"当時は2019年現在と比べ、航空機の利用は大衆に浸透しておらず、騒音など外部不経済の負担が大きい空港は、単なる迷惑施設であるとしか世間は認識していなかったこともあり、既に空港建設の候補地となっていた各地では、反対運動が繰り広げられていた。"
"当時は2019年現在と比べ、航空機の利用は大衆に浸透しておらず、騒音など外部不経済の負担が大きい空港は、単なる迷惑施設であるとしか世間は認識していなかったこともあり、既に空港建設の候補地となっていた各地では、反対運動が繰り広げられていた。富里村および八街町でも1963年には「富里・八街空港反対同盟」が結成されており、政府が迷走している間に革新政党が指導する反対運動が浸透していた。さらに突如として一方的に内定を突きつけられたことで地元農家らは「何が候補地として最適だ。地元の調査も挨拶もないうちに一方的に決められてたまるものか。ここは日本一の農耕地だ。農地はわれわれのいのちだ」と激怒した。その結果、富里・八街の地元住民らは、さらに激しい抗議活動を展開するようになっただけではなく政府発表まで根回しが全くなされなかった地方公共団体からも反発が出て、閣議決定はいったん取りやめとなった。千葉県庁には「富里に決定したら命をもらう」「ベトコン作戦で徹底的に戦う」など、脅迫まがいの電話や直談判が殺到した。また1960年代の日本は、中央政府・地方自治体・住民の力関係が変化しつつある時期にあたっていたが、これまで地元の陳情・請願を受けて飛行場を造ることがほとんどだった運輸省当局は、用地取得に関する地元住民との話し合いをどうするかも全く決めておらず、住民対策として「用地買収の条件」「代替地」「転業対策」「騒音対策」の4条件を提示して抗議してきた千葉県側に対しても「新東京国際空港公団法を次の国会に提出し、その公団に各省から人を出してもらって相談してもらう」とした。こうした「地元は政府の決めたことに従えばいい」と言わんばかりの運輸官僚の態度は、さらに火に油を注ぐこととなった。"
"当時は2019年現在と比べ、航空機の利用は大衆に浸透しておらず、騒音など外部不経済の負担が大きい空港は、単なる<hl>迷惑施設<hl>であるとしか世間は認識していなかったこともあり、既に空港建設の候補地となっていた各地では、反対運動が繰り広げられていた。"
"当時は2019年現在と比べ、航空機の利用は大衆に浸透しておらず、騒音など外部不経済の負担が大きい空港は、単なる<hl>迷惑施設<hl>であるとしか世間は認識していなかったこともあり、既に空港建設の候補地となっていた各地では、反対運動が繰り広げられていた。富里村および八街町でも1963年には「富里・八街空港反対同盟」が結成されており、政府が迷走している間に革新政党が指導する反対運動が浸透していた。さらに突如として一方的に内定を突きつけられたことで地元農家らは「何が候補地として最適だ。地元の調査も挨拶もないうちに一方的に決められてたまるものか。ここは日本一の農耕地だ。農地はわれわれのいのちだ」と激怒した。その結果、富里・八街の地元住民らは、さらに激しい抗議活動を展開するようになっただけではなく政府発表まで根回しが全くなされなかった地方公共団体からも反発が出て、閣議決定はいったん取りやめとなった。千葉県庁には「富里に決定したら命をもらう」「ベトコン作戦で徹底的に戦う」など、脅迫まがいの電話や直談判が殺到した。また1960年代の日本は、中央政府・地方自治体・住民の力関係が変化しつつある時期にあたっていたが、これまで地元の陳情・請願を受けて飛行場を造ることがほとんどだった運輸省当局は、用地取得に関する地元住民との話し合いをどうするかも全く決めておらず、住民対策として「用地買収の条件」「代替地」「転業対策」「騒音対策」の4条件を提示して抗議してきた千葉県側に対しても「新東京国際空港公団法を次の国会に提出し、その公団に各省から人を出してもらって相談してもらう」とした。こうした「地元は政府の決めたことに従えばいい」と言わんばかりの運輸官僚の態度は、さらに火に油を注ぐこととなった。"
"<hl>当時は2019年現在と比べ、航空機の利用は大衆に浸透しておらず、騒音など外部不経済の負担が大きい空港は、単なる迷惑施設であるとしか世間は認識していなかったこともあり、既に空港建設の候補地となっていた各地では、反対運動が繰り広げられていた。<hl>富里村および八街町でも1963年には「富里・八街空港反対同盟」が結成されており、政府が迷走している間に革新政党が指導する反対運動が浸透していた。 さらに突如として一方的に内定を突きつけられたことで地元農家らは「何が候補地として最適だ。地元の調査も挨拶もないうちに一方的に決められてたまるものか。ここは日本一の農耕地だ。農地はわれわれのいのちだ」と激怒した。 その結果、富里・八街の地元住民らは、さらに激しい抗議活動を展開するようになっただけではなく政府発表まで根回しが全くなされなかった地方公共団体からも反発が出て、閣議決定はいったん取りやめとなった。 千葉県庁には「富里に決定したら命をもらう」「ベトコン作戦で徹底的に戦う」など、脅迫まがいの電話や直談判が殺到した。 また1960年代の日本は、中央政府・地方自治体・住民の力関係が変化しつつある時期にあたっていたが、これまで地元の陳情・請願を受けて飛行場を造ることがほとんどだった運輸省当局は、用地取得に関する地元住民との話し合いをどうするかも全く決めておらず、住民対策として「用地買収の条件」「代替地」「転業対策」「騒音対策」の4条件を提示して抗議してきた千葉県側に対しても「新東京国際空港公団法を次の国会に提出し、その公団に各省から人を出してもらって相談してもらう」とした。 こうした「地元は政府の決めたことに従えばいい」と言わんばかりの運輸官僚の態度は、さらに火に油を注ぐこととなった。"
"九重村"
"廃藩置県によって西の峰はどこの村に移動したの?"
"これは、廃藩置県の際に北山川を境に右岸(西岸)を和歌山県、左岸(東岸)を度会県(三重県)にすると決定されたためであり、右岸は九重村、左岸は花井村となった。"
"1871年(明治4年)7月、花井村は和歌山県の管轄となったが、同年11月に度会県へ移管し、1876年(明治9年)に度会県が三重県に編入されたことで同県の所属となった。これは、廃藩置県の際に北山川を境に右岸(西岸)を和歌山県、左岸(東岸)を度会県(三重県)にすると決定されたためであり、右岸は九重村、左岸は花井村となった。当時の村人は明治政府の意向に対し、従来通り両岸とも花井村とすることを望んだが、要望は聞き入れられず、左岸のみが花井村となった。このため、花井村だった西の峯が九重村に移った一方、九重村だった百夜月が花井村となった。また1879年(明治12年)に牟婁郡が南北に分かたれ、南牟婁郡花井村となり、1889年(明治22年)には周辺村と合併し、上川村の大字となった。"
"これは、廃藩置県の際に北山川を境に右岸(西岸)を和歌山県、左岸(東岸)を度会県(三重県)にすると決定されたためであり、右岸は<hl>九重村<hl>、左岸は花井村となった。"
"1871年(明治4年)7月、花井村は和歌山県の管轄となったが、同年11月に度会県へ移管し、1876年(明治9年)に度会県が三重県に編入されたことで同県の所属となった。 これは、廃藩置県の際に北山川を境に右岸(西岸)を和歌山県、左岸(東岸)を度会県(三重県)にすると決定されたためであり、右岸は<hl>九重村<hl>、左岸は花井村となった。 当時の村人は明治政府の意向に対し、従来通り両岸とも花井村とすることを望んだが、要望は聞き入れられず、左岸のみが花井村となった。 このため、花井村だった西の峯が九重村に移った一方、九重村だった百夜月が花井村となった。 また1879年(明治12年)に牟婁郡が南北に分かたれ、南牟婁郡花井村となり、1889年(明治22年)には周辺村と合併し、上川村の大字となった。"
"1871年(明治4年)7月、花井村は和歌山県の管轄となったが、同年11月に度会県へ移管し、1876年(明治9年)に度会県が三重県に編入されたことで同県の所属となった。<hl>これは、廃藩置県の際に北山川を境に右岸(西岸)を和歌山県、左岸(東岸)を度会県(三重県)にすると決定されたためであり、右岸は九重村、左岸は花井村となった。<hl>当時の村人は明治政府の意向に対し、従来通り両岸とも花井村とすることを望んだが、要望は聞き入れられず、左岸のみが花井村となった。 このため、花井村だった西の峯が九重村に移った一方、九重村だった百夜月が花井村となった。 また1879年(明治12年)に牟婁郡が南北に分かたれ、南牟婁郡花井村となり、1889年(明治22年)には周辺村と合併し、上川村の大字となった。"
"展延性が増す"
"ベリリウムは高温になるとどうなるの?"
"モース硬度は6から7を示し、硬く、常温では脆いが、高温になると展延性が増す。"
"ベリリウムは緑柱石などの鉱物から産出される。緑柱石は不純物に由来する色の違いによってアクアマリンやエメラルドなどと呼ばれ、宝石としても用いられる。常温常圧で安定した結晶構造は六方最密充填構造(HCP)である。単体は銀白色の金属で、空気中では表面に酸化被膜が生成され安定に存在できる。モース硬度は6から7を示し、硬く、常温では脆いが、高温になると展延性が増す。酸にもアルカリにも溶解する。ベリリウムの安定同位体は恒星の元素合成においては生成されず、宇宙線による核破砕によって炭素や窒素などより重い元素から生成される。"
"モース硬度は6から7を示し、硬く、常温では脆いが、高温になると<hl>展延性が増す<hl>。"
"ベリリウムは緑柱石などの鉱物から産出される。 緑柱石は不純物に由来する色の違いによってアクアマリンやエメラルドなどと呼ばれ、宝石としても用いられる。 常温常圧で安定した結晶構造は六方最密充填構造(HCP)である。 単体は銀白色の金属で、空気中では表面に酸化被膜が生成され安定に存在できる。 モース硬度は6から7を示し、硬く、常温では脆いが、高温になると<hl>展延性が増す<hl>。 酸にもアルカリにも溶解する。 ベリリウムの安定同位体は恒星の元素合成においては生成されず、宇宙線による核破砕によって炭素や窒素などより重い元素から生成される。"
"ベリリウムは緑柱石などの鉱物から産出される。 緑柱石は不純物に由来する色の違いによってアクアマリンやエメラルドなどと呼ばれ、宝石としても用いられる。 常温常圧で安定した結晶構造は六方最密充填構造(HCP)である。 単体は銀白色の金属で、空気中では表面に酸化被膜が生成され安定に存在できる。<hl>モース硬度は6から7を示し、硬く、常温では脆いが、高温になると展延性が増す。<hl>酸にもアルカリにも溶解する。 ベリリウムの安定同位体は恒星の元素合成においては生成されず、宇宙線による核破砕によって炭素や窒素などより重い元素から生成される。"
"ソ連"
"1940年6月、バルト三国はどの国により併合されたか?"
"ポーランドは独ソ両国(ドイツとソ連)により分割・占領された。"
"1939年9月1日、ドイツ軍およびスロバキア軍が、続いて9月17日にはソビエト連邦軍が相次いでポーランド領内に侵攻した。一方、イギリスとフランスは9月3日、ドイツに宣戦布告した。ポーランドは独ソ両国(ドイツとソ連)により分割・占領された。さらにフィンランドおよびバルト三国に領土的野心を示したソ連は、11月30日からフィンランドへ侵攻した(冬戦争)。そのため、ソ連は国際連盟から非難・除名されたが、1940年3月にはフィンランドから領土を割譲させた。さらにバルト三国には1940年6月、40万以上の大軍で侵攻し、8月にはバルト三国を併合した。ポーランド分割直後から翌年春まで、戦争は西ヨーロッパで膠着状態になったが、1940年5月10日からドイツ軍は西ヨーロッパへ侵攻を開始した。同年6月からイタリアが参戦し、6月14日ドイツ軍はパリを占領、フランスを降伏させた。さらに同年8月からドイツ空軍機がイギリス本土空爆(バトル・オブ・ブリテン)を開始したが、空中戦で大損害を被り、9月半ばにドイツ軍のイギリス本土上陸作戦は中止された。その後1941年6月22日、不可侵条約を破棄してドイツ軍はソ連へ侵攻し、独ソ戦が始まった。フィンランドもソ連に割譲された領土奪回のため宣戦布告した(継続戦争)。一方、連合国はソ連側につき、ヨーロッパはソ連を加えた連合国と枢軸国に二分する大戦争となり、死者が増大し凄惨な様相となった。ドイツ軍はウクライナを経て同年12月、モスクワに接近するが、ソ連軍の反撃で後退する。1942年中盤までにドイツ軍はヨーロッパの大半および北アフリカの一部を占領し、大西洋ではドイツ海軍の潜水艦・Uボートが連合軍の輸送船団を攻撃し優勢を保っていた。"
"ポーランドは独ソ両国(ドイツと<hl>ソ連<hl>)により分割・占領された。"
"1939年9月1日、ドイツ軍およびスロバキア軍が、続いて9月17日にはソビエト連邦軍が相次いでポーランド領内に侵攻した。一方、イギリスとフランスは9月3日、ドイツに宣戦布告した。ポーランドは独ソ両国(ドイツと<hl>ソ連<hl>)により分割・占領された。さらにフィンランドおよびバルト三国に領土的野心を示したソ連は、11月30日からフィンランドへ侵攻した(冬戦争)。そのため、ソ連は国際連盟から非難・除名されたが、1940年3月にはフィンランドから領土を割譲させた。さらにバルト三国には1940年6月、40万以上の大軍で侵攻し、8月にはバルト三国を併合した。ポーランド分割直後から翌年春まで、戦争は西ヨーロッパで膠着状態になったが、1940年5月10日からドイツ軍は西ヨーロッパへ侵攻を開始した。同年6月からイタリアが参戦し、6月14日ドイツ軍はパリを占領、フランスを降伏させた。さらに同年8月からドイツ空軍機がイギリス本土空爆(バトル・オブ・ブリテン)を開始したが、空中戦で大損害を被り、9月半ばにドイツ軍のイギリス本土上陸作戦は中止された。その後1941年6月22日、不可侵条約を破棄してドイツ軍はソ連へ侵攻し、独ソ戦が始まった。フィンランドもソ連に割譲された領土奪回のため宣戦布告した(継続戦争)。一方、連合国はソ連側につき、ヨーロッパはソ連を加えた連合国と枢軸国に二分する大戦争となり、死者が増大し凄惨な様相となった。ドイツ軍はウクライナを経て同年12月、モスクワに接近するが、ソ連軍の反撃で後退する。1942年中盤までにドイツ軍はヨーロッパの大半および北アフリカの一部を占領し、大西洋ではドイツ海軍の潜水艦・Uボートが連合軍の輸送船団を攻撃し優勢を保っていた。"
"1939年9月1日、ドイツ軍およびスロバキア軍が、続いて9月17日にはソビエト連邦軍が相次いでポーランド領内に侵攻した。 一方、イギリスとフランスは9月3日、ドイツに宣戦布告した。<hl>ポーランドは独ソ両国(ドイツとソ連)により分割・占領された。<hl>さらにフィンランドおよびバルト三国に領土的野心を示したソ連は、11月30日からフィンランドへ侵攻した(冬戦争)。 そのため、ソ連は国際連盟から非難・除名されたが、1940年3月にはフィンランドから領土を割譲させた。 さらにバルト三国には1940年6月、40万以上の大軍で侵攻し、8月にはバルト三国を併合した。 ポーランド分割直後から翌年春まで、戦争は西ヨーロッパで膠着状態になったが、1940年5月10日からドイツ軍は西ヨーロッパへ侵攻を開始した。 同年6月からイタリアが参戦し、6月14日ドイツ軍はパリを占領、フランスを降伏させた。 さらに同年8月からドイツ空軍機がイギリス本土空爆(バトル・オブ・ブリテン)を開始したが、空中戦で大損害を被り、9月半ばにドイツ軍のイギリス本土上陸作戦は中止された。 その後1941年6月22日、不可侵条約を破棄してドイツ軍はソ連へ侵攻し、独ソ戦が始まった。 フィンランドもソ連に割譲された領土奪回のため宣戦布告した(継続戦争)。 一方、連合国はソ連側につき、ヨーロッパはソ連を加えた連合国と枢軸国に二分する大戦争となり、死者が増大し凄惨な様相となった。 ドイツ軍はウクライナを経て同年12月、モスクワに接近するが、ソ連軍の反撃で後退する。 1942年中盤までにドイツ軍はヨーロッパの大半および北アフリカの一部を占領し、大西洋ではドイツ海軍の潜水艦・Uボートが連合軍の輸送船団を攻撃し優勢を保っていた。"
"ジョージ・グレアム"
"バートンは誰に雑誌を譲渡したの?"
"その後バートンと編集方針などで対立したため、翌年6月にポーは『ジェントルマンズ・マガジン』を辞めるが、バートンが雑誌を弁護士ジョージ・グレアムに譲渡し新たに『グレアムズ・マガジン』が創刊されるとポーは新雑誌の編集者として迎えられた。"
"ポーは『アメリカン・ミュージアム』誌に「ライジーア」などいくつかの作品を発表したのち、1839年、喜劇俳優ウィリアム・バートンが創刊した雑誌『ジェントルマンズ・マガジン』に依頼され、週給10ドルでこの雑誌の編集者となった。ポーは『メッセンジャー』時代の編集の経験を生かしつつ、「ウィリアム・ウィルスン」「アッシャー家の崩壊」などの短編や詩を同誌に掲載していき、その傍らリー・アンド・ブランチャード社より初の小説作品集『グロテスクとアラベスクの物語』を同年9月に刊行した。25編からなるこの作品集は非常に多数の雑誌が書評を行なったが、評価は賛否両論であった。その後バートンと編集方針などで対立したため、翌年6月にポーは『ジェントルマンズ・マガジン』を辞めるが、バートンが雑誌を弁護士ジョージ・グレアムに譲渡し新たに『グレアムズ・マガジン』が創刊されるとポーは新雑誌の編集者として迎えられた。こうして11月に創刊した『グレアムズ・マガジン』では「群集の人」「モルグ街の殺人」「メエルシュトレエムに呑まれて」などの短編のほか多数の評論を発表し、1年半後には『グレアムズ・マガジン』は発行部数3万7000部を誇る、アメリカ合衆国最大の雑誌へと成長した。なおポーは『グレアムズ・マガジン』時代の1842年3月には、渡米してきたチャールズ・ディケンズと面会を果たしている。"
"その後バートンと編集方針などで対立したため、翌年6月にポーは『ジェントルマンズ・マガジン』を辞めるが、バートンが雑誌を弁護士<hl>ジョージ・グレアム<hl>に譲渡し新たに『グレアムズ・マガジン』が創刊されるとポーは新雑誌の編集者として迎えられた。"
"ポーは『アメリカン・ミュージアム』誌に「ライジーア」などいくつかの作品を発表したのち、1839年、喜劇俳優ウィリアム・バートンが創刊した雑誌『ジェントルマンズ・マガジン』に依頼され、週給10ドルでこの雑誌の編集者となった。ポーは『メッセンジャー』時代の編集の経験を生かしつつ、「ウィリアム・ウィルスン」「アッシャー家の崩壊」などの短編や詩を同誌に掲載していき、その傍らリー・アンド・ブランチャード社より初の小説作品集『グロテスクとアラベスクの物語』を同年9月に刊行した。25編からなるこの作品集は非常に多数の雑誌が書評を行なったが、評価は賛否両論であった。 その後バートンと編集方針などで対立したため、翌年6月にポーは『ジェントルマンズ・マガジン』を辞めるが、バートンが雑誌を弁護士<hl>ジョージ・グレアム<hl>に譲渡し新たに『グレアムズ・マガジン』が創刊されるとポーは新雑誌の編集者として迎えられた。こうして11月に創刊した『グレアムズ・マガジン』では「群集の人」「モルグ街の殺人」「メエルシュトレエムに呑まれて」などの短編のほか多数の評論を発表し、1年半後には『グレアムズ・マガジン』は発行部数3万7000部を誇る、アメリカ合衆国最大の雑誌へと成長した。なおポーは『グレアムズ・マガジン』時代の1842年3月には、渡米してきたチャールズ・ディケンズと面会を果たしている。"
"ポーは『アメリカン・ミュージアム』誌に「ライジーア」などいくつかの作品を発表したのち、1839年、喜劇俳優ウィリアム・バートンが創刊した雑誌『ジェントルマンズ・マガジン』に依頼され、週給10ドルでこの雑誌の編集者となった。 ポーは『メッセンジャー』時代の編集の経験を生かしつつ、「ウィリアム・ウィルスン」「アッシャー家の崩壊」などの短編や詩を同誌に掲載していき、その傍らリー・アンド・ブランチャード社より初の小説作品集『グロテスクとアラベスクの物語』を同年9月に刊行した。 25編からなるこの作品集は非常に多数の雑誌が書評を行なったが、評価は賛否両論であった。<hl>その後バートンと編集方針などで対立したため、翌年6月にポーは『ジェントルマンズ・マガジン』を辞めるが、バートンが雑誌を弁護士ジョージ・グレアムに譲渡し新たに『グレアムズ・マガジン』が創刊されるとポーは新雑誌の編集者として迎えられた。<hl>こうして11月に創刊した『グレアムズ・マガジン』では「群集の人」「モルグ街の殺人」「メエルシュトレエムに呑まれて」などの短編のほか多数の評論を発表し、1年半後には『グレアムズ・マガジン』は発行部数3万7000部を誇る、アメリカ合衆国最大の雑誌へと成長した。 なおポーは『グレアムズ・マガジン』時代の1842年3月には、渡米してきたチャールズ・ディケンズと面会を果たしている。"
"合理化"
"この頃、農業不況の慢性化のほかにアメリカ合衆国で生まれていた問題は、何による雇用抑制だったか?"
"しかしこのころには生産過剰に陥り、それに先立つ農業不況の慢性化や合理化による雇用抑制と複合した問題が生まれていた。"
"敗戦国のドイツではルール占領時には混乱したものの、1924年のレンテンマルクの導入やドーズ案に代表される新たな賠償支払い計画とともに、ドイツ経済は平静を取り戻し、相対的安定期に入った。1925年にはロカルノ条約が結ばれ、ドイツは周辺諸国との関係を修復し、国際連盟への加盟も認められた。これによって建設された体制を「ロカルノ体制」という。さらに1928年にはパリで不戦条約が結ばれ、63か国が戦争放棄と紛争の平和的解決を誓約した。こうして平和維持の試みは達成されるかに思われた。しかし、1929年10月24日の暗黒の木曜日を端緒とする世界恐慌は状況を一変させた。アメリカ合衆国は、1920年代にイギリスに代わる世界最大の工業国としての地位を確立し、第一次世界大戦後の好景気を謳歌していた。しかしこのころには生産過剰に陥り、それに先立つ農業不況の慢性化や合理化による雇用抑制と複合した問題が生まれていた。英仏両国(イギリスとフランス)はブロック経済体制を築き、アメリカはニューディール政策を打ち出してこれを乗り越えようとした。しかしニューディール政策が効果を発揮し始めるのは1930年代中ごろになってからであり、アメリカの資金が世界中から引き上げられ、失業者が増大した。"
"しかしこのころには生産過剰に陥り、それに先立つ農業不況の慢性化や<hl>合理化<hl>による雇用抑制と複合した問題が生まれていた。"
"敗戦国のドイツではルール占領時には混乱したものの、1924年のレンテンマルクの導入やドーズ案に代表される新たな賠償支払い計画とともに、ドイツ経済は平静を取り戻し、相対的安定期に入った。1925年にはロカルノ条約が結ばれ、ドイツは周辺諸国との関係を修復し、国際連盟への加盟も認められた。これによって建設された体制を「ロカルノ体制」という。さらに1928年にはパリで不戦条約が結ばれ、63か国が戦争放棄と紛争の平和的解決を誓約した。こうして平和維持の試みは達成されるかに思われた。しかし、1929年10月24日の暗黒の木曜日を端緒とする世界恐慌は状況を一変させた。アメリカ合衆国は、1920年代にイギリスに代わる世界最大の工業国としての地位を確立し、第一次世界大戦後の好景気を謳歌していた。しかしこのころには生産過剰に陥り、それに先立つ農業不況の慢性化や<hl>合理化<hl>による雇用抑制と複合した問題が生まれていた。英仏両国(イギリスとフランス)はブロック経済体制を築き、アメリカはニューディール政策を打ち出してこれを乗り越えようとした。しかしニューディール政策が効果を発揮し始めるのは1930年代中ごろになってからであり、アメリカの資金が世界中から引き上げられ、失業者が増大した。"
"敗戦国のドイツではルール占領時には混乱したものの、1924年のレンテンマルクの導入やドーズ案に代表される新たな賠償支払い計画とともに、ドイツ経済は平静を取り戻し、相対的安定期に入った。 1925年にはロカルノ条約が結ばれ、ドイツは周辺諸国との関係を修復し、国際連盟への加盟も認められた。 これによって建設された体制を「ロカルノ体制」という。 さらに1928年にはパリで不戦条約が結ばれ、63か国が戦争放棄と紛争の平和的解決を誓約した。 こうして平和維持の試みは達成されるかに思われた。 しかし、1929年10月24日の暗黒の木曜日を端緒とする世界恐慌は状況を一変させた。 アメリカ合衆国は、1920年代にイギリスに代わる世界最大の工業国としての地位を確立し、第一次世界大戦後の好景気を謳歌していた。<hl>しかしこのころには生産過剰に陥り、それに先立つ農業不況の慢性化や合理化による雇用抑制と複合した問題が生まれていた。<hl>英仏両国(イギリスとフランス)はブロック経済体制を築き、アメリカはニューディール政策を打ち出してこれを乗り越えようとした。 しかしニューディール政策が効果を発揮し始めるのは1930年代中ごろになってからであり、アメリカの資金が世界中から引き上げられ、失業者が増大した。"
"ロサンゼルス"
"IOCは2028年大会の開催地をどの国に割り振ることを決定しましたか?"
"2017年入札の2024年大会では立候補都市がパリとロサンゼルスのみに留まり、IOCはオリンピック憲章の規約(開催の7年前に開催都市を選定する)に反し、2017年に2024年大会の開催地をパリに、2028年大会の開催地をロサンゼルスに割り振る決定を下した。"
"21世紀に入ってから、オリンピックの開催地は2008年が北京(中華人民共和国)、2016年が南米初のリオデジャネイロ(ブラジル)といったBRICs各国に広まる。一方で、開催国の負担する費用の高騰化が敬遠され、立候補都市数は1997年入札の2004年大会時の12都市をピークに漸減しており、2010年代からは2~3都市で推移している。2017年入札の2024年大会では立候補都市がパリとロサンゼルスのみに留まり、IOCはオリンピック憲章の規約(開催の7年前に開催都市を選定する)に反し、2017年に2024年大会の開催地をパリに、2028年大会の開催地をロサンゼルスに割り振る決定を下した。オリンピックが再び1980年代以前の冬の時代に戻ることを回避するための改革として、トーマス・バッハ第9代会長を中心に40項目の改革案「オリンピック・アジェンダ2020」が発案され、2014年12月のIOC臨時総会で採択された。その一つに参加選手数を夏季大会では約1万500人に抑えるポリシーがある(競技数28の現行上限を撤廃して種目数は約310に)。1984年のロサンゼルスが6829人(221種目)だったが、2008年の北京では10942人(302種目)まで増大していた。他にも、開催候補地の負担を減らすことや、八百長防止と反ドーピング活動のための資金提供を行うことなどが、盛り込まれた。"
"2017年入札の2024年大会では立候補都市がパリと<hl>ロサンゼルス<hl>のみに留まり、IOCはオリンピック憲章の規約(開催の7年前に開催都市を選定する)に反し、2017年に2024年大会の開催地をパリに、2028年大会の開催地をロサンゼルスに割り振る決定を下した。"
"21世紀に入ってから、オリンピックの開催地は2008年が北京(中華人民共和国)、2016年が南米初のリオデジャネイロ(ブラジル)といったBRICs各国に広まる。 一方で、開催国の負担する費用の高騰化が敬遠され、立候補都市数は1997年入札の2004年大会時の12都市をピークに漸減しており、2010年代からは2~3都市で推移している。 2017年入札の2024年大会では立候補都市がパリと<hl>ロサンゼルス<hl>のみに留まり、IOCはオリンピック憲章の規約(開催の7年前に開催都市を選定する)に反し、2017年に2024年大会の開催地をパリに、2028年大会の開催地をロサンゼルスに割り振る決定を下した。 オリンピックが再び1980年代以前の冬の時代に戻ることを回避するための改革として、トーマス・バッハ第9代会長を中心に40項目の改革案「オリンピック・アジェンダ2020」が発案され、2014年12月のIOC臨時総会で採択された。 その一つに参加選手数を夏季大会では約1万500人に抑えるポリシーがある(競技数28の現行上限を撤廃して種目数は約310に)。 1984年のロサンゼルスが6829人(221種目)だったが、2008年の北京では10942人(302種目)まで増大していた。 他にも、開催候補地の負担を減らすことや、八百長防止と反ドーピング活動のための資金提供を行うことなどが、盛り込まれた。"
"21世紀に入ってから、オリンピックの開催地は2008年が北京(中華人民共和国)、2016年が南米初のリオデジャネイロ(ブラジル)といったBRICs各国に広まる。 一方で、開催国の負担する費用の高騰化が敬遠され、立候補都市数は1997年入札の2004年大会時の12都市をピークに漸減しており、2010年代からは2~3都市で推移している。<hl>2017年入札の2024年大会では立候補都市がパリとロサンゼルスのみに留まり、IOCはオリンピック憲章の規約(開催の7年前に開催都市を選定する)に反し、2017年に2024年大会の開催地をパリに、2028年大会の開催地をロサンゼルスに割り振る決定を下した。<hl>オリンピックが再び1980年代以前の冬の時代に戻ることを回避するための改革として、トーマス・バッハ第9代会長を中心に40項目の改革案「オリンピック・アジェンダ2020」が発案され、2014年12月のIOC臨時総会で採択された。 その一つに参加選手数を夏季大会では約1万500人に抑えるポリシーがある(競技数28の現行上限を撤廃して種目数は約310に)。 1984年のロサンゼルスが6829人(221種目)だったが、2008年の北京では10942人(302種目)まで増大していた。 他にも、開催候補地の負担を減らすことや、八百長防止と反ドーピング活動のための資金提供を行うことなどが、盛り込まれた。"
"イギリス"
"1943年に入っても日本軍が優勢を保っていたが、体勢を立て直し、ソロモン諸島の戦いなどで日本軍と一進一退を続けるようになった国は、アメリカとどの国か?"
"1942年に日本軍はイギリスやオランダ、アメリカの植民地のマレー半島や香港、フィリピン、ビルマ、インドネシアを占領した。"
"1942年に日本軍はイギリスやオランダ、アメリカの植民地のマレー半島や香港、フィリピン、ビルマ、インドネシアを占領した。さらに日本軍による本土への攻撃を受けたアメリカやオーストラリアは、自国本土への日本軍上陸対策を検討するほどになった。しかし同時期にドイツはロストフの戦いとモスクワの戦いで敗北し、これにより対ソ戦での勢いが止まってしまう。日本軍はインド洋からイギリス海軍を駆逐するとともにアフリカ大陸沿岸のマダガスカルまで進出し、シドニー湾まで攻撃の範囲を拡大した。6月に日本海軍はミッドウェー海戦で敗北するものの、同月に日本軍はアリューシャン列島のダッチハーバーを空襲し、その後アッツ島とキスカ島を占領したほか、アメリカ本土への空襲を行うなど各地で勝ち進んだ。1943年に入っても日本軍はオーストラリア本土への激しい空襲を続け、イギリス軍やアメリカ軍に対する勢いも優勢を保ったが、このころになるとようやくアメリカやイギリスも体勢を立て直し、ソロモン諸島の戦いなどでは日本軍と一進一退を続けるようになる。また日本海軍とドイツ海軍、イタリア海軍のインド洋における共同作戦が活発になるが、9月にはイタリアが降伏し潜水艦などはドイツ軍に鹵獲される。また日本軍はガダルカナル戦で敗北するなど、戦線が拡大し補給線が国力を超えて伸び切ったため、同年中盤には勢いを失い以降劣勢となる。ヨーロッパ前線においても同年には枢軸国が完全に劣勢となり、2月にはドイツがスターリングラード攻防戦、5月に北アフリカ戦線で敗北し、北アフリカを放棄した。さらに9月にはイタリアが降伏し、その後同国北部をドイツ軍が占領するものの、かつての枢軸国の勢いを取り戻すことはなかった。"
"1942年に日本軍は<hl>イギリス<hl>やオランダ、アメリカの植民地のマレー半島や香港、フィリピン、ビルマ、インドネシアを占領した。"
"1942年に日本軍は<hl>イギリス<hl>やオランダ、アメリカの植民地のマレー半島や香港、フィリピン、ビルマ、インドネシアを占領した。さらに日本軍による本土への攻撃を受けたアメリカやオーストラリアは、自国本土への日本軍上陸対策を検討するほどになった。しかし同時期にドイツはロストフの戦いとモスクワの戦いで敗北し、これにより対ソ戦での勢いが止まってしまう。日本軍はインド洋からイギリス海軍を駆逐するとともにアフリカ大陸沿岸のマダガスカルまで進出し、シドニー湾まで攻撃の範囲を拡大した。6月に日本海軍はミッドウェー海戦で敗北するものの、同月に日本軍はアリューシャン列島のダッチハーバーを空襲し、その後アッツ島とキスカ島を占領したほか、アメリカ本土への空襲を行うなど各地で勝ち進んだ。1943年に入っても日本軍はオーストラリア本土への激しい空襲を続け、イギリス軍やアメリカ軍に対する勢いも優勢を保ったが、このころになるとようやくアメリカやイギリスも体勢を立て直し、ソロモン諸島の戦いなどでは日本軍と一進一退を続けるようになる。また日本海軍とドイツ海軍、イタリア海軍のインド洋における共同作戦が活発になるが、9月にはイタリアが降伏し潜水艦などはドイツ軍に鹵獲される。また日本軍はガダルカナル戦で敗北するなど、戦線が拡大し補給線が国力を超えて伸び切ったため、同年中盤には勢いを失い以降劣勢となる。ヨーロッパ前線においても同年には枢軸国が完全に劣勢となり、2月にはドイツがスターリングラード攻防戦、5月に北アフリカ戦線で敗北し、北アフリカを放棄した。さらに9月にはイタリアが降伏し、その後同国北部をドイツ軍が占領するものの、かつての枢軸国の勢いを取り戻すことはなかった。"
"<hl>1942年に日本軍はイギリスやオランダ、アメリカの植民地のマレー半島や香港、フィリピン、ビルマ、インドネシアを占領した。<hl>さらに日本軍による本土への攻撃を受けたアメリカやオーストラリアは、自国本土への日本軍上陸対策を検討するほどになった。 しかし同時期にドイツはロストフの戦いとモスクワの戦いで敗北し、これにより対ソ戦での勢いが止まってしまう。 日本軍はインド洋からイギリス海軍を駆逐するとともにアフリカ大陸沿岸のマダガスカルまで進出し、シドニー湾まで攻撃の範囲を拡大した。 6月に日本海軍はミッドウェー海戦で敗北するものの、同月に日本軍はアリューシャン列島のダッチハーバーを空襲し、その後アッツ島とキスカ島を占領したほか、アメリカ本土への空襲を行うなど各地で勝ち進んだ。 1943年に入っても日本軍はオーストラリア本土への激しい空襲を続け、イギリス軍やアメリカ軍に対する勢いも優勢を保ったが、このころになるとようやくアメリカやイギリスも体勢を立て直し、ソロモン諸島の戦いなどでは日本軍と一進一退を続けるようになる。 また日本海軍とドイツ海軍、イタリア海軍のインド洋における共同作戦が活発になるが、9月にはイタリアが降伏し潜水艦などはドイツ軍に鹵獲される。 また日本軍はガダルカナル戦で敗北するなど、戦線が拡大し補給線が国力を超えて伸び切ったため、同年中盤には勢いを失い以降劣勢となる。 ヨーロッパ前線においても同年には枢軸国が完全に劣勢となり、2月にはドイツがスターリングラード攻防戦、5月に北アフリカ戦線で敗北し、北アフリカを放棄した。 さらに9月にはイタリアが降伏し、その後同国北部をドイツ軍が占領するものの、かつての枢軸国の勢いを取り戻すことはなかった。"
"ステゴサウルス"
"アロサウルスが捕食していた鳥盤類の恐竜とは何ですか?"
"アロサウルスはかつてモリソン層が形成された時代の食物連鎖の頂点であり、同時代に存在していた草食恐竜(ステゴサウルス等の鳥盤類、アパトサウルス等の竜脚類)を捕食していたと考えられている。"
"この「Allosaurus」の読み方であるが、多くは子音を一つ省いてアロサウルスと読まれる。また子音を発音してアルロサウルス、llにアクセントを置きアッロサウルスとされる場合もある。アロサウルスはかつてモリソン層が形成された時代の食物連鎖の頂点であり、同時代に存在していた草食恐竜(ステゴサウルス等の鳥盤類、アパトサウルス等の竜脚類)を捕食していたと考えられている。しかし、狩猟方法に関しては解明されていない点が多く、研究が続けられている。竜脚類の大型草食恐竜を集団で狩猟していたかのような想像図が描かれることがあるが、一方で共食いしていた跡が見つかっており、アロサウルスが社会性を持っていたかどうかは議論の焦点となっている。狩猟における襲撃方法の通説は、茂みで待ち伏せし、その大きな上顎を振りかぶって奇襲を行っていたというものである。"
"アロサウルスはかつてモリソン層が形成された時代の食物連鎖の頂点であり、同時代に存在していた草食恐竜(<hl>ステゴサウルス<hl>等の鳥盤類、アパトサウルス等の竜脚類)を捕食していたと考えられている。"
"この「Allosaurus」の読み方であるが、多くは子音を一つ省いてアロサウルスと読まれる。 また子音を発音してアルロサウルス、llにアクセントを置きアッロサウルスとされる場合もある。 アロサウルスはかつてモリソン層が形成された時代の食物連鎖の頂点であり、同時代に存在していた草食恐竜(<hl>ステゴサウルス<hl>等の鳥盤類、アパトサウルス等の竜脚類)を捕食していたと考えられている。 しかし、狩猟方法に関しては解明されていない点が多く、研究が続けられている。 竜脚類の大型草食恐竜を集団で狩猟していたかのような想像図が描かれることがあるが、一方で共食いしていた跡が見つかっており、アロサウルスが社会性を持っていたかどうかは議論の焦点となっている。 狩猟における襲撃方法の通説は、茂みで待ち伏せし、その大きな上顎を振りかぶって奇襲を行っていたというものである。"
"この「Allosaurus」の読み方であるが、多くは子音を一つ省いてアロサウルスと読まれる。 また子音を発音してアルロサウルス、llにアクセントを置きアッロサウルスとされる場合もある。<hl>アロサウルスはかつてモリソン層が形成された時代の食物連鎖の頂点であり、同時代に存在していた草食恐竜(ステゴサウルス等の鳥盤類、アパトサウルス等の竜脚類)を捕食していたと考えられている。<hl>しかし、狩猟方法に関しては解明されていない点が多く、研究が続けられている。 竜脚類の大型草食恐竜を集団で狩猟していたかのような想像図が描かれることがあるが、一方で共食いしていた跡が見つかっており、アロサウルスが社会性を持っていたかどうかは議論の焦点となっている。 狩猟における襲撃方法の通説は、茂みで待ち伏せし、その大きな上顎を振りかぶって奇襲を行っていたというものである。"
"ロシア軍占領地域"
"グルジアは、ロシア軍が駐屯していたアブハジアと南オセチア領内を何と表現したの?"
"グルジアは2008年8月28日、これを「ロシア軍占領地域」と呼んでいる。"
"ロシアは、この戦争前にグルジア軍が支配していた地域を含めたアブハジアと南オセチア領内に、同政府の合意の下、軍を残した。グルジアは2008年8月28日、これを「ロシア軍占領地域」と呼んでいる。この戦争後もグルジアとロシアの間では、軍事的緊張が続いている。2009年2月23日には、ロシア政府の批判者ならびに軍事アナリストであるパーウェル・フェルゲンハウアーが、南オセチアに作られたロシア軍の基地からミヘイル・サアカシュヴィリ政権を倒すためにロシアがグルジアに侵攻する予定であると主張した。"
"グルジアは2008年8月28日、これを「<hl>ロシア軍占領地域<hl>」と呼んでいる。"
"ロシアは、この戦争前にグルジア軍が支配していた地域を含めたアブハジアと南オセチア領内に、同政府の合意の下、軍を残した。グルジアは2008年8月28日、これを「<hl>ロシア軍占領地域<hl>」と呼んでいる。この戦争後もグルジアとロシアの間では、軍事的緊張が続いている。2009年2月23日には、ロシア政府の批判者ならびに軍事アナリストであるパーウェル・フェルゲンハウアーが、南オセチアに作られたロシア軍の基地からミヘイル・サアカシュヴィリ政権を倒すためにロシアがグルジアに侵攻する予定であると主張した。"
"ロシアは、この戦争前にグルジア軍が支配していた地域を含めたアブハジアと南オセチア領内に、同政府の合意の下、軍を残した。<hl>グルジアは2008年8月28日、これを「ロシア軍占領地域」と呼んでいる。<hl>この戦争後もグルジアとロシアの間では、軍事的緊張が続いている。 2009年2月23日には、ロシア政府の批判者ならびに軍事アナリストであるパーウェル・フェルゲンハウアーが、南オセチアに作られたロシア軍の基地からミヘイル・サアカシュヴィリ政権を倒すためにロシアがグルジアに侵攻する予定であると主張した。"
"第一次世界大戦"
"塹壕戦とケーブル切断を主体に展開されたのは第何次世界大戦なのか?"
