Datasets:
JaQuAD

Task Categories: question-answering
languages: ja
Multilinguality: monolingual
Size Categories: 10K<n<100K
Language Creators: crowdsourced found
Annotations Creators: crowdsourced
Source Datasets: original
Dataset Preview
id (string)title (string)context (string)question (string)question_type (string)answers (sequence)
"tr-000-00-000"
"手塚治虫"
"手塚治虫(てづかおさむ、本名:手塚治(読み同じ)、1928年(昭和3年)11月3日-1989年(平成元年)2月9日)は、日本の漫画家、アニメーター、アニメ監督である。 戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画表現の開拓者的な存在として活躍した。 兵庫県宝塚市出身(出生は大阪府豊能郡豊中町、現在の豊中市)同市名誉市民である。 大阪帝国大学附属医学専門部を卒業。 医師免許取得のち医学博士(奈良県立医科大学・1961年)。"
"戦後日本のストーリー漫画の第一人者で、医学博士の一面もある漫画家は誰?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "手塚治虫" ], "answer_start": [ 0 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-000-00-001"
"手塚治虫"
"手塚治虫(てづかおさむ、本名:手塚治(読み同じ)、1928年(昭和3年)11月3日-1989年(平成元年)2月9日)は、日本の漫画家、アニメーター、アニメ監督である。 戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画表現の開拓者的な存在として活躍した。 兵庫県宝塚市出身(出生は大阪府豊能郡豊中町、現在の豊中市)同市名誉市民である。 大阪帝国大学附属医学専門部を卒業。 医師免許取得のち医学博士(奈良県立医科大学・1961年)。"
"手塚治虫の出身地はどこになりますか?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "兵庫県宝塚市" ], "answer_start": [ 130 ], "answer_type": [ "Location" ] }
"tr-000-01-000"
"手塚治虫"
"大阪帝国大学附属医学専門部在学中の1946年1月1日に4コマ漫画『マアチャンの日記帳』(『少国民新聞』連載)で漫画家としてデビューした。 1947年、酒井七馬原案の描き下ろし単行本『新寶島』がベストセラーとなり、大阪に赤本ブームを引き起こす。 1950年より漫画雑誌に登場、『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』といったヒット作を次々と手がけた。 1963年、自作をもとに日本初となる30分枠のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作、現代につながる日本のテレビアニメ制作に多大な影響を及ぼした。 1970年代には『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』などのヒット作を発表。 また晩年にも『陽だまりの樹』『アドルフに告ぐ』など青年漫画においても傑作を生み出す。 デビューから1989年の死去まで第一線で作品を発表し続け、存命中から「マンガの神様」と評された。 藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄A)、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、横山光輝、水野英子、矢代まさこ、萩尾望都などをはじめ数多くの人間が手塚に影響を受け、接触し漫画家を志した。"
"手塚治虫の漫画家としてのデビュー作は何かな?"
"Lexical variation (synonymy)"
{ "text": [ "『マアチャンの日記帳』" ], "answer_start": [ 32 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-01-001"
"手塚治虫"
"大阪帝国大学附属医学専門部在学中の1946年1月1日に4コマ漫画『マアチャンの日記帳』(『少国民新聞』連載)で漫画家としてデビューした。 1947年、酒井七馬原案の描き下ろし単行本『新寶島』がベストセラーとなり、大阪に赤本ブームを引き起こす。 1950年より漫画雑誌に登場、『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』といったヒット作を次々と手がけた。 1963年、自作をもとに日本初となる30分枠のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作、現代につながる日本のテレビアニメ制作に多大な影響を及ぼした。 1970年代には『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』などのヒット作を発表。 また晩年にも『陽だまりの樹』『アドルフに告ぐ』など青年漫画においても傑作を生み出す。 デビューから1989年の死去まで第一線で作品を発表し続け、存命中から「マンガの神様」と評された。 藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄A)、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、横山光輝、水野英子、矢代まさこ、萩尾望都などをはじめ数多くの人間が手塚に影響を受け、接触し漫画家を志した。"
"1947年に大阪に赤本ブームが起こったのはなぜ?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "『新寶島』がベストセラーとなり" ], "answer_start": [ 90 ], "answer_type": [ "Cause" ] }
"tr-000-01-002"
"手塚治虫"
"大阪帝国大学附属医学専門部在学中の1946年1月1日に4コマ漫画『マアチャンの日記帳』(『少国民新聞』連載)で漫画家としてデビューした。 1947年、酒井七馬原案の描き下ろし単行本『新寶島』がベストセラーとなり、大阪に赤本ブームを引き起こす。 1950年より漫画雑誌に登場、『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』といったヒット作を次々と手がけた。 1963年、自作をもとに日本初となる30分枠のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作、現代につながる日本のテレビアニメ制作に多大な影響を及ぼした。 1970年代には『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』などのヒット作を発表。 また晩年にも『陽だまりの樹』『アドルフに告ぐ』など青年漫画においても傑作を生み出す。 デビューから1989年の死去まで第一線で作品を発表し続け、存命中から「マンガの神様」と評された。 藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄A)、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、横山光輝、水野英子、矢代まさこ、萩尾望都などをはじめ数多くの人間が手塚に影響を受け、接触し漫画家を志した。"
"日本で一番初めに30分枠のテレビアニメとなった作品名は何?"
"Lexical variation (synonymy)"
{ "text": [ "『鉄腕アトム』" ], "answer_start": [ 213 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-01-003"
"手塚治虫"
"大阪帝国大学附属医学専門部在学中の1946年1月1日に4コマ漫画『マアチャンの日記帳』(『少国民新聞』連載)で漫画家としてデビューした。 1947年、酒井七馬原案の描き下ろし単行本『新寶島』がベストセラーとなり、大阪に赤本ブームを引き起こす。 1950年より漫画雑誌に登場、『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』といったヒット作を次々と手がけた。 1963年、自作をもとに日本初となる30分枠のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作、現代につながる日本のテレビアニメ制作に多大な影響を及ぼした。 1970年代には『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』などのヒット作を発表。 また晩年にも『陽だまりの樹』『アドルフに告ぐ』など青年漫画においても傑作を生み出す。 デビューから1989年の死去まで第一線で作品を発表し続け、存命中から「マンガの神様」と評された。 藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄A)、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、横山光輝、水野英子、矢代まさこ、萩尾望都などをはじめ数多くの人間が手塚に影響を受け、接触し漫画家を志した。"
"手塚治虫の代表作である『鉄腕アトム』、『リボンの騎士』、『アドルフに告ぐ』の中で、最も遅く発表された作品名は何?"
"Logical reasoning"
{ "text": [ "『アドルフに告ぐ』" ], "answer_start": [ 314 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-02-000"
"手塚治虫"
"1941年、大阪府立北野中学校(現在の大阪府立北野高等学校)に入学した。 時節柄軍事色が強まっていった時期であり、小学校時代とは一転し、漫画を描いているのを学校教練の教官に見つかり殴られるなどしている。 この時期、仲間内で作った同好会の会誌などで漫画を執筆する一方で、手塚版「原色甲蟲圖譜」などイラストレーションによる図鑑を自作するなど精力的に活動する。 1944年夏には体の弱い者が入れられる強制修練所に入れられる。 9月からは学校に行く代わりに軍需工場に駆り出され、ここで格納庫の屋根にするスレートを作った。 1945年3月、戦時中の修業年限短縮により北野中学を4年で卒業。 旧制浪速高等学校(現在の大阪大学)を受験したものの、漫画ばかり描いていたため、不合格となった。 6月、勤労奉仕で監視哨をしていたときに大阪大空襲に遭遇、頭上で焼夷弾が投下されるも九死に一生を得る。 この空襲は手塚の原体験ともいうべきものとなり、後に『紙の砦』(1974年)や『どついたれ』(1979年-1980年)などの自伝的作品の中にその様子が描かれている。 この体験以降、手塚は工場に行くのをやめ、家にこもってひたすら漫画を描くようになった。 同年7月、手塚は大阪帝国大学附属医学専門部の試験を受け、入学を許可された。 医学専門部は、戦争の長期化に伴い、軍医速成のため正規の医学部とは別に臨時に大阪帝国大学の学内に付設されたもので、学制上は旧制医学専門学校であり、従って旧制中学校からの入学が可能であった。 大阪大学(旧・大阪帝国大学)附属医学専門部は1951年に廃止されている。 なお後述の通り医師国家試験についてはジャングル大帝や鉄腕アトムなど連載の執筆をしながら合格している。"
"手塚治虫が軍事色が強かった時期にも関わらず、精力的に漫画活動を行った学校の名前は?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "大阪府立北野中学校" ], "answer_start": [ 6 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-02-001"
"手塚治虫"
"1941年、大阪府立北野中学校(現在の大阪府立北野高等学校)に入学した。 時節柄軍事色が強まっていった時期であり、小学校時代とは一転し、漫画を描いているのを学校教練の教官に見つかり殴られるなどしている。 この時期、仲間内で作った同好会の会誌などで漫画を執筆する一方で、手塚版「原色甲蟲圖譜」などイラストレーションによる図鑑を自作するなど精力的に活動する。 1944年夏には体の弱い者が入れられる強制修練所に入れられる。 9月からは学校に行く代わりに軍需工場に駆り出され、ここで格納庫の屋根にするスレートを作った。 1945年3月、戦時中の修業年限短縮により北野中学を4年で卒業。 旧制浪速高等学校(現在の大阪大学)を受験したものの、漫画ばかり描いていたため、不合格となった。 6月、勤労奉仕で監視哨をしていたときに大阪大空襲に遭遇、頭上で焼夷弾が投下されるも九死に一生を得る。 この空襲は手塚の原体験ともいうべきものとなり、後に『紙の砦』(1974年)や『どついたれ』(1979年-1980年)などの自伝的作品の中にその様子が描かれている。 この体験以降、手塚は工場に行くのをやめ、家にこもってひたすら漫画を描くようになった。 同年7月、手塚は大阪帝国大学附属医学専門部の試験を受け、入学を許可された。 医学専門部は、戦争の長期化に伴い、軍医速成のため正規の医学部とは別に臨時に大阪帝国大学の学内に付設されたもので、学制上は旧制医学専門学校であり、従って旧制中学校からの入学が可能であった。 大阪大学(旧・大阪帝国大学)附属医学専門部は1951年に廃止されている。 なお後述の通り医師国家試験についてはジャングル大帝や鉄腕アトムなど連載の執筆をしながら合格している。"
"『紙の砦』や『どついたれ』などの自伝的作品の中にも描写されている手塚治虫にとって命を落としていたかもしれなかった出来事は何ですか?"
"Logical reasoning"
{ "text": [ "大阪大空襲" ], "answer_start": [ 359 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-02-002"
"手塚治虫"
"1941年、大阪府立北野中学校(現在の大阪府立北野高等学校)に入学した。 時節柄軍事色が強まっていった時期であり、小学校時代とは一転し、漫画を描いているのを学校教練の教官に見つかり殴られるなどしている。 この時期、仲間内で作った同好会の会誌などで漫画を執筆する一方で、手塚版「原色甲蟲圖譜」などイラストレーションによる図鑑を自作するなど精力的に活動する。 1944年夏には体の弱い者が入れられる強制修練所に入れられる。 9月からは学校に行く代わりに軍需工場に駆り出され、ここで格納庫の屋根にするスレートを作った。 1945年3月、戦時中の修業年限短縮により北野中学を4年で卒業。 旧制浪速高等学校(現在の大阪大学)を受験したものの、漫画ばかり描いていたため、不合格となった。 6月、勤労奉仕で監視哨をしていたときに大阪大空襲に遭遇、頭上で焼夷弾が投下されるも九死に一生を得る。 この空襲は手塚の原体験ともいうべきものとなり、後に『紙の砦』(1974年)や『どついたれ』(1979年-1980年)などの自伝的作品の中にその様子が描かれている。 この体験以降、手塚は工場に行くのをやめ、家にこもってひたすら漫画を描くようになった。 同年7月、手塚は大阪帝国大学附属医学専門部の試験を受け、入学を許可された。 医学専門部は、戦争の長期化に伴い、軍医速成のため正規の医学部とは別に臨時に大阪帝国大学の学内に付設されたもので、学制上は旧制医学専門学校であり、従って旧制中学校からの入学が可能であった。 大阪大学(旧・大阪帝国大学)附属医学専門部は1951年に廃止されている。 なお後述の通り医師国家試験についてはジャングル大帝や鉄腕アトムなど連載の執筆をしながら合格している。"
"『紙の砦』と『どついたれ』の作品はどちらが早く描かれたの?"
"Logical reasoning"
{ "text": [ "『紙の砦』" ], "answer_start": [ 416 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-03-000"
"手塚治虫"
"終戦後、学生である手塚は戦時中に描き溜めた長編の中から『幽霊男』(『メトロポリス』の原型)という長編を選んで描き直し、毎日新聞学芸部へ送った。 これは音沙汰無しに終わったが、その後、隣に住んでいた毎日新聞の印刷局に勤める女性からの紹介で、子供向けの『少国民新聞』(現在の毎日小学生新聞)学芸部の程野という人物に会い、彼の依頼を受けて『少国民新聞』の大阪版に4コマ漫画『マアチャンの日記帳』を連載(1946年1月1日-3月31日)、この作品が手塚のデビュー作となった。 この『マアチャン』はローカルながら人気があり、人形や駄菓子のキャラクターに使用されたという記録も残っている。 『マアチャン』に続けて4月から『京都日日新聞』に4コマ漫画『珍念と京ちゃん』を連載しており、これらと平行して4コマ形式の連載長編作品『AチャンB子チャン探検記』『火星から来た男』『ロストワールド』(後述するものとは別物)なども各紙に描かれているが、4コマ連載という形式に限界があり、後2者はどちらも中断に近い形で終わっている。"
"『マアチャンの日記帳』の連載期間はいつからいつまで?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "1946年1月1日-3月31日" ], "answer_start": [ 198 ], "answer_type": [ "Date/Time" ] }
"tr-000-04-000"
"手塚治虫"
"漫画家としてデビューする前の1945年頃、2代目桂春団治が地方での自主興行を行う際のポスター画を提供した(現物は宝塚市立手塚治虫記念館に展示されている)。 2代目春団治が宝塚市清荒神在住ということもあり、親交を重ねるうち、手塚の漫画家志望という進路を案じ、落語家になるよう勧めたという。 1946年、同人誌『まんがマン』の例会を通じて後見役の酒井七馬と知り合い、酒井から長編ストーリー漫画の合作の話を持ちかけられる。 これは戦後初の豪華本の企画でもあり、それまで長編漫画を描き溜めていた手塚としては願ってもない話であった。 こうして大雑把な構成を酒井が行い、それを元に手塚が自由に描くという形で200ページの描き下ろし長編『新寶島』が制作された。 1947年1月に出版されると、当時としては異例のベストセラーとなった。 映画的な構成とスピーディな物語展開を持つ『新寶島』は、一般に戦後ストーリー漫画の原点として捉えられている。"
"『新寶島』の漫画を合作しようと手塚に持ち掛けた人物は?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "酒井七馬" ], "answer_start": [ 172 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-000-04-001"
"手塚治虫"
"漫画家としてデビューする前の1945年頃、2代目桂春団治が地方での自主興行を行う際のポスター画を提供した(現物は宝塚市立手塚治虫記念館に展示されている)。 2代目春団治が宝塚市清荒神在住ということもあり、親交を重ねるうち、手塚の漫画家志望という進路を案じ、落語家になるよう勧めたという。 1946年、同人誌『まんがマン』の例会を通じて後見役の酒井七馬と知り合い、酒井から長編ストーリー漫画の合作の話を持ちかけられる。 これは戦後初の豪華本の企画でもあり、それまで長編漫画を描き溜めていた手塚としては願ってもない話であった。 こうして大雑把な構成を酒井が行い、それを元に手塚が自由に描くという形で200ページの描き下ろし長編『新寶島』が制作された。 1947年1月に出版されると、当時としては異例のベストセラーとなった。 映画的な構成とスピーディな物語展開を持つ『新寶島』は、一般に戦後ストーリー漫画の原点として捉えられている。"
"ベストセラーとなる『新寶島』が出版された年は何年?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "1947年" ], "answer_start": [ 325 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-05-000"
"手塚治虫"
"ベストセラーとなった『新寶島』は大阪に赤本ブームを起こし、手塚はこれに乗って描き下ろし単行本の形で長編作品を発表できるようになった。 手塚は忙しくなり、これまでに描き溜めてきた長編を基に、学業の傍ら月に1、2冊は作品を描き上げなければならなくなった。 1947年に発表された『火星博士』『怪人コロンコ博士』『キングコング』などは子供向けを意識したB級映画的な作品であったが、1948年の『地底国の怪人』からは悲劇的な展開も取り入れるようになり、SF、冒険などを題材に作品中でさまざまな試みが行なわれた。 同年末に描かれた『ロストワールド』では様々な立場の人物が絡み合う地球規模の壮大な物語が描かれ、続く『メトロポリス』(1949年)『来るべき世界』(1951年)とともに手塚の初期を代表するSF三部作をなしている。 1949年の西部劇『拳銃天使』では児童漫画で初のキスシーンを描く。 1950年には文豪ゲーテの『ファウスト』を漫画化したほか、「映画制作の舞台裏をお見せします」という導入で始まる『ふしぎ旅行記』、自身の漫画手法を体系化して示した漫画入門書の先駆的作品『漫画大学』などを発表している。"
"『新寶島』のベストセラーは大阪に何をもたらした?"
