Dataset Preview
R3ID (string)ja_title_provisional_translate (string)original_title (string)published_year (int)journal_title (string)source (string)daikinrin_url (string)tags (string)R3summary_1 (string)R3summary_2 (string)R3summary_3 (string)species_reported (string)species_compared (string)taxon_reported (string)
R3-09771
ニュージーランド産の2種の見過ごされてきた地衣類、新組み合わせPannaria crispellaおよびP. campbelliana
Pannaria crispella comb. nov. and P. campbelliana Hue, two overlooked lichens from New Zealand
2,022
Australasian Lichenology
https://www.anbg.gov.au/abrs/lichenlist/Australasian_Lichenology.html
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89pannaria-crispella-comb-nov-and-p-campbelliana-hue-two-overlooked-lichens-from-new-zealand/
2022年の論文/published in 2022, Australasian Lichenology, アルゴプシン類/argopsins, シアノビオント/cyanobiont, タイプスタディ/type study, デプシド類/depsides, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ニュージーランド/New Zealand, パンナリン類/pannarins, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, マキ属/Podocarpus, マキ科/Podocarpaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 優先権/priority, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 固有種/endemic species, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 鱗片状地衣/squamulose lichen
Pannaria implexaと同種と考えられていたニュージーランド産のPsoroma sphinctrinum var. crispellumを再検討した。
本変種が当該種と別種であることを示し、本種を新組み合わせPa. crispellaとした。
また、同じくPa. implexaと同種と考えられていたPa. campbellianaを検討し、やはり別種とする先行研究の主張が裏付けられた。
Pannaria campbelliana / Pannaria crispella▲
Pannaria byssoidea / Pannaria campbelliana / Pannaria crispella / Pannaria implexa
Collematineae, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ツメゴケ目/Peltigerales, ハナビラゴケ科/Pannariaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09770
ポーランド産の中新世の陸生-水生材生息性子嚢菌、Potamomyces
Terrestrial-aquatic wood-inhabiting ascomycete Potamomyces from the Miocene of Poland
2,022
Acta Palaeontologica Polonica
https://www.app.pan.pl/archive/published/app67/app009762022.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89terrestrial-aquatic-wood-inhabiting-ascomycete-potamomyces-from-the-miocene-of-poland/
2022年の論文/published in 2022, Acta Palaeontologica Polonica, ポーランド/Poland, 中新世/Miocene, 化石菌類/fossil fungi, 新生代/Cenozoic, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 水辺/waterside, 湿地帯/wetland, 絶滅種/extinct species, 腐生菌/saprobe
ポーランド産の4ヶ所の中新世産地において花粉学的研究を実施し、Potamomyces属菌の子嚢胞子を発見した。
この胞子は絶滅種の3種および現生種のP. armatisporusに類似していたが、サイズや疣の数が異なっていた。
Potamomyces属菌が古環境・古気候の再構築において有用かつ信頼可能であることを確かめた。
Potamomyces
クロイボタケ亜綱/Dothideomycetidae, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09769
韓国産の気中水生菌の新種、Mitrula aurea
Mitrula aurea sp. nov., A New Aero-Aquatic Species from the Republic of Korea
2,022
Mycobiology
https://www.tandfonline.com/doi/pdf/10.1080/12298093.2022.2097770
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89mitrula-aurea-sp-nov-a-new-aero-aquatic-species-from-the-republic-of-korea/
2022年の論文/published in 2022, Mycobiology, フェノロジー/phenology, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 地理的分布/geographical distribution, 忠清北道/Chungcheongbuk-do, 新種記載/new species, 気中水生菌/aero-aquatic fungi, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 韓国/South Korea
韓国忠清北道の小川に発生した菌を検討し、Mitrula aureaとして新種記載した。
本種は当初M. paludosaとして報告されたが顕微鏡的形質が僅かに異なり、分子系統解析でも異なる系統を形成した。
本種はM. elegansとも形態的に類似していたが、地理的分布や発生時期、分子系統解析などで区別された。
Mitrula aurea★
Mitrula elegans / Mitrula paludosa
Mitrulaceae, ズキンタケ亜綱/Leotiomycetidae, ズキンタケ綱/Leotiomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ビョウタケ目/Helotiales, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09768
中国海南省産の新種Terriera transversa
Terriera transversa sp. nov. from Hainan, China
2,015
Mycotaxon
https://www.ingentaconnect.com/content/mtax/mt/2015/00000130/00000003/art00038
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89terriera-transversa-sp-nov-from-hainan-china/
2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, タコノキ属/Pandanus, タコノキ科/Pandanaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 凍結切片/frozen section, 切片/section, 帯線/zone line, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 葉面菌/leaf surface fungi
中国海南省においてタコノキ属の一種の枯れ葉に発生した菌を検討し、Terriera transversaとして新種記載した。
本種は子嚢果が深く埋生し、子嚢頂部が截断状であることなどで特徴づけられた。
中国の熱帯雨林からのTerriera属地衣の報告は初となった。
Terriera transversa★
Terriera cladophila / Terriera minor / Terriera simplex
ズキンタケ亜綱/Leotiomycetidae, ズキンタケ綱/Leotiomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, リティスマ目/Rhytismatales, リティスマ科/Rhytismataceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09767
頻回の角膜掻爬により診断されたPlectosphaerella cucumerinaによる真菌性角膜炎の稀な症例:症例報告
A Rare Case of Fungal Keratitis Caused by Plectosphaerella cucumerina Diagnosed With Repeated Corneal Scrapings: A Case Report
2,022
Cureus
https://assets.cureus.com/uploads/case_report/pdf/101100/20220803-25321-cbl6ff.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-rare-case-of-fungal-keratitis-caused-by-plectosphaerella-cucumerina-diagnosed-with-repeated-corne/
2022年の論文/published in 2022, Cureus, M38-A2, MIC, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, アナモルフ菌/anamorphic fungi, グロコット染色/Grocott staining, ヒト病原菌/human pathogen, 分子同定/molecular identification, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 日本/Japan, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 組織染色/histological stain, 臨床検体/clinical specimens, 蛍光染色/fluorescent staining, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscope, 角膜炎/keratitis, 配列決定/sequencing
Plectosphaerella cucumerinaによる角膜炎を発症した82歳女性の症例を報告した。
初回の角膜掻爬からの培養検査とPCR検査では病原菌の同定に至らなかったが、頻回の培養検査により同定された。
感染はMIC低値が示されたボリコナゾールによる治療後に最終的に治癒したが、角膜に瘢痕が残存し、視力の転帰も不良であった。
Plectosphaerella cucumerina
グロメレラ目/Glomerellales, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, プレクトスフェレラ科/Plectosphaerellaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09766
タイにおいてバショウ属植物に発生した新種Smaragdiniseta musaeおよびAlbifimbria verrucariaの系統分類
Taxonomy and phylogeny of Smaragdiniseta musae sp. nov. and Albifimbria verrucaria (Hypocreales, Stachybotryaceae) on Musa from Thailand
2,022
Biodiversity Data Journal
https://bdj.pensoft.net/article/89360/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89taxonomy-and-phylogeny-of-smaragdiniseta-musae-sp-nov-and-albifimbria-verrucaria-hypocreales-st/
2022年の論文/published in 2022, Biodiversity Data Journal, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンラーイ県/Chiang Rai, バショウ属/Musa, バショウ科/Musaceae, リター菌/litter fungi, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 生物農薬/biopesticide, 腐生菌/saprobe
タイ、チエンラーイ県においてバショウ属植物の葉に発生した腐生菌の一種を検討し、Smaragdiniseta musaeとして新種記載した。
本種はスポロドキアが杯形で周縁部に多数の剛毛を伴い、分生子形成細胞がフィアライドで、分生子が無色であることなどで特徴づけられた。
また、Albifimbria verrucariaをタイ新産種として報告した。
Albifimbria verrucaria■ / Smaragdiniseta musae★
Smaragdiniseta bisetosa
スタキボトリス科/Stachybotryaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09765
中国においてスイカに炭疽病を引き起こすColletotrichum属菌
Colletotrichum Species Associated with Anthracnose Disease of Watermelon (Citrullus lanatus) in China
2,022
Journal of Fungi
https://www.mdpi.com/2309-608X/8/8/790
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89colletotrichum-species-associated-with-anthracnose-disease-of-watermelon-citrullus-lanatus-in-chi/
2022年の論文/published in 2022, GCPSR, Journal of Fungi, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウリ科/Cucurbitaceae, コッホの原則/Koch_s postulation, スイカ属/Citrullus, バイオアッセイ/bioassay, リニアグロース/linear growth, 中国/China, 優占種/dominant species, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分離頻度/isolation frequency, 単胞子分離/single spore isolation, 吉林省/Jilin, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 江蘇省/Jiangsu, 江西省/Jiangxi, 河北省/Hebei, 河南省/Henan, 浙江省/Zhejiang, 海南省/Hainan, 湖北省/Hubei, 炭疽病/anthracnose, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 病原力/virulence, 統計解析/statistical analysis, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complex, 遼寧省/Liaoning
中国においてスイカから計526菌株を分離し、形態学的検討および分子系統解析を実施した。
Colletotrichum citrulliなど3新種を記載したほか、12種のColletotrichum属既知種を同定した。
接種試験で全ての分離菌株の病原性を確かめ、8種についてスイカを新宿主として報告した。
Colletotrichum aenigma / Colletotrichum chlorophyti / Colletotrichum citrulli★ / Colletotrichum fructicola / Colletotrichum jiangxiense / Colletotrichum kaifengense★ / Colletotrichum nigrum / Colletotrichum nymphaeae / Colletotrichum plurivorum / Colletotrichum qilinense★ / Colletotrichum sojae
Colletotrichum magnum / Colletotrichum nanhuaensis
グロメレラ目/Glomerellales, グロメレラ科/Glomerellaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09764
ニュージーランド産の新種Cortinarius atropileatus
Cortinarius atropileatus sp. nov. (Cortinariaceae) from New Zealand
2,018
New Zealand Journal of Botany
https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/0028825X.2018.1548493?journalCode=tnzb20
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89cortinarius-atropileatus-sp-nov-cortinariaceae-from-new-zealand/
2018年の論文/published in 2018, New Zealand Journal of Botany, オタゴ地方/Otago, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ニュージーランド/New Zealand, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 統計解析/statistical analysis, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM
ニュージーランドで採集された菌を検討し、Cortinarius atropileatusとして新種記載した。
本種はナンキョクブナ属樹木と関係を持ち、形態的にはC. dulciolensに非常に類似していたが、担子胞子のサイズが有意に異なっていたほか、表皮菌糸の結晶やクランプの程度も異なっていた。
分子系統解析でも、本種は当該種と同じDulciolentes節に含まれ、未記載のシクエストレート菌と姉妹群を形成した。
Cortinarius atropileatus★
Cortinarius dulciolens
ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, フウセンタケ科/Cortinariaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09763
タイにおいてマンゴーに生じたサーコスポロイド菌の新種
New Species of Cercosporoid on Mango in Thailand
2,022
Chiang Mai Journal of Science
https://epg.science.cmu.ac.th/ejournal/journal-detail.php?id=11642
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89new-species-of-cercosporoid-on-mango-in-thailand/
2022年の論文/published in 2022, Chiang Mai Journal of Science, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウルシ科/Anacardiaceae, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, マンゴー属/Mangifera, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungi
タイ、チエンマイ県においてマンゴーから分離されたサーコスポロイド菌を検討し、Pseudocercospora mangiferaeとして新種記載した。
本種は顕著な子座を形成し、マンゴーを宿主とする他の同属菌とは子座、分生子柄、分生子などの形態が異なっていた。
マンゴーに発生したPseudocercospora属菌のタイからの報告は初となった。
Pseudocercospora mangiferae★
Pseudocercospora mangifericola
カプノディウム目/Capnodiales, クロイボタケ亜綱/Dothideomycetidae, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, マイコスフェレラ科/Mycosphaerellaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09762
カカオ天狗巣病の病原菌に寄生する新種Trichoderma stromaticum
Trichoderma stromaticum sp. nov., a parasite of the cacao witches broom pathogen
2,000
Mycological Research
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0953756208603792
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89trichoderma-stromaticum-sp-nov-a-parasite-of-the-cacao-witches-broom-pathogen/
2000年の論文, Mycological Research, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カカオ属/Theobroma, パラー州/Pará, ブラジル/Brazil, ロンドニア州/Rondonia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 天狗巣病/witches’ broom, 寄生菌/parasite, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 温度適性/temperature aptitude, 生物農薬/biopesticide, 菌寄生菌/mycoparasite, 誤同定/misidentification
ブラジルにおいて天狗巣病に感染したカカオから分離された菌を検討し、Trichoderma stromaticumとして新種記載した。
本種は分生子が徐々に黄緑色になり、フィアライドがPachybasidium型であることなどで特徴づけられた。
分子系統解析ではT. harzianumおよびT. virensとの類縁性が示された。
Trichoderma stromaticum★
Trichoderma polysporum / Trichoderma viride
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, ニクザキン科/Hypocreaceae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09761
Erysiphe aquilegiaeクレードに属するウマノスズクサに発生したうどんこ病菌の新種、Erysiphe ruyongzhengiana
Erysiphe ruyongzhengiana sp. nov., a new powdery mildew species on Aristolochia debilis, belonging to the Erysiphe aquilegiae clade
2,022
Mycoscience
https://www.jstage.jst.go.jp/article/mycosci/63/4/63_MYC579/_html/-char/ja
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89erysiphe-ruyongzhengiana-sp-nov-a-new-powdery-mildew-species-on-aristolochia-debilis-belonging/
2022年の論文/published in 2022, Mycoscience, TreeBASE, うどんこ病/powdery mildew, ウマノスズクサ属/Aristolochia, ウマノスズクサ科/Aristolochiaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 固有種/endemic species, 寄生菌/parasite, 山東省/Shandong, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 江蘇省/Jiangsu, 葉面菌/leaf surface fungi
中国の江蘇省および山東省においてウマノスズクサに発生したうどんこ病菌の一種を検討し、Erysiphe ruyongzhengianaとして新種記載した。
本種は分生子柄の脚細胞が基部において直線状または屈曲し、閉子嚢殻に多数の付属糸を有することなどで特徴づけられた。
本種は分子系統解析ではE. aquilegiaeクレードにおいて独自の系統を形成した。
Erysiphe ruyongzhengiana★
Erysiphe aquilegiae / Erysiphe macleayae
ウドンコカビ目/Erysiphales, ウドンコカビ科/Erysiphaceae, ズキンタケ亜綱/Leotiomycetidae, ズキンタケ綱/Leotiomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09760
トルコ新産の科、ガレロプシス科
Galeropsidaceae, A New Family for the Mycobiota of Turkey
2,000
Turkish Journal of Botany
https://journals.tubitak.gov.tr/botany/vol24/iss3/5/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89galeropsidaceae-a-new-family-for-the-mycobiota-of-turkey/
2000年の論文, Turkish Journal of Botany, サムスン県/Samsun, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey
Galeropsis lateritiaをトルコ新産種として報告した。
ガレロプシス科のトルコからの報告は初となった。
本種はトルコにおいてはサムスン県の草地に発生し、肉眼的・顕微鏡的形態を基に同定された。
Galeropsis lateritia■
オキナタケ科/Bolbitiaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09759
新属新種Mauritiana rhizophoraeおよび陸上生腐生性マングローブ菌の一覧
Mauritiana rhizophorae gen. et sp. nov. Ascomycetes, Requienellaceae, with a list of terrestrial saprobic mangrove fungi
2,000
Fungal Diversity
https://www.fungaldiversity.org/fdp/sfdp/FD_4_101-116.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89mauritiana-rhizophorae-gen-et-sp-nov-ascomycetes-requienellaceae-with-a-list-of-terrestrial-sa/
2000年の論文, Fungal Diversity, ヒルギ科/Rhizophoraceae, マングローブ林/mangrove forest, モーリシャス/Mauritius, ヤエヤマヒルギ属/Rhizophora, リヴィエール・デュ・ランパール県, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 沿岸域/coastal area, 異隔壁/distoseptum, 腐生菌/saprobe
モーリシャスにおいてヤエヤマヒルギ属樹木に発生した菌を検討し、新属新種Mauritiana rhizophoraeとして記載した。
本種は子嚢果が埋生する点や子嚢、子嚢胞子、偽側糸の形態から狭義のサネゴケ目に含まれた。
本種の系統関係は不明であるが、子嚢胞子や偽側糸の形態からRequienella属に近縁とみられた。
Mauritiana rhizophorae★
クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ハロッティア科/Halotthiaceae, プレオスポラ亜綱/Pleosporomycetidae, プレオスポラ目/Pleosporales, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09758
ゴーラクプル地区産材生息性大型菌類の多様性
Diversity of some wood inhabiting macrofungi from Gorakhpur district
2,017
NeBIO
http://nebio.in/wp-content/uploads/2017/03/NeBIO_8_01_9.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89diversity-of-some-wood-inhabiting-macrofungi-from-gorakhpur-district/
2017年の論文/published in 2017, NeBIO, イチジク属/Ficus, インド/India, ウッタル・プラデーシュ州/Uttar Pradesh, クワ科/Moraceae, 寄生菌/parasite, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitation
インド、ウッタル・プラデーシュ州のゴーラクプル地区において材生息性大型菌類の多様性を調査し、10科17属20種を同定した。
最も多かった科はサルノコシカケ科で7種が含まれた。
各種について記載文、標本情報などを掲載した。
Abortiporus biennis / Ascocoryne sarcoides / Auricularia mesenterica / Clavulinopsis laeticolor / Coltricia cinnamomea / Favolaschia pustulosa / Fomes hemitephrus / Fomitopsis cajanderi / Funalia trogii / Inonotus cuticularis / Inonotus hispidus / Inonotus radiatus / Lenzites sepiaria / Microporus xanthopus / Pleurotus dryinus / Polyporus alveolaris / Polyporus brumalis / Postia stiptica / Trametes elegans / Xylaria longiana
キクラゲ亜綱/Auriculariomycetidae, キクラゲ目/Auriculariales, キクラゲ科/Auriculariaceae, クロサイワイタケ亜綱/Xylariomycetidae, クロサイワイタケ目/Xylariales, クロサイワイタケ科/Xylariaceae, シロソウメンタケ科/Clavariaceae, シワタケ科/Meruliaceae, ズキンタケ亜綱/Leotiomycetidae, ズキンタケ綱/Leotiomycetes, タバコウロコタケ目/Hymenochaetales, タバコウロコタケ科/Hymenochaetaceae, タマチョレイタケ目/Polyporales, タマチョレイタケ科/Polyporaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ツガサルノコシカケ科/Fomitopsidaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ヒラタケ科/Pleurotaceae, ビョウタケ目/Helotiales, ビョウタケ科/Helotiaceae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, ホウライタケ科/Marasmiaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09757
水田土壌から分離された新種、Zygorhynchus multiplex
Zygorhynchus multiplex, a new species isolated from paddy soil
2,002
Mycotaxon
https://www.mycotaxon.com/vol/abstracts/84/84-367.html
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89zygorhynchus-multiplex-a-new-species-isolated-from-paddy-soil/
2002年の論文/published in 2002, Mycotaxon, イネ属/Oryza, イネ科/Poaceae, 中国/China, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 水田/paddy field
中国広西チワン族自治区において水田土壌から分離された菌を検討し、Zygorhynchus multiplexとして新種記載した。
本種は胞子嚢柄末端の構造が複雑で主に4つの型があり、コルメラのサイズと形状も特徴的であり、本属菌としては初めて末端に胞子嚢の代わりに不稔の刺を有することがあった。
Zygorhynchus属菌の検索表を掲載した。
Zygorhynchus multiplex★
Zygorhynchus japonicus
Mucoromyceta, ケカビ亜門/Mucoromycotina, ケカビ目/Mucorales, ケカビ科/Mucoraceae, ケカビ綱/Mucoromycetes, ケカビ門/Mucoromycota, 菌界/Fungi
R3-09756
DNAバーコーディングにより3種のイギリス新産のRhodocybe属菌が明らかになった
DNA barcoding reveals three Rhodocybe species new to Britain
2,022
Field Mycology
https://www.britmycolsoc.org.uk/application/files/1116/5277/5226/Field_Mycology_Vol_232_May_2022.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89dna-barcoding-reveals-three-rhodocybe-species-new-to-britain/
2022年の論文/published in 2022, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Field Mycology, イギリス/United kingdom, イギリス新産種/United Kingdom_new record, イングランド/England, イースト・サセックス/East Sussex, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, バッキンガムシャー/Buckinghamshire, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モクセイ科/Oleaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 市民科学/citizen science, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 砂質土壌/sandy soil, 胞子紋/spore print, 草地/grassland
イギリスのサセックスとバッキンガムシャーで採集されたRhodocybe属菌のDNAバーコーディングを実施した。
R. asyae、R. fumanellii、R. asaniiの3種を同定し、いずれもイギリス新産種として報告した。
各種について形態学的観察を行い、生態写真や顕微鏡写真などを掲載した。
Rhodocybe asanii■ / Rhodocybe asyae■ / Rhodocybe fumanellii■
イッポンシメジ科/Entolomataceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09755
イギリス新産の特筆すべきコウヤクタケ類、Crustoderma fibuligerum
Crustoderma fibuligerum – a notable corticioid new to Britain
2,022
Field Mycology
https://www.britmycolsoc.org.uk/application/files/1116/5277/5226/Field_Mycology_Vol_232_May_2022.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89crustoderma-fibuligerum-a-notable-corticioid-new-to-britain/
Field Mycology, イギリス/United kingdom, イギリス新産種/United Kingdom_new record, スコットランド/Scotland, 分子同定/molecular identification, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungi, 配列決定/sequencing
スコットランドで採集されたCrustoderma fibuligerumをイギリス新産種として報告した。
イギリス産標本のITS領域の塩基配列はフランス産標本と完全に一致した。
白色・褐色腐朽の別が系統分類において重要であることを強調した。
Crustoderma fibuligerum■
シワタケ科/Meruliaceae, タマチョレイタケ目/Polyporales, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09754
Psathyrella obscurotristis Enderle & M.Wilh.