"第一次世界大戦と比較すると、ともに総力戦であったが相違もあった。"
"戦争は完全な総力戦となり、主要参戦国では戦争遂行のため人的・物的資源の全面的動員、投入が行われた。世界の61か国が参戦し、総計で約1億1,000万人が軍隊に動員され、主要参戦国の戦費は総額1兆ドルを超える膨大な額に達した。第一次世界大戦と比較すると、ともに総力戦であったが相違もあった。第一次世界大戦は塹壕戦とケーブル切断を主体に展開されたが、第二次世界大戦では無線通信を用いた機動戦の結果、戦線が拡大した。また、無線は電信と違い敵に傍受されたため、暗号による作戦伝達や、その解読による戦果がもたらされた。使用された兵器も、航空機や戦車などの著しい発達に加え、レーダーやジェット機、長距離ロケットなどの新兵器、さらに原子爆弾つまり核兵器という大量殺戮兵器まで登場した。"
"<hl>第一次世界大戦<hl>と比較すると、ともに総力戦であったが相違もあった。"
"戦争は完全な総力戦となり、主要参戦国では戦争遂行のため人的・物的資源の全面的動員、投入が行われた。世界の61か国が参戦し、総計で約1億1,000万人が軍隊に動員され、主要参戦国の戦費は総額1兆ドルを超える膨大な額に達した。<hl>第一次世界大戦<hl>と比較すると、ともに総力戦であったが相違もあった。第一次世界大戦は塹壕戦とケーブル切断を主体に展開されたが、第二次世界大戦では無線通信を用いた機動戦の結果、戦線が拡大した。また、無線は電信と違い敵に傍受されたため、暗号による作戦伝達や、その解読による戦果がもたらされた。使用された兵器も、航空機や戦車などの著しい発達に加え、レーダーやジェット機、長距離ロケットなどの新兵器、さらに原子爆弾つまり核兵器という大量殺戮兵器まで登場した。"
"戦争は完全な総力戦となり、主要参戦国では戦争遂行のため人的・物的資源の全面的動員、投入が行われた。 世界の61か国が参戦し、総計で約1億1,000万人が軍隊に動員され、主要参戦国の戦費は総額1兆ドルを超える膨大な額に達した。<hl>第一次世界大戦と比較すると、ともに総力戦であったが相違もあった。<hl>第一次世界大戦は塹壕戦とケーブル切断を主体に展開されたが、第二次世界大戦では無線通信を用いた機動戦の結果、戦線が拡大した。 また、無線は電信と違い敵に傍受されたため、暗号による作戦伝達や、その解読による戦果がもたらされた。 使用された兵器も、航空機や戦車などの著しい発達に加え、レーダーやジェット機、長距離ロケットなどの新兵器、さらに原子爆弾つまり核兵器という大量殺戮兵器まで登場した。"
"エナメル小柱鞘"
"エナメル小柱間質とエナメル小柱の結晶が合う境界をどう呼びますか?"
"エナメル小柱間質とエナメル小柱の結晶が合う境界は、エナメル小柱鞘と呼ばれる。"
"エナメル質の基本構造はエナメル小柱と呼ばれている。エナメル小柱は組織化されたパターンの中に多くの水酸燐灰石の結晶が入っている。断面は、頭を外側に、下を内側においた鍵穴のように見える。エナメル小柱の中の水酸燐灰石の結晶の配置は非常に複雑となっている。エナメル質を作るエナメル芽細胞とトームス突起(英語:Tomes'process)の両方が結晶のパターンに影響を与える。エナメル小柱頭部の結晶は小柱の長軸に完全に平行となっているが、尾部では方向が長軸とややずれる。エナメル小柱の配置は内部構造よりも理解しやすい。エナメル小柱は歯に沿って列を作り、象牙質に垂直に配置されている。永久歯では、エナメル-セメント境付近のエナメル小柱はわずかに歯根の方に傾く。象牙質の支持を受けないエナメル質は破折しやすいので、歯の保存修復においてエナメル質の走行を理解することは重要である。エナメル小柱の周りはエナメル小柱間質として知られている。エナメル小柱間質はエナメル小柱と同じ構成を持っているが、結晶の方向が異なるので、組織学的に区別される。エナメル小柱間質とエナメル小柱の結晶が合う境界は、エナメル小柱鞘と呼ばれる。顕微鏡でエナメル質の断面を見たときに見える縞をレチウス条と呼ぶ。トームス突起の直径の変化によって起こるこれらの縞は、木の年輪のようにエナメル質の成長を示す。レチウス条が表層に出た所に、周波条(英語:Perikymata)と呼ばれる浅い溝が見える。新産線は他の縞より暗く出生前後の境界を示す。また、反射光を用いて顕微鏡でエナメル質を見た際に現れる明帯と暗帯が交互に並ぶ領域を、ハンター・シュレーゲル条(英語:Hunter-Schregerband)と呼ぶ。これは小柱の走行の変化により起こる光学的現象であり、光の方向が変わると明帯と暗帯は逆転する。"
"エナメル小柱間質とエナメル小柱の結晶が合う境界は、<hl>エナメル小柱鞘<hl>と呼ばれる。"
"エナメル質の基本構造はエナメル小柱と呼ばれている。エナメル小柱は組織化されたパターンの中に多くの水酸燐灰石の結晶が入っている。断面は、頭を外側に、下を内側においた鍵穴のように見える。 エナメル小柱の中の水酸燐灰石の結晶の配置は非常に複雑となっている。エナメル質を作るエナメル芽細胞とトームス突起(英語:Tomes'process)の両方が結晶のパターンに影響を与える。エナメル小柱頭部の結晶は小柱の長軸に完全に平行となっているが、尾部では方向が長軸とややずれる。 エナメル小柱の配置は内部構造よりも理解しやすい。エナメル小柱は歯に沿って列を作り、象牙質に垂直に配置されている。永久歯では、エナメル-セメント境付近のエナメル小柱はわずかに歯根の方に傾く。象牙質の支持を受けないエナメル質は破折しやすいので、歯の保存修復においてエナメル質の走行を理解することは重要である。 エナメル小柱の周りはエナメル小柱間質として知られている。エナメル小柱間質はエナメル小柱と同じ構成を持っているが、結晶の方向が異なるので、組織学的に区別される。エナメル小柱間質とエナメル小柱の結晶が合う境界は、<hl>エナメル小柱鞘<hl>と呼ばれる。 顕微鏡でエナメル質の断面を見たときに見える縞をレチウス条と呼ぶ。トームス突起の直径の変化によって起こるこれらの縞は、木の年輪のようにエナメル質の成長を示す。レチウス条が表層に出た所に、周波条(英語:Perikymata)と呼ばれる浅い溝が見える。新産線は他の縞より暗く出生前後の境界を示す。また、反射光を用いて顕微鏡でエナメル質を見た際に現れる明帯と暗帯が交互に並ぶ領域を、ハンター・シュレーゲル条(英語:Hunter-Schregerband)と呼ぶ。これは小柱の走行の変化により起こる光学的現象であり、光の方向が変わると明帯と暗帯は逆転する。"
"エナメル質の基本構造はエナメル小柱と呼ばれている。 エナメル小柱は組織化されたパターンの中に多くの水酸燐灰石の結晶が入っている。 断面は、頭を外側に、下を内側においた鍵穴のように見える。 エナメル小柱の中の水酸燐灰石の結晶の配置は非常に複雑となっている。 エナメル質を作るエナメル芽細胞とトームス突起(英語:Tomes'process)の両方が結晶のパターンに影響を与える。 エナメル小柱頭部の結晶は小柱の長軸に完全に平行となっているが、尾部では方向が長軸とややずれる。 エナメル小柱の配置は内部構造よりも理解しやすい。 エナメル小柱は歯に沿って列を作り、象牙質に垂直に配置されている。 永久歯では、エナメル-セメント境付近のエナメル小柱はわずかに歯根の方に傾く。 象牙質の支持を受けないエナメル質は破折しやすいので、歯の保存修復においてエナメル質の走行を理解することは重要である。 エナメル小柱の周りはエナメル小柱間質として知られている。 エナメル小柱間質はエナメル小柱と同じ構成を持っているが、結晶の方向が異なるので、組織学的に区別される。<hl>エナメル小柱間質とエナメル小柱の結晶が合う境界は、エナメル小柱鞘と呼ばれる。<hl>顕微鏡でエナメル質の断面を見たときに見える縞をレチウス条と呼ぶ。 トームス突起の直径の変化によって起こるこれらの縞は、木の年輪のようにエナメル質の成長を示す。 レチウス条が表層に出た所に、周波条(英語:Perikymata)と呼ばれる浅い溝が見える。 新産線は他の縞より暗く出生前後の境界を示す。 また、反射光を用いて顕微鏡でエナメル質を見た際に現れる明帯と暗帯が交互に並ぶ領域を、ハンター・シュレーゲル条(英語:Hunter-Schregerband)と呼ぶ。 これは小柱の走行の変化により起こる光学的現象であり、光の方向が変わると明帯と暗帯は逆転する。"
"旧・町立上郷図書館"
"飯田市立上郷図書館の改称前の名前は何?"
"1993年(平成5年)7月1日、上郷町との合併に合わせて、市立飯田図書館を飯田市立中央図書館に改称、鼎分館を飯田市立鼎図書館に昇格させ、旧・町立上郷図書館を飯田市立上郷図書館に改称した。"
"1993年(平成5年)7月1日、上郷町との合併に合わせて、市立飯田図書館を飯田市立中央図書館に改称、鼎分館を飯田市立鼎図書館に昇格させ、旧・町立上郷図書館を飯田市立上郷図書館に改称した。鼎分館以外の分館は変更なく、飯田市立中央図書館の分館とされた。1996年(平成8年)4月1日には分館の管理体制を改め、分館委員制度に替えて分館奉仕係制を導入した。1997年(平成9年)2月25日、NECのLiCS-Nを採用してコンピュータによる貸し出しを中央図書館・鼎図書館・上郷図書館で開始した。"
"1993年(平成5年)7月1日、上郷町との合併に合わせて、市立飯田図書館を飯田市立中央図書館に改称、鼎分館を飯田市立鼎図書館に昇格させ、<hl>旧・町立上郷図書館<hl>を飯田市立上郷図書館に改称した。"
"1993年(平成5年)7月1日、上郷町との合併に合わせて、市立飯田図書館を飯田市立中央図書館に改称、鼎分館を飯田市立鼎図書館に昇格させ、<hl>旧・町立上郷図書館<hl>を飯田市立上郷図書館に改称した。 鼎分館以外の分館は変更なく、飯田市立中央図書館の分館とされた。 1996年(平成8年)4月1日には分館の管理体制を改め、分館委員制度に替えて分館奉仕係制を導入した。 1997年(平成9年)2月25日、NECのLiCS-Nを採用してコンピュータによる貸し出しを中央図書館・鼎図書館・上郷図書館で開始した。"
"<hl>1993年(平成5年)7月1日、上郷町との合併に合わせて、市立飯田図書館を飯田市立中央図書館に改称、鼎分館を飯田市立鼎図書館に昇格させ、旧・町立上郷図書館を飯田市立上郷図書館に改称した。<hl>鼎分館以外の分館は変更なく、飯田市立中央図書館の分館とされた。 1996年(平成8年)4月1日には分館の管理体制を改め、分館委員制度に替えて分館奉仕係制を導入した。 1997年(平成9年)2月25日、NECのLiCS-Nを採用してコンピュータによる貸し出しを中央図書館・鼎図書館・上郷図書館で開始した。"
"0.7USドル"
"サブサハラの1日の貧困層平均所得はいくらですか?"
"貧困層平均所得は1日0.7USドルに過ぎず、2003年の数値は1973年よりも悪化している。"
"この統計は、サブサハラが1日1.25USドルという貧困の基準を脱することが世界中で非常に難しい地域であることを示す。1981年のデータではこの地域に住む50%(2億人に相当)の人々が貧困層に相当していたが、1996年には58%まで上昇し、2005年には率は50%となったが人口の絶対数は3.8億人に増加している。貧困層平均所得は1日0.7USドルに過ぎず、2003年の数値は1973年よりも悪化している。この原因を、外国企業と外国政府主導による経済自由化政策の失敗に求めることもあるが、このような外的要因よりも国内政治の失策が大きいという指摘もある。"
"貧困層平均所得は1日<hl>0.7USドル<hl>に過ぎず、2003年の数値は1973年よりも悪化している。"
"この統計は、サブサハラが1日1.25USドルという貧困の基準を脱することが世界中で非常に難しい地域であることを示す。 1981年のデータではこの地域に住む50%(2億人に相当)の人々が貧困層に相当していたが、1996年には58%まで上昇し、2005年には率は50%となったが人口の絶対数は3.8億人に増加している。 貧困層平均所得は1日<hl>0.7USドル<hl>に過ぎず、2003年の数値は1973年よりも悪化している。 この原因を、外国企業と外国政府主導による経済自由化政策の失敗に求めることもあるが、このような外的要因よりも国内政治の失策が大きいという指摘もある。"
"この統計は、サブサハラが1日1.25USドルという貧困の基準を脱することが世界中で非常に難しい地域であることを示す。 1981年のデータではこの地域に住む50%(2億人に相当)の人々が貧困層に相当していたが、1996年には58%まで上昇し、2005年には率は50%となったが人口の絶対数は3.8億人に増加している。<hl>貧困層平均所得は1日0.7USドルに過ぎず、2003年の数値は1973年よりも悪化している。<hl>この原因を、外国企業と外国政府主導による経済自由化政策の失敗に求めることもあるが、このような外的要因よりも国内政治の失策が大きいという指摘もある。"
"幕山"
"成層火山の形成時に何東部で噴火活動が起こった山とは何ですか?"
"また成層火山の形成時、山体の北西部では側火山として金時山が、南東部では幕山の噴火活動が起こった。"
"久野によればまず、約50万年前から25万年前にかけて、現在の箱根火山の場所には単一の大きな、富士山のような形をした成層火山が出来たとした。久野の没後、1971年になされた推定では、単一の成層火山時代、箱根火山の標高は約2700メートルに達したと考えられた。また成層火山の形成時、山体の北西部では側火山として金時山が、南東部では幕山の噴火活動が起こった。"
"また成層火山の形成時、山体の北西部では側火山として金時山が、南東部では<hl>幕山<hl>の噴火活動が起こった。"
"久野によればまず、約50万年前から25万年前にかけて、現在の箱根火山の場所には単一の大きな、富士山のような形をした成層火山が出来たとした。 久野の没後、1971年になされた推定では、単一の成層火山時代、箱根火山の標高は約2700メートルに達したと考えられた。 また成層火山の形成時、山体の北西部では側火山として金時山が、南東部では<hl>幕山<hl>の噴火活動が起こった。"
"久野によればまず、約50万年前から25万年前にかけて、現在の箱根火山の場所には単一の大きな、富士山のような形をした成層火山が出来たとした。 久野の没後、1971年になされた推定では、単一の成層火山時代、箱根火山の標高は約2700メートルに達したと考えられた。<hl>また成層火山の形成時、山体の北西部では側火山として金時山が、南東部では幕山の噴火活動が起こった。<hl>"
"オスマン"
"即位と同じ頃に東ローマ帝国の地方都市プロウサを占領した人は、誰の跡を継いだの?"
"1326年頃、オスマンの後を継いだ子のオルハンは、即位と同じ頃に東ローマ帝国の地方都市プロウサ(現在のブルサ)を占領し、さらにマルマラ海を隔ててヨーロッパ大陸を臨むまでに領土を拡大、アナトリア最西北部を支配下とした上で東ローマ帝国首都コンスタンティノープルを対岸に臨むスクタリをも手中に収めた。"
"1326年頃、オスマンの後を継いだ子のオルハンは、即位と同じ頃に東ローマ帝国の地方都市プロウサ(現在のブルサ)を占領し、さらにマルマラ海を隔ててヨーロッパ大陸を臨むまでに領土を拡大、アナトリア最西北部を支配下とした上で東ローマ帝国首都コンスタンティノープルを対岸に臨むスクタリをも手中に収めた。ブルサは15世紀初頭までオスマン国家の行政の中心地となり、最初の首都としての機能を果たすことになる。1346年、東ローマの共治皇帝ヨハネス6世カンタクゼノスは後継者争いが激化したため、娘テオドラをオルハンに嫁がせた上で同盟を結び、オスマンらをアナトリアより呼び寄せてダーダネルス海峡を渡らせてバルカン半島のトラキアに進出させた。これを切っ掛けにオスマンらはヨーロッパ側での領土拡大を開始(ビザンチン内戦(1352年-1357年)(英語版))、1354年3月2日にガリポリ一帯が地震に見舞われ、城壁が崩れたのに乗じて占領し(ガリポリ陥落(英語版))、橋頭堡とした。後にガリポリスはオスマン帝国海軍の本拠地となった。オルハンの時代、オスマン帝国はそれまでの辺境の武装集団から君侯国への組織化が行われた。"
"1326年頃、<hl>オスマン<hl>の後を継いだ子のオルハンは、即位と同じ頃に東ローマ帝国の地方都市プロウサ(現在のブルサ)を占領し、さらにマルマラ海を隔ててヨーロッパ大陸を臨むまでに領土を拡大、アナトリア最西北部を支配下とした上で東ローマ帝国首都コンスタンティノープルを対岸に臨むスクタリをも手中に収めた。"
"1326年頃、<hl>オスマン<hl>の後を継いだ子のオルハンは、即位と同じ頃に東ローマ帝国の地方都市プロウサ(現在のブルサ)を占領し、さらにマルマラ海を隔ててヨーロッパ大陸を臨むまでに領土を拡大、アナトリア最西北部を支配下とした上で東ローマ帝国首都コンスタンティノープルを対岸に臨むスクタリをも手中に収めた。ブルサは15世紀初頭までオスマン国家の行政の中心地となり、最初の首都としての機能を果たすことになる。1346年、東ローマの共治皇帝ヨハネス6世カンタクゼノスは後継者争いが激化したため、娘テオドラをオルハンに嫁がせた上で同盟を結び、オスマンらをアナトリアより呼び寄せてダーダネルス海峡を渡らせてバルカン半島のトラキアに進出させた。これを切っ掛けにオスマンらはヨーロッパ側での領土拡大を開始(ビザンチン内戦(1352年-1357年)(英語版))、1354年3月2日にガリポリ一帯が地震に見舞われ、城壁が崩れたのに乗じて占領し(ガリポリ陥落(英語版))、橋頭堡とした。後にガリポリスはオスマン帝国海軍の本拠地となった。オルハンの時代、オスマン帝国はそれまでの辺境の武装集団から君侯国への組織化が行われた。"
"<hl>1326年頃、オスマンの後を継いだ子のオルハンは、即位と同じ頃に東ローマ帝国の地方都市プロウサ(現在のブルサ)を占領し、さらにマルマラ海を隔ててヨーロッパ大陸を臨むまでに領土を拡大、アナトリア最西北部を支配下とした上で東ローマ帝国首都コンスタンティノープルを対岸に臨むスクタリをも手中に収めた。<hl>ブルサは15世紀初頭までオスマン国家の行政の中心地となり、最初の首都としての機能を果たすことになる。 1346年、東ローマの共治皇帝ヨハネス6世カンタクゼノスは後継者争いが激化したため、娘テオドラをオルハンに嫁がせた上で同盟を結び、オスマンらをアナトリアより呼び寄せてダーダネルス海峡を渡らせてバルカン半島のトラキアに進出させた。 これを切っ掛けにオスマンらはヨーロッパ側での領土拡大を開始(ビザンチン内戦(1352年-1357年)(英語版))、1354年3月2日にガリポリ一帯が地震に見舞われ、城壁が崩れたのに乗じて占領し(ガリポリ陥落(英語版))、橋頭堡とした。 後にガリポリスはオスマン帝国海軍の本拠地となった。 オルハンの時代、オスマン帝国はそれまでの辺境の武装集団から君侯国への組織化が行われた。"
"『茄子』"
"茄子を食材にした多彩な料理が登場した黒田の作品は何?"
"食事・料理シーンの多さは黒田の作品の特徴のひとつであり、『茄子』作中では茄子を食材にした様々な料理を登場させ、単行本ではそのレシピも紹介している。"
"食事・料理シーンの多さは黒田の作品の特徴のひとつであり、『茄子』作中では茄子を食材にした様々な料理を登場させ、単行本ではそのレシピも紹介している。『CUTiECOMIC』(宝島社)では2ページの料理漫画を連載(『肉じゃがやめろ!』全5回、『黒船』収録)。インタビューでは「僕は登場人物が何を食っているのか分からないようなマンガはだめだと思ってるんです」と語っている。"
"食事・料理シーンの多さは黒田の作品の特徴のひとつであり、<hl>『茄子』<hl>作中では茄子を食材にした様々な料理を登場させ、単行本ではそのレシピも紹介している。"
"食事・料理シーンの多さは黒田の作品の特徴のひとつであり、<hl>『茄子』<hl>作中では茄子を食材にした様々な料理を登場させ、単行本ではそのレシピも紹介している。 『CUTiECOMIC』(宝島社)では2ページの料理漫画を連載(『肉じゃがやめろ!』全5回、『黒船』収録)。 インタビューでは「僕は登場人物が何を食っているのか分からないようなマンガはだめだと思ってるんです」と語っている。"
"<hl>食事・料理シーンの多さは黒田の作品の特徴のひとつであり、『茄子』作中では茄子を食材にした様々な料理を登場させ、単行本ではそのレシピも紹介している。<hl>『CUTiECOMIC』(宝島社)では2ページの料理漫画を連載(『肉じゃがやめろ!』全5回、『黒船』収録)。 インタビューでは「僕は登場人物が何を食っているのか分からないようなマンガはだめだと思ってるんです」と語っている。"
"『ゴジラFINALWARS』"
"第28作目のゴジラ映画のタイトルは?"
"制作サイドの目指す本当に新しい「ゴジラ映画」を制作することが当時の技術では困難として、ゴジラ50周年の節目である2004年にシリーズ集大成となる最高の「ゴジラ映画」を作り上げて締めくくろうということになり、同年公開の第28作『ゴジラFINALWARS』にてゴジラシリーズは再度終了となり、東宝が製作するゴジラシリーズは10年以上途絶えることとなる。"
"1999年のシリーズ第23作『ゴジラ2000ミレニアム』でゴジラ映画が再開された。この作品で2度目の世界観のリセットが行われる。第1作以外の過去のエピソードは一切語られず、ゴジラは地震や台風などの自然災害と同じように文明への脅威の存在として設定された。本シリーズの一部は第1作とその他の東宝特撮作品の世界観を反映した。しかし200万人から400万人と比較的高い観客動員数を維持した平成ゴジラシリーズと比べ、本シリーズは100万人から200万人ほどと大幅に減少した。そのため平成ゴジラシリーズと同じく、モスラ、キングギドラ、メカゴジラなどの人気怪獣の再登場路線となった。2001年から2003年までは『とっとこハム太郎』と併映されることになり、その影響で第26作『ゴジラ×メカゴジラ』、第27作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS』の2作は例年より15分ほど、上映時間が短縮化されている。2003年の『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS』は110万人と当時のワースト3位を記録(現在はワースト4位)した。制作サイドの目指す本当に新しい「ゴジラ映画」を制作することが当時の技術では困難として、ゴジラ50周年の節目である2004年にシリーズ集大成となる最高の「ゴジラ映画」を作り上げて締めくくろうということになり、同年公開の第28作『ゴジラFINALWARS』にてゴジラシリーズは再度終了となり、東宝が製作するゴジラシリーズは10年以上途絶えることとなる。ゴジラシリーズに数多く出演した水野久美や佐原健二らは『FINALWARS』のパンフレットで「まだゴジラシリーズに出演したい」というような趣旨のコメントを寄せた。"
"制作サイドの目指す本当に新しい「ゴジラ映画」を制作することが当時の技術では困難として、ゴジラ50周年の節目である2004年にシリーズ集大成となる最高の「ゴジラ映画」を作り上げて締めくくろうということになり、同年公開の第28作<hl>『ゴジラFINALWARS』<hl>にてゴジラシリーズは再度終了となり、東宝が製作するゴジラシリーズは10年以上途絶えることとなる。"
"1999年のシリーズ第23作『ゴジラ2000ミレニアム』でゴジラ映画が再開された。この作品で2度目の世界観のリセットが行われる。第1作以外の過去のエピソードは一切語られず、ゴジラは地震や台風などの自然災害と同じように文明への脅威の存在として設定された。 本シリーズの一部は第1作とその他の東宝特撮作品の世界観を反映した。しかし200万人から400万人と比較的高い観客動員数を維持した平成ゴジラシリーズと比べ、本シリーズは100万人から200万人ほどと大幅に減少した。そのため平成ゴジラシリーズと同じく、モスラ、キングギドラ、メカゴジラなどの人気怪獣の再登場路線となった。2001年から2003年までは『とっとこハム太郎』と併映されることになり、その影響で第26作『ゴジラ×メカゴジラ』、第27作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS』の2作は例年より15分ほど、上映時間が短縮化されている。 2003年の『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS』は110万人と当時のワースト3位を記録(現在はワースト4位)した。制作サイドの目指す本当に新しい「ゴジラ映画」を制作することが当時の技術では困難として、ゴジラ50周年の節目である2004年にシリーズ集大成となる最高の「ゴジラ映画」を作り上げて締めくくろうということになり、同年公開の第28作<hl>『ゴジラFINALWARS』<hl>にてゴジラシリーズは再度終了となり、東宝が製作するゴジラシリーズは10年以上途絶えることとなる。ゴジラシリーズに数多く出演した水野久美や佐原健二らは『FINALWARS』のパンフレットで「まだゴジラシリーズに出演したい」というような趣旨のコメントを寄せた。"
"1999年のシリーズ第23作『ゴジラ2000ミレニアム』でゴジラ映画が再開された。 この作品で2度目の世界観のリセットが行われる。 第1作以外の過去のエピソードは一切語られず、ゴジラは地震や台風などの自然災害と同じように文明への脅威の存在として設定された。 本シリーズの一部は第1作とその他の東宝特撮作品の世界観を反映した。 しかし200万人から400万人と比較的高い観客動員数を維持した平成ゴジラシリーズと比べ、本シリーズは100万人から200万人ほどと大幅に減少した。 そのため平成ゴジラシリーズと同じく、モスラ、キングギドラ、メカゴジラなどの人気怪獣の再登場路線となった。 2001年から2003年までは『とっとこハム太郎』と併映されることになり、その影響で第26作『ゴジラ×メカゴジラ』、第27作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS』の2作は例年より15分ほど、上映時間が短縮化されている。 2003年の『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS』は110万人と当時のワースト3位を記録(現在はワースト4位)した。<hl>制作サイドの目指す本当に新しい「ゴジラ映画」を制作することが当時の技術では困難として、ゴジラ50周年の節目である2004年にシリーズ集大成となる最高の「ゴジラ映画」を作り上げて締めくくろうということになり、同年公開の第28作『ゴジラFINALWARS』にてゴジラシリーズは再度終了となり、東宝が製作するゴジラシリーズは10年以上途絶えることとなる。<hl>ゴジラシリーズに数多く出演した水野久美や佐原健二らは『FINALWARS』のパンフレットで「まだゴジラシリーズに出演したい」というような趣旨のコメントを寄せた。"
"ドイツ軍"
"何軍のイギリス本土上陸作戦が計画されていたが、1940年9月半ばに中止されたか?"
"1939年9月1日、ドイツ軍およびスロバキア軍が、続いて9月17日にはソビエト連邦軍が相次いでポーランド領内に侵攻した。"
"1939年9月1日、ドイツ軍およびスロバキア軍が、続いて9月17日にはソビエト連邦軍が相次いでポーランド領内に侵攻した。一方、イギリスとフランスは9月3日、ドイツに宣戦布告した。ポーランドは独ソ両国(ドイツとソ連)により分割・占領された。さらにフィンランドおよびバルト三国に領土的野心を示したソ連は、11月30日からフィンランドへ侵攻した(冬戦争)。そのため、ソ連は国際連盟から非難・除名されたが、1940年3月にはフィンランドから領土を割譲させた。さらにバルト三国には1940年6月、40万以上の大軍で侵攻し、8月にはバルト三国を併合した。ポーランド分割直後から翌年春まで、戦争は西ヨーロッパで膠着状態になったが、1940年5月10日からドイツ軍は西ヨーロッパへ侵攻を開始した。同年6月からイタリアが参戦し、6月14日ドイツ軍はパリを占領、フランスを降伏させた。さらに同年8月からドイツ空軍機がイギリス本土空爆(バトル・オブ・ブリテン)を開始したが、空中戦で大損害を被り、9月半ばにドイツ軍のイギリス本土上陸作戦は中止された。その後1941年6月22日、不可侵条約を破棄してドイツ軍はソ連へ侵攻し、独ソ戦が始まった。フィンランドもソ連に割譲された領土奪回のため宣戦布告した(継続戦争)。一方、連合国はソ連側につき、ヨーロッパはソ連を加えた連合国と枢軸国に二分する大戦争となり、死者が増大し凄惨な様相となった。ドイツ軍はウクライナを経て同年12月、モスクワに接近するが、ソ連軍の反撃で後退する。1942年中盤までにドイツ軍はヨーロッパの大半および北アフリカの一部を占領し、大西洋ではドイツ海軍の潜水艦・Uボートが連合軍の輸送船団を攻撃し優勢を保っていた。"
"1939年9月1日、<hl>ドイツ軍<hl>およびスロバキア軍が、続いて9月17日にはソビエト連邦軍が相次いでポーランド領内に侵攻した。"
"1939年9月1日、<hl>ドイツ軍<hl>およびスロバキア軍が、続いて9月17日にはソビエト連邦軍が相次いでポーランド領内に侵攻した。一方、イギリスとフランスは9月3日、ドイツに宣戦布告した。ポーランドは独ソ両国(ドイツとソ連)により分割・占領された。さらにフィンランドおよびバルト三国に領土的野心を示したソ連は、11月30日からフィンランドへ侵攻した(冬戦争)。そのため、ソ連は国際連盟から非難・除名されたが、1940年3月にはフィンランドから領土を割譲させた。さらにバルト三国には1940年6月、40万以上の大軍で侵攻し、8月にはバルト三国を併合した。ポーランド分割直後から翌年春まで、戦争は西ヨーロッパで膠着状態になったが、1940年5月10日からドイツ軍は西ヨーロッパへ侵攻を開始した。同年6月からイタリアが参戦し、6月14日ドイツ軍はパリを占領、フランスを降伏させた。さらに同年8月からドイツ空軍機がイギリス本土空爆(バトル・オブ・ブリテン)を開始したが、空中戦で大損害を被り、9月半ばにドイツ軍のイギリス本土上陸作戦は中止された。その後1941年6月22日、不可侵条約を破棄してドイツ軍はソ連へ侵攻し、独ソ戦が始まった。フィンランドもソ連に割譲された領土奪回のため宣戦布告した(継続戦争)。一方、連合国はソ連側につき、ヨーロッパはソ連を加えた連合国と枢軸国に二分する大戦争となり、死者が増大し凄惨な様相となった。ドイツ軍はウクライナを経て同年12月、モスクワに接近するが、ソ連軍の反撃で後退する。1942年中盤までにドイツ軍はヨーロッパの大半および北アフリカの一部を占領し、大西洋ではドイツ海軍の潜水艦・Uボートが連合軍の輸送船団を攻撃し優勢を保っていた。"
"<hl>1939年9月1日、ドイツ軍およびスロバキア軍が、続いて9月17日にはソビエト連邦軍が相次いでポーランド領内に侵攻した。<hl>一方、イギリスとフランスは9月3日、ドイツに宣戦布告した。 ポーランドは独ソ両国(ドイツとソ連)により分割・占領された。 さらにフィンランドおよびバルト三国に領土的野心を示したソ連は、11月30日からフィンランドへ侵攻した(冬戦争)。 そのため、ソ連は国際連盟から非難・除名されたが、1940年3月にはフィンランドから領土を割譲させた。 さらにバルト三国には1940年6月、40万以上の大軍で侵攻し、8月にはバルト三国を併合した。 ポーランド分割直後から翌年春まで、戦争は西ヨーロッパで膠着状態になったが、1940年5月10日からドイツ軍は西ヨーロッパへ侵攻を開始した。 同年6月からイタリアが参戦し、6月14日ドイツ軍はパリを占領、フランスを降伏させた。 さらに同年8月からドイツ空軍機がイギリス本土空爆(バトル・オブ・ブリテン)を開始したが、空中戦で大損害を被り、9月半ばにドイツ軍のイギリス本土上陸作戦は中止された。 その後1941年6月22日、不可侵条約を破棄してドイツ軍はソ連へ侵攻し、独ソ戦が始まった。 フィンランドもソ連に割譲された領土奪回のため宣戦布告した(継続戦争)。 一方、連合国はソ連側につき、ヨーロッパはソ連を加えた連合国と枢軸国に二分する大戦争となり、死者が増大し凄惨な様相となった。 ドイツ軍はウクライナを経て同年12月、モスクワに接近するが、ソ連軍の反撃で後退する。 1942年中盤までにドイツ軍はヨーロッパの大半および北アフリカの一部を占領し、大西洋ではドイツ海軍の潜水艦・Uボートが連合軍の輸送船団を攻撃し優勢を保っていた。"
"ブラジル"
"1950年のFIFAワールドカップの開催地はどこでしたか?"
"1950年、ペレが9歳の時に地元ブラジルで1950FIFAワールドカップが開催された。"
"1950年、ペレが9歳の時に地元ブラジルで1950FIFAワールドカップが開催された。優勝候補の本命と目されていた同国は1次リーグのスイス戦を引き分けた以外は無敗で勝ち上がり、最終戦のウルグアイ戦を迎えていたが、最終戦を前にブラジルはウルグアイに対し勝点でも得失点差でも上回っており、この試合で引分けに終わっても優勝が決まる状況だった。同年7月16日のウルグアイ戦当日はペレの家にブラジルの勝利を祝おうと父の友人達が大勢訪れパーティを開きラジオの実況に聞き入っていたが、幼かったペレは大人と一緒にラジオの実況に聞き入るより外で友人達とサッカーをして遊ぶことに夢中になっていた。そしてブラジルが終了間際に失点し1-2で敗れ優勝を逃すと(マラカナンの悲劇)家中が深い悲しみに包まれ、パウルの街全体も静まりかえった。ペレはこの光景にショックを受けたものの、悲しみにくれる父を励まそうと、「悲しまないで。いつか僕がブラジルをワールドカップで優勝させてあげるから。」と約束したという。"
"1950年、ペレが9歳の時に地元<hl>ブラジル<hl>で1950FIFAワールドカップが開催された。"
"1950年、ペレが9歳の時に地元<hl>ブラジル<hl>で1950FIFAワールドカップが開催された。 優勝候補の本命と目されていた同国は1次リーグのスイス戦を引き分けた以外は無敗で勝ち上がり、最終戦のウルグアイ戦を迎えていたが、最終戦を前にブラジルはウルグアイに対し勝点でも得失点差でも上回っており、この試合で引分けに終わっても優勝が決まる状況だった。 同年7月16日のウルグアイ戦当日はペレの家にブラジルの勝利を祝おうと父の友人達が大勢訪れパーティを開きラジオの実況に聞き入っていたが、幼かったペレは大人と一緒にラジオの実況に聞き入るより外で友人達とサッカーをして遊ぶことに夢中になっていた。 そしてブラジルが終了間際に失点し1-2で敗れ優勝を逃すと(マラカナンの悲劇)家中が深い悲しみに包まれ、パウルの街全体も静まりかえった。 ペレはこの光景にショックを受けたものの、悲しみにくれる父を励まそうと、「悲しまないで。いつか僕がブラジルをワールドカップで優勝させてあげるから。」と約束したという。"
"<hl>1950年、ペレが9歳の時に地元ブラジルで1950FIFAワールドカップが開催された。<hl>優勝候補の本命と目されていた同国は1次リーグのスイス戦を引き分けた以外は無敗で勝ち上がり、最終戦のウルグアイ戦を迎えていたが、最終戦を前にブラジルはウルグアイに対し勝点でも得失点差でも上回っており、この試合で引分けに終わっても優勝が決まる状況だった。 同年7月16日のウルグアイ戦当日はペレの家にブラジルの勝利を祝おうと父の友人達が大勢訪れパーティを開きラジオの実況に聞き入っていたが、幼かったペレは大人と一緒にラジオの実況に聞き入るより外で友人達とサッカーをして遊ぶことに夢中になっていた。 そしてブラジルが終了間際に失点し1-2で敗れ優勝を逃すと(マラカナンの悲劇)家中が深い悲しみに包まれ、パウルの街全体も静まりかえった。 ペレはこの光景にショックを受けたものの、悲しみにくれる父を励まそうと、「悲しまないで。いつか僕がブラジルをワールドカップで優勝させてあげるから。」と約束したという。"
"油"
"焼入れ開始時の水温が約60°Cの場合、冷却速度がほぼ同じになるのは何ですか?"
"約60°Cくらいでは油と同程度の冷却速度となるので、油焼入れの代わりに使用される場合もある。"
"水による冷却は、冷却剤の中でも冷却速度が大きく、コストが安く、どこでも手に入りやすいという利点がある。しかし、Ms点を過ぎた危険区域温度でも急冷してしまうので、焼割れや変形の不具合の可能性が高い。水温が30°Cを超えると冷却能が大きく低下するので、30°C以下に保った使用が推奨される。冷た過ぎても冷却効果が悪くなるので、焼入れを開始するときの水温は、15°C程度が適当とされる。約60°Cくらいでは油と同程度の冷却速度となるので、油焼入れの代わりに使用される場合もある。"
"約60°Cくらいでは<hl>油<hl>と同程度の冷却速度となるので、油焼入れの代わりに使用される場合もある。"
"水による冷却は、冷却剤の中でも冷却速度が大きく、コストが安く、どこでも手に入りやすいという利点がある。 しかし、Ms点を過ぎた危険区域温度でも急冷してしまうので、焼割れや変形の不具合の可能性が高い。 水温が30°Cを超えると冷却能が大きく低下するので、30°C以下に保った使用が推奨される。 冷た過ぎても冷却効果が悪くなるので、焼入れを開始するときの水温は、15°C程度が適当とされる。 約60°Cくらいでは<hl>油<hl>と同程度の冷却速度となるので、油焼入れの代わりに使用される場合もある。"
"水による冷却は、冷却剤の中でも冷却速度が大きく、コストが安く、どこでも手に入りやすいという利点がある。 しかし、Ms点を過ぎた危険区域温度でも急冷してしまうので、焼割れや変形の不具合の可能性が高い。 水温が30°Cを超えると冷却能が大きく低下するので、30°C以下に保った使用が推奨される。 冷た過ぎても冷却効果が悪くなるので、焼入れを開始するときの水温は、15°C程度が適当とされる。<hl>約60°Cくらいでは油と同程度の冷却速度となるので、油焼入れの代わりに使用される場合もある。<hl>"
"90-100センチメートル"
"オキチモズクは最大どれくらいまで成長しますか?"
"体長は10-40センチメートルのものが多く、まれに90-100センチメートル近くまで成長する。"
"河川上流や湧水などからの清澄な小川の半日陰となる場所で生育する。一般的には秋から初冬にかけて発生して冬から春にかけて生長し、4月から5月に繁茂して夏には消失するが、発生地や年による差異も大きい。体長は10-40センチメートルのものが多く、まれに90-100センチメートル近くまで成長する。"
"体長は10-40センチメートルのものが多く、まれに<hl>90-100センチメートル<hl>近くまで成長する。"
"河川上流や湧水などからの清澄な小川の半日陰となる場所で生育する。 一般的には秋から初冬にかけて発生して冬から春にかけて生長し、4月から5月に繁茂して夏には消失するが、発生地や年による差異も大きい。 体長は10-40センチメートルのものが多く、まれに<hl>90-100センチメートル<hl>近くまで成長する。"
"河川上流や湧水などからの清澄な小川の半日陰となる場所で生育する。 一般的には秋から初冬にかけて発生して冬から春にかけて生長し、4月から5月に繁茂して夏には消失するが、発生地や年による差異も大きい。<hl>体長は10-40センチメートルのものが多く、まれに90-100センチメートル近くまで成長する。<hl>"
"安田伊左衛門"
"池上競馬場を営業・所有ステイタ組織の中心人物で、補佐役を務めた人物はだれですか?"