"Lexical variation (synonymy)"
{ "text": [ "赤本ブーム" ], "answer_start": [ 19 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-05-001"
"手塚治虫"
"ベストセラーとなった『新寶島』は大阪に赤本ブームを起こし、手塚はこれに乗って描き下ろし単行本の形で長編作品を発表できるようになった。 手塚は忙しくなり、これまでに描き溜めてきた長編を基に、学業の傍ら月に1、2冊は作品を描き上げなければならなくなった。 1947年に発表された『火星博士』『怪人コロンコ博士』『キングコング』などは子供向けを意識したB級映画的な作品であったが、1948年の『地底国の怪人』からは悲劇的な展開も取り入れるようになり、SF、冒険などを題材に作品中でさまざまな試みが行なわれた。 同年末に描かれた『ロストワールド』では様々な立場の人物が絡み合う地球規模の壮大な物語が描かれ、続く『メトロポリス』(1949年)『来るべき世界』(1951年)とともに手塚の初期を代表するSF三部作をなしている。 1949年の西部劇『拳銃天使』では児童漫画で初のキスシーンを描く。 1950年には文豪ゲーテの『ファウスト』を漫画化したほか、「映画制作の舞台裏をお見せします」という導入で始まる『ふしぎ旅行記』、自身の漫画手法を体系化して示した漫画入門書の先駆的作品『漫画大学』などを発表している。"
"『火星博士』『怪人コロンコ博士』『キングコング』『地底国の怪人』の中で、最も遅く発表された作品は何ですか?"
"Logical reasoning"
{ "text": [ "『地底国の怪人』" ], "answer_start": [ 193 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-05-002"
"手塚治虫"
"ベストセラーとなった『新寶島』は大阪に赤本ブームを起こし、手塚はこれに乗って描き下ろし単行本の形で長編作品を発表できるようになった。 手塚は忙しくなり、これまでに描き溜めてきた長編を基に、学業の傍ら月に1、2冊は作品を描き上げなければならなくなった。 1947年に発表された『火星博士』『怪人コロンコ博士』『キングコング』などは子供向けを意識したB級映画的な作品であったが、1948年の『地底国の怪人』からは悲劇的な展開も取り入れるようになり、SF、冒険などを題材に作品中でさまざまな試みが行なわれた。 同年末に描かれた『ロストワールド』では様々な立場の人物が絡み合う地球規模の壮大な物語が描かれ、続く『メトロポリス』(1949年)『来るべき世界』(1951年)とともに手塚の初期を代表するSF三部作をなしている。 1949年の西部劇『拳銃天使』では児童漫画で初のキスシーンを描く。 1950年には文豪ゲーテの『ファウスト』を漫画化したほか、「映画制作の舞台裏をお見せします」という導入で始まる『ふしぎ旅行記』、自身の漫画手法を体系化して示した漫画入門書の先駆的作品『漫画大学』などを発表している。"
"手塚の初期のSF三部作で最後に描かれたものは何?"
"Logical reasoning"
{ "text": [ "『来るべき世界』" ], "answer_start": [ 316 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-05-003"
"手塚治虫"
"ベストセラーとなった『新寶島』は大阪に赤本ブームを起こし、手塚はこれに乗って描き下ろし単行本の形で長編作品を発表できるようになった。 手塚は忙しくなり、これまでに描き溜めてきた長編を基に、学業の傍ら月に1、2冊は作品を描き上げなければならなくなった。 1947年に発表された『火星博士』『怪人コロンコ博士』『キングコング』などは子供向けを意識したB級映画的な作品であったが、1948年の『地底国の怪人』からは悲劇的な展開も取り入れるようになり、SF、冒険などを題材に作品中でさまざまな試みが行なわれた。 同年末に描かれた『ロストワールド』では様々な立場の人物が絡み合う地球規模の壮大な物語が描かれ、続く『メトロポリス』(1949年)『来るべき世界』(1951年)とともに手塚の初期を代表するSF三部作をなしている。 1949年の西部劇『拳銃天使』では児童漫画で初のキスシーンを描く。 1950年には文豪ゲーテの『ファウスト』を漫画化したほか、「映画制作の舞台裏をお見せします」という導入で始まる『ふしぎ旅行記』、自身の漫画手法を体系化して示した漫画入門書の先駆的作品『漫画大学』などを発表している。"
"1950年に手塚が漫画化した、『ファウスト』という作品の作者は誰か分かりますか?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "ゲーテ" ], "answer_start": [ 401 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-000-06-000"
"手塚治虫"
"漫画執筆が忙しくなると大学の単位取得が難しくなり、手塚は医業と漫画との掛け持ちは諦めざるを得なくなった。 教授からも医者になるよりも漫画家になるようにと忠告され、また母の後押しもあって、手塚は専業漫画家となることを決める。 もっとも学校を辞めたわけではなく、1951年3月に医学専門部を卒業(5年制、1年留年。この年に専門部が廃止されたため最後の卒業生となった)、さらに大阪大学医学部附属病院で1年間インターンを務め、1952年3月に第十二回医師国家試験に合格、1953年9月18日に医籍登録されている。 このため、後に手塚は自伝『ぼくはマンガ家』の中で、「そこで、いまでも本業は医者で、副業は漫画なのだが、誰も妙な顔をして、この事実を認めてくれないのである」と述べている。"
"手塚自身は、本業は医者であると述べているが、世間の人は手塚の本業は何だと思っていますか?"
"Logical reasoning"
{ "text": [ "マンガ家" ], "answer_start": [ 269 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-06-001"
"手塚治虫"
"漫画執筆が忙しくなると大学の単位取得が難しくなり、手塚は医業と漫画との掛け持ちは諦めざるを得なくなった。 教授からも医者になるよりも漫画家になるようにと忠告され、また母の後押しもあって、手塚は専業漫画家となることを決める。 もっとも学校を辞めたわけではなく、1951年3月に医学専門部を卒業(5年制、1年留年。この年に専門部が廃止されたため最後の卒業生となった)、さらに大阪大学医学部附属病院で1年間インターンを務め、1952年3月に第十二回医師国家試験に合格、1953年9月18日に医籍登録されている。 このため、後に手塚は自伝『ぼくはマンガ家』の中で、「そこで、いまでも本業は医者で、副業は漫画なのだが、誰も妙な顔をして、この事実を認めてくれないのである」と述べている。"
"漫画執筆と大学単位の取得の両立が困難な中、大学教授からは何を選ぶようにアドバイスされましたか?"
"Lexical variation (synonymy)"
{ "text": [ "漫画家" ], "answer_start": [ 66 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-06-002"
"手塚治虫"
"漫画執筆が忙しくなると大学の単位取得が難しくなり、手塚は医業と漫画との掛け持ちは諦めざるを得なくなった。 教授からも医者になるよりも漫画家になるようにと忠告され、また母の後押しもあって、手塚は専業漫画家となることを決める。 もっとも学校を辞めたわけではなく、1951年3月に医学専門部を卒業(5年制、1年留年。この年に専門部が廃止されたため最後の卒業生となった)、さらに大阪大学医学部附属病院で1年間インターンを務め、1952年3月に第十二回医師国家試験に合格、1953年9月18日に医籍登録されている。 このため、後に手塚は自伝『ぼくはマンガ家』の中で、「そこで、いまでも本業は医者で、副業は漫画なのだが、誰も妙な顔をして、この事実を認めてくれないのである」と述べている。"
"手塚が医学専門部を卒業後、1年間インターンを務めた所はどこでしょう?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "大阪大学医学部附属病院" ], "answer_start": [ 185 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-07-000"
"手塚治虫"
"手塚は大阪で赤本漫画を描く傍ら、東京への持ち込みも行なっている。 当初期待した講談社では断られたが、新生閣という出版社で持ち込みが成功し、ここでいくつか読み切りを描いた後、新創刊された雑誌『少年少女漫画と読み物』に1950年4月より『タイガー博士の珍旅行』を連載、これが手塚の最初の雑誌連載作品となった。 同年11月より雑誌『漫画少年』(学童社)にて『ジャングル大帝』の連載を開始、1951年には『鉄腕アトム』(1952年-)の前身となる『アトム大使』を『少年』(光文社)に連載するなど多数の雑誌で連載を始め、この年には少年漫画誌のほとんどで手塚の漫画の連載が開始された。 1953年には『少女クラブ』(講談社)にて『リボンの騎士』の連載を開始した。 宝塚歌劇やディズニーからの影響を受けたこの作品は、以後の少女雑誌における物語漫画の先駆けとなった。 1954年には『ジャングル大帝』連載完結の後を受けて『漫画少年』に『火の鳥』の連載を開始した。 『火の鳥』のシリーズはその後も休刊等によりCOM、マンガ少年、野性時代と掲載誌を変えながら長年に描き継がれ,手塚のライフワークとなった。"
"宝塚歌劇やディズニーの影響を受け、後の少女雑誌の物語漫画の先駆けとなった手塚作品は何かな?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "『リボンの騎士』" ], "answer_start": [ 308 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-07-001"
"手塚治虫"
"手塚は大阪で赤本漫画を描く傍ら、東京への持ち込みも行なっている。 当初期待した講談社では断られたが、新生閣という出版社で持ち込みが成功し、ここでいくつか読み切りを描いた後、新創刊された雑誌『少年少女漫画と読み物』に1950年4月より『タイガー博士の珍旅行』を連載、これが手塚の最初の雑誌連載作品となった。 同年11月より雑誌『漫画少年』(学童社)にて『ジャングル大帝』の連載を開始、1951年には『鉄腕アトム』(1952年-)の前身となる『アトム大使』を『少年』(光文社)に連載するなど多数の雑誌で連載を始め、この年には少年漫画誌のほとんどで手塚の漫画の連載が開始された。 1953年には『少女クラブ』(講談社)にて『リボンの騎士』の連載を開始した。 宝塚歌劇やディズニーからの影響を受けたこの作品は、以後の少女雑誌における物語漫画の先駆けとなった。 1954年には『ジャングル大帝』連載完結の後を受けて『漫画少年』に『火の鳥』の連載を開始した。 『火の鳥』のシリーズはその後も休刊等によりCOM、マンガ少年、野性時代と掲載誌を変えながら長年に描き継がれ,手塚のライフワークとなった。"
"休刊等も含め、掲載誌を変えながらも長年に渡って描き続けられ、手塚のライフワークともなった作品シリーズのタイトルは何?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "『火の鳥』" ], "answer_start": [ 424 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-07-002"
"手塚治虫"
"手塚は大阪で赤本漫画を描く傍ら、東京への持ち込みも行なっている。 当初期待した講談社では断られたが、新生閣という出版社で持ち込みが成功し、ここでいくつか読み切りを描いた後、新創刊された雑誌『少年少女漫画と読み物』に1950年4月より『タイガー博士の珍旅行』を連載、これが手塚の最初の雑誌連載作品となった。 同年11月より雑誌『漫画少年』(学童社)にて『ジャングル大帝』の連載を開始、1951年には『鉄腕アトム』(1952年-)の前身となる『アトム大使』を『少年』(光文社)に連載するなど多数の雑誌で連載を始め、この年には少年漫画誌のほとんどで手塚の漫画の連載が開始された。 1953年には『少女クラブ』(講談社)にて『リボンの騎士』の連載を開始した。 宝塚歌劇やディズニーからの影響を受けたこの作品は、以後の少女雑誌における物語漫画の先駆けとなった。 1954年には『ジャングル大帝』連載完結の後を受けて『漫画少年』に『火の鳥』の連載を開始した。 『火の鳥』のシリーズはその後も休刊等によりCOM、マンガ少年、野性時代と掲載誌を変えながら長年に描き継がれ,手塚のライフワークとなった。"
"『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『アトム大使』『リボンの騎士』の中で、2番目に連載を開始した作品は何?"