Psathyrella obscurotristis Enderle & M.Wilh.
2,008
Sterbeeckia
https://kvmv.be/kvmv-uploads/Sterbeeckia_28_pg_45-48_Psathyrella.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89psathyrella-obscurotristis-enderle-m-wilh/
2008年の論文/published in 2008, Sterbeeckia, オランダ語, コナラ属/Quercus, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ベルギー/Belgium, ベルギー新産種/Belgium_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus
ベルギーからPsathyrella obscurotristisを報告した。
本種の報告はフランスにおける原記載以来初とみられた。
本種は担子胞子が小型卵状で発芽孔を欠き、側シスチジアが嘴状であることなどで特徴づけられた。
Psathyrella obscurotristis■
Psathyrella piluliformis
ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09753
スペイン、ラ・リオハ州で発見された新種Psathyrella griseovelata
Psathyrella griseovelata sp. nov. (Basidiomycota, Psathyrellaceae), encontrada en La Rioja (España)
2,022
Fungi Iberici
http://micologiaiberica.org/wp-content/uploads/2022/05/FI-2021-02-Munoz-et-al.-Psathyrella.pdf.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89psathyrella-griseovelata-sp-nov-basidiomycota-psathyrellaceae-encontrada-en-la-rioja-espana/
2022年の論文/published in 2022, Fungi Iberici, オリーブ属/Olea, スペイン/Spain, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, モクセイ科/Oleaceae, ラ・リオハ州/La Rioja, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 堆肥/compost, 新種記載/new species, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 胞子紋/spore print
スペイン、ラ・リオハ州のオリーブ園で発見された菌を検討し、Psathyrella griseovelataとして新種記載した。
本種は子実体がやや束生~束生し、傘が主に灰色、被膜が厚い銀色で、担子胞子が円錐台状であることなどで特徴づけられた。
本種は分子系統解析ではSpadiceogriseae節クレードにおいて独自の系統を形成し、形態的にもその節の特徴に一致していた。
Psathyrella griseovelata★
Psathyrella agrariella / Psathyrella fibrillosa / Psathyrella panaeoloides
ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09752
中国広東省産の新種Zasmidium sinense
Zasmidium sinense sp. nov. from Guangdong, China
2,022
Mycotaxon
https://www.ingentaconnect.com/contentone/mtax/mt/2022/00000137/00000002/art00002
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89zasmidium-sinense-sp-nov-from-guangdong-china/
2022年の論文/published in 2022, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 湿室法/moist chamber method, 腐生菌/saprobe
中国広東省において広葉樹の枯枝に発生した菌を検討し、Zasmidium sinenseとして新種記載した。
本種は分生子柄の頭部が分枝して分生子形成細胞が多出芽型のシンポジオ状、分生子が淡褐色倒卵状~棍棒形で1(–2)隔壁を有することなどで特徴づけられた。
本種は形態的に類似するPericoniella属菌とは分生子のサイズや色や形状、表面性状、隔壁数などが異なっていた。
Zasmidium sinense★
Periconiella campograndensis / Periconiella cocoes / Periconiella leptographioides / Thysanorea spp.
カプノディウム目/Capnodiales, クロイボタケ亜綱/Dothideomycetidae, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, マイコスフェレラ科/Mycosphaerellaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09751
中国雲南省産の新種Xylodon flocculosus
Xylodon flocculosus sp. nov. from Yunnan, China
2,022
Mycotaxon
https://www.ingentaconnect.com/contentone/mtax/mt/2022/00000137/00000002/art00004
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89xylodon-flocculosus-sp-nov-from-yunnan-china/
2022年の論文/published in 2022, Mycotaxon, TreeBASE, コウヤクタケ類/corticioid fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 雲南省/Yunnan
中国雲南省で採集されたコウヤクタケ類の一種を検討し、Xylodon flocculosusとして新種記載した。
本種は子実層面がグランディニオイドで微羊毛状であり、担子胞子が無色楕円形平滑薄壁で、シスチジアが顕著に結晶に覆われることなどで特徴づけられた。
本種は系統的に近縁な種とは子実層面の性状や担子胞子のサイズ、形状などが異なっていた。
Xylodon flocculosus★
Xylodon archeri / Xylodon australis / Xylodon fimbriatus / Xylodon lenis / Xylodon papillosus / Xylodon rimosissimus / Xylodon subflaviporus / Xylodon tenellus / Xylodon tuberculatus / Xylodon verecundus
アナタケ科/Schizoporaceae, タバコウロコタケ目/Hymenochaetales, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09750
形態および系統解析により明らかになった中国産のGnomoniopsis属4新種
Morphological and Phylogenetic Analyses Reveal Four New Species of Gnomoniopsis (Gnomoniaceae, Diaporthales) from China
2,022
Journal of Fungi
https://www.mdpi.com/2309-608X/8/8/770
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89morphological-and-phylogenetic-analyses-reveal-four-new-species-of-gnomoniopsis-gnomoniaceae-diap/
2022年の論文/published in 2022, Journal of Fungi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クリ属/Castanea, シイ属/Castanopsis, ブナ科/Fagaceae, マテバシイ属/Lithocarpus, リニアグロース/linear growth, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山東省/Shandong, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 海南省/Hainan, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 表面殺菌法/surface sterilization method, 雲南省/Yunnan
中国からGnomoniopsis diaoluoshanensisなどGnomoniopsis属4新種を記載した。
これらの種はシイ属、クリ属、マテバシイ属などの樹木の葉に斑点病を引き起こした。
Gnomoniopsis属全種の改訂版検索表を作成した。
Gnomoniopsis diaoluoshanensis★ / Gnomoniopsis lithocarpi★ / Gnomoniopsis mengyinensis★ / Gnomoniopsis yunnanensis★
Gnomoniopsis castanopsidis / Gnomoniopsis daii / Gnomoniopsis diaoluoshanensis / Gnomoniopsis mengyinensis / Gnomoniopsis silvicola / Gnomoniopsis yunnanensis
グノモニア科/Gnomoniaceae, シトネタケ亜綱/Diaporthomycetidae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ディアポルテ目/Diaporthales, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09749
中国においてFicus altissimaの葉の斑点病を引き起こす新種Lasiodiplodia fici
Lasiodiplodia fici sp. nov., Causing Leaf Spot on Ficus altissima in China
2,022
Pathogens
https://www.mdpi.com/2076-0817/11/8/840
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89lasiodiplodia-fici-sp-nov-causing-leaf-spot-on-ficus-altissima-in-china/
2022年の論文/published in 2022, Pathogens, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イチジク属/Ficus, クワ科/Moraceae, コッホの原則/Koch_s postulation, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 広東省/Guangdong, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種内変異/intraspecific variation, 胞子形成誘導/sporulation induction, 萎黄病/chlorosis, 表面殺菌法/surface sterilization method, 観賞植物/ornamental plant
中国広東省においてFicus altissimaの葉の斑点病を検討し、分離された菌をLasiodiplodia ficiとして新種記載した。
本種の宿主に対する病原性を接種試験で確かめた。
F. altissimaを宿主とするLasiodiplodia属菌の報告は初となった。
Lasiodiplodia fici★
Lasiodiplodia chiangraiensis / Lasiodiplodia iranensis / Lasiodiplodia thailandica
クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ボトリオスフェリア目/Botryosphaeriales, ボトリオスフェリア科/Botryosphaeriaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09748
ブラジルにおいてユーカリの葉枯病を引き起こすCalonectria属2新種
Two new species of Calonectria (Hypocreales, Nectriaceae) causing Eucalyptus leaf blight in Brazil
2,022
MycoKeys
https://mycokeys.pensoft.net/article/84896/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89two-new-species-of-calonectria-hypocreales-nectriaceae-causing-eucalyptus-leaf-blight-in-brazil/
2022年の論文/published in 2022, GCPSR, MAT遺伝子/MAT gene, MycoKeys, SNP解析/SNP genotyping, TreeBASE, イディオモルフ/idiomorph, コッホの原則/Koch_s postulation, パラー州/Pará, フトモモ科/Myrtaceae, ブラジル/Brazil, マラニョン州/Maranhão, ユーカリ属/Eucalyptus, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子培養, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 最小生長温度/minimum growth temperature, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 種の境界/species delimitation, 系統ネットワーク/phylogenetic network, 葉枯病/leaf blotch, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complex
ブラジルにおいて葉枯病のユーカリから分離された2種の菌を検討し、それぞれCalonectria paragominensis、C. imperataとして新種記載した。
前者はC. spathiphylli複合種、後者はC. candelabrum複合種にそれぞれ含まれ、分生子柄や大分生子の形態で近縁種と区別された。
両種のユーカリに対する病原性を接種試験により確かめた。
Calonectria imperata★ / Calonectria paragominensis★
Calonectria brassiana / Calonectria densa / Calonectria glaebicola / Calonectria humicola / Calonectria piauiensis / Calonectria pseudospathiphylli / Calonectria spathiphylli / Calonectria venezuelana
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, ネクトリア科/Nectriaceae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09747
パキスタン産の粉霜を有するLobothallia属地衣1新種
A new pruinose lichen species in genus Lobothallia (Megasporaceae, lichen forming Ascomycota) from Pakistan
2,022
Acta Botanica Brasilica
https://www.scielo.br/j/abb/a/xn7MX3DVdWsKTRwcSpWX3dC/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-new-pruinose-lichen-species-in-genus-lobothallia-megasporaceae-lichen-forming-ascomycota-from/
2022年の論文/published in 2022, Acta Botanica Brasilica, イスラーマーバード首都圏/Islamabad, オキセピン類/oxepins, スチクチン酸類/stictic acids, パキスタン/Pakistan, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 気温/temperature, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitation
パキスタンで採集された痂状地衣の一種を検討し、Lobothallia densipruinosaとして新種記載した。
本種は地衣体の小区画および裂片が大型で、子器が暗オリーブ色で密な粉霜を伴うことなどで特徴づけられた。
全世界のLobothallia属21種の検索表を掲載した。
Lobothallia densipruinosa★
Lobothallia pruinosa / Lobothallia radiosa
オストロパ亜綱/Ostropomycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, トリハダゴケ目/Pertusariales, メガスポラ科/Megasporaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09746
熱帯地域において分離されたシロキクラゲ科酵母の新種、Tremella saccharicola
Tremella saccharicola f.a., sp. nov., a novel tremellaceous yeast species isolated from tropical regions
2,019
International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology
https://www.microbiologyresearch.org/content/journal/ijsem/10.1099/ijsem.0.003420
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89tremella-saccharicola-f-a-sp-nov-a-novel-tremellaceous-yeast-species-isolated-from-tropical-re/
2019年の論文/published in 2019, forma asexualis, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, イネ科/Poaceae, ウレアーゼ試験/urease test, サトウキビ属/Saccharum, スパンブリー県/Suphanburi, スライド培養法/slide culture method, タイ/Thailand, デンプン/starch, ナコーンサワン県/Nakhon Sawan, ナコーンラーチャシーマー県/Nakhon Ratchasima, ビタミン要求性/vitamin requirement, ブラジル/Brazil, ブリーラム県, ペッチャブーン県/Phetchabun, ユビキノン/ubiquinone, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 温度適性/temperature aptitude, 熱帯域/tropics, 畑地/farmland, 発酵試験/fermentation test, 葉面菌/leaf surface fungi, 表面殺菌法/surface sterilization method, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸産生試験, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatography
タイおよびブラジルにおいてサトウキビの葉や根などから分離されたアナモルフ酵母の一種を検討し、Tremella saccharicolaとして新種記載した。
本種はITS+D1/D2に基づく分子系統解析で、Tremallea属クレードにおいて独自の系統を形成し、子実体および担子器の形成は認めなかった。
本種はT. globisporaに最も近縁であったが、メリビオースやラフィノースの資化能や50%グルコース添加培地で生育可能である点などが異なっていた。
Tremella saccharicola★
Tremella globispora
シロキクラゲ亜綱/Tremellomycetidae, シロキクラゲ目/Tremellales, シロキクラゲ科/Tremellaceae, シロキクラゲ綱/Tremellomycetes, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09745
カナダの北極圏における新産のPeltigera属稀産種、P. islandicaおよびP. lyngei
Two rare Peltigera species new to the Canadian Arctic, P. islandica and P. lyngei
2,022
Plant and Fungal Systematics
https://pfsyst.botany.pl/Two-rare-Peltigera-species-new-to-the-Canadian-Arctic-P-islandica-and-P-lyngei-,150630,0,2.html
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89two-rare-peltigera-species-new-to-the-canadian-arctic-p-islandica-and-p-lyngei/
2022年の論文/published in 2022, Plant and Fungal Systematics, カナダ/Canada, カナダ新産種/Canada_new record, ジロホール酸/gyrophoric acid, ツンドラ/tundra, トリテルペノイド/triterpenoids, ヌナブト準州/Nunavut, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 北極圏/Arctic, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 極地/polars, 水辺/waterside, 氷河/glacier, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 生物地理学/biogeography, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography
カナダ、ヌナブト準州からPeltigera islandicaおよびP. lyngeiを初めて報告した。
前者はブリティッシュコロンビア州に続いて北米から2番目の報告となり、後者はカナダ新産種となった。
各種の同定は形態、地衣成分、および分子系統解析により確かめられた。
Peltigera islandica■ / Peltigera lyngei■
Peltigera malacea / Peltigera scabrosa / Peltigera scabrosella
Peltigerineae, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ツメゴケ目/Peltigerales, ツメゴケ科/Peltigeraceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09744
中国雲南省産の熱帯生Lycoperdon属Morganella亜属の1新種
A New Tropical Species Of Lycoperdon Subgenus Morganella (Agaricales, Basidiomycota) From Yunnan Province, China
2,022
Chiang Mai Journal of Science
https://epg.science.cmu.ac.th/ejournal/journal-detail.php?id=11640
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-new-tropical-species-of-lycoperdon-subgenus-morganella-agaricales-basidiomycota-from-yunnan-pr/
2022年の論文/published in 2022, Chiang Mai Journal of Science, TreeBASE, シクエストレート菌/sequestrate fungus, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 腐植土/humus, 腹菌類/gastromycetes, 走査型電子顕微鏡/SEM, 雲南省/Yunnan
中国雲南省の森林において腐植土や腐朽材に発生した腹菌の一種を検討し、Lycoperdon mengsongenseとして新種記載した。
本種は外皮が帯灰白色~濃灰色で微細な帯黒灰色の小粒に覆われ、内皮が幼時平滑で老成すると皺状、担子胞子が刺状であることなどで特徴づけられた。
分子系統解析で本種はLycoperdon属Morganella亜属に近縁であった。
Lycoperdon mengsongense★
Lycoperdon purpurascens
Lycoperdaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09743
Hohenbuehelia auriscalpium、H. abietina、H. josserandiiの分類およびH. tremulaの1記録
Taxonomy of Hohenbuehelia auriscalpium, H. abietina, H. josserandii, and one record of H. tremula
2,020
Czech Mycology
http://www.czechmycology.org/_cmo/CM72204.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89taxonomy-of-hohenbuehelia-auriscalpium-h-abietina-h-josserandii-and-one-record-of-h-tremula/
2020年の論文/published in 2020, Czech Mycology, ウクライナ/Ukraine, コケ上に生える菌/fungi on moss, チェコ/Czech, トウヒ属/Picea, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 側系統群/paraphyletic group, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 山地/mountains, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 誤同定/misidentification
チェコおよびウクライナ産標本を基にHohenbuehelia auriscalpiumの分類を検討した。
本種をH. abietinaと同種とする先行研究の意見に同意した。
また、稀産種H. josserandiiのチェコ産標本を検討した。
Hohenbuehelia auriscalpium / Hohenbuehelia josserandii / Hohenbuehelia tremula
Hohenbuehelia auriscalpium / Hohenbuehelia leightonii / Hohenbuehelia mustialensis / Hohenbuehelia tremula / Hohenbuehelia unguicularis
ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ヒラタケ科/Pleurotaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09742
トルコのコルキス・エコリージョンに産した新種Rhodocybe cistetorum
Rhodocybe cistetorum (Basidiomycota, Entolomataceae), a new species from the Colchic ecoregion of Turkey
2,021
Nordic Journal of Botany
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/njb.03078
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89rhodocybe-cistetorum-basidiomycota-entolomataceae-a-new-species-from-the-colchic-ecoregion-of-t/
2021年の論文/published in 2021, Nordic Journal of Botany, ゴジアオイ属/Cistus, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, ハンニチバナ科/Cistaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 菌根菌/mycorrhizal fungi
トルコ、トラブゾン県で採集された菌を検討し、Rhodocybe cistetorumとして新種記載した。
本種は傘が小型でクリーム色~ベージュ色、襞が類白色~クリーム色で垂生、担子胞子が広楕円形~やや角張ることなどで特徴づけられた。
本種はCistus creticusと菌根を形成しているとみられ、同属他種の全てと形態的・系統的に全く異なっていた。
Rhodocybe cistetorum★
Clitocella himantiigena / Rhodocybe asanii / Rhodocybe asyae / Rhodocybe caelata / Rhodocybe caelatoidea / Rhodocybe formosa / Rhodocybe fumanellii / Rhodocybe griseonigrella / Rhodocybe mairei / Rhodocybe matesina / Rhodocybe pallidogrisea / Rhodocybe reticulata / Rhodocybe roseiavellanea / Rhodocybe tugrulii
イッポンシメジ科/Entolomataceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09741
Glyphium属の概観およびそのパテラリア目における系統的位置
An overview of the genus Glyphium and its phylogenetic placement in Patellariales
2,015
Mycologia
https://www.tandfonline.com/doi/full/10.3852/14-191
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89an-overview-of-the-genus-glyphium-and-its-phylogenetic-placement-in-patellariales/