"東京競馬会は加納久宜と補佐役の安田伊左衛門が中心となって1906年に設立され、池上競馬場は政府と陸軍の支援を受けて開場した。"
"池上競馬場は、東京・池上に、明治時代末期の1906年(明治39年)から1910年(明治43年)までの5年間だけ開設された、1周1マイルの競馬場である。池上競馬場の位置は現在の大田区池上6〜8丁目あたり(池上駅の南方の一帯)になる。池上競馬場では日本人の手によるはじめての馬券が発売され、日本競馬の新しい時代である馬券黙許時代を切り開いた競馬場である。所有者並びに運営者は東京競馬会であった。東京競馬会は加納久宜と補佐役の安田伊左衛門が中心となって1906年に設立され、池上競馬場は政府と陸軍の支援を受けて開場した。政府は後続の競馬場の模範たるべく、また賭博の弊害を生まぬよう、さらに池上競馬場を上品な競馬場にすべく、観客は紳士・淑女に限るとし、入場料を高額にさせ、東京競馬会は池上競馬場に玉座や高級料理店などを設置した。"
"東京競馬会は加納久宜と補佐役の<hl>安田伊左衛門<hl>が中心となって1906年に設立され、池上競馬場は政府と陸軍の支援を受けて開場した。"
"池上競馬場は、東京・池上に、明治時代末期の1906年(明治39年)から1910年(明治43年)までの5年間だけ開設された、1周1マイルの競馬場である。池上競馬場の位置は現在の大田区池上6〜8丁目あたり(池上駅の南方の一帯)になる。池上競馬場では日本人の手によるはじめての馬券が発売され、日本競馬の新しい時代である馬券黙許時代を切り開いた競馬場である。 所有者並びに運営者は東京競馬会であった。東京競馬会は加納久宜と補佐役の<hl>安田伊左衛門<hl>が中心となって1906年に設立され、池上競馬場は政府と陸軍の支援を受けて開場した。政府は後続の競馬場の模範たるべく、また賭博の弊害を生まぬよう、さらに池上競馬場を上品な競馬場にすべく、観客は紳士・淑女に限るとし、入場料を高額にさせ、東京競馬会は池上競馬場に玉座や高級料理店などを設置した。"
"池上競馬場は、東京・池上に、明治時代末期の1906年(明治39年)から1910年(明治43年)までの5年間だけ開設された、1周1マイルの競馬場である。 池上競馬場の位置は現在の大田区池上6〜8丁目あたり(池上駅の南方の一帯)になる。 池上競馬場では日本人の手によるはじめての馬券が発売され、日本競馬の新しい時代である馬券黙許時代を切り開いた競馬場である。 所有者並びに運営者は東京競馬会であった。<hl>東京競馬会は加納久宜と補佐役の安田伊左衛門が中心となって1906年に設立され、池上競馬場は政府と陸軍の支援を受けて開場した。<hl>政府は後続の競馬場の模範たるべく、また賭博の弊害を生まぬよう、さらに池上競馬場を上品な競馬場にすべく、観客は紳士・淑女に限るとし、入場料を高額にさせ、東京競馬会は池上競馬場に玉座や高級料理店などを設置した。"
"死亡事故"
"2014年10月までの757の機体損失事故の中で、死亡事故と死亡事故でない事故を比較した時、その件数がより多いのは、どちらか?"
"2014年10月までに757の機体損失事故は8件発生しており、うち7件は死亡事故である。"
"757はイースタン航空とブリティッシュ・エアウェイズによって1983年に就航した。旧式のナローボディ機を置き換え、米国の短中距離国内線やシャトル便、大陸横断路線などで一般的に使われる旅客機となった。1986年にはETOPSと呼ばれる双発機の長距離飛行に関する緩和要件が適用され、大陸間路線にも就航するようになった。主な運航者は米国の大手航空会社、欧州のチャーター便航空会社、貨物航空会社である。2014年10月までに757の機体損失事故は8件発生しており、うち7件は死亡事故である。757シリーズは54の顧客向けに総計1,050機が製造され、2004年10月28日に生産が終了した。シリーズ中では757-200が圧倒的に多く913機が製造された。やがて旅客機需要の中心が小型機に移り757の販売が縮小したため、ボーイングは小型の737シリーズに力を入れ、757の生産終了時に直接的な後継機は開発されなかった。最終機は2005年4月26日に上海航空に引き渡された。757が生産されていた当時、日本の航空会社はボーイング機を好んで使う傾向にあったが、757に関しては登場から生産終了までに1機も購入・使用されることはなかった。2018年7月の時点で666機が就航しており、最大の運用者は旅客型がデルタ航空、貨物型がフェデックス・エクスプレスである。"
"2014年10月までに757の機体損失事故は8件発生しており、うち7件は<hl>死亡事故<hl>である。"
"757はイースタン航空とブリティッシュ・エアウェイズによって1983年に就航した。旧式のナローボディ機を置き換え、米国の短中距離国内線やシャトル便、大陸横断路線などで一般的に使われる旅客機となった。1986年にはETOPSと呼ばれる双発機の長距離飛行に関する緩和要件が適用され、大陸間路線にも就航するようになった。主な運航者は米国の大手航空会社、欧州のチャーター便航空会社、貨物航空会社である。2014年10月までに757の機体損失事故は8件発生しており、うち7件は<hl>死亡事故<hl>である。757シリーズは54の顧客向けに総計1,050機が製造され、2004年10月28日に生産が終了した。シリーズ中では757-200が圧倒的に多く913機が製造された。やがて旅客機需要の中心が小型機に移り757の販売が縮小したため、ボーイングは小型の737シリーズに力を入れ、757の生産終了時に直接的な後継機は開発されなかった。最終機は2005年4月26日に上海航空に引き渡された。757が生産されていた当時、日本の航空会社はボーイング機を好んで使う傾向にあったが、757に関しては登場から生産終了までに1機も購入・使用されることはなかった。2018年7月の時点で666機が就航しており、最大の運用者は旅客型がデルタ航空、貨物型がフェデックス・エクスプレスである。"
"757はイースタン航空とブリティッシュ・エアウェイズによって1983年に就航した。 旧式のナローボディ機を置き換え、米国の短中距離国内線やシャトル便、大陸横断路線などで一般的に使われる旅客機となった。 1986年にはETOPSと呼ばれる双発機の長距離飛行に関する緩和要件が適用され、大陸間路線にも就航するようになった。 主な運航者は米国の大手航空会社、欧州のチャーター便航空会社、貨物航空会社である。<hl>2014年10月までに757の機体損失事故は8件発生しており、うち7件は死亡事故である。<hl>757シリーズは54の顧客向けに総計1,050機が製造され、2004年10月28日に生産が終了した。 シリーズ中では757-200が圧倒的に多く913機が製造された。 やがて旅客機需要の中心が小型機に移り757の販売が縮小したため、ボーイングは小型の737シリーズに力を入れ、757の生産終了時に直接的な後継機は開発されなかった。 最終機は2005年4月26日に上海航空に引き渡された。 757が生産されていた当時、日本の航空会社はボーイング機を好んで使う傾向にあったが、757に関しては登場から生産終了までに1機も購入・使用されることはなかった。 2018年7月の時点で666機が就航しており、最大の運用者は旅客型がデルタ航空、貨物型がフェデックス・エクスプレスである。"
"クルンクン王国"
"クルンクン王国とロンボク国、カランガスム王国のうち、最も遅くオランダに征服された国はどちらか?"
"1908年には、最後に残ったクルンクン王国を滅ぼし、全土をオランダ領東インド領土、植民地とするに至った。"
"19世紀末になると当時の帝国主義的風潮の下、オランダ海上帝国がバリ島の植民地化を進め、各地の王家を武力により支配下に置き始める。まず1846年にバリ島側の難破船引き上げ要請を口実として、東北部に軍隊を上陸させ、ブレレンとジュンブラナを制圧。その後も徐々に侵攻を進め、1894年にはロンボク戦争でロンボク国とカランガスム王国を獲得した。1908年には、最後に残ったクルンクン王国を滅ぼし、全土をオランダ領東インド領土、植民地とするに至った。しかし、この際にバリ島の王侯貴族らがみせたププタン(無抵抗の大量自決)によってオランダは国際的な非難を浴びることとなり、オランダ植民地政府は現地伝統文化を保全する方針を打ち出すことになった。この伝統文化保護政策にとって大きな影響を与えたのが、1917年のバリ島南部大地震以降の厄災である。この地震による死者・負傷者はそれぞれ1000名を上回り、翌1918年には世界的に流行したインフルエンザがバリにも波及、さらに1919年には南部バリでネズミが大量発生し穀物の収穫量が激減した。こうした災難を当時のバリの人々は、当時の政治的・社会的な混乱の中で神々に対する儀礼をおざなりにしていたことに対する神の怒りとして捉えた。そこで、清浄化のために、バロンの練り歩きやサンヒャン・ドゥダリ(憑依舞踊)が盛んに行われるようになり、呪術的な儀礼、演劇活動がバリ中で活性化することになった。ところが、こうした一時的な現象を、オランダ人たちはバリの伝統文化として理解し表象し、震災復興と共に保護を進めたのである。とりわけ復興計画の中心人物だった建築家のモーエンは、バリの真正な伝統文化の存在を信じ、地震前のバリが中国文化やヨーロッパ文化を移入していたことを問題視して、こうした「あやまち」を復興の過程で排除することを目指したが、結局のところ、彼もまたオリエンタリズムの枠組みから逃れることはできなかったとの評価がされている。以上のようなオランダの文化保護政策を背景として、バリ島は「最後の楽園」のキャッチ・コピーならびに「上半身裸体の婦女」のイメージと共に欧米に紹介され、とりわけグレゴール・クラウゼの写真集『バリ島』に魅せられた欧米の芸術家が来島するようになった(1924年にバタビア-シガラジャ間の定期船の就航が始まっている)。例えば、1932年にバリを訪れたチャールズ・チャップリンは、「バリ行きを決めたのは(兄の)シドニーだった。この島はまだ文明の手が及んでおらず、島の美しいおんなたちは胸もあらわだというのだ。こんな話が僕の興味をかきたてた」と記している(なお、この間の観光客数は、1920年代には年間1,200-3,000人ほどであったが、1930年代中盤には年間3万人に達したとする統計も見られる)。"
"1908年には、最後に残った<hl>クルンクン王国<hl>を滅ぼし、全土をオランダ領東インド領土、植民地とするに至った。"
"19世紀末になると当時の帝国主義的風潮の下、オランダ海上帝国がバリ島の植民地化を進め、各地の王家を武力により支配下に置き始める。まず1846年にバリ島側の難破船引き上げ要請を口実として、東北部に軍隊を上陸させ、ブレレンとジュンブラナを制圧。その後も徐々に侵攻を進め、1894年にはロンボク戦争でロンボク国とカランガスム王国を獲得した。1908年には、最後に残った<hl>クルンクン王国<hl>を滅ぼし、全土をオランダ領東インド領土、植民地とするに至った。しかし、この際にバリ島の王侯貴族らがみせたププタン(無抵抗の大量自決)によってオランダは国際的な非難を浴びることとなり、オランダ植民地政府は現地伝統文化を保全する方針を打ち出すことになった。この伝統文化保護政策にとって大きな影響を与えたのが、1917年のバリ島南部大地震以降の厄災である。この地震による死者・負傷者はそれぞれ1000名を上回り、翌1918年には世界的に流行したインフルエンザがバリにも波及、さらに1919年には南部バリでネズミが大量発生し穀物の収穫量が激減した。こうした災難を当時のバリの人々は、当時の政治的・社会的な混乱の中で神々に対する儀礼をおざなりにしていたことに対する神の怒りとして捉えた。そこで、清浄化のために、バロンの練り歩きやサンヒャン・ドゥダリ(憑依舞踊)が盛んに行われるようになり、呪術的な儀礼、演劇活動がバリ中で活性化することになった。ところが、こうした一時的な現象を、オランダ人たちはバリの伝統文化として理解し表象し、震災復興と共に保護を進めたのである。とりわけ復興計画の中心人物だった建築家のモーエンは、バリの真正な伝統文化の存在を信じ、地震前のバリが中国文化やヨーロッパ文化を移入していたことを問題視して、こうした「あやまち」を復興の過程で排除することを目指したが、結局のところ、彼もまたオリエンタリズムの枠組みから逃れることはできなかったとの評価がされている。以上のようなオランダの文化保護政策を背景として、バリ島は「最後の楽園」のキャッチ・コピーならびに「上半身裸体の婦女」のイメージと共に欧米に紹介され、とりわけグレゴール・クラウゼの写真集『バリ島』に魅せられた欧米の芸術家が来島するようになった(1924年にバタビア-シガラジャ間の定期船の就航が始まっている)。例えば、1932年にバリを訪れたチャールズ・チャップリンは、「バリ行きを決めたのは(兄の)シドニーだった。この島はまだ文明の手が及んでおらず、島の美しいおんなたちは胸もあらわだというのだ。こんな話が僕の興味をかきたてた」と記している(なお、この間の観光客数は、1920年代には年間1,200-3,000人ほどであったが、1930年代中盤には年間3万人に達したとする統計も見られる)。"
"19世紀末になると当時の帝国主義的風潮の下、オランダ海上帝国がバリ島の植民地化を進め、各地の王家を武力により支配下に置き始める。 まず1846年にバリ島側の難破船引き上げ要請を口実として、東北部に軍隊を上陸させ、ブレレンとジュンブラナを制圧。 その後も徐々に侵攻を進め、1894年にはロンボク戦争でロンボク国とカランガスム王国を獲得した。<hl>1908年には、最後に残ったクルンクン王国を滅ぼし、全土をオランダ領東インド領土、植民地とするに至った。<hl>しかし、この際にバリ島の王侯貴族らがみせたププタン(無抵抗の大量自決)によってオランダは国際的な非難を浴びることとなり、オランダ植民地政府は現地伝統文化を保全する方針を打ち出すことになった。 この伝統文化保護政策にとって大きな影響を与えたのが、1917年のバリ島南部大地震以降の厄災である。 この地震による死者・負傷者はそれぞれ1000名を上回り、翌1918年には世界的に流行したインフルエンザがバリにも波及、さらに1919年には南部バリでネズミが大量発生し穀物の収穫量が激減した。 こうした災難を当時のバリの人々は、当時の政治的・社会的な混乱の中で神々に対する儀礼をおざなりにしていたことに対する神の怒りとして捉えた。 そこで、清浄化のために、バロンの練り歩きやサンヒャン・ドゥダリ(憑依舞踊)が盛んに行われるようになり、呪術的な儀礼、演劇活動がバリ中で活性化することになった。 ところが、こうした一時的な現象を、オランダ人たちはバリの伝統文化として理解し表象し、震災復興と共に保護を進めたのである。 とりわけ復興計画の中心人物だった建築家のモーエンは、バリの真正な伝統文化の存在を信じ、地震前のバリが中国文化やヨーロッパ文化を移入していたことを問題視して、こうした「あやまち」を復興の過程で排除することを目指したが、結局のところ、彼もまたオリエンタリズムの枠組みから逃れることはできなかったとの評価がされている。 以上のようなオランダの文化保護政策を背景として、バリ島は「最後の楽園」のキャッチ・コピーならびに「上半身裸体の婦女」のイメージと共に欧米に紹介され、とりわけグレゴール・クラウゼの写真集『バリ島』に魅せられた欧米の芸術家が来島するようになった(1924年にバタビア-シガラジャ間の定期船の就航が始まっている)。 例えば、1932年にバリを訪れたチャールズ・チャップリンは、「バリ行きを決めたのは(兄の)シドニーだった。この島はまだ文明の手が及んでおらず、島の美しいおんなたちは胸もあらわだというのだ。こんな話が僕の興味をかきたてた」と記している(なお、この間の観光客数は、1920年代には年間1,200-3,000人ほどであったが、1930年代中盤には年間3万人に達したとする統計も見られる)。"
"1965年5月5日"
"マーレーでオスを発見したのはいつでしたか?"
"これに先立つ1965年5月5日に、島南部の南風見田の浜にある、通称“マーレー”と呼ばれる小さな滝の下で、遠足にきていた大原中学校の生徒がけがをして弱っているオスを発見し、引率の教諭が捕獲した。"
"1965年6月に戸川は、生態情報の収集や、完全な標本の入手、生け捕りを目標とし、再び高良とともに西表島を訪れた。この時に戸川らは、生け捕りをするために箱罠やマタタビを持ち込んでいる。しかし、猟師によって捕らえられるのは多くて年に1、2頭であったことや、生息個体数がさほど多くはないと推定していたため、戸川はヤマネコを生け捕りできることには期待はしていなかった。これに先立つ1965年5月5日に、島南部の南風見田の浜にある、通称“マーレー”と呼ばれる小さな滝の下で、遠足にきていた大原中学校の生徒がけがをして弱っているオスを発見し、引率の教諭が捕獲した。別の教諭がこの個体の皮をホルマリン標本に、頭骨や骨格を木箱に入れ学校の裏に埋め、後に戸川らにより掘り起こされ、この個体がイリオモテヤマネコのタイプ標本となった。その後も、由布島で砕けた幼獣の頭骨を手に入れ、今泉により復元されている。また、戸川はこの調査時に、イリオモテヤマネコよりも大きいオオヤマネコの噂を聞きつけ、調査を行っている。戸川は帰京前に、ヤマネコに生体は100ドル、死体は30ドルなどと懸賞金をかけ、竹富町長や八重山毎日新聞の協力を得て、西表島の掲示板などで告知した。なおこの時、オオヤマネコにも生体には200ドル、死体には100ドルの懸賞金をかけている。この調査では、2体分の全身骨格、頭骨2つ、毛皮3枚などを持ち帰った。この毛皮の内1枚は大原中学校の学生らが捕獲した個体のもので、ヤマネコのものと鑑定されたが、由布島で手に入れたものは標本が小さく鑑定は保留され、残りの石垣島で手に入れた1枚はイエネコのものと鑑定された。"
"これに先立つ<hl>1965年5月5日<hl>に、島南部の南風見田の浜にある、通称“マーレー”と呼ばれる小さな滝の下で、遠足にきていた大原中学校の生徒がけがをして弱っているオスを発見し、引率の教諭が捕獲した。"
"1965年6月に戸川は、生態情報の収集や、完全な標本の入手、生け捕りを目標とし、再び高良とともに西表島を訪れた。 この時に戸川らは、生け捕りをするために箱罠やマタタビを持ち込んでいる。 しかし、猟師によって捕らえられるのは多くて年に1、2頭であったことや、生息個体数がさほど多くはないと推定していたため、戸川はヤマネコを生け捕りできることには期待はしていなかった。 これに先立つ<hl>1965年5月5日<hl>に、島南部の南風見田の浜にある、通称“マーレー”と呼ばれる小さな滝の下で、遠足にきていた大原中学校の生徒がけがをして弱っているオスを発見し、引率の教諭が捕獲した。 別の教諭がこの個体の皮をホルマリン標本に、頭骨や骨格を木箱に入れ学校の裏に埋め、後に戸川らにより掘り起こされ、この個体がイリオモテヤマネコのタイプ標本となった。 その後も、由布島で砕けた幼獣の頭骨を手に入れ、今泉により復元されている。 また、戸川はこの調査時に、イリオモテヤマネコよりも大きいオオヤマネコの噂を聞きつけ、調査を行っている。 戸川は帰京前に、ヤマネコに生体は100ドル、死体は30ドルなどと懸賞金をかけ、竹富町長や八重山毎日新聞の協力を得て、西表島の掲示板などで告知した。 なおこの時、オオヤマネコにも生体には200ドル、死体には100ドルの懸賞金をかけている。 この調査では、2体分の全身骨格、頭骨2つ、毛皮3枚などを持ち帰った。 この毛皮の内1枚は大原中学校の学生らが捕獲した個体のもので、ヤマネコのものと鑑定されたが、由布島で手に入れたものは標本が小さく鑑定は保留され、残りの石垣島で手に入れた1枚はイエネコのものと鑑定された。"
"1965年6月に戸川は、生態情報の収集や、完全な標本の入手、生け捕りを目標とし、再び高良とともに西表島を訪れた。 この時に戸川らは、生け捕りをするために箱罠やマタタビを持ち込んでいる。 しかし、猟師によって捕らえられるのは多くて年に1、2頭であったことや、生息個体数がさほど多くはないと推定していたため、戸川はヤマネコを生け捕りできることには期待はしていなかった。<hl>これに先立つ1965年5月5日に、島南部の南風見田の浜にある、通称“マーレー”と呼ばれる小さな滝の下で、遠足にきていた大原中学校の生徒がけがをして弱っているオスを発見し、引率の教諭が捕獲した。<hl>別の教諭がこの個体の皮をホルマリン標本に、頭骨や骨格を木箱に入れ学校の裏に埋め、後に戸川らにより掘り起こされ、この個体がイリオモテヤマネコのタイプ標本となった。 その後も、由布島で砕けた幼獣の頭骨を手に入れ、今泉により復元されている。 また、戸川はこの調査時に、イリオモテヤマネコよりも大きいオオヤマネコの噂を聞きつけ、調査を行っている。 戸川は帰京前に、ヤマネコに生体は100ドル、死体は30ドルなどと懸賞金をかけ、竹富町長や八重山毎日新聞の協力を得て、西表島の掲示板などで告知した。 なおこの時、オオヤマネコにも生体には200ドル、死体には100ドルの懸賞金をかけている。 この調査では、2体分の全身骨格、頭骨2つ、毛皮3枚などを持ち帰った。 この毛皮の内1枚は大原中学校の学生らが捕獲した個体のもので、ヤマネコのものと鑑定されたが、由布島で手に入れたものは標本が小さく鑑定は保留され、残りの石垣島で手に入れた1枚はイエネコのものと鑑定された。"
"鳥山明"
"桂とは真逆の作風である漫画家は誰?"
"同じく漫画家で友人の鳥山明は桂の作風について「(桂は)感動させたくてしょうがない」と評している。"
"同じく漫画家で友人の鳥山明は桂の作風について「(桂は)感動させたくてしょうがない」と評している。「作風が真逆なくらい違う」鳥山が人間味を表現するのを嫌い、明るくくだらないやり取りを好むのに対し、桂はやや暗く感動を誘うような描写を好む。こうした自身の作風について桂は、あすなひろしの“哀しい”作品の影響を述べている。『コミッカーズ』1997年10月号では「美少女とヒーローをカラーで描かせたら右に出る者はいない」との形容によって、桂の作品の特徴を端的に表している。こうした特徴から初のイラスト集である『4C』も、恋愛作品のイラストを中心とした「L-side‹LOVERS-side›」とヒーロー物を中心とした「R-side‹HEROES-side›」という構成になっている。"
"同じく漫画家で友人の<hl>鳥山明<hl>は桂の作風について「(桂は)感動させたくてしょうがない」と評している。"
"同じく漫画家で友人の<hl>鳥山明<hl>は桂の作風について「(桂は)感動させたくてしょうがない」と評している。 「作風が真逆なくらい違う」鳥山が人間味を表現するのを嫌い、明るくくだらないやり取りを好むのに対し、桂はやや暗く感動を誘うような描写を好む。 こうした自身の作風について桂は、あすなひろしの“哀しい”作品の影響を述べている。 『コミッカーズ』1997年10月号では「美少女とヒーローをカラーで描かせたら右に出る者はいない」との形容によって、桂の作品の特徴を端的に表している。 こうした特徴から初のイラスト集である『4C』も、恋愛作品のイラストを中心とした「L-side‹LOVERS-side›」とヒーロー物を中心とした「R-side‹HEROES-side›」という構成になっている。"
"<hl>同じく漫画家で友人の鳥山明は桂の作風について「(桂は)感動させたくてしょうがない」と評している。<hl>「作風が真逆なくらい違う」鳥山が人間味を表現するのを嫌い、明るくくだらないやり取りを好むのに対し、桂はやや暗く感動を誘うような描写を好む。 こうした自身の作風について桂は、あすなひろしの“哀しい”作品の影響を述べている。 『コミッカーズ』1997年10月号では「美少女とヒーローをカラーで描かせたら右に出る者はいない」との形容によって、桂の作品の特徴を端的に表している。 こうした特徴から初のイラスト集である『4C』も、恋愛作品のイラストを中心とした「L-side‹LOVERS-side›」とヒーロー物を中心とした「R-side‹HEROES-side›」という構成になっている。"
"米友協会"
"大臣就任祝賀会兼送別会兼ビアズリー歓迎会の主催者はどこですか?"
"第4次伊藤内閣には、米友協会会長の金子堅太郎が司法大臣、会員の星亨が逓信大臣として入閣した。"
"折りしも日本では10月19日に第4次伊藤内閣が成立していた。第4次伊藤内閣には、米友協会会長の金子堅太郎が司法大臣、会員の星亨が逓信大臣として入閣した。また会員の中から駐オランダ大使、駐米公使館書記官に任命された人物がいたため、米友協会は11月6日に大臣就任祝賀会兼送別会を行うことになった。そして会を行うに当たり、在日中のビアズリーを招待するアイデアが出され、ビアズリーも出席を快諾したため、結局11月6日の会は大臣就任祝賀会兼送別会兼ビアズリー歓迎会となった。ビアズリーは米友協会主宰の歓迎会の席で時事新報のインタビューでも述べたように、ペリー上陸地の久里浜に記念となるものが全く無い現状を遺憾とする意見を述べた。米友協会の金子堅太郎会長以下、ビアズリーの意見に大きな感銘を受け、金子会長の提案によってその場で満場一致でペリー来航の記念碑建設の決議がなされた。"
"第4次伊藤内閣には、<hl>米友協会<hl>会長の金子堅太郎が司法大臣、会員の星亨が逓信大臣として入閣した。"
"折りしも日本では10月19日に第4次伊藤内閣が成立していた。 第4次伊藤内閣には、<hl>米友協会<hl>会長の金子堅太郎が司法大臣、会員の星亨が逓信大臣として入閣した。 また会員の中から駐オランダ大使、駐米公使館書記官に任命された人物がいたため、米友協会は11月6日に大臣就任祝賀会兼送別会を行うことになった。 そして会を行うに当たり、在日中のビアズリーを招待するアイデアが出され、ビアズリーも出席を快諾したため、結局11月6日の会は大臣就任祝賀会兼送別会兼ビアズリー歓迎会となった。 ビアズリーは米友協会主宰の歓迎会の席で時事新報のインタビューでも述べたように、ペリー上陸地の久里浜に記念となるものが全く無い現状を遺憾とする意見を述べた。米友協会の金子堅太郎会長以下、ビアズリーの意見に大きな感銘を受け、金子会長の提案によってその場で満場一致でペリー来航の記念碑建設の決議がなされた。"
"折りしも日本では10月19日に第4次伊藤内閣が成立していた。<hl>第4次伊藤内閣には、米友協会会長の金子堅太郎が司法大臣、会員の星亨が逓信大臣として入閣した。<hl>また会員の中から駐オランダ大使、駐米公使館書記官に任命された人物がいたため、米友協会は11月6日に大臣就任祝賀会兼送別会を行うことになった。 そして会を行うに当たり、在日中のビアズリーを招待するアイデアが出され、ビアズリーも出席を快諾したため、結局11月6日の会は大臣就任祝賀会兼送別会兼ビアズリー歓迎会となった。 ビアズリーは米友協会主宰の歓迎会の席で時事新報のインタビューでも述べたように、ペリー上陸地の久里浜に記念となるものが全く無い現状を遺憾とする意見を述べた。 米友協会の金子堅太郎会長以下、ビアズリーの意見に大きな感銘を受け、金子会長の提案によってその場で満場一致でペリー来航の記念碑建設の決議がなされた。"
"ドビュッシー"
"1905年にフランスで出版された『海』初版のオーケストラスコアの表紙デザインに「神奈川沖浪裏」が使われたのは誰の希望によるのでしたか。"
"1905年にフランスで出版された『海』初版のオーケストラスコアの表紙デザインには、ドビュッシー自身の希望により、葛飾北斎の『冨嶽三十六景』の1つ「神奈川沖浪裏」(正確にはその左半分の大きな波の部分)が用いられた。"
"1905年にフランスで出版された『海』初版のオーケストラスコアの表紙デザインには、ドビュッシー自身の希望により、葛飾北斎の『冨嶽三十六景』の1つ「神奈川沖浪裏」(正確にはその左半分の大きな波の部分)が用いられた。ドビュッシーは若い頃、後にオーギュスト・ロダンの愛人となるカミーユ・クローデルと親しくしており、彼女から北斎の版画や日本美術についてレクチャーを受けたとされる。また、彼の自室にはオディロン・ルドンの石版画やカミーユ・クローデルの彫刻などとともに北斎の「神奈川沖浪裏」が飾られていたとされ、実際にそのことを示す写真も残されている。これらの事実から、ドビュッシーの『海』は「北斎の浮世絵にインスピレーションを得て作曲された作品」として紹介されることがあるが、実際には創作における関連性を明確に裏付ける史料の存在は確認されておらず、あくまでも憶測の域を出ない。"
"1905年にフランスで出版された『海』初版のオーケストラスコアの表紙デザインには、<hl>ドビュッシー<hl>自身の希望により、葛飾北斎の『冨嶽三十六景』の1つ「神奈川沖浪裏」(正確にはその左半分の大きな波の部分)が用いられた。"
"1905年にフランスで出版された『海』初版のオーケストラスコアの表紙デザインには、<hl>ドビュッシー<hl>自身の希望により、葛飾北斎の『冨嶽三十六景』の1つ「神奈川沖浪裏」(正確にはその左半分の大きな波の部分)が用いられた。ドビュッシーは若い頃、後にオーギュスト・ロダンの愛人となるカミーユ・クローデルと親しくしており、彼女から北斎の版画や日本美術についてレクチャーを受けたとされる。また、彼の自室にはオディロン・ルドンの石版画やカミーユ・クローデルの彫刻などとともに北斎の「神奈川沖浪裏」が飾られていたとされ、実際にそのことを示す写真も残されている。 これらの事実から、ドビュッシーの『海』は「北斎の浮世絵にインスピレーションを得て作曲された作品」として紹介されることがあるが、実際には創作における関連性を明確に裏付ける史料の存在は確認されておらず、あくまでも憶測の域を出ない。"
"<hl>1905年にフランスで出版された『海』初版のオーケストラスコアの表紙デザインには、ドビュッシー自身の希望により、葛飾北斎の『冨嶽三十六景』の1つ「神奈川沖浪裏」(正確にはその左半分の大きな波の部分)が用いられた。<hl>ドビュッシーは若い頃、後にオーギュスト・ロダンの愛人となるカミーユ・クローデルと親しくしており、彼女から北斎の版画や日本美術についてレクチャーを受けたとされる。 また、彼の自室にはオディロン・ルドンの石版画やカミーユ・クローデルの彫刻などとともに北斎の「神奈川沖浪裏」が飾られていたとされ、実際にそのことを示す写真も残されている。 これらの事実から、ドビュッシーの『海』は「北斎の浮世絵にインスピレーションを得て作曲された作品」として紹介されることがあるが、実際には創作における関連性を明確に裏付ける史料の存在は確認されておらず、あくまでも憶測の域を出ない。"
"1917年"
"木曽電気製鉄が新規水利権を出願した中で、1か所しか出願しなかった年はいつですか?"
"1917年12月に出願したのは今渡水力であった。"
"木曽電気製鉄は、発足にあわせて名古屋電灯から木曽川筋大桑第一・同第二・読書・賤母・与川および矢作川筋串原の計6地点における水利権を継承するとともに、新規水利権の出願権もあわせて引き継いだ。名古屋電灯は臨時建設部を設置した1914年以降、木曽川における水利権を相次いで申請しており、その許可促進に向けた運動も木曽電気製鉄の仕事となったのである。水利権の申請は以下の8地点に及ぶ。出願時点ではいずれも水路式発電所の計画であったが、実際にはダム式・ダム水路式で竣工した場所もある。1914年4月に出願したのは落合水力・笠置水力であった。1914年8月に出願したのは王滝川第一水力・同第二水力・西野川水力であった。1916年11月に出願したのは大井水力・錦津水力であった。1917年12月に出願したのは今渡水力であった。これら水利権申請中の発電所出力は合計10万キロワットに及び、大戦景気により電力需要が急増したとしても名古屋地方での需要に見合うものではなく、単独で消化できないのは明白であった。そこで深刻な供給不足に陥っていた関西地方への販売を目指し、まず関西の京阪電気鉄道との間で交渉をもち、1919年折半出資による大阪送電株式会社の設立計画を取りまとめた。同社が元となり大同電力が発足するのは前述の通りである。"
"<hl>1917年<hl>12月に出願したのは今渡水力であった。"
"木曽電気製鉄は、発足にあわせて名古屋電灯から木曽川筋大桑第一・同第二・読書・賤母・与川および矢作川筋串原の計6地点における水利権を継承するとともに、新規水利権の出願権もあわせて引き継いだ。 名古屋電灯は臨時建設部を設置した1914年以降、木曽川における水利権を相次いで申請しており、その許可促進に向けた運動も木曽電気製鉄の仕事となったのである。 水利権の申請は以下の8地点に及ぶ。 出願時点ではいずれも水路式発電所の計画であったが、実際にはダム式・ダム水路式で竣工した場所もある。 1914年4月に出願したのは落合水力・笠置水力であった。 1914年8月に出願したのは王滝川第一水力・同第二水力・西野川水力であった。 1916年11月に出願したのは大井水力・錦津水力であった。 <hl>1917年<hl>12月に出願したのは今渡水力であった。 これら水利権申請中の発電所出力は合計10万キロワットに及び、大戦景気により電力需要が急増したとしても名古屋地方での需要に見合うものではなく、単独で消化できないのは明白であった。 そこで深刻な供給不足に陥っていた関西地方への販売を目指し、まず関西の京阪電気鉄道との間で交渉をもち、1919年折半出資による大阪送電株式会社の設立計画を取りまとめた。 同社が元となり大同電力が発足するのは前述の通りである。"
"木曽電気製鉄は、発足にあわせて名古屋電灯から木曽川筋大桑第一・同第二・読書・賤母・与川および矢作川筋串原の計6地点における水利権を継承するとともに、新規水利権の出願権もあわせて引き継いだ。 名古屋電灯は臨時建設部を設置した1914年以降、木曽川における水利権を相次いで申請しており、その許可促進に向けた運動も木曽電気製鉄の仕事となったのである。 水利権の申請は以下の8地点に及ぶ。 出願時点ではいずれも水路式発電所の計画であったが、実際にはダム式・ダム水路式で竣工した場所もある。 1914年4月に出願したのは落合水力・笠置水力であった。 1914年8月に出願したのは王滝川第一水力・同第二水力・西野川水力であった。 1916年11月に出願したのは大井水力・錦津水力であった。<hl>1917年12月に出願したのは今渡水力であった。<hl>これら水利権申請中の発電所出力は合計10万キロワットに及び、大戦景気により電力需要が急増したとしても名古屋地方での需要に見合うものではなく、単独で消化できないのは明白であった。 そこで深刻な供給不足に陥っていた関西地方への販売を目指し、まず関西の京阪電気鉄道との間で交渉をもち、1919年折半出資による大阪送電株式会社の設立計画を取りまとめた。 同社が元となり大同電力が発足するのは前述の通りである。"
"漱石"
"『文学論』は誰による講義録ですか?"
"夏目漱石(なつめそうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日)-1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者である。"
"夏目漱石(なつめそうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日)-1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者である。本名は夏目金之助(なつめきんのすけ)である。俳号は愚陀仏である。代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こゝろ』などである。明治の文豪として日本の千円紙幣の肖像にもなり、講演録「私の個人主義」も知られている。漱石の私邸に門下生が集った会は木曜会と呼ばれた。江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身である。大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学(のちの東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めたあと、イギリスへ留学した。帰国後は東京帝国大学講師として英文学を講じ、講義録には『文学論』がある。講師の傍ら『吾輩は猫である』を雑誌『ホトトギス』に発表した。これが評判になり『坊っちゃん』『倫敦塔』などを書く。その後朝日新聞社に入社し、『虞美人草』『三四郎』などを掲載した。当初は余裕派と呼ばれた。「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆した。「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、『明暗』が絶筆となった。"
"夏目<hl>漱石<hl>(なつめそうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日)-1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者である。"
"夏目<hl>漱石<hl>(なつめそうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日)-1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者である。本名は夏目金之助(なつめきんのすけ)である。 俳号は愚陀仏である。 代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こゝろ』などである。 明治の文豪として日本の千円紙幣の肖像にもなり、講演録「私の個人主義」も知られている。 漱石の私邸に門下生が集った会は木曜会と呼ばれた。 江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身である。 大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。 帝国大学(のちの東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めたあと、イギリスへ留学した。 帰国後は東京帝国大学講師として英文学を講じ、講義録には『文学論』がある。 講師の傍ら『吾輩は猫である』を雑誌『ホトトギス』に発表した。 これが評判になり『坊っちゃん』『倫敦塔』などを書く。 その後朝日新聞社に入社し、『虞美人草』『三四郎』などを掲載した。 当初は余裕派と呼ばれた。 「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆した。 「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれる。 晩年は胃潰瘍に悩まされ、『明暗』が絶筆となった。"
"<hl>夏目漱石(なつめそうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日)-1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者である。<hl>本名は夏目金之助(なつめきんのすけ)である。 俳号は愚陀仏である。 代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こゝろ』などである。 明治の文豪として日本の千円紙幣の肖像にもなり、講演録「私の個人主義」も知られている。 漱石の私邸に門下生が集った会は木曜会と呼ばれた。 江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身である。 大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。 帝国大学(のちの東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めたあと、イギリスへ留学した。 帰国後は東京帝国大学講師として英文学を講じ、講義録には『文学論』がある。 講師の傍ら『吾輩は猫である』を雑誌『ホトトギス』に発表した。 これが評判になり『坊っちゃん』『倫敦塔』などを書く。 その後朝日新聞社に入社し、『虞美人草』『三四郎』などを掲載した。 当初は余裕派と呼ばれた。 「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆した。 「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれる。 晩年は胃潰瘍に悩まされ、『明暗』が絶筆となった。"
"イギリス"
"この文書では、ナポレオンがどの国への攻撃を準備していたことについて説明しているか?"
"第三次対仏大同盟の結成前に、ナポレオンはイギリスへの侵攻軍を編成し、北フランスのブローニュに6つの野営地を設けた。"
"第三次対仏大同盟の結成前に、ナポレオンはイギリスへの侵攻軍を編成し、北フランスのブローニュに6つの野営地を設けた。この侵攻軍がイギリスに上陸することはなかったが、ナポレオンの軍はあらゆる可能性に備えて、軍事的な作戦の訓練を行っていた。侵攻軍の間では早くも訓練に退屈する気配はあったが、ナポレオンは何度も出向いて豪華なパレードを行う事で、士気を維持していた。"
"第三次対仏大同盟の結成前に、ナポレオンは<hl>イギリス<hl>への侵攻軍を編成し、北フランスのブローニュに6つの野営地を設けた。"
"第三次対仏大同盟の結成前に、ナポレオンは<hl>イギリス<hl>への侵攻軍を編成し、北フランスのブローニュに6つの野営地を設けた。この侵攻軍がイギリスに上陸することはなかったが、ナポレオンの軍はあらゆる可能性に備えて、軍事的な作戦の訓練を行っていた。侵攻軍の間では早くも訓練に退屈する気配はあったが、ナポレオンは何度も出向いて豪華なパレードを行う事で、士気を維持していた。"
"<hl>第三次対仏大同盟の結成前に、ナポレオンはイギリスへの侵攻軍を編成し、北フランスのブローニュに6つの野営地を設けた。<hl>この侵攻軍がイギリスに上陸することはなかったが、ナポレオンの軍はあらゆる可能性に備えて、軍事的な作戦の訓練を行っていた。 侵攻軍の間では早くも訓練に退屈する気配はあったが、ナポレオンは何度も出向いて豪華なパレードを行う事で、士気を維持していた。"
"NSDAP"
"ヴァイマール共和国時代に、ローテンブルクの多くの人々が支持した政党は何ですか?"
"ヴァイマール共和国時代、この都市とその周辺の選挙区は、NSDAP支持者の多い地区となり、1933年の選挙でこの政党は80%もの票を獲得した。"
"1880年代になると、ロマン主義の画家らによってローテンブルクが再発見され、イギリスやフランスからも人気の観光地となっていった。街並みに大きな変更を加える事を禁ずる法律が作られた。第一次世界大戦前には、現在も存在しているホテル・アイゼンフートに滞在するバスツアーまであった。ヴァイマール共和国時代、この都市とその周辺の選挙区は、NSDAP支持者の多い地区となり、1933年の選挙でこの政党は80%もの票を獲得した。"
"ヴァイマール共和国時代、この都市とその周辺の選挙区は、<hl>NSDAP<hl>支持者の多い地区となり、1933年の選挙でこの政党は80%もの票を獲得した。"
"1880年代になると、ロマン主義の画家らによってローテンブルクが再発見され、イギリスやフランスからも人気の観光地となっていった。 街並みに大きな変更を加える事を禁ずる法律が作られた。 第一次世界大戦前には、現在も存在しているホテル・アイゼンフートに滞在するバスツアーまであった。 ヴァイマール共和国時代、この都市とその周辺の選挙区は、<hl>NSDAP<hl>支持者の多い地区となり、1933年の選挙でこの政党は80%もの票を獲得した。"
"1880年代になると、ロマン主義の画家らによってローテンブルクが再発見され、イギリスやフランスからも人気の観光地となっていった。 街並みに大きな変更を加える事を禁ずる法律が作られた。 第一次世界大戦前には、現在も存在しているホテル・アイゼンフートに滞在するバスツアーまであった。<hl>ヴァイマール共和国時代、この都市とその周辺の選挙区は、NSDAP支持者の多い地区となり、1933年の選挙でこの政党は80%もの票を獲得した。<hl>"
"オリンピック競技"
"店内でオリンピック委員会の許可無く、放映することが禁止されているものは何ですか?"