"Logical reasoning"
{ "text": [ "『アトム大使』" ], "answer_start": [ 219 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-07-003"
"手塚治虫"
"手塚は大阪で赤本漫画を描く傍ら、東京への持ち込みも行なっている。 当初期待した講談社では断られたが、新生閣という出版社で持ち込みが成功し、ここでいくつか読み切りを描いた後、新創刊された雑誌『少年少女漫画と読み物』に1950年4月より『タイガー博士の珍旅行』を連載、これが手塚の最初の雑誌連載作品となった。 同年11月より雑誌『漫画少年』(学童社)にて『ジャングル大帝』の連載を開始、1951年には『鉄腕アトム』(1952年-)の前身となる『アトム大使』を『少年』(光文社)に連載するなど多数の雑誌で連載を始め、この年には少年漫画誌のほとんどで手塚の漫画の連載が開始された。 1953年には『少女クラブ』(講談社)にて『リボンの騎士』の連載を開始した。 宝塚歌劇やディズニーからの影響を受けたこの作品は、以後の少女雑誌における物語漫画の先駆けとなった。 1954年には『ジャングル大帝』連載完結の後を受けて『漫画少年』に『火の鳥』の連載を開始した。 『火の鳥』のシリーズはその後も休刊等によりCOM、マンガ少年、野性時代と掲載誌を変えながら長年に描き継がれ,手塚のライフワークとなった。"
"大阪で漫画執筆をしながら、東京への持ち込みをし、その成果が実って掲載された手塚作品初の雑誌連載の題名は?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "『タイガー博士の珍旅行』" ], "answer_start": [ 116 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-08-000"
"手塚治虫"
"私生活の面では、1952年に宝塚から東京に移住し、さらに翌1953年に『漫画少年』編集部からの紹介で豊島区のトキワ莊に入居、その後トキワ荘には手塚に続いて寺田ヒロオ、藤子不二雄が入居した。 手塚は自分が住んでいた14号室を藤子不二雄の二人に譲ってトキワ荘から転居したが、その後も石森章太郎(後に石ノ森章太郎に改名)、赤塚不二夫など後に著名な漫画家となる者たちが続々と入居したトキワ莊は漫画家の梁山泊となった。 この時期、手塚はトキワ莊の漫画家に映画をたくさん観るようにと薦めており、手塚自身も十数年間は年に365本を必ず観ていたという。 なお、1953年に手塚は関西の長者番付の画家の部でトップとなったが、仕事場が木造2階建て建築のトキワ莊であったため、取材に来た新聞記者に呆れられたので、以後は意識して高級品を買い込むようにしたと語っている。"
"手塚治虫をはじめ、藤子不二雄や石ノ森章太郎が入居したトキワ荘は東京都の何区に位置していたか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "豊島区" ], "answer_start": [ 50 ], "answer_type": [ "Location" ] }
"tr-000-09-000"
"手塚治虫"
"前述のとおり、幼少期からディズニー映画を愛好していた手塚は、もともとアニメーション(注:1960年代ぐらいまでは世間一般では漫画映画と呼ばれていた)に強い関心を持っており、アニメーションの制作は念願の仕事であった。 特に影響を受けた作品はディズニーの『バンビ』(1942年米国公開)だが、これは日本では戦後の1951年になって公開された(ディズニーの『白雪姫』(米国公開1937年)や『ピノキオ』(米国公開1940年)も日本での公開は戦後になってのことである)。 日本は戦時中はディズニーやフライシャー兄弟など米国のアニメーションの公開を禁止していたが、1942年(昭和17年)に戦時中の日本において初めて公開された動画作品であるアジア初の劇場用長編動画作品『西遊記鉄扇公主の巻』(中国、1941年、73分、モノクロ)を観て感動した。 戦後ずいぶん経った1980年に中国を訪れた際には上海美術映画製作所で監督の万籟鳴と対面を果たして孫悟空とアトムが握手するイラストを制作した。 手塚はプロの漫画家になる前の敗戦の年である1945年に、焼け残った大阪の松竹座に於いて海軍省製作の長編漫画映画『桃太郎海の神兵』を観て感涙し、このとき将来必ず自分の手で漫画映画を作ることを決意したという。 戦後の1946年(昭和21年)に上京した際にアニメータ募集の張り紙をみて漫画映画製作会社「芦田漫画製作所」(芦田巌)に出向いて採用を志願したが断られている。 漫画は手塚にとってアニメーション制作の資金を得るための手段だった。 評論家の大宅壮一から(華僑のように出身地の大阪を離れて東京で稼ぐという意味で)「阪僑」と嘲評されるほど漫画を描いて稼ぎまくった。 また自らを「ディズニー狂い」と称した。 また前述のとおり、東映動画から請われて嘱託の仕事を受けてもいる。"
"『バンビ』『白雪姫』『ピノキオ』の中で、1番遅く米国公開された映画は何?"
"Logical reasoning"
{ "text": [ "『バンビ』" ], "answer_start": [ 125 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-09-001"
"手塚治虫"
"前述のとおり、幼少期からディズニー映画を愛好していた手塚は、もともとアニメーション(注:1960年代ぐらいまでは世間一般では漫画映画と呼ばれていた)に強い関心を持っており、アニメーションの制作は念願の仕事であった。 特に影響を受けた作品はディズニーの『バンビ』(1942年米国公開)だが、これは日本では戦後の1951年になって公開された(ディズニーの『白雪姫』(米国公開1937年)や『ピノキオ』(米国公開1940年)も日本での公開は戦後になってのことである)。 日本は戦時中はディズニーやフライシャー兄弟など米国のアニメーションの公開を禁止していたが、1942年(昭和17年)に戦時中の日本において初めて公開された動画作品であるアジア初の劇場用長編動画作品『西遊記鉄扇公主の巻』(中国、1941年、73分、モノクロ)を観て感動した。 戦後ずいぶん経った1980年に中国を訪れた際には上海美術映画製作所で監督の万籟鳴と対面を果たして孫悟空とアトムが握手するイラストを制作した。 手塚はプロの漫画家になる前の敗戦の年である1945年に、焼け残った大阪の松竹座に於いて海軍省製作の長編漫画映画『桃太郎海の神兵』を観て感涙し、このとき将来必ず自分の手で漫画映画を作ることを決意したという。 戦後の1946年(昭和21年)に上京した際にアニメータ募集の張り紙をみて漫画映画製作会社「芦田漫画製作所」(芦田巌)に出向いて採用を志願したが断られている。 漫画は手塚にとってアニメーション制作の資金を得るための手段だった。 評論家の大宅壮一から(華僑のように出身地の大阪を離れて東京で稼ぐという意味で)「阪僑」と嘲評されるほど漫画を描いて稼ぎまくった。 また自らを「ディズニー狂い」と称した。 また前述のとおり、東映動画から請われて嘱託の仕事を受けてもいる。"
"『バンビ』『白雪姫』『ピノキオ』の中で、最も早く米国で公開された映画は何?"
"Logical reasoning"
{ "text": [ "『白雪姫』" ], "answer_start": [ 175 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-09-002"
"手塚治虫"
"前述のとおり、幼少期からディズニー映画を愛好していた手塚は、もともとアニメーション(注:1960年代ぐらいまでは世間一般では漫画映画と呼ばれていた)に強い関心を持っており、アニメーションの制作は念願の仕事であった。 特に影響を受けた作品はディズニーの『バンビ』(1942年米国公開)だが、これは日本では戦後の1951年になって公開された(ディズニーの『白雪姫』(米国公開1937年)や『ピノキオ』(米国公開1940年)も日本での公開は戦後になってのことである)。 日本は戦時中はディズニーやフライシャー兄弟など米国のアニメーションの公開を禁止していたが、1942年(昭和17年)に戦時中の日本において初めて公開された動画作品であるアジア初の劇場用長編動画作品『西遊記鉄扇公主の巻』(中国、1941年、73分、モノクロ)を観て感動した。 戦後ずいぶん経った1980年に中国を訪れた際には上海美術映画製作所で監督の万籟鳴と対面を果たして孫悟空とアトムが握手するイラストを制作した。 手塚はプロの漫画家になる前の敗戦の年である1945年に、焼け残った大阪の松竹座に於いて海軍省製作の長編漫画映画『桃太郎海の神兵』を観て感涙し、このとき将来必ず自分の手で漫画映画を作ることを決意したという。 戦後の1946年(昭和21年)に上京した際にアニメータ募集の張り紙をみて漫画映画製作会社「芦田漫画製作所」(芦田巌)に出向いて採用を志願したが断られている。 漫画は手塚にとってアニメーション制作の資金を得るための手段だった。 評論家の大宅壮一から(華僑のように出身地の大阪を離れて東京で稼ぐという意味で)「阪僑」と嘲評されるほど漫画を描いて稼ぎまくった。 また自らを「ディズニー狂い」と称した。 また前述のとおり、東映動画から請われて嘱託の仕事を受けてもいる。"
"幼少期からディズニー映画を愛好していた手塚は自らを何と称したか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "「ディズニー狂い」" ], "answer_start": [ 725 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-10-000"
"手塚治虫"
"1961年、手塚は自分のプロダクションである手塚プロダクションに動画部を設立。 当初は6人のスタッフから始まった。 最初に制作した作品『ある街角の物語』はスタッフの給料から制作費まですべてを手塚の描いた漫画の原稿料で賄い、1年をかけて40分のカラー長編アニメーション作品で、ブルーリボン賞や文部省芸術祭奨励賞など数々の賞を受賞する。 その後1962年に動画部は「虫プロダクション」と改名した。 (虫プロダクションは最盛期には400人を超えた数の正社員を擁していたという。)"
"手塚プロダクションの動画部は後に何に改名したかな?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "「虫プロダクション」" ], "answer_start": [ 180 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-10-001"
"手塚治虫"
"1961年、手塚は自分のプロダクションである手塚プロダクションに動画部を設立。 当初は6人のスタッフから始まった。 最初に制作した作品『ある街角の物語』はスタッフの給料から制作費まですべてを手塚の描いた漫画の原稿料で賄い、1年をかけて40分のカラー長編アニメーション作品で、ブルーリボン賞や文部省芸術祭奨励賞など数々の賞を受賞する。 その後1962年に動画部は「虫プロダクション」と改名した。 (虫プロダクションは最盛期には400人を超えた数の正社員を擁していたという。)"
"最盛期に400人以上の正社員を抱えた虫プロダクションの元となった手塚プロダクションでは、何人のスタッフから始まった?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "6人" ], "answer_start": [ 43 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-11-000"
"手塚治虫"
"たとえリミテッド・アニメの手法を用いるにしてもテレビ放送の30分枠用に(最低レベルで)1本あたり2,000枚分の動画を動画家(アニメーター)5名で担当し、一人が1日66枚を仕上げるという苛酷な労働状況が作られることとなった。 また作品を1本につき55万円という破格の製作費で売り込んだことが制作部の首を絞めることになった。 手塚がアニメの値段を安くして売り込んだのは、当時の普通のテレビ番組の制作費が50万程度であったことと、安くすればスポンサーに受け入れられやすくなることや、他者の競争参入を阻める考えたからであったと語るが、これは後に手塚自身が「大失敗だった」と認めたように、結果的に大誤算であった。『アトム』の大成功を見て他者がこの分野に次々と参入を開始して低予算で多くの番組が制作され放映されることになったのである。 しかし当初は経営が苦しかった虫プロも『アトム』が大ヒットすると版権(マーチャンダイジング)収入で莫大な利益が上がるようになり、また海外に向けて作品の放映権+派生商品を展開する権利を販売できたことなどにより、急速に規模が拡大してゆき(最盛期には社員総数が一時は400名から最大550名の規模となり)、『アトム』は虫プロダクションを黒字にさせた。 放送が4年間続いた『鉄腕アトム』は放映開始から1年半で手塚の漫画原作をほぼ使い切ってしまい、その後に虫プロ文芸部のスタッフが独自に作ったエピソードは人気を得るための戦闘が描かれる傾向が強まり、「鉄腕アトム」から手塚の好んだアニメーションらしいユーモアが失われていった。"
"アニメ作品1本を、破格の製作費で売り込んだことにより、制作部の首をしめることになった金額はいくら?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "55万円" ], "answer_start": [ 123 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-11-001"
"手塚治虫"
"たとえリミテッド・アニメの手法を用いるにしてもテレビ放送の30分枠用に(最低レベルで)1本あたり2,000枚分の動画を動画家(アニメーター)5名で担当し、一人が1日66枚を仕上げるという苛酷な労働状況が作られることとなった。 また作品を1本につき55万円という破格の製作費で売り込んだことが制作部の首を絞めることになった。 手塚がアニメの値段を安くして売り込んだのは、当時の普通のテレビ番組の制作費が50万程度であったことと、安くすればスポンサーに受け入れられやすくなることや、他者の競争参入を阻める考えたからであったと語るが、これは後に手塚自身が「大失敗だった」と認めたように、結果的に大誤算であった。『アトム』の大成功を見て他者がこの分野に次々と参入を開始して低予算で多くの番組が制作され放映されることになったのである。 しかし当初は経営が苦しかった虫プロも『アトム』が大ヒットすると版権(マーチャンダイジング)収入で莫大な利益が上がるようになり、また海外に向けて作品の放映権+派生商品を展開する権利を販売できたことなどにより、急速に規模が拡大してゆき(最盛期には社員総数が一時は400名から最大550名の規模となり)、『アトム』は虫プロダクションを黒字にさせた。 放送が4年間続いた『鉄腕アトム』は放映開始から1年半で手塚の漫画原作をほぼ使い切ってしまい、その後に虫プロ文芸部のスタッフが独自に作ったエピソードは人気を得るための戦闘が描かれる傾向が強まり、「鉄腕アトム」から手塚の好んだアニメーションらしいユーモアが失われていった。"
"スタッフの意向により、人気を得るための戦闘が描かれる傾向が強まった『鉄腕アトム』から失われていったものは何ですか?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "アニメーションらしいユーモア" ], "answer_start": [ 646 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-12-000"
"手塚治虫"
"アニメ制作に乗り出して以降も、手塚は漫画作品を精力的に発表していた。 虫プロの成立時期は漫画作品もアニメと関連した企画が多くなっており、アニメーションと平行して『鉄腕アトム』原作版の連載や、日本初のカラーテレビアニメ『ジャングル大帝』に連動しての同作品リメイク版の連載、当初アニメ化の企画もあった『マグマ大使』の連載などが1963年-1965年にかけて行なわれている。 他のアニメ作品と関連して『W3』連載雑誌でのいざこざが起こったW3事件も1965年の出来事である。"
"手塚の『W3』連載雑誌でのいざこざが起こったW3事件は何年に起こった?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "1965年" ], "answer_start": [ 221 ], "answer_type": [ "Date/Time" ] }
"tr-000-12-001"
"手塚治虫"
"アニメ制作に乗り出して以降も、手塚は漫画作品を精力的に発表していた。 虫プロの成立時期は漫画作品もアニメと関連した企画が多くなっており、アニメーションと平行して『鉄腕アトム』原作版の連載や、日本初のカラーテレビアニメ『ジャングル大帝』に連動しての同作品リメイク版の連載、当初アニメ化の企画もあった『マグマ大使』の連載などが1963年-1965年にかけて行なわれている。 他のアニメ作品と関連して『W3』連載雑誌でのいざこざが起こったW3事件も1965年の出来事である。"
"日本初のカラーテレビアニメのタイトルは何か知っていますか?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "『ジャングル大帝』" ], "answer_start": [ 108 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-13-000"
"手塚治虫"
"1973年に『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載開始された『ブラック・ジャック』も、少年誌・幼年誌で人気が低迷していた手塚の最期を看取ってやろうという、壁村耐三編集長の厚意で始まったものであった。 しかし、連綿と続く戦いで読み手を惹き付けようとするような作品ばかりであった当時の少年漫画誌にあって、『ブラック・ジャック』の毎回読み切り形式での連載は新鮮であり、後期の手塚を代表するヒット作へと成長していくことになった。 さらに1974年、『週刊少年マガジン』(講談社)連載の『三つ目がとおる』も続き、手塚は本格的復活を遂げた。 1976年、中断されたままであった『火の鳥』が『マンガ少年』(朝日ソノラマ)の創刊によって再開。 1977年時点で、手塚は『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』『火の鳥』『ユニコ』『MW』と6つの連載を抱えていた。 また、同時期の漫画文庫本ブームに伴い手塚の過去の作品も続々と再刊されており、さらに同年6月からの講談社『手塚治虫漫画全集』刊行によって、手塚は「漫画の第一人者」、「漫画の神様」という評価を確かなものにしていった。"
"少年誌・幼年誌で人気が低迷していた手塚の最期を看取ってやろうという、壁村耐三編集長の厚意で始まった漫画だったが、毎回の読み切り形式が新鮮で、後期の手塚を代表するヒット作にまでなった作品名は?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "『ブラック・ジャック』" ], "answer_start": [ 32 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-13-001"
"手塚治虫"
"1973年に『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載開始された『ブラック・ジャック』も、少年誌・幼年誌で人気が低迷していた手塚の最期を看取ってやろうという、壁村耐三編集長の厚意で始まったものであった。 しかし、連綿と続く戦いで読み手を惹き付けようとするような作品ばかりであった当時の少年漫画誌にあって、『ブラック・ジャック』の毎回読み切り形式での連載は新鮮であり、後期の手塚を代表するヒット作へと成長していくことになった。 さらに1974年、『週刊少年マガジン』(講談社)連載の『三つ目がとおる』も続き、手塚は本格的復活を遂げた。 1976年、中断されたままであった『火の鳥』が『マンガ少年』(朝日ソノラマ)の創刊によって再開。 1977年時点で、手塚は『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』『火の鳥』『ユニコ』『MW』と6つの連載を抱えていた。 また、同時期の漫画文庫本ブームに伴い手塚の過去の作品も続々と再刊されており、さらに同年6月からの講談社『手塚治虫漫画全集』刊行によって、手塚は「漫画の第一人者」、「漫画の神様」という評価を確かなものにしていった。"
"1977年の時点で、手塚が抱えていた6つの連載の中で、『ブラック・ジャック』が掲載された雑誌の名前は何でしょう?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "『週刊少年チャンピオン』" ], "answer_start": [ 6 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-14-000"
"手塚治虫"
"1980年代になると、幕末から明治までの時代に自身のルーツをたどった『陽だまりの樹』(ビッグコミック)や、アドルフ・ヒトラーを題材に一般週刊誌で連載された『アドルフに告ぐ』(週刊文春)など、青年漫画の新たな代表作を手がけることになる。 「陽だまりの樹」は第29回小学館漫画賞、「アドルフに告ぐ」は第10回講談社漫画賞一般部門を受賞したが1988年3月に胃を壊し、一度目の手術を受ける。 5月に退院し、以前とまったく変わらない多作振りを見せた。 しかし同年11月、中華人民共和国上海市でのアニメーションフェスティバルに出席した後に倒れ(制止された際に「これは国際問題です」と病身をおして訪れた)、帰国と同時に半蔵門病院に入院。 医師の診断ではスキルス胃癌であった(しかし当時の日本の医療の慣習により、直接本人には告知されなかった)。 翌1989年1月21日に手塚プロ社長の松谷孝征が見舞に来た時には、「僕の病状は何なんだ、君聞いてきてくれ」と頼んでいたという。 胃癌ということは伏せたうえで聞いた事を話すと「そうか...」と一言言ったという。 100歳まで描き続けたいと言っていた手塚は、病院のベッドでも医者や妻の制止を振り切り漫画の連載を続けていた。"
"1980年代に描かれた青年漫画の新たな代表作で、第29回小学館漫画賞を受賞した作品は?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "「陽だまりの樹」" ], "answer_start": [ 118 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-14-001"
"手塚治虫"
"1980年代になると、幕末から明治までの時代に自身のルーツをたどった『陽だまりの樹』(ビッグコミック)や、アドルフ・ヒトラーを題材に一般週刊誌で連載された『アドルフに告ぐ』(週刊文春)など、青年漫画の新たな代表作を手がけることになる。 「陽だまりの樹」は第29回小学館漫画賞、「アドルフに告ぐ」は第10回講談社漫画賞一般部門を受賞したが1988年3月に胃を壊し、一度目の手術を受ける。 5月に退院し、以前とまったく変わらない多作振りを見せた。 しかし同年11月、中華人民共和国上海市でのアニメーションフェスティバルに出席した後に倒れ(制止された際に「これは国際問題です」と病身をおして訪れた)、帰国と同時に半蔵門病院に入院。 医師の診断ではスキルス胃癌であった(しかし当時の日本の医療の慣習により、直接本人には告知されなかった)。 翌1989年1月21日に手塚プロ社長の松谷孝征が見舞に来た時には、「僕の病状は何なんだ、君聞いてきてくれ」と頼んでいたという。 胃癌ということは伏せたうえで聞いた事を話すと「そうか...」と一言言ったという。 100歳まで描き続けたいと言っていた手塚は、病院のベッドでも医者や妻の制止を振り切り漫画の連載を続けていた。"
"『アドルフに告ぐ』で、手塚がモデルとした歴史上の人物は誰?"