2015年の論文/published in 2015, Mycologia, TreeBASE, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類学的変遷/taxonomic changes, 命名法/nomenclature, 検索表/identification key
Glyphium属の分類学的位置について、G. elatumとG. grisonenseの新規標本も用いて検討した。
6遺伝子領域に基づく分子系統解析により、本属がパテラリア目に含まれることが示された。
本属の分類学的変遷をまとめ、種レベルの検索表を作成した。
Glyphium corrugatum / Glyphium elatum / Glyphium grisonense / Glyphium schizosporum / Glyphium tillandsiae
Glyphium corrugatum / Glyphium elatum / Glyphium grisonense / Glyphium schizosporum / Glyphium tillandsiae
クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, プレオスポラ亜綱/Pleosporomycetidae, ミティリニディオン目/Mytilinidiales, ミティリニディオン科/Mytilinidiaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09740
複数遺伝子の系統解析に基づくパキスタン産の新属新種Iqbalia kashmirensis
Iqbalia kashmirensis gen. et sp. nov. from Pakistan (Teloschistaceae , lichenized ascomycetes) based on multigene phylogeny
2,022
Mycological Progress
https://link.springer.com/article/10.1007/s11557-022-01823-y
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89iqbalia-kashmirensis-gen-et-sp-nov-from-pakistan-teloschistaceae-lichenized-ascomycetes-base/
2022年の論文/published in 2022, Mycological Progress, アザド・カシミール/Azad Kashmir, パキスタン/Pakistan, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 森林/forest, 気温/temperature, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitation
パキスタンのアザド・カシミールにおいて石灰岩に生じた痂状地衣の一種を検討し、新属新種Iqbalia kashmirensisとして記載した。
本種は地衣体にパスチュール様の構造を形成し、子嚢胞子の隔壁が幅広く、バリオラル酸を含むことなどで特徴づけられた。
本種はNevilleilla属に近縁であったが、地衣体の形状や子嚢胞子の隔壁、地衣成分などが異なっていた。
Iqbalia kashmirensis★
Filsoniana australiensis / Neobrownliella holochracea / Nevilleiella lateritia / Nevilleiella marchantii
R3-09739
韓国においてAcer pseudosieboldianumから分離されたAureobasidium属1新種
A novel species of Aureobasidium (Dothioraceae) recovered from Acer pseudosieboldianum in Korea
2,021
Journal of Asia-Pacific Biodiversity
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2287884X21000911
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-novel-species-of-aureobasidium-dothioraceae-recovered-from-acer-pseudosieboldianum-in-korea/
2021年の論文/published in 2021, Journal of Asia-Pacific Biodiversity, エンドファイト/endophyte, カエデ属/Acer, ムクロジ科/Sapindaceae, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 生物農薬/biopesticide, 生長速度/growth rate, 葉面菌/leaf surface fungi, 酵母/yeast, 韓国/South Korea, 黒色酵母/black yeast
韓国京畿道の森林においてAcer pseudosieboldianumの葉から繰り返し分離された酵母を検討した。
形態学的検討および分子系統解析を基に、これをAureobasidium acericolaとして新種記載した。
本種はA. melanogenumとは系統的に近縁であったが、分生子や厚壁胞子のサイズなどが異なっていた。
Aureobasidium acericola★
Aureobasidium melanogenum
クロイボタケ亜綱/Dothideomycetidae, クロイボタケ目/Dothideales, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ドチオラ科/Dothioraceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09738
ロシア産の稀な多孔菌類の記録 (3):Anomoloma、Hyphodontia、およびSistotrema属
Notes on some rare polypores, found in Russia 3. Genera Anomoloma, Hyphodontia, Lindtneria, and Sistotrema
2,007
Karstenia
https://www.funga.fi/Karstenia/Karstenia_47-2_2007-4.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89notes-on-some-rare-polypores-found-in-russia-3-genera-anomoloma-hyphodontia-lindtneria-and-sis/
2007年の論文/published in 2007, Karstenia, アオイ科/Malvaceae, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, タイプスタディ/type study, ツゲ属/Buxus, ツゲ科/Buxaceae, トウヒ属/Picea, ニジニ・ノヴゴロド州/Nizhny Novgorod, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ロシア/Russia, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 沿海地方/Primorye, 稀産種/rare species
ロシア、カムチャツカ地方の原生林においてヤマナラシ属樹木に発生した菌をSistotrema brunneolumとして新種記載した。
本新種は子実体が帯褐色で管孔状、担子器が2または4胞子性で、担子胞子が楕円形~短円筒形厚壁であることなどで特徴づけられた。
また、ロシア新産種としてLindtneria trachysporaおよびSistotrema dennisii、ヨーロッパロシア新産種としてAnomoloma albolutescensをそれぞれ報告した。
Anomoloma albolutescens■ / Hyphodontia flavipora / Hyphodontia radula / Lindtneria trachyspora■ / Sistotrema alboluteum■ / Sistotrema brunneolum★ / Sistotrema dennisii■
Ceriporiopsis resinascens / Sistotrema alboluteum / Sistotrema brunneolum / Sistotrema dennisii / Sistotrema muscicola
アンズタケ目/Cantharellales, ステファノスポラ科/Stephanosporaceae, タバコウロコタケ目/Hymenochaetales, トゥブリクリナ科/Tubulicrinaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ハリタケ科/Hydnaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09737
バングラデシュにおいてNigrospora sphaericaにより引き起こされたアロエベラの葉の斑点病の初報告
First Report of Leaf Spot Disease of Aloe vera Caused by Nigrospora sphaerica in Bangladesh
2,022
Journal of Plant Sciences
https://scialert.net/abstract/?doi=jps.2022.95.101
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89first-report-of-leaf-spot-disease-of-aloe-vera-caused-by-nigrospora-sphaerica-in-bangladesh/
2022年の論文/published in 2022, Journal of Plant Sciences, pH適性/pH aptitude, アロエ属/Aloe, コッホの原則/Koch_s postulation, ススキノキ科/Xanthorrhoeaceae, バングラデシュ/Bangladesh, ラジシャヒ管区, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 対峙培養/dual culture, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新病害報告/new disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生物農薬/biopesticide, 統計解析/statistical analysis, 表面殺菌法/surface sterilization method
バングラデシュにおいてアロエベラに発生した葉の斑点病を検討した。
形態形質および分子系統解析に基づき、分離菌株をNigrospora sphaericaと同定した。
分離菌株の生長に影響する温度、光、およびpHの物理的要因と拮抗真菌を調査し、接種試験により宿主に対する病原性を確かめた。
Nigrospora sphaerica
アピオスポラ科/Apiosporaceae, クロサイワイタケ亜綱/Xylariomycetidae, クロサイワイタケ目/Xylariales, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09736
韓国においてヒトツバタゴの葉の斑点病を引き起こすPseudocercospora chionanthi-retusiの形態および分子特性
Morphological and Molecular Characterization of Pseudocercospora chionanthi-retusi Causing Leaf Spot on Chionanthus retusus in Korea
2,022
Research in Plant Disease
https://www.online-rpd.org/journal/view.php?doi=10.5423/RPD.2022.28.2.57
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89morphological-and-molecular-characterization-of-pseudocercospora-chionanthi-retusi-causing-leaf-spo/
2022年の論文/published in 2022, Research in Plant Disease, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, ヒトツバタゴ属/Chionanthus, モクセイ科/Oleaceae, 京畿道/Gyeonggi-do, 光州広域市/Gwangju, 全羅北道/Jeollabuk-do, 全羅南道/Jeollanam-do, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungi, 釜山広域市/Busan, 韓国/South Korea
韓国においてヒトツバタゴの葉に生じた斑点病を検討した。
分離された菌を形態形質および分子系統解析の結果を基にPseudocercospora chionanthi-retusiと同定した。
単胞子分離株の病原性を接種試験により確かめた。
Pseudocercospora chionanthi-retusi
カプノディウム目/Capnodiales, クロイボタケ亜綱/Dothideomycetidae, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, マイコスフェレラ科/Mycosphaerellaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09735
中国においてトチュウから分離されたCladosporium属菌
Cladosporium spp. (Cladosporiaceae) isolated from Eucommia ulmoides in China
2,022
MycoKeys
https://mycokeys.pensoft.net/article/87841/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89cladosporium-spp-cladosporiaceae-isolated-from-eucommia-ulmoides-in-china/
2022年の論文/published in 2022, HGCPSR, MycoKeys, アナモルフ菌/anamorphic fungi, トチュウ属/Eucommia, トチュウ科/Eucommiaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 森林/forest, 植林地/plantation, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 腐生菌/saprobe, 表面殺菌法/surface sterilization method, 貴州省/Guizhou
中国貴州省においてトチュウの落葉から分離されたCladosporium属菌を検討した。
C. eucommiaeおよびC. guizhouenseの2新種を記載した。
また、他にC. perangustumとC. tenuissimumの2種を同定し、トチュウを新基質として報告した。
Cladosporium eucommiae★ / Cladosporium guizhouense★ / Cladosporium perangustum / Cladosporium tenuissimum
Cladosporium cladosporioides / Cladosporium magnoliigena
カプノディウム目/Capnodiales, クラドスポリウム科/Cladosporiaceae, クロイボタケ亜綱/Dothideomycetidae, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09734
沖縄および西表島のマングローブ林に産したコウヤクタケ類
Corticioid fungi (Basidiomycota) in mangrove forests of the islands of Iriomote and Okinawa, Japan
2,003
Mycoscience
https://link.springer.com/article/10.1007/s10267-003-0133-0/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89corticioid-fungi-basidiomycota-in-mangrove-forests-of-the-islands-of-iriomote-and-okinawa-japan/
2003年の論文/published in 2003, Mycoscience, アオイ科/Malvaceae, オヒルギ属/Bruguiera, コウヤクタケ類/corticioid fungi, サキシマスオウノキ属/Heritiera, ハマザクロ属/Sonneratia, ハマザクロ科/Sonneratiaceae, ヒルギ科/Rhizophoraceae, マングローブ林/mangrove forest, メヒルギ属/Kandelia, ヤエヤマヒルギ属/Rhizophora, 亜熱帯域/subtropics, 切片/section, 南西諸島/Nansei Islands, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 日本/Japan, 日本新産種/Japan_new record, 森林/forest, 水辺/waterside, 沖縄県/Okinawa, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 潮間帯/intertidal zone, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey
西表島および沖縄本島においてマングローブ林から16種のコウヤクタケ類を報告した。
全種が日本のマングローブ林における新記録となった。
そのうちCerocorticium molleなど6種は日本新産種であった。
Cerocorticium molle■ / Gloeocystidiellum moniliforme■ / Gloeocystidiellum wakullum■ / Hyphoderma ayresii■ / Hyphoderma nudicephalum / Hyphoderma rude / Hyphodontia crustosa / Hyphodontia gossypina / Phanerochaete sordida / Phanerochaete tropica■ / Phlebia acanthocystis■ / Radulomyces confluens / Subulicystidium longisporum / Trechispora farinacea / Trechispora nivea / Tubulicium raphidosporum
Radulomycetaceae, グレオシスチディエルム科/Gloeocystidiellaceae, シワタケ科/Meruliaceae, タバコウロコタケ目/Hymenochaetales, タマチョレイタケ目/Polyporales, トゥブリクリナ科/Tubulicrinaceae, トレキスポラ目/Trechisporales, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ヒドノドン科/Hydnodontaceae, ベニタケ目/Russulales, マクカワタケ科/Phanerochaetaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09733
トルコに分布するJuniperus excelsaおよびJ. foetidissimaに関連する大型菌類の多様性
Macrofungal diversity associated with the scale-leaf juniper trees, Juniperus excelsa and J. foetidissima, distributed in Turkey
2,011
Turkish Journal of Botany
https://journals.tubitak.gov.tr/botany/vol35/iss2/9/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89macrofungal-diversity-associated-with-the-scale-leaf-juniper-trees-juniperus-excelsa-and-j-foetid/
2011年の論文/published in 2011, Turkish Journal of Botany, アダナ県/Adana, アマスィヤ県/Amasya, アンカラ県/Ankara, アンタルヤ県/Antalya, エスキシェヒル県/Eskişehir, カフラマンマラシュ県/Kahramanmaraş, カラマン県/Karaman, キュタヒヤ県/Kütahya, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コンヤ県/Konya, シクエストレート菌/sequestrate fungus, トルコ/Turkey, バルケスィル県/Balıkesir, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ムーラ県/Mugla, メルスィン県/Mersin, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes, 膠質菌/jelly fungi, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey
トルコにおいてJuniperus excelsaおよびJ. foetidissimaに関連する大型菌類を調査した。
127種を記録し、そのうち125種が担子菌であった。
23種がトルコ新産種であり、そのうちPyrenopezizaなど5属は属レベルで初報告となった。
Aleurodiscus dextrinoideocerussatus■ / Amyloathelia amylacea■ / Athelia fibulata■ / Byssoporia terrestris■ / Erastia salmonicolor■ / Globulicium hiemale■ / Gloeocystidiellum luridum■ / Hyphoderma multicystidiatum■ / Hyphoderma obtusum■ / Hyphodontia alienata■ / Hyphodontia aspera■ / Laeticorticium polygonioides■ / Leucopaxillus lentus■ / Mycoacia aurea■ / Peniophora junipericola■ / Postia simanii■ / Pyrenopeziza petiolaris■ / Radulomyces rickii■ / Scytinostroma galactinum■ / Skeletocutis percandida■ / Steccherinum litschaueri■ / Subulicium rallum■ / Tubulicrinis hamatus■
Incrustoporiaceae, Radulomycetaceae, アテリア目/Atheliales, アテリア科/Atheliaceae, アミロコルティシウム科/Amylocorticiaceae, カワタケ科/Peniophoraceae, キウロコタケ科/Stereaceae, キシメジ科/Tricholomataceae, グレオシスチディエルム科/Gloeocystidiellaceae, コウヤクタケ目/Corticiales, コウヤクタケ科/Corticiaceae, シワタケ科/Meruliaceae, ズキンタケ亜綱/Leotiomycetidae, ズキンタケ綱/Leotiomycetes, タバコウロコタケ目/Hymenochaetales, タマチョレイタケ目/Polyporales, タマチョレイタケ科/Polyporaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ツガサルノコシカケ科/Fomitopsidaceae, トゥブリクリナ科/Tubulicrinaceae, ハイイロチャワンタケ科/Dermateaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ヒナノヒガサ科/Rickenellaceae, ビョウタケ目/Helotiales, ベニタケ目/Russulales, ラクノクラディウム科/Lachnocladiaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09732
イラクにおいて貯蔵されたコムギおよびその副産物に関連する菌類の新記録
New records of mycobiota associated with stored wheat and its by-products in Iraq
2,022
Biodiversitas
https://smujo.id/biodiv/article/view/11082
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89new-records-of-mycobiota-associated-with-stored-wheat-and-its-by-products-in-iraq/
2022年の論文/published in 2022, Biodiversitas, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, イラク/Iraq, エンドファイト/endophyte, コムギ属/Triticum, バスラ県/Basrah, ポストハーベスト病害/post-harvest disease, マイサーン県, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子同定/molecular identification, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 希釈平板法/dilution plate method, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 菌類相調査/mycofloristic survey, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complex, 配列決定/sequencing
イラク南部の3県において貯蔵コムギから分離された32菌株を検討し、表現型および塩基配列を基に18種を同定した。
そのうちAlternaria consortialisなど9種をイラクにおいてコムギから初めて報告した。
Stagonosporopsis属菌のイラクからの報告は初となった。
Alternaria consortialis■ / Alternaria japonica■ / Alternaria lolii■ / Alternaria multiformis / Alternaria ventricosa■ / Aspergillus montevidensis■ / Cladosporium halotolerans■ / Cladosporium versiforme■ / Stagonosporopsis tanaceti■
Cladosporium herbaroides
カプノディウム目/Capnodiales, クラドスポリウム科/Cladosporiaceae, クロイボタケ亜綱/Dothideomycetidae, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, コウジカビ科/Aspergillaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ディディメラ科/Didymellaceae, プレオスポラ亜綱/Pleosporomycetidae, プレオスポラ目/Pleosporales, プレオスポラ科/Pleosporaceae, ユーロチウム亜綱/Eurotiomycetidae, ユーロチウム目/Eurotiales, ユーロチウム綱/Eurotiomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09731
中国においてホルトノキ属樹木に幹枯病を引き起こす新属新種Pseudocryphonectria elaeocarpicola
Pseudocryphonectria elaeocarpicola gen. et sp. nov. (Cryphonectriaceae, Diaporthales) causing stem blight of Elaeocarpus spp. in China
2,022
MycoKeys
https://mycokeys.pensoft.net/article/86693/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89pseudocryphonectria-elaeocarpicola-gen-et-sp-nov-cryphonectriaceae-diaporthales-causing-stem/
2022年の論文/published in 2022, MycoKeys, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ホルトノキ属/Elaeocarpus, ホルトノキ科/Elaeocarpaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 広東省/Guangdong, 接種試験/inoculation test, 新属提唱/new genus, 新病害報告/new disease, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 統計解析/statistical analysis, 胞子発芽誘導, 胴枯病/dogare-byo (canker), 表面殺菌法/surface sterilization method
中国広東省において新たに発見されたホルトノキ属樹木の病害を検討し、原因菌を新属新種Pseudocryphonectria elaeocarpicolaとして記載した。
本種は樹皮に橙色の分生子からなる巻きひげを形成し、同科他属とは分生子に2型がある点で異なっていた。
接種試験で本種が宿主に迅速に感染し枯死に至らしめることが示された。
Pseudocryphonectria elaeocarpicola★
Cryphonectria parasitica
R3-09730
形態および系統学的特性調査により明らかになったSamsoniella属5新種
Morphological and Phylogenetic Characterization Reveals Five New Species of Samsoniella (Cordycipitaceae, Hypocreales)
2,022
Journal of Fungi
https://www.mdpi.com/2309-608X/8/7/747
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89morphological-and-phylogenetic-characterization-reveals-five-new-species-of-samsoniella-cordycipit/
2022年の論文/published in 2022, Journal of Fungi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クモ寄生菌/spider parasitic fungus, コウモリガ科/Hepialidae, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ダクラク省/Đắk Lắk, テントウムシ科/Coccinellidae, ベトナム/Vietnam, 中国/China, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 検索表/identification key, 生長速度/growth rate, 貴州省/Guizhou, 走査型電子顕微鏡/SEM, 雲南省/Yunnan