"店内でのオリンピック競技の放映をオリンピック委員会の許可無く行う事は禁止されているが、誰でも見られる放送をそのまま店内の民生用機器で再生する事は一般的な権利として認められる。"
"日本広告審査機構(JARO)は、「いかなる文言を使用しようとも、商業広告で2020年のオリンピック東京大会を想起させる表現をすることは、アンブッシュ・マーケティング(いわゆる便乗広告)として不正競争行為に該当するおそれがあり、JOC(日本オリンピック委員会)やIOC(国際オリンピック委員会)から使用の差し止め要請や損害賠償請求を受ける可能性がある」との見解を出しており、「東京オリンピック・パラリンピックを応援しています」という直接的な表現以外に「祝・夢の祭典」「2020円キャンペーン」など間接的に連想できる物もアンブッシュマーケティングである可能性であることを示唆している。友利昴氏(1級知的財産管理技能士・著述家)はオリンピック委員会の規制には根拠がないことが明らかにしている。過去の裁判やトラブル事例から「キャンペーンや抗議行動の態度からうかがえる、非常に旺盛な権利保護方針の割には、実際にはなんでもかんでも訴えているわけではない」と指摘し、アンブッシュマーケティングをめぐり訴訟になった数少ない裁判では、IOC側が敗訴していることを挙げている(オーストラリア、カナダ)。また上記のJAROの見解はIOCやJOCへの忖度に過ぎないとして、(JAROが正しい法的検討をせずに)「逃げを打つのは、広告業界の指針となるべき団体として、適切な姿勢といえるだろうか」と批判している。日本の商標権に関する規則では登録商標は同一又は類似した商品・役務の登録商標にのみ独占権があるとしており、オリンピックそのもの(大会や委員会)を示すために使うことは合法であるとしている。飲食店の屋号や表示として権利者に許可無く「オリンピックレストラン」、「オリンピック公式レストラン」などと表示するのは違法だが、本物のオリンピックに対して「オリンピックを見ながら飲食しましょう」と宣伝するのは問題無いとしている(商標としての独占であり、言葉の独占では無い)。著作権法上では公式のロゴやマークを許可無く利用する事は一般的に禁止されており、オリンピックも同様である。店内でのオリンピック競技の放映をオリンピック委員会の許可無く行う事は禁止されているが、誰でも見られる放送をそのまま店内の民生用機器で再生する事は一般的な権利として認められる。このため、テレビ放映されているオリンピックの映像を店内で流すことに関しては問題が無い。この場合は放送局がオリンピック委員会に放送するという事で利用料を払っている。"
"店内での<hl>オリンピック競技<hl>の放映をオリンピック委員会の許可無く行う事は禁止されているが、誰でも見られる放送をそのまま店内の民生用機器で再生する事は一般的な権利として認められる。"
"日本広告審査機構(JARO)は、「いかなる文言を使用しようとも、商業広告で2020年のオリンピック東京大会を想起させる表現をすることは、アンブッシュ・マーケティング(いわゆる便乗広告)として不正競争行為に該当するおそれがあり、JOC(日本オリンピック委員会)やIOC(国際オリンピック委員会)から使用の差し止め要請や損害賠償請求を受ける可能性がある」との見解を出しており、「東京オリンピック・パラリンピックを応援しています」という直接的な表現以外に「祝・夢の祭典」「2020円キャンペーン」など間接的に連想できる物もアンブッシュマーケティングである可能性であることを示唆している。 友利昴氏(1級知的財産管理技能士・著述家)はオリンピック委員会の規制には根拠がないことが明らかにしている。 過去の裁判やトラブル事例から「キャンペーンや抗議行動の態度からうかがえる、非常に旺盛な権利保護方針の割には、実際にはなんでもかんでも訴えているわけではない」と指摘し、アンブッシュマーケティングをめぐり訴訟になった数少ない裁判では、IOC側が敗訴していることを挙げている(オーストラリア、カナダ)。 また上記のJAROの見解はIOCやJOCへの忖度に過ぎないとして、(JAROが正しい法的検討をせずに)「逃げを打つのは、広告業界の指針となるべき団体として、適切な姿勢といえるだろうか」と批判している。 日本の商標権に関する規則では登録商標は同一又は類似した商品・役務の登録商標にのみ独占権があるとしており、オリンピックそのもの(大会や委員会)を示すために使うことは合法であるとしている。 飲食店の屋号や表示として権利者に許可無く「オリンピックレストラン」、「オリンピック公式レストラン」などと表示するのは違法だが、本物のオリンピックに対して「オリンピックを見ながら飲食しましょう」と宣伝するのは問題無いとしている(商標としての独占であり、言葉の独占では無い)。 著作権法上では公式のロゴやマークを許可無く利用する事は一般的に禁止されており、オリンピックも同様である。 店内での<hl>オリンピック競技<hl>の放映をオリンピック委員会の許可無く行う事は禁止されているが、誰でも見られる放送をそのまま店内の民生用機器で再生する事は一般的な権利として認められる。 このため、テレビ放映されているオリンピックの映像を店内で流すことに関しては問題が無い。 この場合は放送局がオリンピック委員会に放送するという事で利用料を払っている。"
"日本広告審査機構(JARO)は、「いかなる文言を使用しようとも、商業広告で2020年のオリンピック東京大会を想起させる表現をすることは、アンブッシュ・マーケティング(いわゆる便乗広告)として不正競争行為に該当するおそれがあり、JOC(日本オリンピック委員会)やIOC(国際オリンピック委員会)から使用の差し止め要請や損害賠償請求を受ける可能性がある」との見解を出しており、「東京オリンピック・パラリンピックを応援しています」という直接的な表現以外に「祝・夢の祭典」「2020円キャンペーン」など間接的に連想できる物もアンブッシュマーケティングである可能性であることを示唆している。 友利昴氏(1級知的財産管理技能士・著述家)はオリンピック委員会の規制には根拠がないことが明らかにしている。 過去の裁判やトラブル事例から「キャンペーンや抗議行動の態度からうかがえる、非常に旺盛な権利保護方針の割には、実際にはなんでもかんでも訴えているわけではない」と指摘し、アンブッシュマーケティングをめぐり訴訟になった数少ない裁判では、IOC側が敗訴していることを挙げている(オーストラリア、カナダ)。 また上記のJAROの見解はIOCやJOCへの忖度に過ぎないとして、(JAROが正しい法的検討をせずに)「逃げを打つのは、広告業界の指針となるべき団体として、適切な姿勢といえるだろうか」と批判している。 日本の商標権に関する規則では登録商標は同一又は類似した商品・役務の登録商標にのみ独占権があるとしており、オリンピックそのもの(大会や委員会)を示すために使うことは合法であるとしている。 飲食店の屋号や表示として権利者に許可無く「オリンピックレストラン」、「オリンピック公式レストラン」などと表示するのは違法だが、本物のオリンピックに対して「オリンピックを見ながら飲食しましょう」と宣伝するのは問題無いとしている(商標としての独占であり、言葉の独占では無い)。 著作権法上では公式のロゴやマークを許可無く利用する事は一般的に禁止されており、オリンピックも同様である。<hl>店内でのオリンピック競技の放映をオリンピック委員会の許可無く行う事は禁止されているが、誰でも見られる放送をそのまま店内の民生用機器で再生する事は一般的な権利として認められる。<hl>このため、テレビ放映されているオリンピックの映像を店内で流すことに関しては問題が無い。 この場合は放送局がオリンピック委員会に放送するという事で利用料を払っている。"
"マリー・アンヌ"
"『化学論集』(Mémoiresdechimie)の序文を書いたのは誰ですか。"
"マリー・アンヌはその遺志を継いで、1796年頃から同署の編集作業にあたった。"
"アントワーヌは生前、アカデミーで発表した論文をまとめた本を作る作業に取り組んでおり、獄中でも校正作業を続けていた。マリー・アンヌはその遺志を継いで、1796年頃から同署の編集作業にあたった。はじめは論文の共同執筆者でもあるセガンと共同で作業していたが、本の内容について両者が対立したため、マリー・アンヌが1人で編集することになった。マリー・アンヌは自ら序文を書き、1805年に『化学論集』(Mémoiresdechimie)として出版した。同書は協力者が得られなかったこともあって、本としては未完成の状態であった。そのうえ、マリー・アンヌは自分で選んだ一部の人や組織のみにしか同書を配布しなかったため、当時は一般に広く知られることはなかった。後世では、同書はマリー・アンヌの教養と、夫への愛のあかしとして評価されている。"
"<hl>マリー・アンヌ<hl>はその遺志を継いで、1796年頃から同署の編集作業にあたった。"
"アントワーヌは生前、アカデミーで発表した論文をまとめた本を作る作業に取り組んでおり、獄中でも校正作業を続けていた。<hl>マリー・アンヌ<hl>はその遺志を継いで、1796年頃から同署の編集作業にあたった。はじめは論文の共同執筆者でもあるセガンと共同で作業していたが、本の内容について両者が対立したため、マリー・アンヌが1人で編集することになった。マリー・アンヌは自ら序文を書き、1805年に『化学論集』(Mémoiresdechimie)として出版した。同書は協力者が得られなかったこともあって、本としては未完成の状態であった。そのうえ、マリー・アンヌは自分で選んだ一部の人や組織のみにしか同書を配布しなかったため、当時は一般に広く知られることはなかった。後世では、同書はマリー・アンヌの教養と、夫への愛のあかしとして評価されている。"
"アントワーヌは生前、アカデミーで発表した論文をまとめた本を作る作業に取り組んでおり、獄中でも校正作業を続けていた。<hl>マリー・アンヌはその遺志を継いで、1796年頃から同署の編集作業にあたった。<hl>はじめは論文の共同執筆者でもあるセガンと共同で作業していたが、本の内容について両者が対立したため、マリー・アンヌが1人で編集することになった。 マリー・アンヌは自ら序文を書き、1805年に『化学論集』(Mémoiresdechimie)として出版した。 同書は協力者が得られなかったこともあって、本としては未完成の状態であった。 そのうえ、マリー・アンヌは自分で選んだ一部の人や組織のみにしか同書を配布しなかったため、当時は一般に広く知られることはなかった。 後世では、同書はマリー・アンヌの教養と、夫への愛のあかしとして評価されている。"
"1893年2月"
"『ファルスタッフ』はいつ開幕したか。"
"そして1893年2月、79歳になったヴェルディの新作『ファルスタッフ』は開幕した。"
"そして1893年2月、79歳になったヴェルディの新作『ファルスタッフ』は開幕した。彼が目指した劇と曲の融合は喜劇においても健在で、むしろ圧倒するよりも機微に富んだ雰囲気を帯びて繊細さが増した。アンサンブルは多種多様で、対位法も2幕のコンチェルタートで複雑なポリフォニーを実現した。最後には喜劇に似つかわしくないフーガをあえて用いながら、モレル演じる太鼓腹の主人公に「最後に笑えばいいのさ」と陽気に締めくくらせた。"
"そして<hl>1893年2月<hl>、79歳になったヴェルディの新作『ファルスタッフ』は開幕した。"
"そして<hl>1893年2月<hl>、79歳になったヴェルディの新作『ファルスタッフ』は開幕した。彼が目指した劇と曲の融合は喜劇においても健在で、むしろ圧倒するよりも機微に富んだ雰囲気を帯びて繊細さが増した。アンサンブルは多種多様で、対位法も2幕のコンチェルタートで複雑なポリフォニーを実現した。最後には喜劇に似つかわしくないフーガをあえて用いながら、モレル演じる太鼓腹の主人公に「最後に笑えばいいのさ」と陽気に締めくくらせた。"
"<hl>そして1893年2月、79歳になったヴェルディの新作『ファルスタッフ』は開幕した。<hl>彼が目指した劇と曲の融合は喜劇においても健在で、むしろ圧倒するよりも機微に富んだ雰囲気を帯びて繊細さが増した。 アンサンブルは多種多様で、対位法も2幕のコンチェルタートで複雑なポリフォニーを実現した。 最後には喜劇に似つかわしくないフーガをあえて用いながら、モレル演じる太鼓腹の主人公に「最後に笑えばいいのさ」と陽気に締めくくらせた。"
"ポルトベロ"
"スペインの貿易を妨害するために、イギリスの艦隊は、どこを封鎖したか?"
"フランシス・ホジアー海軍少将率いるイギリス艦隊はカリブ海に派遣され、スペインの貿易を妨害しつつポルトベロを封鎖した。"
"イギリスでも戦争勃発が近いと予想され、慌ただしく戦争の準備を進めた。1725年8月以降、ジブラルタル総督リチャード・ケインはジブラルタルの防御工事を補強しており、1726年には首相ロバート・ウォルポールが海軍を外交カードとして使った。これにより、イギリスの地中海艦隊が増強され、チャールズ・ウェージャー提督率いるイギリス艦隊がバルト海に派遣されて1726年5月から9月までレヴァル港を封鎖、ロシア艦隊の出撃を阻止した。フランシス・ホジアー海軍少将率いるイギリス艦隊はカリブ海に派遣され、スペインの貿易を妨害しつつポルトベロを封鎖した。ウォルポールはスペインのインディアス艦隊がヨーロッパに到着できなくなることでその同盟国の財政を悪化させるほか、スペインとその植民地帝国の生存がイギリスの慈悲に依存することをフェリペ5世に示そうとした。"
"フランシス・ホジアー海軍少将率いるイギリス艦隊はカリブ海に派遣され、スペインの貿易を妨害しつつ<hl>ポルトベロ<hl>を封鎖した。"
"イギリスでも戦争勃発が近いと予想され、慌ただしく戦争の準備を進めた。1725年8月以降、ジブラルタル総督リチャード・ケインはジブラルタルの防御工事を補強しており、1726年には首相ロバート・ウォルポールが海軍を外交カードとして使った。これにより、イギリスの地中海艦隊が増強され、チャールズ・ウェージャー提督率いるイギリス艦隊がバルト海に派遣されて1726年5月から9月までレヴァル港を封鎖、ロシア艦隊の出撃を阻止した。フランシス・ホジアー海軍少将率いるイギリス艦隊はカリブ海に派遣され、スペインの貿易を妨害しつつ<hl>ポルトベロ<hl>を封鎖した。ウォルポールはスペインのインディアス艦隊がヨーロッパに到着できなくなることでその同盟国の財政を悪化させるほか、スペインとその植民地帝国の生存がイギリスの慈悲に依存することをフェリペ5世に示そうとした。"
"イギリスでも戦争勃発が近いと予想され、慌ただしく戦争の準備を進めた。 1725年8月以降、ジブラルタル総督リチャード・ケインはジブラルタルの防御工事を補強しており、1726年には首相ロバート・ウォルポールが海軍を外交カードとして使った。 これにより、イギリスの地中海艦隊が増強され、チャールズ・ウェージャー提督率いるイギリス艦隊がバルト海に派遣されて1726年5月から9月までレヴァル港を封鎖、ロシア艦隊の出撃を阻止した。<hl>フランシス・ホジアー海軍少将率いるイギリス艦隊はカリブ海に派遣され、スペインの貿易を妨害しつつポルトベロを封鎖した。<hl>ウォルポールはスペインのインディアス艦隊がヨーロッパに到着できなくなることでその同盟国の財政を悪化させるほか、スペインとその植民地帝国の生存がイギリスの慈悲に依存することをフェリペ5世に示そうとした。"
"貢納"
"モルダヴィアとワラキアがオスマン帝国から自治権を認められていたのは、何を行ったためですか?"
"当初、モルダヴィア、ワラキアはオスマン帝国へ貢納することで自治権を認められていたが、公爵の地位などをめぐって貴族(ボィエール)らの間で争いが生じた。"
"当初、モルダヴィア、ワラキアはオスマン帝国へ貢納することで自治権を認められていたが、公爵の地位などをめぐって貴族(ボィエール)らの間で争いが生じた。このため、ボィエールらは自らを有利にするためにオスマン帝国の高官らへ賄賂を送るようになったが、これは公爵の地位をオスマン帝国が左右することにつながった。そしてオスマン帝国占領下で認められた正教会を抑えていたためにその地位が向上していたギリシャ人らがワラキア、モルダヴィアへ移住しはじめた。"
"当初、モルダヴィア、ワラキアはオスマン帝国へ<hl>貢納<hl>することで自治権を認められていたが、公爵の地位などをめぐって貴族(ボィエール)らの間で争いが生じた。"
"当初、モルダヴィア、ワラキアはオスマン帝国へ<hl>貢納<hl>することで自治権を認められていたが、公爵の地位などをめぐって貴族(ボィエール)らの間で争いが生じた。このため、ボィエールらは自らを有利にするためにオスマン帝国の高官らへ賄賂を送るようになったが、これは公爵の地位をオスマン帝国が左右することにつながった。そしてオスマン帝国占領下で認められた正教会を抑えていたためにその地位が向上していたギリシャ人らがワラキア、モルダヴィアへ移住しはじめた。"
"<hl>当初、モルダヴィア、ワラキアはオスマン帝国へ貢納することで自治権を認められていたが、公爵の地位などをめぐって貴族(ボィエール)らの間で争いが生じた。<hl>このため、ボィエールらは自らを有利にするためにオスマン帝国の高官らへ賄賂を送るようになったが、これは公爵の地位をオスマン帝国が左右することにつながった。 そしてオスマン帝国占領下で認められた正教会を抑えていたためにその地位が向上していたギリシャ人らがワラキア、モルダヴィアへ移住しはじめた。"
"口の中"
"ムネエソ属やクロボウズギス属の発光器官はどこにありますか?"
"また、ムネエソ属やクロボウズギス属などいくつかのグループは、口の中に発光器官を持つ。"
"深海といえども、水深1,000m程度まではごくわずかに光が差し込む。そのため、日中に下から海面を見上げたとき、上部にいる生物の影が浮かび上がることになる。腹部に発光器を配置し、降り注ぐ光と同じレベルに輝度を調節すれば、このシルエットを消すことが可能になる。これをカウンターイルミネーションと呼び、中深層遊泳性の深海魚のほとんどがこの方法を利用している。完全に暗黒の領域となる1,000m以深ではカウンターイルミネーションの効果が期待できないためか、漸深層の深海魚には腹部の発光器はあまり見られない。餌となる生き物を照らし出すことが、生物発光の捕食における基本用途であり、多くの深海魚がこの種の発光を行う。ほとんどのワニトカゲギス科魚類は眼の直下、あるいは後部に大型の発光器を備えており、彼らの視界を明るく照らしている。一方、餌を誘引するための発光を行う深海魚も多い。チョウチンアンコウ類は擬餌状体の先端で共生発光を行って獲物を誘引するほか、オニアンコウ科のように複雑に分岐した顎髭のような自力発光器官を持つものもいる。また、ムネエソ属やクロボウズギス属などいくつかのグループは、口の中に発光器官を持つ。"
"また、ムネエソ属やクロボウズギス属などいくつかのグループは、<hl>口の中<hl>に発光器官を持つ。"
"深海といえども、水深1,000m程度まではごくわずかに光が差し込む。そのため、日中に下から海面を見上げたとき、上部にいる生物の影が浮かび上がることになる。腹部に発光器を配置し、降り注ぐ光と同じレベルに輝度を調節すれば、このシルエットを消すことが可能になる。これをカウンターイルミネーションと呼び、中深層遊泳性の深海魚のほとんどがこの方法を利用している。完全に暗黒の領域となる1,000m以深ではカウンターイルミネーションの効果が期待できないためか、漸深層の深海魚には腹部の発光器はあまり見られない。 餌となる生き物を照らし出すことが、生物発光の捕食における基本用途であり、多くの深海魚がこの種の発光を行う。ほとんどのワニトカゲギス科魚類は眼の直下、あるいは後部に大型の発光器を備えており、彼らの視界を明るく照らしている。一方、餌を誘引するための発光を行う深海魚も多い。チョウチンアンコウ類は擬餌状体の先端で共生発光を行って獲物を誘引するほか、オニアンコウ科のように複雑に分岐した顎髭のような自力発光器官を持つものもいる。また、ムネエソ属やクロボウズギス属などいくつかのグループは、<hl>口の中<hl>に発光器官を持つ。"
"深海といえども、水深1,000m程度まではごくわずかに光が差し込む。 そのため、日中に下から海面を見上げたとき、上部にいる生物の影が浮かび上がることになる。 腹部に発光器を配置し、降り注ぐ光と同じレベルに輝度を調節すれば、このシルエットを消すことが可能になる。 これをカウンターイルミネーションと呼び、中深層遊泳性の深海魚のほとんどがこの方法を利用している。 完全に暗黒の領域となる1,000m以深ではカウンターイルミネーションの効果が期待できないためか、漸深層の深海魚には腹部の発光器はあまり見られない。 餌となる生き物を照らし出すことが、生物発光の捕食における基本用途であり、多くの深海魚がこの種の発光を行う。 ほとんどのワニトカゲギス科魚類は眼の直下、あるいは後部に大型の発光器を備えており、彼らの視界を明るく照らしている。 一方、餌を誘引するための発光を行う深海魚も多い。 チョウチンアンコウ類は擬餌状体の先端で共生発光を行って獲物を誘引するほか、オニアンコウ科のように複雑に分岐した顎髭のような自力発光器官を持つものもいる。<hl>また、ムネエソ属やクロボウズギス属などいくつかのグループは、口の中に発光器官を持つ。<hl>"
"1709年6月27日"
"ポルタヴァの戦いは、いつ行われた戦闘か?"
"1708年にカール12世がロシア領に侵攻し、ウクライナ・コサックの首長マゼーパと連合したが、1709年6月27日にポルタヴァの戦いでピョートルは冬将軍と焦土作戦でスウェーデン軍を弱体化させ大敗させた。"
"1708年にカール12世がロシア領に侵攻し、ウクライナ・コサックの首長マゼーパと連合したが、1709年6月27日にポルタヴァの戦いでピョートルは冬将軍と焦土作戦でスウェーデン軍を弱体化させ大敗させた。カール12世はトルコに逃げたため故国に戻れず、ピョートルはこの機に乗じて親露派のアウグスト2世をポーランド王位に復帰させ、カレリアとリヴォニアを征服した。"
"1708年にカール12世がロシア領に侵攻し、ウクライナ・コサックの首長マゼーパと連合したが、<hl>1709年6月27日<hl>にポルタヴァの戦いでピョートルは冬将軍と焦土作戦でスウェーデン軍を弱体化させ大敗させた。"
"1708年にカール12世がロシア領に侵攻し、ウクライナ・コサックの首長マゼーパと連合したが、<hl>1709年6月27日<hl>にポルタヴァの戦いでピョートルは冬将軍と焦土作戦でスウェーデン軍を弱体化させ大敗させた。カール12世はトルコに逃げたため故国に戻れず、ピョートルはこの機に乗じて親露派のアウグスト2世をポーランド王位に復帰させ、カレリアとリヴォニアを征服した。"
"<hl>1708年にカール12世がロシア領に侵攻し、ウクライナ・コサックの首長マゼーパと連合したが、1709年6月27日にポルタヴァの戦いでピョートルは冬将軍と焦土作戦でスウェーデン軍を弱体化させ大敗させた。<hl>カール12世はトルコに逃げたため故国に戻れず、ピョートルはこの機に乗じて親露派のアウグスト2世をポーランド王位に復帰させ、カレリアとリヴォニアを征服した。"
"1997年"
"桂がバッドマン映画のパンフレットに2度のコメントを寄稿した内、最初にコメントした映画は何年に公開されましたか?"
"桂はバットマングッズのコレクターとしても有名で、1997年(平成9年)の『バットマン&ロビンMr.フリーズの逆襲』および2012年(平成24年)の『ダークナイトライジング』ではパンフレットにコメントを寄稿、2008年(平成20年)にバンダイより発売される『ダークナイト』のアクションフィギュア『MOVIEREALIZATIONBATMAN&BAT-POD』ではスーパーバイザーを務め、デザインアレンジとパッケージイラストを担当している。"
"桂はバットマングッズのコレクターとしても有名で、1997年(平成9年)の『バットマン&ロビンMr.フリーズの逆襲』および2012年(平成24年)の『ダークナイトライジング』ではパンフレットにコメントを寄稿、2008年(平成20年)にバンダイより発売される『ダークナイト』のアクションフィギュア『MOVIEREALIZATIONBATMAN&BAT-POD』ではスーパーバイザーを務め、デザインアレンジとパッケージイラストを担当している。ファンとなったきっかけは1989年の映画『バットマン』(ティム・バートン)で、同作によって「ウイングマン」の連載終了後には飽きていたヒーロー物に対する情熱が再燃した旨を語っている。"
"桂はバットマングッズのコレクターとしても有名で、<hl>1997年<hl>(平成9年)の『バットマン&ロビンMr.フリーズの逆襲』および2012年(平成24年)の『ダークナイトライジング』ではパンフレットにコメントを寄稿、2008年(平成20年)にバンダイより発売される『ダークナイト』のアクションフィギュア『MOVIEREALIZATIONBATMAN&BAT-POD』ではスーパーバイザーを務め、デザインアレンジとパッケージイラストを担当している。"
"桂はバットマングッズのコレクターとしても有名で、<hl>1997年<hl>(平成9年)の『バットマン&ロビンMr.フリーズの逆襲』および2012年(平成24年)の『ダークナイトライジング』ではパンフレットにコメントを寄稿、2008年(平成20年)にバンダイより発売される『ダークナイト』のアクションフィギュア『MOVIEREALIZATIONBATMAN&BAT-POD』ではスーパーバイザーを務め、デザインアレンジとパッケージイラストを担当している。 ファンとなったきっかけは1989年の映画『バットマン』(ティム・バートン)で、同作によって「ウイングマン」の連載終了後には飽きていたヒーロー物に対する情熱が再燃した旨を語っている。"
"<hl>桂はバットマングッズのコレクターとしても有名で、1997年(平成9年)の『バットマン&ロビンMr.フリーズの逆襲』および2012年(平成24年)の『ダークナイトライジング』ではパンフレットにコメントを寄稿、2008年(平成20年)にバンダイより発売される『ダークナイト』のアクションフィギュア『MOVIEREALIZATIONBATMAN&BAT-POD』ではスーパーバイザーを務め、デザインアレンジとパッケージイラストを担当している。<hl>ファンとなったきっかけは1989年の映画『バットマン』(ティム・バートン)で、同作によって「ウイングマン」の連載終了後には飽きていたヒーロー物に対する情熱が再燃した旨を語っている。"
"2006年"
"帯広市図書館が現在地に移転したのはいつですか?"
"時代が平成に入ると施設の老朽化や狭あい化が目立つようになり、帯広駅の南隣に位置する現在地に2006年に新築移転した。"
"帯広市図書館(おびひろしとしょかん)は、北海道帯広市にある公共図書館である。帯広市では、市中心部に図書館(以下、本館とする)を設置し、移動図書館を運営しているほか、市内のコミュニティ施設等に図書室・図書コーナーを開設している。帯広市図書館のルーツは、1907年に当時の帯広町民が始めた巡回文庫とされる。1916年に町民有志の資金により図書館が建設された後、1920年に施設と蔵書が帯広町に寄付されたことで「町立大典記念帯広図書館」が発足した。その後、公民館図書館として業務が行われ、数度の移転を経て施設、蔵書、サービスの拡充が進み、1963年に図書館法に基づき「帯広市図書館」として独立した。1964年に自動車文庫が開始され、1968年に本館が新築された。時代が平成に入ると施設の老朽化や狭あい化が目立つようになり、帯広駅の南隣に位置する現在地に2006年に新築移転した。運営は帯広市による直営とし、「市民と一緒につくる図書館」を合言葉に掲げ、地元住民や団体からの寄付などを通じた財政的支援とボランティアによる人的支援が熱心に行われている。運営方針に『「十勝圏の拠点図書館」としての役割』、『ソフト施策の充実』、『市民との協働』を掲げ、帯広・十勝の情報発信・生涯学習の拠点の一つとして、地域住民に向けた図書館サービスの提供、子どもの読書活動を推進する活動、郷土文化の継承や地域の文芸振興に関する事業などを行っている。"
"時代が平成に入ると施設の老朽化や狭あい化が目立つようになり、帯広駅の南隣に位置する現在地に<hl>2006年<hl>に新築移転した。"
"帯広市図書館(おびひろしとしょかん)は、北海道帯広市にある公共図書館である。 帯広市では、市中心部に図書館(以下、本館とする)を設置し、移動図書館を運営しているほか、市内のコミュニティ施設等に図書室・図書コーナーを開設している。 帯広市図書館のルーツは、1907年に当時の帯広町民が始めた巡回文庫とされる。 1916年に町民有志の資金により図書館が建設された後、1920年に施設と蔵書が帯広町に寄付されたことで「町立大典記念帯広図書館」が発足した。 その後、公民館図書館として業務が行われ、数度の移転を経て施設、蔵書、サービスの拡充が進み、1963年に図書館法に基づき「帯広市図書館」として独立した。 1964年に自動車文庫が開始され、1968年に本館が新築された。 時代が平成に入ると施設の老朽化や狭あい化が目立つようになり、帯広駅の南隣に位置する現在地に<hl>2006年<hl>に新築移転した。 運営は帯広市による直営とし、「市民と一緒につくる図書館」を合言葉に掲げ、地元住民や団体からの寄付などを通じた財政的支援とボランティアによる人的支援が熱心に行われている。 運営方針に『「十勝圏の拠点図書館」としての役割』、『ソフト施策の充実』、『市民との協働』を掲げ、帯広・十勝の情報発信・生涯学習の拠点の一つとして、地域住民に向けた図書館サービスの提供、子どもの読書活動を推進する活動、郷土文化の継承や地域の文芸振興に関する事業などを行っている。"
"帯広市図書館(おびひろしとしょかん)は、北海道帯広市にある公共図書館である。 帯広市では、市中心部に図書館(以下、本館とする)を設置し、移動図書館を運営しているほか、市内のコミュニティ施設等に図書室・図書コーナーを開設している。 帯広市図書館のルーツは、1907年に当時の帯広町民が始めた巡回文庫とされる。 1916年に町民有志の資金により図書館が建設された後、1920年に施設と蔵書が帯広町に寄付されたことで「町立大典記念帯広図書館」が発足した。 その後、公民館図書館として業務が行われ、数度の移転を経て施設、蔵書、サービスの拡充が進み、1963年に図書館法に基づき「帯広市図書館」として独立した。 1964年に自動車文庫が開始され、1968年に本館が新築された。<hl>時代が平成に入ると施設の老朽化や狭あい化が目立つようになり、帯広駅の南隣に位置する現在地に2006年に新築移転した。<hl>運営は帯広市による直営とし、「市民と一緒につくる図書館」を合言葉に掲げ、地元住民や団体からの寄付などを通じた財政的支援とボランティアによる人的支援が熱心に行われている。 運営方針に『「十勝圏の拠点図書館」としての役割』、『ソフト施策の充実』、『市民との協働』を掲げ、帯広・十勝の情報発信・生涯学習の拠点の一つとして、地域住民に向けた図書館サービスの提供、子どもの読書活動を推進する活動、郷土文化の継承や地域の文芸振興に関する事業などを行っている。"
"トンネルを跨ぐ架台"
"トンネルと校舎を絶縁する対策として何を構築しましたか?"
"さらにトンネル上部に建設される校舎については、トンネルを跨ぐ架台を構築してその上に校舎の基礎を載せることで、トンネルと校舎を絶縁する対策が採られることになった。"
"トンネルの防振対策が様々な観点で検討された。軌道構造としては弾性被覆材を介してPC枕木をコンクリート路盤上に固定するB型弾直軌道が採用された。また路盤構造としては、通常はトンネルの底盤をそのまま路盤とするが、路盤をトンネル底面から浮かせるフローティングスラブ構造を採用することにした。路盤をコンクリート製の桁構造とし、トンネル底盤に設置したゴムシューで桁を支えるものである。またトンネル躯体の寸法を厚くすることにし、質量・剛性の増大により振動を抑えることにした。加えて掘削時の土留壁を連続地中壁として、トンネル完成後も存置することで地中振動遮断壁として利用することにした。さらにトンネル上部に建設される校舎については、トンネルを跨ぐ架台を構築してその上に校舎の基礎を載せることで、トンネルと校舎を絶縁する対策が採られることになった。"
"さらにトンネル上部に建設される校舎については、<hl>トンネルを跨ぐ架台<hl>を構築してその上に校舎の基礎を載せることで、トンネルと校舎を絶縁する対策が採られることになった。"
"トンネルの防振対策が様々な観点で検討された。 軌道構造としては弾性被覆材を介してPC枕木をコンクリート路盤上に固定するB型弾直軌道が採用された。 また路盤構造としては、通常はトンネルの底盤をそのまま路盤とするが、路盤をトンネル底面から浮かせるフローティングスラブ構造を採用することにした。 路盤をコンクリート製の桁構造とし、トンネル底盤に設置したゴムシューで桁を支えるものである。 またトンネル躯体の寸法を厚くすることにし、質量・剛性の増大により振動を抑えることにした。 加えて掘削時の土留壁を連続地中壁として、トンネル完成後も存置することで地中振動遮断壁として利用することにした。 さらにトンネル上部に建設される校舎については、<hl>トンネルを跨ぐ架台<hl>を構築してその上に校舎の基礎を載せることで、トンネルと校舎を絶縁する対策が採られることになった。"
"トンネルの防振対策が様々な観点で検討された。 軌道構造としては弾性被覆材を介してPC枕木をコンクリート路盤上に固定するB型弾直軌道が採用された。 また路盤構造としては、通常はトンネルの底盤をそのまま路盤とするが、路盤をトンネル底面から浮かせるフローティングスラブ構造を採用することにした。 路盤をコンクリート製の桁構造とし、トンネル底盤に設置したゴムシューで桁を支えるものである。 またトンネル躯体の寸法を厚くすることにし、質量・剛性の増大により振動を抑えることにした。 加えて掘削時の土留壁を連続地中壁として、トンネル完成後も存置することで地中振動遮断壁として利用することにした。<hl>さらにトンネル上部に建設される校舎については、トンネルを跨ぐ架台を構築してその上に校舎の基礎を載せることで、トンネルと校舎を絶縁する対策が採られることになった。<hl>"
"ニューヨーク・ラ・ママシアター"
"『毛皮のマリー』は1970年7月に、アメリカのどの劇場で上演されたか。"
"1970年7月にはロックフェラー財団の招聘事業として、アメリカのニューヨーク・ラ・ママシアターにて、演出は寺山修司、出演は現地のアメリカ人俳優により上演され、好評を博した。"
"『毛皮のマリー』は1969年6月3日〜4日に、西ドイツのフランクフルトの国際実験演劇祭にて、ATA劇場で演出萩原朔美、出演演劇実験室・天井棧敷により上演された。1969年11月には西ドイツのエッセン市立劇場演出にて、演出は寺山修司及びクラウス・ライニンガーで、現地のドイツ人俳優を起用して上演され、ロングランヒットとなった。1970年7月にはロックフェラー財団の招聘事業として、アメリカのニューヨーク・ラ・ママシアターにて、演出は寺山修司、出演は現地のアメリカ人俳優により上演され、好評を博した。1971年には天井棧敷が海外巡業を行い、フランスのレアール市場でも上演されている。"
"1970年7月にはロックフェラー財団の招聘事業として、アメリカの<hl>ニューヨーク・ラ・ママシアター<hl>にて、演出は寺山修司、出演は現地のアメリカ人俳優により上演され、好評を博した。"
"『毛皮のマリー』は1969年6月3日〜4日に、西ドイツのフランクフルトの国際実験演劇祭にて、ATA劇場で演出萩原朔美、出演演劇実験室・天井棧敷により上演された。1969年11月には西ドイツのエッセン市立劇場演出にて、演出は寺山修司及びクラウス・ライニンガーで、現地のドイツ人俳優を起用して上演され、ロングランヒットとなった。1970年7月にはロックフェラー財団の招聘事業として、アメリカの<hl>ニューヨーク・ラ・ママシアター<hl>にて、演出は寺山修司、出演は現地のアメリカ人俳優により上演され、好評を博した。1971年には天井棧敷が海外巡業を行い、フランスのレアール市場でも上演されている。"
"『毛皮のマリー』は1969年6月3日〜4日に、西ドイツのフランクフルトの国際実験演劇祭にて、ATA劇場で演出萩原朔美、出演演劇実験室・天井棧敷により上演された。 1969年11月には西ドイツのエッセン市立劇場演出にて、演出は寺山修司及びクラウス・ライニンガーで、現地のドイツ人俳優を起用して上演され、ロングランヒットとなった。<hl>1970年7月にはロックフェラー財団の招聘事業として、アメリカのニューヨーク・ラ・ママシアターにて、演出は寺山修司、出演は現地のアメリカ人俳優により上演され、好評を博した。<hl>1971年には天井棧敷が海外巡業を行い、フランスのレアール市場でも上演されている。"
"蛭ヶ岳"
"丹沢山地で最も高い山とは何?"
"丹沢山地最高峰の蛭ヶ岳から西へ伸びる丹沢主稜にある山であり、丹沢山地で4番目に高い山である。"
"檜洞丸(ひのきぼらまる)は、丹沢山地西部、神奈川県相模原市と同県足柄上郡山北町の境にある標高1,601mの山である。別名、青ヶ岳(あおがたけ)だ。新字体で桧洞丸と表記されることもある。丹沢山地最高峰の蛭ヶ岳から西へ伸びる丹沢主稜にある山であり、丹沢山地で4番目に高い山である。周辺の山々とともに丹沢大山国定公園に指定されている。頂稜を深々としたブナ林に覆われたどっしりとした山容を持つことから西丹沢の盟主と呼ばれる。5月下旬から6月上旬にかけて山を彩るツツジで近年人気の山となっており、多くの登山者が訪れる。"
"丹沢山地最高峰の<hl>蛭ヶ岳<hl>から西へ伸びる丹沢主稜にある山であり、丹沢山地で4番目に高い山である。"
"檜洞丸(ひのきぼらまる)は、丹沢山地西部、神奈川県相模原市と同県足柄上郡山北町の境にある標高1,601mの山である。 別名、青ヶ岳(あおがたけ)だ。 新字体で桧洞丸と表記されることもある。 丹沢山地最高峰の<hl>蛭ヶ岳<hl>から西へ伸びる丹沢主稜にある山であり、丹沢山地で4番目に高い山である。 周辺の山々とともに丹沢大山国定公園に指定されている。 頂稜を深々としたブナ林に覆われたどっしりとした山容を持つことから西丹沢の盟主と呼ばれる。 5月下旬から6月上旬にかけて山を彩るツツジで近年人気の山となっており、多くの登山者が訪れる。"
"檜洞丸(ひのきぼらまる)は、丹沢山地西部、神奈川県相模原市と同県足柄上郡山北町の境にある標高1,601mの山である。 別名、青ヶ岳(あおがたけ)だ。 新字体で桧洞丸と表記されることもある。<hl>丹沢山地最高峰の蛭ヶ岳から西へ伸びる丹沢主稜にある山であり、丹沢山地で4番目に高い山である。<hl>周辺の山々とともに丹沢大山国定公園に指定されている。 頂稜を深々としたブナ林に覆われたどっしりとした山容を持つことから西丹沢の盟主と呼ばれる。 5月下旬から6月上旬にかけて山を彩るツツジで近年人気の山となっており、多くの登山者が訪れる。"
"サンデーサイレンス"
"カリフォルニア州からケンタッキーに戻る帰り道でのトラック事故で、唯一の生き残りは何だった?"