"Lexical variation (synonymy)"
{ "text": [ "アドルフ・ヒトラー" ], "answer_start": [ 53 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-000-14-002"
"手塚治虫"
"1980年代になると、幕末から明治までの時代に自身のルーツをたどった『陽だまりの樹』(ビッグコミック)や、アドルフ・ヒトラーを題材に一般週刊誌で連載された『アドルフに告ぐ』(週刊文春)など、青年漫画の新たな代表作を手がけることになる。 「陽だまりの樹」は第29回小学館漫画賞、「アドルフに告ぐ」は第10回講談社漫画賞一般部門を受賞したが1988年3月に胃を壊し、一度目の手術を受ける。 5月に退院し、以前とまったく変わらない多作振りを見せた。 しかし同年11月、中華人民共和国上海市でのアニメーションフェスティバルに出席した後に倒れ(制止された際に「これは国際問題です」と病身をおして訪れた)、帰国と同時に半蔵門病院に入院。 医師の診断ではスキルス胃癌であった(しかし当時の日本の医療の慣習により、直接本人には告知されなかった)。 翌1989年1月21日に手塚プロ社長の松谷孝征が見舞に来た時には、「僕の病状は何なんだ、君聞いてきてくれ」と頼んでいたという。 胃癌ということは伏せたうえで聞いた事を話すと「そうか...」と一言言ったという。 100歳まで描き続けたいと言っていた手塚は、病院のベッドでも医者や妻の制止を振り切り漫画の連載を続けていた。"
"手塚はスキルス胃癌で亡くなったが、本人に告知されたなかったのはなぜか?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "当時の日本の医療の慣習により" ], "answer_start": [ 334 ], "answer_type": [ "Cause" ] }
"tr-000-15-000"
"手塚治虫"
"半蔵門病院の病室で、1989年(平成元年)2月9日午前10時50分死去した。 死に立ち会った松谷によるとこの「頼むから仕事をさせてくれ」が手塚の最後の言葉であったという。 通夜は2月11日、東久留米市の自宅で、葬儀は3月2日、東京都港区の青山葬儀所で手塚プロダクションの社葬として、それぞれ営まれた。 『グリンゴ』『ルードウィヒ・B』『ネオ・ファウスト』などの作品が未完のまま遺された。 また、梅原猛の小説『ギルガメシュ』のアニメ化に意欲的だったが、構想中のままに終わった。 亡くなる3週間前(1989年1月15日)まで書かれていた自身の日記には、その時の体調状態や新作のアイデアなどが書き連ねられていた。 周りの人間は誰も手塚に胃癌であることを伝えず、手塚自身は生き続けるということに何も疑問は持たなかったとされる。 しかし、手塚が病院で描いていた遺作の一つ「ネオ・ファウスト」では主要な人物が胃癌にかかり、医者や周りは気遣って胃癌であることを伝えないが、本人は胃癌であることを知っていて死亡するという内容が描かれている。"
"平成元年が始まったのは西暦何年ですか?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "1989年" ], "answer_start": [ 10 ], "answer_type": [ "Date/Time" ] }
"tr-000-15-001"
"手塚治虫"
"半蔵門病院の病室で、1989年(平成元年)2月9日午前10時50分死去した。 死に立ち会った松谷によるとこの「頼むから仕事をさせてくれ」が手塚の最後の言葉であったという。 通夜は2月11日、東久留米市の自宅で、葬儀は3月2日、東京都港区の青山葬儀所で手塚プロダクションの社葬として、それぞれ営まれた。 『グリンゴ』『ルードウィヒ・B』『ネオ・ファウスト』などの作品が未完のまま遺された。 また、梅原猛の小説『ギルガメシュ』のアニメ化に意欲的だったが、構想中のままに終わった。 亡くなる3週間前(1989年1月15日)まで書かれていた自身の日記には、その時の体調状態や新作のアイデアなどが書き連ねられていた。 周りの人間は誰も手塚に胃癌であることを伝えず、手塚自身は生き続けるということに何も疑問は持たなかったとされる。 しかし、手塚が病院で描いていた遺作の一つ「ネオ・ファウスト」では主要な人物が胃癌にかかり、医者や周りは気遣って胃癌であることを伝えないが、本人は胃癌であることを知っていて死亡するという内容が描かれている。"
"手塚の遺作の一つで、主要な人物が手塚本人と同じような死に方をする内容が描かれている作品名は何?"
"Lexical variation (synonymy)"
{ "text": [ "「ネオ・ファウスト」" ], "answer_start": [ 380 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-16-000"
"手塚治虫"
"手塚は幼少期から独自の漫画を描いており、田河水泡『のらくろ』、横山隆一『フクちゃん』の模写をするようになったが、7歳の頃に出た謝花凡太郎によるミッキーマウスの海賊版単行本に夢中になり、この本の模写をするようになった(手塚によれば「本家のディズニーに送ってやりたい程」そっくりの絵だったという)。 手塚の絵柄は、劇画の影響を受ける1955年頃まではディズニーの影響が強い丸っこい絵柄で、「ディズニースタイル」とも呼ばれていた。 ディズニーのアニメーションに出会ったのは9歳のときで、毎年正月に大阪の朝日会館で行なわれる「漫画映画大会」で上演されたものであった。 父が家庭用映写機を購入した時には、上演用フィルムの中に『ミッキーの汽車旅行』もあった。 以来ディズニーのアニメーションに心酔し、1950年にディズニーの『白雪姫』が封切られた時には映画館で50回、次の『バンビ』は80回以上観たという。 手塚は「尊敬する映画人」として、チャールズ・チャップリンとウォルト・ディズニーを挙げている。"
"ディズニーの影響を受けた手塚が、80回以上観たというディズニー映画の題目は何?"
"Lexical variation (synonymy)"
{ "text": [ "『バンビ』" ], "answer_start": [ 380 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-16-001"
"手塚治虫"
"手塚は幼少期から独自の漫画を描いており、田河水泡『のらくろ』、横山隆一『フクちゃん』の模写をするようになったが、7歳の頃に出た謝花凡太郎によるミッキーマウスの海賊版単行本に夢中になり、この本の模写をするようになった(手塚によれば「本家のディズニーに送ってやりたい程」そっくりの絵だったという)。 手塚の絵柄は、劇画の影響を受ける1955年頃まではディズニーの影響が強い丸っこい絵柄で、「ディズニースタイル」とも呼ばれていた。 ディズニーのアニメーションに出会ったのは9歳のときで、毎年正月に大阪の朝日会館で行なわれる「漫画映画大会」で上演されたものであった。 父が家庭用映写機を購入した時には、上演用フィルムの中に『ミッキーの汽車旅行』もあった。 以来ディズニーのアニメーションに心酔し、1950年にディズニーの『白雪姫』が封切られた時には映画館で50回、次の『バンビ』は80回以上観たという。 手塚は「尊敬する映画人」として、チャールズ・チャップリンとウォルト・ディズニーを挙げている。"
"手塚が見たディズニー映画『白雪姫』と『バンビ』のうち、見た回数が少ないのはどちら?"
"Logical reasoning"
{ "text": [ "『白雪姫』" ], "answer_start": [ 356 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-16-002"
"手塚治虫"
"手塚は幼少期から独自の漫画を描いており、田河水泡『のらくろ』、横山隆一『フクちゃん』の模写をするようになったが、7歳の頃に出た謝花凡太郎によるミッキーマウスの海賊版単行本に夢中になり、この本の模写をするようになった(手塚によれば「本家のディズニーに送ってやりたい程」そっくりの絵だったという)。 手塚の絵柄は、劇画の影響を受ける1955年頃まではディズニーの影響が強い丸っこい絵柄で、「ディズニースタイル」とも呼ばれていた。 ディズニーのアニメーションに出会ったのは9歳のときで、毎年正月に大阪の朝日会館で行なわれる「漫画映画大会」で上演されたものであった。 父が家庭用映写機を購入した時には、上演用フィルムの中に『ミッキーの汽車旅行』もあった。 以来ディズニーのアニメーションに心酔し、1950年にディズニーの『白雪姫』が封切られた時には映画館で50回、次の『バンビ』は80回以上観たという。 手塚は「尊敬する映画人」として、チャールズ・チャップリンとウォルト・ディズニーを挙げている。"
"手塚が挙げる「尊敬する映画人」の中で、手塚の絵柄に影響を与えた人は何という名前?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "ウォルト・ディズニー" ], "answer_start": [ 428 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-000-17-000"
"手塚治虫"
"また、手塚の担当編集者でマネージャーも務めた手塚プロ社長の松谷孝征は手塚が最も愛して尊敬したのは万籟鳴であり、手塚はディズニーの影響を受けていると多くの人が認識するも実際は中国アニメ、特に万籟鳴の影響を受けており、その時期はディズニーよりも早くて影響も深いと述べている。 病で倒れる直前の1988年に第1回上海国際アニメフェスの審査員として中国を訪れた際も古希を迎えた万籟鳴と再会しており、1989年8月27日に手塚プロが制作し、日本テレビの24時間テレビ「愛は地球を救う」で放映された『手塚治虫物語ぼくは孫悟空』でも中国で万籟鳴と会った場面が再現されており、病床の手塚が草案をしたためたものの完成を見ずに放送年の2月に手塚は死去したために遺作の1つとなった。"
"手塚プロ社長の松谷孝征は、手塚が最も愛して尊敬したのは誰だと述べていますか?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "万籟鳴" ], "answer_start": [ 48 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-000-17-001"
"手塚治虫"
"また、手塚の担当編集者でマネージャーも務めた手塚プロ社長の松谷孝征は手塚が最も愛して尊敬したのは万籟鳴であり、手塚はディズニーの影響を受けていると多くの人が認識するも実際は中国アニメ、特に万籟鳴の影響を受けており、その時期はディズニーよりも早くて影響も深いと述べている。 病で倒れる直前の1988年に第1回上海国際アニメフェスの審査員として中国を訪れた際も古希を迎えた万籟鳴と再会しており、1989年8月27日に手塚プロが制作し、日本テレビの24時間テレビ「愛は地球を救う」で放映された『手塚治虫物語ぼくは孫悟空』でも中国で万籟鳴と会った場面が再現されており、病床の手塚が草案をしたためたものの完成を見ずに放送年の2月に手塚は死去したために遺作の1つとなった。"
"手塚の遺作の中で、中国で万籟鳴と会った場面が再現されている作品名は何だろうか?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "『手塚治虫物語ぼくは孫悟空』" ], "answer_start": [ 243 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-000-18-000"
"手塚治虫"
"夏目房之介は、赤本時代の手塚漫画の達成として「コマの読み方」を変えたことを挙げている。 それまでの日本の漫画は、現在の4コマ漫画と同じように、1ページ内で右側に配置されたコマを縦に読んで行き、次に左側に移りまた縦に読んでいく、という形で読まれていた。 しかしこの読み方ではコマ割りの方法が大幅に制限されるため、手塚は赤本時代に、上の段のコマを右から左に読んで行き、次に下の段に移りまた右から左に読む、という現在の読み方を少しずつ試み浸透させていった。 これに加えて、初期の手塚は登場人物の絵柄をより記号化し、微妙な線の変化を用いて人物造形や表情のヴァリエーションを格段に増やした。 流線や汗、擬音などの漫画的な記号も従来に比べて格段に増やしており、このような表現の幅の広さが、多数の人物が入り組む複雑な物語を漫画で描くことを可能にし、また絵柄の記号化を進めたことは、絵を学ばずとも記号表現を覚えることで、誰でも漫画を描くことができるという状況を作ることにもなった。 また物語という点において戦前の漫画と手塚漫画の物語を隔てるものは「主人公の死」などを始めとする悲劇性の導入であり、死やエロティシズムを作品に取り入れていったことで多様な物語世界を描くことを可能にし、以降の漫画界における物語の多様さを準備することになった。"
"赤本時代の手塚漫画の達成として「コマの読み方」を変えたことを挙げたのは誰でしょう?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "夏目房之介" ], "answer_start": [ 0 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-000-18-001"
"手塚治虫"
"夏目房之介は、赤本時代の手塚漫画の達成として「コマの読み方」を変えたことを挙げている。 それまでの日本の漫画は、現在の4コマ漫画と同じように、1ページ内で右側に配置されたコマを縦に読んで行き、次に左側に移りまた縦に読んでいく、という形で読まれていた。 しかしこの読み方ではコマ割りの方法が大幅に制限されるため、手塚は赤本時代に、上の段のコマを右から左に読んで行き、次に下の段に移りまた右から左に読む、という現在の読み方を少しずつ試み浸透させていった。 これに加えて、初期の手塚は登場人物の絵柄をより記号化し、微妙な線の変化を用いて人物造形や表情のヴァリエーションを格段に増やした。 流線や汗、擬音などの漫画的な記号も従来に比べて格段に増やしており、このような表現の幅の広さが、多数の人物が入り組む複雑な物語を漫画で描くことを可能にし、また絵柄の記号化を進めたことは、絵を学ばずとも記号表現を覚えることで、誰でも漫画を描くことができるという状況を作ることにもなった。 また物語という点において戦前の漫画と手塚漫画の物語を隔てるものは「主人公の死」などを始めとする悲劇性の導入であり、死やエロティシズムを作品に取り入れていったことで多様な物語世界を描くことを可能にし、以降の漫画界における物語の多様さを準備することになった。"
"初期の手塚は登場人物の絵柄をどうすることにより、人物造形や表情のヴァリエーションを格段に増やす事に成功したか?"