中国およびベトナムからSamsoniella coccinellidicolaなど5種のSamsoniella属菌を新種記載した。
これらの新種はそれぞれテントウムシ、コウモリガ、クモ、ハサミムシなどを宿主とし、同属他種とは分生子のサイズや形状が異なっていた。
新種と既知の18分類群の形態形質を比較検討し、検索表を作成した。
Samsoniella coccinellidicola★ / Samsoniella farinospora★ / Samsoniella haniana★ / Samsoniella pseudotortricidae★ / Samsoniella sinensis★
Samsoniella aurantia / Samsoniella coccinellidicola / Samsoniella coleopterorum / Samsoniella hepiali / Samsoniella hymenopterorum / Samsoniella kunmingensis / Samsoniella lepidopterorum / Samsoniella pseudogunii / Samsoniella pupicola / Samsoniella sinensis / Samsoniella tortricidae
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, ノムシタケ科/Cordycipitaceae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09729
イラク新産種、Trichoderma longibrachiatum
Trichoderma longibrachiatum: First Record in Iraq
2,021
Web of Scientist: International Scientific Research Journal
https://wos.academiascience.org/index.php/wos/article/view/395
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89trichoderma-longibrachiatum-first-record-in-iraq/
2021年の論文/published in 2021, Web of Scientist: International Scientific Research Journal, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, イラク/Iraq, イラク新産種/Iraq_new record, コムギ属/Triticum, ディヤーラー県, ナジャフ県, バグダード県/Baghdad Governorate, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新産種報告/new record, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 水溶性色素/water-soluble pigment, 畑地/farmland, 色素産生/pigment production, 選択培地/selective medium
イラクのコムギ畑土壌から分離されたTrichoderma longibrachiatumをイラク新産種として報告した。
分離菌株はPDA培地上で分生子、厚壁胞子に加えて拡散性の黄色色素を産生し、5°Cおよび45°Cでは生長しなかった。
本種との同定は培養性状、顕微鏡的形質のほか、ITS領域の塩基配列によっても確かめられた。
Trichoderma longibrachiatum■
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, ニクザキン科/Hypocreaceae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09728
不完全糸状菌の新種、Diploospora indica
Diploospora indica, A New Species of Hyphomycetes
2,001
Mycotaxon
https://www.mycotaxon.com/vol/abstracts/80/80.101.html
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89diploospora-indica-a-new-species-of-hyphomycetes/
2001年の論文/published in 2001, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ゴア州/Goa, フタバガキ属/Dipterocarpus, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, リター菌/litter fungi, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 胞子の発芽/germination of spores
インドにおいて淡水の泡および沈んだ葉に生じたアナモルフ菌の一種を検討し、Diploospora indicaとして新種記載した。
本種は分生子が細長い紡錘形で平滑、無隔壁であることなどで特徴づけられた。
本種は同属の2種の既知種と異なり水生菌であり、分生子の形態でも区別された。
Diploospora indica★
Diploospora longispora / Diploospora rosea
子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09727
イタリア中部、トスカーナ州、チェチェリ山産Cladonia属地衣
The lichen genus Cladonia in Monte Ceceri (Tuscany, Central Italy)
2,020
Borziana
https://www.herbmedit.org/Borziana/Borziana_005-014.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89the-lichen-genus-cladonia-in-monte-ceceri-tuscany-central-italy/
2020年の論文/published in 2020, Borziana, イタリア/Italy, コナラ属/Quercus, トスカーナ州/Tuscany, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 乾燥地域/dry area, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 気温/temperature, 生息地の消失/loss of habitat, 生物多様性調査/biodiversity survey, 絶滅種/extinct species, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitation
イタリアのチェチェリ山においてCladonia属地衣の調査を実施した。
11種からなる種一覧を掲載したが、そのうちC. ciliataは記録されず、絶滅したとみられた。
また、C. peziziformisおよびC.reiをトスカーナ州新産種として報告した。
Cladonia chlorophaea / Cladonia ciliata / Cladonia coniocraea / Cladonia fimbriata / Cladonia foliacea / Cladonia furcata / Cladonia peziziformis■ / Cladonia pyxidata / Cladonia ramulosa / Cladonia rangiformis / Cladonia rei■
チャシブゴケ目/Lecanorales, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ハナゴケ科/Cladoniaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09726
マルタ島に発生するPisolithus属菌の調査
Investigation on Pisolithus (Fungi, Sclerodermataceae) occurring in the Maltese Islands
2,022
Borziana
https://www.researchgate.net/publication/362060903_Investigation_on_Pisolithus_Fungi_Sclerodermataceae_occurring_in_the_Maltese_Islands
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89investigation-on-pisolithus-fungi-sclerodermataceae-occurring-in-the-maltese-islands/
2022年の論文/published in 2022, Borziana, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, フトモモ科/Myrtaceae, ブナ科/Fagaceae, マルタ/Malta, マルタ新産種/Malta_new record, ユーカリ属/Eucalyptus, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 植林地/plantation, 検索表/identification key, 移入種/alien species, 粘土質土壌/clayey soil, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi
マルタ新産種としてユーカリ属樹木を宿主とするPisolithus albusおよびP. marmoratusを報告した。
また、Quercus ilexを宿主とするP. arhizusを2ヶ所から報告した。
上記3種の検索表を掲載した。
Pisolithus albus■ / Pisolithus arhizus / Pisolithus marmoratus■
Pisolithus albus / Pisolithus marmoratus
イグチ目/Boletales, ニセショウロ科/Sclerodermataceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09725
カーボベルデ産のブエリオイド地衣の3新種
Three new species of buellioid lichens (Caliciaceae, Ascomycota) from Cape Verde
2,022
Australasian Lichenology
https://www.anbg.gov.au/abrs/lichenlist/Australasian_Lichenology.html
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89three-new-species-of-buellioid-lichens-caliciaceae-ascomycota-from-cape-verde/
2022年の論文/published in 2022, Australasian Lichenology, アトラノリン類/atranorins, カーボベルデ/Cape Verde, カーボベルデ新産種/Cape Verde_new record, キサントン類/xanthones, サンティアゴ島, サント・アンタン島/Santo Antão, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フトモモ科/Myrtaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, リケキサントン類/lichexanthones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography
カーボベルデからAmandinea santantaoensis、Buellia rugulata、Cratiria capeverdensisの3新種を記載した。
これらの新種は前2種が垂直の岩壁、後1種がユーカリ属樹木の根に発生していた。
また、Sculptolumina japonicaをカーボベルデ新産種として報告した。
Amandinea santantaoensis★ / Buellia rugulata★ / Cratiria capeverdensis★ / Sculptolumina japonica■
Amandinea pilbarensis / Amandinea prospersa / Buellia dimbulahensis / Buellia herveyensis / Cratiria dissimilis / Cratiria exalbida / Cratiria jamesiana
チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ピンゴケ目/Caliciales, ピンゴケ科/Caliciaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09724
中国北東部産の脈状子実層托を有するCraterellus属2新種
Two new species of Craterellus (Cantharellales, Hydnaceae) with veined hymenophore from north-eastern China
2,022
MycoKeys
https://mycokeys.pensoft.net/article/84730/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89two-new-species-of-craterellus-cantharellales-hydnaceae-with-veined-hymenophore-from-north-easte/
2022年の論文/published in 2022, MycoKeys, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 吉林省/Jilin, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 種の境界/species delimitation, 菌根菌/mycorrhizal fungi
中国からCraterellus connatusおよびC. striatusの2新種を記載し、中国産本属菌の検索表を掲載した。
前者は子実体が中型で帯灰褐色、傘が平滑で子実層托が顕著に吻合する脈状、担子胞子が広楕円形~楕円形でクランプを欠いていた。
後者は子実体が小型で傘が帯灰褐色~帯黄褐色、子実層托が叉状の脈状、柄基部が膨大し、担子胞子が広楕円形~楕円形であることなどで特徴づけられた。
Craterellus connatus★ / Craterellus striatus★
Craterellus atrobrunneolus / Craterellus connatus / Craterellus striatus
アンズタケ目/Cantharellales, アンズタケ科/Cantharellaceae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09723
タイ北部において葉の斑点病を引き起こすParamyrothecium属菌の同定および病原性
Identification and Pathogenicity of Paramyrothecium Species Associated with Leaf Spot Disease in Northern Thailand
2,022
Plants
https://www.mdpi.com/2223-7747/11/11/1445
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89identification-and-pathogenicity-of-paramyrothecium-species-associated-with-leaf-spot-disease-in-no/
2022年の論文/published in 2022, Centrosema属, Coccinia属, Oroxylum属, Plants, Spilanthes属, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウマノスズクサ属/Aristolochia, ウマノスズクサ科/Aristolochiaceae, ウリ科/Cucurbitaceae, キク科/Asteraceae, コッホの原則/Koch_s postulation, コーヒーノキ属/Coffea, ササゲ属/Vigna, シカクマメ属, シソ科/Lamiaceae, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンマイ県/Chiang Mai, チーク属/Tectona, ツユクサ属/Commelina, ツユクサ科/Commelinaceae, ナス属/Solanum, ナス科/Solanaceae, ノウゼンカズラ科/Bignoniaceae, フジマメ属, マメ科/Fabaceae, メーホンソーン県/Mae Hong Son, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 気候変動/climate change, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation
タイのチエンマイ県およびメーホンソーン県において14種の宿主植物から16菌株の斑点病菌を分離し検討した。
その結果を基にParamyrothecium vignicolaを新種記載したほか、P. brevisetaおよびP. foliicolaをタイ新産種として報告した。
病原性試験によりこれらの分離菌株の病原性を確かめた。
Paramyrothecium breviseta■ / Paramyrothecium eichhorniae / Paramyrothecium foliicola■ / Paramyrothecium vignicola★
Paramyrothecium eichhorniae / Paramyrothecium foliicola / Paramyrothecium vignicola
スタキボトリス科/Stachybotryaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09722
南アジア新産種Physcia vitii:分子データ
Physcia vitii Nadv. New to South Asia – Molecular Data
2,022
Pakistan Journal of Botany
https://www.pakbs.org/pjbot/papers/1655666776.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89physcia-vitii-nadv-new-to-south-asia-molecular-data/
2022年の論文/published in 2022, Pakistan Journal of Botany, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, ギルギット・バルティスタン州/Gilgit-Baltistan, コナラ属/Quercus, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, ブナ科/Fagaceae, 乾燥地域/dry area, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南アジア新産種, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 生物多様性調査/biodiversity survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography
パキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州およびギルギット・バルティスタン州の温帯林で採集された葉状地衣をPhyscia vitiiと同定した。
本種は南アジアおよびパキスタン新産種として報告された。
本種との同定はITSマーカーによっても確かめられた。
Physcia vitii■
Physcia kalbii / Physcia tribacia
チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ピンゴケ目/Caliciales, ムカデゴケ科/Physciaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09721
インド新産種Psathyrella squarrosaおよび追記
New record of Psathyrella squarrosa (Psathyrellaceae) from India with additional notes
2,022
Studies in Fungi
https://www.maxapress.com/article/doi/10.48130/SIF-2022-0003
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89new-record-of-psathyrella-squarrosa-psathyrellaceae-from-india-with-additional-notes/
2022年の論文/published in 2022, Studies in Fungi, インド/India, インド新産種/India_new record, ケララ州/Kerala, フェノロジー/phenology, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 胞子紋/spore print
インド、ケララ州の熱帯林からインド新産種としてPsathyrella squarrosaを報告した。
本種の報告は中国からの原記載以来初となり、中国で広葉樹林に発生していたのに対してインドでは常緑樹林に見られた。
柄基部の剛毛や菌糸体マット、パラシスチジア、側シスチジアの結晶、柄シスチジアなどについて追加の形質を報告した。
Psathyrella squarrosa■
Psathyrella pygmaea
ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09720
パキスタン新産の地衣類
Some new lichen records from Pakistan
2,022
Folia Cryptogamica Estonica
https://ojs.utlib.ee/index.php/FCE/article/download/19075/13732/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89some-new-lichen-records-from-pakistan/
2022年の論文/published in 2022, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Folia Cryptogamica Estonica, アザド・カシミール/Azad Kashmir, ウスニン酸類/usnic acids, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, キサントン類/xanthones, セカロン酸類/secalonic acids, セトラル酸類/cetraric acids, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, フマル酸類/fumarates, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ベンゾフラン類/benzofurans, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 配列決定/sequencing
パキスタンのアザド・ジャンムー・カシミールからパキスタン新産種としてPhysciella chloantaおよびXanthoparmelia protomatraeを報告した。
また、残りの1標本をパキスタンにおける既知種であるPhysconia enteroxanthaと同定した。
表現型および化学的形質に加え、DNAバーコードデータによっても同定結果を確かめた。
Physciella chloantha■ / Physconia enteroxantha■ / Xanthoparmelia protomatrae■
Xanthoparmelia conspersa / Xanthoparmelia stenophylla
ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, チャシブゴケ目/Lecanorales, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ピンゴケ目/Caliciales, ムカデゴケ科/Physciaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09719
全北区北部に産した地衣生菌の新種、Arthonia pannariae
Arthonia pannariae (Arthoniaceae, Arthoniales), a new lichenicolous fungus from northern Holarctic
2,010
Graphis Scripta
https://www.researchgate.net/publication/315481056_Arthonia_pannariae_Arthoniaceae_Arthoniales_a_new_lichenicolous_fungus_from_northern_Holarctic
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89arthonia-pannariae-arthoniaceae-arthoniales-a-new-lichenicolous-fungus-from-northern-holarctic/
2010年の論文/published in 2010, Graphis Scripta, Protopannaria属, アルハンゲリスク州/Arkhangelsk, クラスノヤルスク地方/Krasnoyarsk, グリーンランド/Greenland, チュクチ自治管区/Chukotka, ツンドラ/tundra, デンマーク/Denmark, トロムス県/Troms, ノルウェー/Norway, ハナビラゴケ科/Pannariaceae, ムニンゴケ属/Psoroma, ロシア/Russia, 乾燥地域/dry area, 切片/section, 北極圏/Arctic, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新種記載/new species, 極地/polars, 漂白/bleaching, 砂漠/desert, 菌寄生菌/mycoparasite, 蛍光染色/fluorescent staining
ノルウェー、ロシア、およびグリーンランドで採集された地衣生菌の一種を検討し、Arthonia pannariaeとして新種記載した。
本種はProtopannaria pezizoidesの子器や稀に地衣体に生じ、北極圏ではかなり一般的であった。
宿主の子実層は感染により漂白されるか完全に破壊された。
Arthonia pannariae★
Arthonia clemens / Arthonia fuscopurpurea / Arthonia lecanorina / Arthonia lepidiota / Arthonia pelvetii / Arthonia sampaianae
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ホシゴケ亜綱/Arthoniomycetidae, ホシゴケ目/Arthoniales, ホシゴケ科/Arthoniaceae, ホシゴケ菌綱/Arthoniomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09718
北米中部産のFellhanera属1新種
A new species of Fellhanera (lichenized Ascomycota: Pilocarpaceae) from central North America
2,013
The Lichenologist
https://www.cambridge.org/core/journals/lichenologist/article/abs/new-species-of-fellhanera-lichenized-ascomycota-pilocarpaceae-from-central-north-america/95CF3FB39B19E7763E2C837A290C0762
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-new-species-of-fellhanera-lichenized-ascomycota-pilocarpaceae-from-central-north-america/
2013年の論文/published in 2013, The Lichenologist, アントラキノン類/anthraquinones, オクラホマ州/Oklahoma, カンザス州/Kansas, コケ上に生える菌/fungi on moss, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 森林/forest, 痂状地衣/crustose lichen, 砂質土壌/sandy soil, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 色素産生/pigment production, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitation
米国カンザス州およびオクラホマ州で採集された痂状地衣の一種を検討し、Fellhanera crucitignorumとして新種記載した。
本種はブラスティディアを有し、子嚢胞子が類石垣状で、アントラキノン類を含むことなどで特徴づけられた。
地衣体にアントラキノン類を含むFellhanera属地衣の報告は初となった。
Fellhanera crucitignorum★
Caloplaca xanthostigmoidea
チャシブゴケ目/Lecanorales, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ピロカルポン科/Pilocarpaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09717
ヨルダンにおけるAmanita manginianaの初記録および分子同定
First Record and Molecular Identification of Amantia Manginiana in Jordan
2,022
Jordan Journal of Agricultural Sciences
https://jjournals.ju.edu.jo/index.php/jjas/article/download/172/71
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89first-record-and-molecular-identification-of-amantia-manginiana-in-jordan/
2022年の論文/published in 2022, Jordan Journal of Agricultural Sciences, アンマン県, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, ヨルダン/Jordan, ヨルダン新産種, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi
ヨルダン、アンマン県の森林においてコナラ属の樹下に発生していた菌を検討し、Amanita manginianaと同定した。
本種のヨルダンからの報告は初となった。
本種との同定は培養菌株由来のnrLSUの塩基配列によっても確かめられた。
Amanita manginiana■
テングタケ科/Amanitaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09716