"ハンコックはサンデーサイレンスをキーンランド・ジュライセールで買い戻したあと、同馬を友人のポール・サリバンと半分ずつの持ち分で共有した。"
"ハンコックはサンデーサイレンスをキーンランド・ジュライセールで買い戻したあと、同馬を友人のポール・サリバンと半分ずつの持ち分で共有した。その後サリバンは、カリフォルニア州のトレーニングセールで買い戻された時期に所有する競走馬の調教費と相殺する形で調教師のチャーリー・ウィッティンガムに持ち分を売却し、ウィッティンガムは、そのうちの半分を友人の医師アーネスト・ゲイラードに売却した。しかし、カリフォルニア州からケンタッキーに戻るセリからの帰り道では、道のりの半ばのちょうどテキサス州がニューメキシコ州とオクラホマ州との間に細長く突き出ているあたりに差し掛かったところでトラックの運転手が突然心臓発作を起こして馬運車が大きく傾きながら横転する事故に遭った。サンデーサイレンスは奇跡的に一命を取り留めて競走能力こそ失わなかったものの、全身に無数の切り傷と打撲を負い、しばらくまっすぐに歩けなくなるほどの重傷を負った。このとき馬運車を運転していた運転手、馬運車に乗っていたサンデーサイレンス以外の競走馬はすべて死亡した。サンデーサイレンスはその後オクラホマ州の獣医病院に搬送され、2週間後に退院してケンタッキーに戻った。"
"ハンコックは<hl>サンデーサイレンス<hl>をキーンランド・ジュライセールで買い戻したあと、同馬を友人のポール・サリバンと半分ずつの持ち分で共有した。"
"ハンコックは<hl>サンデーサイレンス<hl>をキーンランド・ジュライセールで買い戻したあと、同馬を友人のポール・サリバンと半分ずつの持ち分で共有した。 その後サリバンは、カリフォルニア州のトレーニングセールで買い戻された時期に所有する競走馬の調教費と相殺する形で調教師のチャーリー・ウィッティンガムに持ち分を売却し、ウィッティンガムは、そのうちの半分を友人の医師アーネスト・ゲイラードに売却した。 しかし、カリフォルニア州からケンタッキーに戻るセリからの帰り道では、道のりの半ばのちょうどテキサス州がニューメキシコ州とオクラホマ州との間に細長く突き出ているあたりに差し掛かったところでトラックの運転手が突然心臓発作を起こして馬運車が大きく傾きながら横転する事故に遭った。 サンデーサイレンスは奇跡的に一命を取り留めて競走能力こそ失わなかったものの、全身に無数の切り傷と打撲を負い、しばらくまっすぐに歩けなくなるほどの重傷を負った。 このとき馬運車を運転していた運転手、馬運車に乗っていたサンデーサイレンス以外の競走馬はすべて死亡した。 サンデーサイレンスはその後オクラホマ州の獣医病院に搬送され、2週間後に退院してケンタッキーに戻った。"
"<hl>ハンコックはサンデーサイレンスをキーンランド・ジュライセールで買い戻したあと、同馬を友人のポール・サリバンと半分ずつの持ち分で共有した。<hl>その後サリバンは、カリフォルニア州のトレーニングセールで買い戻された時期に所有する競走馬の調教費と相殺する形で調教師のチャーリー・ウィッティンガムに持ち分を売却し、ウィッティンガムは、そのうちの半分を友人の医師アーネスト・ゲイラードに売却した。 しかし、カリフォルニア州からケンタッキーに戻るセリからの帰り道では、道のりの半ばのちょうどテキサス州がニューメキシコ州とオクラホマ州との間に細長く突き出ているあたりに差し掛かったところでトラックの運転手が突然心臓発作を起こして馬運車が大きく傾きながら横転する事故に遭った。 サンデーサイレンスは奇跡的に一命を取り留めて競走能力こそ失わなかったものの、全身に無数の切り傷と打撲を負い、しばらくまっすぐに歩けなくなるほどの重傷を負った。 このとき馬運車を運転していた運転手、馬運車に乗っていたサンデーサイレンス以外の競走馬はすべて死亡した。 サンデーサイレンスはその後オクラホマ州の獣医病院に搬送され、2週間後に退院してケンタッキーに戻った。"
"電気機関車"
"電気機関車と蒸気機関車を比べると、どっちの方が高速化・大出力化が容易であるか。"
"電気機関車は、電気でモーターを回して走行する機関車である。"
"電気機関車は、電気でモーターを回して走行する機関車である。電力は架線や第三軌条から集電して取り入れるのが一般的であるが、蓄電池を搭載してその電力で走行する機関車も電気機関車に含まれる。電車と同様の理由で、蓄電池式の電気機関車は少数である。搭載している内燃機関により発電してその電力でモーターを回して走行する機関車は、一般に内燃機関車に分類されている。また電化区間では集電して電気機関車として走行し、非電化区間では搭載している内燃機関を起動してその発電した電力によって走行するという機関車も存在しており、電気・内燃ハイブリッド機関車といえる。電気機関車は、蒸気機関車に比べて効率がよく運転もしやすい。また高速化・大出力化が容易である。一方で電車と同じように膨大な地上設備を必要としている。このため運転頻度が高い路線を中心に用いられている。日本やヨーロッパ、ロシア、中華人民共和国では幹線網の電化が進んでいるので、電気機関車が広く用いられている。一方、北アメリカやオーストラリアなどでは鉄道網があまり電化されておらず、ディーゼル機関車が主力となっている。"
"<hl>電気機関車<hl>は、電気でモーターを回して走行する機関車である。"
"<hl>電気機関車<hl>は、電気でモーターを回して走行する機関車である。電力は架線や第三軌条から集電して取り入れるのが一般的であるが、蓄電池を搭載してその電力で走行する機関車も電気機関車に含まれる。電車と同様の理由で、蓄電池式の電気機関車は少数である。搭載している内燃機関により発電してその電力でモーターを回して走行する機関車は、一般に内燃機関車に分類されている。また電化区間では集電して電気機関車として走行し、非電化区間では搭載している内燃機関を起動してその発電した電力によって走行するという機関車も存在しており、電気・内燃ハイブリッド機関車といえる。電気機関車は、蒸気機関車に比べて効率がよく運転もしやすい。また高速化・大出力化が容易である。一方で電車と同じように膨大な地上設備を必要としている。このため運転頻度が高い路線を中心に用いられている。日本やヨーロッパ、ロシア、中華人民共和国では幹線網の電化が進んでいるので、電気機関車が広く用いられている。一方、北アメリカやオーストラリアなどでは鉄道網があまり電化されておらず、ディーゼル機関車が主力となっている。"
"<hl>電気機関車は、電気でモーターを回して走行する機関車である。<hl>電力は架線や第三軌条から集電して取り入れるのが一般的であるが、蓄電池を搭載してその電力で走行する機関車も電気機関車に含まれる。 電車と同様の理由で、蓄電池式の電気機関車は少数である。 搭載している内燃機関により発電してその電力でモーターを回して走行する機関車は、一般に内燃機関車に分類されている。 また電化区間では集電して電気機関車として走行し、非電化区間では搭載している内燃機関を起動してその発電した電力によって走行するという機関車も存在しており、電気・内燃ハイブリッド機関車といえる。 電気機関車は、蒸気機関車に比べて効率がよく運転もしやすい。 また高速化・大出力化が容易である。 一方で電車と同じように膨大な地上設備を必要としている。 このため運転頻度が高い路線を中心に用いられている。 日本やヨーロッパ、ロシア、中華人民共和国では幹線網の電化が進んでいるので、電気機関車が広く用いられている。 一方、北アメリカやオーストラリアなどでは鉄道網があまり電化されておらず、ディーゼル機関車が主力となっている。"
"ハーメルン"
"ハーメルンの笛吹き男はどこの街の伝承ですか?"
"ハーメルンの笛吹き男(ハーメルンのふえふきおとこ、独:RattenfängervonHameln)は、ドイツの街ハーメルンにおいて1284年6月26日に起きたとされる出来事についての伝承である。"
"ハーメルンの笛吹き男(ハーメルンのふえふきおとこ、独:RattenfängervonHameln)は、ドイツの街ハーメルンにおいて1284年6月26日に起きたとされる出来事についての伝承である。グリム兄弟を含む複数の者の手で記録に残され、現代まで伝わった。"
"<hl>ハーメルン<hl>の笛吹き男(ハーメルンのふえふきおとこ、独:RattenfängervonHameln)は、ドイツの街ハーメルンにおいて1284年6月26日に起きたとされる出来事についての伝承である。"
"<hl>ハーメルン<hl>の笛吹き男(ハーメルンのふえふきおとこ、独:RattenfängervonHameln)は、ドイツの街ハーメルンにおいて1284年6月26日に起きたとされる出来事についての伝承である。 グリム兄弟を含む複数の者の手で記録に残され、現代まで伝わった。"
"<hl>ハーメルンの笛吹き男(ハーメルンのふえふきおとこ、独:RattenfängervonHameln)は、ドイツの街ハーメルンにおいて1284年6月26日に起きたとされる出来事についての伝承である。<hl>グリム兄弟を含む複数の者の手で記録に残され、現代まで伝わった。"
"大阪電灯株式会社"
"「有限責任大阪電灯会社」の名称はのちに何に変わりましたか。"
"社名は発足当初「有限責任大阪電灯会社」と称したが、18937月に「大阪電灯株式会社」に改称している。"
"1887年11月28日、大阪府知事あてに事業設立願書が提出された。その発起人は大阪の有力実業家20名で、鴻池財閥の鴻池善右衛門、住友財閥の住友吉左衛門のほか、山口吉郎兵衛・阿部彦太郎・下郷伝平・松本重太郎・田中市兵衛・藤田伝三郎・土居通夫らが名を連ねた。同年12月1日に認可を受けて準備を進め、翌1888年2月5日、発起人により創立総会が開催されここに大阪電灯が発足するに至った。社名は発足当初「有限責任大阪電灯会社」と称したが、18937月に「大阪電灯株式会社」に改称している。資本金は40万円である。会社の設立とともに20名の発起人の中から土居通夫・豊田文三郎・玉手弘通・野田吉兵衛・徳田亀太郎の5名が取締役に選出され、そのうち土居が初代社長に就任した。土居は宇和島藩出身の士族で維新後は明治政府に出仕していたが、1884年に官を辞して実業界に入り鴻池家の顧問となり、次いで大阪電灯の設立に参加、後年には大阪商業会議所会頭にも推された。設立以後30年にわたり、土居は大阪電灯を社長として率いることになる。"
"社名は発足当初「有限責任大阪電灯会社」と称したが、18937月に「<hl>大阪電灯株式会社<hl>」に改称している。"
"1887年11月28日、大阪府知事あてに事業設立願書が提出された。その発起人は大阪の有力実業家20名で、鴻池財閥の鴻池善右衛門、住友財閥の住友吉左衛門のほか、山口吉郎兵衛・阿部彦太郎・下郷伝平・松本重太郎・田中市兵衛・藤田伝三郎・土居通夫らが名を連ねた。同年12月1日に認可を受けて準備を進め、翌1888年2月5日、発起人により創立総会が開催されここに大阪電灯が発足するに至った。社名は発足当初「有限責任大阪電灯会社」と称したが、18937月に「<hl>大阪電灯株式会社<hl>」に改称している。資本金は40万円である。会社の設立とともに20名の発起人の中から土居通夫・豊田文三郎・玉手弘通・野田吉兵衛・徳田亀太郎の5名が取締役に選出され、そのうち土居が初代社長に就任した。土居は宇和島藩出身の士族で維新後は明治政府に出仕していたが、1884年に官を辞して実業界に入り鴻池家の顧問となり、次いで大阪電灯の設立に参加、後年には大阪商業会議所会頭にも推された。設立以後30年にわたり、土居は大阪電灯を社長として率いることになる。"
"1887年11月28日、大阪府知事あてに事業設立願書が提出された。 その発起人は大阪の有力実業家20名で、鴻池財閥の鴻池善右衛門、住友財閥の住友吉左衛門のほか、山口吉郎兵衛・阿部彦太郎・下郷伝平・松本重太郎・田中市兵衛・藤田伝三郎・土居通夫らが名を連ねた。 同年12月1日に認可を受けて準備を進め、翌1888年2月5日、発起人により創立総会が開催されここに大阪電灯が発足するに至った。<hl>社名は発足当初「有限責任大阪電灯会社」と称したが、18937月に「大阪電灯株式会社」に改称している。<hl>資本金は40万円である。 会社の設立とともに20名の発起人の中から土居通夫・豊田文三郎・玉手弘通・野田吉兵衛・徳田亀太郎の5名が取締役に選出され、そのうち土居が初代社長に就任した。 土居は宇和島藩出身の士族で維新後は明治政府に出仕していたが、1884年に官を辞して実業界に入り鴻池家の顧問となり、次いで大阪電灯の設立に参加、後年には大阪商業会議所会頭にも推された。 設立以後30年にわたり、土居は大阪電灯を社長として率いることになる。"
"オス"
"ぶん公の性別は?"
"ぶん公(ぶんこう、1914年(大正3年)-1938年(昭和13年)2月3日)は、オスの雑種犬である。"
"ぶん公(ぶんこう、1914年(大正3年)-1938年(昭和13年)2月3日)は、オスの雑種犬である。仔犬の頃に火事の焼け跡で鳴いていたところを救われたこの犬は、大正から昭和の初めにかけて小樽の消防組の建物に住み着き、消防隊員たちに可愛がられていた。ぶん公は隊員たちとともに消防車に乗って「出動」し、火災現場ではやじ馬たちの整理やホースのもつれ直しなどでその能力を発揮した。ぶん公の「出動」回数はその生涯で1000回を優に超えていたといわれる。ぶん公は24歳という長寿でこの世を去り、その遺骸は剥製として残された。2006年(平成18年)には、ぶん公の功績を称えて記念碑が建立された。ぶん公については、その生涯とエピソードが子供向けの絵本や読み物となっている。名前については、ブン公、文(ぶん)、文公(ぶんこう)などの表記も見られる。"
"ぶん公(ぶんこう、1914年(大正3年)-1938年(昭和13年)2月3日)は、<hl>オス<hl>の雑種犬である。"
"ぶん公(ぶんこう、1914年(大正3年)-1938年(昭和13年)2月3日)は、<hl>オス<hl>の雑種犬である。 仔犬の頃に火事の焼け跡で鳴いていたところを救われたこの犬は、大正から昭和の初めにかけて小樽の消防組の建物に住み着き、消防隊員たちに可愛がられていた。 ぶん公は隊員たちとともに消防車に乗って「出動」し、火災現場ではやじ馬たちの整理やホースのもつれ直しなどでその能力を発揮した。 ぶん公の「出動」回数はその生涯で1000回を優に超えていたといわれる。 ぶん公は24歳という長寿でこの世を去り、その遺骸は剥製として残された。 2006年(平成18年)には、ぶん公の功績を称えて記念碑が建立された。 ぶん公については、その生涯とエピソードが子供向けの絵本や読み物となっている。 名前については、ブン公、文(ぶん)、文公(ぶんこう)などの表記も見られる。"
"<hl>ぶん公(ぶんこう、1914年(大正3年)-1938年(昭和13年)2月3日)は、オスの雑種犬である。<hl>仔犬の頃に火事の焼け跡で鳴いていたところを救われたこの犬は、大正から昭和の初めにかけて小樽の消防組の建物に住み着き、消防隊員たちに可愛がられていた。 ぶん公は隊員たちとともに消防車に乗って「出動」し、火災現場ではやじ馬たちの整理やホースのもつれ直しなどでその能力を発揮した。 ぶん公の「出動」回数はその生涯で1000回を優に超えていたといわれる。 ぶん公は24歳という長寿でこの世を去り、その遺骸は剥製として残された。 2006年(平成18年)には、ぶん公の功績を称えて記念碑が建立された。 ぶん公については、その生涯とエピソードが子供向けの絵本や読み物となっている。 名前については、ブン公、文(ぶん)、文公(ぶんこう)などの表記も見られる。"
"夏季大会"
"参加選手数を約1万500人に抑えるポリシーがあるのはオリンピックの何の大会ですか?"
"その一つに参加選手数を夏季大会では約1万500人に抑えるポリシーがある(競技数28の現行上限を撤廃して種目数は約310に)。"
"21世紀に入ってから、オリンピックの開催地は2008年が北京(中華人民共和国)、2016年が南米初のリオデジャネイロ(ブラジル)といったBRICs各国に広まる。一方で、開催国の負担する費用の高騰化が敬遠され、立候補都市数は1997年入札の2004年大会時の12都市をピークに漸減しており、2010年代からは2~3都市で推移している。2017年入札の2024年大会では立候補都市がパリとロサンゼルスのみに留まり、IOCはオリンピック憲章の規約(開催の7年前に開催都市を選定する)に反し、2017年に2024年大会の開催地をパリに、2028年大会の開催地をロサンゼルスに割り振る決定を下した。オリンピックが再び1980年代以前の冬の時代に戻ることを回避するための改革として、トーマス・バッハ第9代会長を中心に40項目の改革案「オリンピック・アジェンダ2020」が発案され、2014年12月のIOC臨時総会で採択された。その一つに参加選手数を夏季大会では約1万500人に抑えるポリシーがある(競技数28の現行上限を撤廃して種目数は約310に)。1984年のロサンゼルスが6829人(221種目)だったが、2008年の北京では10942人(302種目)まで増大していた。他にも、開催候補地の負担を減らすことや、八百長防止と反ドーピング活動のための資金提供を行うことなどが、盛り込まれた。"
"その一つに参加選手数を<hl>夏季大会<hl>では約1万500人に抑えるポリシーがある(競技数28の現行上限を撤廃して種目数は約310に)。"
"21世紀に入ってから、オリンピックの開催地は2008年が北京(中華人民共和国)、2016年が南米初のリオデジャネイロ(ブラジル)といったBRICs各国に広まる。 一方で、開催国の負担する費用の高騰化が敬遠され、立候補都市数は1997年入札の2004年大会時の12都市をピークに漸減しており、2010年代からは2~3都市で推移している。 2017年入札の2024年大会では立候補都市がパリとロサンゼルスのみに留まり、IOCはオリンピック憲章の規約(開催の7年前に開催都市を選定する)に反し、2017年に2024年大会の開催地をパリに、2028年大会の開催地をロサンゼルスに割り振る決定を下した。 オリンピックが再び1980年代以前の冬の時代に戻ることを回避するための改革として、トーマス・バッハ第9代会長を中心に40項目の改革案「オリンピック・アジェンダ2020」が発案され、2014年12月のIOC臨時総会で採択された。 その一つに参加選手数を<hl>夏季大会<hl>では約1万500人に抑えるポリシーがある(競技数28の現行上限を撤廃して種目数は約310に)。 1984年のロサンゼルスが6829人(221種目)だったが、2008年の北京では10942人(302種目)まで増大していた。 他にも、開催候補地の負担を減らすことや、八百長防止と反ドーピング活動のための資金提供を行うことなどが、盛り込まれた。"
"21世紀に入ってから、オリンピックの開催地は2008年が北京(中華人民共和国)、2016年が南米初のリオデジャネイロ(ブラジル)といったBRICs各国に広まる。 一方で、開催国の負担する費用の高騰化が敬遠され、立候補都市数は1997年入札の2004年大会時の12都市をピークに漸減しており、2010年代からは2~3都市で推移している。 2017年入札の2024年大会では立候補都市がパリとロサンゼルスのみに留まり、IOCはオリンピック憲章の規約(開催の7年前に開催都市を選定する)に反し、2017年に2024年大会の開催地をパリに、2028年大会の開催地をロサンゼルスに割り振る決定を下した。 オリンピックが再び1980年代以前の冬の時代に戻ることを回避するための改革として、トーマス・バッハ第9代会長を中心に40項目の改革案「オリンピック・アジェンダ2020」が発案され、2014年12月のIOC臨時総会で採択された。<hl>その一つに参加選手数を夏季大会では約1万500人に抑えるポリシーがある(競技数28の現行上限を撤廃して種目数は約310に)。<hl>1984年のロサンゼルスが6829人(221種目)だったが、2008年の北京では10942人(302種目)まで増大していた。 他にも、開催候補地の負担を減らすことや、八百長防止と反ドーピング活動のための資金提供を行うことなどが、盛り込まれた。"
"エーペンシュタイン"
"ゲーリング一家がマウテルンドルフ城とヴェルデンシュタイン城に住むようになったのは、誰によることだったの?"
"1900年からエーペンシュタインは彼の所有であるオーストリア・ザルツブルク郊外マウテルンドルフにあるマウテルンドルフ城、ついでドイツ・ニュルンベルク北方ノイハウス・アン・デア・ペグニッツにあるヴェルデンシュタイン城にゲーリング一家を招き、一家はこれらの城で暮らすようになった。"
"1900年からエーペンシュタインは彼の所有であるオーストリア・ザルツブルク郊外マウテルンドルフにあるマウテルンドルフ城、ついでドイツ・ニュルンベルク北方ノイハウス・アン・デア・ペグニッツにあるヴェルデンシュタイン城にゲーリング一家を招き、一家はこれらの城で暮らすようになった。"
"1900年から<hl>エーペンシュタイン<hl>は彼の所有であるオーストリア・ザルツブルク郊外マウテルンドルフにあるマウテルンドルフ城、ついでドイツ・ニュルンベルク北方ノイハウス・アン・デア・ペグニッツにあるヴェルデンシュタイン城にゲーリング一家を招き、一家はこれらの城で暮らすようになった。"
"1900年から<hl>エーペンシュタイン<hl>は彼の所有であるオーストリア・ザルツブルク郊外マウテルンドルフにあるマウテルンドルフ城、ついでドイツ・ニュルンベルク北方ノイハウス・アン・デア・ペグニッツにあるヴェルデンシュタイン城にゲーリング一家を招き、一家はこれらの城で暮らすようになった。"
"<hl>1900年からエーペンシュタインは彼の所有であるオーストリア・ザルツブルク郊外マウテルンドルフにあるマウテルンドルフ城、ついでドイツ・ニュルンベルク北方ノイハウス・アン・デア・ペグニッツにあるヴェルデンシュタイン城にゲーリング一家を招き、一家はこれらの城で暮らすようになった。<hl>"
"後藤守一"
"「踊っている人物」と定義した学者の名前は何ですか。"
"埴輪の研究史において、この2体を「踊っている人物」と定義したのは、当時東京帝室博物館に在籍していた考古学者の後藤守一である。"
"埴輪の研究史において、この2体を「踊っている人物」と定義したのは、当時東京帝室博物館に在籍していた考古学者の後藤守一である。後藤は、1931年発表の論文「埴輪の意義」にて、埴輪に表現される服飾や装備品、所作から分類を行い、個々の埴輪の表す職掌的性格について分析した。そこで群馬県伊勢崎市の上武士天神山古墳出土の「琴を弾く男子」と「太鼓を叩く男子」の存在から音楽を奏でる一群を見出だし、それに対応する歌舞を舞う人物の例として野原古墳出土の2体を挙げて『踊る男女』とした。この他にも「巫女」や「鷹匠」など、職掌を冠する分類、名称の設定を行った。また、これらの人物・動物・器財を表した形象埴輪群に対し、死んで古墳に葬られる首長を送る葬儀、葬列を表すものではないかとして、形象埴輪のもつ具体的な意義・解釈にも初めて言及した。後藤による「踊る男女」をはじめとする各種埴輪の分類名称は、以後の学界の埴輪研究に大きな影響を与え、水野正好が1971年に発表した、人物埴輪およびその配列の持つ意味について検討した「埴輪芸能論」などにも継承された。"
"埴輪の研究史において、この2体を「踊っている人物」と定義したのは、当時東京帝室博物館に在籍していた考古学者の<hl>後藤守一<hl>である。"
"埴輪の研究史において、この2体を「踊っている人物」と定義したのは、当時東京帝室博物館に在籍していた考古学者の<hl>後藤守一<hl>である。 後藤は、1931年発表の論文「埴輪の意義」にて、埴輪に表現される服飾や装備品、所作から分類を行い、個々の埴輪の表す職掌的性格について分析した。そこで群馬県伊勢崎市の上武士天神山古墳出土の「琴を弾く男子」と「太鼓を叩く男子」の存在から音楽を奏でる一群を見出だし、それに対応する歌舞を舞う人物の例として野原古墳出土の2体を挙げて『踊る男女』とした。この他にも「巫女」や「鷹匠」など、職掌を冠する分類、名称の設定を行った。また、これらの人物・動物・器財を表した形象埴輪群に対し、死んで古墳に葬られる首長を送る葬儀、葬列を表すものではないかとして、形象埴輪のもつ具体的な意義・解釈にも初めて言及した。 後藤による「踊る男女」をはじめとする各種埴輪の分類名称は、以後の学界の埴輪研究に大きな影響を与え、水野正好が1971年に発表した、人物埴輪およびその配列の持つ意味について検討した「埴輪芸能論」などにも継承された。"
"<hl>埴輪の研究史において、この2体を「踊っている人物」と定義したのは、当時東京帝室博物館に在籍していた考古学者の後藤守一である。<hl>後藤は、1931年発表の論文「埴輪の意義」にて、埴輪に表現される服飾や装備品、所作から分類を行い、個々の埴輪の表す職掌的性格について分析した。 そこで群馬県伊勢崎市の上武士天神山古墳出土の「琴を弾く男子」と「太鼓を叩く男子」の存在から音楽を奏でる一群を見出だし、それに対応する歌舞を舞う人物の例として野原古墳出土の2体を挙げて『踊る男女』とした。 この他にも「巫女」や「鷹匠」など、職掌を冠する分類、名称の設定を行った。 また、これらの人物・動物・器財を表した形象埴輪群に対し、死んで古墳に葬られる首長を送る葬儀、葬列を表すものではないかとして、形象埴輪のもつ具体的な意義・解釈にも初めて言及した。 後藤による「踊る男女」をはじめとする各種埴輪の分類名称は、以後の学界の埴輪研究に大きな影響を与え、水野正好が1971年に発表した、人物埴輪およびその配列の持つ意味について検討した「埴輪芸能論」などにも継承された。"
"女性"
"日光市で屋根から落ちて脳出血を起こし死亡した人物は男性か、女性か。"
"栃木県では、芳賀町にある本田技術研究所で壁が崩れて男性1人が犠牲に、那須烏山市神長地区で夫婦が山崩れに巻き込まれて2人が犠牲に、日光市で女性が屋根から落ちて脳出血を起こして1人犠牲になるなど計4人が死亡した。"
"栃木県では、芳賀町にある本田技術研究所で壁が崩れて男性1人が犠牲に、那須烏山市神長地区で夫婦が山崩れに巻き込まれて2人が犠牲に、日光市で女性が屋根から落ちて脳出血を起こして1人犠牲になるなど計4人が死亡した。真岡市反町では数か所で地震の影響による液状化現象が発生し、割れ目から砂が噴出した。液状化が起こった地域はかつて旧河川あるいは河岸だった場所であり、農地の下には砂の層で広がっているからであるという。宇都宮市では、板戸地区で国道408号線沿いにある地山が土砂崩れを起こし、道路が封鎖されるなどの被害が出ている。那須塩原市の国道400号線では、地震の影響で落石が発生し通行止めになる被害が出た。栃木市岩舟町では、霊山岩船山の西側の峰がV字に崩れ、さらに別の部分でも山肌が崩れたりしたが、人や家屋に被害はなかった。那珂川町では県内の主要道のひとつである栃木県道52号矢板那珂川線にある新那珂橋が地震の影響で橋脚10基のうち4基の頭部に亀裂が見つかりうち2か所は沓が破断、上部工も破損しているなどの大きな被害を受け、撤去されることとなった。真岡市の井頭公園一万人プールが震災の影響でウォータースライダーを支える支柱や配管などが壊れ営業が中止になり、2013年には完全復旧した。歴史的遺産の被害としては益子町の地蔵院の歴代宇都宮氏の墓所にある戦国大名下野宇都宮氏17代当主宇都宮成綱、18代当主宇都宮忠綱の五輪塔が被害を受けた。また、さくら市では観光スポットである喜連川城城跡にあるお丸山公園が地震の影響により敷地内に700メートルにわたる大規模な亀裂が生じたほか、公園内の各種施設が損壊するなどの被害を受け、立ち入り禁止となってしまった。現在は土地部分の復旧はしているが喜連川スカイタワーなどの施設はまだ復旧のめどが立っていない。日光市にある日光田母沢御用邸記念公園では石積みが破損するなどの被害が出ている。"
"栃木県では、芳賀町にある本田技術研究所で壁が崩れて男性1人が犠牲に、那須烏山市神長地区で夫婦が山崩れに巻き込まれて2人が犠牲に、日光市で<hl>女性<hl>が屋根から落ちて脳出血を起こして1人犠牲になるなど計4人が死亡した。"
"栃木県では、芳賀町にある本田技術研究所で壁が崩れて男性1人が犠牲に、那須烏山市神長地区で夫婦が山崩れに巻き込まれて2人が犠牲に、日光市で<hl>女性<hl>が屋根から落ちて脳出血を起こして1人犠牲になるなど計4人が死亡した。 真岡市反町では数か所で地震の影響による液状化現象が発生し、割れ目から砂が噴出した。液状化が起こった地域はかつて旧河川あるいは河岸だった場所であり、農地の下には砂の層で広がっているからであるという。 宇都宮市では、板戸地区で国道408号線沿いにある地山が土砂崩れを起こし、道路が封鎖されるなどの被害が出ている。 那須塩原市の国道400号線では、地震の影響で落石が発生し通行止めになる被害が出た。 栃木市岩舟町では、霊山岩船山の西側の峰がV字に崩れ、さらに別の部分でも山肌が崩れたりしたが、人や家屋に被害はなかった。 那珂川町では県内の主要道のひとつである栃木県道52号矢板那珂川線にある新那珂橋が地震の影響で橋脚10基のうち4基の頭部に亀裂が見つかりうち2か所は沓が破断、上部工も破損しているなどの大きな被害を受け、撤去されることとなった。 真岡市の井頭公園一万人プールが震災の影響でウォータースライダーを支える支柱や配管などが壊れ営業が中止になり、2013年には完全復旧した。 歴史的遺産の被害としては益子町の地蔵院の歴代宇都宮氏の墓所にある戦国大名下野宇都宮氏17代当主宇都宮成綱、18代当主宇都宮忠綱の五輪塔が被害を受けた。また、さくら市では観光スポットである喜連川城城跡にあるお丸山公園が地震の影響により敷地内に700メートルにわたる大規模な亀裂が生じたほか、公園内の各種施設が損壊するなどの被害を受け、立ち入り禁止となってしまった。現在は土地部分の復旧はしているが喜連川スカイタワーなどの施設はまだ復旧のめどが立っていない。日光市にある日光田母沢御用邸記念公園では石積みが破損するなどの被害が出ている。"
"<hl>栃木県では、芳賀町にある本田技術研究所で壁が崩れて男性1人が犠牲に、那須烏山市神長地区で夫婦が山崩れに巻き込まれて2人が犠牲に、日光市で女性が屋根から落ちて脳出血を起こして1人犠牲になるなど計4人が死亡した。<hl>真岡市反町では数か所で地震の影響による液状化現象が発生し、割れ目から砂が噴出した。 液状化が起こった地域はかつて旧河川あるいは河岸だった場所であり、農地の下には砂の層で広がっているからであるという。 宇都宮市では、板戸地区で国道408号線沿いにある地山が土砂崩れを起こし、道路が封鎖されるなどの被害が出ている。 那須塩原市の国道400号線では、地震の影響で落石が発生し通行止めになる被害が出た。 栃木市岩舟町では、霊山岩船山の西側の峰がV字に崩れ、さらに別の部分でも山肌が崩れたりしたが、人や家屋に被害はなかった。 那珂川町では県内の主要道のひとつである栃木県道52号矢板那珂川線にある新那珂橋が地震の影響で橋脚10基のうち4基の頭部に亀裂が見つかりうち2か所は沓が破断、上部工も破損しているなどの大きな被害を受け、撤去されることとなった。 真岡市の井頭公園一万人プールが震災の影響でウォータースライダーを支える支柱や配管などが壊れ営業が中止になり、2013年には完全復旧した。 歴史的遺産の被害としては益子町の地蔵院の歴代宇都宮氏の墓所にある戦国大名下野宇都宮氏17代当主宇都宮成綱、18代当主宇都宮忠綱の五輪塔が被害を受けた。 また、さくら市では観光スポットである喜連川城城跡にあるお丸山公園が地震の影響により敷地内に700メートルにわたる大規模な亀裂が生じたほか、公園内の各種施設が損壊するなどの被害を受け、立ち入り禁止となってしまった。 現在は土地部分の復旧はしているが喜連川スカイタワーなどの施設はまだ復旧のめどが立っていない。 日光市にある日光田母沢御用邸記念公園では石積みが破損するなどの被害が出ている。"
"1936年"
"ザクセンハウゼン強制収容所はいつ設置されたか。"
"1936年にはオラニエンブルクに新たにザクセンハウゼン強制収容所が置かれ、かつてのオラニエンブルク強制収容所だった場所には強制収容所総監および髑髏部隊総監の本部が置かれることとなった。"
"1936年にはオラニエンブルクに新たにザクセンハウゼン強制収容所が置かれ、かつてのオラニエンブルク強制収容所だった場所には強制収容所総監および髑髏部隊総監の本部が置かれることとなった。続いて1937年にはヴァイマルの郊外にブーヘンヴァルト強制収容所が置かれた。ダッハウとザクセンハウゼンとブーヘンヴァルトの3つはそれぞれ南ドイツ・北ドイツ・中央ドイツに位置したことから、三大収容所としてドイツ国内の強制収容所の中心的な存在となった。他の中小強制収容所の多くは解体され、その囚人は三大収容所へ移されるか、あるいは三大収容所の外部労働隊として組み込まれた。また大収容所は次々と付属の収容所を設置するようになっていた(外部労働隊駐屯地が収容所へ発展した物が多い)。この関係において大収容所は基幹収容所、付属収容所は外部収容所と呼ばれていた。さらにオーストリア併合後の1938年にはリンツ郊外にある良質な花崗岩採石場があるマウトハウゼンにマウトハウゼン強制収容所が設置され、オーストリアの中心的収容所となった。また同年のズデーテン地方返還に合わせて、チェコスロバキア国境付近にやはり花崗岩採石場があるフロッセンビュルクにフロッセンビュルク強制収容所を設置した。1939年5月にはフュルステンベルク郊外に女囚専用のラーフェンスブリュック強制収容所が創設され、1939年6月にはハンブルク郊外にノイエンガンメ強制収容所が独立した。"
"<hl>1936年<hl>にはオラニエンブルクに新たにザクセンハウゼン強制収容所が置かれ、かつてのオラニエンブルク強制収容所だった場所には強制収容所総監および髑髏部隊総監の本部が置かれることとなった。"
"<hl>1936年<hl>にはオラニエンブルクに新たにザクセンハウゼン強制収容所が置かれ、かつてのオラニエンブルク強制収容所だった場所には強制収容所総監および髑髏部隊総監の本部が置かれることとなった。続いて1937年にはヴァイマルの郊外にブーヘンヴァルト強制収容所が置かれた。ダッハウとザクセンハウゼンとブーヘンヴァルトの3つはそれぞれ南ドイツ・北ドイツ・中央ドイツに位置したことから、三大収容所としてドイツ国内の強制収容所の中心的な存在となった。他の中小強制収容所の多くは解体され、その囚人は三大収容所へ移されるか、あるいは三大収容所の外部労働隊として組み込まれた。また大収容所は次々と付属の収容所を設置するようになっていた(外部労働隊駐屯地が収容所へ発展した物が多い)。この関係において大収容所は基幹収容所、付属収容所は外部収容所と呼ばれていた。さらにオーストリア併合後の1938年にはリンツ郊外にある良質な花崗岩採石場があるマウトハウゼンにマウトハウゼン強制収容所が設置され、オーストリアの中心的収容所となった。また同年のズデーテン地方返還に合わせて、チェコスロバキア国境付近にやはり花崗岩採石場があるフロッセンビュルクにフロッセンビュルク強制収容所を設置した。1939年5月にはフュルステンベルク郊外に女囚専用のラーフェンスブリュック強制収容所が創設され、1939年6月にはハンブルク郊外にノイエンガンメ強制収容所が独立した。"
"<hl>1936年にはオラニエンブルクに新たにザクセンハウゼン強制収容所が置かれ、かつてのオラニエンブルク強制収容所だった場所には強制収容所総監および髑髏部隊総監の本部が置かれることとなった。<hl>続いて1937年にはヴァイマルの郊外にブーヘンヴァルト強制収容所が置かれた。 ダッハウとザクセンハウゼンとブーヘンヴァルトの3つはそれぞれ南ドイツ・北ドイツ・中央ドイツに位置したことから、三大収容所としてドイツ国内の強制収容所の中心的な存在となった。 他の中小強制収容所の多くは解体され、その囚人は三大収容所へ移されるか、あるいは三大収容所の外部労働隊として組み込まれた。 また大収容所は次々と付属の収容所を設置するようになっていた(外部労働隊駐屯地が収容所へ発展した物が多い)。 この関係において大収容所は基幹収容所、付属収容所は外部収容所と呼ばれていた。 さらにオーストリア併合後の1938年にはリンツ郊外にある良質な花崗岩採石場があるマウトハウゼンにマウトハウゼン強制収容所が設置され、オーストリアの中心的収容所となった。 また同年のズデーテン地方返還に合わせて、チェコスロバキア国境付近にやはり花崗岩採石場があるフロッセンビュルクにフロッセンビュルク強制収容所を設置した。 1939年5月にはフュルステンベルク郊外に女囚専用のラーフェンスブリュック強制収容所が創設され、1939年6月にはハンブルク郊外にノイエンガンメ強制収容所が独立した。"
"5年目"
"「海の民」とリビュア人の連合がエジプトに侵攻してきたのは、メルエンプタハが即位して何年目になった時点のことか?"
"石碑にはメルエンプタハの在位5年目に「海の民」がリビュア人と連合を組んでリビュアの海岸からナイル川デルタに侵入したがエジプト軍がこれを撃退したとの記述がある。"
"古代エジプト史に初めて「海の民」が登場するのは第19王朝のメルエンプタハの在位中である。石碑にはメルエンプタハの在位5年目に「海の民」がリビュア人と連合を組んでリビュアの海岸からナイル川デルタに侵入したがエジプト軍がこれを撃退したとの記述がある。"
"石碑にはメルエンプタハの在位<hl>5年目<hl>に「海の民」がリビュア人と連合を組んでリビュアの海岸からナイル川デルタに侵入したがエジプト軍がこれを撃退したとの記述がある。"
"古代エジプト史に初めて「海の民」が登場するのは第19王朝のメルエンプタハの在位中である。石碑にはメルエンプタハの在位<hl>5年目<hl>に「海の民」がリビュア人と連合を組んでリビュアの海岸からナイル川デルタに侵入したがエジプト軍がこれを撃退したとの記述がある。"
"古代エジプト史に初めて「海の民」が登場するのは第19王朝のメルエンプタハの在位中である。<hl>石碑にはメルエンプタハの在位5年目に「海の民」がリビュア人と連合を組んでリビュアの海岸からナイル川デルタに侵入したがエジプト軍がこれを撃退したとの記述がある。<hl>"
"治療"
"漱石は鎌倉の円覚寺で釈宗演の下に参禅をするなどして何を図ろうとしましたか?"
"その後、鎌倉の円覚寺で釈宗演の下に参禅をするなどして治療を図るも、効果は得られなかった。"
"1893年(明治26年)、漱石は帝国大学を卒業して高等師範学校の英語教師になるも、日本人が英文学を学ぶことに違和感を覚え始める。前述の2年前の失恋もどきの事件や翌年発覚する肺結核も重なり、極度の神経衰弱・強迫観念にかられるようになる。その後、鎌倉の円覚寺で釈宗演の下に参禅をするなどして治療を図るも、効果は得られなかった。1895年(明治28年)、東京から逃げるように高等師範学校を辞職し、菅虎雄の斡旋で愛媛県尋常中学校(旧制松山中学、現在の松山東高校)に英語教師として赴任する。松山は子規の故郷であり、ここで2か月あまり静養を取った。この頃、子規とともに俳句に精進し、数々の佳作を残している。赴任中は愚陀仏庵に下宿したが、52日間に渡って正岡子規も居候した時期があり、俳句結社「松風会」に参加し句会を開いた。これはのちの漱石の文学に影響を与えたと言われている。1896年(明治29年)、熊本市の第五高等学校(熊本大学の前身)の英語教師に赴任(月給100円)後、親族の勧めもあり貴族院書記官長・中根重一の長女・鏡子と結婚するが、3年目に鏡子は慣れない環境と流産のためヒステリー症が激しくなり白川井川淵に投身を図るなど順風満帆な夫婦生活とはいかなかった。家庭面以外では漱石は俳壇でも活躍し、名声を上げていく。1898年(明治31年)、寺田寅彦ら五高の学生たちが漱石を盟主に俳句結社の紫溟吟社を興し、俳句の指導をする。同社は多くの俳人を輩出し、九州・熊本の俳壇に影響を与えた。"
"その後、鎌倉の円覚寺で釈宗演の下に参禅をするなどして<hl>治療<hl>を図るも、効果は得られなかった。"
"1893年(明治26年)、漱石は帝国大学を卒業して高等師範学校の英語教師になるも、日本人が英文学を学ぶことに違和感を覚え始める。 前述の2年前の失恋もどきの事件や翌年発覚する肺結核も重なり、極度の神経衰弱・強迫観念にかられるようになる。 その後、鎌倉の円覚寺で釈宗演の下に参禅をするなどして<hl>治療<hl>を図るも、効果は得られなかった。 1895年(明治28年)、東京から逃げるように高等師範学校を辞職し、菅虎雄の斡旋で愛媛県尋常中学校(旧制松山中学、現在の松山東高校)に英語教師として赴任する。 松山は子規の故郷であり、ここで2か月あまり静養を取った。 この頃、子規とともに俳句に精進し、数々の佳作を残している。 赴任中は愚陀仏庵に下宿したが、52日間に渡って正岡子規も居候した時期があり、俳句結社「松風会」に参加し句会を開いた。 これはのちの漱石の文学に影響を与えたと言われている。 1896年(明治29年)、熊本市の第五高等学校(熊本大学の前身)の英語教師に赴任(月給100円)後、親族の勧めもあり貴族院書記官長・中根重一の長女・鏡子と結婚するが、3年目に鏡子は慣れない環境と流産のためヒステリー症が激しくなり白川井川淵に投身を図るなど順風満帆な夫婦生活とはいかなかった。家庭面以外では漱石は俳壇でも活躍し、名声を上げていく。 1898年(明治31年)、寺田寅彦ら五高の学生たちが漱石を盟主に俳句結社の紫溟吟社を興し、俳句の指導をする。 同社は多くの俳人を輩出し、九州・熊本の俳壇に影響を与えた。"
"1893年(明治26年)、漱石は帝国大学を卒業して高等師範学校の英語教師になるも、日本人が英文学を学ぶことに違和感を覚え始める。 前述の2年前の失恋もどきの事件や翌年発覚する肺結核も重なり、極度の神経衰弱・強迫観念にかられるようになる。<hl>その後、鎌倉の円覚寺で釈宗演の下に参禅をするなどして治療を図るも、効果は得られなかった。<hl>1895年(明治28年)、東京から逃げるように高等師範学校を辞職し、菅虎雄の斡旋で愛媛県尋常中学校(旧制松山中学、現在の松山東高校)に英語教師として赴任する。 松山は子規の故郷であり、ここで2か月あまり静養を取った。 この頃、子規とともに俳句に精進し、数々の佳作を残している。 赴任中は愚陀仏庵に下宿したが、52日間に渡って正岡子規も居候した時期があり、俳句結社「松風会」に参加し句会を開いた。 これはのちの漱石の文学に影響を与えたと言われている。 1896年(明治29年)、熊本市の第五高等学校(熊本大学の前身)の英語教師に赴任(月給100円)後、親族の勧めもあり貴族院書記官長・中根重一の長女・鏡子と結婚するが、3年目に鏡子は慣れない環境と流産のためヒステリー症が激しくなり白川井川淵に投身を図るなど順風満帆な夫婦生活とはいかなかった。 家庭面以外では漱石は俳壇でも活躍し、名声を上げていく。 1898年(明治31年)、寺田寅彦ら五高の学生たちが漱石を盟主に俳句結社の紫溟吟社を興し、俳句の指導をする。 同社は多くの俳人を輩出し、九州・熊本の俳壇に影響を与えた。"
"米国"
"イースタン航空はどの国の航空会社でありますか?"