"Lexical variation (synonymy)"
{ "text": [ "記号化" ], "answer_start": [ 249 ], "answer_type": [ "Manner" ] }
"tr-000-18-002"
"手塚治虫"
"夏目房之介は、赤本時代の手塚漫画の達成として「コマの読み方」を変えたことを挙げている。 それまでの日本の漫画は、現在の4コマ漫画と同じように、1ページ内で右側に配置されたコマを縦に読んで行き、次に左側に移りまた縦に読んでいく、という形で読まれていた。 しかしこの読み方ではコマ割りの方法が大幅に制限されるため、手塚は赤本時代に、上の段のコマを右から左に読んで行き、次に下の段に移りまた右から左に読む、という現在の読み方を少しずつ試み浸透させていった。 これに加えて、初期の手塚は登場人物の絵柄をより記号化し、微妙な線の変化を用いて人物造形や表情のヴァリエーションを格段に増やした。 流線や汗、擬音などの漫画的な記号も従来に比べて格段に増やしており、このような表現の幅の広さが、多数の人物が入り組む複雑な物語を漫画で描くことを可能にし、また絵柄の記号化を進めたことは、絵を学ばずとも記号表現を覚えることで、誰でも漫画を描くことができるという状況を作ることにもなった。 また物語という点において戦前の漫画と手塚漫画の物語を隔てるものは「主人公の死」などを始めとする悲劇性の導入であり、死やエロティシズムを作品に取り入れていったことで多様な物語世界を描くことを可能にし、以降の漫画界における物語の多様さを準備することになった。"
"多様な物語世界を描くことを可能にするために、手塚が導入したものは何?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "悲劇性の導入" ], "answer_start": [ 480 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-00-000"
"フランツ・カフカ"
"フランツ・カフカ(FranzKafka,ときにチェコ語:FrantišekKafka,1883年7月3日-1924年6月3日)は、出生地に即せば現在のチェコ出身のドイツ語作家。 プラハのユダヤ人の家庭に生まれ、法律を学んだのち保険局に勤めながら作品を執筆、どこかユーモラスで浮ついたような孤独感と不安の横溢する、夢の世界を想起させるような独特の小説作品を残した。 その著作は数編の長編小説と多数の短編、日記および恋人などに宛てた膨大な量の手紙から成り、純粋な創作はその少なからぬ点数が未完であることで知られている。 生前は『変身』など数冊の著書がごく限られた範囲で知られるのみだったが、死後中絶された長編『審判』『城』『失踪者』を始めとする遺稿が友人マックス・ブロートによって発表されて再発見・再評価をうけ、特に実存主義的見地から注目されたことによって世界的なブームとなった。 現在ではジェイムズ・ジョイス、マルセル・プルーストと並び20世紀の文学を代表する作家と見なされている。"
"『変身』の作者は誰?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "フランツ・カフカ" ], "answer_start": [ 0 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-00-001"
"フランツ・カフカ"
"フランツ・カフカ(FranzKafka,ときにチェコ語:FrantišekKafka,1883年7月3日-1924年6月3日)は、出生地に即せば現在のチェコ出身のドイツ語作家。 プラハのユダヤ人の家庭に生まれ、法律を学んだのち保険局に勤めながら作品を執筆、どこかユーモラスで浮ついたような孤独感と不安の横溢する、夢の世界を想起させるような独特の小説作品を残した。 その著作は数編の長編小説と多数の短編、日記および恋人などに宛てた膨大な量の手紙から成り、純粋な創作はその少なからぬ点数が未完であることで知られている。 生前は『変身』など数冊の著書がごく限られた範囲で知られるのみだったが、死後中絶された長編『審判』『城』『失踪者』を始めとする遺稿が友人マックス・ブロートによって発表されて再発見・再評価をうけ、特に実存主義的見地から注目されたことによって世界的なブームとなった。 現在ではジェイムズ・ジョイス、マルセル・プルーストと並び20世紀の文学を代表する作家と見なされている。"
"フランツ・カフカの出生地はどこですか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "プラハ" ], "answer_start": [ 89 ], "answer_type": [ "Location" ] }
"tr-001-00-002"
"フランツ・カフカ"
"フランツ・カフカ(FranzKafka,ときにチェコ語:FrantišekKafka,1883年7月3日-1924年6月3日)は、出生地に即せば現在のチェコ出身のドイツ語作家。 プラハのユダヤ人の家庭に生まれ、法律を学んだのち保険局に勤めながら作品を執筆、どこかユーモラスで浮ついたような孤独感と不安の横溢する、夢の世界を想起させるような独特の小説作品を残した。 その著作は数編の長編小説と多数の短編、日記および恋人などに宛てた膨大な量の手紙から成り、純粋な創作はその少なからぬ点数が未完であることで知られている。 生前は『変身』など数冊の著書がごく限られた範囲で知られるのみだったが、死後中絶された長編『審判』『城』『失踪者』を始めとする遺稿が友人マックス・ブロートによって発表されて再発見・再評価をうけ、特に実存主義的見地から注目されたことによって世界的なブームとなった。 現在ではジェイムズ・ジョイス、マルセル・プルーストと並び20世紀の文学を代表する作家と見なされている。"
"フランツ・カフカの数多くの遺稿を発表した彼の友人とは誰?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "マックス・ブロート" ], "answer_start": [ 325 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-00-003"
"フランツ・カフカ"
"フランツ・カフカ(FranzKafka,ときにチェコ語:FrantišekKafka,1883年7月3日-1924年6月3日)は、出生地に即せば現在のチェコ出身のドイツ語作家。 プラハのユダヤ人の家庭に生まれ、法律を学んだのち保険局に勤めながら作品を執筆、どこかユーモラスで浮ついたような孤独感と不安の横溢する、夢の世界を想起させるような独特の小説作品を残した。 その著作は数編の長編小説と多数の短編、日記および恋人などに宛てた膨大な量の手紙から成り、純粋な創作はその少なからぬ点数が未完であることで知られている。 生前は『変身』など数冊の著書がごく限られた範囲で知られるのみだったが、死後中絶された長編『審判』『城』『失踪者』を始めとする遺稿が友人マックス・ブロートによって発表されて再発見・再評価をうけ、特に実存主義的見地から注目されたことによって世界的なブームとなった。 現在ではジェイムズ・ジョイス、マルセル・プルーストと並び20世紀の文学を代表する作家と見なされている。"
"フランツ・カフカが誕生したのはいつ?"
"Lexical variation (world knowledge)"
{ "text": [ "1883年7月3日" ], "answer_start": [ 43 ], "answer_type": [ "Date/Time" ] }
"tr-001-01-000"
"フランツ・カフカ"
"フランツ・カフカは、1883年、オーストリア=ハンガリー帝国領プラハにおいて、高級小間物商を営むヘルマン・カフカ(1852年-1931年)とその妻ユーリエ(1856年–1934年)との間に生まれた。 両親は、ともにユダヤ人である。 父ヘルマン・カフカは、南ボヘミアの寒村ヴォセクの畜殺業者ヤーコプ・カフカの息子であった。 チェコ語を母語とし、ユダヤ人向けの初等学校でドイツ語を習得したが、後年になってもドイツ語を完全に操ることはできなかった。 彼は、ユダヤ社会で成人の1年後にあたる14歳の時に独り立ちし、田舎の行商をしていたが、20歳の時にオーストリア軍に徴兵され、2年間の兵役を勤めた後、都市プラハに移った。 1882年、裕福な醸造業者の娘ユーリエ・レーヴィと結婚し、彼女の財産を元手にして小間物商を始めた。"
"フランツ・カフカの父親の名前は?"
"Lexical variation (world knowledge)"
{ "text": [ "ヘルマン・カフカ" ], "answer_start": [ 48 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-01-001"
"フランツ・カフカ"
"フランツ・カフカは、1883年、オーストリア=ハンガリー帝国領プラハにおいて、高級小間物商を営むヘルマン・カフカ(1852年-1931年)とその妻ユーリエ(1856年–1934年)との間に生まれた。 両親は、ともにユダヤ人である。 父ヘルマン・カフカは、南ボヘミアの寒村ヴォセクの畜殺業者ヤーコプ・カフカの息子であった。 チェコ語を母語とし、ユダヤ人向けの初等学校でドイツ語を習得したが、後年になってもドイツ語を完全に操ることはできなかった。 彼は、ユダヤ社会で成人の1年後にあたる14歳の時に独り立ちし、田舎の行商をしていたが、20歳の時にオーストリア軍に徴兵され、2年間の兵役を勤めた後、都市プラハに移った。 1882年、裕福な醸造業者の娘ユーリエ・レーヴィと結婚し、彼女の財産を元手にして小間物商を始めた。"
"ヘルマン・カフカとユーリエはどちらが先に死去しましたか?"
"Logical reasoning"
{ "text": [ "ヘルマン・カフカ" ], "answer_start": [ 48 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-01-002"
"フランツ・カフカ"
"フランツ・カフカは、1883年、オーストリア=ハンガリー帝国領プラハにおいて、高級小間物商を営むヘルマン・カフカ(1852年-1931年)とその妻ユーリエ(1856年–1934年)との間に生まれた。 両親は、ともにユダヤ人である。 父ヘルマン・カフカは、南ボヘミアの寒村ヴォセクの畜殺業者ヤーコプ・カフカの息子であった。 チェコ語を母語とし、ユダヤ人向けの初等学校でドイツ語を習得したが、後年になってもドイツ語を完全に操ることはできなかった。 彼は、ユダヤ社会で成人の1年後にあたる14歳の時に独り立ちし、田舎の行商をしていたが、20歳の時にオーストリア軍に徴兵され、2年間の兵役を勤めた後、都市プラハに移った。 1882年、裕福な醸造業者の娘ユーリエ・レーヴィと結婚し、彼女の財産を元手にして小間物商を始めた。"
"フランツ・カフカの父方の祖父の名前は?"
"Lexical variation (world knowledge)"
{ "text": [ "ヤーコプ・カフカ" ], "answer_start": [ 144 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-01-003"
"フランツ・カフカ"
"フランツ・カフカは、1883年、オーストリア=ハンガリー帝国領プラハにおいて、高級小間物商を営むヘルマン・カフカ(1852年-1931年)とその妻ユーリエ(1856年–1934年)との間に生まれた。 両親は、ともにユダヤ人である。 父ヘルマン・カフカは、南ボヘミアの寒村ヴォセクの畜殺業者ヤーコプ・カフカの息子であった。 チェコ語を母語とし、ユダヤ人向けの初等学校でドイツ語を習得したが、後年になってもドイツ語を完全に操ることはできなかった。 彼は、ユダヤ社会で成人の1年後にあたる14歳の時に独り立ちし、田舎の行商をしていたが、20歳の時にオーストリア軍に徴兵され、2年間の兵役を勤めた後、都市プラハに移った。 1882年、裕福な醸造業者の娘ユーリエ・レーヴィと結婚し、彼女の財産を元手にして小間物商を始めた。"
"ヘルマン・カフカとユーリエ・レーヴィは何年に結婚しましたか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "1882年" ], "answer_start": [ 307 ], "answer_type": [ "Date/Time" ] }
"tr-001-02-000"
"フランツ・カフカ"
"父ヘルマンがチェコ語を母語としていたのに対し、母方のレーヴィ家はドイツ風の慣習に馴染み、ドイツ語を話す同化ユダヤ人であった。 レーヴィ家は、ユダヤ社会の名門であり、祖先には学識の高いラビやタルムード学者のほか変人、奇人も多く存在する。 カフカは、自分の資質について、父方よりも母方の血に多くを負っていると感じており、日記やメモではもっぱらこの母方の祖先について言及した。 母ユーリエ・レーヴィには3人の兄と2人の義弟がおり、長兄アルフレートはスペイン鉄道の支配人となりカフカの最初の就職の手助けをしている(カフカ家では「マドリードの伯父」と呼ばれていた)。 上の義弟ジークフリートは、学識と機知に富む変わり者であり、メーレンの田舎町トリーシュで医者をして生活していた。 カフカは、この叔父を気に入り、晩年までしばしば叔父のもとを訪れ滞在している。 母方の5人の叔父のうち、この2人を含む3人が独身であった。"
"カフカが気に入っていた叔父とは何という名前ですか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "ジークフリート" ], "answer_start": [ 283 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-02-001"
"フランツ・カフカ"
"父ヘルマンがチェコ語を母語としていたのに対し、母方のレーヴィ家はドイツ風の慣習に馴染み、ドイツ語を話す同化ユダヤ人であった。 レーヴィ家は、ユダヤ社会の名門であり、祖先には学識の高いラビやタルムード学者のほか変人、奇人も多く存在する。 カフカは、自分の資質について、父方よりも母方の血に多くを負っていると感じており、日記やメモではもっぱらこの母方の祖先について言及した。 母ユーリエ・レーヴィには3人の兄と2人の義弟がおり、長兄アルフレートはスペイン鉄道の支配人となりカフカの最初の就職の手助けをしている(カフカ家では「マドリードの伯父」と呼ばれていた)。 上の義弟ジークフリートは、学識と機知に富む変わり者であり、メーレンの田舎町トリーシュで医者をして生活していた。 カフカは、この叔父を気に入り、晩年までしばしば叔父のもとを訪れ滞在している。 母方の5人の叔父のうち、この2人を含む3人が独身であった。"
"ジークフリートの職業は何ですか?"