ベトナム新産のホシゴケ科地衣
New records of Arthoniaceae from Vietnam
2,018
Mycotaxon
https://www.ingentaconnect.com/contentone/mtax/mt/2018/00000133/00000001/art00015
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89new-records-of-arthoniaceae-from-vietnam/
2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, ドンナイ省/Dong Nai, ベトナム/Vietnam, ベトナム新産種/Vietnam_new record, ホーチミン市/Hồ Chí Minh, マングローブ林/mangrove forest, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification
ベトナム新産種としてArthonia complanata、A. elegans、A. pyrrhuliza、Arthothelium ruanum、Arthot. spectabile、およびHerpothallon minimumを報告した。
各種について記載文、写真、生態、分布などに関する情報を掲載した。
ベトナム産ホシゴケ科地衣18種の検索表を掲載した。
Arthonia complanata■ / Arthonia elegans■ / Arthonia pyrrhuliza■ / Arthothelium ruanum■ / Arthothelium spectabile■ / Herpothallon minimum■
Arthonia antillarum / Arthonia cinnabarina / Arthonia excedens / Arthonia ilicinella / Arthonia rubella / Arthothelium ruanum / Arthothelium spectabile / Herpothallon granulare
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ホシゴケ亜綱/Arthoniomycetidae, ホシゴケ目/Arthoniales, ホシゴケ科/Arthoniaceae, ホシゴケ菌綱/Arthoniomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09715
タスマニア産のDictyomeridium属1新種
A new species of Dictyomeridium (lichenized Ascomycota, Trypetheliaceae) from Tasmania
2,017
Australasian Lichenology
https://www.anbg.gov.au/abrs/lichenlist/Australasian_Lichenology.html
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-new-species-of-dictyomeridium-lichenized-ascomycota-trypetheliaceae-from-tasmania/
2022年の論文/published in 2022, Allocasuarina属, Australasian Lichenology, オーストラリア/Australia, タスマニア州/Tasmania, モクマオウ科/Casuarinaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 紫外線蛍光/UV fluorescence
オーストラリア、タスマニア州の沿岸でAllocasuarina verticillataの樹皮に発生していた地衣の一種を検討し、Dictyomeridium tasmanicumとして新種記載した。
本種は地衣体が薄く、子器が小型だが顕著で、偏心生~側生の孔口を有し、子嚢が2胞子性で、子嚢胞子が比較的大型の石垣状真正隔壁を有することなどで特徴づけられた。
本種はD. immersumと2胞子性子嚢を有する点が共通していたが地衣体や子器の形態などが異なり、それ以外の同属他種は子嚢が8胞子性で全て異なっていた。
Dictyomeridium tasmanicum★
Dictyomeridium immersum
クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, トリペテリウム目/Trypetheliales, トリペテリウム科/Trypetheliaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09714
イベリア半島産Psathyrella属菌の研究 (1)
Contribución al conocimiento del género Psathyrella en la Península Ibérica (I)
2,012
Boletin Micologico de FAMCAL
http://www.micocyl.es/sites/default/files/editor/pdf/bol7_04_munoz_caballero.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89contribucion-al-conocimiento-del-genero-psathyrella-en-la-peninsula-iberica-i/
2012年の論文/published in 2012, Boletin Micologico de FAMCAL, アラゴン州/Aragon, オリーブ属/Olea, コナラ属/Quercus, スペイン新産種/Spain_new record, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, バスク州, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ラ・リオハ州/La Rioja, リター菌/litter fungi, 南欧新産種/South Europe_new record, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantation, 水辺/waterside, 河川/river, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 粘土質土壌/clayey soil, 腐植土/humus, 腐生菌/saprobe, 草地/grassland
イベリア半島から13種のPsathyrella属菌を報告した。
そのうちP. almerensisとP. rubiginosaをイベリア半島新産種として報告した。
各種について記載文や写真などを掲載し、命名法を含む分類学的事項を記述した。
Psathyrella almerensis■ / Psathyrella candolleana / Psathyrella cotonea / Psathyrella fibrillosa / Psathyrella melanthina■ / Psathyrella microrhiza / Psathyrella obtusata / Psathyrella panaeoloides / Psathyrella piluliformis / Psathyrella populina / Psathyrella potteri / Psathyrella rubiginosa■ / Psathyrella spadiceogrisea
Psathyrella caput-medusae / Psathyrella cotonea / Psathyrella dunensis / Psathyrella fatua / Psathyrella fusca / Psathyrella hirtosguamulosa / Psathyrella laevissima / Psathyrella leucotephra / Psathyrella lutensis / Psathyrella lutulenta / Psathyrella maculata / Psathyrella melanthina / Psathyrella multipedata / Psathyrella noli-tangere / Psathyrella olympiana / Psathyrella panaeoloides / Psathyrella populina / Psathyrella rubiginosa / Psathyrella seymourensis / Psathyrella spadiceogrisea / Psathyrella spintrigera
ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09713
Psathyrella属の現況、およびイギリス新産種P. thujina
Psathyrella: the state of play – including P. thujina new to Britain
2,022
Field Mycology
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1468164117300361
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89psathyrella-the-state-of-play-including-p-thujina-new-to-britain/
2017年の論文/published in 2017, Field Mycology, イギリス/United kingdom, イギリス新産種/United Kingdom_new record, イネ科/Poaceae, イングランド/England, ノーフォーク/Norfolk, ヨシ属/Phragmites, リター菌/litter fungi, 分類学的変遷/taxonomic changes, 新産種報告/new record, 標本入手不可/specimen not available, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 湿地帯/wetland, 稀産種/rare species, 総説・解説記事/review and overview article
イギリス産Psathyrella属菌の現況をまとめた。
Kits van WaverenによるモノグラフからFunga Nordicaの出版、そこで未言及のCBIB掲載種、その他の本属の検索表などについて記述した。
ノーフォークのヨシ原からイギリス新産種として記録されたP. thujinaの記載文を掲載した。
Psathyrella thujina■
ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09712
襞縁部が赤色のPsathyrella属菌
Psathyrella species: With a red gill edge
2,006
Field Mycology
https://www.britmycolsoc.org.uk/application/files/2815/2455/1777/Psathyrella_Species_with_a_Red_Gill_Edge.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89psathyrella-species-with-a-red-gill-edge/
2006年の論文/published in 2006, Field Mycology, イギリス/United kingdom, ウッドチップ生息菌/wood chip inhabiting fungus, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, 呈色反応/chemical reaction, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 畑地/farmland, 稀産種/rare species, 糞生菌/coprophilous fungi, 草地/grassland, 複合種/species complex
イギリス産の襞に赤色の縁取りを持つ8種のPsathyrella属菌を取り上げた。
これらを識別するために3つの検索表を作成した。
各種についてイギリスにおける採集状況や特徴的な形質などを記述した。
Psathyrella corrugis / Psathyrella microrrhiza / Psathyrella polycystis / Psathyrella prona / Psathyrella pseudocorrugis / Psathyrella pseudogracilis / Psathyrella stercoraria / Psathyrella vinosofulva
Psathyrella corrugis / Psathyrella microrrhiza / Psathyrella polycystis / Psathyrella prona / Psathyrella pseudogracilis / Psathyrella stercoraria / Psathyrella vinosofulva
ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09711
イノシシの糞に発生した特筆すべき種、Psathyrella berolinensis
Psathyrella berolinensis, a remarkable fungus on dung of wild boar
2,006
Micologia e vegetazione mediterranea
https://www.researchgate.net/publication/322765809_Psathyrella_berolinensis_a_remarkable_fungus_on_dung_of_wild_boar
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89psathyrella-berolinensis-a-remarkable-fungus-on-dung-of-wild-boar/
2006年の論文/published in 2006, Micologia e vegetazione mediterranea, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, イノシシ属/Sus, イノシシ科/Suidae, トスカーナ州/Tuscany, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新節提唱/new section, 森林/forest, 稀産種/rare species, 糞生菌/coprophilous fungi
イタリア、トスカーナ州の森林からイノシシの糞に群生した稀産種のPsathyrella berolinensisを報告した。
本種のイタリアからの報告は初とみられ、顕著な「麻薬臭」があることなどで特徴づけられた。
傘および柄表面全体が瓶形のシスチジアに覆われる形質を基に、本種に対して新たにSetulopsathyra節を設けた。
Psathyrella berolinensis■
Coprinus parvulus / Psathyrella minima
ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09710
オーストリア産Psathyrella amarescens
Psathyrella amarescens in Österreich
2,009
Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde
https://www.zobodat.at/pdf/OestZPilz_18_0053-0057.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89psathyrella-amarescens-in-osterreich/
2009年の論文/published in 2009, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, オーストリア/Austria, オーストリア新産種/Austria_new record, シュタイアーマルク州/Steiermark, ドイツ語/German, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 種内変異/intraspecific variation, 草地/grassland
オーストリア、シュタイアーマルク州からPsathyrella amarescensをオーストリア新産種として報告した。
オーストリア産標本は傘がばら色~帯赤色であり、襞が白色かつ担子胞子が無色であることなどで特徴づけられた。
本種とP. corrugisの形質の多くが一致し、苦味も主観的な形質であることから、両種が識別困難であることを指摘した。
Psathyrella amarescens■
Psathyrella corrugis
ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09709
Psathyrella dunarumの新発見
Neue Funde von Psathyrella dunarum
2,010
Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde
https://www.zobodat.at/pdf/OestZPilz_19_0013-0017.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89neue-funde-von-psathyrella-dunarum/
2010年の論文/published in 2010, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, イネ科/Poaceae, オーストリア/Austria, オーストリア新産種/Austria_new record, クサヨシ属/Phalaris, ドイツ/Germany, ドイツ新産種/Germany_new record, ドイツ語/German, ブルゲンラント州/Burgenland, メクレンブルク=フォアポンメルン州/Mecklenburg-Western Pomerania, 中欧新産種/Central Europe_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 種内変異/intraspecific variation, 草地/grassland, 誤同定/misidentification
ドイツおよびオーストリア新産種としてPsathyrella dunarumを報告した。
本種はオランダの沿岸砂丘から記載されたが、オランダ国外からの報告は初となった。
検討した標本は原記載と僅かな差異はあるものの非常によく一致していたが、タイプ標本は失われた可能性があった。
Psathyrella dunarum■
Psathyrella lithocarpi / Psathyrella pseudocorrugis / Psathyrella subpolusiris / Psathyrella vinescens
ナヨタケ科/Psathyrellaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09708
中国南部において植物病害に関連するCalonectria属菌の同定および特性調査
Identification and Characterization of Calonectria Species Associated with Plant Diseases in Southern China
2,022
Journal of Fungi
https://www.mdpi.com/2309-608X/8/7/719
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89identification-and-characterization-of-calonectria-species-associated-with-plant-diseases-in-southe/
2022年の論文/published in 2022, Journal of Fungi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オウムバナ属/Heliconia, オウムバナ科/Heliconiaceae, コバノブラシノキ属/Melaleuca, ゴクラクチョウカ属/Strelitzia, ゴクラクチョウカ科/Strelitziaceae, ナンバンサイカチ属/Cassia, フトモモ科/Myrtaceae, ブラシノキ属/Callistemon, ペアワイズホモプラシーインデックス, マメ科/Fabaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, ラッカセイ属/Arachis, リニアグロース/linear growth, 中国/China, 亜熱帯地域, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 広東省/Guangdong, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 花卉圃場/flower field, 茎枯病/stem blight, 茎腐病/stem rot, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complex
中国広東省において植物病原性Calonectria属菌の調査を実施し、16菌株を得た。
C. cassiae、C. guangdongensis、C. melaleucae、C. strelitziae、C. shaoguanensisの5新種を含む9種を同定した。
また、残りの4種は新規宿主から報告された。
Calonectria aconidialis / Calonectria auriculiformis / Calonectria cassiae★ / Calonectria eucalypti / Calonectria guangdongensis★ / Calonectria hongkongensis / Calonectria melaleucae★ / Calonectria shaoguanensis★ / Calonectria strelitziae★
Calonectria acaciicola / Calonectria eucalypti / Calonectria guangdongensis / Calonectria ilicicola / Calonectria pseudoreteaudii / Calonectria queenslandica / Calonectria reteaudii / Calonectria shaoguanensis / Calonectria strelitziae
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, ネクトリア科/Nectriaceae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09707
Pyrenula chlorospila:インド産地衣類相への追加
Pyrenula chlorospila (Nyl.) Arnold (Pyrenulaceae), a new addition to lichen biota of India
2,022
Check List
https://checklist.pensoft.net/article/77658/
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89pyrenula-chlorospila-nyl-arnold-pyrenulaceae-a-new-addition-to-lichen-biota-of-india/
2022年の論文/published in 2022, Check List, GBIF, Lannea属, アッサム州/Assam, インド/India, インド新産種/India_new record, ウルシ科/Anacardiaceae, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen
インド、アッサム州、ドゥブリ地区から12種のPyrenula属地衣を記録した。
そのうちP. chlorospilaをインド新産種として報告した。
本種はほとんどのインドにおける同属他種と同様にLannea属の樹皮に発生していた。
Pyrenula chlorospila■
Pyrenula macrospora
ケートチリウム亜綱/Chaetothyriomycetidae, サネゴケ目/Pyrenulales, サネゴケ科/Pyrenulaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ユーロチウム綱/Eurotiomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09706
メキシコ、オアハカ州のOreomunnea mexicana遺存林に産した子嚢菌類
Ascomycetes from the relic forest of Oreomunnea mexicana, Oaxaca, Mexico
2,021
Phytotaxa
https://www.biotaxa.org/Phytotaxa/article/view/phytotaxa.528.1.3
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89ascomycetes-from-the-relic-forest-of-oreomunnea-mexicana-oaxaca-mexico/
2021年の論文/published in 2021, Clusia属, Oreomunnea属, Phytotaxa, エンドファイト/endophyte, オアハカ州/Oaxaca, オトギリソウ科/Hypericaceae, カロテノイド/carotenoids, クルミ科/Juglandaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, ヘゴ属/Cyathea, ヘゴ科/Cyatheaceae, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, リター菌/litter fungi, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 樹状地衣/fruticose lichen, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 湿度/humidity, 漂白/bleaching, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 腐生菌/saprobe, 色素産生/pigment production, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 藍藻地衣/cyanolichen, 遺存林/relict forests, 降水量/precipitation, 雲霧林/cloud forest, 鱗片状地衣/squamulose lichen
メキシコ、オアハカ州のOreomunnea mexicana林において子嚢菌類の調査を実施し、8綱18目35科44属63種を同定した。
そのうちAscocoryne inflataなど10種がメキシコ新産種として報告された。
クロサイワイタケ科が最多で16種であり、属としてはXylariaが最多の12種であった。
Ascocoryne sarcoides■ / Astrosphaeriella trochus■ / Bionectria grammicospora■ / Bionectria ochroleuca■ / Biscogniauxia mediterranea■ / Bisporella sulfurina■ / Byssosphaeria schiedermayeriana■ / Calyculosphaeria macrospora■ / Cercophora costaricensis■ / Chaetosphaeria ellisii■ / Chaetosphaeria lapaziana■ / Chlorencoelia versiformis■ / Chlorosplenium chlora■ / Coccomyces limitatus■ / Dibaeis baeomyces■ / Fusarium graminearum■ / Incrucipulum ciliare■ / Jackrogersella cohaerens■ / Lachnum apalum■ / Lachnum rhytismatis■ / Lasiosphaeria ovina■ / Leptogidium dendriscum■ / Marthamyces quadrifidus■ / Mollisia cinerea■ / Nitschkia grevillii■ / Rosellinia aquila■ / Rosellinia corticium■ / Sarcoscypha occidentalis■ / Sclerococcum stygium■ / Stereocaulon didymicum■ / Sticta kunthii■ / Thelonectria discophora■ / Thelonectria lucida■ / Trichoglossum hirsutum■ / Tubeufia cerea■ / Xylaria arbuscula■ / Xylaria coccophora■ / Xylaria corniculata■ / Xylaria cubensis■ / Xylaria laevis■ / Xylaria nigrescens■ / Xylaria scruposa■ / Xylosphaera comosa■
Dibaeis absoluta
Chlorospleniaceae, Collematineae, Marthamycetaceae, Marthamycetales, Mollisiaceae, Peltigerineae, アオシモゴケ科/Icmadophilaceae, アカコブタケ科/Hypoxylaceae, アストロスフェリエラ科/Astrosphaeriellaceae, オストロパ亜綱/Ostropomycetidae, カブトゴケ科/Lobariaceae, キゴケ科/Stereocaulaceae, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, クロサイワイタケ亜綱/Xylariomycetidae, クロサイワイタケ目/Xylariales, クロサイワイタケ科/Xylariaceae, グラフォストロマ科/Graphostromataceae, ケートスフェリア目/Chaetosphaeriales, ケートスフェリア科/Chaetosphaeriaceae, シイノミタケ科/Lasiosphaeriaceae, ズキンタケ亜綱/Leotiomycetidae, ズキンタケ綱/Leotiomycetes, ダクティロスポラ科/Dactylosporaceae, チャシブゴケ目/Lecanorales, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜綱/Pezizomycetidae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, チャワンタケ目/Pezizales, チャワンタケ綱/Pezizomycetes, ツメゴケ目/Peltigerales, テングノメシガイ目/Geoglossales, テングノメシガイ科/Geoglossaceae, テングノメシガイ綱/Geoglossomycetes, トゥベウフィア目/Tubeufiales, トゥベウフィア科/Tubeufiaceae, トリハダゴケ目/Pertusariales, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, ニチュキア科/Nitschkiaceae, ネクトリア科/Nectriaceae, ハナビラゴケ科/Pannariaceae, ヒアロスキファ科/Hyaloscyphaceae, ビオネクトリア科/Bionectriaceae, ビョウタケ目/Helotiales, ビョウタケ科/Helotiaceae, フンタマカビ亜綱/Sordariomycetidae, フンタマカビ目/Sordariales, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, プレオスポラ亜綱/Pleosporomycetidae, プレオスポラ目/Pleosporales, ベニチャワンタケ科/Sarcoscyphaceae, メラノンマ科/Melanommataceae, ユーロチウム綱/Eurotiomycetes, リティスマ目/Rhytismatales, リティスマ科/Rhytismataceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09705
