curid
stringlengths
1
7
title
stringlengths
1
127
text
stringlengths
2
235k
4804415
ブラウンスネーク
ブラウンスネークはコブラ科に属する仲間である。 分布 オーストラリア東部、ニューギニア東部に生息。 形態 全長は150~200cm。体色は茶色、オレンジ色、灰色など様々である。 生態 さまざまな環境に生息。農地でも普通に見られる。昼行性で、動きは俊敏。食性は動物食で、ネズミ、トカゲなどを食べる。威嚇、攻撃する時は、首をSの字に持ち上げる。 毒 非常に強く、死亡するリスクがある。
4804418
温泉村 (島根県)
温泉村(おんせん / おんせんゆ むら)は、島根県仁多郡にあった村。現在の雲南市木次町湯村、木次町平田、木次町北原にあたる。 歴史. 地名の由来. 湯村の字湯坪に温泉(出雲湯村温泉)があることから。
4804424
アンジェロ・パゴット
アンジェロ・パゴット(Angelo Pagotto, 1973年11月21日 - )は、イタリア・ヴェルバーニア出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはGK。 経歴. SSCナポリユース出身。1995-96シーズン、サンプドリアでワルテル・ゼンガの離脱時に正GKとしてプレー。翌1996-97シーズンにはACミランに移籍したが、僅か9試合に出場したのみに終わった。 1996年のUEFA U-21欧州選手権では正GKとして優勝に貢献したが、同年のアトランタ五輪ではジャンルカ・パリューカがオーバーエージで参加したことなどにより大会メンバーから外れた。 クロトーネに所属していた2007年にドーピング違反により約8年間の出場停止処分を受け、そのまま引退となった。
4804434
クリムネサケイ
クリムネサケイはサケイ目サケイ科の仲間である。乾燥帯でよく見られる。 分布 アフリカ南部に生息。 形態 全長は28cm。全身に羽毛が生えており、土と同じ体色で、擬態する。白い斑点模様の翼、胸に白い線が特徴。また、スポンジの役割があり、水を沢山含ませる。 生態 サバンナに生息。食性は植物食で、草の種子を食べる。卵生で、巣にくぼみにつくる。水場に群れを作る。水を含んだ羽毛で、雛に与える。
4804435
山田栴二
山田 栴二(やまだ せんじ、1887年(明治20年)8月17日 - 1977年(昭和52年)11月13日)は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。功三級。 経歴. 1887年(明治20年)に宮城県で生まれた。陸軍士官学校第18期卒業。1932年(昭和7年)4月1日に陸軍歩兵大佐進級と同時に陸軍士官学校予科生徒隊長に着任。1934年(昭和9年)8月に陸軍士官学校学生部長に転じ、1935年(昭和10年)12月に陸軍士官学校附を経て、1936年(昭和11年)3月23日に仙台陸軍教導学校長に着任し、8月1日に陸軍少将に進級した。 1937年(昭和12年)11月に歩兵第103旅団長(上海派遣軍・第13師団)に就任し、上海戦に出動。南京攻略戦を戦い、徐州会戦では指揮下の歩兵第65連隊が一番乗りの戦果を上げたが、武漢作戦では大別山で悪戦苦闘の連続であった。1938年(昭和13年)11月に第3独立守備隊司令官に転じ、1939年(昭和14年)3月9日に陸軍中将に進級した。同年8月1日に東部軍司令部附となり、8月30日に待命、9月3日に予備役に編入された。1944年(昭和19年)11月27日に召集され仙台陸軍幼年学校長に就任した。
4804436
中央アフリカ共和国の首相一覧
中央アフリカ共和国の首相の一覧...(ちゅうおうあふりかきょうわこくのしゅしょうのいちらん)は中央アフリカ共和国の首相をまとめたものである。
4804438
ツユベラ