"Lexical variation (world knowledge)"
{ "text": [ "医者" ], "answer_start": [ 322 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-02-002"
"フランツ・カフカ"
"父ヘルマンがチェコ語を母語としていたのに対し、母方のレーヴィ家はドイツ風の慣習に馴染み、ドイツ語を話す同化ユダヤ人であった。 レーヴィ家は、ユダヤ社会の名門であり、祖先には学識の高いラビやタルムード学者のほか変人、奇人も多く存在する。 カフカは、自分の資質について、父方よりも母方の血に多くを負っていると感じており、日記やメモではもっぱらこの母方の祖先について言及した。 母ユーリエ・レーヴィには3人の兄と2人の義弟がおり、長兄アルフレートはスペイン鉄道の支配人となりカフカの最初の就職の手助けをしている(カフカ家では「マドリードの伯父」と呼ばれていた)。 上の義弟ジークフリートは、学識と機知に富む変わり者であり、メーレンの田舎町トリーシュで医者をして生活していた。 カフカは、この叔父を気に入り、晩年までしばしば叔父のもとを訪れ滞在している。 母方の5人の叔父のうち、この2人を含む3人が独身であった。"
"母方の5人の叔父のうち、既婚と独身の人数が多いのはどちらですか?"
"Logical reasoning"
{ "text": [ "独身" ], "answer_start": [ 396 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-03-000"
"フランツ・カフカ"
"フランツ・カフカは長男であり、彼が生まれた2年後に次男ゲオルクが、さらに2年後に三男ハインリヒが生まれたが、いずれも幼くして死去している。 両親には続いてガブリエル、ヴァリー、オティリーの3人の娘が生まれた。 幼いころは妹3人で固まってしまい、また両親はいつも仕事場にいたためカフカは孤独な幼少期を送ったが、晩年に病にかかってからは三女のオティリー(愛称オットラ)と親しくした。 カフカ家には他に料理女や乳母が出入りしており、カフカは主に乳母を通じてチェコ語を覚えた。"
"オティリーのニックネームは何ですか?"
"Lexical variation (synonymy)"
{ "text": [ "オットラ" ], "answer_start": [ 177 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-03-001"
"フランツ・カフカ"
"フランツ・カフカは長男であり、彼が生まれた2年後に次男ゲオルクが、さらに2年後に三男ハインリヒが生まれたが、いずれも幼くして死去している。 両親には続いてガブリエル、ヴァリー、オティリーの3人の娘が生まれた。 幼いころは妹3人で固まってしまい、また両親はいつも仕事場にいたためカフカは孤独な幼少期を送ったが、晩年に病にかかってからは三女のオティリー(愛称オットラ)と親しくした。 カフカ家には他に料理女や乳母が出入りしており、カフカは主に乳母を通じてチェコ語を覚えた。"
"カフカが晩年に仲良くなった妹とは誰ですか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "オティリー" ], "answer_start": [ 169 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-04-000"
"フランツ・カフカ"
"1889年9月、カフカは6歳でフライシュマルクトの小学校に入学した。 父ヘルマンは息子を学校に行かせるにあたり、プラハにおいて多数の話者を持つチェコ語の学校ではなく、支配者階級の言葉であるドイツ語の学校を選んだ。 この学校の生徒は主にユダヤ人で、カフカの担任教師は1、3、4年がユダヤ人、2年がチェコ人、校長はユダヤ人だった。 カフカの送り迎えは料理女が担当したが、彼女は意地が悪く、幼いフランツに「家での悪さ」を学校の先生に言いつけると毎日のように脅かしていたという。 カフカは4年間の修学期間を優等生として過ごし、またこの学校で終生の友人となるフーゴ・ベルクマンと出会った。"
"カフカが入学した小学校は何語の学校ですか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "ドイツ語" ], "answer_start": [ 94 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-04-001"
"フランツ・カフカ"
"1889年9月、カフカは6歳でフライシュマルクトの小学校に入学した。 父ヘルマンは息子を学校に行かせるにあたり、プラハにおいて多数の話者を持つチェコ語の学校ではなく、支配者階級の言葉であるドイツ語の学校を選んだ。 この学校の生徒は主にユダヤ人で、カフカの担任教師は1、3、4年がユダヤ人、2年がチェコ人、校長はユダヤ人だった。 カフカの送り迎えは料理女が担当したが、彼女は意地が悪く、幼いフランツに「家での悪さ」を学校の先生に言いつけると毎日のように脅かしていたという。 カフカは4年間の修学期間を優等生として過ごし、またこの学校で終生の友人となるフーゴ・ベルクマンと出会った。"
"カフカが小学校時代に出会った一生の友人とは?"
"Lexical variation (synonymy)"
{ "text": [ "フーゴ・ベルクマン" ], "answer_start": [ 274 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-04-002"
"フランツ・カフカ"
"1889年9月、カフカは6歳でフライシュマルクトの小学校に入学した。 父ヘルマンは息子を学校に行かせるにあたり、プラハにおいて多数の話者を持つチェコ語の学校ではなく、支配者階級の言葉であるドイツ語の学校を選んだ。 この学校の生徒は主にユダヤ人で、カフカの担任教師は1、3、4年がユダヤ人、2年がチェコ人、校長はユダヤ人だった。 カフカの送り迎えは料理女が担当したが、彼女は意地が悪く、幼いフランツに「家での悪さ」を学校の先生に言いつけると毎日のように脅かしていたという。 カフカは4年間の修学期間を優等生として過ごし、またこの学校で終生の友人となるフーゴ・ベルクマンと出会った。"
"4年間のうち、カフカの担任教師はユダヤ人とチェコ人のどちらが多かったですか?"
"Logical reasoning"
{ "text": [ "ユダヤ人" ], "answer_start": [ 117 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-05-000"
"フランツ・カフカ"
"1893年春、入学試験を受けてプラハ旧市ギムナジウムに入学。 商業を学ぶための実科学校ではなく、大学入学資格を得ることができるギムナジウムに進んだ。 授業は3分の1をラテン語と古代ギリシア語の授業が占めており、カフカはここでホメロスなどの古典作品を習い覚えた。 入学後3年間は優等生であったが次第に成績が落ち、1901年に受けた卒業試験(アビトゥーア)ではかろうじて「可」の成績で合格している。 苦手な教科は数学であり、一方選択科目ではフランス語や英語を捨てて体育を取り、実技でボートを漕いでいた。 上級生になってからは父にせがんで自前のボートを買ってもらうなどしている。 同級生にはベルクマンのほか、後に著名な美術史家となるオスカー・ポラックがおり、彼らとは大学まで一緒に進んだが、ポラックとは大学時代の後半から疎遠になっていった。"
"ギムナジウムに入学後、カフカが苦手とした教科は何?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "数学" ], "answer_start": [ 204 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-06-000"
"フランツ・カフカ"
"ギムナジウム時代のカフカはスピノザ、ダーウィン、ヘッケル、ニーチェなどの著作に関心を抱き、また実証主義、社会主義に興味を持っていた(もっともこれは当時の一般的の傾向でもあった)。 すでにギムナジウムの初学年の頃には将来作家になる夢を抱いており、そのことをベルクマンに語っている。 ドイツ文学ではこの頃ゲーテ、クライスト、グリルパルツァー、シュティフターなどを読み影響を受けており、卒業の際にはドイツ語・演説演習として「ゲーテの『タッソー』の結末をどう解釈すべきか」というテーマを選んでいる。 このときゲーテをテーマに選んだのはカフカ一人で、ゲーテに対しては批判的な意識を持ちつつも、大学を卒業した後も強い関心を抱いていた。"
"カフカが卒業の際のドイツ語・演説演習でテーマに選んだ作家とは誰?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "ゲーテ" ], "answer_start": [ 250 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-07-000"
"フランツ・カフカ"
"1901年7月、ギムナジウムを卒業したカフカは北海へ卒業旅行へ行き、叔父ジークフリートと共にノルデルナイ島に数週間滞在した。 この年の秋、プラハ大学に入学。 当初は哲学専攻を希望していたが、父ヘルマンから「失業者志望」と冷笑され、ベルクマン、ポラックと共に化学を専攻した。 しかし実験中心の授業はカフカの性に合わず、父の希望でもあった法学専攻へと早々に切り替えている。 ベルクマン、ポラックも間もなく哲学、美術史へとそれぞれ専攻を変えていった。 もっとも法学の無味乾燥な講義もカフカは気に入らず、1902年の夏学期には美術史とドイツ文学の講義を受けた。 更にドイツ文学を研究する為、ミュンヘン大学への移籍も計画していたが、結局実現には至らず、法学の勉強に戻っている。"
"カフカがプラハ大学に入学したのは何年?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "1901年" ], "answer_start": [ 0 ], "answer_type": [ "Date/Time" ] }
"tr-001-07-001"
"フランツ・カフカ"
"1901年7月、ギムナジウムを卒業したカフカは北海へ卒業旅行へ行き、叔父ジークフリートと共にノルデルナイ島に数週間滞在した。 この年の秋、プラハ大学に入学。 当初は哲学専攻を希望していたが、父ヘルマンから「失業者志望」と冷笑され、ベルクマン、ポラックと共に化学を専攻した。 しかし実験中心の授業はカフカの性に合わず、父の希望でもあった法学専攻へと早々に切り替えている。 ベルクマン、ポラックも間もなく哲学、美術史へとそれぞれ専攻を変えていった。 もっとも法学の無味乾燥な講義もカフカは気に入らず、1902年の夏学期には美術史とドイツ文学の講義を受けた。 更にドイツ文学を研究する為、ミュンヘン大学への移籍も計画していたが、結局実現には至らず、法学の勉強に戻っている。"
"カフカはプラハ大学で最初に何の学問を専攻したの?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "化学" ], "answer_start": [ 128 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-08-000"
"フランツ・カフカ"
"学期中はしばしばドイツ語、チェコ語の演劇を見に出かけた。 また、学期が始まってすぐに学生組織「プラハ・ドイツ学生の読書・談話ホール」(以下「談話ホール」)に入会しており、この組織の主催する朗読会、講演会にもよく参加した。 「談話ホール」は450人の会員ほぼ全てがユダヤ人で、この時、学生委員会の委員長をカフカの又従兄弟にあたるブルーノ・カフカが務めていたが、カフカは彼との交流の跡は残していない。 1902年10月、「談話ホール」を通じて、後にカフカの文学活動に対し、大きな役割を担う事になるマックス・ブロートと知り合う。 ブロートはカフカより1歳年下であったが、当時すでに新進作家として名を成していた。 ブロートは談話ホールの主催で「ショーペンハウアー哲学の運命と未来」と題する講演を行い、この際にニーチェを詐欺師と呼んだ事に対し、カフカが反駁した事が最初の出会いであった。 また、この時期ポラックを介してフランツ・ブレンターノの哲学を信奉するサークルに加わった。 サークルにはベルクマンやブロートも加わっていたが、カフカはその会合にはそれほど熱心ではなかった。 1904年秋にはブロートから盲目の作家オスカー・バウム、哲学生フェーリクス・ヴェルチュを紹介され、週末に4人で集まって自作の原稿を読み合う様になった。 この頃カフカはフローベール、トーマス・マン、ホーフマンスタール等に愛着を抱く様になっており、特にフローベールは、その後、長い間カフカの愛読する作家となった。"
"ブロートとカフカはどちらが年上ですか?"
"Lexical variation (world knowledge)"
{ "text": [ "カフカ" ], "answer_start": [ 267 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-08-001"
"フランツ・カフカ"
"学期中はしばしばドイツ語、チェコ語の演劇を見に出かけた。 また、学期が始まってすぐに学生組織「プラハ・ドイツ学生の読書・談話ホール」(以下「談話ホール」)に入会しており、この組織の主催する朗読会、講演会にもよく参加した。 「談話ホール」は450人の会員ほぼ全てがユダヤ人で、この時、学生委員会の委員長をカフカの又従兄弟にあたるブルーノ・カフカが務めていたが、カフカは彼との交流の跡は残していない。 1902年10月、「談話ホール」を通じて、後にカフカの文学活動に対し、大きな役割を担う事になるマックス・ブロートと知り合う。 ブロートはカフカより1歳年下であったが、当時すでに新進作家として名を成していた。 ブロートは談話ホールの主催で「ショーペンハウアー哲学の運命と未来」と題する講演を行い、この際にニーチェを詐欺師と呼んだ事に対し、カフカが反駁した事が最初の出会いであった。 また、この時期ポラックを介してフランツ・ブレンターノの哲学を信奉するサークルに加わった。 サークルにはベルクマンやブロートも加わっていたが、カフカはその会合にはそれほど熱心ではなかった。 1904年秋にはブロートから盲目の作家オスカー・バウム、哲学生フェーリクス・ヴェルチュを紹介され、週末に4人で集まって自作の原稿を読み合う様になった。 この頃カフカはフローベール、トーマス・マン、ホーフマンスタール等に愛着を抱く様になっており、特にフローベールは、その後、長い間カフカの愛読する作家となった。"
"カフカにオスカー・バウムとフェーリクス・ヴェルチュを紹介した人は誰ですか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "ブロート" ], "answer_start": [ 491 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-09-000"
"フランツ・カフカ"
"1906年6月、大学終了試験に合格。 カフカは試験勉強に苦労し、ブロートに助けられて5人の試験官の内、3人から「可」をもらい、かろうじて試験を通っている。 卒業に先立ち、4月から弁護士リヒャルト・レーヴィの元で無給見習いを始めており、10月からはプラハ地方裁判所にて1年間の司法研修を受けた。 また、この年の夏、長期休暇を利用して、長編にするつもりだった作品『田舎の婚礼準備』の執筆に着手している。 すでに1904年から「ある戦いの記録」の執筆も試みていたが、これらはいずれも未完のまま放棄された。"
"『田舎の婚礼準備』の執筆をスタートさせた年はいつ?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "1906年" ], "answer_start": [ 0 ], "answer_type": [ "Date/Time" ] }
"tr-001-09-001"
"フランツ・カフカ"
"1906年6月、大学終了試験に合格。 カフカは試験勉強に苦労し、ブロートに助けられて5人の試験官の内、3人から「可」をもらい、かろうじて試験を通っている。 卒業に先立ち、4月から弁護士リヒャルト・レーヴィの元で無給見習いを始めており、10月からはプラハ地方裁判所にて1年間の司法研修を受けた。 また、この年の夏、長期休暇を利用して、長編にするつもりだった作品『田舎の婚礼準備』の執筆に着手している。 すでに1904年から「ある戦いの記録」の執筆も試みていたが、これらはいずれも未完のまま放棄された。"
"『田舎の婚礼準備』と「ある戦いの記録」はどちらが先に執筆が開始されましたか?"
"Logical reasoning"
{ "text": [ "「ある戦いの記録」" ], "answer_start": [ 210 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-09-002"
"フランツ・カフカ"
"1906年6月、大学終了試験に合格。 カフカは試験勉強に苦労し、ブロートに助けられて5人の試験官の内、3人から「可」をもらい、かろうじて試験を通っている。 卒業に先立ち、4月から弁護士リヒャルト・レーヴィの元で無給見習いを始めており、10月からはプラハ地方裁判所にて1年間の司法研修を受けた。 また、この年の夏、長期休暇を利用して、長編にするつもりだった作品『田舎の婚礼準備』の執筆に着手している。 すでに1904年から「ある戦いの記録」の執筆も試みていたが、これらはいずれも未完のまま放棄された。"
"カフカを無給見習いとして雇った弁護士とは誰?"