"当初、A300の販売は苦戦したが、1977年に40機の注文を獲得して状況が好転し、翌年にはイースタン航空からの受注により念願の米国進出も果たした。"
"アメリカのボーイング社やダグラス社(後のマクドネル・ダグラス社)に販売面や資金力で大きく先行されていたヨーロッパの航空機メーカーは、1970年12月に企業連合「エアバス・インダストリー」を設立し、世界初の双発ワイドボディ機となるA300を開発した。A300の納入は1974年5月に始まり、エールフランスによって商業運航が開始された。当初、A300の販売は苦戦したが、1977年に40機の注文を獲得して状況が好転し、翌年にはイースタン航空からの受注により念願の米国進出も果たした。事業存続の見通しが立ったエアバスは、製品ラインナップの拡充を本格的に考え始め、市場調査に取りかかった。1960年代には航空輸送需要は当分拡大し続けるとの見方が一般的だったが、1973年のオイルショックなどをきっかけとして、ジェット旅客機の需要は急減速していた。一方で、1980年代になれば707や727、ダグラスDC-8などの退役が始まり、後継機として座席数200席強の短・中距離路線向けの旅客機需要が高まると予測された。エアバスではA300の発展版としていくつかの機体案を検討していたが、その一つにA300B10と名付けられた胴体短縮型があり、先の市場予測で需要が見込まれる機体サイズに合致するものであった。旅客機の発展型の開発において、胴体延長型の成功例に対して短縮型の事例は少なかったが、エアバスは市場調査の結果を踏まえ、胴体短縮型の開発に乗り出すことにした。"
"当初、A300の販売は苦戦したが、1977年に40機の注文を獲得して状況が好転し、翌年にはイースタン航空からの受注により念願の<hl>米国<hl>進出も果たした。"
"アメリカのボーイング社やダグラス社(後のマクドネル・ダグラス社)に販売面や資金力で大きく先行されていたヨーロッパの航空機メーカーは、1970年12月に企業連合「エアバス・インダストリー」を設立し、世界初の双発ワイドボディ機となるA300を開発した。A300の納入は1974年5月に始まり、エールフランスによって商業運航が開始された。当初、A300の販売は苦戦したが、1977年に40機の注文を獲得して状況が好転し、翌年にはイースタン航空からの受注により念願の<hl>米国<hl>進出も果たした。事業存続の見通しが立ったエアバスは、製品ラインナップの拡充を本格的に考え始め、市場調査に取りかかった。1960年代には航空輸送需要は当分拡大し続けるとの見方が一般的だったが、1973年のオイルショックなどをきっかけとして、ジェット旅客機の需要は急減速していた。一方で、1980年代になれば707や727、ダグラスDC-8などの退役が始まり、後継機として座席数200席強の短・中距離路線向けの旅客機需要が高まると予測された。エアバスではA300の発展版としていくつかの機体案を検討していたが、その一つにA300B10と名付けられた胴体短縮型があり、先の市場予測で需要が見込まれる機体サイズに合致するものであった。旅客機の発展型の開発において、胴体延長型の成功例に対して短縮型の事例は少なかったが、エアバスは市場調査の結果を踏まえ、胴体短縮型の開発に乗り出すことにした。"
"アメリカのボーイング社やダグラス社(後のマクドネル・ダグラス社)に販売面や資金力で大きく先行されていたヨーロッパの航空機メーカーは、1970年12月に企業連合「エアバス・インダストリー」を設立し、世界初の双発ワイドボディ機となるA300を開発した。 A300の納入は1974年5月に始まり、エールフランスによって商業運航が開始された。<hl>当初、A300の販売は苦戦したが、1977年に40機の注文を獲得して状況が好転し、翌年にはイースタン航空からの受注により念願の米国進出も果たした。<hl>事業存続の見通しが立ったエアバスは、製品ラインナップの拡充を本格的に考え始め、市場調査に取りかかった。 1960年代には航空輸送需要は当分拡大し続けるとの見方が一般的だったが、1973年のオイルショックなどをきっかけとして、ジェット旅客機の需要は急減速していた。 一方で、1980年代になれば707や727、ダグラスDC-8などの退役が始まり、後継機として座席数200席強の短・中距離路線向けの旅客機需要が高まると予測された。 エアバスではA300の発展版としていくつかの機体案を検討していたが、その一つにA300B10と名付けられた胴体短縮型があり、先の市場予測で需要が見込まれる機体サイズに合致するものであった。 旅客機の発展型の開発において、胴体延長型の成功例に対して短縮型の事例は少なかったが、エアバスは市場調査の結果を踏まえ、胴体短縮型の開発に乗り出すことにした。"
"フィンランド"
"バルト三国のほかに、ソ連から領土的野心を示された地域は、どの地域か?"
"さらにフィンランドおよびバルト三国に領土的野心を示したソ連は、11月30日からフィンランドへ侵攻した(冬戦争)。"
"1939年9月1日、ドイツ軍およびスロバキア軍が、続いて9月17日にはソビエト連邦軍が相次いでポーランド領内に侵攻した。一方、イギリスとフランスは9月3日、ドイツに宣戦布告した。ポーランドは独ソ両国(ドイツとソ連)により分割・占領された。さらにフィンランドおよびバルト三国に領土的野心を示したソ連は、11月30日からフィンランドへ侵攻した(冬戦争)。そのため、ソ連は国際連盟から非難・除名されたが、1940年3月にはフィンランドから領土を割譲させた。さらにバルト三国には1940年6月、40万以上の大軍で侵攻し、8月にはバルト三国を併合した。ポーランド分割直後から翌年春まで、戦争は西ヨーロッパで膠着状態になったが、1940年5月10日からドイツ軍は西ヨーロッパへ侵攻を開始した。同年6月からイタリアが参戦し、6月14日ドイツ軍はパリを占領、フランスを降伏させた。さらに同年8月からドイツ空軍機がイギリス本土空爆(バトル・オブ・ブリテン)を開始したが、空中戦で大損害を被り、9月半ばにドイツ軍のイギリス本土上陸作戦は中止された。その後1941年6月22日、不可侵条約を破棄してドイツ軍はソ連へ侵攻し、独ソ戦が始まった。フィンランドもソ連に割譲された領土奪回のため宣戦布告した(継続戦争)。一方、連合国はソ連側につき、ヨーロッパはソ連を加えた連合国と枢軸国に二分する大戦争となり、死者が増大し凄惨な様相となった。ドイツ軍はウクライナを経て同年12月、モスクワに接近するが、ソ連軍の反撃で後退する。1942年中盤までにドイツ軍はヨーロッパの大半および北アフリカの一部を占領し、大西洋ではドイツ海軍の潜水艦・Uボートが連合軍の輸送船団を攻撃し優勢を保っていた。"
"さらに<hl>フィンランド<hl>およびバルト三国に領土的野心を示したソ連は、11月30日からフィンランドへ侵攻した(冬戦争)。"
"1939年9月1日、ドイツ軍およびスロバキア軍が、続いて9月17日にはソビエト連邦軍が相次いでポーランド領内に侵攻した。一方、イギリスとフランスは9月3日、ドイツに宣戦布告した。ポーランドは独ソ両国(ドイツとソ連)により分割・占領された。さらに<hl>フィンランド<hl>およびバルト三国に領土的野心を示したソ連は、11月30日からフィンランドへ侵攻した(冬戦争)。そのため、ソ連は国際連盟から非難・除名されたが、1940年3月にはフィンランドから領土を割譲させた。さらにバルト三国には1940年6月、40万以上の大軍で侵攻し、8月にはバルト三国を併合した。ポーランド分割直後から翌年春まで、戦争は西ヨーロッパで膠着状態になったが、1940年5月10日からドイツ軍は西ヨーロッパへ侵攻を開始した。同年6月からイタリアが参戦し、6月14日ドイツ軍はパリを占領、フランスを降伏させた。さらに同年8月からドイツ空軍機がイギリス本土空爆(バトル・オブ・ブリテン)を開始したが、空中戦で大損害を被り、9月半ばにドイツ軍のイギリス本土上陸作戦は中止された。その後1941年6月22日、不可侵条約を破棄してドイツ軍はソ連へ侵攻し、独ソ戦が始まった。フィンランドもソ連に割譲された領土奪回のため宣戦布告した(継続戦争)。一方、連合国はソ連側につき、ヨーロッパはソ連を加えた連合国と枢軸国に二分する大戦争となり、死者が増大し凄惨な様相となった。ドイツ軍はウクライナを経て同年12月、モスクワに接近するが、ソ連軍の反撃で後退する。1942年中盤までにドイツ軍はヨーロッパの大半および北アフリカの一部を占領し、大西洋ではドイツ海軍の潜水艦・Uボートが連合軍の輸送船団を攻撃し優勢を保っていた。"
"1939年9月1日、ドイツ軍およびスロバキア軍が、続いて9月17日にはソビエト連邦軍が相次いでポーランド領内に侵攻した。 一方、イギリスとフランスは9月3日、ドイツに宣戦布告した。 ポーランドは独ソ両国(ドイツとソ連)により分割・占領された。<hl>さらにフィンランドおよびバルト三国に領土的野心を示したソ連は、11月30日からフィンランドへ侵攻した(冬戦争)。<hl>そのため、ソ連は国際連盟から非難・除名されたが、1940年3月にはフィンランドから領土を割譲させた。 さらにバルト三国には1940年6月、40万以上の大軍で侵攻し、8月にはバルト三国を併合した。 ポーランド分割直後から翌年春まで、戦争は西ヨーロッパで膠着状態になったが、1940年5月10日からドイツ軍は西ヨーロッパへ侵攻を開始した。 同年6月からイタリアが参戦し、6月14日ドイツ軍はパリを占領、フランスを降伏させた。 さらに同年8月からドイツ空軍機がイギリス本土空爆(バトル・オブ・ブリテン)を開始したが、空中戦で大損害を被り、9月半ばにドイツ軍のイギリス本土上陸作戦は中止された。 その後1941年6月22日、不可侵条約を破棄してドイツ軍はソ連へ侵攻し、独ソ戦が始まった。 フィンランドもソ連に割譲された領土奪回のため宣戦布告した(継続戦争)。 一方、連合国はソ連側につき、ヨーロッパはソ連を加えた連合国と枢軸国に二分する大戦争となり、死者が増大し凄惨な様相となった。 ドイツ軍はウクライナを経て同年12月、モスクワに接近するが、ソ連軍の反撃で後退する。 1942年中盤までにドイツ軍はヨーロッパの大半および北アフリカの一部を占領し、大西洋ではドイツ海軍の潜水艦・Uボートが連合軍の輸送船団を攻撃し優勢を保っていた。"
"スターリングラード攻防戦"
"1943年2月、ドイツが敗北したのは、どの攻防戦でのことか?"
"ヨーロッパ前線においても同年には枢軸国が完全に劣勢となり、2月にはドイツがスターリングラード攻防戦、5月に北アフリカ戦線で敗北し、北アフリカを放棄した。"
"1942年に日本軍はイギリスやオランダ、アメリカの植民地のマレー半島や香港、フィリピン、ビルマ、インドネシアを占領した。さらに日本軍による本土への攻撃を受けたアメリカやオーストラリアは、自国本土への日本軍上陸対策を検討するほどになった。しかし同時期にドイツはロストフの戦いとモスクワの戦いで敗北し、これにより対ソ戦での勢いが止まってしまう。日本軍はインド洋からイギリス海軍を駆逐するとともにアフリカ大陸沿岸のマダガスカルまで進出し、シドニー湾まで攻撃の範囲を拡大した。6月に日本海軍はミッドウェー海戦で敗北するものの、同月に日本軍はアリューシャン列島のダッチハーバーを空襲し、その後アッツ島とキスカ島を占領したほか、アメリカ本土への空襲を行うなど各地で勝ち進んだ。1943年に入っても日本軍はオーストラリア本土への激しい空襲を続け、イギリス軍やアメリカ軍に対する勢いも優勢を保ったが、このころになるとようやくアメリカやイギリスも体勢を立て直し、ソロモン諸島の戦いなどでは日本軍と一進一退を続けるようになる。また日本海軍とドイツ海軍、イタリア海軍のインド洋における共同作戦が活発になるが、9月にはイタリアが降伏し潜水艦などはドイツ軍に鹵獲される。また日本軍はガダルカナル戦で敗北するなど、戦線が拡大し補給線が国力を超えて伸び切ったため、同年中盤には勢いを失い以降劣勢となる。ヨーロッパ前線においても同年には枢軸国が完全に劣勢となり、2月にはドイツがスターリングラード攻防戦、5月に北アフリカ戦線で敗北し、北アフリカを放棄した。さらに9月にはイタリアが降伏し、その後同国北部をドイツ軍が占領するものの、かつての枢軸国の勢いを取り戻すことはなかった。"
"ヨーロッパ前線においても同年には枢軸国が完全に劣勢となり、2月にはドイツが<hl>スターリングラード攻防戦<hl>、5月に北アフリカ戦線で敗北し、北アフリカを放棄した。"
"1942年に日本軍はイギリスやオランダ、アメリカの植民地のマレー半島や香港、フィリピン、ビルマ、インドネシアを占領した。さらに日本軍による本土への攻撃を受けたアメリカやオーストラリアは、自国本土への日本軍上陸対策を検討するほどになった。しかし同時期にドイツはロストフの戦いとモスクワの戦いで敗北し、これにより対ソ戦での勢いが止まってしまう。日本軍はインド洋からイギリス海軍を駆逐するとともにアフリカ大陸沿岸のマダガスカルまで進出し、シドニー湾まで攻撃の範囲を拡大した。6月に日本海軍はミッドウェー海戦で敗北するものの、同月に日本軍はアリューシャン列島のダッチハーバーを空襲し、その後アッツ島とキスカ島を占領したほか、アメリカ本土への空襲を行うなど各地で勝ち進んだ。1943年に入っても日本軍はオーストラリア本土への激しい空襲を続け、イギリス軍やアメリカ軍に対する勢いも優勢を保ったが、このころになるとようやくアメリカやイギリスも体勢を立て直し、ソロモン諸島の戦いなどでは日本軍と一進一退を続けるようになる。また日本海軍とドイツ海軍、イタリア海軍のインド洋における共同作戦が活発になるが、9月にはイタリアが降伏し潜水艦などはドイツ軍に鹵獲される。また日本軍はガダルカナル戦で敗北するなど、戦線が拡大し補給線が国力を超えて伸び切ったため、同年中盤には勢いを失い以降劣勢となる。ヨーロッパ前線においても同年には枢軸国が完全に劣勢となり、2月にはドイツが<hl>スターリングラード攻防戦<hl>、5月に北アフリカ戦線で敗北し、北アフリカを放棄した。さらに9月にはイタリアが降伏し、その後同国北部をドイツ軍が占領するものの、かつての枢軸国の勢いを取り戻すことはなかった。"
"1942年に日本軍はイギリスやオランダ、アメリカの植民地のマレー半島や香港、フィリピン、ビルマ、インドネシアを占領した。 さらに日本軍による本土への攻撃を受けたアメリカやオーストラリアは、自国本土への日本軍上陸対策を検討するほどになった。 しかし同時期にドイツはロストフの戦いとモスクワの戦いで敗北し、これにより対ソ戦での勢いが止まってしまう。 日本軍はインド洋からイギリス海軍を駆逐するとともにアフリカ大陸沿岸のマダガスカルまで進出し、シドニー湾まで攻撃の範囲を拡大した。 6月に日本海軍はミッドウェー海戦で敗北するものの、同月に日本軍はアリューシャン列島のダッチハーバーを空襲し、その後アッツ島とキスカ島を占領したほか、アメリカ本土への空襲を行うなど各地で勝ち進んだ。 1943年に入っても日本軍はオーストラリア本土への激しい空襲を続け、イギリス軍やアメリカ軍に対する勢いも優勢を保ったが、このころになるとようやくアメリカやイギリスも体勢を立て直し、ソロモン諸島の戦いなどでは日本軍と一進一退を続けるようになる。 また日本海軍とドイツ海軍、イタリア海軍のインド洋における共同作戦が活発になるが、9月にはイタリアが降伏し潜水艦などはドイツ軍に鹵獲される。 また日本軍はガダルカナル戦で敗北するなど、戦線が拡大し補給線が国力を超えて伸び切ったため、同年中盤には勢いを失い以降劣勢となる。<hl>ヨーロッパ前線においても同年には枢軸国が完全に劣勢となり、2月にはドイツがスターリングラード攻防戦、5月に北アフリカ戦線で敗北し、北アフリカを放棄した。<hl>さらに9月にはイタリアが降伏し、その後同国北部をドイツ軍が占領するものの、かつての枢軸国の勢いを取り戻すことはなかった。"
"チェルノブイリ原子力発電所事故"
"国際原子力事象評価尺度で東日本大震災の同じレベルにされた事故は何ですか?"
"この事故は国際原子力事象評価尺度で最悪のレベル7、チェルノブイリ原子力発電所事故と同等に位置づけられている。"
"地震から約1時間後に遡上高14-15mの津波に襲われた東京電力福島第一原子力発電所は、1-5号機で全交流電源を喪失した。原子炉を冷却できなくなり、1号炉・2号炉・3号炉で炉心溶融(メルトダウン)が発生。大量の放射性物質の漏洩を伴う重大な原子力事故に発展した(→福島第一原子力発電所事故)。この事故は国際原子力事象評価尺度で最悪のレベル7、チェルノブイリ原子力発電所事故と同等に位置づけられている。同原発の立地する福島県浜通り地方を中心に、周辺一帯の福島県住民の避難は長期化するとともに、2012年からは「帰還困難区域」「居住制限区域」も設定された(→福島第一原子力発電所事故の影響)。そのほか、火力発電所などでも損害が出たため、東京電力の管轄する関東地方は深刻な電力不足に陥り、震災直後の一時期には日本国内では65年ぶりに計画停電が実施された。計画停電は東北電力管内でも震災直後に実施されたほか、翌2012年の夏前には関西電力管内でも大飯発電所(大飯原発)の再稼働を巡って論議が起き、計画停電の可能性が議論された。"
"この事故は国際原子力事象評価尺度で最悪のレベル7、<hl>チェルノブイリ原子力発電所事故<hl>と同等に位置づけられている。"
"地震から約1時間後に遡上高14-15mの津波に襲われた東京電力福島第一原子力発電所は、1-5号機で全交流電源を喪失した。原子炉を冷却できなくなり、1号炉・2号炉・3号炉で炉心溶融(メルトダウン)が発生。大量の放射性物質の漏洩を伴う重大な原子力事故に発展した(→福島第一原子力発電所事故)。この事故は国際原子力事象評価尺度で最悪のレベル7、<hl>チェルノブイリ原子力発電所事故<hl>と同等に位置づけられている。同原発の立地する福島県浜通り地方を中心に、周辺一帯の福島県住民の避難は長期化するとともに、2012年からは「帰還困難区域」「居住制限区域」も設定された(→福島第一原子力発電所事故の影響)。そのほか、火力発電所などでも損害が出たため、東京電力の管轄する関東地方は深刻な電力不足に陥り、震災直後の一時期には日本国内では65年ぶりに計画停電が実施された。計画停電は東北電力管内でも震災直後に実施されたほか、翌2012年の夏前には関西電力管内でも大飯発電所(大飯原発)の再稼働を巡って論議が起き、計画停電の可能性が議論された。"
"地震から約1時間後に遡上高14-15mの津波に襲われた東京電力福島第一原子力発電所は、1-5号機で全交流電源を喪失した。 原子炉を冷却できなくなり、1号炉・2号炉・3号炉で炉心溶融(メルトダウン)が発生。 大量の放射性物質の漏洩を伴う重大な原子力事故に発展した(→福島第一原子力発電所事故)。<hl>この事故は国際原子力事象評価尺度で最悪のレベル7、チェルノブイリ原子力発電所事故と同等に位置づけられている。<hl>同原発の立地する福島県浜通り地方を中心に、周辺一帯の福島県住民の避難は長期化するとともに、2012年からは「帰還困難区域」「居住制限区域」も設定された(→福島第一原子力発電所事故の影響)。 そのほか、火力発電所などでも損害が出たため、東京電力の管轄する関東地方は深刻な電力不足に陥り、震災直後の一時期には日本国内では65年ぶりに計画停電が実施された。 計画停電は東北電力管内でも震災直後に実施されたほか、翌2012年の夏前には関西電力管内でも大飯発電所(大飯原発)の再稼働を巡って論議が起き、計画停電の可能性が議論された。"
"14歳"
"シェイクスピアは何歳までストラトフォードのキングス・スクールに出席する権利を持っていたか。"
"一方、シェイクスピアは14歳までストラトフォードのキングス・スクール(エドワード6世校、KingEdwardVISchoolStratford-upon-Avon)に出席する権利を与えられており、そこでラテン詩人やプラウトゥス(Plautus)のような劇作家について学んだであろうというのがストラトフォード派の立場である。"
"反ストラトフォード派は、戯曲を書くのに必要とされる教育をシェイクスピアが受けていた証拠がないという点をしばしば指摘する。一方、シェイクスピアは14歳までストラトフォードのキングス・スクール(エドワード6世校、KingEdwardVISchoolStratford-upon-Avon)に出席する権利を与えられており、そこでラテン詩人やプラウトゥス(Plautus)のような劇作家について学んだであろうというのがストラトフォード派の立場である。ただし、当時の学籍簿は紛失しているので、シェイクスピアがこの学校に出席していたかどうかは明らかではない。シェイクスピアが大学に通ったという証拠もないが、これはルネサンス期の劇作家としては珍しいことではない。伝統的に学者達は、シェイクスピアはある程度独学で学んだのだろうと推測している。仲間の詩人であり劇作家のベン・ジョンソンが、シェイクスピアよりも低い身分の出身でありながら桂冠詩人にまでなったことがよく似た例として挙げられる。シェイクスピアと同様、ベン・ジョンソンは大学を卒業していないばかりか恐らく入学さえしておらず、それにもかかわらず後年オックスフォードとケンブリッジの両大学から名誉学位を授与される程の碩学になっている。"
"一方、シェイクスピアは<hl>14歳<hl>までストラトフォードのキングス・スクール(エドワード6世校、KingEdwardVISchoolStratford-upon-Avon)に出席する権利を与えられており、そこでラテン詩人やプラウトゥス(Plautus)のような劇作家について学んだであろうというのがストラトフォード派の立場である。"
"反ストラトフォード派は、戯曲を書くのに必要とされる教育をシェイクスピアが受けていた証拠がないという点をしばしば指摘する。一方、シェイクスピアは<hl>14歳<hl>までストラトフォードのキングス・スクール(エドワード6世校、KingEdwardVISchoolStratford-upon-Avon)に出席する権利を与えられており、そこでラテン詩人やプラウトゥス(Plautus)のような劇作家について学んだであろうというのがストラトフォード派の立場である。ただし、当時の学籍簿は紛失しているので、シェイクスピアがこの学校に出席していたかどうかは明らかではない。 シェイクスピアが大学に通ったという証拠もないが、これはルネサンス期の劇作家としては珍しいことではない。伝統的に学者達は、シェイクスピアはある程度独学で学んだのだろうと推測している。仲間の詩人であり劇作家のベン・ジョンソンが、シェイクスピアよりも低い身分の出身でありながら桂冠詩人にまでなったことがよく似た例として挙げられる。シェイクスピアと同様、ベン・ジョンソンは大学を卒業していないばかりか恐らく入学さえしておらず、それにもかかわらず後年オックスフォードとケンブリッジの両大学から名誉学位を授与される程の碩学になっている。"
"反ストラトフォード派は、戯曲を書くのに必要とされる教育をシェイクスピアが受けていた証拠がないという点をしばしば指摘する。<hl>一方、シェイクスピアは14歳までストラトフォードのキングス・スクール(エドワード6世校、KingEdwardVISchoolStratford-upon-Avon)に出席する権利を与えられており、そこでラテン詩人やプラウトゥス(Plautus)のような劇作家について学んだであろうというのがストラトフォード派の立場である。<hl>ただし、当時の学籍簿は紛失しているので、シェイクスピアがこの学校に出席していたかどうかは明らかではない。 シェイクスピアが大学に通ったという証拠もないが、これはルネサンス期の劇作家としては珍しいことではない。 伝統的に学者達は、シェイクスピアはある程度独学で学んだのだろうと推測している。 仲間の詩人であり劇作家のベン・ジョンソンが、シェイクスピアよりも低い身分の出身でありながら桂冠詩人にまでなったことがよく似た例として挙げられる。 シェイクスピアと同様、ベン・ジョンソンは大学を卒業していないばかりか恐らく入学さえしておらず、それにもかかわらず後年オックスフォードとケンブリッジの両大学から名誉学位を授与される程の碩学になっている。"
"手塚治虫"
"1989年は誰が亡くなった日ですか?"
"1989年、手塚治虫が亡くなった時、宮崎駿は漫画では自分も影響を強く受けた、と全面的に肯定した上で、アニメーション作家としての手塚治虫を、店子(たなこ)を集めてムリやり義太夫を聴かせる落語の長屋の大家と同じであると、痛烈に批判した。"
"1989年、手塚治虫が亡くなった時、宮崎駿は漫画では自分も影響を強く受けた、と全面的に肯定した上で、アニメーション作家としての手塚治虫を、店子(たなこ)を集めてムリやり義太夫を聴かせる落語の長屋の大家と同じであると、痛烈に批判した。同じインタビューの中では、手塚治虫作品の悲劇性についても否定的な見解を示し、その文脈から「ある街角の物語」「しずく」などの、手塚が自主制作していたアニメ作品に対しても、否定的評価を下した。それ以降は、手塚について語る事はほとんど無かったが、2009年に行われたインタビューでは、7歳の時に手塚の「新宝島」を読み「いわく言い難いほどの衝撃」を受けたことや、初期のSF三部作の虜になっていたことを明かした。その一方で、アニメ作品に対しての評価は変わらず、「しかし、僕は手塚さんがひどいアニメーションを作ったことに、ホッとしたのかもしれません。これで太刀打ちできると」と述べた。宮崎は1963年に東映動画で手塚治虫原案の「わんわん忠臣蔵」にアニメーターの一人として参加し、1977年には手塚治虫原案の「草原の子テングリ」でレイアウトを務めた。また1981年には手塚と宮﨑との合作アニメ映画「ロルフ」も企画されていた。この合作は作られなかったがロルフの企画は名前を変え「風の谷のナウシカ」の原案になった。前述の手塚治虫に対する批判の1年程前にディズニーに対しても批判をおこなっている。「ぼくはディズニーの作品がキライだ。入口と出口が同じ低さと広さで並んでいる。ぼくには観客蔑視としか思えないのである」。その一方で配給やスタジオジブリの社長をディズニー日本法人の社長が務めるなどディズニーとジブリは密接な提携を結んでおり、近年では賞賛の発言が見られる。スタジオジブリが協力したディズニー・アート展の特集番組では「芸の力」、「本当に驚きましたね」、「尊敬の念は消えません」など賛辞を述べている。"
"1989年、<hl>手塚治虫<hl>が亡くなった時、宮崎駿は漫画では自分も影響を強く受けた、と全面的に肯定した上で、アニメーション作家としての手塚治虫を、店子(たなこ)を集めてムリやり義太夫を聴かせる落語の長屋の大家と同じであると、痛烈に批判した。"
"1989年、<hl>手塚治虫<hl>が亡くなった時、宮崎駿は漫画では自分も影響を強く受けた、と全面的に肯定した上で、アニメーション作家としての手塚治虫を、店子(たなこ)を集めてムリやり義太夫を聴かせる落語の長屋の大家と同じであると、痛烈に批判した。同じインタビューの中では、手塚治虫作品の悲劇性についても否定的な見解を示し、その文脈から「ある街角の物語」「しずく」などの、手塚が自主制作していたアニメ作品に対しても、否定的評価を下した。 それ以降は、手塚について語る事はほとんど無かったが、2009年に行われたインタビューでは、7歳の時に手塚の「新宝島」を読み「いわく言い難いほどの衝撃」を受けたことや、初期のSF三部作の虜になっていたことを明かした。その一方で、アニメ作品に対しての評価は変わらず、「しかし、僕は手塚さんがひどいアニメーションを作ったことに、ホッとしたのかもしれません。これで太刀打ちできると」と述べた。 宮崎は1963年に東映動画で手塚治虫原案の「わんわん忠臣蔵」にアニメーターの一人として参加し、1977年には手塚治虫原案の「草原の子テングリ」でレイアウトを務めた。また1981年には手塚と宮﨑との合作アニメ映画「ロルフ」も企画されていた。この合作は作られなかったがロルフの企画は名前を変え「風の谷のナウシカ」の原案になった。 前述の手塚治虫に対する批判の1年程前にディズニーに対しても批判をおこなっている。「ぼくはディズニーの作品がキライだ。入口と出口が同じ低さと広さで並んでいる。ぼくには観客蔑視としか思えないのである」。その一方で配給やスタジオジブリの社長をディズニー日本法人の社長が務めるなどディズニーとジブリは密接な提携を結んでおり、近年では賞賛の発言が見られる。スタジオジブリが協力したディズニー・アート展の特集番組では「芸の力」、「本当に驚きましたね」、「尊敬の念は消えません」など賛辞を述べている。"
"<hl>1989年、手塚治虫が亡くなった時、宮崎駿は漫画では自分も影響を強く受けた、と全面的に肯定した上で、アニメーション作家としての手塚治虫を、店子(たなこ)を集めてムリやり義太夫を聴かせる落語の長屋の大家と同じであると、痛烈に批判した。<hl>同じインタビューの中では、手塚治虫作品の悲劇性についても否定的な見解を示し、その文脈から「ある街角の物語」「しずく」などの、手塚が自主制作していたアニメ作品に対しても、否定的評価を下した。 それ以降は、手塚について語る事はほとんど無かったが、2009年に行われたインタビューでは、7歳の時に手塚の「新宝島」を読み「いわく言い難いほどの衝撃」を受けたことや、初期のSF三部作の虜になっていたことを明かした。 その一方で、アニメ作品に対しての評価は変わらず、「しかし、僕は手塚さんがひどいアニメーションを作ったことに、ホッとしたのかもしれません。これで太刀打ちできると」と述べた。 宮崎は1963年に東映動画で手塚治虫原案の「わんわん忠臣蔵」にアニメーターの一人として参加し、1977年には手塚治虫原案の「草原の子テングリ」でレイアウトを務めた。 また1981年には手塚と宮﨑との合作アニメ映画「ロルフ」も企画されていた。 この合作は作られなかったがロルフの企画は名前を変え「風の谷のナウシカ」の原案になった。 前述の手塚治虫に対する批判の1年程前にディズニーに対しても批判をおこなっている。 「ぼくはディズニーの作品がキライだ。入口と出口が同じ低さと広さで並んでいる。ぼくには観客蔑視としか思えないのである」。 その一方で配給やスタジオジブリの社長をディズニー日本法人の社長が務めるなどディズニーとジブリは密接な提携を結んでおり、近年では賞賛の発言が見られる。 スタジオジブリが協力したディズニー・アート展の特集番組では「芸の力」、「本当に驚きましたね」、「尊敬の念は消えません」など賛辞を述べている。"
"夜行性"
"ネコの活動時間の性質とは?"
"ネコが妖怪視されたのは、ネコが夜行性で眼が光り、時刻によって瞳(虹彩)の形が変わる、暗闇で背中を撫でれば静電気で光る、血を舐めることもある、足音を立てずに歩く、温厚と思えば野性的な面を見せることもあり、犬と違って行動を制御しがたい、爪の鋭さ、身軽さや敏捷性といった性質に由来すると考えられている。"
"ネコが妖怪視されたのは、ネコが夜行性で眼が光り、時刻によって瞳(虹彩)の形が変わる、暗闇で背中を撫でれば静電気で光る、血を舐めることもある、足音を立てずに歩く、温厚と思えば野性的な面を見せることもあり、犬と違って行動を制御しがたい、爪の鋭さ、身軽さや敏捷性といった性質に由来すると考えられている。動物の妖怪譚はネコ以外にも、ヘビの執念深さ、キツネが持つ女性への変身能力、民話『かちかち山』などで人を殺すタヌキの凶暴性などがあるが、江戸時代に入って都市や町場が形成され、人間たちが自然から離れて生活することが多くなると、そうした野生動物の妖怪としての特徴が、人間の身近にいながらも神秘性を秘めた動物であるネコのものとして語られることが多くなり、次第に化け猫のイメージが作り上げられていったとの解釈もある。"
"ネコが妖怪視されたのは、ネコが<hl>夜行性<hl>で眼が光り、時刻によって瞳(虹彩)の形が変わる、暗闇で背中を撫でれば静電気で光る、血を舐めることもある、足音を立てずに歩く、温厚と思えば野性的な面を見せることもあり、犬と違って行動を制御しがたい、爪の鋭さ、身軽さや敏捷性といった性質に由来すると考えられている。"
"ネコが妖怪視されたのは、ネコが<hl>夜行性<hl>で眼が光り、時刻によって瞳(虹彩)の形が変わる、暗闇で背中を撫でれば静電気で光る、血を舐めることもある、足音を立てずに歩く、温厚と思えば野性的な面を見せることもあり、犬と違って行動を制御しがたい、爪の鋭さ、身軽さや敏捷性といった性質に由来すると考えられている。 動物の妖怪譚はネコ以外にも、ヘビの執念深さ、キツネが持つ女性への変身能力、民話『かちかち山』などで人を殺すタヌキの凶暴性などがあるが、江戸時代に入って都市や町場が形成され、人間たちが自然から離れて生活することが多くなると、そうした野生動物の妖怪としての特徴が、人間の身近にいながらも神秘性を秘めた動物であるネコのものとして語られることが多くなり、次第に化け猫のイメージが作り上げられていったとの解釈もある。"
"<hl>ネコが妖怪視されたのは、ネコが夜行性で眼が光り、時刻によって瞳(虹彩)の形が変わる、暗闇で背中を撫でれば静電気で光る、血を舐めることもある、足音を立てずに歩く、温厚と思えば野性的な面を見せることもあり、犬と違って行動を制御しがたい、爪の鋭さ、身軽さや敏捷性といった性質に由来すると考えられている。<hl>動物の妖怪譚はネコ以外にも、ヘビの執念深さ、キツネが持つ女性への変身能力、民話『かちかち山』などで人を殺すタヌキの凶暴性などがあるが、江戸時代に入って都市や町場が形成され、人間たちが自然から離れて生活することが多くなると、そうした野生動物の妖怪としての特徴が、人間の身近にいながらも神秘性を秘めた動物であるネコのものとして語られることが多くなり、次第に化け猫のイメージが作り上げられていったとの解釈もある。"
"約215万人"
"バスク州の人口は何人?"
"バスク州の人口は約215万人であり、スペインの自治州内における順位は第7位、スペイン全体に占める割合は4.9%である。"
"バスク州の人口は約215万人であり、スペインの自治州内における順位は第7位、スペイン全体に占める割合は4.9%である。バスク州で人口が最も多い自治体はビルバオであり、州人口の半分の約100万人はビルバオ都市圏に住む。人口上位の10自治体のうち、6自治体(ビルバオ、バラカルド、ゲチョ、ポルトゥガレテ、サントゥルツィ、バサウリ)がビルバオ都市圏にある。バスク州の人口のうち、28.2%はバスク州外生まれである。"
"バスク州の人口は<hl>約215万人<hl>であり、スペインの自治州内における順位は第7位、スペイン全体に占める割合は4.9%である。"
"バスク州の人口は<hl>約215万人<hl>であり、スペインの自治州内における順位は第7位、スペイン全体に占める割合は4.9%である。 バスク州で人口が最も多い自治体はビルバオであり、州人口の半分の約100万人はビルバオ都市圏に住む。 人口上位の10自治体のうち、6自治体(ビルバオ、バラカルド、ゲチョ、ポルトゥガレテ、サントゥルツィ、バサウリ)がビルバオ都市圏にある。 バスク州の人口のうち、28.2%はバスク州外生まれである。"
"<hl>バスク州の人口は約215万人であり、スペインの自治州内における順位は第7位、スペイン全体に占める割合は4.9%である。<hl>バスク州で人口が最も多い自治体はビルバオであり、州人口の半分の約100万人はビルバオ都市圏に住む。 人口上位の10自治体のうち、6自治体(ビルバオ、バラカルド、ゲチョ、ポルトゥガレテ、サントゥルツィ、バサウリ)がビルバオ都市圏にある。 バスク州の人口のうち、28.2%はバスク州外生まれである。"
"アン・マクレガー"
"ワットの二番目の妻の名前は何?"