ツユベラ () は、ベラ科に属す海水魚である。成魚は体側に青い斑点があり、幼魚は赤色で黒色で縁取られた白色の斑紋がある。 分布. 日本国内では、伊豆諸島、小笠原諸島及び沖ノ鳥島、三浦半島、高知県柏島、屋久島、琉球列島、南大東島、尖閣諸島に分布する。伊豆半島、和歌山県串本町、男女群島では幼魚のみが見られる。 国外では、台湾、東沙諸島、西沙諸島、南沙諸島、ココス諸島以西の東インド洋、マルキーズ諸島やイースター島を除く太平洋。 形態. 全長は30㎝程度。 背鰭は9棘12~13軟条、臀鰭は3棘12~13軟条。側線は連続する。 幼魚は全身が赤く、背部に黒い縁取りのある白い斑紋がある。岩陰の小さな砂溜まりに単独でじっとしていると、この斑紋が砂と同化し、目立たなくなる。このような幼魚の独特の模様は外的から身を守るのに適した模様と考えられる。尾鰭基部は黒色で縁取られ、それもまた白色で縁取られる。尾鰭は透明。 若魚は幼魚で見られる白色斑が薄く、尾鰭は黄色。尾柄から前方の体側へ青色斑点が広がる。 成魚は頭部に紺碧色の隈取り模様がある。尾鰭の先端は黄色。胸鰭の基部は紺色。体側に多数の青色斑点がある。 成魚の雌は雄より青い斑点が尾鰭側に集中する。 成魚の雄は婚姻色として体側に1本の黄色横帯がある。大型の雄は顔が青っぽく、背鰭の第1棘が著しく伸長する。 生態. 浅いサンゴ礁の礁斜面や水路、浅い岩礁、転石砂礫底で見られる。危険を感じたときは砂に潜る。夜間は砂に潜り眠る。 エビやカニを好んで食べる。 利用. 幼魚は観賞魚として人気である。
4804444
上海トロリーバス
上海トロリーバス(しゃんはいトロリーバス、)は、中国の都市・上海のトロリーバス。1914年に開通した、現存する中で世界最古のトロリーバス路線であり、全盛期には上海各地に大規模な路線網を有していたが、2023年現在は廃止が進んでいる。同年時点で国営企業の(上海久事公共交通集团有限公司)が所有し、同事業者の子会社による運営が行われている。 歴史. 上海のトロリーバスは1914年11月14日に開通した現在の中国における最初のトロリーバスで、当時存在したフランスの租界内に存在する全長1 kmの区間で営業運転を開始し、導入された車両は一等座席・二等座席双方が設置されていた。その後、1920年代から路線網の延伸が始まり、車両の大量増備も実施された。 中華人民共和国成立後の上海では路面電車の置き換えも含めてトロリーバス網が拡大を続け、1975年12月1日までに路面電車は全廃された。経済発展も追い風となって利用客も増大し、1980年代には一部系統において午前3時から深夜まで最大30秒間隔という高頻度運転が行われた。車両については1951年以降上海バス工場(上海客车厂)が生産したトロリーバスの導入が始まり、1963年から導入が開始されたSKD663以降は連節バスの導入が継続して実施され、1980年代には全車両が連節バスで統一された時期もあった。 1994年には22系統・車両数986両を記録し、上海はアジア最大のトロリーバス網を有する都市になったが、それ以降地下鉄や道路整備が進む中でトロリーバス網の縮小が進み、2011年時点で在籍する車両は150両にまで縮小した。また、老朽化が進んだ既存の連節バスについても冷房装置を搭載したバスやノンステップバスへの置き換えが進み、2009年までに引退した。ただしその後は車両の増備が行われ、2022年時点で300両以上に増大している。 2017年にはBRT(バス・ラピッド・トランジット)に転換され大半の区間が電化されたが営業運転を開始したが、2020年代以降は更に路線網の縮小が行われるようになり、71号線を除き上海市内に残存していた13系統のうち6系統(6、8、13、22、25、28号線)については2023年までに廃止され、一部系統は電気バスへの置き換えが実施されている。 系統. 2023年時点で上海に現存するトロリーバス路線は、71号線を含めて8系統である。そのうち20号線の一部は1914年に開通した当時の路線が含まれている。 車両. 2023年現在、71号線を除いた上海のトロリーバス路線で使用されるのは製のノンステップ車両のSWB5129BEV77G(S5A)である。上半分が白色、下半分が青色で塗装されたレトロ調の車体を有し、歴代のトロリーバス車両が描かれている事から「上海印象」という愛称も有する。