"Lexical variation (synonymy)"
{ "text": [ "リヒャルト・レーヴィ" ], "answer_start": [ 92 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-10-000"
"フランツ・カフカ"
"司法研修を終えたカフカは、母方の叔父アルフレートに推薦を頼み、1907年10月にイタリアの保険会社「アシクラツィオーニ・ジェネラリ(一般保険会社)」のプラハ支店に入社した。 しかし、この伸び盛りの総合保険会社では、毎日10時間の勤務に加え、時間外労働と日曜出勤も加わる等の過酷な労働を強いられた。 その為、入社数ヶ月で別の職場を探し始めている。 1908年8月、有力者であったマックス・ブロートの父親に推薦を頼み、プラハ市内にある半官半民の「労働者傷害保険協会」に職場を移した。 この職場では勤務時間が8時から14時までで昼食を取らずに働くという、当時のハプスブルク家の官僚体制で「単一勤務」と呼ばれていたシステムを取っていた。 その為、残った午後の時間を小説の執筆に当てる事が出来た。 入社に先立って、プラハ商業専門学校で労働者保険講座を受けている。 この時の講師の一部は、労働者傷害保険協会の幹部であり、入社後にカフカの上司となった。 この頃、事故による保険金支払いを抑制する為に、現在、工事現場等で使われている安全ヘルメットを発明した。"
"カフカは誰の伝手で「アシクラツィオーニ・ジェネラリ」に入社しましたか?"
"Lexical variation (synonymy)"
{ "text": [ "アルフレート" ], "answer_start": [ 18 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-10-001"
"フランツ・カフカ"
"司法研修を終えたカフカは、母方の叔父アルフレートに推薦を頼み、1907年10月にイタリアの保険会社「アシクラツィオーニ・ジェネラリ(一般保険会社)」のプラハ支店に入社した。 しかし、この伸び盛りの総合保険会社では、毎日10時間の勤務に加え、時間外労働と日曜出勤も加わる等の過酷な労働を強いられた。 その為、入社数ヶ月で別の職場を探し始めている。 1908年8月、有力者であったマックス・ブロートの父親に推薦を頼み、プラハ市内にある半官半民の「労働者傷害保険協会」に職場を移した。 この職場では勤務時間が8時から14時までで昼食を取らずに働くという、当時のハプスブルク家の官僚体制で「単一勤務」と呼ばれていたシステムを取っていた。 その為、残った午後の時間を小説の執筆に当てる事が出来た。 入社に先立って、プラハ商業専門学校で労働者保険講座を受けている。 この時の講師の一部は、労働者傷害保険協会の幹部であり、入社後にカフカの上司となった。 この頃、事故による保険金支払いを抑制する為に、現在、工事現場等で使われている安全ヘルメットを発明した。"
"「アシクラツィオーニ・ジェネラリ」を辞めて最就職したのはどこですか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "「労働者傷害保険協会」" ], "answer_start": [ 220 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-11-000"
"フランツ・カフカ"
"就職の前後の1908年3月、マックス・ブロートの仲介により、フランツ・ブライの編集する文芸誌『ヒュペーリオン』創刊号にカフカの作品が掲載された。 この時発表したのは『観察』と題する小品8編である。 ちなみに、カフカの文学作品が活字になったのは、これが初めてである。 また、翌年の第8号にも『ある戦いの記録』から抜粋した2編の作品を載せている。 この雑誌の寄稿者には他にカロッサ、デーメル、ホーフマンスタール、ムジール、リルケ等がいた。 この年、11月にブロートが友人を亡くした事をきっかけに彼との仲が深まり、1908年から1912年にかけてはブロートと連れ立って北イタリア、パリ、ヴァイマル等へ頻繁に旅行をしている。 1909年にマックス・ブロートと彼の弟オットー・ブロートと3人で北イタリアへ旅行へ行った際には、その途上でブレシアの町の飛行機ショーを見物した。 カフカは、この体験を元にルポルタージュ「ブレシアの飛行機」を執筆し、日刊紙『ボヘミア』9月26日朝刊に掲載している。 これは飛行機についてドイツ語で書かれた最も早い文章の一つである。"
"カフカの文学作品が初めて掲載された文芸誌の名前は何?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "『ヒュペーリオン』" ], "answer_start": [ 46 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-11-001"
"フランツ・カフカ"
"就職の前後の1908年3月、マックス・ブロートの仲介により、フランツ・ブライの編集する文芸誌『ヒュペーリオン』創刊号にカフカの作品が掲載された。 この時発表したのは『観察』と題する小品8編である。 ちなみに、カフカの文学作品が活字になったのは、これが初めてである。 また、翌年の第8号にも『ある戦いの記録』から抜粋した2編の作品を載せている。 この雑誌の寄稿者には他にカロッサ、デーメル、ホーフマンスタール、ムジール、リルケ等がいた。 この年、11月にブロートが友人を亡くした事をきっかけに彼との仲が深まり、1908年から1912年にかけてはブロートと連れ立って北イタリア、パリ、ヴァイマル等へ頻繁に旅行をしている。 1909年にマックス・ブロートと彼の弟オットー・ブロートと3人で北イタリアへ旅行へ行った際には、その途上でブレシアの町の飛行機ショーを見物した。 カフカは、この体験を元にルポルタージュ「ブレシアの飛行機」を執筆し、日刊紙『ボヘミア』9月26日朝刊に掲載している。 これは飛行機についてドイツ語で書かれた最も早い文章の一つである。"
"『観察』が文芸誌に掲載されたのはいつでしたか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "1908年3月" ], "answer_start": [ 6 ], "answer_type": [ "Date/Time" ] }
"tr-001-11-002"
"フランツ・カフカ"
"就職の前後の1908年3月、マックス・ブロートの仲介により、フランツ・ブライの編集する文芸誌『ヒュペーリオン』創刊号にカフカの作品が掲載された。 この時発表したのは『観察』と題する小品8編である。 ちなみに、カフカの文学作品が活字になったのは、これが初めてである。 また、翌年の第8号にも『ある戦いの記録』から抜粋した2編の作品を載せている。 この雑誌の寄稿者には他にカロッサ、デーメル、ホーフマンスタール、ムジール、リルケ等がいた。 この年、11月にブロートが友人を亡くした事をきっかけに彼との仲が深まり、1908年から1912年にかけてはブロートと連れ立って北イタリア、パリ、ヴァイマル等へ頻繁に旅行をしている。 1909年にマックス・ブロートと彼の弟オットー・ブロートと3人で北イタリアへ旅行へ行った際には、その途上でブレシアの町の飛行機ショーを見物した。 カフカは、この体験を元にルポルタージュ「ブレシアの飛行機」を執筆し、日刊紙『ボヘミア』9月26日朝刊に掲載している。 これは飛行機についてドイツ語で書かれた最も早い文章の一つである。"
"ブレシアでの飛行機ショーを見物した事を、執筆した作品は何ですか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "「ブレシアの飛行機」" ], "answer_start": [ 401 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-12-000"
"フランツ・カフカ"
"1911年11月、カフカはガリツィアからやってきていたイディッシュ語劇団に興味を持ち、カフェで行われていた、この劇団の公演に毎日の様に足を運んだ。 劇団のリーダーである青年イツハク・レーヴィとも親しくなり、彼を家に招いたり、また、公演の為に友人、知人に働きかけて便宜を図る等、公私に渡る深い関わりを持った。 この交流は翌年の春、劇団がドイツへ旅立つまで続き、カフカがユダヤの民族性への意識に目覚めるきっかけとなった。"
"イディッシュ語劇団のリーダーは誰ですか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "イツハク・レーヴィ" ], "answer_start": [ 86 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-13-000"
"フランツ・カフカ"
"1912年8月12日、カフカは初めて出版される作品集『観察』の作品配列について相談する為にブロートの家を訪れ、ここで自動筆記機械の宣伝・販売の仕事をしていた4歳年下のユダヤ人女性フェリーツェ・バウアーと出会った(彼女の従兄弟とブロートの姉とが婚姻関係にあった)。 カフカは、この女性に非常に強い印象を受け、最初の出会いから1ヶ月経った9月末に突然手紙を送り、10月末から両者の間で活発な文通が始まった。 また、最初の手紙を送った2日後の9月22日夜から翌日にかけて短編「判決」を一気に書き上げており、この作品には翌年6月の出版の際に「フェリーツェ・Bに」との献辞が付けられている。 1913年にはイースター休暇の際に初めてベルリンに住む彼女の元を訪れ、11月と聖霊降臨祭の時にもフェリーツェを訪問した。 また、フェリーツェへの手紙では、11月から12月にかけて執筆した『変身』や、その前後に着手していた『失踪者』の進捗状況を逐一知らせている。"
"カフカとフェリーツェはどちらが年上ですか?"
"Lexical variation (world knowledge)"
{ "text": [ "カフカ" ], "answer_start": [ 11 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-13-001"
"フランツ・カフカ"
"1912年8月12日、カフカは初めて出版される作品集『観察』の作品配列について相談する為にブロートの家を訪れ、ここで自動筆記機械の宣伝・販売の仕事をしていた4歳年下のユダヤ人女性フェリーツェ・バウアーと出会った(彼女の従兄弟とブロートの姉とが婚姻関係にあった)。 カフカは、この女性に非常に強い印象を受け、最初の出会いから1ヶ月経った9月末に突然手紙を送り、10月末から両者の間で活発な文通が始まった。 また、最初の手紙を送った2日後の9月22日夜から翌日にかけて短編「判決」を一気に書き上げており、この作品には翌年6月の出版の際に「フェリーツェ・Bに」との献辞が付けられている。 1913年にはイースター休暇の際に初めてベルリンに住む彼女の元を訪れ、11月と聖霊降臨祭の時にもフェリーツェを訪問した。 また、フェリーツェへの手紙では、11月から12月にかけて執筆した『変身』や、その前後に着手していた『失踪者』の進捗状況を逐一知らせている。"
"カフカとフェリーツェの間で活発に行われていた事とは何?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "文通" ], "answer_start": [ 193 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-14-000"
"フランツ・カフカ"
"しかしフェリーツェの家族に会う等して結婚が現実味を帯びてくると、カフカは交際に躊躇する様になり、次第にフェリーツェとの間に溝が出来る様になった。 こじれかけた仲を取り持つ為、フェリーツェの友人グレーテ・ブロッホが仲介に入ると、カフカはフェリーツェよりも彼女に向けて多数の手紙を書く様になった。 1914年6月、フェリーツェと正式に婚約が交わされ、双方の親と共に新居の準備が進められた。 しかし結婚によって執筆が妨げられるという不安が消えず、7月12日、ホテル「アスカニッシャー・ホーフ」にてフェリーツェ、グレーテと会談し、婚約を解消する。 尚、この後もグレーテと頻繁な文通があり、一時親密な関係にあったと推測されている。"
"カフカとフェリーツェの婚約解消の話はどこで行われたの?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "「アスカニッシャー・ホーフ」" ], "answer_start": [ 229 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-14-001"
"フランツ・カフカ"
"しかしフェリーツェの家族に会う等して結婚が現実味を帯びてくると、カフカは交際に躊躇する様になり、次第にフェリーツェとの間に溝が出来る様になった。 こじれかけた仲を取り持つ為、フェリーツェの友人グレーテ・ブロッホが仲介に入ると、カフカはフェリーツェよりも彼女に向けて多数の手紙を書く様になった。 1914年6月、フェリーツェと正式に婚約が交わされ、双方の親と共に新居の準備が進められた。 しかし結婚によって執筆が妨げられるという不安が消えず、7月12日、ホテル「アスカニッシャー・ホーフ」にてフェリーツェ、グレーテと会談し、婚約を解消する。 尚、この後もグレーテと頻繁な文通があり、一時親密な関係にあったと推測されている。"
"カフカとフェリーツェの間を仲介した人は誰?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "グレーテ・ブロッホ" ], "answer_start": [ 96 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-15-000"
"フランツ・カフカ"
"婚約破棄の直後、カフカはバルト海の保養地へ友人エルンスト・ヴァイスと共に旅行に出かけている。 この時カフカはヴァイスに励まされ、初めて勤めを辞めて小説で身を立てる事を考えた。 両親にもその決意を手紙で知らせているが、この計画は間もなく勃発した第一次世界大戦により阻害された。 カフカは傷害保険協会からの申請によって徴兵を免れており、また、当時の日記には執筆中の『審判』に関する記述がほとんどで、カフカの戦争への言及は少ない。 1915年1月末、経緯は定かではないが、カフカはボーデンバッハの町でフェリーツェと再会し、再び彼女と交際する様になった。 翌年7月にはマリーエンバートの保養地で10日間を2人で過ごし、11月にカフカがミュンヘンの書店で「流刑地にて」の朗読を行なった際にはフェリーツェも朗読会に訪れている。 1917年7月、フェリーツェと2度目の婚約を交わす。 しかし勤務と長時間の執筆による無理がたたり、8月に喀血。 9月に肺結核と診断され、12月末、病気を理由に再び婚約を解消する。"
"カフカが再度フェリーツェと婚約したのはいつ?"