"1777年にはグラスゴーの染料工の娘アン・マクレガーと再婚し、2児を得た。"
"ワットのこの状況を救ったのは、グラスゴー大学に導入された天文学機器が専門家の調整を必要としたことだった。1757年7月、要請に応えてワットが行った調整は大学側を満足させ、この機器はマクファーレーン天文台に設置された。すると教授3人が、ワットに大学内に小さな工房を設けることを提案し、これは1757年に実現した。教授の中には、ワットの友人となる物理学者兼化学者のジョゼフ・ブラックがいた。また、この背景にはアダム・スミスの協力もあった。1764年、ワットは従姉妹にあたるマーガレット・ミラーと結婚した。5児が生まれたが、うち成人したのはマーガレットとジェームズJr.の2人だけであり、妻マーガレットも1772年に産褥で亡くなった。1777年にはグラスゴーの染料工の娘アン・マクレガーと再婚し、2児を得た。アンはワットの死後、1832年に死去した。"
"1777年にはグラスゴーの染料工の娘<hl>アン・マクレガー<hl>と再婚し、2児を得た。"
"ワットのこの状況を救ったのは、グラスゴー大学に導入された天文学機器が専門家の調整を必要としたことだった。1757年7月、要請に応えてワットが行った調整は大学側を満足させ、この機器はマクファーレーン天文台に設置された。すると教授3人が、ワットに大学内に小さな工房を設けることを提案し、これは1757年に実現した。教授の中には、ワットの友人となる物理学者兼化学者のジョゼフ・ブラックがいた。また、この背景にはアダム・スミスの協力もあった。 1764年、ワットは従姉妹にあたるマーガレット・ミラーと結婚した。5児が生まれたが、うち成人したのはマーガレットとジェームズJr.の2人だけであり、妻マーガレットも1772年に産褥で亡くなった。1777年にはグラスゴーの染料工の娘<hl>アン・マクレガー<hl>と再婚し、2児を得た。アンはワットの死後、1832年に死去した。"
"ワットのこの状況を救ったのは、グラスゴー大学に導入された天文学機器が専門家の調整を必要としたことだった。 1757年7月、要請に応えてワットが行った調整は大学側を満足させ、この機器はマクファーレーン天文台に設置された。 すると教授3人が、ワットに大学内に小さな工房を設けることを提案し、これは1757年に実現した。 教授の中には、ワットの友人となる物理学者兼化学者のジョゼフ・ブラックがいた。 また、この背景にはアダム・スミスの協力もあった。 1764年、ワットは従姉妹にあたるマーガレット・ミラーと結婚した。 5児が生まれたが、うち成人したのはマーガレットとジェームズJr.の2人だけであり、妻マーガレットも1772年に産褥で亡くなった。<hl>1777年にはグラスゴーの染料工の娘アン・マクレガーと再婚し、2児を得た。<hl>アンはワットの死後、1832年に死去した。"
"13年"
"Aは一審で懲役何年の判決を受けたか。"
"Aは一審の途中から自白を翻して犯行を否認し無罪を主張したが、一審熊本地方裁判所は自白の任意性・信用性を認めて懲役13年の判決を下した。"
"1985年1月8日、熊本県下益城郡松橋町の町営住宅の一室で、同室に一人で住む59歳の男性の遺体が発見された。警察は、1月5日夜に被害者と激しく口論をしていた将棋仲間の男Aの事情聴取を続け、同月20日になって犯行を自白したため逮捕した。2月14日に起訴した。Aは一審の途中から自白を翻して犯行を否認し無罪を主張したが、一審熊本地方裁判所は自白の任意性・信用性を認めて懲役13年の判決を下した。Aは控訴・上告して争ったものの、福岡高等裁判所・最高裁判所ともに棄却して確定した。Aは服役し、1999年に仮釈放された。"
"Aは一審の途中から自白を翻して犯行を否認し無罪を主張したが、一審熊本地方裁判所は自白の任意性・信用性を認めて懲役<hl>13年<hl>の判決を下した。"
"1985年1月8日、熊本県下益城郡松橋町の町営住宅の一室で、同室に一人で住む59歳の男性の遺体が発見された。警察は、1月5日夜に被害者と激しく口論をしていた将棋仲間の男Aの事情聴取を続け、同月20日になって犯行を自白したため逮捕した。2月14日に起訴した。 Aは一審の途中から自白を翻して犯行を否認し無罪を主張したが、一審熊本地方裁判所は自白の任意性・信用性を認めて懲役<hl>13年<hl>の判決を下した。Aは控訴・上告して争ったものの、福岡高等裁判所・最高裁判所ともに棄却して確定した。Aは服役し、1999年に仮釈放された。"
"1985年1月8日、熊本県下益城郡松橋町の町営住宅の一室で、同室に一人で住む59歳の男性の遺体が発見された。 警察は、1月5日夜に被害者と激しく口論をしていた将棋仲間の男Aの事情聴取を続け、同月20日になって犯行を自白したため逮捕した。 2月14日に起訴した。<hl>Aは一審の途中から自白を翻して犯行を否認し無罪を主張したが、一審熊本地方裁判所は自白の任意性・信用性を認めて懲役13年の判決を下した。<hl>Aは控訴・上告して争ったものの、福岡高等裁判所・最高裁判所ともに棄却して確定した。 Aは服役し、1999年に仮釈放された。"
"血友病"
"ニコライ2世の息子アレクセイの命を脅かした質病は何でしたか。"
"この頃、ニコライ2世の息子アレクセイは血友病が悪化して危険な状態となっており、ニコライ2世は万が一の場合にはミハイルに帝位を継承させるつもりだったため特に怒りを見せた。"
"1912年9月、ミハイルとナターリアは海外に休暇に出かけるが、常にオフラーナの監視が同行していた。ベルリン滞在時に二人は突然カンヌにドライブに行くことを決め、監視には列車でカンヌに来るように指示した。オフラーナは事前に列車で同行するように指示を受けていたためミハイルの指示に従ったが、これはミハイルの意図したことだった。二人はカンヌに向かう途中でウィーンに立ち寄り、10月16日にセルビア正教会の聖サヴァ教会で結婚した。結婚にはナターリアの前々夫との娘が立ち合い、ミハイル夫妻はヴェネツィア、ミラノに立ち寄った後にカンヌに到着した。二週間後、ミハイルはニコライ2世と母マリアに対し、結婚を報告する手紙を送った。ニコライ2世と母マリアはミハイルの報告にショックを受け、母は「あらゆる想像を絶する酷さ」と述べ、兄は「弟は彼女と結婚しないという誓いを破った」と激怒した。この頃、ニコライ2世の息子アレクセイは血友病が悪化して危険な状態となっており、ニコライ2世は万が一の場合にはミハイルに帝位を継承させるつもりだったため特に怒りを見せた。一方のミハイルも、アレクセイが死に再び帝位継承権第一位になり、ナターリアと結婚できなくなってしまうことを恐れていた。そのため、ミハイルはナターリアとの結婚を強行することで、再び帝位継承権第一位になることを阻止した。ニコライ2世の怒りは収まらず、1912年12月から1913年1月にかけて勅令を出し、ミハイルのロシアからの追放、国内資産の没収、摂政の権利を取り消すことを決定した。これに対し、貴族社会からはミハイルとナターリアに同情する声が挙がった。"
"この頃、ニコライ2世の息子アレクセイは<hl>血友病<hl>が悪化して危険な状態となっており、ニコライ2世は万が一の場合にはミハイルに帝位を継承させるつもりだったため特に怒りを見せた。"
"1912年9月、ミハイルとナターリアは海外に休暇に出かけるが、常にオフラーナの監視が同行していた。ベルリン滞在時に二人は突然カンヌにドライブに行くことを決め、監視には列車でカンヌに来るように指示した。オフラーナは事前に列車で同行するように指示を受けていたためミハイルの指示に従ったが、これはミハイルの意図したことだった。二人はカンヌに向かう途中でウィーンに立ち寄り、10月16日にセルビア正教会の聖サヴァ教会で結婚した。結婚にはナターリアの前々夫との娘が立ち合い、ミハイル夫妻はヴェネツィア、ミラノに立ち寄った後にカンヌに到着した。 二週間後、ミハイルはニコライ2世と母マリアに対し、結婚を報告する手紙を送った。ニコライ2世と母マリアはミハイルの報告にショックを受け、母は「あらゆる想像を絶する酷さ」と述べ、兄は「弟は彼女と結婚しないという誓いを破った」と激怒した。この頃、ニコライ2世の息子アレクセイは<hl>血友病<hl>が悪化して危険な状態となっており、ニコライ2世は万が一の場合にはミハイルに帝位を継承させるつもりだったため特に怒りを見せた。一方のミハイルも、アレクセイが死に再び帝位継承権第一位になり、ナターリアと結婚できなくなってしまうことを恐れていた。そのため、ミハイルはナターリアとの結婚を強行することで、再び帝位継承権第一位になることを阻止した。ニコライ2世の怒りは収まらず、1912年12月から1913年1月にかけて勅令を出し、ミハイルのロシアからの追放、国内資産の没収、摂政の権利を取り消すことを決定した。これに対し、貴族社会からはミハイルとナターリアに同情する声が挙がった。"
"1912年9月、ミハイルとナターリアは海外に休暇に出かけるが、常にオフラーナの監視が同行していた。 ベルリン滞在時に二人は突然カンヌにドライブに行くことを決め、監視には列車でカンヌに来るように指示した。 オフラーナは事前に列車で同行するように指示を受けていたためミハイルの指示に従ったが、これはミハイルの意図したことだった。 二人はカンヌに向かう途中でウィーンに立ち寄り、10月16日にセルビア正教会の聖サヴァ教会で結婚した。 結婚にはナターリアの前々夫との娘が立ち合い、ミハイル夫妻はヴェネツィア、ミラノに立ち寄った後にカンヌに到着した。 二週間後、ミハイルはニコライ2世と母マリアに対し、結婚を報告する手紙を送った。 ニコライ2世と母マリアはミハイルの報告にショックを受け、母は「あらゆる想像を絶する酷さ」と述べ、兄は「弟は彼女と結婚しないという誓いを破った」と激怒した。<hl>この頃、ニコライ2世の息子アレクセイは血友病が悪化して危険な状態となっており、ニコライ2世は万が一の場合にはミハイルに帝位を継承させるつもりだったため特に怒りを見せた。<hl>一方のミハイルも、アレクセイが死に再び帝位継承権第一位になり、ナターリアと結婚できなくなってしまうことを恐れていた。 そのため、ミハイルはナターリアとの結婚を強行することで、再び帝位継承権第一位になることを阻止した。 ニコライ2世の怒りは収まらず、1912年12月から1913年1月にかけて勅令を出し、ミハイルのロシアからの追放、国内資産の没収、摂政の権利を取り消すことを決定した。 これに対し、貴族社会からはミハイルとナターリアに同情する声が挙がった。"
"大久保氏"
"松岡家の前に本樹のある一帯の土地を所有していた人は誰でしたか?"
"本樹の生えている一帯の土地は、小田原城主大久保氏の領地であったが、明治維新後に、大久保氏の御用を勤めていた松岡家に払い下げられ、私有地となったものである。"
"本樹の生えている一帯の土地は、小田原城主大久保氏の領地であったが、明治維新後に、大久保氏の御用を勤めていた松岡家に払い下げられ、私有地となったものである。天然記念物指定当時は、当時の小田原町助役であった松岡彰吉の私有地であり、木も同氏の所有であった。現在も松岡家の私有地である。牧野富太郎は、この樹が斜面の窪地にあって耕作の妨げになることがなかったため伐採されることもなく今日まで残ったのであろう、と述べている。"
"本樹の生えている一帯の土地は、小田原城主<hl>大久保氏<hl>の領地であったが、明治維新後に、大久保氏の御用を勤めていた松岡家に払い下げられ、私有地となったものである。"
"本樹の生えている一帯の土地は、小田原城主<hl>大久保氏<hl>の領地であったが、明治維新後に、大久保氏の御用を勤めていた松岡家に払い下げられ、私有地となったものである。 天然記念物指定当時は、当時の小田原町助役であった松岡彰吉の私有地であり、木も同氏の所有であった。 現在も松岡家の私有地である。 牧野富太郎は、この樹が斜面の窪地にあって耕作の妨げになることがなかったため伐採されることもなく今日まで残ったのであろう、と述べている。"
"<hl>本樹の生えている一帯の土地は、小田原城主大久保氏の領地であったが、明治維新後に、大久保氏の御用を勤めていた松岡家に払い下げられ、私有地となったものである。<hl>天然記念物指定当時は、当時の小田原町助役であった松岡彰吉の私有地であり、木も同氏の所有であった。 現在も松岡家の私有地である。 牧野富太郎は、この樹が斜面の窪地にあって耕作の妨げになることがなかったため伐採されることもなく今日まで残ったのであろう、と述べている。"
"焼酎"
"2017年度に日本国内で生産されたサツマイモのうち、4分の1が何の原料となっていますか?"
"2017年度に日本国内で生産されたサツマイモは80万7,100トンあり、そのうち25%ほどにあたる約20万トンが焼酎の原料となっている。"
"2017年度に日本国内で生産されたサツマイモは80万7,100トンあり、そのうち25%ほどにあたる約20万トンが焼酎の原料となっている。特に宮崎県では生産量の66%にあたる5.6万トン、鹿児島県では同48%にあたる14.3万トンがそれぞれ焼酎原料として消費されている。"
"2017年度に日本国内で生産されたサツマイモは80万7,100トンあり、そのうち25%ほどにあたる約20万トンが<hl>焼酎<hl>の原料となっている。"
"2017年度に日本国内で生産されたサツマイモは80万7,100トンあり、そのうち25%ほどにあたる約20万トンが<hl>焼酎<hl>の原料となっている。 特に宮崎県では生産量の66%にあたる5.6万トン、鹿児島県では同48%にあたる14.3万トンがそれぞれ焼酎原料として消費されている。"
"<hl>2017年度に日本国内で生産されたサツマイモは80万7,100トンあり、そのうち25%ほどにあたる約20万トンが焼酎の原料となっている。<hl>特に宮崎県では生産量の66%にあたる5.6万トン、鹿児島県では同48%にあたる14.3万トンがそれぞれ焼酎原料として消費されている。"
"ソウル大会"
"聖火台で鳩を焼いてしまったオリンピックの大会は何ですか?"
"しかし、聖火台で鳩を焼いてしまったソウル大会での一件や、外来生物への危惧や鳩の生息できる環境ではない場所(特に冬季オリンピック)でオリンピックが行われる事もあるなどの理由から動物愛護協会の反対もあり、1998年の長野大会からは風船やモニター映像、ダンスなどによる鳩飛ばし表現が恒例になった。"
"開会式では、オリンピック賛歌を演奏することやオリンピック旗掲揚、開催国の国歌斉唱または演奏、走者達のリレーによる聖火点火、そして平和の象徴の鳩が解き放たれることがオリンピック憲章で規定されていた。しかし、聖火台で鳩を焼いてしまったソウル大会での一件や、外来生物への危惧や鳩の生息できる環境ではない場所(特に冬季オリンピック)でオリンピックが行われる事もあるなどの理由から動物愛護協会の反対もあり、1998年の長野大会からは風船やモニター映像、ダンスなどによる鳩飛ばし表現が恒例になった。2004年版以降のオリンピック憲章では、鳩の使用についての規定も削除された。ロンドン大会では、鳩のコスチュームをまとった人々が自転車に乗って登場し、そのうちの一人がワイヤーアクションで空中へ上昇した。開会式の入場行進はオリンピックの発祥地であるギリシャの選手団が先導し、その後参加国は開催国の言語順に入場し、最後に開催国の選手団が入場する。ギリシャのアテネが開催地となった2004年は、まずギリシャの旗手のみが先導して入場し、最後にギリシャの選手団が入場していた。使用される言語は開催国の任意であるが、内容の改変、アドリブは認められない。2002年のソルトレークシティオリンピックではジョージ・W・ブッシュ大統領が「(オリンピック開催国に選ばれたことを)栄誉とし、(その成功に)専心しつつ、かつ(その機会を得たことに対する)感謝の念に満ちたこの国を代表し(Onbehalfofaproud,determinedandgratefulnation...)」の一節を付け加えて開会宣言したが、これはオリンピック憲章違反である。また、開催国国家元首による開会宣言の直後にその大会ごとのファンファーレが演奏されることが通例となっている。1984年のロサンゼルス大会のファンファーレ(ジョン・ウィリアムズ作曲)は世界的に有名となった。なお、あくまでその大会ごとのファンファーレであって、オリンピックの公式ファンファーレは存在しない。なお、夏季大会では試合日程の関係で開会式の前に競技を開催するもの(例えばサッカーなど)がある。"
"しかし、聖火台で鳩を焼いてしまった<hl>ソウル大会<hl>での一件や、外来生物への危惧や鳩の生息できる環境ではない場所(特に冬季オリンピック)でオリンピックが行われる事もあるなどの理由から動物愛護協会の反対もあり、1998年の長野大会からは風船やモニター映像、ダンスなどによる鳩飛ばし表現が恒例になった。"
"開会式では、オリンピック賛歌を演奏することやオリンピック旗掲揚、開催国の国歌斉唱または演奏、走者達のリレーによる聖火点火、そして平和の象徴の鳩が解き放たれることがオリンピック憲章で規定されていた。 しかし、聖火台で鳩を焼いてしまった<hl>ソウル大会<hl>での一件や、外来生物への危惧や鳩の生息できる環境ではない場所(特に冬季オリンピック)でオリンピックが行われる事もあるなどの理由から動物愛護協会の反対もあり、1998年の長野大会からは風船やモニター映像、ダンスなどによる鳩飛ばし表現が恒例になった。 2004年版以降のオリンピック憲章では、鳩の使用についての規定も削除された。 ロンドン大会では、鳩のコスチュームをまとった人々が自転車に乗って登場し、そのうちの一人がワイヤーアクションで空中へ上昇した。 開会式の入場行進はオリンピックの発祥地であるギリシャの選手団が先導し、その後参加国は開催国の言語順に入場し、最後に開催国の選手団が入場する。 ギリシャのアテネが開催地となった2004年は、まずギリシャの旗手のみが先導して入場し、最後にギリシャの選手団が入場していた。 使用される言語は開催国の任意であるが、内容の改変、アドリブは認められない。 2002年のソルトレークシティオリンピックではジョージ・W・ブッシュ大統領が「(オリンピック開催国に選ばれたことを)栄誉とし、(その成功に)専心しつつ、かつ(その機会を得たことに対する)感謝の念に満ちたこの国を代表し(Onbehalfofaproud,determinedandgratefulnation...)」の一節を付け加えて開会宣言したが、これはオリンピック憲章違反である。 また、開催国国家元首による開会宣言の直後にその大会ごとのファンファーレが演奏されることが通例となっている。 1984年のロサンゼルス大会のファンファーレ(ジョン・ウィリアムズ作曲)は世界的に有名となった。 なお、あくまでその大会ごとのファンファーレであって、オリンピックの公式ファンファーレは存在しない。 なお、夏季大会では試合日程の関係で開会式の前に競技を開催するもの(例えばサッカーなど)がある。"
"開会式では、オリンピック賛歌を演奏することやオリンピック旗掲揚、開催国の国歌斉唱または演奏、走者達のリレーによる聖火点火、そして平和の象徴の鳩が解き放たれることがオリンピック憲章で規定されていた。<hl>しかし、聖火台で鳩を焼いてしまったソウル大会での一件や、外来生物への危惧や鳩の生息できる環境ではない場所(特に冬季オリンピック)でオリンピックが行われる事もあるなどの理由から動物愛護協会の反対もあり、1998年の長野大会からは風船やモニター映像、ダンスなどによる鳩飛ばし表現が恒例になった。<hl>2004年版以降のオリンピック憲章では、鳩の使用についての規定も削除された。 ロンドン大会では、鳩のコスチュームをまとった人々が自転車に乗って登場し、そのうちの一人がワイヤーアクションで空中へ上昇した。 開会式の入場行進はオリンピックの発祥地であるギリシャの選手団が先導し、その後参加国は開催国の言語順に入場し、最後に開催国の選手団が入場する。 ギリシャのアテネが開催地となった2004年は、まずギリシャの旗手のみが先導して入場し、最後にギリシャの選手団が入場していた。 使用される言語は開催国の任意であるが、内容の改変、アドリブは認められない。 2002年のソルトレークシティオリンピックではジョージ・W・ブッシュ大統領が「(オリンピック開催国に選ばれたことを)栄誉とし、(その成功に)専心しつつ、かつ(その機会を得たことに対する)感謝の念に満ちたこの国を代表し(Onbehalfofaproud,determinedandgratefulnation...)」の一節を付け加えて開会宣言したが、これはオリンピック憲章違反である。 また、開催国国家元首による開会宣言の直後にその大会ごとのファンファーレが演奏されることが通例となっている。 1984年のロサンゼルス大会のファンファーレ(ジョン・ウィリアムズ作曲)は世界的に有名となった。 なお、あくまでその大会ごとのファンファーレであって、オリンピックの公式ファンファーレは存在しない。 なお、夏季大会では試合日程の関係で開会式の前に競技を開催するもの(例えばサッカーなど)がある。"
"「小さな砂利の多いところ」"
"「ピヨロ・コタン」の意味は何?"
"「ピョウタン」の語源はアイヌ語で「小さな砂利の多いところ」という意味の「ピヨロ・コタン」とされるが、「ヒョウタン」から転じたという説もある。"
"被災後のダムは水利権保持の手続きを取ってそのまま残されていた。1つの滝のような姿となったダムが、いつからピョウタンの滝と呼ばれるようになったかは、はっきりしない。「ピョウタン」の語源はアイヌ語で「小さな砂利の多いところ」という意味の「ピヨロ・コタン」とされるが、「ヒョウタン」から転じたという説もある。かつて付近に「ピョウタン沢」と呼ばれる地名があったともされる。1969年(昭和44年)の記録には「元・札内川電力ダム」との表記があるが、ダムはいつしか「ピョウタンの滝」と呼ばれるようになり、1973年5月の中札内村の広報誌では「ピョウタンの滝」の名で紹介されている。"
"「ピョウタン」の語源はアイヌ語で<hl>「小さな砂利の多いところ」<hl>という意味の「ピヨロ・コタン」とされるが、「ヒョウタン」から転じたという説もある。"
"被災後のダムは水利権保持の手続きを取ってそのまま残されていた。 1つの滝のような姿となったダムが、いつからピョウタンの滝と呼ばれるようになったかは、はっきりしない。 「ピョウタン」の語源はアイヌ語で<hl>「小さな砂利の多いところ」<hl>という意味の「ピヨロ・コタン」とされるが、「ヒョウタン」から転じたという説もある。 かつて付近に「ピョウタン沢」と呼ばれる地名があったともされる。 1969年(昭和44年)の記録には「元・札内川電力ダム」との表記があるが、ダムはいつしか「ピョウタンの滝」と呼ばれるようになり、1973年5月の中札内村の広報誌では「ピョウタンの滝」の名で紹介されている。"
"被災後のダムは水利権保持の手続きを取ってそのまま残されていた。 1つの滝のような姿となったダムが、いつからピョウタンの滝と呼ばれるようになったかは、はっきりしない。<hl>「ピョウタン」の語源はアイヌ語で「小さな砂利の多いところ」という意味の「ピヨロ・コタン」とされるが、「ヒョウタン」から転じたという説もある。<hl>かつて付近に「ピョウタン沢」と呼ばれる地名があったともされる。 1969年(昭和44年)の記録には「元・札内川電力ダム」との表記があるが、ダムはいつしか「ピョウタンの滝」と呼ばれるようになり、1973年5月の中札内村の広報誌では「ピョウタンの滝」の名で紹介されている。"
"碇義彦"
"大阪芸術大学映像計画学科の同級生で広告デザイナーの方は誰ですか?"
"同じ学科の同級生には南雅彦・西森明良などの同業者、広告デザイナーの碇義彦や漫画家の島本和彦および士郎正宗等も在籍していた。"
"庵野秀明は高校卒業後は就職せず、遊んでばかりいたために親に心配され、一浪を経て、当時、入試が実技のみであった大阪芸術大学映像計画学科に進学する。受験対策は宮崎駿らの絵コンテ等を見て勉強したという。同じ学科の同級生には南雅彦・西森明良などの同業者、広告デザイナーの碇義彦や漫画家の島本和彦および士郎正宗等も在籍していた。士郎とは学生時代の面識・交流の有無は不明だが、後に『アップルシード』『蒼きウル(未発表)』にて互いにスタッフとして参加している。サークルはSF研究会に所属していた。入学当初、同級生の山賀博之、赤井孝美らと班を作る。なお、この頃の庵野について、画力は「特にメカの描写は圧倒的であった」と後に山賀が語っており、学生生活の様子は島本和彦の漫画作品『アオイホノオ』に詳しく描かれている。"
"同じ学科の同級生には南雅彦・西森明良などの同業者、広告デザイナーの<hl>碇義彦<hl>や漫画家の島本和彦および士郎正宗等も在籍していた。"
"庵野秀明は高校卒業後は就職せず、遊んでばかりいたために親に心配され、一浪を経て、当時、入試が実技のみであった大阪芸術大学映像計画学科に進学する。受験対策は宮崎駿らの絵コンテ等を見て勉強したという。 同じ学科の同級生には南雅彦・西森明良などの同業者、広告デザイナーの<hl>碇義彦<hl>や漫画家の島本和彦および士郎正宗等も在籍していた。士郎とは学生時代の面識・交流の有無は不明だが、後に『アップルシード』『蒼きウル(未発表)』にて互いにスタッフとして参加している。 サークルはSF研究会に所属していた。入学当初、同級生の山賀博之、赤井孝美らと班を作る。なお、この頃の庵野について、画力は「特にメカの描写は圧倒的であった」と後に山賀が語っており、学生生活の様子は島本和彦の漫画作品『アオイホノオ』に詳しく描かれている。"
"庵野秀明は高校卒業後は就職せず、遊んでばかりいたために親に心配され、一浪を経て、当時、入試が実技のみであった大阪芸術大学映像計画学科に進学する。 受験対策は宮崎駿らの絵コンテ等を見て勉強したという。<hl>同じ学科の同級生には南雅彦・西森明良などの同業者、広告デザイナーの碇義彦や漫画家の島本和彦および士郎正宗等も在籍していた。<hl>士郎とは学生時代の面識・交流の有無は不明だが、後に『アップルシード』『蒼きウル(未発表)』にて互いにスタッフとして参加している。 サークルはSF研究会に所属していた。 入学当初、同級生の山賀博之、赤井孝美らと班を作る。 なお、この頃の庵野について、画力は「特にメカの描写は圧倒的であった」と後に山賀が語っており、学生生活の様子は島本和彦の漫画作品『アオイホノオ』に詳しく描かれている。"
"喘息"
"篠崎真里花は幼い頃、どんな質病を持っていましたか。"
"幼い頃は喘息持ちで学校も休みがちだったが、物語開始時点では完治している。"
"篠崎真里花は涼介の幼なじみである。幼い頃は喘息持ちで学校も休みがちだったが、物語開始時点では完治している。汐凪市に戻ってきた涼介は真里花と再会し、二人は「天体水族館」という七夕祭りの企画を手伝うことになる。これは自然科学部と天文部の合同企画であり、水槽を置いた一室でプラネタリウムも同時に公演する。涼介達は準備として、水族館用の水槽と濾過装置、プラネタリウム用の投影機の自作に取り掛かる。一度は水槽を作り上げるも水漏れが生じ、涼介達は特殊なコーキング剤を手に入れて水槽を作り直す。投影機はピンホール式と決まり、制作途中で光源による熱で恒星球が溶けるというアクシデントが起こるも、光源や恒星球を取り替えることで対処する。天体水族館の準備の合間に涼介と真里花は相思相愛となり、二人は付き合い始める。涼介は真里花の家に何度も訪れるが、真里花の父親・浩二とは衝突してしまう。それは浩二は真里花と涼介の交際を認めたがらないのであった。挙句の果てに、涼介は浩二から天体水族館の展示が上手くいかなかったら真里花との交際を諦めろとまで言われてしまう。七夕祭り当日、天体水族館は大盛況となる。天体水族館には浩二も訪れ、「たいしたものだった」と涼介に感想を伝える。七夕祭りの翌日、涼介は浩二に呼び出され、真里花が今までいかに喘息に苦しんで来たかを伝えられる。涼介は真里花を必ず幸せにすると浩二に誓う。その後、涼介と真里花がお互いの夢(建築士・保育士)や、二人で幸せになる未来を語り合う場面でスクール編は幕を閉じる。"
"幼い頃は<hl>喘息<hl>持ちで学校も休みがちだったが、物語開始時点では完治している。"
"篠崎真里花は涼介の幼なじみである。幼い頃は<hl>喘息<hl>持ちで学校も休みがちだったが、物語開始時点では完治している。汐凪市に戻ってきた涼介は真里花と再会し、二人は「天体水族館」という七夕祭りの企画を手伝うことになる。これは自然科学部と天文部の合同企画であり、水槽を置いた一室でプラネタリウムも同時に公演する。涼介達は準備として、水族館用の水槽と濾過装置、プラネタリウム用の投影機の自作に取り掛かる。一度は水槽を作り上げるも水漏れが生じ、涼介達は特殊なコーキング剤を手に入れて水槽を作り直す。投影機はピンホール式と決まり、制作途中で光源による熱で恒星球が溶けるというアクシデントが起こるも、光源や恒星球を取り替えることで対処する。 天体水族館の準備の合間に涼介と真里花は相思相愛となり、二人は付き合い始める。涼介は真里花の家に何度も訪れるが、真里花の父親・浩二とは衝突してしまう。それは浩二は真里花と涼介の交際を認めたがらないのであった。挙句の果てに、涼介は浩二から天体水族館の展示が上手くいかなかったら真里花との交際を諦めろとまで言われてしまう。七夕祭り当日、天体水族館は大盛況となる。天体水族館には浩二も訪れ、「たいしたものだった」と涼介に感想を伝える。七夕祭りの翌日、涼介は浩二に呼び出され、真里花が今までいかに喘息に苦しんで来たかを伝えられる。涼介は真里花を必ず幸せにすると浩二に誓う。その後、涼介と真里花がお互いの夢(建築士・保育士)や、二人で幸せになる未来を語り合う場面でスクール編は幕を閉じる。"
"篠崎真里花は涼介の幼なじみである。<hl>幼い頃は喘息持ちで学校も休みがちだったが、物語開始時点では完治している。<hl>汐凪市に戻ってきた涼介は真里花と再会し、二人は「天体水族館」という七夕祭りの企画を手伝うことになる。 これは自然科学部と天文部の合同企画であり、水槽を置いた一室でプラネタリウムも同時に公演する。 涼介達は準備として、水族館用の水槽と濾過装置、プラネタリウム用の投影機の自作に取り掛かる。 一度は水槽を作り上げるも水漏れが生じ、涼介達は特殊なコーキング剤を手に入れて水槽を作り直す。 投影機はピンホール式と決まり、制作途中で光源による熱で恒星球が溶けるというアクシデントが起こるも、光源や恒星球を取り替えることで対処する。 天体水族館の準備の合間に涼介と真里花は相思相愛となり、二人は付き合い始める。 涼介は真里花の家に何度も訪れるが、真里花の父親・浩二とは衝突してしまう。 それは浩二は真里花と涼介の交際を認めたがらないのであった。 挙句の果てに、涼介は浩二から天体水族館の展示が上手くいかなかったら真里花との交際を諦めろとまで言われてしまう。 七夕祭り当日、天体水族館は大盛況となる。 天体水族館には浩二も訪れ、「たいしたものだった」と涼介に感想を伝える。 七夕祭りの翌日、涼介は浩二に呼び出され、真里花が今までいかに喘息に苦しんで来たかを伝えられる。 涼介は真里花を必ず幸せにすると浩二に誓う。 その後、涼介と真里花がお互いの夢(建築士・保育士)や、二人で幸せになる未来を語り合う場面でスクール編は幕を閉じる。"
"ルクッルス"
"ローマの元老院は増援としてポンペイウスと誰の軍団を送り込んだか?"
"元老院が増援としてポンペイウスとルクッルスの軍団を送り込んだことを知ったスパルタクスは残る全兵力を結集してクラッススに決戦を挑み、敗れて全滅した。"
"ローマの元老院は奴隷集団に対する連戦連敗と略奪行為に危機感を持ち、最終的には8個軍団をも動員し、その指揮権を厳格かつ有能なマルクス・リキニウス・クラッススに委ねた。紀元前71年、スパルタクスの奴隷軍はクラッススの軍団によってイタリア半島最南端のカラブリアに封じ込められた。元老院が増援としてポンペイウスとルクッルスの軍団を送り込んだことを知ったスパルタクスは残る全兵力を結集してクラッススに決戦を挑み、敗れて全滅した。"
"元老院が増援としてポンペイウスと<hl>ルクッルス<hl>の軍団を送り込んだことを知ったスパルタクスは残る全兵力を結集してクラッススに決戦を挑み、敗れて全滅した。"
"ローマの元老院は奴隷集団に対する連戦連敗と略奪行為に危機感を持ち、最終的には8個軍団をも動員し、その指揮権を厳格かつ有能なマルクス・リキニウス・クラッススに委ねた。紀元前71年、スパルタクスの奴隷軍はクラッススの軍団によってイタリア半島最南端のカラブリアに封じ込められた。元老院が増援としてポンペイウスと<hl>ルクッルス<hl>の軍団を送り込んだことを知ったスパルタクスは残る全兵力を結集してクラッススに決戦を挑み、敗れて全滅した。"
"ローマの元老院は奴隷集団に対する連戦連敗と略奪行為に危機感を持ち、最終的には8個軍団をも動員し、その指揮権を厳格かつ有能なマルクス・リキニウス・クラッススに委ねた。 紀元前71年、スパルタクスの奴隷軍はクラッススの軍団によってイタリア半島最南端のカラブリアに封じ込められた。<hl>元老院が増援としてポンペイウスとルクッルスの軍団を送り込んだことを知ったスパルタクスは残る全兵力を結集してクラッススに決戦を挑み、敗れて全滅した。<hl>"
"「さそりもどき、むちさそり」"
"「しりをむし」の別名は何?"
"古くは内田他(1952)では標準名を「しりをむし」として別名扱いで「さそりもどき、むちさそり」を挙げている。"
"日本では江戸時代にはすでにその存在が知られていた。『重訂本草綱目啓蒙』にサソリの仲間で『薩州の大島にヘヒリと呼ぶ虫あり、形甚だ蠍に似て身大にして尾短く手も甚だ短くしてふとし』と紹介されているのがこれであるという。和名はかなりの揺れがあり、後述の他種を合わせてサソリモドキが長らく使われてはいたものの、確定的ではなかった。古くは内田他(1952)では標準名を「しりをむし」として別名扱いで「さそりもどき、むちさそり」を挙げている。この書の後継となる岡田他(1967)では「むちさそり」を標準和名とし、これ以外の名を挙げていない。そのまた後継に当たる内田他(1979)でもこれが継承されている。しかし前後するが岡田他(1957)では和名を「さそりもどき」としている。"
"古くは内田他(1952)では標準名を「しりをむし」として別名扱いで<hl>「さそりもどき、むちさそり」<hl>を挙げている。"
"日本では江戸時代にはすでにその存在が知られていた。 『重訂本草綱目啓蒙』にサソリの仲間で『薩州の大島にヘヒリと呼ぶ虫あり、形甚だ蠍に似て身大にして尾短く手も甚だ短くしてふとし』と紹介されているのがこれであるという。 和名はかなりの揺れがあり、後述の他種を合わせてサソリモドキが長らく使われてはいたものの、確定的ではなかった。 古くは内田他(1952)では標準名を「しりをむし」として別名扱いで<hl>「さそりもどき、むちさそり」<hl>を挙げている。 この書の後継となる岡田他(1967)では「むちさそり」を標準和名とし、これ以外の名を挙げていない。 そのまた後継に当たる内田他(1979)でもこれが継承されている。 しかし前後するが岡田他(1957)では和名を「さそりもどき」としている。"
"日本では江戸時代にはすでにその存在が知られていた。 『重訂本草綱目啓蒙』にサソリの仲間で『薩州の大島にヘヒリと呼ぶ虫あり、形甚だ蠍に似て身大にして尾短く手も甚だ短くしてふとし』と紹介されているのがこれであるという。 和名はかなりの揺れがあり、後述の他種を合わせてサソリモドキが長らく使われてはいたものの、確定的ではなかった。<hl>古くは内田他(1952)では標準名を「しりをむし」として別名扱いで「さそりもどき、むちさそり」を挙げている。<hl>この書の後継となる岡田他(1967)では「むちさそり」を標準和名とし、これ以外の名を挙げていない。 そのまた後継に当たる内田他(1979)でもこれが継承されている。 しかし前後するが岡田他(1957)では和名を「さそりもどき」としている。"
"『熱風』"
"宮崎が第2次世界大戦を「本当に愚かな戦争をした」と述べている冊子の名は何ですか?"
"同時期にスタジオジブリ出版の小冊子『熱風』の寄稿文で、日本が第二次世界大戦に参加したことについては子どもの頃に「本当に愚かな戦争をした」「実際情けない戦争だったんだ」と感じたと述べている。"
"『風立ちぬ』製作時には作品テーマもあって、第二次世界大戦における日本の戦争責任について積極的に発言している。「自分は若い頃は戦争責任があるかないかと言う見方をしていた。しかし後の世から断罪するのは簡単。一方で、零戦を作った優秀な技師として二郎を祭り上げる動きもあります。いずれも、あの時代の空気を肌で感じようとしていない」「一つの時代を遠くから見て、灰色だとか決め付けることは間違っている」としつつも、堀越二郎を祭り上げる動きに関しては「零戦、零戦と騒ぐマニアの大半は、コンプレックスで凝り固まり、何かに誇りを持たないとやっていけない人間です。思考力や技術力を超えた堀越二郎の天才的なひらめきの成果を、愛国心やコンプレックスのはけ口にして欲しくはない。僕は今度の映画で、そういう人々から堀越二郎を取り戻したつもりです」「二郎や自分の父親が無罪だなんて思っていません」と述べている。同時期にスタジオジブリ出版の小冊子『熱風』の寄稿文で、日本が第二次世界大戦に参加したことについては子どもの頃に「本当に愚かな戦争をした」「実際情けない戦争だったんだ」と感じたと述べている。この他にも「日本だけが悪人ということではないと思いますけど、そうかといって『最後に入っただけなのに、俺はなぜ捕まるんだ?』と言うのもおかしい」「非武装中立ということは現実にはあり得ないです。だからリアリズムで考えても、一定の武装はしなきゃいけない。ただ、それ以上は『ちょっと待て』っていうのがやっぱり正しいと思うんです」「慰安婦の問題も、それぞれの民族の誇りの問題だから、きちんと謝罪してちゃんと賠償すべきです」とも述べている。こうした姿勢は当事者国の一つである東アジア諸国で広い賞賛を受けており、中国の「人民日報」は微博(国営SNS)を通じて「記憶にとどめておくべき良識ある日本人」として宮崎の名を挙げている。韓国でも『風立ちぬ』公開時に意図を説明する為の記者会見を行うなどの姿勢もあり、「日本の生ける良心」と賞賛されている。"
"同時期にスタジオジブリ出版の小冊子<hl>『熱風』<hl>の寄稿文で、日本が第二次世界大戦に参加したことについては子どもの頃に「本当に愚かな戦争をした」「実際情けない戦争だったんだ」と感じたと述べている。"
"『風立ちぬ』製作時には作品テーマもあって、第二次世界大戦における日本の戦争責任について積極的に発言している。「自分は若い頃は戦争責任があるかないかと言う見方をしていた。しかし後の世から断罪するのは簡単。一方で、零戦を作った優秀な技師として二郎を祭り上げる動きもあります。いずれも、あの時代の空気を肌で感じようとしていない」「一つの時代を遠くから見て、灰色だとか決め付けることは間違っている」としつつも、堀越二郎を祭り上げる動きに関しては「零戦、零戦と騒ぐマニアの大半は、コンプレックスで凝り固まり、何かに誇りを持たないとやっていけない人間です。思考力や技術力を超えた堀越二郎の天才的なひらめきの成果を、愛国心やコンプレックスのはけ口にして欲しくはない。僕は今度の映画で、そういう人々から堀越二郎を取り戻したつもりです」「二郎や自分の父親が無罪だなんて思っていません」と述べている。 同時期にスタジオジブリ出版の小冊子<hl>『熱風』<hl>の寄稿文で、日本が第二次世界大戦に参加したことについては子どもの頃に「本当に愚かな戦争をした」「実際情けない戦争だったんだ」と感じたと述べている。この他にも「日本だけが悪人ということではないと思いますけど、そうかといって『最後に入っただけなのに、俺はなぜ捕まるんだ?』と言うのもおかしい」「非武装中立ということは現実にはあり得ないです。だからリアリズムで考えても、一定の武装はしなきゃいけない。ただ、それ以上は『ちょっと待て』っていうのがやっぱり正しいと思うんです」「慰安婦の問題も、それぞれの民族の誇りの問題だから、きちんと謝罪してちゃんと賠償すべきです」とも述べている。 こうした姿勢は当事者国の一つである東アジア諸国で広い賞賛を受けており、中国の「人民日報」は微博(国営SNS)を通じて「記憶にとどめておくべき良識ある日本人」として宮崎の名を挙げている。韓国でも『風立ちぬ』公開時に意図を説明する為の記者会見を行うなどの姿勢もあり、「日本の生ける良心」と賞賛されている。"
"『風立ちぬ』製作時には作品テーマもあって、第二次世界大戦における日本の戦争責任について積極的に発言している。 「自分は若い頃は戦争責任があるかないかと言う見方をしていた。しかし後の世から断罪するのは簡単。一方で、零戦を作った優秀な技師として二郎を祭り上げる動きもあります。いずれも、あの時代の空気を肌で感じようとしていない」「一つの時代を遠くから見て、灰色だとか決め付けることは間違っている」としつつも、堀越二郎を祭り上げる動きに関しては「零戦、零戦と騒ぐマニアの大半は、コンプレックスで凝り固まり、何かに誇りを持たないとやっていけない人間です。思考力や技術力を超えた堀越二郎の天才的なひらめきの成果を、愛国心やコンプレックスのはけ口にして欲しくはない。僕は今度の映画で、そういう人々から堀越二郎を取り戻したつもりです」「二郎や自分の父親が無罪だなんて思っていません」と述べている。<hl>同時期にスタジオジブリ出版の小冊子『熱風』の寄稿文で、日本が第二次世界大戦に参加したことについては子どもの頃に「本当に愚かな戦争をした」「実際情けない戦争だったんだ」と感じたと述べている。<hl>この他にも「日本だけが悪人ということではないと思いますけど、そうかといって『最後に入っただけなのに、俺はなぜ捕まるんだ?』と言うのもおかしい」「非武装中立ということは現実にはあり得ないです。だからリアリズムで考えても、一定の武装はしなきゃいけない。ただ、それ以上は『ちょっと待て』っていうのがやっぱり正しいと思うんです」「慰安婦の問題も、それぞれの民族の誇りの問題だから、きちんと謝罪してちゃんと賠償すべきです」とも述べている。 こうした姿勢は当事者国の一つである東アジア諸国で広い賞賛を受けており、中国の「人民日報」は微博(国営SNS)を通じて「記憶にとどめておくべき良識ある日本人」として宮崎の名を挙げている。 韓国でも『風立ちぬ』公開時に意図を説明する為の記者会見を行うなどの姿勢もあり、「日本の生ける良心」と賞賛されている。"
"胃"
"寄贈されたのは、漱石の脳と何ですか?"