また、充電池を用いる事で架線が存在しない区間でも最大80 kmまで走行可能となっている。 2022年から営業運転を開始したこの車両の導入に伴い、2014年から使用され、最大300両近くが在籍していた製のノンステップトロリーバスについては、2023年1月17日の15号線での運用を最後に営業運転を終了している。 一方、BRT路線である71号線では宇通客車が開発したノンステップトロリーバス車両が使用されており、2023年現在は全長12 mのZK5120Cと全長18 m(連節バス)のZK5180Aの2種類の形式が在籍する。両形式ともに充電池を搭載しており、架線が存在しない区間でも走行可能である。乗降扉は車体の左側に設置されているが、これは71号線のバス停が道路の中央部分に設置されているためである。71号線の全区間を経由する運用はZK5180Aによって行われる一方、ZK5120Cは区間運転や支線系統に用いられる。
4804449
GPM J1839-10
GPM J1839-10は、西オーストラリアのマーチソン・ワイドフィールド・アレイによって発見された、ほくろ座に位置する超長周期マグネターである。現在の中性子星の理解では、「デスライン」と呼ばれる一定の自転速度以下になると、マグネターでない限り発光を停止するがこの天体は、自転が約20分と極めて遅いだけでなく、電波を放射しているという、ほとんど知られていない性質を持っている。理論に反したその特異な性質は、他の多くの電波望遠鏡のアーカイブを検索するきっかけとなった。1988年にこの天体に関するデータが発見されたが、それまでは研究対象になっておらず、存在すら知られていなかったため、分析されていなかった。
4804450
チャーチ・ロック鉱滓ダム汚染水流出事故
チャーチ・ロック鉱滓ダム汚染水流出事故(英語:Church Rock uranium mill spill)とは、1979年7月16日にアメリカ合衆国ニューメキシコ州で発生した原子力事故である。放射性物質や有毒な金属を含む1100トン以上の放射性廃棄物(ウラン選鉱くず)が、ダムの決壊により近隣河川であるプエルコ川に流出した。放射性物質による汚染域は、決壊現場より130km下流の地域にまで至るとされる。 事故の概要. 決壊現場となった汚染水貯水池には、以前より小規模な亀裂が確認されていたが、所有するユナイテッド・ニュークリア・コーポレーション(UNC)による修繕は小手先のものに終始し、定期検査の実施をはじめとする根本的対策がなされることはなかった。そして7月16日の早朝、貯水池は決壊し、大量の汚染水が近隣のプエルコ川に流入した。 事故の原因. 根本的な事故原因として、事故現場となった鉱滓ダムを所有していたUNC社の杜撰なリスクマネジメントが挙げられる。本施設では設計および建設段階から放射能汚染のリスク検討が十分になされておらず、構造の欠陥によって選鉱くずによる地下水の汚染が生じていた。また、UNC社は適切なメンテナンスを怠っており、貯水池に生じた亀裂に対しても根本的な修繕を行わなかった。このことが、1979年に発生した破滅的な決壊・放射能汚染事故につながった。 事故の影響. 事故発生直後、プエルコ川の水の放射線量は、飲料水として許容される放射線量の7000倍にも達した。 事故の原因となった貯水池を所有するUNC社は、事故現場から放出された放射能を1キュリーと発表したが、実際には46キュリー(1.7テラベクレル)の放射能が放出されていたとされる。 プエルコ川の近隣住民(その多くが、先住民族であるナバホ族であった)は、プエルコ川の水を生活用水として使用しており、また河川敷を児童の遊び場などとして活用していたため、深刻な健康被害が生じた。 しかし、近隣の医療施設などは放射能汚染事故の発生とその実態を十分に把握しておらず、肌の焼け付きなどの放射線障害を生じた住民に対して熱中症の一症状であると誤診を行っていた。 除染. 事故が都市部から遠く離れたナバホ・ネイションの山間部で発生したこと、また被害者の大半がネイティブ・アメリカン、なおかつ鉱山労働者などの貧困層であることから、被害の実態などについて世論やメディアが関心を示すことは少なく、事故現場での除染作業は遅々としたペースである。21世紀に至るまで多くの汚染された土壌が除染されないまま放置されており、地下水の汚染も進行している。