スロバキアおよびチェコ共和国に産した草地の新種、Neohygrocybe pseudoingrata
Neohygrocybe pseudoingrata, a new grassland species from Slovakia and the Czech Republic
2,022
Fungal Systematics and Evolution
https://www.ingentaconnect.com/content/wfbi/fuse/2022/00000009/00000001/art00003
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89neohygrocybe-pseudoingrata-a-new-grassland-species-from-slovakia-and-the-czech-republic/
2022年の論文/published in 2022, Fungal Systematics and Evolution, ジリナ県/Žilina, スロバキア/Slovakia, チェコ/Czech, パルドゥビツェ州/Pardubický, ヒースランド/heathland, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 胞子紋/spore print, 草地/grassland
スロバキアおよびチェコの草地に発生した菌を検討し、Neohygrocybe pseudoingrataとして新種記載した。
本種は子実体が淡灰色でしばしば頑丈であり、柄が中空でねじれ、窒素臭があることなどで特徴づけられた。
本種は分子系統解析でNeohygrocybe節に含まれた。
Neohygrocybe pseudoingrata★
Neohygrocybe ingrata / Neohygrocybe nitrata / Neohygrocybe ovina
ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09704
フンタマカビ綱の稀産種、Synaptospora setosa
Synaptospora setosa Huhndorf, F.A. Fern. & Cand., a rare Sordariomycete
2,011
Ascomycete.org
https://ascomycete.org/Portals/0/Archives/AscomyceteOrg%2003-02%2040-42.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89synaptospora-setosa-huhndorf-f-a-fern-cand-a-rare-sordariomycete/
2011年の論文/published in 2011, Ascomycete.org, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, ベルギー/Belgium, 呈色反応/chemical reaction, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe
ベルギーにおいてQuercus roburの腐朽材に見出された菌を検討し、稀産種のSynaptospora setosaと同定した。
本種は当初S. petrakiiとも思われたが、両種が本当に別種なのかについては疑いもあった。
Synaptospora属菌の検索表を掲載した。
Synaptospora setosa
Synaptospora petrakii
コニオケータ目/Coniochaetales, コニオケータ科/Coniochaetaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フンタマカビ亜綱/Sordariomycetidae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09703
チェコ新産種、Diplogelasinospora princeps
Diplogelasinospora princeps (Sordariales), the first record in the Czech Republic
2,001
Czech Mycology
http://www.czechmycology.org/_cm/CM53302.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89diplogelasinospora-princeps-sordariales-the-first-record-in-the-czech-republic/
2001年の論文/published in 2001, Czech Mycology, エンドファイト/endophyte, コナラ属/Quercus, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, ブナ科/Fagaceae, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 中欧新産種/Central Europe_new record, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 菌類相調査/mycofloristic survey, 表面殺菌法/surface sterilization method
チェコ、中央ボヘミア州においてQuercus petraeaの根から分離された菌を検討し、Diplogelasinospora princepsと同定した。
本種はチェコ新産種であり、ヨーロッパからの報告もおそらく初であった。
分離菌株を異なる複数の温度で培養したところ、生長速度は30°Cで最大となった。
Diplogelasinospora princeps■
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フンタマカビ亜綱/Sordariomycetidae, フンタマカビ目/Sordariales, フンタマカビ科/Sordariaceae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09702
インド洋のクリスマス島に産したLeiorreuma属1新種
A new species of Leiorreuma Eschw. (lichenized Ascomycota, Graphidaceae) from Christmas Island, Indian Ocean
2,022
Australasian Lichenology
https://www.anbg.gov.au/abrs/lichenlist/Australasian_Lichenology.html
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-new-species-of-leiorreuma-eschw-lichenized-ascomycota-graphidaceae-from-christmas-island-ind/
2022年の論文/published in 2022, Australasian Lichenology, オキセピン類/oxepins, オーストラリア/Australia, クリスマス島/Christmas Island, スチクチン酸類/stictic acids, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 痂状地衣/crustose lichen, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography
クリスマス島の熱帯雨林で採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Leiorreuma norsticticumとして新種記載した。
本種は地衣体がオリーブ色で子器盤に粉霜を伴い、子嚢が8胞子性、子嚢胞子が帯褐色非アミロイドでノルスチクチン酸を含むことなどで特徴づけられた。
本種は子嚢胞子の小室数やその他の形態形質、または地衣成分が類似する同属他種とは果殻の厚さや子嚢胞子のサイズ、地衣成分の種類などが異なっていた。
Leiorreuma norsticticum★
Leiorreuma explicans / Leiorreuma nicobarense / Leiorreuma nornotaticum / Leiorreuma taiwanense
オストロパ亜綱/Ostropomycetidae, オストロパ目/Ostropales, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, モジゴケ亜科/Graphidoideae, モジゴケ科/Graphidaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09701
Trichoderma atrovirideのテレオモルフである新種Hypocrea atroviridis
Hypocrea atroviridis sp. nov., the teleomorph of Trichoderma atroviride
2,003
Mycologia
https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/15572536.2004.11833129
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89hypocrea-atroviridis-sp-nov-the-teleomorph-of-trichoderma-atroviride/
2003年の論文/published in 2003, Mycologia, TreeBASE, インディアナ州/Indiana, コスタリカ/Costa Rica, ジョージア州/Georgia, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, バージニア州/Virginia, ピレネー=アトランティック県/Pyrénées-Atlantiques, フランス/France, マイクロマニピュレーター/micromanipulator, マンネンタケ属/Ganoderma, マンネンタケ科/Ganodermataceae, ワシントン州/Washington, 交配試験/mating test, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 寄生菌/parasite, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 日本/Japan, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温度適性/temperature aptitude, 生物農薬/biopesticide, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 菌寄生菌/mycoparasite
Trichoderma atrovirideの有性世代をHypocrea atroviridisとして新種記載した。
両種は分子系統解析において、Trichoderma節クレード内で良好に支持された単系統群を形成した。
本種はTrichoderma virideの有性世代であるH. rufaと形態的に識別不能であった。
Hypocrea atroviridis★
Hypocrea rufa
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, ニクザキン科/Hypocreaceae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09700
水生環境からの新種Dictyochaeta aquaticaおよびChloridium属2新種の記載
Introducing Dictyochaeta aquatica sp. nov. and two new species of Chloridium (Chaetosphaeriaceae, Sordariomycetes) from aquatic habitats
2,018
Phytotaxa
https://www.biotaxa.org/Phytotaxa/article/view/phytotaxa.362.2.5
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89introducing-dictyochaeta-aquatica-sp-nov-and-two-new-species-of-chloridium-chaetosphaeriaceae-s/
2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, プラチュワップキーリーカン県/Prachuap Khiri Khan, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater
タイで採集された淡水生菌を検討し、Chloridium aquaticum、C. aseptatum、およびDictyochaeta aquaticaの3新種を記載した。
C. aquaticumは本属菌としては唯一分生子柄が伸長し、分生子形成細胞が全出芽型の種となった。
D. aquaticaは剛毛を2–4本の分生子柄が囲み、分生子の両端に小剛毛を有する点で本属に含まれたが、その他の形態はいずれの既知種にも合致しなかった。
Chloridium aquaticum★ / Chloridium aseptatum★ / Dictyochaeta aquatica★
Chloridium aquaticum / Chloridium aseptatum / Chloridium gonytrichii / Chloridium terricola / Chloridium xigazense / Dictyochaeta aciculata / Dictyochaeta malaysiana / Dictyochaeta siamensis / Dictyochaeta tortuosa / Dictyochaetopsis spp.
ケートスフェリア目/Chaetosphaeriales, ケートスフェリア科/Chaetosphaeriaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フンタマカビ亜綱/Sordariomycetidae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09699
台湾産の新種、Dictyochaeta multifimbriata
Dictyochaeta multifimbriata, a new species from Taiwan
2,002
Mycological Progress
https://link.springer.com/article/10.1007/s11557-006-0026-7
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89dictyochaeta-multifimbriata-a-new-species-from-taiwan/
2002年の論文/published in 2002, Mycological Progress, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 台湾/Taiwan, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 高雄市/Kaohsiung
台湾高雄市において地上の枯枝に生じた菌を検討し、Dictyochaeta multifimbriataとして新種記載した。
本種は分生子柄が単生し、分生子が腎臓形で隔壁を欠き、両端に小剛毛を有することなどで特徴づけられた。
本種は分生子に複数の小剛毛を有する類縁種とは分生子のサイズや形状、小剛毛の数などが異なっていた。
Dictyochaeta multifimbriata★
Codinaea elegantissima / Dictyochaeta fimbriaspora / Dictyochaeta multisetula
ケートスフェリア目/Chaetosphaeriales, ケートスフェリア科/Chaetosphaeriaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フンタマカビ亜綱/Sordariomycetidae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09698
2種の類似するが遺伝的に異なる種、Fuscidea lightfootiiおよびF. pusilla
Fuscidea lightfootii and F. pusilla (Fuscideaceae, Umbilicariomycetidae, Ascomycota), two similar but genetically distinct species
2,018
The Lichenologist
https://www.cambridge.org/core/journals/lichenologist/article/abs/fuscidea-lightfootii-and-f-pusilla-fuscideaceae-umbilicariomycetidae-ascomycota-two-similar-but-genetically-distinct-species/CE029665737A75F07F098D87DCA8E5DE
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89fuscidea-lightfootii-and-f-pusilla-fuscideaceae-umbilicariomycetidae-ascomycota-two-similar-b/
2018年の論文/published in 2018, The Lichenologist, TreeBASE, イギリス/United kingdom, イースト・ロージアン/East Lothian, エピタイプ指定/epitype designation, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カラマツ属/Larix, サクラ属/Prunus, ジバリカト酸/divaricatic acid, スコットランド/Scotland, タイプスタディ/type study, デプシド類/depsides, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, ナナカマド属/Sorbus, ノルウェー/Norway, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ヘードマルク県/Hedmark, マツ科/Pinaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, リンゴ属/Malus, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 宿主選好性/host selectivity, 採集地マッピング/collection site mapping, 新形質報告/new character, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 痂状地衣/crustose lichen, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic species
同種ともされてきたFuscidea lightfootiiおよびF. pusillaについて形態学的検討および分子系統解析を実施した。
その結果、両種が遺伝的に顕著に異なり、地衣体の形態と基質選好性も僅かに異なることが示された。
F. pusillaの稔性のある標本を初めて報告し、両種のエピタイプ標本を指定した。
Fuscidea lightfootii / Fuscidea pusilla
Fuscidea lightfootii / Fuscidea pusilla
イワタケ亜綱/Umbilicariomycetidae, イワタケ目/Umbilicariales, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フスキデア科/Fuscideaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09697
日本の沿岸域において砂丘から初めて記録されたMarasmius-blightを引き起こす菌、Marasmiellus mesosporus
Marasmiellus mesosporus, a Marasmius-blight fungus newly recorded from sand dunes of the Japanese coast
2,007
Mycoscience
https://link.springer.com/article/10.1007/s10267-007-0380-6
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89marasmiellus-mesosporus-a-marasmius-blight-fungus-newly-recorded-from-sand-dunes-of-the-japanese-c/
2007年の論文/published in 2007, Mycoscience, イネ科/Poaceae, エゾムギ属/Elymus, カモノハシ属/Ornithorhynchus, カヤツリグサ科/Cyperaceae, スゲ属/Carex, チガヤ属/Imperata, フェノロジー/phenology, 兵庫県/Hyogo, 切片/section, 北海道/Hokkaido, 千葉県/Chiba, 呈色反応/chemical reaction, 大分県/Oita, 宮城県/Miyagi, 宮崎県/Miyazaki, 寄生菌/parasite, 富山県/Toyama, 徳島県/Tokushima, 新産種報告/new record, 日本/Japan, 日本新産種/Japan_new record, 根圏/rhizosphere, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 石川県/Ishikawa, 砂丘/dune, 砂地/sand, 砂質土壌/sandy soil, 福島県/Fukushima, 胞子紋/spore print, 走査型電子顕微鏡/SEM, 静岡県/Shizuoka
日本各地の海岸砂丘で採集された菌をMarasmiellus mesosporusと同定し、本種を日本新産種として報告した。
本種は枯死あるいは生存している海浜の草本、特にハマニンニク、ケカモノハシ、チガヤなどの根や茎から発生していた。
ヨーロッパ産の標本と形態形質を比較検討し、担子胞子のサイズ以外が肉眼的・顕微鏡的にほぼ同一であることを確かめた。
Marasmiellus mesosporus■
Marasmiellus carneopallidus / Marasmiellus pachycraspedum / Marasmiellus vaillantii / Marasmiellus vernalis
ツキヨタケ科/Omphalotaceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09696
四川省産の新属新種SynhelminthosporiumおよびHelminthosporium属2新種
Synhelminthosporium gen. et sp. nov. and Two New Species of Helminthosporium (Massarinaceae, Pleosporales) from Sichuan Province
2,022
Journal of Fungi
https://www.mdpi.com/2309-608X/8/7/712
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89synhelminthosporium-gen-et-sp-nov-and-two-new-species-of-helminthosporium-massarinaceae-pleosp/
2022年の論文/published in 2022, Journal of Fungi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 四川省/Sichuan, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水辺/waterside, 湿地帯/wetland, 生物多様性調査/biodiversity survey, 異隔壁/distoseptum, 色素産生/pigment production
中国四川省において枯枝に発生した菌を検討し、新属新種Synhelminthosporium synnematoferumとして記載した。
本種はHelminthosporium属菌に系統的に近縁であったが、シンネマを形成することなどで特徴づけられた。
また、Helminthosporium chengduenseおよびH. chinenseを新種記載したほか、2種の既知種を陸生環境から初めて報告した。
Helminthosporium chengduense★ / Helminthosporium chinense★ / Helminthosporium submersum / Helminthosporium velutinum / Synhelminthosporium synnematoferum★
Helminthosporiella spp. / Helminthosporium hispanicum / Helminthosporium nanjingensis
クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, プレオスポラ亜綱/Pleosporomycetidae, プレオスポラ目/Pleosporales, マッサリナ科/Massarinaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09695
中国新産のAgrocybe属3種
Three new records of the genus Agrocybe from China
2,012
Mycosystema
https://manu40.magtech.com.cn/Jwxb/EN/Y2012/V31/I5/795
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89three-new-records-of-the-genus-agrocybe-from-china-2/
2012年の論文/published in 2012, Mycosystema, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 中国語/Chinese, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 吉林省/Jilin, 新産種報告/new record, 森林/forest, 胞子紋/spore print, 貴州省/Guizhou
Agrocybe elatella、A. brunneola、およびA. pediades var. cinctulaを中国から初めて報告した。
これらはそれぞれ貴州省の広葉樹林、吉林省の混交林、内モンゴル自治区の広葉樹林に発生していた。
各種について記載文、スケッチ、類似種との相違点などを記述した。
Agrocybe brunneola■ / Agrocybe elatella■ / Agrocybe pediades var. cinctula■
Agrocybe erebia / Agrocybe paludosa / Agrocybe pediades / Agrocybe praecox
ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ綱/Agaricomycetes, モエギタケ科/Strophariaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09694
トルコ産のUromyces属1新種
A new species of Uromyces from Turkey
2,014
Mycotaxon
https://www.ingentaconnect.com/content/mtax/mt/2014/00000129/00000001/art00004
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-new-species-of-uromyces-from-turkey/
2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, さび菌/rust fungi, アドゥヤマン県/Adıyaman, トルコ/Turkey, ムラサキ科/Boraginaceae, ワスレナグサ属/Myosotis, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi
トルコ、アドゥヤマン県においてワスレナグサ属の一種に発生したさび菌を検討し、Uromyces myosotidisとして新種記載した。
本種はワスレナグサ属植物から記録された初のUromyces属菌となった。
本種はムラサキ科植物を宿主とする同属他種とは夏胞子や冬胞子の形態などが異なっていた。
Uromyces myosotidis★
Uromyces dolichosporus / Uromyces heliotropii / Uromyces permeritus / Uromyces tairae
サビキン亜門/Pucciniomycotina, サビキン目/Pucciniales, サビキン綱/Pucciniomycetes, プクシニア科/Pucciniaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09693
不完全菌類の新属新種、Alciphila vulgaris
Alciphila vulgaris, a new genus and species of Deuteromycetes
2,002
Karstenia
https://www.funga.fi/Karstenia/Karstenia_42-2_2002-2.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89alciphila-vulgaris-a-new-genus-and-species-of-deuteromycetes/
2002年の論文/published in 2002, Karstenia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アンモニア菌/ammonia fungi, アーケシュフース県/Akershus, ウーシマー県/Uusimaa, コケ生息菌/bryophilous fungus, シカ科/Cervidae, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ノルウェー/Norway, フィンランド/Finland, ヘラジカ属/Alces, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 南カルヤラ県/South Kalyala, 南西スオミ県/Southwest Finland, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest
フィンランドおよびノルウェーにおいてヘラジカの放尿跡に発生したアナモルフ菌の一種を検討し、新属新種Alciphila vulgarisとして記載した。
本種は菌糸体が表在性で無色の菌糸からなり、分生子が末端生で、大型褐色で表面に縦方向の畝を有するアレウロ型分生子を形成することなどで特徴づけられた。
本種の分類学的位置は不明であったが、同一の生息環境を共有するByssonectria terrestrisのアナモルフである可能性が考えられた。
Alciphila vulgaris★
Chlamydomyces spp. / Lejosepium spp. / Mycogone spp. / Sepedonium spp.