"1910年(明治43年)6月、『三四郎』『それから』に続く前期三部作の3作目にあたる『門』を執筆途中に胃潰瘍で長与胃腸病院(長與胃腸病院)に入院した。"
"1910年(明治43年)6月、『三四郎』『それから』に続く前期三部作の3作目にあたる『門』を執筆途中に胃潰瘍で長与胃腸病院(長與胃腸病院)に入院した。同年8月、療養のため門下の松根東洋城の勧めで伊豆の修善寺に出かけ、菊屋旅館で転地療養する。しかしそこで胃疾になり、800gにも及ぶ大吐血を起こし、生死の間を彷徨う危篤状態に陥る。これが「修善寺の大患」と呼ばれる事件である。この時の一時的な「死」を体験したことは、その後の作品に影響を与えることとなった。漱石自身も『思い出すことなど』で、この時のことに触れている。最晩年の漱石は「則天去私」を理想としていたが、この時の心境を表したものではないかと言われる。『硝子戸の中』では、本音に近い真情の吐露が見られる。同年10月、容態が落ち着き、長与病院に戻り再入院した。その後も胃潰瘍などの病気に何度も苦しめられる。1911年(明治44年)8月、関西での講演直後、胃潰瘍が再発し、大阪の大阪胃腸病院に入院した。東京に戻った後は、痔にかかり通院した。1912年(大正元年)9月、痔の再手術した。同年12月には、『行人』も病気のため初めて執筆を中絶する。1913年(大正2年)は、神経衰弱、胃潰瘍で6月頃まで悩まされる。1914年(大正3年)9月、4度目の胃潰瘍で病臥した。作品は人間のエゴイズムを追い求めていき、後期三部作と呼ばれる『彼岸過迄』『行人』『こゝろ』へと繋がっていく。1915年(大正4年)3月、京都へ旅行し、そこで5度目の胃潰瘍で倒れる。6月より『吾輩は猫である』執筆当時の環境に回顧し、『道草』の連載を開始した。1916年(大正5年)には糖尿病にも悩まされる。その年、辰野隆の結婚式に出席して後の12月9日、体内出血を起こし『明暗』執筆途中に自宅で死去した(49歳10か月)。最期の言葉は、寝間着の胸をはだけながら叫んだ「ここに水をかけてくれ、死ぬと困るから」であったという。だが、四女・愛子が泣き出してそれを妻である鏡子が注意したときに漱石がなだめて「いいよいいよ、もう泣いてもいいんだよ」と言ったことが、最後の言葉ともされる。死の翌日、遺体は東京帝国大学医学部解剖室において長與又郎によって解剖される。その際に摘出された脳と胃は寄贈された。脳は、現在もエタノールに漬けられた状態で東京大学医学部に保管されている。重さは1,425グラムであった。戒名は文献院古道漱石居士である。墓所は東京都豊島区南池袋の雑司ヶ谷霊園(1種14号1側3番)にある。1984年(昭和59年)から2004年(平成16年)まで発行された日本銀行券D千円券に肖像が採用された。"
"1910年(明治43年)6月、『三四郎』『それから』に続く前期三部作の3作目にあたる『門』を執筆途中に<hl>胃<hl>潰瘍で長与胃腸病院(長與胃腸病院)に入院した。"
"1910年(明治43年)6月、『三四郎』『それから』に続く前期三部作の3作目にあたる『門』を執筆途中に<hl>胃<hl>潰瘍で長与胃腸病院(長與胃腸病院)に入院した。 同年8月、療養のため門下の松根東洋城の勧めで伊豆の修善寺に出かけ、菊屋旅館で転地療養する。 しかしそこで胃疾になり、800gにも及ぶ大吐血を起こし、生死の間を彷徨う危篤状態に陥る。 これが「修善寺の大患」と呼ばれる事件である。 この時の一時的な「死」を体験したことは、その後の作品に影響を与えることとなった。 漱石自身も『思い出すことなど』で、この時のことに触れている。 最晩年の漱石は「則天去私」を理想としていたが、この時の心境を表したものではないかと言われる。 『硝子戸の中』では、本音に近い真情の吐露が見られる。 同年10月、容態が落ち着き、長与病院に戻り再入院した。 その後も胃潰瘍などの病気に何度も苦しめられる。 1911年(明治44年)8月、関西での講演直後、胃潰瘍が再発し、大阪の大阪胃腸病院に入院した。 東京に戻った後は、痔にかかり通院した。 1912年(大正元年)9月、痔の再手術した。 同年12月には、『行人』も病気のため初めて執筆を中絶する。 1913年(大正2年)は、神経衰弱、胃潰瘍で6月頃まで悩まされる。 1914年(大正3年)9月、4度目の胃潰瘍で病臥した。 作品は人間のエゴイズムを追い求めていき、後期三部作と呼ばれる『彼岸過迄』『行人』『こゝろ』へと繋がっていく。 1915年(大正4年)3月、京都へ旅行し、そこで5度目の胃潰瘍で倒れる。 6月より『吾輩は猫である』執筆当時の環境に回顧し、『道草』の連載を開始した。 1916年(大正5年)には糖尿病にも悩まされる。 その年、辰野隆の結婚式に出席して後の12月9日、体内出血を起こし『明暗』執筆途中に自宅で死去した(49歳10か月)。 最期の言葉は、寝間着の胸をはだけながら叫んだ「ここに水をかけてくれ、死ぬと困るから」であったという。 だが、四女・愛子が泣き出してそれを妻である鏡子が注意したときに漱石がなだめて「いいよいいよ、もう泣いてもいいんだよ」と言ったことが、最後の言葉ともされる。 死の翌日、遺体は東京帝国大学医学部解剖室において長與又郎によって解剖される。 その際に摘出された脳と胃は寄贈された。 脳は、現在もエタノールに漬けられた状態で東京大学医学部に保管されている。 重さは1,425グラムであった。 戒名は文献院古道漱石居士である。墓所は東京都豊島区南池袋の雑司ヶ谷霊園(1種14号1側3番)にある。 1984年(昭和59年)から2004年(平成16年)まで発行された日本銀行券D千円券に肖像が採用された。"
"<hl>1910年(明治43年)6月、『三四郎』『それから』に続く前期三部作の3作目にあたる『門』を執筆途中に胃潰瘍で長与胃腸病院(長與胃腸病院)に入院した。<hl>同年8月、療養のため門下の松根東洋城の勧めで伊豆の修善寺に出かけ、菊屋旅館で転地療養する。 しかしそこで胃疾になり、800gにも及ぶ大吐血を起こし、生死の間を彷徨う危篤状態に陥る。 これが「修善寺の大患」と呼ばれる事件である。 この時の一時的な「死」を体験したことは、その後の作品に影響を与えることとなった。 漱石自身も『思い出すことなど』で、この時のことに触れている。 最晩年の漱石は「則天去私」を理想としていたが、この時の心境を表したものではないかと言われる。 『硝子戸の中』では、本音に近い真情の吐露が見られる。 同年10月、容態が落ち着き、長与病院に戻り再入院した。 その後も胃潰瘍などの病気に何度も苦しめられる。 1911年(明治44年)8月、関西での講演直後、胃潰瘍が再発し、大阪の大阪胃腸病院に入院した。 東京に戻った後は、痔にかかり通院した。 1912年(大正元年)9月、痔の再手術した。 同年12月には、『行人』も病気のため初めて執筆を中絶する。 1913年(大正2年)は、神経衰弱、胃潰瘍で6月頃まで悩まされる。 1914年(大正3年)9月、4度目の胃潰瘍で病臥した。 作品は人間のエゴイズムを追い求めていき、後期三部作と呼ばれる『彼岸過迄』『行人』『こゝろ』へと繋がっていく。 1915年(大正4年)3月、京都へ旅行し、そこで5度目の胃潰瘍で倒れる。 6月より『吾輩は猫である』執筆当時の環境に回顧し、『道草』の連載を開始した。 1916年(大正5年)には糖尿病にも悩まされる。 その年、辰野隆の結婚式に出席して後の12月9日、体内出血を起こし『明暗』執筆途中に自宅で死去した(49歳10か月)。 最期の言葉は、寝間着の胸をはだけながら叫んだ「ここに水をかけてくれ、死ぬと困るから」であったという。 だが、四女・愛子が泣き出してそれを妻である鏡子が注意したときに漱石がなだめて「いいよいいよ、もう泣いてもいいんだよ」と言ったことが、最後の言葉ともされる。 死の翌日、遺体は東京帝国大学医学部解剖室において長與又郎によって解剖される。 その際に摘出された脳と胃は寄贈された。 脳は、現在もエタノールに漬けられた状態で東京大学医学部に保管されている。 重さは1,425グラムであった。 戒名は文献院古道漱石居士である。 墓所は東京都豊島区南池袋の雑司ヶ谷霊園(1種14号1側3番)にある。 1984年(昭和59年)から2004年(平成16年)まで発行された日本銀行券D千円券に肖像が採用された。"
"カスティーリャ王国"
"アルフォンソ10世は、どの国の王であるか?"
"1264年、カスティーリャ王国のアンダルシーア地方(ヘレス、アルコス及びムルシアなど)では再植民運動により入植した民衆と、ムデハルの農民、手工業者との軋轢が高じてきていた。"
"1264年、カスティーリャ王国のアンダルシーア地方(ヘレス、アルコス及びムルシアなど)では再植民運動により入植した民衆と、ムデハルの農民、手工業者との軋轢が高じてきていた。この状況からムデハルは、アルフォンソ10世の再征服運動の拡大に危機感を抱いたムハンマド1世の支援のもと反乱を起こした。これにより、ムハンマド1世はアルフォンソ10世の宗主権を離れ、マリーン朝に援軍を求めカスティーリャ王国とは戦争状態となった。"
"1264年、<hl>カスティーリャ王国<hl>のアンダルシーア地方(ヘレス、アルコス及びムルシアなど)では再植民運動により入植した民衆と、ムデハルの農民、手工業者との軋轢が高じてきていた。"
"1264年、<hl>カスティーリャ王国<hl>のアンダルシーア地方(ヘレス、アルコス及びムルシアなど)では再植民運動により入植した民衆と、ムデハルの農民、手工業者との軋轢が高じてきていた。この状況からムデハルは、アルフォンソ10世の再征服運動の拡大に危機感を抱いたムハンマド1世の支援のもと反乱を起こした。これにより、ムハンマド1世はアルフォンソ10世の宗主権を離れ、マリーン朝に援軍を求めカスティーリャ王国とは戦争状態となった。"
"<hl>1264年、カスティーリャ王国のアンダルシーア地方(ヘレス、アルコス及びムルシアなど)では再植民運動により入植した民衆と、ムデハルの農民、手工業者との軋轢が高じてきていた。<hl>この状況からムデハルは、アルフォンソ10世の再征服運動の拡大に危機感を抱いたムハンマド1世の支援のもと反乱を起こした。 これにより、ムハンマド1世はアルフォンソ10世の宗主権を離れ、マリーン朝に援軍を求めカスティーリャ王国とは戦争状態となった。"
"コラール前奏曲"
"オルガンのためのコラール編曲の3分類のうち、最も多くを占めるのは、何?"
"一方、オルガンのためのコラール編曲は、コラール前奏曲、コラール変奏曲、コラール幻想曲に分類される。"
"一方、オルガンのためのコラール編曲は、コラール前奏曲、コラール変奏曲、コラール幻想曲に分類される。コラール編曲の大半を占めるコラール前奏曲は、会衆によるコラールの前奏として用いられたものであり、コラール旋律が豊かに装飾されて上声部に置かれ、他の3声部が手鍵盤と足鍵盤に分けて伴奏される。また、コラール幻想曲においては、声楽コンチェルトの作曲技法が応用され、コラールの各フレーズが即興的に大きく展開されており、滔々と流れるファンタジーのうちに、ブクステフーデの敬虔な信仰心を感じさせる。ブクステフーデのオルガン作品に見られる即興性は、17世紀北ドイツにおけるスティルス・ファンタスティクス(幻想様式、stylusfantasticus)の典型とされる。スティルス・ファンタスティクスとは、ヨハン・ゴットフリート・ヴァルターが1732年に出版した『音楽事典(MusicalischesLexicon)』によれば、あらゆる制約から解放された様式であり、ヨハン・マッテゾンは、『完全なる楽長(DervollkommeneCapellmeister)』(1739年)において、ブクステフーデの前奏曲(BuxWV152)をスティルス・ファンタスティクスの実例として挙げている。リューベックでブクステフーデの演奏を目の当たりにしたバッハは、中部ドイツのアルンシュタットでその成果を試したものの、礼拝時のオルガン演奏に奇妙な変奏や多くの耳慣れない音を混入させたとして教会当局から強く叱責されたが、このことは北ドイツの音楽風土の特異性とともに、ブクステフーデの音楽の自由な性格をもよく示している。この他、チェンバロまたはクラヴィコードのための作品として、21曲の組曲と6曲の変奏曲が現存する。マッテゾンが『完全なる楽長』で言及した7つの惑星の性質を模した組曲(BuxWV251)は今日消失している。一方、ニ短調の組曲(BuxWVdeest)は、1710年にアムステルダムで出版された作者不詳の組曲のなかから、2004年にピーター・ディルクセンによって発見されたものである。これらの組曲はいずれもアルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグという舞曲の標準的な配列を基本とし、スティル・ブリゼが頻繁に用いられる。また、カプリッチョーサにもとづく32の変奏曲(BuxWV250)をはじめとする世俗的変奏曲では、鍵盤楽器による多様な変奏技法が追求されている。"
"一方、オルガンのためのコラール編曲は、<hl>コラール前奏曲<hl>、コラール変奏曲、コラール幻想曲に分類される。"
"一方、オルガンのためのコラール編曲は、<hl>コラール前奏曲<hl>、コラール変奏曲、コラール幻想曲に分類される。コラール編曲の大半を占めるコラール前奏曲は、会衆によるコラールの前奏として用いられたものであり、コラール旋律が豊かに装飾されて上声部に置かれ、他の3声部が手鍵盤と足鍵盤に分けて伴奏される。また、コラール幻想曲においては、声楽コンチェルトの作曲技法が応用され、コラールの各フレーズが即興的に大きく展開されており、滔々と流れるファンタジーのうちに、ブクステフーデの敬虔な信仰心を感じさせる。ブクステフーデのオルガン作品に見られる即興性は、17世紀北ドイツにおけるスティルス・ファンタスティクス(幻想様式、stylusfantasticus)の典型とされる。スティルス・ファンタスティクスとは、ヨハン・ゴットフリート・ヴァルターが1732年に出版した『音楽事典(MusicalischesLexicon)』によれば、あらゆる制約から解放された様式であり、ヨハン・マッテゾンは、『完全なる楽長(DervollkommeneCapellmeister)』(1739年)において、ブクステフーデの前奏曲(BuxWV152)をスティルス・ファンタスティクスの実例として挙げている。リューベックでブクステフーデの演奏を目の当たりにしたバッハは、中部ドイツのアルンシュタットでその成果を試したものの、礼拝時のオルガン演奏に奇妙な変奏や多くの耳慣れない音を混入させたとして教会当局から強く叱責されたが、このことは北ドイツの音楽風土の特異性とともに、ブクステフーデの音楽の自由な性格をもよく示している。この他、チェンバロまたはクラヴィコードのための作品として、21曲の組曲と6曲の変奏曲が現存する。マッテゾンが『完全なる楽長』で言及した7つの惑星の性質を模した組曲(BuxWV251)は今日消失している。一方、ニ短調の組曲(BuxWVdeest)は、1710年にアムステルダムで出版された作者不詳の組曲のなかから、2004年にピーター・ディルクセンによって発見されたものである。これらの組曲はいずれもアルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグという舞曲の標準的な配列を基本とし、スティル・ブリゼが頻繁に用いられる。また、カプリッチョーサにもとづく32の変奏曲(BuxWV250)をはじめとする世俗的変奏曲では、鍵盤楽器による多様な変奏技法が追求されている。"
"<hl>一方、オルガンのためのコラール編曲は、コラール前奏曲、コラール変奏曲、コラール幻想曲に分類される。<hl>コラール編曲の大半を占めるコラール前奏曲は、会衆によるコラールの前奏として用いられたものであり、コラール旋律が豊かに装飾されて上声部に置かれ、他の3声部が手鍵盤と足鍵盤に分けて伴奏される。 また、コラール幻想曲においては、声楽コンチェルトの作曲技法が応用され、コラールの各フレーズが即興的に大きく展開されており、滔々と流れるファンタジーのうちに、ブクステフーデの敬虔な信仰心を感じさせる。 ブクステフーデのオルガン作品に見られる即興性は、17世紀北ドイツにおけるスティルス・ファンタスティクス(幻想様式、stylusfantasticus)の典型とされる。 スティルス・ファンタスティクスとは、ヨハン・ゴットフリート・ヴァルターが1732年に出版した『音楽事典(MusicalischesLexicon)』によれば、あらゆる制約から解放された様式であり、ヨハン・マッテゾンは、『完全なる楽長(DervollkommeneCapellmeister)』(1739年)において、ブクステフーデの前奏曲(BuxWV152)をスティルス・ファンタスティクスの実例として挙げている。 リューベックでブクステフーデの演奏を目の当たりにしたバッハは、中部ドイツのアルンシュタットでその成果を試したものの、礼拝時のオルガン演奏に奇妙な変奏や多くの耳慣れない音を混入させたとして教会当局から強く叱責されたが、このことは北ドイツの音楽風土の特異性とともに、ブクステフーデの音楽の自由な性格をもよく示している。 この他、チェンバロまたはクラヴィコードのための作品として、21曲の組曲と6曲の変奏曲が現存する。 マッテゾンが『完全なる楽長』で言及した7つの惑星の性質を模した組曲(BuxWV251)は今日消失している。 一方、ニ短調の組曲(BuxWVdeest)は、1710年にアムステルダムで出版された作者不詳の組曲のなかから、2004年にピーター・ディルクセンによって発見されたものである。 これらの組曲はいずれもアルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグという舞曲の標準的な配列を基本とし、スティル・ブリゼが頻繁に用いられる。 また、カプリッチョーサにもとづく32の変奏曲(BuxWV250)をはじめとする世俗的変奏曲では、鍵盤楽器による多様な変奏技法が追求されている。"
"ル・ジャンティ"
"フランスの者で、1761年にはインド洋上で観測を行い、1769年には国によりポンディシェリで観測を行ったが、天候により観測ができなったのは、誰ですか?"
"1761年に遠征したパングレとシャップとル・ジャンティは、1769年の太陽面通過でも再び遠征地にて観測を行った。"
"フランスでは、ドリルに代わりジェローム・ラランドが計画の指揮を執っていた。1761年に遠征したパングレとシャップとル・ジャンティは、1769年の太陽面通過でも再び遠征地にて観測を行った。パングレは中央アメリカのハイチへ派遣され、観測を行った。シャップはメキシコのバハ・カリフォルニアへ遠征し、良好な観測を達成した。しかし、当時のメキシコではチフスが流行しており、観測隊も次々に感染して亡くなっていった。観測後に看病しながら仕事を続けていたシャップも感染し、観測地にて没した。シャップの観測記録は、観測隊の生存者によって1年後にパリへ届けられた。1761年にはインド洋上で観測を強いられたル・ジャンティは、観測後はフランス本国には戻らずにインド洋周辺に滞在し、次の太陽面通過に向けて準備を行った。ル・ジャンティはフィリピンのマニラで観測を行うことにしたが、フランス本国からはインドのポンディシェリで観測がより良いと連絡が届けられた。1769年、ル・ジャンティは予定を変更してポンディシェリで観測を行ったが、当日の天候は曇りで、太陽面通過を観測することはできなかった。さらには、観測の帰途で船が難破し、11年を経てパリへ帰還した際にはル・ジャンティは死んだことになっており、財産とアカデミーでの地位を失っていた。イギリスでは、マスケリンが1765年にグリニッジ天文台の天文台長となり、1769年の観測を統率した。前回遠征したディクソンとメイソンは再度観測のために遠征し、ディクソンはノルウェーへ、メイソンはアイルランドへ派遣された。さらに、ウィリアム・ウェールズ(英語版)を北アメリカのハドソン湾へ、ジェームズ・クックを南太平洋のタヒチ島へ派遣した。ハドソン湾への航路は初夏まで凍り付くため、ウェールズは1768年の春の暮れに出航し、観測地で冬を越し、太陽面通過が起こる1769年6月まで待つ必要があった。ジェームズ・クックは、天文学者のチャールズ・グリーン(英語版)と共にエンデバー号で出航し、未開だったタヒチへの航海を成し遂げ、観測に成功した。この航海は、後にキャプテン・クックと呼ばれるクックの第1回航海に当たる。天候に恵まれて太陽面通過の様子を十分観測することはできたが、ブラック・ドロップ現象が現れ、接触の時刻を精密に記録することはできなかった。最終的には、1769年の太陽面通過では、77つの場所で150以上の観測が行われた。観測結果にもとづく太陽視差の計算結果は、8.43秒から8.80秒までの値が報告された。1716年に観測を呼びかけたハレーの見込みでは太陽面通過の観測から1/500の精度で測定可能とされており、今回もブラック・ドロップ効果の邪魔が入る結果となった。しかし、もっと良い精度の結果が期待されてはいたものの、1761年に得られた値からさらに現代の値に近いより正確な値を得ることができた。後の1824年にヨハン・フランツ・エンケが経度の最新値と最小二乗法を使い、1761年と1769年の観測記録から太陽視差8.5776秒という値を算出した。この値は、その後四半世紀ほど太陽視差の代表的値として扱われた。"
"1761年に遠征したパングレとシャップと<hl>ル・ジャンティ<hl>は、1769年の太陽面通過でも再び遠征地にて観測を行った。"
"フランスでは、ドリルに代わりジェローム・ラランドが計画の指揮を執っていた。1761年に遠征したパングレとシャップと<hl>ル・ジャンティ<hl>は、1769年の太陽面通過でも再び遠征地にて観測を行った。パングレは中央アメリカのハイチへ派遣され、観測を行った。シャップはメキシコのバハ・カリフォルニアへ遠征し、良好な観測を達成した。しかし、当時のメキシコではチフスが流行しており、観測隊も次々に感染して亡くなっていった。観測後に看病しながら仕事を続けていたシャップも感染し、観測地にて没した。シャップの観測記録は、観測隊の生存者によって1年後にパリへ届けられた。1761年にはインド洋上で観測を強いられたル・ジャンティは、観測後はフランス本国には戻らずにインド洋周辺に滞在し、次の太陽面通過に向けて準備を行った。ル・ジャンティはフィリピンのマニラで観測を行うことにしたが、フランス本国からはインドのポンディシェリで観測がより良いと連絡が届けられた。1769年、ル・ジャンティは予定を変更してポンディシェリで観測を行ったが、当日の天候は曇りで、太陽面通過を観測することはできなかった。さらには、観測の帰途で船が難破し、11年を経てパリへ帰還した際にはル・ジャンティは死んだことになっており、財産とアカデミーでの地位を失っていた。イギリスでは、マスケリンが1765年にグリニッジ天文台の天文台長となり、1769年の観測を統率した。前回遠征したディクソンとメイソンは再度観測のために遠征し、ディクソンはノルウェーへ、メイソンはアイルランドへ派遣された。さらに、ウィリアム・ウェールズ(英語版)を北アメリカのハドソン湾へ、ジェームズ・クックを南太平洋のタヒチ島へ派遣した。ハドソン湾への航路は初夏まで凍り付くため、ウェールズは1768年の春の暮れに出航し、観測地で冬を越し、太陽面通過が起こる1769年6月まで待つ必要があった。ジェームズ・クックは、天文学者のチャールズ・グリーン(英語版)と共にエンデバー号で出航し、未開だったタヒチへの航海を成し遂げ、観測に成功した。この航海は、後にキャプテン・クックと呼ばれるクックの第1回航海に当たる。天候に恵まれて太陽面通過の様子を十分観測することはできたが、ブラック・ドロップ現象が現れ、接触の時刻を精密に記録することはできなかった。最終的には、1769年の太陽面通過では、77つの場所で150以上の観測が行われた。観測結果にもとづく太陽視差の計算結果は、8.43秒から8.80秒までの値が報告された。1716年に観測を呼びかけたハレーの見込みでは太陽面通過の観測から1/500の精度で測定可能とされており、今回もブラック・ドロップ効果の邪魔が入る結果となった。しかし、もっと良い精度の結果が期待されてはいたものの、1761年に得られた値からさらに現代の値に近いより正確な値を得ることができた。後の1824年にヨハン・フランツ・エンケが経度の最新値と最小二乗法を使い、1761年と1769年の観測記録から太陽視差8.5776秒という値を算出した。この値は、その後四半世紀ほど太陽視差の代表的値として扱われた。"
"フランスでは、ドリルに代わりジェローム・ラランドが計画の指揮を執っていた。<hl>1761年に遠征したパングレとシャップとル・ジャンティは、1769年の太陽面通過でも再び遠征地にて観測を行った。<hl>パングレは中央アメリカのハイチへ派遣され、観測を行った。 シャップはメキシコのバハ・カリフォルニアへ遠征し、良好な観測を達成した。 しかし、当時のメキシコではチフスが流行しており、観測隊も次々に感染して亡くなっていった。 観測後に看病しながら仕事を続けていたシャップも感染し、観測地にて没した。 シャップの観測記録は、観測隊の生存者によって1年後にパリへ届けられた。 1761年にはインド洋上で観測を強いられたル・ジャンティは、観測後はフランス本国には戻らずにインド洋周辺に滞在し、次の太陽面通過に向けて準備を行った。 ル・ジャンティはフィリピンのマニラで観測を行うことにしたが、フランス本国からはインドのポンディシェリで観測がより良いと連絡が届けられた。 1769年、ル・ジャンティは予定を変更してポンディシェリで観測を行ったが、当日の天候は曇りで、太陽面通過を観測することはできなかった。 さらには、観測の帰途で船が難破し、11年を経てパリへ帰還した際にはル・ジャンティは死んだことになっており、財産とアカデミーでの地位を失っていた。 イギリスでは、マスケリンが1765年にグリニッジ天文台の天文台長となり、1769年の観測を統率した。 前回遠征したディクソンとメイソンは再度観測のために遠征し、ディクソンはノルウェーへ、メイソンはアイルランドへ派遣された。 さらに、ウィリアム・ウェールズ(英語版)を北アメリカのハドソン湾へ、ジェームズ・クックを南太平洋のタヒチ島へ派遣した。 ハドソン湾への航路は初夏まで凍り付くため、ウェールズは1768年の春の暮れに出航し、観測地で冬を越し、太陽面通過が起こる1769年6月まで待つ必要があった。 ジェームズ・クックは、天文学者のチャールズ・グリーン(英語版)と共にエンデバー号で出航し、未開だったタヒチへの航海を成し遂げ、観測に成功した。 この航海は、後にキャプテン・クックと呼ばれるクックの第1回航海に当たる。 天候に恵まれて太陽面通過の様子を十分観測することはできたが、ブラック・ドロップ現象が現れ、接触の時刻を精密に記録することはできなかった。 最終的には、1769年の太陽面通過では、77つの場所で150以上の観測が行われた。 観測結果にもとづく太陽視差の計算結果は、8.43秒から8.80秒までの値が報告された。 1716年に観測を呼びかけたハレーの見込みでは太陽面通過の観測から1/500の精度で測定可能とされており、今回もブラック・ドロップ効果の邪魔が入る結果となった。 しかし、もっと良い精度の結果が期待されてはいたものの、1761年に得られた値からさらに現代の値に近いより正確な値を得ることができた。 後の1824年にヨハン・フランツ・エンケが経度の最新値と最小二乗法を使い、1761年と1769年の観測記録から太陽視差8.5776秒という値を算出した。 この値は、その後四半世紀ほど太陽視差の代表的値として扱われた。"
"1800年頃"
"推測では、何年頃には浄の池に異魚が住んでいたとされている?"
"と、記述があることから、唐人川の上流部にあたる浄の池には、この頃(1800年頃)すでに異魚が生息していたものと考えられている。"
"唐人川とは浄の池の水が流出入していた極めて小規模な河川であり、2020年現在も当池からおよそ1キロ下流の伊東大川(通称:松川)河口付近で合流し、相模灘(伊東港)に注いでいる。豆州志稿の唐人川の記述に、細流なれども異魚を産す。と、記述があることから、唐人川の上流部にあたる浄の池には、この頃(1800年頃)すでに異魚が生息していたものと考えられている。"
"と、記述があることから、唐人川の上流部にあたる浄の池には、この頃(<hl>1800年頃<hl>)すでに異魚が生息していたものと考えられている。"
"唐人川とは浄の池の水が流出入していた極めて小規模な河川であり、2020年現在も当池からおよそ1キロ下流の伊東大川(通称:松川)河口付近で合流し、相模灘(伊東港)に注いでいる。 豆州志稿の唐人川の記述に、細流なれども異魚を産す。 と、記述があることから、唐人川の上流部にあたる浄の池には、この頃(<hl>1800年頃<hl>)すでに異魚が生息していたものと考えられている。"
"唐人川とは浄の池の水が流出入していた極めて小規模な河川であり、2020年現在も当池からおよそ1キロ下流の伊東大川(通称:松川)河口付近で合流し、相模灘(伊東港)に注いでいる。 豆州志稿の唐人川の記述に、細流なれども異魚を産す。<hl>と、記述があることから、唐人川の上流部にあたる浄の池には、この頃(1800年頃)すでに異魚が生息していたものと考えられている。<hl>"
"アメリカ"
"カメハメハがハワイ諸島の統一に成功したのは、どの国の協力があったからか?"
"1810年、アメリカ人ウィンシップ兄弟の協力を得てカウアイ島大族長カウムアリイとの交渉を行い、カウムアリイの終身統治を条件としてカウアイ島およびニイハウ島の割譲に成功し、ハワイ諸島の統一を成し遂げた。"
"クックのハワイ諸島発見以降、交易を求める者や植民地主義の帝国からの来航が頻繁に発生していたが、カメハメハは外交手腕に優れ、欧米列国の領土的野心を封じる先見性も持っていた。カメハメハはクックの後継者とも言えるジョージ・バンクーバーを懇意にし、1794年2月24日、ハワイにおけるイギリス人水兵の安全保障の見返りとして外国のハワイ侵略をイギリスが防衛する防衛援助協定を取り付けることに成功した。これを契機に、イギリスから仕入れた銃器を手に1795年2月、カメハメハはハワイ諸島統一に向けて動き出し、同年4月までにニイハウ島とカウアイ島を除くすべての島を制圧し、ハワイ王国を誕生させた。1800年、残りの島の制圧を目指したが嵐や疫病の発生により不調に終わった。1810年、アメリカ人ウィンシップ兄弟の協力を得てカウアイ島大族長カウムアリイとの交渉を行い、カウムアリイの終身統治を条件としてカウアイ島およびニイハウ島の割譲に成功し、ハワイ諸島の統一を成し遂げた。"
"1810年、<hl>アメリカ<hl>人ウィンシップ兄弟の協力を得てカウアイ島大族長カウムアリイとの交渉を行い、カウムアリイの終身統治を条件としてカウアイ島およびニイハウ島の割譲に成功し、ハワイ諸島の統一を成し遂げた。"
"クックのハワイ諸島発見以降、交易を求める者や植民地主義の帝国からの来航が頻繁に発生していたが、カメハメハは外交手腕に優れ、欧米列国の領土的野心を封じる先見性も持っていた。カメハメハはクックの後継者とも言えるジョージ・バンクーバーを懇意にし、1794年2月24日、ハワイにおけるイギリス人水兵の安全保障の見返りとして外国のハワイ侵略をイギリスが防衛する防衛援助協定を取り付けることに成功した。これを契機に、イギリスから仕入れた銃器を手に1795年2月、カメハメハはハワイ諸島統一に向けて動き出し、同年4月までにニイハウ島とカウアイ島を除くすべての島を制圧し、ハワイ王国を誕生させた。1800年、残りの島の制圧を目指したが嵐や疫病の発生により不調に終わった。1810年、<hl>アメリカ<hl>人ウィンシップ兄弟の協力を得てカウアイ島大族長カウムアリイとの交渉を行い、カウムアリイの終身統治を条件としてカウアイ島およびニイハウ島の割譲に成功し、ハワイ諸島の統一を成し遂げた。"
"クックのハワイ諸島発見以降、交易を求める者や植民地主義の帝国からの来航が頻繁に発生していたが、カメハメハは外交手腕に優れ、欧米列国の領土的野心を封じる先見性も持っていた。 カメハメハはクックの後継者とも言えるジョージ・バンクーバーを懇意にし、1794年2月24日、ハワイにおけるイギリス人水兵の安全保障の見返りとして外国のハワイ侵略をイギリスが防衛する防衛援助協定を取り付けることに成功した。 これを契機に、イギリスから仕入れた銃器を手に1795年2月、カメハメハはハワイ諸島統一に向けて動き出し、同年4月までにニイハウ島とカウアイ島を除くすべての島を制圧し、ハワイ王国を誕生させた。 1800年、残りの島の制圧を目指したが嵐や疫病の発生により不調に終わった。<hl>1810年、アメリカ人ウィンシップ兄弟の協力を得てカウアイ島大族長カウムアリイとの交渉を行い、カウムアリイの終身統治を条件としてカウアイ島およびニイハウ島の割譲に成功し、ハワイ諸島の統一を成し遂げた。<hl>"
"失敗した"
"ニューイングランドの実業家のうち一人が、初めてイギリスで氷の市場を開こうとしたのは、成功しましたか?"
"最初にそれに挑戦し、そして失敗したのがウィリアム・レフトウイッチであった。"
"ニューイングランドの実業家たちの中には1840年代にイギリスで氷の市場を開こうとした者もいた。最初にそれに挑戦し、そして失敗したのがウィリアム・レフトウイッチであった。彼は1822年にノルウェーから氷を輸入してイギリスに輸出しようとしたのだが、彼の積荷はロンドンに届く前に溶けてしまったのである。成功例としては、フレッシュ湖に自前の供給ルートを持っていたジェイコブ・ヒッティンガーとウェナム湖に土地を持っていたエリック・ランドールのそれぞれ1842年と1844年の挑戦が挙げられる。どちらかといえば上手くいったのはランドールのほうだった。彼はイギリスに氷を輸出するための会社、ウェナム・レイク・アイス・カンパニーを設立し、ロンドンのストランドに氷を貯蔵する倉庫を建設した。ウェナム湖の氷は純度が高く冷却効果に優れているという触れ込みで、イギリスの消費者に地元の氷ではなくこの氷を舶来品として売り込むことに成功した。イギリスの水は汚染されており、健康によくないと避けられていた。当初こそ一定の成功をおさめたものの、事業は次第に縮小していった。一部にはイギリス人は北アメリカほど一般的に飲料を冷やすために氷を使わなかったということもあるが、それよりもこの貿易は長距離輸送により氷が溶ける分を計算にいれると、どうしてもコスト高になってしまうことのほうが大きかった。それでもなお、この貿易によって1840年代にアメリカからイギリスに輸送される品物は氷の積荷と一緒に運ばれるため冷蔵保存されて価値が高まるという副産物はあった。"
"最初にそれに挑戦し、そして<hl>失敗した<hl>のがウィリアム・レフトウイッチであった。"
"ニューイングランドの実業家たちの中には1840年代にイギリスで氷の市場を開こうとした者もいた。最初にそれに挑戦し、そして<hl>失敗した<hl>のがウィリアム・レフトウイッチであった。彼は1822年にノルウェーから氷を輸入してイギリスに輸出しようとしたのだが、彼の積荷はロンドンに届く前に溶けてしまったのである。成功例としては、フレッシュ湖に自前の供給ルートを持っていたジェイコブ・ヒッティンガーとウェナム湖に土地を持っていたエリック・ランドールのそれぞれ1842年と1844年の挑戦が挙げられる。どちらかといえば上手くいったのはランドールのほうだった。彼はイギリスに氷を輸出するための会社、ウェナム・レイク・アイス・カンパニーを設立し、ロンドンのストランドに氷を貯蔵する倉庫を建設した。ウェナム湖の氷は純度が高く冷却効果に優れているという触れ込みで、イギリスの消費者に地元の氷ではなくこの氷を舶来品として売り込むことに成功した。イギリスの水は汚染されており、健康によくないと避けられていた。当初こそ一定の成功をおさめたものの、事業は次第に縮小していった。一部にはイギリス人は北アメリカほど一般的に飲料を冷やすために氷を使わなかったということもあるが、それよりもこの貿易は長距離輸送により氷が溶ける分を計算にいれると、どうしてもコスト高になってしまうことのほうが大きかった。それでもなお、この貿易によって1840年代にアメリカからイギリスに輸送される品物は氷の積荷と一緒に運ばれるため冷蔵保存されて価値が高まるという副産物はあった。"
"ニューイングランドの実業家たちの中には1840年代にイギリスで氷の市場を開こうとした者もいた。<hl>最初にそれに挑戦し、そして失敗したのがウィリアム・レフトウイッチであった。<hl>彼は1822年にノルウェーから氷を輸入してイギリスに輸出しようとしたのだが、彼の積荷はロンドンに届く前に溶けてしまったのである。 成功例としては、フレッシュ湖に自前の供給ルートを持っていたジェイコブ・ヒッティンガーとウェナム湖に土地を持っていたエリック・ランドールのそれぞれ1842年と1844年の挑戦が挙げられる。 どちらかといえば上手くいったのはランドールのほうだった。 彼はイギリスに氷を輸出するための会社、ウェナム・レイク・アイス・カンパニーを設立し、ロンドンのストランドに氷を貯蔵する倉庫を建設した。 ウェナム湖の氷は純度が高く冷却効果に優れているという触れ込みで、イギリスの消費者に地元の氷ではなくこの氷を舶来品として売り込むことに成功した。 イギリスの水は汚染されており、健康によくないと避けられていた。 当初こそ一定の成功をおさめたものの、事業は次第に縮小していった。 一部にはイギリス人は北アメリカほど一般的に飲料を冷やすために氷を使わなかったということもあるが、それよりもこの貿易は長距離輸送により氷が溶ける分を計算にいれると、どうしてもコスト高になってしまうことのほうが大きかった。 それでもなお、この貿易によって1840年代にアメリカからイギリスに輸送される品物は氷の積荷と一緒に運ばれるため冷蔵保存されて価値が高まるという副産物はあった。"
"7.0〜7.5"
"襄陽郡・三陟の地震の推定マグニチュードはどれくらいでしたか?"
"史上最大規模とされる地震は1681年6月28日の江原道、襄陽郡・三陟の地震とされ、推定されるマグニチュードは7.0〜7.5で海震や津波と見られる記述もあるという。"
"朝鮮半島は地震の発生が比較的少なく津波記録もほとんどないと言われるが、実際には古くからの地震の記録が存在し、最古のものとしては『三国史記』に2年に発生した地震の記述が見られる。以下被害記録があるものとして27年、34年、37年、89年などと、京畿道広州における大地震、家屋倒壊および液状化の記録がある。『三国史記』や『高麗史』『朝鮮王朝実録』に記された被害内容などからマグニチュード6.0以上と推定されるものもあって、16世紀から17世紀にかけて比較的多くの地震が発生している。史上最大規模とされる地震は1681年6月28日の江原道、襄陽郡・三陟の地震とされ、推定されるマグニチュードは7.0〜7.5で海震や津波と見られる記述もあるという。"
"史上最大規模とされる地震は1681年6月28日の江原道、襄陽郡・三陟の地震とされ、推定されるマグニチュードは<hl>7.0〜7.5<hl>で海震や津波と見られる記述もあるという。"
"朝鮮半島は地震の発生が比較的少なく津波記録もほとんどないと言われるが、実際には古くからの地震の記録が存在し、最古のものとしては『三国史記』に2年に発生した地震の記述が見られる。 以下被害記録があるものとして27年、34年、37年、89年などと、京畿道広州における大地震、家屋倒壊および液状化の記録がある。 『三国史記』や『高麗史』『朝鮮王朝実録』に記された被害内容などからマグニチュード6.0以上と推定されるものもあって、16世紀から17世紀にかけて比較的多くの地震が発生している。 史上最大規模とされる地震は1681年6月28日の江原道、襄陽郡・三陟の地震とされ、推定されるマグニチュードは<hl>7.0〜7.5<hl>で海震や津波と見られる記述もあるという。"
"朝鮮半島は地震の発生が比較的少なく津波記録もほとんどないと言われるが、実際には古くからの地震の記録が存在し、最古のものとしては『三国史記』に2年に発生した地震の記述が見られる。 以下被害記録があるものとして27年、34年、37年、89年などと、京畿道広州における大地震、家屋倒壊および液状化の記録がある。 『三国史記』や『高麗史』『朝鮮王朝実録』に記された被害内容などからマグニチュード6.0以上と推定されるものもあって、16世紀から17世紀にかけて比較的多くの地震が発生している。<hl>史上最大規模とされる地震は1681年6月28日の江原道、襄陽郡・三陟の地震とされ、推定されるマグニチュードは7.0〜7.5で海震や津波と見られる記述もあるという。<hl>"
"30億-35億円程"
"3万両は現代ではいくらに相当しますか?"
"この資産は30億-35億円程に相当する。"
"安永3年(1774年)の目録と比較すると、忠敬は伊能家を再興し、かなりの財産を築いたことが分かる。このときの伊能家の資産については正確な数字は明らかでないが、寛政12年に村人が「3万両ぐらいだろう」と答えた記録が残っている。この資産は30億-35億円程に相当する。"
"この資産は<hl>30億-35億円程<hl>に相当する。"
"安永3年(1774年)の目録と比較すると、忠敬は伊能家を再興し、かなりの財産を築いたことが分かる。 このときの伊能家の資産については正確な数字は明らかでないが、寛政12年に村人が「3万両ぐらいだろう」と答えた記録が残っている。 この資産は<hl>30億-35億円程<hl>に相当する。"
"安永3年(1774年)の目録と比較すると、忠敬は伊能家を再興し、かなりの財産を築いたことが分かる。 このときの伊能家の資産については正確な数字は明らかでないが、寛政12年に村人が「3万両ぐらいだろう」と答えた記録が残っている。<hl>この資産は30億-35億円程に相当する。<hl>"
End of preview (truncated to 100 rows)