"Lexical variation (synonymy)"
{ "text": [ "1917年7月" ], "answer_start": [ 358 ], "answer_type": [ "Date/Time" ] }
"tr-001-15-001"
"フランツ・カフカ"
"婚約破棄の直後、カフカはバルト海の保養地へ友人エルンスト・ヴァイスと共に旅行に出かけている。 この時カフカはヴァイスに励まされ、初めて勤めを辞めて小説で身を立てる事を考えた。 両親にもその決意を手紙で知らせているが、この計画は間もなく勃発した第一次世界大戦により阻害された。 カフカは傷害保険協会からの申請によって徴兵を免れており、また、当時の日記には執筆中の『審判』に関する記述がほとんどで、カフカの戦争への言及は少ない。 1915年1月末、経緯は定かではないが、カフカはボーデンバッハの町でフェリーツェと再会し、再び彼女と交際する様になった。 翌年7月にはマリーエンバートの保養地で10日間を2人で過ごし、11月にカフカがミュンヘンの書店で「流刑地にて」の朗読を行なった際にはフェリーツェも朗読会に訪れている。 1917年7月、フェリーツェと2度目の婚約を交わす。 しかし勤務と長時間の執筆による無理がたたり、8月に喀血。 9月に肺結核と診断され、12月末、病気を理由に再び婚約を解消する。"
"フェリーツェと再び婚約を解消した原因は、カフカが何を患ったから?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "肺結核" ], "answer_start": [ 417 ], "answer_type": [ "Cause" ] }
"tr-001-16-000"
"フランツ・カフカ"
"結核を発症したカフカは1917年9月に長期休暇を取り、療養の為、妹のオットラが農地を借りていた小村チェーラウに移り、ここに8ヶ月間滞在した。 チェーラウではチェコ語やフランス語の本を多く読み、キルケゴールの自伝的著作に親しんだ。 また、ヘブライ語の勉強も、この時期に始めている。 10月末からはノートに一連のアフォリズム風の短文を書き始めており、これはカフカの死後、ブロートによって『罪、苦悩、希望、真実の道についての考察』の題で刊行された。 日中は散歩や日光浴を楽しみ、ここでの田舎生活は後に書かれる『城』に反映される事になった。 妹オットラと共に過ごしたチェーラウでの8ヶ月間を、カフカは後に「自分の人生で最もやすらぎに満ちていた時」と述べている。"
"カフカはどこで長期休暇を取りましたか?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "チェーラウ" ], "answer_start": [ 49 ], "answer_type": [ "Location" ] }
"tr-001-16-001"
"フランツ・カフカ"
"結核を発症したカフカは1917年9月に長期休暇を取り、療養の為、妹のオットラが農地を借りていた小村チェーラウに移り、ここに8ヶ月間滞在した。 チェーラウではチェコ語やフランス語の本を多く読み、キルケゴールの自伝的著作に親しんだ。 また、ヘブライ語の勉強も、この時期に始めている。 10月末からはノートに一連のアフォリズム風の短文を書き始めており、これはカフカの死後、ブロートによって『罪、苦悩、希望、真実の道についての考察』の題で刊行された。 日中は散歩や日光浴を楽しみ、ここでの田舎生活は後に書かれる『城』に反映される事になった。 妹オットラと共に過ごしたチェーラウでの8ヶ月間を、カフカは後に「自分の人生で最もやすらぎに満ちていた時」と述べている。"
"チェーラウでの8ヶ月間の療養生活は何の作品に反映されましたか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "『城』" ], "answer_start": [ 251 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-17-000"
"フランツ・カフカ"
"1918年4月末、カフカはプラハに戻り職場に復帰するが、これ以降は長期療養と職場復帰とを何度も繰り返す事になる。 この年11月にはスペイン風邪にかかり、治りかけていた肺に大きな打撃を与える事になった。 この時は医師の勧めに従ってシュレーゼンの保養地に出かけ、翌年4月まで滞在した。 カフカはここで、同じく肺を病んで療養中だった4歳年下のユダヤ人女性ユーリエ・ヴォリツェクと出会い、交際を始めている。 4月には彼女と婚約するが、貧しい家柄を嫌った父ヘルマンから猛反対を受けた。 カフカは父との関係改善を図り、11月から12月半ばまで再びシュレーゼンに滞在した時に、長文の「父への手紙」を書いている。 しかしこれは、受け取った母親の判断で父の手には渡らなかった。 ユーリエとの結婚の目途が立たないまま、カフカは1920年からチェコ人のジャーナリスト・翻訳家でユダヤ人の夫を持つミレナ・イェセンスカと親しくなった。 彼女がカフカの「火夫」をチェコ語に翻訳したいと申し出たのがきっかけで(これはカフカ作品の最初の翻訳であった)、文通を通じて親しい交際が始まり、7月にはユーリエとの婚約を解消した。 しかしミレナは夫と別れる決心が付かず、彼女との仲も次第に冷えていった。"
"カフカがプラハに戻って患った流行り病とは何だったの?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "スペイン風邪" ], "answer_start": [ 65 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-17-001"
"フランツ・カフカ"
"1918年4月末、カフカはプラハに戻り職場に復帰するが、これ以降は長期療養と職場復帰とを何度も繰り返す事になる。 この年11月にはスペイン風邪にかかり、治りかけていた肺に大きな打撃を与える事になった。 この時は医師の勧めに従ってシュレーゼンの保養地に出かけ、翌年4月まで滞在した。 カフカはここで、同じく肺を病んで療養中だった4歳年下のユダヤ人女性ユーリエ・ヴォリツェクと出会い、交際を始めている。 4月には彼女と婚約するが、貧しい家柄を嫌った父ヘルマンから猛反対を受けた。 カフカは父との関係改善を図り、11月から12月半ばまで再びシュレーゼンに滞在した時に、長文の「父への手紙」を書いている。 しかしこれは、受け取った母親の判断で父の手には渡らなかった。 ユーリエとの結婚の目途が立たないまま、カフカは1920年からチェコ人のジャーナリスト・翻訳家でユダヤ人の夫を持つミレナ・イェセンスカと親しくなった。 彼女がカフカの「火夫」をチェコ語に翻訳したいと申し出たのがきっかけで(これはカフカ作品の最初の翻訳であった)、文通を通じて親しい交際が始まり、7月にはユーリエとの婚約を解消した。 しかしミレナは夫と別れる決心が付かず、彼女との仲も次第に冷えていった。"
"シュレーゼンの保養地で出会ったユダヤ人女性とは誰?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "ユーリエ・ヴォリツェク" ], "answer_start": [ 174 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-18-000"
"フランツ・カフカ"
"1922年7月、勤務が不可能になり、労働者傷害保険協会を退職、年金生活者となった。 1923年7月、妹のエリ一家と共にバルト沿岸のミューリツに滞在、ここで最後の恋人となるドーラ・ディアマントと出会う。 ドーラはポーランドのハシディズム信者の家庭に生まれた当時25歳の女性で、この時ミューリツのユダヤ民族ホームに勤めていた。 その後、親しい手紙のやり取りがあり、9月末にベルリンで再会、敗戦によるインフレーションで混乱の最中にあったベルリンで共同生活を始めた。 しかし生活が困窮する中で病状が急激に悪化し、翌年3月、叔父ジークフリートから説得を受け、ドーラとマックス・ブロートに付き添われながらプラハの実家に戻った。"
"カフカとドーラ・ディアマントとの出会いはいつでしたか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "1923年7月" ], "answer_start": [ 42 ], "answer_type": [ "Date/Time" ] }
"tr-001-18-001"
"フランツ・カフカ"
"1922年7月、勤務が不可能になり、労働者傷害保険協会を退職、年金生活者となった。 1923年7月、妹のエリ一家と共にバルト沿岸のミューリツに滞在、ここで最後の恋人となるドーラ・ディアマントと出会う。 ドーラはポーランドのハシディズム信者の家庭に生まれた当時25歳の女性で、この時ミューリツのユダヤ民族ホームに勤めていた。 その後、親しい手紙のやり取りがあり、9月末にベルリンで再会、敗戦によるインフレーションで混乱の最中にあったベルリンで共同生活を始めた。 しかし生活が困窮する中で病状が急激に悪化し、翌年3月、叔父ジークフリートから説得を受け、ドーラとマックス・ブロートに付き添われながらプラハの実家に戻った。"
"カフカがドーラ・ディアマントと出会った当初、彼女は何歳でしたか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "25歳" ], "answer_start": [ 129 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-19-000"
"フランツ・カフカ"
"1923年4月、ウィーン大学付属病院に入院、4月末からウィーン郊外のキーアリングにあるサナトリウムに移る。 病床のカフカにはドーラと共に、晩年に親しくなった医学生の青年ローベルト・クロップシュトックが付き添い、マックス・ブロートが見舞いに訪れた。 咽頭結核にかかっていたカフカは会話を禁じられ、彼らとは筆談で会話を行っている。 1924年6月3日、同地で死去。 41歳の誕生日の一ヶ月前であった。 遺体はプラハに送られ、この地のユダヤ人墓地に埋葬された。"
"カフカが亡くなったのはいつでしたか?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "1924年6月3日" ], "answer_start": [ 164 ], "answer_type": [ "Date/Time" ] }
"tr-001-20-000"
"フランツ・カフカ"
"生前のカフカについては友人、知人たちによる多くの証言が残っている。 それらによればカフカは至って物静かで目立たない人物であった。 人の集まる場では大抵聞き役に回り、たまに意見を求められるとユーモアを混じえ、時には比喩を借りて話し、意見を言い終わると、また聞き役に戻った。 職場では常に礼儀正しく、上司や同僚にも愛され、敵は誰一人いなかった。 掃除婦に会った際にも挨拶を返すだけでなく、相手の健康や生活を案じるような一言二言を必ず付け加えたという。 掃除婦の一人はカフカについて「あの方は、ほかのどの同僚とも違っていました。まるきり別の人でした」と話している。 晩年は年少者の人の相談や対話の相手をする事も多く、1919年にサナトリウムで出会った少女ミンツェ・アイスナーとは死の年まで文通が続いた。 1920年には職場の同僚の息子で作家志望の青年であったグスタフ・ヤノーホと知り合い、後々まで彼の対話の相手となった。 ヤノーホは後に、この体験を回想して『カフカとの対話』(1951年)を執筆し、後のカフカ受容に影響を与える事になる。 1921年からは16歳年下の医学生ローベルト・クロプシュトックとも親しくなり、作家に憧れて進路に悩んでいた彼の相談相手になった。"
"『カフカとの対話』の著者のフルネームは何?"
"Multiple sentence reasoning"
{ "text": [ "グスタフ・ヤノーホ" ], "answer_start": [ 376 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-20-001"
"フランツ・カフカ"
"生前のカフカについては友人、知人たちによる多くの証言が残っている。 それらによればカフカは至って物静かで目立たない人物であった。 人の集まる場では大抵聞き役に回り、たまに意見を求められるとユーモアを混じえ、時には比喩を借りて話し、意見を言い終わると、また聞き役に戻った。 職場では常に礼儀正しく、上司や同僚にも愛され、敵は誰一人いなかった。 掃除婦に会った際にも挨拶を返すだけでなく、相手の健康や生活を案じるような一言二言を必ず付け加えたという。 掃除婦の一人はカフカについて「あの方は、ほかのどの同僚とも違っていました。まるきり別の人でした」と話している。 晩年は年少者の人の相談や対話の相手をする事も多く、1919年にサナトリウムで出会った少女ミンツェ・アイスナーとは死の年まで文通が続いた。 1920年には職場の同僚の息子で作家志望の青年であったグスタフ・ヤノーホと知り合い、後々まで彼の対話の相手となった。 ヤノーホは後に、この体験を回想して『カフカとの対話』(1951年)を執筆し、後のカフカ受容に影響を与える事になる。 1921年からは16歳年下の医学生ローベルト・クロプシュトックとも親しくなり、作家に憧れて進路に悩んでいた彼の相談相手になった。"
"カフカが亡くなる年まで行っていた文通の相手は誰?"
"Lexical variation (synonymy)"
{ "text": [ "ミンツェ・アイスナー" ], "answer_start": [ 324 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-20-002"
"フランツ・カフカ"
"生前のカフカについては友人、知人たちによる多くの証言が残っている。 それらによればカフカは至って物静かで目立たない人物であった。 人の集まる場では大抵聞き役に回り、たまに意見を求められるとユーモアを混じえ、時には比喩を借りて話し、意見を言い終わると、また聞き役に戻った。 職場では常に礼儀正しく、上司や同僚にも愛され、敵は誰一人いなかった。 掃除婦に会った際にも挨拶を返すだけでなく、相手の健康や生活を案じるような一言二言を必ず付け加えたという。 掃除婦の一人はカフカについて「あの方は、ほかのどの同僚とも違っていました。まるきり別の人でした」と話している。 晩年は年少者の人の相談や対話の相手をする事も多く、1919年にサナトリウムで出会った少女ミンツェ・アイスナーとは死の年まで文通が続いた。 1920年には職場の同僚の息子で作家志望の青年であったグスタフ・ヤノーホと知り合い、後々まで彼の対話の相手となった。 ヤノーホは後に、この体験を回想して『カフカとの対話』(1951年)を執筆し、後のカフカ受容に影響を与える事になる。 1921年からは16歳年下の医学生ローベルト・クロプシュトックとも親しくなり、作家に憧れて進路に悩んでいた彼の相談相手になった。"
"グスタフ・ヤノーホとローベルト・クロプシュトックのうち、カフカと先に出会ったのは誰ですか?"
"Logical reasoning"
{ "text": [ "グスタフ・ヤノーホ" ], "answer_start": [ 376 ], "answer_type": [ "Person" ] }
"tr-001-21-000"
"フランツ・カフカ"
"カフカは就職した後も長い間、両親の家を生活の場としていた。 勤めは8時から14時までで、仮眠を挟んで夜の時間を小説の執筆に当てている。 食事は健康を考えて菜食主義を摂り、両親と共に食事をする際には心配する母親を気遣って少量の肉を口にしたものの、それ以外はパンや野菜、果物を中心とした食事を摂っていた。 また、体操、散歩を日課にし、時にはマックス・ブロートと連れ立ってプラハの町を歩いて回り、この街の路地や建物を知悉していた。 趣味としてはスポーツを好み、ギムナジウム時代にはボートを漕ぎ、大学ではテニスをし、勤めを持ってからも度々市民プールに水泳に出かけた。 晩年には北部のサナトリウムでスキーにも興じている。 また、当時誕生したばかりの産業であった映画を好んで見に出かけており、日記や手紙に感想を記していた(カフカの初期の作品『田舎の婚礼準備』や『失踪者』の風景描写、語りの構造等には、しばしば映画からの影響も指摘されている)。 長期休暇には学生時代から好んで各地のサナトリウムを訪れており、ここで様々な健康法、療養法を見聞きし、しばしば、つかの間の恋愛も体験した。 晩年にはこれが病気療養を兼ねる事になる。"
"カフカが大学時代に趣味としていたスポーツは何?"
"Lexical variation (synonymy)"
{ "text": [ "テニス" ], "answer_start": [ 248 ], "answer_type": [ "Object" ] }
"tr-001-22-000"
"フランツ・カフカ"
"1915年には初めて家を借り、結核を発病するまで一人で暮らした(もっとも食事は家族と取っていた)。 1916年末には夜間の執筆の為、妹オットラが借りた錬金術通りにある部屋に通い、翌年にかけて「田舎医者」等の一連の作品をここで執筆した。 1917年から借りていたシェーンボルン地区の家には暖房がなく、外套を着込み、足に布団を包んで寒さに耐えながらの執筆であった。 夜半から夜明けまでかかる事もしばしばあり、こうした無理な生活がたたったものとして、カフカは自身の結核を「自ら招き寄せた病」と呼んだ。"
"「田舎医者」の執筆を始めた時期は?"
"Lexical variation (world knowledge)"
{ "text": [ "1916年末" ], "answer_start": [ 50 ], "answer_type": [ "Date/Time" ] }
"tr-001-22-001"
"フランツ・カフカ"
"1915年には初めて家を借り、結核を発病するまで一人で暮らした(もっとも食事は家族と取っていた)。 1916年末には夜間の執筆の為、妹オットラが借りた錬金術通りにある部屋に通い、翌年にかけて「田舎医者」等の一連の作品をここで執筆した。 1917年から借りていたシェーンボルン地区の家には暖房がなく、外套を着込み、足に布団を包んで寒さに耐えながらの執筆であった。 夜半から夜明けまでかかる事もしばしばあり、こうした無理な生活がたたったものとして、カフカは自身の結核を「自ら招き寄せた病」と呼んだ。"
"1917年からはどこの家を借りましたか?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "シェーンボルン地区" ], "answer_start": [ 130 ], "answer_type": [ "Location" ] }
"tr-002-00-000"
"パウル・フォン・ヒンデンブルク"
"パウル・ルートヴィヒ・ハンス・アントン・フォン・ベネッケンドルフ・ウント・フォン・ヒンデンブルク(PaulLudwigHansAntonvonBeneckendorffundvonHindenburg、1847年10月2日-1934年8月2日)は、ドイツの軍人、政治家である。軍人としての最後の階級は元帥である。ドイツ国(ヴァイマル共和政)第2代大統領(在任:1925年-1934年)を務めた。"
"パウル・ルートヴィヒ・ハンス・アントン・フォン・ベネッケンドルフ・ウント・フォン・ヒンデンブルクは、どの国の者なの?"
"Syntactic variation"
{ "text": [ "ドイツ" ], "answer_start": [ 124 ], "answer_type": [ "Location" ] }
"tr-002-00-001"
"パウル・フォン・ヒンデンブルク"
"パウル・ルートヴィヒ・ハンス・アントン・フォン・ベネッケンドルフ・ウント・フォン・ヒンデンブルク(PaulLudwigHansAntonvonBeneckendorffundvonHindenburg、1847年10月2日-1934年8月2日)は、ドイツの軍人、政治家である。軍人としての最後の階級は元帥である。ドイツ国(ヴァイマル共和政)第2代大統領(在任:1925年-1934年)を務めた。"
"パウル・ルートヴィヒ・ハンス・アントン・フォン・ベネッケンドルフ・ウント・フォン・ヒンデンブルクの職業としては、軍人と何があげられていますか?"
"Lexical variation (world knowledge)"
{ "text": [ "政治家" ], "answer_start": [ 131 ], "answer_type": [ "Object" ] }
End of preview (truncated to 100 rows)