子嚢菌綱/Ascomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09692
イラン産Cercospora属菌の追加および学名の修正
Additions and corrections to names published in Cercospora in Iran
2,014
Mycologia Iranica
https://mij.areeo.ac.ir/article_11106.html
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89additions-and-corrections-to-names-published-in-cercospora-in-iran/
2014年の論文/published in 2014, Gerbera属, Mycologia Iranica, アオイ科/Malvaceae, アカザ科/Chenopodiaceae, アキノノゲシ属/Lactuca, アジサイ属/Hydrangea, アジサイ科/Hydrangeaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アヤメ属/Iris, アヤメ科/Iridaceae, アルダビール州/Ardabil, イチビ属/Abutilon, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, ウマゴヤシ属/Medicago, オランダカイウ属, カヤツリグサ科/Cyperaceae, キク科/Asteraceae, ギーラーン州/Gilan, ゴレスターン州/Golestan, ササゲ属/Vigna, サトイモ科/Araceae, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, スイカズラ科/Caprifoliaceae, スイバ属/Rumex, スゲ属/Carex, ソラマメ属/Vicia, タデ科/Polygonaceae, ツクバネウツギ属/Abelia, テンジクアオイ属/Pelargonium, デイゴ属/Erythrina, トウダイグサ属/Euphorbia, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ナス科/Solanaceae, ノゲシ属/Sonchus, フウロソウ科/Geraniaceae, フダンソウ属/Beta, ペチュニア属/Petunia, マメグンバイナズナ属/Lepidium, マメ科/Fabaceae, マーザンダラーン州/Mazandaran, ワタ属/Gossypium, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 葉面菌/leaf surface fungi
イランから広義Cercospora apiiとして報告された菌を検討した。
また、イラン新産種としてC. deutziae、C. erythrinicola、C. pulcherrimae、およびC. richardiicolaを報告した。
イラン産Cercospora属菌の検索表を掲載した。
Cercospora althaeina / Cercospora avicennae / Cercospora beticola / Cercospora bizzozeriana / Cercospora brunkii / Cercospora canescens / Cercospora caricis / Cercospora deutziae■ / Cercospora erythrinicola■ / Cercospora gerberae / Cercospora hydrangeae / Cercospora iridis / Cercospora lactucae-sativae / Cercospora medicaginis / Cercospora peckiana / Cercospora physalidis / Cercospora pulcherrima■ / Cercospora richardiicola■ / Cercospora sonchi / Cercospora zebrina / Cercospora zonata
Cercospora apii / Cercospora callae / Cercospora citrullina / Cercospora flagellaris / Cercospora kikuchii / Cercospora ricinella / Cercospora yakushimensis
カプノディウム目/Capnodiales, クロイボタケ亜綱/Dothideomycetidae, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, マイコスフェレラ科/Mycosphaerellaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09691
イラン新産種、Harzia acremonioides
Harzia acremonioides, new species for mycobiota of Iran
2,017
Rostaniha
https://iranjournals.nlai.ir/bitstream/handle/123456789/11760/5B65271BF3A7ACE63E9CBBE8E43ACBA1.pdf?sequence=-1
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89harzia-acremonioides-new-species-for-mycobiota-of-iran/
2017年の論文/published in 2017, Rostaniha, すす穂病/sooty head, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルボルズ州/Alborz, イネ科/Poaceae, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, オオムギ属/Hordeum, ガズヴィーン州/Qazvīn, コムギ属/Triticum, ゴレスターン州/Golestan, ペルシア語, 分子同定/molecular identification, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花生息菌/floricolous fungus, 配列決定/sequencing
イランの3州においてコムギおよびオオムギのすす穂病に関連する菌を調査した。
分離された菌をHarzia acremonioidesと同定し、イラン新産種として報告した。
本種との同定は形態形質のほか、ITS領域の塩基配列によっても確かめられた。
Harzia acremonioides■
Harzia verrucosa
Melanosporales, セラトストマ科/Ceratostomataceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09690
新組み合わせRhizoplaca maheuiの基礎異名、Polycauliona maheui
Polycauliona maheui, the basionym of Rhizoplaca maheui comb. nov.
2,009
Mycotaxon
https://www.ingentaconnect.com/content/mtax/mt/2009/00000108/00000001/art00046
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89polycauliona-maheui-the-basionym-of-rhizoplaca-maheui-comb-nov/
2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, ウスニン酸類/usnic acids, シノニム/synonym, スペイン/Spain, セトラル酸類/cetraric acids, タイプスタディ/type study, フマル酸類/fumarates, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ベンゾフラン類/benzofurans, レクトタイプ指定/lectotype designation, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新組み合わせ提唱/new combination, 樹状地衣/fruticose lichen, 珪質岩/siliceous rocks, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography
Polycauliona maheuiをRhizoplaca属に移した。
本種のレクトタイプ標本を指定し、形態形質を原記載と比較した。
また、Omphalodina bullataのアイソタイプ標本を検討し、R. bullataがR. maheuiと同種であることを示した。
Rhizoplaca maheui▲
チャシブゴケ目/Lecanorales, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09689
ベネズエラ産のCasearia属植物に生じたOphiodothella属1新種
A new species of Ophiodothella on Casearia from Venezuela
2,002
Mycoscience
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1340354002706475
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-new-species-of-ophiodothella-on-casearia-from-venezuela/
2002年の論文/published in 2002, Casearia属, Mycoscience, ベネズエラ/Venezuela, ヤナギ科/Salicaceae, ララ州/Lara, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 切片/section, 子実体原基/fruiting body primordium, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungi, 難培養性菌/uncultured fungi
ベネズエラにおいてCasearia tremulaの生葉に見出された菌を検討し、Ophiodothella caseariaeとして新種記載した。
本種は同一の子嚢殻の頂部と下部に孔口を生じることなどで特徴づけられた。
本種が感染した葉の領域はごく厚くなり、子嚢殻原基が葉組織の奥深くに発達した。
Ophiodothella caseariae★
Ophiodothella circularis / Ophiodothella edax / Ophiodothella floridana / Ophiodothella neurophila
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フィラコラ目/Phyllachorales, フィラコラ科/Phyllachoraceae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09688
形態および分子データに基づくCorollospora属2新種およびアナモルフ菌1新種の記載
Two new Corollospora species and one new anamorph based on morphological and molecular data
2,009
Mycoscience
https://link.springer.com/article/10.1007/s10267-008-0466-9
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89two-new-corollospora-species-and-one-new-anamorph-based-on-morphological-and-molecular-data/
2009年の論文/published in 2009, Mycoscience, TreeBASE, アマモ属/Zostera, アマモ科/Zosteraceae, アレクサンドリア県/Alexandria, エジプト/Egypt, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, フナクイムシ科, ポートサイド県/Port Said, リター菌/litter fungi, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子培養, 培養性状/colony characteristics, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 湿室法/moist chamber method, 潮間帯/intertidal zone, 走査型電子顕微鏡/SEM
エジプトの地中海沿岸からCorollospora anglusaおよびそのVaricosporinaアナモルフ、C. portsaidicaを新種記載した。
前者はアマモの葉、後者は流木の中にあったフナクイムシの殻に発生していた。
Varicosporina anglusaは分生子の枝が分節するという特徴を有しており、属概念の修正を要した。
Corollospora anglusa★ / Corollospora portsaidica★ / Varicosporina anglusa★
Corollospora cinnamomea / Corollospora gracilis / Corollospora intermedia / Corollospora maritima / Varicosporina prolifera / Varicosporina ramulosa
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ハロスフェリア科/Halosphaeriaceae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, ミクロアスカス目/Microascales, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09687
世界二番目の産地としての日本新産のビジョノコナユキゴケ(ホシゴケ科,地衣化子嚢菌)
Sporodophoron primorskiense (Arthoniaceae, lichenized Ascomycota) New to Japan, as the Second Locality in the World
2,016
植物研究雑誌/The Journal of Japanese Botany
http://www.jjbotany.com/pdf/JJB_091_69_73.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89sporodophoron-primorskiense-arthoniaceae-lichenized-ascomycota-new-to-japan-as-the-second-local/
2016年の論文/published in 2016, タイプスタディ/type study, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 富山県/Toyama, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 新称和名/new Japanese name, 日本/Japan, 日本新産種/Japan_new record, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 植物研究雑誌/The Journal of Japanese Botany, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 種内変異/intraspecific variation, 脂肪酸/fatty acid, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 配列決定/sequencing
富山県美女平からSporodophoron primorskienseを日本新産種として報告した。
本種は従来ロシアの沿海地方においてタイプ標本1点のみが知られ、日本においてはブナの樹皮上に見出された。
本種にビジョノコナユキゴケ、Sporodophoron属にコナユキゴケ属、S. gossypinumにコナユキゴケ、Inoderma属にコナユキゴケモドキ属、I. byssaceumにコナユキゴケモドキ、I. nipponicumにヤマトコナユキゴケモドキの新称和名を与えた。
Inoderma byssaceum / Inoderma nipponicum / Sporodophoron gossypinum / Sporodophoron primorskiense■
Inoderma byssaceum / Inoderma nipponicum / Sporodophoron gossypinum / Sporodophoron primorskiense
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ホシゴケ亜綱/Arthoniomycetidae, ホシゴケ目/Arthoniales, ホシゴケ科/Arthoniaceae, ホシゴケ菌綱/Arthoniomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09686
フェノスカンジア産地衣類および地衣生菌類相への追加
Additions to the flora of lichens and lichenicolous fungi in Fennoscandia
2,022
Graphis Scripta
https://www.researchgate.net/profile/Mans-Svensson-2/publication/360796585_Additions_to_the_flora_of_lichens_and_lichenicolous_fungi_in_Fennoscandia/links/628be700c962e566ee82d82a/Additions-to-the-flora-of-lichens-and-lichenicolous-fungi-in-Fennoscandia.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89additions-to-the-flora-of-lichens-and-lichenicolous-fungi-in-fennoscandia/
2022年の論文/published in 2022, Flavoplaca属, Graphis Scripta, Inoderma属, Thalloidima属, イェムトランド県/Jämtland, ウプサラ県/Uppsala, ウラミゴケ属/Nephroma, ウラミゴケ科/Nephromataceae, エーランド地方/Öland, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, コナユキゴケモドキ属, コナラ属/Quercus, スウェーデン/Sweden, スウェーデン新産種/Sweden_new record, スコーネ県/Skåne, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, ツメゴケ属/Peltigera, ツメゴケ科/Peltigeraceae, トウヒ属/Picea, ノールボッテン県/Norrbotten, ブナ科/Fagaceae, ホウネンゴケ属/Acarospora, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, ホシゴケ科/Arthoniaceae, マツ科/Pinaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヨンショーピング県/Jönköping, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 粘土質土壌/clayey soil, 絶滅危惧種/endangered species, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 鱗片状地衣/squamulose lichen
スウェーデン新産種として3種の地衣類と6種の地衣生菌類を報告した。
そのうちChaenothecopsis retinensなど4種はフェノスカンジアからも初報告となった。
中には絶滅危惧種の地衣を宿主とするものもあり、Chaenothecopsis retinensはレッドリストへの掲載も検討された。
Aphanopsis coenosa■ / Chaenothecopsis retinens■ / Neobarya peltigerae■ / Protoparmelia ochrococca■ / Roselliniella nephromatis■ / Scoliciosporum gallurae■ / Stigmidium rouxianum■ / Stigmidium tabacinae■ / Verrucula hladuniana■
Chaenothecopsis brevipes / Gregorella humida / Protoparmelia hypotremella / Protoparmelia oleagina / Scoliciosporum chlorococcum / Scoliciosporum sarothamni / Stigmidium fuscatae
アナイボゴケ目/Verrucariales, アナイボゴケ科/Verrucariaceae, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, カプノディウム目/Capnodiales, クギゴケ目/Mycocaliciales, クギゴケ科/Mycocaliciaceae, クギゴケ菌亜綱/Mycocaliciomycetidae, クロイボタケ亜綱/Dothideomycetidae, クロイボタケ綱/Dothideomycetes, ケートチリウム亜綱/Chaetothyriomycetidae, スコリシオスポリウム科/Scoliciosporaceae, チャシブゴケ目/Lecanorales, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, バッカクキン科/Clavicipitaceae, フンタマカビ亜綱/Sordariomycetidae, フンタマカビ目/Sordariales, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, マイコスフェレラ科/Mycosphaerellaceae, ユーロチウム綱/Eurotiomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09685
インド、クマオン・ヒマラヤにおける新産種:Spadicoides obovata
Spadicoides obovata: a new record from Kumaun Himalaya, India
2,021
Vegetos
https://link.springer.com/article/10.1007/s42535-021-00273-3
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89spadicoides-obovata-a-new-record-from-kumaun-himalaya-india/
2021年の論文/published in 2021, Vegetos, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, インド新産種/India_new record, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, コナラ属/Quercus, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, リター菌/litter fungi, 単胞子分離/single spore isolation, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 難培養性菌/uncultured fungi
インド新産種として稀産種のSpadicoides obovataを報告した。
本種はQuercus foribundaの葉のリターから湿室法で得られた。
本種は分生子柄が分枝せず直立し、分生子が倒卵状で通常最大2隔壁を有し、暗色の太い帯をあらわすことなどで特徴づけられた。
Spadicoides obovata■
Spadicoides camelliae / Spadicoides cordanoides / Spadicoides cubensis / Spadicoides curvularioides / Spadicoides heterocolorata / Spadicoides hodgkissa / Spadicoides klotzschii / Spadicoides macroobovata / Spadicoides obclavata / Spadicoides subramanianii
ゼノスパディコイデス目/Xenospadicoidales, ゼノスパディコイデス科/Xenospadicoidaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09684
中欧新産種、Scleroderma septentrionale
Scleroderma septentrionale (Fungi, Basidiomycetes), a first records from Central Europe
2,005
Polish Botanical Journal
http://bomax.botany.pl/cgi-bin/pubs/data/article_pdf?id=55
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89scleroderma-septentrionale-fungi-basidiomycetes-a-first-records-from-central-europe/
2005年の論文/published in 2005, Polish Botanical Journal, イネ科/Poaceae, オオハマガヤ属/Ammophila, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スロバキア/Slovakia, スロバキア新産種/Slovakia_new record, トルナヴァ県/Trnava, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マゾフシェ県/Mazowsze, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中欧新産種/Central Europe_new record, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 水辺/waterside, 河川/river, 砂丘/dune, 砂地/sand, 砂質土壌/sandy soil, 腹菌類/gastromycetes, 走査型電子顕微鏡/SEM
ポーランドとスロバキアからScleroderma septentrionaleを中欧新産種として報告した。
本種は計4地域において内陸部の砂丘に発生した。
本種のSEM写真を初めて撮影した。
Scleroderma septentrionale■
Scleroderma meridionale / Scleroderma polyrhizum
イグチ目/Boletales, ニセショウロ科/Sclerodermataceae, ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09683
マケドニア産Macrolepiota属菌の生態および分布
Ecology and distribution on the genus Macrolepiota (Basidiomycota, Fungi) in Macedonia
2,013
Proceedings of the 4th Congress of Ecologists of Macedonia with International Participation
https://www.academia.edu/41624845/ECOLOGY_AND_DISTRIBUTION_ON_THE_GENUS_Macrolepiota_Basidiomycota_Fungi_IN_MACEDONIA
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89ecology-and-distribution-on-the-genus-macrolepiota-basidiomycota-fungi-in-macedonia/
2013年の論文/published in 2013, Proceedings of the 4th Congress of Ecologists of Macedonia with International Participation, 北マケドニア/North Macedonia, 北マケドニア新産種/North Macedonia_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植林地/plantation, 毒きのこ/poisonous mushroom, 畑地/farmland, 稀産種/rare species, 草地/grassland, 食用きのこ/edible mushrooms, 高山帯/alpine region