4804452
日野繭子
日野 繭子(ひの まゆこ、1959年1月24日 - )は、日本のミュージシャン、鍼灸師、女優。女性ノイズバンド「DFH-M3」メンバー。 経歴. 東京都中野区の生まれ。昭和女子大付属高等学校卒業後、アングラ劇団や、あがた森魚のコンサートに歌と踊りで出演。1978年、『性愛占星術 SEX味くらべ』で映画女優デビュー。小柄な体躯から「親指マユコ」「ピンクの妖精」と呼ばれた。1984年、リンパ性結核を患い療養。1989年10月、劇団ホモ・フィクタリス『リボン・惑星・涙の木』(作・芥正彦)に出演。 1989年、長谷川洋らとノイズバンド「」を結成し、ジャパニーズ・ノイズ黎明期を支えた。
4804455
高橋一夫 (三条市長)
高橋 一夫(たかはし かずお、1937年(昭和12年)6月18日 - )は日本の政治家。元新潟県三条市長(3期)。 経歴. 新潟県出身。明治大学工学部卒。卒業後は金物卸会社を経営する。1999年三条市長選挙に立候補し、現職の候補を破って初当選する。2003年の市長選挙では無投票で再選。2004年に7・13水害が発生。市内に大きな被害が生じた。2005年に三条市は南蒲原郡栄町と下田村が合併し、新しい三条市が誕生した。高橋は合併後の市長選挙に出馬しない考えだったが、河川改修の責任があるとして、合併後の市長選挙に出馬、無投票で当選した。翌2006年9月25日に10月17日付で市長職を辞職する考えを明らかにした。同日午前に市議会正副議長に辞職を報告した後、各派代表者会議で報告。9月定例会最終日の27日に市議会議長に辞職願を提出した。辞職の理由について「7・13水害の対応で責任をまっとうするために昨年、市長選に出馬したが、五十嵐川の改修にめどがついたこと、加えて気力、体力ともに限界に達しつつある」ことを挙げた。10月17日に正式に市長を辞職した。
4804462
関西大学社会学部
関西大学社会学部(かんさいだいがく しゃかいがくぶ)は、関西大学に設置されている学部の一つ。 概要. 関西大学社会学部は、1949年(昭和24年)、文学部に設置された文学部新聞学科が母体となった。その後、社会学部の構想の具体化から開設までに様々な議論を要し、1967年(昭和42年)年4月1日、関西大学社会学部は誕生した。 現在、関西大学社会学部は、社会学専攻、心理学専攻、メディア専攻、社会システムデザイン専攻の4つの専攻がある。 さらに、各専攻には、それぞれの特色あるプログラムを用意した。 社会学専攻には、「社会調査実践学習プログラム」、「社会福祉実践学習プログラム」、心理学専攻には、「心理テスト実践学習プログラム」、「心理学データ解析実践学習プログラム」、「産業心理カウンセリングプログラム」、「キャリア教育実践学習プログラム」、メディア専攻には、「ジャーナリズム専門プログラム」、「広告専門プログラム」、「音楽メディア研究プログラム」、社会システムデザイン専攻には、「経済アナリストプログラム」、「マネジメント基礎プログラム」、「社会ネットワークデザインプログラム」がある。 各専攻は、「理論」と「実証性」を重視するアプローチをめざし、学生たちは興味のある専攻を選択して卒業研究のテーマを考えていく。
4804463
長谷川長二郎
長谷川 長二郎(はせがわ ちょうじろう、1929年(昭和4年)12月20日 - )は日本の政治家。元新潟県三条市長(1期)。 経歴. 新潟県出身。新潟県立三条商工学校(現新潟県立三条商業高等学校)卒。三条商工会議所副会頭、三条市議会議員、同議長などを務める。1991年の三条市長選挙に立候補したが落選。1995年の市長選挙で当選。1999年の市長選挙で再選を目指したが、会社社長の高橋一夫に敗れた。
4804464
阿須賀
阿須賀(あすか)