マケドニアにおけるMacrolepiota属菌の入手可能な全てのデータをまとめた。
7種と1変種を認め、Macrolepiota heimiiをマケドニア新産種として報告した。
各種について生息環境やマケドニア国内における新産地などを記述した。
Macrolepiota excoriata / Macrolepiota gracilenta / Macrolepiota heimii■ / Macrolepiota konradii / Macrolepiota mastoidea / Macrolepiota procera / Macrolepiota rhacodes / Macrolepiota rhacodes var. hortensis
ハラタケ亜綱/Agaricomycetidae, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ目/Agaricales, ハラタケ科/Agaricaceae, ハラタケ綱/Agaricomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09682
韓国においてニリンソウに発生したUrocystis eranthidisによる黒穂病の初報告
First Report of Smut Caused by Urocystis eranthidis on Anemone flaccida in Korea
2,022
The Korean Journal of Mycology
http://www.kjmycology.or.kr/view/N0320500104.pdf
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89first-report-of-smut-caused-by-urocystis-eranthidis-on-anemone-flaccida-in-korea/
2022年の論文/published in 2022, The Korean Journal of Mycology, イチリンソウ属/Anemone, キンポウゲ科/Ranunculaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 寄生菌/parasite, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new record, 黒穂菌/smut fungi
韓国慶尚南道においてニリンソウの茎および葉に発生した黒穂病を検討した。
形態および分子データに基づき、病原菌をUrocystis eranthidisと同定した。
ニリンソウはU. eranthidisの新宿主として報告され、韓国における本種の報告も初となった。
Urocystis eranthidis■
ウロシスティス目/Urocystidales, ウロシスティス科/Urocystidaceae, クロボキン亜門/Ustilaginomycotina, クロボキン綱/Ustilaginomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09681
鬱陵島においてColeosporium asterumにより引き起こされたオオアキノキリンソウのさび病のアウトブレイク
Outbreak of Rust Caused by Coleosporium asterum on Solidago virgaurea var. gigantea in Ulleung-do
2,014
Mycobiology
https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.5941/MYCO.2014.42.1.79
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89outbreak-of-rust-caused-by-coleosporium-asterum-on-solidago-virgaurea-var-gigantea-in-ulleung-do/
2014年の論文/published in 2014, Mycobiology, さび菌/rust fungi, アウトブレイク/outbreak, アキノキリンソウ属/Solidago, キク科/Asteraceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 寄生菌/parasite, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新病害報告/new disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 畑地/farmland
韓国鬱陵島においてオオアキノキリンソウに発生したさび病を検討し、病原菌をColeosporium asterumと同定した。
植物体全体に夏胞子が形成され、重度の感染を起こした植物は枯死したが、当該病害は毎年発生し、相当量の経済的損失が生じた。
本種は韓国におけるオオアキノキリンソウの新規病原菌として報告された。
Coleosporium asterum
コレオスポリウム科/Coleosporiaceae, サビキン亜門/Pucciniomycotina, サビキン目/Pucciniales, サビキン綱/Pucciniomycetes, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09680
Fusarium属菌の大分生子:子宮頸部スメアにおける特異な所見
Macroconidia of Fusarium species. An unusual finding in cervical smears
2,003
Acta Cytologica
https://www.karger.com/Article/Abstract/326473
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89macroconidia-of-fusarium-species-an-unusual-finding-in-cervical-smears/
2003年の論文/published in 2003, Acta Cytologica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, スクリーニング/screening, デリー首都圏/National Capital Territory of Delhi, パパニコロウ染色/Papanicolaou stain, ヒト病原菌/human pathogen, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 生体組織診断/biopsy, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 組織染色/histological stain, 臨床検体/clinical specimens
インド、デリーにおいて採取された計13万点の子宮頸部スメア標本をスクリーニングした。
そのうち38歳と32歳の2症例で、大型三日月形の隔壁を有する特異な構造を認めた。
顕微鏡的形態に基づき、当該構造はFusarium属菌の大分生子と識別され、抗真菌薬治療が奏効した。
Fusarium
チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ニクザキン亜綱/Hypocreomycetidae, ニクザキン目/Hypocreales, ネクトリア科/Nectriaceae, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09679
アルゼンチンのパタゴニア・アンデスの森林に産したシストトレマ類
Sistotremateae (Corticiaceae, Aphyllophorales) of the Patagonian Andes forests of Argentina
2,001
Mycological Research
https://www.cambridge.org/core/journals/mycological-research/article/abs/sistotremateae-corticiaceae-aphyllophorales-of-the-patagonian-andes-forests-of-argentina/B82B1AE6EA6C8BC630D3AA49CD91845A
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89sistotremateae-corticiaceae-aphyllophorales-of-the-patagonian-andes-forests-of-argentina/
2001年の論文/published in 2001, Drymis属, Mycological Research, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, アンデス山脈/Andes, コウヤクタケ類/corticioid fungi, シキミモドキ科/Winteraceae, チュブ州/Chubut, ティエラ・デル・フエゴ州/Tierra del Fuego, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ネウケン州/Neuquén, パタゴニア/Patagonia, リオネグロ州/Río Negro (Argentina), 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus
アルゼンチンのパタゴニア・アンデスの森林に産したシストトレマ類を再検討し、Sistotrema botryobasidioidesおよびS. globosaを新種記載した。
S. athelioidesなど4種をアルゼンチン新産種として報告した。
14種の検索表を掲載した。
Sistotrema athelioides■ / Sistotrema botryobasidioides★ / Sistotrema brinkmannii / Sistotrema diademiferum / Sistotrema efibulatum■ / Sistotrema globosa★ / Sistotrema oblongisporum / Sistotrema porulosum■ / Sistotrema resinicystidium / Sistotrema sernanderi■ / Sistotremastrum niveocremeum / Sistotremastrum suecicum / Sistotremella perpusilla
Sistotrema botryobasidioides / Sistotrema efibulatum / Sistotrema oblongisporum / Sistotrema porulosum / Sistotrema pteriphilum / Sistotrema pyrosporum / Sistotrema resinicystidium / Sistotrema sernanderi / Sistotremastrum niveocremeum / Sistotremastrum suecicum
アンズタケ目/Cantharellales, トレキスポラ目/Trechisporales, ハラタケ亜門/Agaricomycotina, ハラタケ綱/Agaricomycetes, ハリタケ科/Hydnaceae, ヒドノドン科/Hydnodontaceae, 担子菌門/Basidiomycota, 菌界/Fungi
R3-09678
カリフォルニアにおいてPolycauliona bolacinaに発生した地衣生菌の新種、Sclerococcum knudsenii
Sclerococcum knudsenii (Ascomycota, Sclerococcales), a new lichenicolous fungus on Polycauliona bolacina from California
2,022
Herzogia
https://bioone.org/journals/herzogia/volume-35/issue-1/heia.35.1.2022.131/Sclerococcum-knudsenii-Ascomycota-Sclerococcales-a-new-lichenicolous-fungus-on-Polycauliona/10.13158/heia.35.1.2022.131.short
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89sclerococcum-knudsenii-ascomycota-sclerococcales-a-new-lichenicolous-fungus-on-polycauliona-bol/
2022年の論文/published in 2022, Herzogia, Polycauliona属, カリフォルニア州/California, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 米国/USA
米国カリフォルニア州においてPolycauliona bolacinaに発生した菌を検討し、Sclerococcum knudseniiとして新種記載した。
本種は子嚢が多胞子性であることなどで特徴づけられ、子嚢胞子は本属菌としては初となる無隔壁であった。
多胞子性子嚢を有するSclerococcum属菌の検索表を掲載した。
Sclerococcum knudsenii★
ダクティロスポラ科/Dactylosporaceae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ユーロチウム綱/Eurotiomycetes, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09677
ポーランド新産の5種の地衣類
Five lichen species new to Poland
2,022
Folia Cryptogamica Estonica
https://ojs.utlib.ee/index.php/FCE/article/view/19074
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89five-lichen-species-new-to-poland/
2022年の論文/published in 2022, Folia Cryptogamica Estonica, カエデ属/Acer, クヤヴィ=ポモージェ県/Kujawsko-Pomorskie, スミレモ属/Trentepohlia, スミレモ科/Trentepohliaceae, ドルヌィ・シロンスク県/Dolnoslezské, バラ科/Rosaceae, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ポモージェ県/Pomorskie, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リンゴ属/Malus, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 鱗片状地衣/squamulose lichen
ポーランドからAthallia cerinelloides、Caloplaca ulcerosa、Flavoplaca arcis、Lecanora sinuosa、およびSclerophora amabilisを報告した。
これら全ての種がポーランド新産種として報告された。
各種について記載文、標本情報や地理的分布、類似種との相違点などを記述した。
Athallia cerinelloides■ / Caloplaca ulcerosa■ / Flavoplaca arcis■ / Lecanora sinuosa■ / Sclerophora amabilis■
Athallia cerinella / Athallia holocarpa / Athallia pyracea / Caloplaca obscurella / Caloplaca substerilis / Flavoplaca dichroa / Flavoplaca flavocitrina / Flavoplaca limonia / Lecanora argentata / Lecanora chlarotera / Lecanora hybocarpa / Lecanora pulicaris / Sclerophora farinacea / Sclerophora pallida / Sclerophora peronella
Teloschistineae, Xanthorioideae, コニオシベ目/Coniocybales, コニオシベ科/Coniocybaceae, コニオシベ綱/Coniocybomycetes, チャシブゴケ目/Lecanorales, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, テロシステス目/Teloschistales, テロシステス科/Teloschistaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09676
ブラジル、サンタカタリーナ州産Leptogium属地衣の5新産種および検索表
Five new records and an identification key of the lichen genus Leptogium from Santa Catarina state, Brazil
2,018
Rodriguésia
https://www.scielo.br/j/rod/a/T9RzZRwzVyk4tjQZx5j6cZH/?format=html&lang=en
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89five-new-records-and-an-identification-key-of-the-lichen-genus-leptogium-from-santa-catarina-state/
2018年の論文/published in 2018, Rodriguésia, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ナンヨウスギ属/Araucaria, ナンヨウスギ科/Araucariaceae, ブラジル/Brazil, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 葉状地衣/foliose lichen
ブラジル、サンタカタリーナ州からLeptogium atlanticum、L. azureum、L. cyanescens、L. sessile、およびL. subjuressianumを初めて報告した。
L. chloromelum var. crassiusをL. sessileのシノニムとした。
サンタカタリーナ州産の本属地衣の検索表を初めて作成した。
Leptogium atlanticum■ / Leptogium azureum■ / Leptogium cyanescens■ / Leptogium sessile■ / Leptogium subjuressianum■
Leptogium adpressum / Leptogium atlanticum / Leptogium burgessii / Leptogium cochleatum / Leptogium cyanescens
Collematineae, イワノリ科/Collemataceae, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ツメゴケ目/Peltigerales, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09675
インド新産の西ガーツ山脈南部産Haematomma属地衣
A new record of bloodstain lichen (Haematomma) from Southern Western Ghats to the Indian biota
2,022
Feddes Repertorium
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/fedr.202100023
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89a-new-record-of-bloodstain-lichen-haematomma-from-southern-western-ghats-to-the-indian-biota/
2022年の論文/published in 2022, Alstonia属, Feddes Repertorium, アトラノリン類/atranorins, インド/India, インド新産種/India_new record, キョウチクトウ科/Apocynaceae, タミル・ナードゥ州/Tamil Nadu, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 畑地/farmland, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography
インド、タミル・ナードゥ州で採集されたHaematomma collatumをインド新産種として報告した。
本種は熱帯常緑湿潤林においてAlstonia scholarisの樹皮上に発生していた。
Haematomma属の検索表を掲載した。
Haematomma collatum■
Haematomma lepraroides / Haematomma watti
ザクロゴケ科/Haematommataceae, チャシブゴケ目/Lecanorales, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09674
南極におけるLambiella psephotaの酸欠損個体群およびキャンベル島産の当該属1新組み合わせと全世界の種の検索表
An acid deficient population of Lambiella psephota from Antarctica and a new combination in the genus from Campbell Island with a world-wide key to the genus
2,022
Biological Diversity and Conservation
https://dergipark.org.tr/en/pub/biodicon/issue/69453/1026394
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89an-acid-deficient-population-of-lambiella-psephota-from-antarctica-and-a-new-combination-in-the-gen/
2022年の論文/published in 2022, Biological Diversity and Conservation, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 化学型/chemical type, 南極/Antarctic, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新形質報告/new character, 新組み合わせ提唱/new combination, 検索表/identification key, 極地/polars, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography
南極のジェイムズ・ロス島からLambiella psephotaのノルスチクチン酸を欠く新規化学型を報告した。
また、Rimularia maculataをLambiella属に移した。
全世界のLambiella属地衣17種の検索表を掲載した。
Lambiella maculata▲ / Lambiella psephota
Lambiella impavida / Lambiella subpsephota
Trapeliales, オストロパ亜綱/Ostropomycetidae, ザイログラファ科/Xylographaceae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09673
パキスタン新産のParmeliella属地衣
First Report of Genus Parmeliella Müll. (Peltigerales; Lecanoromycetes; Ascomycota) From Pakistan
2,022
International Journal of Innovations in Science & Technology
https://journal.50sea.com/index.php/IJIST/article/view/283
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89first-report-of-genus-parmeliella-mull-peltigerales-lecanoromycetes-ascomycota-from-pakistan/
2022年の論文/published in 2022, International Journal of Innovations in Science & Technology, アザド・カシミール/Azad Kashmir, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 痂状地衣/crustose lichen, 降水量/precipitation
パキスタン、アザド・カシミールの温帯林からParmeliella thriptophyllaをパキスタン新産種として報告した。
ハナビラゴケ科およびParmeliella属地衣のパキスタンからの報告は初となった。
形態的には既報と微妙な差異があったが、本種との同定は分子データによっても確かめられた。
Parmeliella triptophylla■
Collematineae, チャシブゴケ菌亜綱/Lecanoromycetidae, チャシブゴケ菌綱/Lecanoromycetes, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, ツメゴケ目/Peltigerales, ハナビラゴケ科/Pannariaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
R3-09672
イタリアにおいてアボカドに幹病変および立ち枯れ病を引き起こした新種Neopestalotiopsis sicilianaおよびN. rosae
Neopestalotiopsis siciliana sp. nov. and N. rosae Causing Stem Lesion and Dieback on Avocado Plants in Italy
2,022
Journal of Fungi
https://www.mdpi.com/2309-608X/8/6/562
http://mycoscouter.coolblog.jp/daikinrin/%ef%bc%88%e5%a4%a7%e8%8f%8c%e8%bc%aa-%e8%ab%96%e6%96%873%e8%a1%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%89neopestalotiopsis-siciliana-sp-nov-and-n-rosae-causing-stem-lesion-and-dieback-on-avocado-plants/
2022年の論文/published in 2022, Journal of Fungi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, クスノキ科/Lauraceae, コッホの原則/Koch_s postulation, シチリア州/Sicily, リニアグロース/linear growth, ワニナシ属/Persea, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 統計解析/statistical analysis, 表面殺菌法/surface sterilization method
イタリアにおいて材の病変および立ち枯れ症状を呈したアボカドの幼木から分離された2種の菌を検討した。
片方をNeopestalotiopsis sicilianaとして新種記載し、もう片方をN. rosaeと同定した。
接種試験により両種のアボカドへの病原性を確かめるとともに、Pestalotiopsis coffeae-arabicaeをNeopestalotiopsis属に移した。
Neopestalotiopsis coffeae-arabicae▲ / Neopestalotiopsis rosae / Neopestalotiopsis siciliana★
アンフィスフェリア目/Amphisphaeriales, クロサイワイタケ亜綱/Xylariomycetidae, チャワンタケ亜門/Pezizomycotina, フンタマカビ綱/Sordariomycetes, ペスタロティプシス科/Pestalotiopsidaceae, 子嚢菌門/Ascomycota, 菌界/Fungi
End of preview (truncated to 100 rows)